ブログネタ
鍋のつゆと具材、おすすめしたい組み合わせは? に参加中!
鎌倉駅近く、横浜市栄区長尾台と言う地域には…
長尾城と言う御城跡があります。
今では僅(わず)かに長尾御霊神社と言う神社と周辺住所名と地形に御城の名残が有るだけなのですが・・・

長尾と聞いて戦国時代と鎌倉時代の歴史好きの方はすぐに気が付くと思いますが・・・
そうです。
この御城は上杉謙信の祖先の城なんです。
上杉謙信は別に上杉家の血縁者ではなく、後から山内上杉(やまのうちうえすぎ)家に養子に入り関東管領(かんとうかんれい)と言う役職を継いだだけで、彼自身の実家の長尾家も、そもそも由緒のある家柄なんです。
ken_zou1
毘沙門天を信仰して結婚しなかったせいで女説なんてトンマな事を提唱する人もいますが、彼はしっかり愛人が2人もいました。健全な男子でしっかり仏教の「色戒」を破っていましたよ。


IMG_1376

IMG_1362

長尾(ながお)氏のルーツと言うのは鎌倉幕府が開かれるより昔、まだ源氏の棟梁が軍神八幡太郎(はちまんたろう)源義家(みなもとのよしいえ)公だった時代、つまり平安時代に遡(さかのぼ)ります。
当時、三浦市・逗子市・横須賀市・鎌倉市・横浜市・藤沢市・伊勢原市・厚木市一帯は坂東平氏(ばんどうへいし=関東の平氏)の棟梁で鎮守府将軍を務めた平良文(たいらのよしふみ)公の子孫達の領地でした。
その中の一族の一つが鎌倉・藤沢・横濱を治めていた鎌倉景政(かまくらかげまさ)公でした。

平良文公の詳細記事リンク「ココ」←クリック!
鎌倉景政公の関連記事リンク「ココ」←クリック!

その鎌倉景政公は源氏の棟梁:源頼義(みなもとのよりよし)公と子の軍神:源義家公に与力(よりき=協力し組織に入るが主従ではない)になり、鎌倉市に源氏の住まいや公田や武器製造地域を提供します。
その後、前九年後三年の役で活躍し、関東では鎌倉景政公は御霊神社の御祭神として祀(まつ)られています。

その神様の鎌倉景政公の子孫が長尾氏なんです。
長尾氏の祖先は、景政公より今の横浜市栄区の長尾台一帯を与えられ、そこに長尾城を築きました。
平安時代末期に長尾氏は石橋山の合戦(静岡県と神奈川県の県境で起きた戦争)で源頼朝公に反逆し平氏に味方した為(ため)、源頼朝公が鎌倉幕府の初代将軍に成ると長尾氏の子孫は冷遇されました。
しかし、鎌倉幕府滅亡時に逸早く足利尊氏公に味方した為、その後、関東を治める鎌倉公方(かまくらくぼう=関東の将軍)の業務を代行する関東管領(かんとうかんれい)職の山内上杉家の執事(しつじ=権力の代行者)を務める事に成りました。

長尾城址は宅地化されてしまいましたが、神社周辺と畑地に僅かに「連郭式(れんかくしき)城郭=段々畑のような形式」の名残があります。
IMG_1354
ここは神社に通じる現代になって掘られた切通(きりとお)し状の参道です。
ここをあがると神社に出ます。
IMG_1357
神社はそれ自体が曲輪(くるわ)の遺構だと思われます。
それを示すように神社右手から続く昔からの生活道路は神社を取り巻くように現在は行き止まりの裏手側獣道に続きます。
恐らくその裏手側がかつての登城ルートだったと思われます。
神社に正対して左手側に回り込むと、昔の鳥居があります。
鳥居をずんずん進むと小机城の空堀の堀底から曲輪を見上げた時と似たような地形が連続します。
IMG_1366

