歴史オタクの郷土史とグルメ旅♪♪久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

神奈川や訪問先の郷土史や歴史偉人、美味しい郷土料理、美しい風景をなんとな~く紹介するブログです。 皆さんが御自分の地域の郷土史や自然に興味を持ってくれたら嬉しいな~♪ …と、思って書いています。 写真・本文・構成・無断転用禁止! 関係先と小生の個人的な信頼関係で了解をとって記事にしているので、転載したい場合は当方へ確認願います。

横浜市都筑区には茅ヶ崎城と言う、市内で三本指に入る保存状態の良い城址が在ります。
茅ヶ崎城を紹介した以前の記事→

その目の前には名前を現代の漢字を用いると正覚寺と書く、とても雰囲気の良い御寺サンが在る事を横浜市民にも、この地域住人以外には余り知られていません。
CIMG2854
この御寺は市内では珍しい天台宗寺院で、正式な名前を長窪山 總泰院 正覺寺と言います。
新編武蔵風土記稿には、江戸時代当時の境内地の“敷地面積5万7千6百坪”と記録が有り、途轍(とてつ)も無く広大な敷地に建物が建つ寺院だった事が解ります。
茅ヶ崎城から近く、茅ヶ崎城に来る度に門構えの立派さに感心させられる御寺だったのですが、面白い事に御寺を開いた人物が「岸清左衛門さんの御先祖様と」言う事しか解っていません。
なので小生は、てっきり茅ヶ崎城址からは煤けた米等が確か出土していたので、“戦火に巻き込まれて江戸時代の中興開基以前の事は解らないのだろう”と推測していましたが、改めて新編武蔵風土記稿を読むと以下の様な記載が有りました。
正覚寺文書 秀吉禁制
これ見ると解りますが、江戸時代の学者で新編武蔵風土記稿の編集長だった間宮士信さんの注釈で“秀吉の小田原攻めの時”に出した味方豊臣勢と敵軍の北条勢の両方に対して出した命令です。
内容は簡単にこんな感じです・・・
「小机(領)の中の茅ヶ崎の中の總泰院(正覚寺)と、その観音堂で乱暴狼藉(略奪)とか放火とか禁止するし、仮に命令違反したらソッコーぶっ殺すから」
・・・まぁ、そんな内容で秀吉が正覚寺を保護しているので、茅ヶ崎城は戦火に遭っても正覚寺は、戦国時代には燃えてなかったみたいですね。
つまり、間宮士信さんは安永6年(1777年)生まれの人なので、正覚寺は恐らく安土桃山時代~1777年の間に火災が発生して重要な文書なんかがあらかた無くなってしまったんでしょうね。
CIMG2856
とは言え、この御寺は素晴らしく雰囲気が良く、鎌倉の浄妙寺や報国寺、英勝寺に似た雰囲気を持っています。
と、言うのもこの御寺、山門をくぐって直ぐに竹林が参拝者を出迎えてくれるのと、鎌倉時代の寺院特有の谷戸構え(やとがまえ=山の尾根の谷間に建築物を構える)の御寺なんです。
CIMG2857
ですから、周りの住宅街の喧騒が響き伝わらず静寂で清々しい雰囲気がするからです。
正覚寺と茅ヶ崎城の位置関係 久良岐のよし
この様な谷戸の地形に御寺を建てるのは鎌倉時代に多く見られる特徴でもあります。
詳しい事は伝わっていないのですが、御寺の立地から推察して鎌倉時代の開基の寺院だと小生は思います。
恐らく、昔は茅ヶ崎城の武将と何か関係が有ったのでしょう。
所で、御寺を開いた岸清左衛門サンの御先祖様は座間家の可能性が間宮士信さんによって指摘されています。
座間家は今の座間市発祥の坂東武者で鎌倉武士ですが、この土地に移って来たのは戦国時代に北条家臣に成った頃か、鎌倉時代の話かは小生は把握していません。
鎌倉時代初期には直ぐ横の茅ヶ崎城は摂津源氏の惣領、多田行綱(ただゆきつな)公の居城だった事から、もしかしたら多田行綱公が正覚寺の前身寺院を開いていたのかも知れませんね。
CIMG2858
お寺に入ると直ぐ左右に御地蔵様と庚申塔の石仏が控えてらっしゃいます。
CIMG2859
御地蔵さんって、「可愛い」って言うと失礼かも知れませんが、赤い頭巾がが可愛らしいですよね~。
実は、この様に御地蔵様や多くの石仏群を参道に祀る習慣が有る宗派は天台宗や真言宗等の古仏教に多く見られる事なんです。
そして明治時代に神仏分離令が施行されても、真言宗と天台宗は歴代天皇家と関りが深かった事から歴代天皇の価値観を守る為に、神様を御寺から排除しなかった場所が多いので、やはり、この御寺も境内に神社が在ったりします。
CIMG2860
神社と御堂の分岐点までは雰囲気の良い石畳。
CIMG2861
右手に池と蓮、そして本堂と庫裡と鐘楼。
左手奥に神社が在ります。
CIMG2876
山王山大鷲神社(おおとりじんじゃ)。
CIMG2878
大鷲(おおとり)は鷲(わし)と書いて鷲(とり)と読ませます。
実は関東で最古の大社格の神社は埼玉県久喜市鷲宮の鷲宮神社(わしみやじんじゃ)でして、縄文時代~の遺跡を内包する聖地なのですが、この鷲(わし)は和邇(わじ/わに)=丸子(まるこ=わじ/わに)に繋がります。
この一族は出雲神族で、その御神孫が関東を開拓した歴史を鷲宮神社を含め関東の延喜式内社の中でも縄文時代の遺跡を抱える大山阿夫利神社や比々多神社等でも伝えています。
そして、この正覚寺の直ぐ近くには大塚歳勝土遺跡という場所が在って、そこからは多くの方形周溝墓が出土しています。
方形の古墳は朝鮮半島の影響を受ける以前、直接中国大陸の漢帝国と交易をしていた時代の文化です。
つまり藤原氏が朝廷を仕切りだす前後数百年の円墳より古い漢帝国と直接交易をしていた時代の文化が正覚寺近くに在ったのですが、この都筑区茅ヶ崎の正覚寺に大鷲神社が在るのも大塚歳勝土遺跡と無関係では無いかも知れませんね。
合祀され神社の名前に成っている山王権現は天台宗の守り神、比叡山の日枝神社の神様の山王権現こと猿田彦命ですね。
CIMG2879
この他にも現在は御堂こそ失われている様ですが馬頭観音様も石仏として祀られていました。
この土地を治めた鎌倉武士の騎馬供養でしょうかね~?
庶民には道中の守り神として人気の神様でした。
CIMG2862
この御寺は梅雨の頃には昔から紫陽花(あじさい)の御寺として地元民に親しまれて来たそうで、小生と同じく写真撮影をしていた初老の紳士がおっしゃるには「昔はもっともっと紫陽花が沢山あったんだ」そうです。
CIMG2864
池の前を通り本堂へ・・・
CIMG2866
う~ん住宅街に似つかわしくない立派な御寺なんです、本当に。
だからやっぱり戦国時代には座間家の菩提寺だったのかも知れませんね。
CIMG2871
扁額に揮毫したのは金子保さん、もしかしたら武蔵七党の坂東平氏の分家一族、金子家の御子孫かも知れませんね。
金子家は今の埼玉県、昔の武蔵国入間郡金子から発生した姓の武士です。
座間家と同じ程に由緒正しく、戦国時代には新編武蔵風土記稿を書いた間宮士信さんの御先祖様の間宮綱信公やその実兄の間宮康俊公等の間宮等と同様に、北条一門の方面軍を束ねる殿様の付家老として活躍した北条重臣の一族です。
戦国時代には金子家が新横浜駅直ぐ裏の篠原城の城代を務めていたりしました。
以前書いた記事→
因みに新幹線新横浜駅篠原口の名前の由来でもあったりします。
CIMG2872
池の前には阿弥陀堂が在りますが、近年の建築です。
CIMG2874
鐘楼はとても古寺の雰囲気を醸し出し、周囲を取り囲む谷戸の山林にマッチしています。

さて、今回はアジサイの写真をまだ撮影していないので掲載出来ませんが、素敵な御寺なのはなんとなく伝わったでしょうか?
皆さん、もしセンター南駅に来る機会が有ったら、駅から徒歩10分と近いので正覚寺や茅ヶ崎城址を散歩して、歴史に触れてみては如何でしょうか?
そして自分の地元の御寺サンや神社や御城の跡の山や公園を散歩してみませんか?
きっと、正覚寺に豊臣秀吉の禁制古文書が伝わっていた様に、思わぬ歴史偉人と繋がりが有ったりするかも知れませんよ?
そして、説明看板を読んで、そんな発見が有ると更に地元にも愛着が湧き、誇りも感じる様に成るかも知れません。

さて、今日の解説はここまで。
では又、次の解説記事で御会いしましょう~♪


ちょっと文化財に成る価値の有る「板碑」を、とある御寺さんで「発見して来た(笑)」のだ。
image

御住職に御了解を頂き、とある女性♥学芸員さんに連絡したので来年とかに県か市に文化財指定されんじゃね(笑)?
別に俺は歴史ガクシャじゃね~から、実名売名する心算も無ぇ~し、手柄は女性♥学芸員サンにあげちゃう~🎵
オッサンに手柄はやらね~(* ̄∇ ̄)ノ
県の○○センセイ、鎌倉の○○センセイ、アンタ等みたいな出世欲や自己保身と顕示欲の塊には教えてやんね~から!

