前回、前編で油壷マリンパーク一帯が戦国時代初期に日本史上最長期間の約4年間の籠城戦の舞台に成った新井城址だったと紹介しました。
※前回の新井城址の記事「ココ」←クリック!
その時に少し触れましたが、この新井城址でもある、現在の油壷マリンパーク周辺は若い人は知る人も少なくなりましたが、昭和の初期~バブル期頃、ヨット遊びをする富裕層にヨットハーバーとして人気だった場所でもあり、そして風光明媚な場所として明治時代から有名な観光地でもありました。
DSC_0205
その景色は❝かながわの景勝50選❞の一つに選ばれています。
小生の景勝地カテゴリーの他の記事にも、いくつかかながわの景勝地50選に選ばれている所もあるので、綺麗な風景に興味の有る人は見てみて下さい。
油壷マリンパークの手前に、この油壷湾に降りる遊歩道の入口が在(あ)ります。
DSC_0187
ちょっと解り難い、この場所が遊歩道の入口です。
ごちゃごちゃ民宿の看板が有る場所を目標にして下さい。
ここを歩いて行くと、新井城の解説や油壷の説明の看板が所々に有るので、それを見ると、この地域の事が少し解って良い散策に成ります。
DSC_0193
こんな感じ。
で、さっきの神奈川の景勝50選の石碑の場所は、エメラルドグリーンに光る油壷湾の入江地形を観察できる場所でもあります。
DSC_0192
ここの地形は変わっていて、三浦半島の西の端っこに、更に小さい半島が3つ分岐して並んでる珍しい場所なんですね。その3つの半島が更に小さい半島に分かれています。
新井城周辺 久良岐のよし
義務教育で習うリアス式海岸と言う地形です。
この半島の御蔭で入江が形成されており、波が穏やかなのでヨットハーバーとして人気な観光地だった訳です。
石原裕次郎さんや加山雄三さんが若い頃に、逗子マリーナや葉山マリーナや、この油壷ヨットハーバーに船で遊びに来ていたらしいです。
世代が違うので、聞いた話ですが。
DSC_0227
因みに、油壷マリンパークは現在も若いカップルに人気の水族館でイルカのショーを関東でもいち早く行った場所でして、皇族の秋篠宮殿下と御妃に成られた紀子様が若かりし頃にデートをされた場所でもあります。
因みに、当時、お二人が召し上がったのがカツカレーと聞いて「庶民的だなぁ~」と子供ながらに思いました。

さて、今回はメインは油壷の風景なので、マリンパークや港の話題はここまでにして、遊歩道と海岸の風景写真を紹介していきます。
IMG_20160312_165231
油壷周辺の散策路については、上の写真の看板がマリンパーク手前200m位の所にあるバス停留所に有るので、写メ撮って参考にして見て下さい。
無論、この画像を拡大して見ても良いと思いますが不鮮明でしょう?
油壷は、バブルが弾けて以降、大分と過疎ってますのでバスの運行数も少ないので先にチェックして置いて下さい。
IMG_20160312_165414
本当に少ないです。
駐車場はマリンパークの前にも有りますし、この停留所は平日は確か駐車無料かな?
小生はこのバス停前の駐車場を利用しました。
DSC_0206
で、遊歩道の先程の場所に話を戻します。
DSC_0201
ここは、明治の文豪にも愛された景勝地だったので、歌碑が立っていたりします。
そして、小田原に居住していた北原白秋が、この三浦も愛して三崎町に住していた時代も有り三崎町から程近い、この油壷を好んで散策に来たそうです。
DSC_0198
まぁ、本当に海岸を歩くと綺麗ですからね。
この歌碑を過ぎ遊歩道をズンズン歩いて行きますと…
DSC_0207
この分かれ道に出ます。
この道を右に降りて下さい。
そうすると…
DSC_0213
この砂浜に出ます。
この砂浜は両脇が岩礁の磯でして、その風景も又綺麗です。
DSC_0219
この磯が関東大震災で隆起した、明治時代には海底だった場所ですね。
この磯の横には、何かホテルっぽい建物も有りましたが営業はしていませんでした。
DSC_0214
冬だったので、夏に行けば何か有るのかも知れませんね。
その建物の手前には、遊歩道入口に書いて有ったBBQ施設か海の家と思しき建物も有ります。
多分、ここは若い人にはマイナーな砂浜なので、海水浴シーズンもゴチャゴチャせずゆっくりできるんじゃないかと思います。
砂浜の反対側を見ると、素敵な民宿が在ります。
DSC_0215
この民宿、ロケーション最高なので彼女彼氏とデートで宿泊に来ても、小さな子供連れの家族で来ても、海水浴シーズンには良い休日を過ごせそうですね。
DSC_0223
少し不便な場所に在るけれど、外観は本当に素敵でした。
多分、料理も三浦の地魚を出してくれるんじゃないでしょうか?
DSC_0224
手前の海の家みたいな場所は、冬も営業しているようですが、何か人がいませんでした。
DSC_0226
でもメニューは置いてあった。
今度行ってみよう。
この砂浜を降りてきた方向と反対に行くと、又、上に上がる道に出ます。
で、さっきのマリンパークの入口の横に出て来ます。
DSC_0227
上に上がらなくても、そのまま海岸を通っても遊歩道を真っすぐ行けばマリンパークの入口に行けます。
この入口を真っすぐスルーして行くと、反対側の海岸から登って来る遊歩道にブチ当たります。
IMG_20160312_164451
その遊歩道の入口の近くには、この新井城址の石碑と、三浦荒次郎義意(よしもと)公の顕彰碑が建っています。遊歩道を歩いていても、この石碑には辿り着けないので、写真を撮りたい人はマリンパークの駐車場の辺り、マリンパーク正門の右の方を探してみて下さい。
この三浦義意公は、落城寸前で敗戦が決定した最後の突撃の際、長く太い棍棒に鉄板と突起を張り付けた金棒を振り回し、北条方の敵兵300人を殴り殺したり海に突き落として討ち取った猛者でした。
IMG_20160312_165258
反対側の海岸へは、さっきの海辺を歩いても回ってこれますが、マリンパークの前を突っ切っても辿りつけます。
DSC_0231
こちら側は、うっそうとした三浦半島の植生を観察できます。
そこから回ると、三浦道寸公の御廟所も在ります。
ここはとくかく風景が綺麗なので、マリンパークだけ見て帰るなんて勿体ない事しないで、もし、油壷に来る機会が有れば是非!海辺も散歩して見て下さいねぇ~♪

ではでは!
又、次のブログ記事で!