IMG_1367
IMG_1368

曲輪が段々の階段状に築かれている…
IMG_1369

今では城址には別の農道や住宅道路が設けられてしまったので、この道は使われず行き止まりになっていますが斜面に小さな「御社」もあるのでコチラ側が登城口だった事に間違いないでしょう。
IMG_1370

奥にその行き止まりに残された小さな御社があります。
崖の獣道にも小さな御社が残されていましす。
昔の人はこうやって神社を祭る事で、その地をかつて治めた殿様を忘れず、自分達がその殿様の部下だった事への誇りを大切にしていたんですね。
IMG_1375

城跡なので、周囲は当然、急峻(きゅうしゅん)な崖地になっています。
IMG_1372


しかしそんな中にも人工的に掘削された平場があり、城山に対して帯状になっています。
この様な防御施設を帯曲輪(おびくるわ)と言うのですが…
IMG_1374
この帯曲輪をいくつか攻略してくると、その内に二の丸や本丸に辿りつくのが山城なんです。
普通に現代人で御城好きでもない人がこんな写真みせられても何もわかりませんよね?

そこで長尾城址の長尾御霊神社左裏手の連郭式の曲輪跡が良く解る写真を、小生が皆さんにも昔の様子が解りやすい様に想像復元図的に加工してみました。 IMG_1371   復元予想図

…わかって頂けます?
当時の戦争は、木の柵に木製の盾を縛り付け防御壁として使用した上で、その隙間から弓矢で侵入する敵を射殺したり、横を通り過ぎる敵を槍で刺し殺していた訳です。
しかも、痛さにもがき足を滑らせてしまえば人工的に山を削った切岸の谷に真っ逆さまに落ちて即死です。


遺構は住宅街や畑地になった側にも残っていました。

コチラ側の今では広くされた農道が、恐らく昔はさっきの写真の神社脇の曲輪群を抜けると出てくる、もう一方の登城道だったはず。
IMG_1386
それを示すように・・・

付近には畑地でもない竹藪の段々が沢山。
IMG_1389
IMG_1390
昔はこれら全てが曲輪で、のちに小さな畑としても利用された時期を経て放棄されたんでしょう。

ちなみに長尾城は多分、藤沢市の大庭城と同じ様な作りだったと思いますよ。
丘の頂上が広大な削平地なのですが、これは平安時代の武家の環濠館が置かれた地形そのものなんですね。
大庭城も室町時代の山城技術が山腹(さんぷく)随所に置かれ、頂上は広大な削平地です。
全てがすべて近現代に畑地を開墾(かいこん)する為に真っ平にされた訳では無いと思います。
IMG_1394
下の写真は堀切の名残ですかね~?
IMG_1395

この御城は戦国時代末期に小田原北条家臣で地黄八幡(じきはちまん)と呼ばれた名将北条綱成(ほうじょうつなしげ)公が城主を務めた玉縄(たまなわ)城の一部として機能していました。
それだけ平安時代に築かれた長尾城址は重要な場所だったんですね。

玉縄城に関するブログリンクは「ココ 」←クリック!

ちなみに、長尾城址を城郭の一部に取込んだ玉縄城は武田信玄と上杉謙信が攻撃しても落城せず難攻不落の城でした。
小田原制圧するにも鎌倉を制圧するにも必ずとらなければいけない城なのですが、鉄壁だったので両者とも小田原を攻城する際、玉縄城も包囲したまま落城させれなかった訳です。

鎌倉市玉縄の住民と、横浜市栄区の住民は、そんな長尾台がある事を誇りに思っていただければな~
・・・と言うのがブログに書いた目的です。

では!また!次のブログで!


あ…

鍋のネタのブログ書かないといけないので…
ちょうど鎌倉と横濱の御城の話を今回しましたが、「けんちん汁」って有るでしょう?
あれは鎌倉の「建長寺(けんちょうじ)」発祥だから「建長寺汁」→「けんちょう汁」「けんちんじる」なんですよ。