女性学芸員さん♥に教えてあげた方が何か気分が良い(笑)。

無欲な小生エライ!ぶはっ(笑)!
う~ん、手柄は要らないから奥さんに「頑張ったねぇ~♥」て誉めて貰ってチュ~して欲しい(笑)。
・・・今は恋人すらいないけどな(ノД`)。
ふむ、頑張ろ仕事と肉体強化。古文書漁るプロレスラーみたいな外見に成りたいの。

2017年03月18日、前日で台湾の知人が台北の日本式おでん居酒屋の写真を掲載していたのを見て六角橋商店街のオデン屋“かずさや”さんを思い出し無性に食べたくなり、六角橋に行く用事を作り、横浜市南部鎌倉近くの自宅から神奈川区六角橋界隈散策に行って来た。
image

この店で久しぶりの屋台風のオデンはとても美味しかった。
image
オデン種5つとドリンクで650円と格安!
image
久しぶりに来たので、玉子とハンペンを追加注文した。美味い!
神奈川大学が近在する事も有り、学生の町で夜には女子大生も地元の爺婆(ジジババァ)(笑)も集う愛すべき店なのだが・・・
image
実は小生の昔の彼女が神大の生徒で六角橋の白楽駅近くに住んでいた事も有り、この店を知り別れてからも一人たまに食べに来ていた(笑)。
image
 ・・・最近は女の子向けの雑誌にも載ったとかで、小生が店に入った時も若い女性客が友達同士二人仲良くオデンを食べに来ていた。
image
image
六角橋商店街裏通りの仲見世は、この通り昭和情緒に溢れる。
丁度、京都の錦市場と同じ程の道幅、同じ様な造り。昔の脇道と言うのは概(おおむ)ね、この様な道幅だった。
image
学生の街だけあって、色んな店が軒を連ねる。
大正~昭和風の職人さんが営む時計屋さん・・・
image
そして数年前に流行した和名:焼き小籠包こと生煎包(しぇんじぇんばお)。
image
三国志が好きで行った中国留学時代に好きで良く現地の店で食べていたので非常に懐かしい。
さて・・・
image
・・・このオデンを食べに行くのに小生が作った用事と言うのは2年振りの"塩嘗め地蔵"様と"寳秀寺"さんの参拝と写真撮影だった。
六角橋商店街にオデンを食べに行く前に、そちららを先に訪問してきた。
image

塩嘗め地蔵は昔から「イボ取り地蔵様」として地元の信仰対象として大切にされて来た。
塩を供え物にする変わった習慣が有る。
解説を読む限り、この御地蔵さんを守る人より小生の方が少々塩嘗め地蔵の歴史について詳しそうだ(笑)。
image
日本武尊(やまとたけるのみこと)が信奉した須賀神社は何処も大凡(おおよそ)が素盞嗚命(すさのおのみこと)や五十猛(いそたける)を御祭神として御祀(まつ)りしている。
この父子の神々は疱瘡(ほうそう=イボ皮膚病)治癒の神として昔から崇拝されて来た。
横浜市に唯一現存する延喜式内社(延喜式神名帳に記録された古い神社)の杉山神社の御祭神も五十猛神である地縁は、塩嘗め地蔵と無関係では無いだろう。
DSC_0027
杉山神社の方は今では参拝客も減り、ひっそりとしているが氏子さん達によって立派に守られている。
DSC_0032
以前書いた杉山神社解説記事→ 
image
塩嘗め地蔵前の道は戦国時代まで、その近くに存在した神大寺の参道だったそうだ。
神大寺は江戸時代の人が城址と間違える程に立派な規模を誇っていたそうだし、戦国時代に火災で焼失している事から戦火に巻き込まれているのだろう。つまり、要塞としても転用出来る程の大寺院乃至神宮寺だった筈。
image
そして塩嘗め地蔵尊の前の直ぐ下の道は古代~戦国時代の八王子往還の一筋であり、八王子の地名は素盞嗚命(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)と、其(そ)の子の八人の神々を御祭神とした聖地、八王子神社に由来する。
2016-02-13-09-03-48
※写真は八王子城御主殿。2016年02月、親友O型君と訪問した際の撮影。
八王子神社は戦国時代に八王子城が築城され、その八王子地域の鎮守の神としても本丸に今も鎮座し古代から崇められている。
2016-02-13-10-33-11
※写真は八王子城本丸の八王子神社。2016年02月、親友O型君と訪問した際の撮影。
塩嘗め地蔵が参道入口だった神大寺の寺名から推測出来るのは、“神”“大”“寺”、つまり"神様を祀る大きな寺"だっただろうと言う事だ。恐らく牛頭天王=素盞嗚命か、素盞嗚命を信奉した日本武尊が祀られていたのかも知れない。しかし、戦国時代に火災で焼失し詳しくは江戸時代には既に解らなかった様で"間宮士信"公が編纂した新編武蔵風土記稿にも書かれてない。

塩嘗め地蔵の直ぐ近く、六角橋には"久応山寳秀寺"と言う御寺が存在する。
image
この久応山の山号は神話の人物に由来する。
image
その境内が嘗(かつ)て倭建(やまとたける)命が滞在した大伴久応の邸址と伝承する。滞在時に食事に使用した"箸(はし)"が六角形の物で、大伴氏に神器として伝承していたそうだ。
この故事が六角橋の地名由来に成った。
image
現在は大伴久応の陵墓の土饅頭が寳秀寺山門の前に行ちょこんと現存するが「後世の供養ではあるまいか?」と推測する。しかしながら、形状は円墳で時代的血統的な事実とも整合する。
image
川崎市高津区子母口の弟橘媛を御祭神とする橘樹神社の背後に現存する弟橘媛の御陵もやはり、中国三国志時代以降の朝鮮半島渡来文化の影響が見てとれる。
倭建命は走水神社の神話と、それを編集に含も古事記や日本書紀の記載で西暦100年代の倭国の大王の太子だった人物とされる。
仮に、長い歴史の誤差で100年程度のズレなら文章に残らない古墳時代の人物に成り、三国志の記載と日本神話がリンクして証明と成ったりもす。
つまりこうだ・・・
倭姫(やまとひめ)
景行天皇の妹、倭建の伯母=卑弥呼(ひみこ=日巫女?)
※丹波国元伊勢神宮の斎王か?
大足彦忍代別大王(おおたらしひこおしろわけのおおきみ/すめらみこと)
倭建の父大王。倭姫の兄弟=景行天皇。
※三国志魏書倭人の項に登場する卑弥呼の実弟、唯一面会出来る男性とは古代神社の斎王制度の文化から見て景行天皇の事を指すのだろうと推測出来る。
※この時代に天皇の二字の称号は有り得ないので大王の二字に訂正し"すめらみこと(皇命)"の読み方のみ残す。
恐らく大足彦忍代別"天皇"の名は大化の改新時点で大王の二字が天皇に差し替えられ藤原氏に改竄されている。
倭健(やまとたける)命
景行天皇の次子、成務天皇の実弟、倭姫の甥。
そして景行天皇に指名された皇位後継権保有者。
※現在の神道に伝わる「命(~のみこと)」と言うのは、古代語で現代語の「霊位」「御霊」や仏教用語の「尊」の字に当たる言葉、つまり肉体を離れ現世で亡くなった神の霊魂を指すのだろう。日本の神様は我々の祖先だから、神様同士で喧嘩したり恋愛したり戦争して殺しあったり、海で溺死したり、酒に酔ったり、スケベだったり何とも人間らしい親しみを持てる日本の発展に寄与して下さった先人達を神格化した存在の事なんだが・・・
日本武尊は以下の通り少々悲惨な生涯の終え方をしている。
※東征からの帰路に伊吹山の神に妨害され病を得るのは、倭建の皇位継承を阻止し自ら皇位継承を画策した成務天皇による暗殺未遂乃至成務天皇派の豪族の王との合戦の傷に由るものと推測する。
仮に成務天皇派との合戦が起きたとすれば伊吹山の麓、関西へ抜ける関ヶ原の関所が舞台だろう。
鈴鹿の地で没したのは、関ヶ原通過を阻止されたので南側の鈴鹿の関を突破し河内王朝(応神天皇の代まで首府は河内国きんぺん)或いは大和国か丹波国の伯母の在所へ帰還中の事だろう。
大伴久応(黒主)
[六角橋の神話]
六角橋の伝承と寳秀寺の縁起では自邸に倭建を逗留させ歓待したとされる人物。
[走水の神話]
三浦半島の横須賀市走水に現存する走水神社の伝承では大伴黒主と名を伝えられ、やはり日本武尊(倭建命)に海鮮料理を振舞い歓待した人物と伝わる。やや倭建ははまぐりはまぐり蛤(はまぐり)の膾(なます)がお気に入りだったそうだ。故に現代では料理と漁師の神として祀られる。
[日本書紀]
日本武尊の東征に吉備一族、"大伴"部一族が与力として付けられている。大伴氏は和邇(和珥)氏の一族で佐伯氏とも同族であり、古代水軍拠点を治めた氏族。
六角橋周辺には丸子、大口の名を冠した町が有る。丸子は古語で"丸子(わに/わじ)"と発音する事から和邇氏の土地であった事が解り、大口は和邇氏の祖先神の大口納(おおぐちな)命に通じる地名でもある。
和邇(わに)は和珥(わに)と同義別字だが、和邇とは中国大陸の動物の鰐(わに)を転じて様子が古代の丸木舟に似ている事から"舟"の意味を指す事が用意に解る。この
解釈を用いると"因幡の白兎"の神話の元に成った話も容易に推測できる。
とどのつまり白兎(しろうさぎ/はくつ)=はくづ=ひゃくず=百済=百済国乃至百済人が和邇氏の統括する水軍を利用し隠岐国(隠岐島)を和邇氏の援軍により征服しようとしたが、バレて和邇氏に討ち取られ隠岐島が日本に帰属したと言う国の成り立ちが変化した例えの物語りだろう。因みに当時は朝鮮半島最南端まで漢帝国に倭人の土地と認知された邪馬台国(日本)領だった。
それ故に古代の中国語で日本国の事を扶桑(ふそう)=扶桑(FuSang=フゥサン )国、台湾を蓬莱島と呼んだが、現在でも名残として扶桑(フゥサン)に通じる中国語で釜山(FuShan)の町が在ったりする。
尚、新羅国は日本人により建国されたと中国語の史書に記されているが、古代、海の神でもあった素盞嗚命(すさのおのみこと)が朝鮮半島に渡った神話とも関連が推測出来る。

