皆さん、日本のビールの発祥地が横浜なのを御存知ですか?
エビスビールの工場が在(あ)った、東京都の恵比寿駅近くが発祥地と思い込んでる人もいますが違いますよ~。
2015-07-29-11-22-27

現在の横浜市中区のキリン公園一帯に在ったスプリング・ブルワリーと言うビール醸造場が、日本のビール事業の創業地とされています。
横浜成立以前の話ですが、幕末、江戸幕府が横浜を米国特使のペリー提督の要求により開港すると、現在の中区、つまり旧久良岐郡の内、本牧半島には多くの外国人が居留する土地が解放され、それによりビール工場も設立されました。
2015-07-29-11-21-19
2015-07-29-11-21-03
北方小学校横に在る小さな公園を中心に、北方小学校の敷地と合わせた一帯に作られたのが、スプリングブルワリーで、その事業をジャパンブルワリーとして受け継いだのが、現在の麒麟麦酒株式会社(KIRIN)なんです。
麒麟公園
ね?
隣の北方小学校の地下には当時の貯蔵庫が防災水槽として残っていると、以前、何かで目にした記憶が有ります。
2015-07-29-11-25-43
麒麟公園は本当に規模も普通の公園ですが…
遊具も普通の公園です。
2015-07-29-11-21-49

しかし、ここの直ぐ近くの日蓮宗の本牧山妙香寺の幕末当時の敷地(接収され現在は縮小)に、イギリス軍の駐屯地が有ったので、周辺には色んな「日本初」の史跡が有ります。
麒麟公園周辺位置関係
「吹奏楽」・「テニス」・国家の「君が代」は、この妙香寺さんと、幕末まで妙香寺さんの敷地だった山手公園がその発祥地です。
更に元町や山下公園や中華街一帯を加えると、パンの発祥地の「内木パン」が有ったり、その隣の中華街近くは、「かをり」を紹介した記事でも書いた「電話事業創業地」「ホテル事業創業地」のかをり、「鉄道事業創業地」等々、他にもアイスクリームや西洋野菜等、キリが無い程の「日本初」の発祥地が集まっている訳です。

つまりビール醸造以外にも、この本牧の丘の周辺だけでも、日本初が多数有る訳です。
その話は、いずれ又、今度紹介します…

話を麒麟公園に戻しますと、普通の公園との違いは公園内には石碑が有ります。
2015-07-29-11-21-39
横浜ペンクラブが、ジャパンブルワリーの創業者、ウィリアム・コープランド先生の偉業を顕彰して建てた石碑です。
横浜市は教育委員会がなかなか史跡を保護しないどころか宅地開発する際に事前調査すら放棄するので、こうやって民間が自主的に動かないと何も残らないんです。
このコープランド先生はノルウェー人で、この地で創業したのがジャパンブルワリー(スプリングブルワリーとも言う)なので、この方無くして現在の麒麟麦酒とKIRINホールディングスは存在しなかった訳です。
そして横浜市民にとっても、渡来の西欧料理文化の発展の一助と成ったビール文化を根付かせて下さった大恩人と言うべき方な訳です。

コープランド先生はビール事業売却後、日本文化の紹介を日本製品販売を通じて海外で行って下さいましたが、晩年は事業が立ち行かなくなり余り幸せでは無かったようです。
それでも日本人の奥さんの梅子さんを大切にして下さったようですが、海外から日本に帰国して直ぐにコープランド先生は没し、今は山手の外人墓地に梅子さんと御夫婦寄り添っている様に御廟所に眠っておられます。
横浜人としても、日本人としても感謝しないといけない親日外国人の先駆者と言う訳ですね。

もちろん、KIRINサンもコープランドサンの偉業を忘れてはおらず、公式ホームページで顕彰文を掲載しています。
コープランド
KIRIN公式ページ「ビール醸造のパイオニアたち 」←ココをクリックすればリンクします。

さて、麒麟公園には当然、KIRINの皆さんが建てたと思われる巨大な石碑や顕彰碑も有ります。
2015-07-29-11-22-13
それが冒頭に掲載した写真ですね。
その横には御覧の通り、金属製の歴史を説明した顕彰碑も在ります。
2015-07-29-11-22-36
以前も小生の歴史観を書いた事が有りますが…
2015-07-29-11-23-01
2015-07-29-11-23-07
今有る我々の生活は、昔の人の多くの苦労とちょっとの成功と幸せの上で成り立ってるんです。
それは正に、幕末の外国人居留地の外国人の為にビール製造を始め、後に日本文化を紹介する事業を展開して下さったコープランド先生の人生が、小生の歴史観念を全て体現している様に思えてなりません。
…晩年、余り経済的に幸せとは言えなかったかも知れませんがコープランド先生!
貴方と貴女の奥方の偉業を小生の様に忘れない日本人が、まだ平成27年に成ってもちゃんと居ますよ!
どうぞ、山手で安らかに眠って下さい。
そしてコープランド先生、御願いです。
また、日本人が幕末や明治のような困難、大正期の大震災の様な苦難に直面する時は、どうぞ、日本人の鎌倉武士の宗教観ではありますが、偉大な先人として神仏として後輩である我々を見守って下さい。
実際にこれから起きる事を解決できるのは、コープランド先生や先人の記録を活用する我々の側ですが、見守って下さっていると思う事で、同じ困難に直面した際の解決方法が思いつくかも知れません。

次回の記事は、この記事の後編としてKIRINグループの創業に関わった歴史偉人の話をしたいと思います。
では!また次の記事で御会いしましょう!