ブログネタ
日本の政治 に参加中!

小生、皆様によく、このブログで御城を紹介しています。 
主に平安時代~戦国時代が多いですが、ちょくちょく近代の要塞も紹介しています。 

前回紹介した近代の要塞は横浜市金沢区野島公園にある、第二次世界大戦末期の要塞でした。 
※この記事です→「ココ 」←クリック! 
現代では映画版「釣りバカ日誌」で浜ちゃんが住んでいる場所ですが… 
今回は外国による日本植民地化侵略に備えていた明治時代の史跡です。

海に浮かぶ城塞史跡が、今でも東京湾に有るのを皆さん御存知でしょうか? 

東京湾第1~3海堡(かいほ)と言う史跡です。
東京湾へ侵攻してくる欧米列強の仮想敵に対して防衛の為(ため)に設置された要塞です。 
攻撃的な防御施設ですので、有る意味、本当の城址と言って良いと思います。 
9a33295f-s 

衛星写真で御覧頂いた通り、現在は第1~2海堡までしかありません。 
実はこの要塞、造られて間も無く"関東大震災で大破してしまった"為に利用された期間は極短かったんですね。 
しかし第3海堡は地震で消滅した訳でなく、平和的商業的な理由で石原慎太朗氏が都知事だった時代に彼の提案で撤去されたんですね。 

実は東京湾と東京港横浜港は世界でも類(たぐ)い稀(まれ)な暗礁(あんしょう=海中に隠れた浅い岩場)の多い、非常に航行の難しい海域なのです。 
ですから、東京湾に入港する船は、実はその船の船長が操船(そうせん=運転)するのではなくて、専門の操舵(そうだ)師と交代してから入港するんですね。 
そんな訳で、船舶の航路を拡大する為に撤去が必要だったんです… 

新聞やニュースでしか情報を得ない方々には意外でしょうが… 
石原さんも実は平和的な面でも結構、功績を残しておられるのですよ(笑)。 

石原さんのこの実績も、御存知(ごぞんじ)無かった方も多いかと思いますが… 
…これら東京湾海堡の存在自体を知らない方が多いですよね? 

実はこの第3海堡、史跡として解体移設し保護されています。 
2012-08-29-15-59-37 
その場所が昔、横須賀鎮守府の海軍飛行場の在(あ)った日産追浜工場の横なんですね。 
住所的には夏島町です。 
この史跡保護事業は、当然!歴史史跡破壊容認が特技の神奈川県教育委員会が行った訳ではありません(笑)。 
民間人有志が費用を負担し移設保護して下さったんですね。 
※詳しくは「アクションおっぱま」と言う民間団体のホームページをご覧下さい。→「ココ 」クリック! 

この東京湾第3海堡の構造がどのような物だったのか、現地案内板に図面が有ります。 
2012-08-29-16-00-32 
…すいません、反射と映り込みが激しくて。 

この図面の様に、船が接岸する為に波消しの埠頭が左右に設けられ、無数の砲塔が設置されていました。 
さながら固定された大戦艦と言う所でしょうか? 

この海堡の建設を計画したのは幕末の元長州藩士で維新志士だった、当時の明治政府帝国陸軍の山縣有朋陸軍大将です。 
山縣有朋氏と初代内閣総理大臣伊藤博文先生は、そもそも幕末の欧米人によるアジアの植民地化に抵抗し討幕を目指した後、海外列強との国力軍事力の差を長州vs連合国の戦争で思い知らされた事で政治主張を鎖国政策から180°転換し、近代化を目指す事に成りました。 
まぁ、会津の松平容保公や新選組の近藤勇さんと敵対しましたが、どちらも国の事を考えていた事には変わらないので、明治政府設立までの過程には取りあえず触れません。 

そして、近代化した明治政府は直ぐに、欧米人の侵略を防ぐ為に日本全土の要塞化を進めます。 
…これには江戸幕府側だった勝海舟先生や榎本武明先生も協力したようです。 
勝先生は今の東京のお台場に台場(だいば=砲台)を設計した実績がありましたからね。 
ちなみに"京浜急行神奈川駅前の金港地区~横浜中央市場一帯は勝海舟先生が建設された「神奈川台場」の上にあります。 
あと、お弟子さんの坂本竜馬さんの未亡人「お龍さん」の墓所は横須賀市大津町にあります。 