さて、話を寶秀寺その物に戻そう。
image
境内には徳川家の三つ葉葵紋がふんだんに使用されているが、これが徳川家康公が浄土宗に帰依していて浄土宗に下賜した家紋だからか、それとも寶秀寺に直接徳川家から与えられた物かは未だ調べていない。
しかしながら近在する港北区鳥山地区の真言宗三会寺や浄土宗泉谷寺等は、戦国時代の鎌倉玉縄城主北条家の遺領を家康公の参謀、本多正信公が得た際、本多正信公を介して家康公から寺領保証の御朱印と家紋を頂いている事から、徳川家から下賜された寺紋なのかも知れない。
まぁ、三会寺に関しては徳川家より格上の源頼朝公から頂いた笹竜胆(ささりんどう)の源氏の家紋を寺紋としている。
2015-04-01-09-48-43
2015-04-01-09-48-51
なので三会寺サンに限っては徳川家の家紋を寺紋としては使っていないし、北条家の家紋も当然使っていない。まぁ、平安時代に関東の文化水準を飛躍的に向上させたのは頼朝公の功績、そして武士文化を確立させたのは蘭渓道隆和尚や道元和尚と執権北条家の功績。だから鎌倉幕府を樹立した頼朝公の方が武士としては徳川家と功績は同等でも血筋が上な分、優先される訳だ。
寶秀寺には立派なイヌツゲの植木が有り、これが横浜市指定の銘木古木に成っている。
image
その隣にも松の立派な植木が有る。
image
今は境内に墓地が有るが、本堂前の植木は昔は立派な庭園の一部だったのかも知れない。
image
本堂に参拝し、デジタル画像を撮影していなかったので境内の写真を一頻(ひとしき)り撮影させて頂いた。
image
立派な新しい扁額。
image
御本尊にもちゃんと御参りして・・・
image
江戸時代の歴代御住職様の御廟所にも御参り。

塩嘗め地蔵尊と寶秀寺で六角橋と神大寺地区の歴史浪漫を探訪し、その後オデンを食べに六角橋商店街に移動した。

帰りは着替えを持参していたのでジムで汗を流してから、露天風呂に入りに行った。

まぁ、美味しいオデンを食べ、神話と歴史浪漫に想いを馳せ、ジムで汗を流し、大浴場で露天風呂満喫し寛(くつろ)ぎ・・・
しみじみ良い休日と感じる1日を過ごせた。
日本武尊様、弟橘媛様媽祖様、大伴久応黒主様、ありがとうございました!

【備考】
走水神社、日本武尊、弟橘姫に関しては“タグ付け”しておくので、ブログ記事最後尾に付けられた「タグ」の中から興味の有るワードをクリックして昔の記事を御覧下さい!

