さて、最初の掲載は神奈川って"だいたい"こんな感じなんだよ?
…みたいな説明をさせて頂きます。

小生の住まう横浜市と県内他地域(ハマっ子は出身を他地域と区別する)は、他府県からの移住者が多い上、大凡(おおよそ)の移住者の皆様方は"ヨコハマ"や"神奈川"に対して開港後の中華街と港町か、湘南のイメージしか無いようですね。
こんな↓感じで?
その弊害で教育委員会ですら知らない遺跡や歴史偉人に関する史跡が高度経済成長期に沢山(たくさん)破壊されてしまいました。

しかしながら実際、この地域は鎌倉市を含み旧相模国と旧武蔵国から構成されるので鎌倉武士文化圏であり、実は近代的なイメージの横浜市や湘南のイメージの藤沢市ですら旧鎌倉郡域が含まれており歴史と文化に富む地域なんです。
更に平安時代に国府が置かれた内陸の海老名市一帯には早くから武士も土着し、湘南地区の旧鎌倉郡藤沢市は戦国時代に全国各地で大名に成った坂東八平氏の祖:平良文の本拠地でした。

神話の時代に遡(さかのぼ)ると伊勢原市の大山は、古来超有名な観光地で江戸市民の憧れの温泉と神社詣での旅行地だったりしました。
大山にある大山阿夫利神社の御祭神:
大山祇神=大山積神(おおやまづみのかみ)は…
富士山の浅間大社の有名な御祭神:
木花咲耶媛命(このはなのさくやひめ)
…の父神として登場し、平安時代〜江戸時代にまで大変賑わい源頼朝や太田道灌、徳川家光等からも信仰を集めていました。
その賑わいの名残りは"大山街道"と言う道路が関東各所に現存している事からもうかがい知れます。

神奈川と言えば先ず最初に明治の元勲が近代化した今の桜木町…みなとみらい地区がイメージされがちですよね?
でも実はそんな感じで古い文化史跡も沢山あり、過去には更に沢山の貴重な城跡や寺院社殿が"つい最近"まで残っていたんですよ!

次からは美味しいレストランや綺麗な風景の情報を絡めながら、各地の史跡と寺院の御朱印や所縁の人物を紹介を寄稿(きこう)していきますね!