中華街のジャズバー:ウィンドジャマーを紹介する記事を書いたので、中華街から歩いて行ける夜景の綺麗な場所と良いCafe Restaurantを紹介します。
※ウィンドジャマーの記事はココ←クリック!

大桟橋=横浜国際客席ターミナル

ここは国際線客船の発着する埠頭なんですが、建物の屋上が公園化されており誰でも風景を見に行けるんです。
隣接する山下公園や横浜マリンタワーや元町地区も綺麗に見えます。

昨日は聞いたことない名前の豪華客船が停泊していました。
セレブリティーなんちゃら(笑)て名前。


よくサンフラワー号とか世界一周するピースボートとかが停泊してます。
クイーンエリザベス2世号とかも来た事が有りますよ。

ここからはミナト未来21地区だけでなく…
横浜ベイブリッジも綺麗に見えます。

デートや観光に元町中華街に来るなら、歩いて山下公園経由でココ、大桟橋に風景を見に来る事を自信を持ってお勧めします!

この大桟橋の入口の交差点には"Jack Cafe"と言う昭和ヨコハマのアメリカ文化ぽい雰囲気のレストランがあります。
写真は手元に有りませんが、お酒も料理も美味しいです。
特にハンバーガーは絶品で、Jack Cafeの料理で使うパンは全て店の中で焼いているのでとても美味しいんですよ!
是非、観光で近くに寄ったらお勧め!

あと大桟橋に隣接する山下公園前の老舗Hotelのニューグランドホテルのレストランのハンバーグもとても美味しいです!
そして、ニューグランドホテルは"スパゲッティナポリタン"の発祥の店なんす。
サービスのレベルも老舗だけあり凄く高い。
実はニューグランドホテル、関東大震災で横浜復興に私財を注ぎ込んで下さった原財閥の御子孫が経営者です。
そして原財閥は富岡製糸場の経営者でもありました。
戦後はマッカーサー元帥がニューグランドホテルの一室を自室として借り切って住んでいた歴史も有ります。

因みに大桟橋と山下公園に隣接する"象の鼻パーク"は幕末に横濱が開港された際に、アメリカ船の荷下ろしの為(ため)に造(つく)られた埠頭の歴史史跡であり、徳川幕府神奈川運上場(かながわうんじょうじょ)の跡でもあります。
更にその横の神奈川県庁の在る場所は、ペリー提督が上陸した場所でもあります。
ですので日本とアメリカの交流の起源の場所が大桟橋と象の鼻パークと神奈川県庁一帯とも言えます。

それを知っていると、この綺麗な夜景にも歴史を感じれますよね。