前日、台湾の友人夫妻来浜→ ←これの続き。2日目。
台湾の友人夫婦が横浜に遊びに来てくれた2日目・・・
この日は朝から中華街のホテルに二人をピックアップし、藤子F不二雄ミュージアムに行って来た。
CIMG2751
ここは完全予約制で、ローソンでチケットを購入しないと入れない。
当日券は販売していない。来館者が快適に見学する為の配慮だ。
CIMG2752
まぁ、関連商品も沢山売っているので、御土産にも困らない。
小生の友人は日本が大好きでいてくれて、度々遊びに来てくれるのだが、今回訪問先と成った川崎・横浜・横須賀・三浦を含めた神奈川県は初めての旅行先だそうだ。
東京が近い弊害で東京より見る場所が多いのに海外の旅客にスルーされる事の多い我が県、何とか楽しんで欲しく、事前に友人(御妻君の方)と旦那さんの要望をリサーチして訪問先を分単位で計算して計画を立てていた。
しかし、この日は小生がドジをやらかしまくった。
高速で第三京浜川崎出口を降りた際、道路が複雑な進路変更が必要で道を間違えた。
更に、のちに話すが家系ラーメン総本山吉村家を食べさせてあげる事が出来なかった。
う~ん・・・
まぁ、話を先に進めると、友人(御夫君)が幼少の頃ドラえもんが大好きだったので、ここの存在を知った友人(御妻君)が小生に行きたい候補として事前に通知してくれていたのでチケットを予約しておいた訳だ。
入場料は1000円、安い。
CIMG2755
屋内展示物は写真撮影が不許可なので、屋外の展示物しか撮影出来ない。
しかしながら、多言語に対応した案内解説器具を各入館者に1台づつ渡して貰えたり、原画が多数展示されていたり、藤子F不二雄先生の生涯や、作業場等が再現された展示が有り有意義に時間が過ごせる。
子供向けと言う訳では無い施設だった。
CIMG2756
どちらかと言えば中学生高校生大学生等、進路に迷いがちな世代が来た方が良い場所。
最低限、小学校低学年程度の読み書きが出来ないと子供も理解出来ない展示が多い。
CIMG2759
でも屋外に出ると、子供も喜ぶ写真撮影の為の実寸のキャラクターが展示して有ったりする。
CIMG2757
CIMG2760
ドコでもドアーとか・・・
CIMG2763
空地の土管とドラえもん。
CIMG2761
映画のワンシーン等も再現されていて親子連れや大学生位のカップルで賑わっていた。
でも入場制限がちゃんとかかっているので、酷く待ち時間が有る様な事が無いので快適に見学出来た。
小生も次ぎ来る時は、自分の恋人か奥さんと一緒に来られる様に頑張らねば(笑)。
まぁ、甥っ子姪っ子を連れてくるのが先に成りそうだな。
ここをいたく気に入った二人、4時間も滞在したので後の予定に少し影響が出た(笑)。
実はこの後、車で横浜駅西口の家系ラーメンの総本山である吉村家に向かったのだが・・・
月曜日店休日だった。
直弟子の店で吉村家発祥地の杉田家が年中無休なので当然やっているものと思い込んだ小生のミス。
この日二つ目のミスだった。
友人夫妻は「明日自分達で帰りに食べに行くから良いよ~」とは言ってくれたが悔やまれるミス。
時間的にも杉田家に回る時間が無いので、やむなく、藤子不二雄ミュージアムで購入したドラえもんのどら焼きと、ドラミちゃんのメロンパンで二人に間食して凌いで貰った。
目的地を3か所目の横浜市中区の国指定名勝の三渓園に移動した。
CIMG1597
※写真は昨年の写真。
ここまでの移動中、友人(御妻君)の勤務先の台湾の貿易会社が日本の顧客の会社のミスで少々トラブって、休暇中なのに電話が引っ切り無しに掛かってくる。
当然三渓園を友人(御妻君)はゆっくり見る事が出来ず少々可哀想だったが、御夫君の方は御妻君に指で指示を受けながらポイントを押さえて写真撮影に勤しんだ(笑)。
この後に城ケ島で富士山を見る計画だったので、三渓園は大急ぎの1時間のみの滞在と成り御団子も食べる事無く車に乗り込んだ。
う~ん、藤子不二雄ミュージアムの滞在が1時間長かったかな。
まぁ、三浦に行けば美味しい鮪料理も食べれるので、二人のテンションも下がらずに城ケ島には17時位に到着した。
本来ならコンナ↓風景を見せてあげられるはずだったのだが・・・
2009-01-03-15-01-44
2009-01-03-15-45-57
DSC_3400
・・・三浦に到着するや否や、雹と大雨のドシャ降り。
う~ん、富士山どころじゃなかったな。
傘さしてるとは言え二人とも外套(コート)の肩がビショビショ。
仕方なしに、三崎漁港の小生行きつけの寿司の名店「紀ノ代」に移動した。
そしたら臨時休業だった(笑)
もう、ここまで踏んだり蹴ったりだと笑えて来るのだが、事前に隣に在るマグロ料理居酒屋の「黒羽亭」の事も二人に紹介して置いたので、「そちらに行こう!」と二人が言ってくれたので助かった。
あぁ!エスコートしなきゃいけない側が、なんかフォローされて胸が苦しい。
でも二人はマグロ喜んでくれて大助かり。
CIMG2770
※顔は差し替えてあります。
CIMG2771
台湾で余り食べる事の出来ない“胃袋”“白子”“卵”を前菜に、珍しい骨髄・・・
あと三浦野菜とシラスのサラダ、鮪の刺身、鮪の刺身定食、サザエのつぼ焼き、トロカツ、顎肉のステーキ
それと二人にはキリンビールプレミアム横浜仕立て?とか言うのを注文。
二人の胃袋を一杯にして、店を後にして再び出発。
帰り道、横浜横須賀道路の横須賀PAに寄りたいと希望が有って立ち寄ったら19時閉店・・・
どうかしてるぜ横須賀PA!
24時間やれや!しかも大黒ふ頭PAも同じ。
この日、最終日なのに神奈川の夜を楽しめないで帰らせる訳にはいかず、鉄オタ御妻君友人が喜びそうなので前日に大さん橋から眺めたミナト未来地区へ移動。
DSC_2691
少し雨が降っていた事、平日の夜という事も有り、人もまばらで写真を撮るには良い環境だったので結果的には二人にとって良かったかも知れない。
DSC_2682
横浜市民でも余り知らない人が多いのだが、ここは伊藤博文公が整備した新港埠頭の鉄道史跡だったりする。
二人は鉄道が好きなので小生の解説に興味を持ってくれた。
DSC_2683
だから、気が付かない人も多いかも知れないが赤煉瓦倉庫の前には当時の汽車の線路が今も保存されていたりする。
DSC_2685
この建物の反対側に移動すると、横浜ベイブリッジも綺麗に1枚の写真に収める事が出来たり、その更に少し先に行くと、下の写真の場所が在って・・・
DSC_2686
暗くて上手く撮影出来なかったが、明治~大正時代の横浜税関の検査場の建物の史跡も在ったりする。
何より線路の上を歩きながら綺麗な風景を見られる絶好の観光スポットな訳だ。
DSC_2687
サークルウォーク(鉄橋の円形歩道橋)からの眺めも良い。
DSC_2688
そして、ワールドポーターズの前も嘗(かつ)ての新港埠頭の史跡。
だから、昔、貨物船が通っていたランドマークタワーの真下へ真っすぐ赤煉瓦倉庫から線路が続いている。
この道を歩いて、二人とランドマークタワー下のドックヤードガーデンへ移動。
DSC_2690
ここ、若い人や歴史に興味の無い人は只の野外コンサートホールだと思っている人も少なくないのだが実は、日本現存最古の造船所の史跡で重要文化財なのだ。
友人(御夫君)は建築企業の監督なので、これを見て「カッコいい!」と喜んでくれた。
実は友人(御夫君)は日本の歴史に精通しており、下手な日本の大学生よりも日本文化と歴史に対する理解が深い。御父上は中国大陸の上海出身なので中国の歴史に対する理解も深く、この前日に三笠公園で清帝国の戦艦“鎮遠”の弾頭を見て西太后の暴走独裁と頤和園の建設による近代化の遅れ等を直ぐに解説していたりした。
今回、改めて自分の県を回ってみて思ったのだが、横浜は非常に台北に文化が似ている。
だから彼らと価値観が合ったりするのかも知れない。
外国の租界が置かれた歴史、外国文化の流入
南宋滅亡時に元朝に寝返らなかった蘭渓道隆和尚達、鎌倉幕府へ亡命したた忠義の真の華人達と成熟させた鎌倉文化や、三渓園で見る事の出来る、その後の武家文化
そして自然豊かな三浦の景色
これを全部合わせると、台湾の歴史背景と文化背景、そして景色その物もなんとなく似ている所が多いのかも知れない。
友人は開港記念会館を見て、台湾の総督府に似ていると言っていた。
近代の建物で日本人のデザインだから似ているかもね~と言う話もした。
2014-10-05-11-35-23
2014-10-05-11-50-05
上の2枚は2014年に台北に友人を訪ねて行った際に撮影した写真。
下の2枚は2015年にブログ素材様に撮影した横浜の写真。
2015-08-05-14-53-34
2015-08-01-13-52-51
うん、やっぱりソックリ(笑)。
まぁ~台湾人は日本人と同じように神仏を信仰して、文化も似ている上に風景も似ているんだから友達として意気投合出来て当たり前なんだよなって改めて思い、そして2年ぶりの友人夫妻との再会を楽しんだ休日と成った。

ホテルまで二人を送り、ロビーで暫しの別れの挨拶。
握手して「又ね!」と言ってバイバイした。
寂しいな。

残りの人生、二人に何回会えて何時間一緒に遊べるか判らないから。
一期一会の心掛け、出来るだけ、やれる事を!
さぁ、成さねば、自分の事・・・
又、元気な二人に元気に会えます様に。

台湾から友人夫妻が横浜に遊びに来てくれた!
1ヶ月以上前からLINEとExcel使って双方の提案を擦り合わせ、時系列で数パターンの想定をし、後は当日の気分次第で臨機応変に行先を選べる様にしておいた。
彼等と、こんなやりとりしたのは初めてだが小生と彼等とは物心の対処が酷似している様でシッカリ準備をして当日を迎えられた。
文字通り「万事順利」に予定が進めれた。
予定通り二人が東京から電車に乗り、小生が準備したホテルでチェックイン。
image

待ち合わせはLINEでホテル近くの横浜スタジアムにしたいと要望が有り、横浜市役所の駐車場に車を停め、ベイスターズオフィシャルショップで二人の到着を待った。
image

関内駅からホテルに移動する際にオフィシャルグッズショップが目に着いたとか、二人は野球好きなので御土産を買いたかったそうだ。
当初の予定では、二人をピックアップ後ゲーセンのUFOキャッチャーで遊びたいとの要望が有ったので横浜駅西口のTAITOステーションで遊び、その後は吉村家で家系拉麺創始者の吉村社長の拉麺を食べたてから夜の横浜港を見学したいとの要望だった。
しかし横浜に来る前に秋葉原でUFOキャッチャーをしてデカイキャラクター人形を獲得出来たとの事で、夕方からLINEでやりとりし横須賀観光に切り替えた。
車に乗ると首都高速道路~横浜横須賀道路を通り30分後には横須賀市に入り、最初に三笠公園を訪れた。
2015-10-28-16-34-13

※写真は以前昼間に撮影した物。
夜間の訪問と成ったが、非常に興味を持ってくれた。何故かと言えば御夫君の方は歴史が好きで、当時の清国北洋艦隊と日本の交戦の歴史や独裁女帝西太后の暴政と頤和園建設により中国大陸の近代化が遅れた歴史を知っており、御妻君に事細かい解説をしていた。
まぁ、小生も知る内容の解説たが、仮に中国大陸人なら、彼の様な解説は出て来ないだろう。
2015-10-28-14-08-32

※写真は以前撮影した物。
三笠公園には鎮遠と言う当時の清帝国海軍の名軍艦の砲弾の実物も展示されていて、その話題が出た訳だ。
御妻君は鉄オタでもあるので三笠公園内に有る蒸気機関車にも興味を持ち写真撮影していた。
その後、汐入駅に移動し車を停め、どぶ板通りを散歩。
DSC_3138

※以前撮影の写真
一頻(しき)りアメリカっぽいBarやスカジャンの店を見て回り、最近、来訪者を連れて行く定番に成りつつあるネイビーバーガーの名店のTSUNAMIで夕食に成った。
DSC_3141

友人夫妻は小生お薦めのチリビーンズバーガーのレギュラーサイズ(デカイ)を1つ注文、小生はマッシュルームチーズバーガーのクウォーターとディアボラチキン(スパイシーな手羽先唐揚げ)を注文。
image

他にも色々有るが、チリビーンズバーガーが1番美味しい。
小生のもナイフで切り分け二人に分けて、小生は主にチキンを貪り食べた(笑)。
二人は満足してくれた様で良かった。
IMG_20160709_193543