しかし幕末の台場と、東京湾海堡では規模が全く違います。 
お台場をヨットに例えるならば… 
…東京湾海堡はさしずめ現代の戦艦や護衛艦程の体格差があります。 
解りにくいかな(笑)? 
じゃあ、言い換えれば赤ちゃんと大相撲横綱の白鳳関程も規模が異なります。 
なので当然、働く兵士も多く、彼等の居住スペースも確保されていました。 
2012-08-29-16-00-07 


この明治時代、要塞だけでなく、今の横浜みなと未来21地区の基礎に成った新港埠頭や山下埠頭も建設されて行きました。 
2012-08-29-15-50-10 
日産追浜工場のある夏島町から、三浦半島を望む風景。 

同時期に整備されたのが日本最初の鉄道だった新橋駅~初代横浜駅(現:桜木町駅)で運用されたSL=蒸気機関車でした。 
その汽車道が、今の山下公園~ワールドポーターズへと繋がる遊歩道なんですね。 
この山下公園の汽車道は平成に成ったばかりの頃はまだ、そのまま残っていました。 
その時代の線路の一部は、今でもJR貨物列車の線路として利用されています。 
神奈川臨海鉄道本牧駅には、この路線を走っていたD51蒸気機関車が保存されています。 
d0e29225-s 
この明治の元勲(げんくん=功績者)達が築いて下さった鉄道輸送網、写真の部分は消失しましたが、実は近年でも大活躍し、大勢の現代の日本国民の命を助けたんですよ。 

すなわち… 
東日本大震災発災中、ライフラインが寸断され、電気ガスが使えなくなり燃料が枯渇した東北地方の人々へ、JR貨物の有志と根岸エネオスの社員が一丸となり、JR京浜東北根岸線根岸駅~福島県内の架線の無い区間をディーゼル機関車を運用し津波の被害の無い日本海沿岸経由~東北の青森県の石油コンビナートへ燃料大量輸送を試みました。

つまり、この明治の元勲達の遺産である鉄道網を活用し被災地へ燃料を送り続けたんです。

この件は、陸上のトラック運送会社がスポンサーのマスコミは一切報道しませんでした。 


※この件に御興味の有る方は、以下に事のあらましを有志がCGドラマ再現した映像と、実写映像のリンクを張るのでクリックして御覧下さい! 
この件を知らない方は出来事の流れを見るにはCG動画を先に見る事をお勧めします。
●CG技術者有志による再現ドラマ

●鉄道マニア有志による記録映像(第1便)
横浜市中区:エネオス根岸製油所~根岸駅到着直後の盛岡行第一便

横浜市中区:桜木町根岸駅通過

東京都府中市:府中本庁駅通過

※磐越西線の無送電区間のみ第一便以外の映像です。
 
秋田県秋田市:秋田貨物駅通過

青森県:弘前駅停車~発車

青森県:津軽平野


JR貨物:高沢司令室長へのインタビュー

もし、明治の元勲達がこの路線を開発して下さっていなかったら、東北地方の住民の多くは燃料補給不可能な事態に陥り救援物資が搬送困難に成り飢えに苦しみ暖房使用不可な状況に陥り、地震と津波に加え更に体力を奪われ東北の初春の冷気で多くの凍死者が数万人単位で発生していた事でしょう。 
そして、この路線を活用して東北の人を助けたのは菅直人や枝野の民主党では無く、民間のJR貨物とエネオス根岸製油所の名も無き英雄達だった訳です。
・・・福島第一原発の吉田所長と同じ民間の英雄です。

現代の民主党は日本をボロボロにしましたし、自民党も腐敗した面も有ります。しかし東日本大震災の東北で人々を助けた磐越西線を築いたのは、明治時代の政治や軍人や旧国鉄の職員だった訳です。
明治の政治は素晴らしかったんです。インフラ整備や国民の事を本当に考えていたんですね。

