朝から由緒ある神社にお参りに来ました。
橘樹(たちばな)神社と言う日本神話にも登場する神社で、弟橘媛(おとたちばなひめ)をお祀りしています。
この姫神様は日本の軍神:日本武尊(やまとたけるのみこと)の御后(おきさき)様です。
二柱(神様の人数を数える単位は"柱")は夫婦一組で"縁結びの神様"として御利益が有ります。
日本武尊は日本最強の軍神なので、弟橘媛御夫妻は文字通り"最強の縁結び"の神様なんです(笑)。

この神様、実は台湾の媽祖廟の神様とも同一視されており日本と台湾友好の神様でもあります。

そして、浦島太郎伝説の乙姫(おとひめ)様のモデルに成っている古代の人物で神様に成られた方です。
弟橘媛と日本武尊が一緒に過ごした場所が神奈川県の三浦半島の横須賀市にある走水海岸の御所ヶ崎(ごしょがさき)と言う場所で、そちらにも明治時代までは橘樹神社がありました。
明治時代、日本に来航する西欧列強の亜細亜侵略が激しく、外国軍船の侵略に備え御所ヶ崎の橘樹神社は明治政府に接収されてしまい砲台が築かれ破壊されてしまいました。
御所ヶ崎は正に「海中に浮かぶ島」=「海の中の島」と呼べる地形なんですね。
写真は走水(はしりみず)海岸。
此処(ここ)から日本武尊は房総半島の富津に渡りました。
今では公園化されていますが、神社の在った砲台跡には未だに入れません。
走水神社に伝承する御所ヶ崎と川崎市の橘樹神社の神話を説明します。
日本武尊が東征する際、奥さんの弟橘媛様と御所ヶ崎で3年間過ごした後、海路房総半島を目指すのですが今と同じくらい浦賀水道の流れは早く、当時は更に海が荒れ渡航できずにいました。
そんな中、弟橘媛は夫である日本武尊に愛してくれた事と三年間の生活が幸せだった事を告げると自ら東京湾に入水自殺し人柱(ひとばしら)に成る事で海の荒波を沈め旦那様の渡航を助けたそうです。
戦国時代もそうでしたが、今の東京と千葉の間には江戸川=隅田川と利根川が流れ江戸城や国府台城や葛西城等の要害地域が沢山あり陸路東征は困難だったのだと思います。
まして弥生時代〜古墳時代は今より海面が高く平地は少なかったですからね。

昔の海岸線
この通り…神話の頃の縄文〜弥生時代は殆ど海の底。

今も貝塚や神社のある地域は不思議と当時の半島の上。
…つまり、そう言う事なんですよ。
歴史を知っていれば分かりますが、二酸化炭素で地球温暖化なんて「大嘘」なんですよ。
寧ろ長い歴史の中で氷河期でもないのに今程に陸地が広いのが異常な状態。
水没地域が増えて正常なんですね。

さて…

弟橘媛入水自殺の、その7日後に弟橘媛様の櫛(クシ)が流れ着いたのが、今の橘樹神社のある橘樹郡だったそうです。
因(ちな)みに袖が流れ着いたのが千葉県の袖ヶ浦かな?
だからか、千葉県にも橘樹神社はあります。

話を川崎市高津区の橘樹神社に戻します…

橘樹神社は今では神主不在の住宅街の中の神社ですが…
昔は神域の規模も広かった様(よう)です。
しかし、大半が農地として開拓されてしまっていたので昭和の高度経済成長期に無文化な神奈川県教育委員会が宅地化を見過ごし乱開発され、結果的に旧社域内の小さい御社は散り散りに分散してしまいました。
この写真に写ってる範囲全てが昔の神社の敷地と推測され、尚且つ古代の橘樹郡の郡役所、つまり政庁機能を有した城だったと考えられています。
少し前までは有名な神社だったんですよ。
幕末に政治家/軍人としと勝海舟と供に活躍した剣豪で新撰組の前身:浪士組を編成した"山岡鉄舟"も、この神社を訪れ短歌を詠んでいます。

神社には今も彼が句に詠んだ御神木の"松"の大木の枯れ木が有ります。
上の写真で神社の背後に見える住宅街に成ってしまった丘には、今でも弟橘媛の御陵と伝わっている富士見台古墳の破壊された残った一部分が現存しています。

橘樹神社の裏の住宅街は弟橘媛の「巨大な円墳」の跡です。
写真見て貰った方が解りますね。
      
bf37c2b1-s 

写真の中心やや上寄りに「●子母口富士見台」と表示の有る場所がありますよね?
その直(す)ぐに左、十字路の直ぐ下の茶色畑みたいな色の場所が古墳円形部の最高部です。
そこから真下に行った写真一番下の緑の屋根が「橘樹神社の社殿」です。

「●子母口富士見台」の近くの古墳最高部、そこを中心に周りの住宅街を見て下さい…
円形に並び、古墳円形部の形と巨大さがそのまま見てとれますよね。
教育委員会は円墳と言っています。

皇族や神様の古墳は入口に神社や鳥居が有ります。
その背後には古墳を囲む「堀(ほり)」が置かれます。

橘樹神社の社殿の裏は正に堀割状(ほりわりじょう)の地形の「谷」に成っている上、先程説明した富士見台古墳残存部を中心にした巨大円形台地の下に入口の様に神社が有ります。

神社〜古墳の残存部分までの散歩道、付近には元々の地元民の皆さんの郷土愛と信心深さを感じられる程、散り散りに分散された旧神社域の小さな御社廟は今でも沢山残っていました。
昔は橘樹神社と一つだった、お隣の実相寺にも天神様の小さい御社があり…

住宅街の中には土地神様を祀る御社も在ります。

弟橘媛の御陵の残存部は、近年、県の教育委員会の怠慢で土建屋に半分削られて破壊されてしまいました。
写真左のコンモリした丘は弟橘媛様の御陵の一番高い部分のほんの一部の残存部です。

…てか!
これ…
…明らかに石室狙って土建屋に破壊→盗掘された痕(あと)じゃね〜か(´Д` )?

本当、神奈川県の教育委員会は土建屋の文化史跡破壊に協力的だな?
オイ!((((;゚Д゚)))))))マジメにヤレ!

古墳の説明看板

古墳の先端の削られてない側。

古墳の頂上。

頂上から見た朝日…

土曜日の早朝、橘樹神社をお参りし清浄な空気を感じれて幸せでした…。