食べ終わりヴェルニー公園にイージス艦と潜水艦を見に散歩に行ったが残念ながら最近アホの北朝鮮がミサイルぶっ放したせいか1隻もイージス艦が停泊していなかった。
潜水艦が1隻いたものの暗く写真撮影は上手く行かなかった。
この残念感を払拭する為、帰路は関内に戻る際に横浜横須賀道路から首都高湾岸線に入り京浜工業地帯の夜景が見える道を走り、横浜ベイブリッジを渡り大黒ふ頭PAに立ち寄り、又、ベイブリッジを通り横浜公園出口で高速を降りて国際客船ターミナルに横浜港の夜景を見に行った。
image

ここは特に気に入ってくれた様で、二人は写真を大量に撮影していた。
又、車に乗り中華街の駐車場に移動して今度は、より横浜らしくJazz barの老舗のWind jammerに連れて行った。
image

これも、最近、県外の友達が遊びに来ると連れて行くコース。
何とか生演奏の最後の回に間に合い、友人の御夫君の方は"ヨコハマ サンセット"と言うカクテルを、御妻君と小生はノンアルコールカクテルを各々注文し、小生はオニオンリングとナッツ盛り合わせを注文した。
生演奏を非常に気に入ってくれたようで、最後には演奏者サン達と二人が話すチャンスも有ったりした。
良い思い出に成ってくれると良いなぁ~。
明日は小生の作成した神奈川東部の観光地推薦箇所の中から二人のチョイスで三浦半島三崎漁港と城ヶ島、川崎の藤子不二雄ミュージアムと横浜三溪園、そして吉村家に行く予定。

ふむ、明日も早いので寝るか。
今日は午前中は大掃除をしジムにも行き、博物館でコピーさせて頂いた文献も整理し、個人的にはまぁまぁ充実した1日と成った。
明日も出来る事をやろう、後悔の無い様に。
次ぎ、二人が来る前に関東大震災が再発するかも知れない。
何処が残り、何処が消滅するか解らない神奈川の観光地、二人に沢山楽しんで貰い、記憶と記録にして喜んでくれたら、小生は嬉しい。

シァオホワン!リーサン!
お土産の鳳梨酥と可愛い媽祖様の電灯ありがとね!
image

又、明日ね!

6年前の3月11日
高速総てストップ。
首都機能麻痺。
東北諸県被災地のインフラ崩壊。
まだ雪降る現地。
補給が滞り石油灯油が枯渇寸前で死線が近づく
生き残った人々。
そんな中、本牧半島、横浜市中区根岸の石油コンビナートのエネオス社員達が無能な当時の政権を見捨て、民間の力で被災地へ命を繋ぐ油を届けようと行動し出す。

発災2日目、エネオス社員とJR貨物社員が明治の元勲、伊藤博文公が整備した横浜を起点とした無電線区間の貨物列車網と言う偉大な遺産の活用に気が付く。
この路線は日本海側に繋がっている、つまり遠回りだが新潟県~山形県~秋田県経由で被災地へ、文字通り命の灯火と成る油を一気に大量輸送出来るのだ。
壊滅した太平洋側の軌道を使わずに済む。
根岸のエネオスとJR貨物と臨港鉄道の社員達は神がかった連携を見せる。
この区間は無電線、電車が走れない上に明治~昭和初期の近代に建造された"煉瓦製の橋脚"の橋を超重量の貨物編成で渡り、磐梯山を越える急勾配を通過しなければいけなかった。
発災3日目、エネオスの油の準備万端、いつでも貨物列車に充填出来る体制が整う。
JR貨物職員も何と1日で通過予定区域の煉瓦製橋脚の橋の耐久確認し、更には日本全国から時代遅れで退役予定の"ディーゼル機関車"をかき集め無電線区間の通過を可能にした。

かくして当時の無能な民主党政権が右往左往する間に、民間の社員達が会社の垣根を越え、更に時代を越えて伊藤博文公をはじめとした近代の政治家達と連携し、大地震と大津波発生から1週間も経たずに被災地へ横浜市中区本牧半島のJR根岸駅を出発した第1便の貨物列車により灯油と石油が届けらた。

色々と忘れちゃいけない事も有る。
そして、一見価値の無くなった様に錯覚する物にも必ず残さなきゃいけない物も有る。
それを忘れちゃいけないし、これからも油断しちゃいけないんだと思う。