明治の政治家や軍人と昭和天皇陛下も激怒した昭和初期の暴走した一夕会が権力を独占した軍事政府と区別出来ずに、歴史を知らないアフォな輩は一色単(いっしょくたん)にしますが…。 

しかし、当時の明治政府の政治や軍隊は、元々敵国であった英国や米国からも称賛される程、優秀だったんですよ。 兵站無視して中国大陸で無謀な戦争をした昭和の軍人とは大違い。

明治時代の軍人では柴五郎陸軍中佐は、義和団の乱と言う中国の今の北京で起こった中国人による外国人とキリスト教無差別大量虐殺事件に西太后が便乗し
連合国に戦線布告し戦争に発展した事件で、僅(わず)か日本民間人義勇兵を指揮して世界から義勇兵と共に賞賛されました。

柴中佐は当時日本人が白人に差別されていた中、多くのキリスト教徒中国人や白人を保護し、籠城戦で活躍しやがて周辺の欧米将校や大使から北京籠城の参謀総長に自然に抜擢され、沢山の人の命を守った功績から英国や米国を初め多くの国から勲章を送られ敬愛を込め「コロネル柴」と呼ばれました。 


又、秋山真之海軍中佐は対馬海戦で東郷平八郎元帥の指揮の下(もと)、当時世界最強だったロシア帝国海軍バルチック艦隊が日本を植民地化する為(ため)に日本列島に迫った際、このをバルチック艦隊を撃破する「丁字型戦術」を提案し大勝利に貢献しました。 
この事は世界各国で称賛され様々な国から英雄として歓待されました。 
今でも当時ロシア植民地だったトルコ国民が親日でいてくれるのは、秋山先生の功績も一因です。 
そして、その上官で戊辰戦争で函館五稜郭攻めに加わっていた薩摩の侍出身の東郷平八郎は英国留学時代から一目置かれ、見事に対馬海戦でロシアの日本侵略を阻止し間接的にトルコを開放し孫文先生からも称賛された人物でした。その名残でいまでもトルコ人にトーゴーと言う名付けられた人が今も多く生きていらっしゃるそうです。

この様に、明治の元勲達が幕末の戊辰戦争と言う悲しい内戦を乗り越えて、仇敵味方の関係を乗り越え日本が欧米の植民地化されない様に防いでくれたから現在の我々がいるし… 
昭和の社会主義的な一夕会独裁軍事政府の外交ミスと成った日英間の条約違反の万里の長城を越えた中国侵攻が有ったから盟友の英国との対立を生み出し敗戦を招いた訳です。 

「あの時こうなってれば」と言う歴史の「IF」は有りませんし、考えるのはファンタジー脳なバカです。 
しかし、もし孫文先生が樹立した現在の台湾の元と成った「中華民国」が、日本国と英国の支援を受け、中国の近代化と民主化に成功していたなら… 
…と明治時代の史跡や、孫文先生を保護していた横浜中華街を訪れる度に、小生の脳裏をよぎってしまします。 

…もし中華民国が中国大陸を民主化していたら、今の日本と中国みたいに日本人と中国人は政治的に対立しないで済んだのかな~? 

・・・もし民主党政権時代に菅直人がパフォーマンスで福島第一原子力発電所に行こうとせず無駄な口を挟まず、故:吉田所長が御自身の計画通りベントを決行していたらメルトダウンしなかったかも知れません。

・・・もし民主党政権時代に福島第一原発がメルトダウンした際、放射能が飛散した事を枝野が隠蔽せずに正しく情報展開していたら、福島県の人は適切な対応が出来たかも知れません。

…でも「if」は考えるだけ「無駄」ですね。 

因みに、この東京湾第3海堡が移設され、かつて海軍の飛行場が有った夏島町ですが… 
実は、お隣の野島公園と、この埋立てられる前の夏島には伊藤博文先生の別宅や定宿があり、そこで大日本帝国憲法の草案が作成されたんですね。 
つまり、ここはGT-Rなど世界最高水準の日産車を生産する日産自動車の拠点であると同時に、日本国が法治主義国家の第一歩を踏みしめた日本人にとって大切な場所でもあるんです。

ではでは皆さん、又次のブログ記事で!