鎌倉御家人の主力、三浦氏の菩提寺 

…清雲寺
鎌倉幕府御家人の中心を担った三浦家の開祖〜3代目と分家の佐原家の御一門の御寺に行ってきました。

    
三浦家は皇族から武士に成った平高望(たいらのたかもち)王の御子孫です。

平高望王の御子孫の平良文(たいらの よしふみ)公が醍醐天皇に「賊を討て!」との綸旨(りんじ=天皇の命令)を受けて陸奥守(むつのかみ=東北地方の長官)と鎮守府将軍(ちんじゅふしょうぐん=幕府を開く資格のある将軍)に任じられ、関東を統治する事に成りました。

その平良文公の曾孫(ひまご)の平為通(たいらの ためみち)公が三浦郡を治める様(よう)になり、役職の三浦介(みうらのすけ=三浦郡知事)から三浦の苗字(みょうじ=分家の姓)を名乗るようになりました。
三浦氏の中で歴史上初めて活躍したのが"平朝臣(たいらのあそん)三浦介(みうらのすけ)義継(よしつぐ)公です。一般的に三浦義継公と呼ばれる武将で陸奥話記等に登場します。
この人物が源頼朝公の家系の御先祖で河内源氏(かわちげんじ)最強の武将である源義家公に協力した御縁で、以降、源氏と三浦家の結びつきが発展して後の鎌倉幕府樹立の原動力に繋がって行く訳です。

坂東の平氏は有名な源氏の棟梁、源八幡太郎義家(みなもとの はちまんたろう よしいえ)公より先に関東に土着して土地を開拓し支配地域を拡大していったんですね。


この日は午前中、仕事前に朝出発して訪問して参りました。

で、御朱印を頂いて来ました。
神奈川県民としては非常に名誉な事で感慨深いです。 
何故なら三浦義継公は、従兄弟で御霊神社の祭神となった鎌倉景政(かまくらかげまさ)公と共に、前九年後三年の役で、軍神とも呼ばれる源義家公に与力(よりき=指揮下に入るが家臣ではない協力者)として大活躍された名将だからです。
そして、義継公の御子孫は戦国時代にも大名として多く生き残りました。
為継公が活躍と御子孫の繁栄は、後の鎌倉幕府は成立の一翼を担った訳です。
ですから神奈川県民として、清雲寺で御朱印を頂き三浦宗家の御廟所を参拝出来た事は非常に名誉な訳です。

清雲寺には為通公、為継公、義継公の初代~三代までの立派な墓所が有りますが、実は三浦家の菩提寺は元は「圓通寺」と言う別の御寺でした。
明治政府の数少ない愚かな政策の一つ「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく=仏教迫害)」により貴重な建築文化遺産と共に圓通寺は荒廃し、廃寺に成ってしまいました。
しかし、子孫の佐原氏系三浦家の菩提寺だったこの清雲寺に三浦家初代~三代様の御廟所は移築され菩提を弔う事になりました。

 
ですから清雲寺の本殿は「圓通閣」と言います。
そして御本尊の瀧見観音様は元々圓通寺に御祀(まつ)りされていた物を廃寺に成る際に、三浦家草創の御三名の菩提を弔うためにこちらへ移されて来ました。


この御寺を開基(かいき=寺院や神社を建てる)した佐原家の佐原義連公は、とても判断力と智謀に優れた鎌倉時代の名将名軍師で、源平合戦で源義経による兵庫県神戸市の福原攻めの際、有名な「鵯越の逆落とし」の実行を具申した人物です。

お墓じゃないよ、灯篭だよ!
御廟所の写真も撮影させて頂いたけど、掲載しません。
自分で行って拝んで下さい。
関係ないけれど蝶々や蜂が蜜吸ってて可愛らしかった…

また、お参りに来よう。
御近所には有名な三浦義明公の菩提を弔う為に源頼朝公が開基した御寺の満昌寺も在ります。
藪蚊が少ない季節に成ったら、三浦家の居城衣笠城址とあわせて訪問したい。
そして、また、清雲寺にもお参りに来よう。
御寺の公式ホームページは「ココ」←クリック!


------------------------------------
以下、後日追記
●三浦家で一番有名な武将「三浦義明公」の菩提寺の満昌寺に2014年11月訪問して来たので記事リンクを追記します!→ココ 」←クリック!

●三浦家の本拠地「衣笠城」を2014年11月に訪問して来たので記事リンクを追記します!→「ココ 」←クリック!