北鎌倉には建長寺と言う大寺院が在ります・・・
DSC_2084
正式名称は巨福山建長興国禪寺と言い、京都南禅寺を別格として除いた鎌倉五山、つまり関東の臨済宗寺院の内で五つの筆頭寺院の内の第一位に位置づけられた寺院です。
・・・この鎌倉五山の凄さと言うのは征夷大将軍しか歴代住職の任命権を有していなかった事からも解ると思います。
さて、この建長寺、鎌倉時代~戦国時代当時は多くの学僧や武士が修行に集まっていた大寺院でした。
ですから現代でも日本有数の規模を誇る大寺院として存在しています。
DSC_2085
とは言え、この北鎌倉周辺には他にも先月紹介した円覚寺と言う鎌倉五山第二位の大寺院も在ったりして、北鎌倉を散歩していると少々感覚がマヒして他の大寺院が小さく見えてしまったりします(笑)。
円覚寺の記事はココ→
DSC_2086
天下禪林・・・つまり天下に名の轟いた学問所寺院と言う事です。
DSC_2087
これでも現代は開基(かいき=神社仏閣を造営する事。日本語で使う創建は漢字の意味の誤用)当時と比べて明治政府の宗教政策や、太平洋戦争敗戦後に規模が縮小しているんです。
信じられない位、昔は広大な境内地を有しており、更に寺領と呼ばれる御寺の収入源となる寺院の領地も昔は境内地と別に存在していました。まぁ、それは明治政府の宗教政策で没収され、そのせいで多くの御寺のみならず神社も荒廃した所が多かったんですが・・・
とりあえず、今回は建長寺と建長寺に関わった歴史偉人の紹介だけして行こうと思います。
DSC_2090
さて、略称建長寺の山号は巨福山(こふくさん)と言いますが、これは鎌倉幕府を開いた源頼朝公が鎌倉市街地防衛の為に築いた市街をスッポリ取り囲む丘陵城塞群の中の7つしかない入口の一つ、巨福呂坂(こぶくろざか)の切通しの近くに在ったからです。
現在の鶴岡八幡宮の西側を通る巨福呂坂は近代に成って開削された新しい道で、トンネル入口に有る石碑は歴史に疎(うと)い現代人が設置すべき場所を間違ってしまっている訳ですが、小生の様な歴史好事家(オタク)や建長寺や鶴岡八幡宮の鶴岡文庫や鎌倉国宝館の様な文化と歴史を守ってらっしゃる組織の職員サンの多くはこの事を知っています。
巨福呂坂切通し位置 久良岐のよし
現代では住宅街に埋もれている谷間の細い道が、本来の鎌倉防衛の要だった巨福呂坂切通しの跡です。
DSC_2091
さてさて、そんな鎌倉防衛拠点の手前に立つ関東最大で最高格の臨済宗寺院、建長寺は昔は鎌倉武士達の学問所としても機能していた訳ですが、この御寺を最初に造営した開基様が鎌倉幕府第五代執権の北条時頼公です。
そして、モンゴルによって滅亡した南宋国から亡命してきた四川省出身の名僧で日本武士に禅の精神と故国の情報を叩き込んだ蘭渓道隆和尚が開山(かいざん=初代住職)と成りました。
つまり、当時はモンゴルやモンゴルに服属している朝鮮人によって何時、侵略戦争を仕掛けられるか解らず日本は周辺国から危険に晒されていた状況でした。
ですから、鎌倉幕府を蘭渓道隆和尚が頼ってきたのも、故国の南宋王朝が如何(いか)にして滅亡したか日本に伝え備えさせる目的が少なからず有ったと推測出来る訳です。
そして、当然、武士達も蘭渓道隆和尚を師と仰ぎ、和尚が伝えた学問を取り入れ日本人としての武士の気概と禅の平静を保つ精神と中国渡来の兵法を融合させ、モンゴルの威を借りる朝鮮人とモンゴル人征服王朝の中国元朝の侵略に対して備えた訳です。
事実、この時期には朝鮮がモンゴルの名を挙げ日本を外交的に脅迫し始めていた時期でした。
・・・まぁ、今も昔も朝鮮半島の政府は古代からずっと隙有らば日本を侵略しようと何度も攻めて来たり日本を裏切って来た歴史が有るので彼らは鎌倉時代も通常営業、今と同じですね。
まぁ、日本は蘭渓道隆和尚の教えによって戦場でも冷静に敵と対峙した鎌倉武士達の準備の甲斐有って、元寇で朝鮮軍と江南水軍を2度に渡って日本の武士団が撃退します。
DSC_2095
この座禅を取り入れた精神修養は後に鎌倉文化や武士文化の形成に大きな影響を与えて行く事に成ります。
鎌倉時代以来~室町時代そして江戸時代に成るまでは、禅と言うのは武士の精神修養の嗜みとして武士文化に取り込まれ現代に残りました。
当時の武士達は例え信心する宗派が臨済宗でない武士も平素、参禅して修行に励んだ様です。
そして、建長寺では蘭渓道隆和尚の影響も有り、禅の他にも中国語も教養として学び武士達に易学や兵法を学ぶ場としても機能していました。
蘭渓道隆和尚については、以前、常楽寺の記事でも紹介したので興味の有る人は読んで見て下さい→
因(ちな)みに建長寺、“けんちん汁”の発祥地だったりします。
DSC_2057
写真の画像は建長寺の物とは違いますが、建長寺近くに在る“鎌倉五山”と言う和食屋さんで提供しているケンチン汁です。
DSC_2058
建長寺では参禅すると、本家本元の“けんちん汁”を食べさせて貰う事が出来ます。
まぁ、なかなか観光でしか普通の人は鎌倉に行く用事も無いので、北鎌倉駅周辺の和食屋サンで提供している店に入るのがデートや家族連れだったら無難でしょう。
DSC_2098
DSC_2096
建長寺に話を戻しますと、多くの武士から崇敬を集め、その武士達の子弟が幼い頃に入門し学問と精神修養に励む場所であり、日本中の学僧が集まる場所でもあったので現代でも国宝や重要文化財の建物が多く現存しています。
そんな建長寺なので、鎌倉武士達のみならず戦国時代にも名将を輩出しています。
その名は太田道灌(どうかん)、江戸城や河越(川越)城を築城した名築城家であり戦っては無敗を誇った名軍師で、扇谷上杉家の執権(しっけん)でした。
太田道灌公
今の政権に例えると官房長官や幹事長みたいなもんです。
当時、日本を統治していたのが君主=天皇家。
その統治を代行していたのが征夷大将軍足利家。
足利家の政治を分業実行していたのが管領と関東管領。
その関東管領を務めた家が犬懸(いぬかけ)上杉家、宅間(たくま)上杉家、扇谷(おおぎがやつ)上杉家、山内(やまのうち)上杉家の上杉家の筆頭4家。
その家、室町時代中盤~戦国時代に関東管領と務めたのが扇谷上杉家と山内上杉家。
その扇谷上杉家の軍事と政治を取り仕切っていたのが、この太田道灌公でした。
この太田道灌公は幼い時から非常に頭が良かったそうで、幼少期には大人も論戦で言い負かす事が度々有ったので、道灌公の父上の道真公が「この子、将来、人を見下す子に育たない様にしないと危ない」と感じて、建長寺に入門させて幼い時は建長寺で僧侶達から人としての道や学問を教わって育ったと言われています。
残念ながら建長寺も数度の戦火や火災に遭っており、建長寺で道灌公が具体的にどんな生活をしていたかは今の職員さん達も解らなく成っています。
戦国時代末期に成ると、扇谷上杉家も滅亡寸前、関東の覇者は小田原城を本拠地にする北条(伊勢)家に変わっていました。
戦国時代に関東で随一の学者文化人としても有名だった建長寺の玉隠英璵(ぎょくいんえいよ)和尚は、太田道灌公とも親交が有った人物なのですが、この玉隠英璵和尚と北条家の治世化で交流の有ったのが北条家相模十四騎筆頭の間宮家でした。
新編武蔵風土記稿弘明寺扁額 久良岐のよし
横浜市南区に今も在る真言宗の名古刹で、弘法大師空海和尚所縁の弘明寺の江戸時代までの扁額は、間宮家が寄進した物でしたが、その扁額を揮毫(きごう=字を書く)したのが玉隠英璵和尚で、90歳の時の事と絵図が文献の挿絵で残っています。
まぁ、昔の禅宗は武士の嗜みだったので、他宗派の僧侶からも歓迎されていた様です。
徳川家と間宮家に所縁深い静岡市の華陽院も浄土宗ですが、家康公の祖母の戒名も“禅尼”となっていたりしますからね。
そんな建長寺と関わった間宮家からは有名な北条綱成公の副将として稀有な活躍をした間宮康俊公や、その孫で徳川家康公に重用されて佐渡奉行、但馬奉行として金山や銀山経営で他の代官より抜きん出た実績を残し更には大坂城総掘りと真田丸埋め立ての作戦を立案した間宮直元公を輩出しています。
つまり、建長寺は名軍師を生みだして来た御寺な訳です。
これは蘭渓道隆和尚や北条時頼公が後世に残したソフト面での偉大な功績でしょう。
DSC_2101
さて、そんな建長寺、ソフト面だけでなくハードも立派な事は冒頭で申し上げた通り。
DSC_2104
凄く立派な仏様が参拝客を出迎えて下さいます。DSC_2102
仏様も立派なのですが、天井の装飾も立派ですよね?
実はこの仏殿、元は江姫の御廟所だった建物で、江戸時代の徳川将軍家の菩提寺、芝の増上寺に在ったのを御夫君で二代将軍の徳川秀忠公から建長寺の建替えに際して移譲され移築された建物なんですね。
徳川秀忠公の奥さんの江姫と言うのは別名で御江与様、つまり織田信長公の姪っ子で、浅井長政公と信長公の妹の市姫様の娘さんに当たる人物でした。
元々霊廟だったので、少し普通の仏殿と違った造りに成っているそうです。
DSC_2103
仏殿の横には何故(なぜ)か梟(ふくろう)の置物が・・・。
DSC_2105
仏殿の奥には金ピカの門が在ります。
image
これも徳川秀忠公の寄進した唐門で、龍王殿の入口に成っています。立派ですね。
黒と金のデザインが、江戸時代初期、安土桃山時代の文化の雰囲気がまだ残る色使いに成っていますね。
徳川政権の前、豊臣秀吉が北野天満宮や二条城の伏見城遺構や大坂城天守を見る限り黒と金の組み合わせを好んで使っていた様です。
さて、建長寺は他にも立派な建物が現存しますが、小生は特に紹介して置きたい場所が有ります。
それは建長寺の“守護神”の半蔵坊という“神社”です。
日本の文化は本来は神仏習合と言って神様も仏様も同じ様に大切にしたり、水が湧く場所聖地や霊場として大切にされた山も崇拝対象にしていました。
ですから、明治時代の神仏分離令までは御寺にも沢山神社が在って、御寺の中で神官が神事を行ったり、逆に神様に和尚様達が御経を読んで天下万民の安寧を祈願したりしていたんですね。
明治時代の神仏分離令で多くの神社の中の仏様や、御寺の中の神社の神様は撤去されてしまいましたが、臨済宗や曹洞宗や浄土宗や真言宗と言う武家文化と密接な宗派は神様を今でも大切にしている場所が多く有ります。
image
半蔵坊へは少し判り難い上の写真の参道が建長寺境内の左側に在ります。
image
そこを進んで行くと、御寺なのに立派な鳥居が見えてきます。
image
半蔵坊は天狗(てんぐ)様を祀る建長寺の守護神なので、鳥居をくぐり御社を目指すと沢山の天狗様が御出迎えして下さいます。
天狗信仰は関東では古い文化で、延喜式内社の大山阿夫利神社も江戸時代には大天狗と小天狗も崇拝対象に成っていました。
源義経が鞍馬山で天狗に剣術を教わったのは有名な話ですね。
image
さて、この半蔵坊、現代に凄い御利益を発揮した事で有名だったりします。
実は阪神淡路大震災の時に、この建長寺を参拝して半蔵坊の災難除けの御守り札を頂いて来た人達の家は、一軒も被害に遭わなかったそうです。
まぁ良い地盤の地域に御住まいの方が多かったのかも知れませんが、普段から古い習慣を大切にして、心に一本、神様仏様への信仰を持っている様な人だからこそ地震被害の多い埋め立て地を居所にしなかったりしたのかも知れませんが、こう言うのは信じて厄除けして頂いて、自分の心を安らかにする事が既に御利益なんだと思います。
そして、神様仏様の御利益が実際に授かれれば、それに謙虚に感謝して、日々生かされていると感じれたら良いのだと思います。
小生も自分の土地神様と仏様の厄除け祈願の御守り以外に、家の玄関には半蔵坊様の御札と氏神様の御札を掲げています。
お蔭様で、何とか無事に生きています。そして遊び友達みたい浅い関係ではない、日本の親友と国境を越えた親友にも恵まれています。
そんな訳で、建長寺守護神の半蔵坊大権現は災害除けの御利益が有るので、建長寺に参拝するならば一緒に是非参拝する事をお勧めしたい場所だったりします。
image
ここからの眺望や良く、写真の日は生憎(あいにく)の曇天でしたが、晴れていると相模湾も一望出来る景勝地でもあります。
ただ、ここに御参りするには建長寺オリジナルの御朱印帳が必要です。
image
御朱印授与の場所で売っているので、半蔵坊の御札も頂くならば、鎌倉五山や鎌倉の臨済宗寺院巡りの為にも購入すると丁度良いかも知れませんね!
小生は建長寺と半蔵坊の御朱印を頂いてから、鎌倉五山の御寺を順位の順番に再訪しました。
残念ながら、寿福寺の現御住職は昨年くらいから御高齢で御体が不自由になられた様で、御朱印の対応が困難だと奥様から伝えられ、再度御朱印をこの朱印帳に頂くには至っておりません。
寿福寺も由緒正しく、昔は歴代御住職様は猊下(げいか)と武士や僧侶から敬称で呼ばれた御寺なので、早く御住職様の体調が良くなり復帰される事を祈るばかりです。

さて、建長寺、立派で御寺でしょう?
半蔵坊からの眺めも良いので、北鎌倉散歩の際は是非、訪れて見て下さい!
・・・まぁ、円覚寺や東慶寺や浄智寺、明月院や長寿寺って他にも御参りして置きたい御寺が沢山有るのが北鎌倉なので、鎌倉江ノ島七福神の御朱印巡りがてら、数度に分けて鎌倉訪問して建長寺も浄智寺と一緒に訪れたり、明月院の紫陽花観賞と一緒に訪れるのも良いかも知れませんね!

さて今日はここまで!
今週末は台湾の友人夫婦の来訪が有り、水曜日はその事を休日雑記に書くかも知れません。
では、又、次の解説記事か休日雑記で御逢いしましょう!

驚愕の計画が進行中の様です。
よもや現実、生きている間にそんな事に立ち会える可能性が有るとは・・・
image

御台場に昨日まで立っていたRX78-2ガンダム、実はロボットの2足歩行研究検証用に使われるそうです。
そして・・・
何と"2019年を目処に自立歩行をさせる予定"だそうです!
・・・もしかしたら東京オリンックの開会式のトーチは初代ガンダムが徒歩で聖火台に点火する事に成るのかも。

本田技研工業のアシモのロボット二足歩行技術と、航空機製造の軽量で高い強度を維持する技術。
大阪大学の石黒教授の経験。
東芝機械の機械部品製造用ロボットアームの滑らかで複合的な動きを実現する技術。
それ等が集まれば実際に不可能では無さそうだ。

ただし!
物理演算した人の検証では、有人運転にすると中の操縦者はガンダムが1歩歩く度に、車で追突事故起こす程の負荷がかかり身体が持たないとか(笑)。
更に走らせると背骨や内蔵が破裂するらしい(笑)。
う~ん・・・
無人に成るのかな?

なんにせよ、ガンダム歩いてオリンピックのセレモニー出来たらスッゴイぞ‼

神奈川県鎌倉市のJR大船駅駅から、近くも無く遠くも無い位の距離に神奈川県民から「大船フラワーセンター」の俗名で呼ばれる植物園が有ります。
正式名称は「県立フラワーセンター大船植物園」なんですが・・・
CIMG2612
・・・2017年の3月初旬現在、“玉縄桜”と言う早咲きの「桜と梅が満開で同時に見る事が出来る」珍しい場所でもあります。
CIMG2613
昨年、母が子宮癌を患い、築地市場近くの国立がん研究センター病院に入院し子宮摘出手術を受けたのですが、小生は鎌倉市浄明寺地区の浄妙寺で淡島大明神を参拝し母の子宮癌平癒の祈願をした上で淡島大明神の御守りを買って母に渡していたのですが、結果として手術は成功し転移も無かったので、母の体力が回復した先月末に母を伴って御礼参りに行って来ました。
浄妙寺は昔から「婦人病治癒、女性の味方の神様」の「淡島大明神を祀る御寺」として「御婦人達の崇敬を集めていた」歴史を、たまたま横浜の殿様の間宮家と宅間上杉家の顕彰活動を通じて訪問した事で知っていたので、その様な行動をした訳です。
その帰り、幼稚園の頃に母と来たのが最初だった大船フラワーセンターに立ち寄って来ました。
この直ぐ近くの龍寳寺にも用事が有り、ついでと言うか、丁度“玉縄桜”が満開に成っているのを知っていたので見てきました。
CIMG2615
玉縄桜の名前の由来は、この直ぐ近くに戦国時代に存在した玉縄城と言う難攻不落の城の在った地域名に由来します。
玉縄城は上杉謙信10万の大軍、武田信玄2万3千の大軍の攻撃を城兵3000で防衛し、2回とも敵軍の上杉勢や武田勢を撤退させた堅城でした。
この城を守っていたのが小生が個人的に尊敬している北条綱成公で、その綱成公の率いる部隊は「玉縄衆」と呼ばれ軍旗等の軍装を黄色で統一した部隊で別名「黄備え隊」と呼ばれた軍団でした。
この黄備え隊の副将が、小生が顕彰活動をする殿様の一人である間宮康俊公でした。
間宮康俊公の姫は徳川家康公の側室と成り子を産んだ於久(おひさ)様、そして嫡孫は徳川幕府の但馬奉行や佐渡奉行を務め金山銀山経営で他の鉱山奉行と比べ物に成らない程に功績を残された間宮直元公でした。
直元公は大坂城外堀や真田丸の埋め立てを家康公に立案した名軍師でもありました。
そんな玉縄衆の気概を名前に受け継いだ風流な桜が、この玉縄桜な訳です。
CIMG2617
黄備え玉縄衆は、関東の覇者、北条家の中で重要な合戦には必ず参戦し先陣を切って戦ったり、最前線での苦難な籠城戦を防衛し切ったり、他の部隊の追随を許さない功績を挙げ常に前線で戦う部隊でしたが、玉縄桜も河津桜同様に先頭を切って満開に成る品種でもあります。
image
今、正に大船フラワーセンターでは、この玉縄桜と植樹された様々な梅を同時に見る事が出来ます。
園内手前の方には玉縄桜の他に、「おかめ桜」も遊歩道に沿って数か所植林されています。
CIMG2621
この桜、名前は純和風ですが、実は桜観賞の文化に惚れ込んだ英国人の植物学者イングラムさんが英国に日本の桜を数種類持ち帰って混合させ生み出した品種なんです。
つまり人間に例えると日系英国人留学生って感じでしょうか(笑)?
image
ハッキリとしたピンクが目鼻立ちがシッカリした英国人女性の様ですね。
CIMG2623
そして日本と同じ海洋国家で近代日本の随一の友邦だった英国の桜らしく、戦国時代関東最強の北条綱成公の城名をとった玉縄桜同様に先陣を切って咲く凛々しさも持ち合わせています。
う~ん・・・
解る人には解るけれど、桜版の戦艦金剛かな(笑)?
さて、大船フラワーセンターは牡丹や蓮も有名なのですが、今は季節ではないのでそのエリアを通り過ぎて一番奥の方に行くと色んな種類の梅の樹が植えられた並木道に出ます。
image
image
小生が訪れた先月2月末は枝垂れ梅が見事でした。
image
image
CIMG2639
CIMG2638
CIMG2642
CIMG2643
多分、今時分は更に見頃に成っていると思います。
CIMG2646
このエリアにも玉縄桜が有ります。
CIMG2625
CIMG2627
綺麗でしょ?
どうです?
ちょっとお散歩に行ってみませんか?
この他にも孟宗竹や唐竹等、色んな竹を植えた小規模な竹林や・・・
CIMG2630
台湾原産の紅葉ばふう。
CIMG2632

CIMG2633
CIMG2634

そして、小生が気に入っている場所がもう一つ有り・・・
CIMG2647
熱帯植物の温室です。
CIMG2649
いくつかの部屋を円形に配置して分けてあり、多種多様な植物を見る事が出来ます。
CIMG2650
CIMG2651
CIMG2652
CIMG2653
完全に外国人ぽい花・・・
人の顔も違えば花の個性も同じ様に原産国で変わるんだなぁ~とか考えるのは小生だけでしょうか?
CIMG2654
CIMG2655

CIMG2657
CIMG2659
可愛らしい花も有れば・・・
CIMG2662
毒々しい色の奴もいたりします。
見ていて飽きません。
CIMG2663
蓮の仲間の展示エリアにはメダカみたいな魚も沢山泳いでいます。
CIMG2664
CIMG2665
CIMG2666
CIMG2668
CIMG2669
CIMG2670
わざわざ下田とか行かなくても、実は大船駅周辺にこんな場所が有るって、今の若い子達は知らないんですよ。
きっとバブル世代の親は若い頃に、こう言う植物を愛でる様な育ち方をしていかなったので自分達も子供達に植物を愛でる文化を伝えたり出来ない人が多いのかも知れないですね。
CIMG2671
CIMG2672
CIMG2673
CIMG2674
小生は、玉縄桜と梅と、このエリアが御気に入りです。
CIMG2675
あと、部屋で育てる鉢植えの植物も温室に展示されています。
温室の先、一週回って入口近くには盆栽を展示したエリアも有ります。
CIMG2682
小生、この黄梅と言う品種を知りませんでした。
一瞬「蝋梅」かと思ったら違うらしいです。
CIMG2683
CIMG2684
盆栽もユックリ見ると良いもんですね!
しかし子供にはツマラナイかも(笑)。
ここはちゃんと子供が来て御腹が空いても平気な様に、フードコートが無い代わりに移動式店舗が数店営業しています。
CIMG2676
小さい子に植物見せるだけとか、ちょっとした「苦行」をさせる様なもんですからね(笑)。
小生も幼稚園の頃に担任の先生や親なんかとここに来ても全く楽しく無かったですから。
大人になって、段々小さい頃に見せて貰った物の美しさや大切さが理解出来る様に成ると、ふとした切っ掛けでそこを再訪したりするもんなんですよ。
だから、今小さい子がいるパパやママさんは、ここに子供を連れて来て御散歩して欲しいなぁ~とか
CIMG2680
こう言う小さいなパンジーも子供の時に見ておくと、大人になって再訪した時に当時の記憶として思い出したりするもんなんです。
親は自分より早く死にます。
でも、親が見せてくれた物を大人になって見ると、親の事も思い出して感謝も出来るって思うんです。
実際、小生が幼稚園当時の記憶で一番覚えていたのは、このパンジーと入口の花時計でした。

実は大船フラワーセンターこと県立フラワーセンター大船植物園は今年2017年7月で一旦閉園します。
そして改装後、2018年03月31日の再開予定なんです。
つまり、早咲きの玉縄桜を見るチャンスは今回を逃したら2年後に成ってしまう訳です。
今幼稚園の子も2年たったら小学生、そうなると親と一緒に遊んでくれなく成ったり習い事が大変で時間が無くなったりしますよね?
デートで来たいカップルも、2年後は結婚して子供が生まれていてとてもじゃないけど外出する余裕が無いかも知れない。
それに今の大船フラワーセンターの春の姿を見られるのは、今だけです。

ですから皆さん、是非、大船フラワーセンターへ行ってみませんか?

【県立フラワーセンター大船植物園】
住所:〒247-0072神奈川県鎌倉市岡本1018
電話:0467-46-2188
アクセス:駐車場有り
(徒歩)大船駅西口観音側下車16分
(バス)大船駅西口バスターミナル1番のりばから、神奈川中央バス「渡内経由藤沢駅行」または「公会堂前経由城廻中村行」、「岡本」下車徒歩3分
県立フラワーセンター大船植物園の地図 久良岐のよし
では皆さん!又、次の記事で御会いしましょう!


311の東日本大震災の発生後、日清のカップ麺のCMで日本再生の勇気を鼓舞してくれた御台場のガンダム。
その1/1scaleガンダムの展示が残念ながら2017年03月05日(日曜)を以(もっ)て終了する事に成りました。
1/1ガンダム横のダイバーシティ東京内の7階で営業していた博物館とも言うべきガンダムフロントも同様に4月5日で営業終了に成ります。
image
小生、等身大ガンダムもガンダムフロントも、両方まだ見た事が無かったので慌てて3月1日に見学に行ってきました。
さて、これ、まだ見た事ない人は必見です。
CIMG2744
ディティールの細かさ、リアルさも素晴らしい。きっと平成ガンダムしか見た事ない子供達や若者達でも「凄い」と思うと思います。
見学当日は日本人はまばらで、ほとんどが東南アジアと台湾からの御客さんでした。
CIMG2740
これが無くなってしまうのは、有名な神社や御寺が廃寺廃社に成る位に日本の損失的な気がする・・・
海外の人達や東北の人達に関東人が東北の復興を支える気概を示すシンボルでもあったんだよな。
さて、ダイバーシティー東京の7階で“ガンダムフロント”が営業している事を知らない人も結構多いようです。
image
先に触れましたが、ここはガンダムの展示館でして、中には無料開放ゾーンと入館優良の施設が在ります。
img_zonemap
先ず入ると平成ガンダムのストライクフリーダムガンダムの1/1胸像が有ります。
image
これは上半身だけを再現した物ですが、コックピットが再現されており、背面から階段で上がってコックピットに立って記念撮影を行う事が出来ます。
係員の方にデジカメを渡すと撮影もして下さいます。
このストライクフリーダムガンダムの手前には初代ガンダムRX78‐2のコックピット兼脱出用戦闘機のコアファイター1/1も展示されています。
image
此方(こちら)も細部まで作りこまれており見応えが有りました。
image
何か昭和のデザインなので未来の戦闘機と言うよりは東西冷戦時代の戦闘機の様な雰囲気(笑)。
ともあれ多くの東南アジアからの御客様達が記念撮影を楽しんでいました。
中にはベトナム語しか話せないで、このガンダムフロントまで来ている勇者(笑)もいました。
それだけガンダムファンには魅力的な場所なのでしょう。
さて、実機再現展示以外に、キャラクターフォトスポット等も有りシャア大佐と一緒に写真を撮影出来たりします(笑)。
CIMG2719
まぁ、ゲームソフトの広告も沢山有りました。

もう直ぐガンダムフロントが閉鎖に成ると言う事で、最後の1ヵ月間はイベントも行っています。
“ガンプラファクトリー”と言うエリアが有るのですが、有料ゾーンに入場すると先ず、チケットと一緒に1/144scaleの初代ガンダムのプラモデルの“頭部”を貰う事が出来ます。
その後、ガンプラファクトリーに行くと、以下の様な箱の台紙と残りのボディーパーツを無料で貰う事が出来ます。
CIMG2720
この箱に塗り絵の容量で色を塗るか、箱を組み立てるとボディーパーツを貰って帰る事が出来る訳です。
image
最後の良い記念品に成りますね!
将来的にプレミア付きそうなので小生は組み立てずに保管する事にします。
さて、ガンダムフロントには更に本命の見所が有ります。
img1
DOME-Gと言う映画上映施設です。
ここでは1本7分程度の上映時間のオリジナルショートフィルムを三本立て、約30分間上映しています。
円形のプラネタリウムの様な上映施設に360°前後左右真上に映し出される映像の迫力は素晴らしかったです。
そのシナリオの内容も、とても良い物でした。
ガンダムは元来、核兵器問題、軍備の必要性と平和の理想を追求する矛盾、移民問題、テロ問題等、制作された各時代毎の世相を反映して左右両方の視点からと中立的な視点からのシナリオを各キャラクターを通じて描いている作品が多く、「宮崎駿の様な元は極左活動家で反国家主義的で全体主義的な輩とは違った」より深い反戦と防衛力の必要性を持った内容が僅か30分のメッセージに込められていたりします。
しかしガンダム初心者には何のこっちゃか分からないと思うので、せめて映画版の機動戦士ガンダムUCを見ていくと良いと思います。
小生も子供の頃に見ていたZZガンダム以来、全く見ていなかったので、ガンダムフロントに行くに差し当たってレンタルビデオ店に行き機動戦士ガンダムUCの劇場版を全て見て予習してから行って来ました。
その甲斐が有って、DOME-Gでの上映を見て感動する事が出来ました。
まぁ、予備知識無しで行っても迫力に圧倒されると思います。
上映が終わり、隣で見ていた華語文化圏のカップルの彼女の方が彼氏に中国語でどうだった?と聞いていましたが、彼氏と思われる男性は「感動(GanDong)」と声を押し殺して言っていました。
※このDOME-Gの上映を御覧に成りたい方は上映時間に気を付けて施設を訪問して下さい。
ガンダムフロント DOME-G上映スケジュール公式様画像 久良岐のよし
上映時間の1時間位前に入館し、最初に待ち時間30分程度掛かるガンプラファクトリーを訪問する事をお勧めします。
ガンプラファクトリーでの工作を終えてから余裕を持ってDOME-Gを見学すると良いでしょう。
この他にもVR映像を別料金500円支払って見る事が出来るブースも有ります。
施設の奥の方には、歴代のモビルスーツのプレモデルを展示してあるブースも有ります。
CIMG2737
image
当然、販促も目的の施設ですから(笑)。小生は買いませんでしたが。
CIMG2738
デンドロビウムも有りました。
・・・こんなん作っても置く場所無ぇ~わ(笑)。
小生が欲しかったのは下の洋服のコーナー・・・
image
Zガンダムシリーズで多分、アムロとシャアが来ていたジャケットかな?
CIMG2736
洋服としての作りがとても良かったので値札見たら3万8千円・・・
そりゃー良い作りの服のはずだわ。
結局高額の為に断念。アムロの黒いジャンパー欲しかったな。
さて、ダイバーシティ東京は、ガンダムフロント以外にもアウトレットが併設されていたり、沢山のフードコートも有り、Round1も有るのでカップルのデートや子連れには最適だと思います。
今週の土日が最後のガンダムを拝むチャンスです!
皆さん、興味の有る人は公開の無き様!

次は御城か神社か御寺の事か、この3月1日の休日雑記を書きたいと思います。
では!又、次のブログ記事で!

小生のブログを読んで下さる親日家の皆さんが、又、次の記事を書くまで平穏無事に過ごせます様に、小生の崇敬する神様仏様偉人の皆さま、御加護御守護宜しく御願い申し上げます。



↑このページのトップヘ