台湾から友人夫妻が横浜に遊びに来てくれた!
1ヶ月以上前からLINEとExcel使って双方の提案を擦り合わせ、時系列で数パターンの想定をし、後は当日の気分次第で臨機応変に行先を選べる様にしておいた。
彼等と、こんなやりとりしたのは初めてだが小生と彼等とは物心の対処が酷似している様でシッカリ準備をして当日を迎えられた。
文字通り「万事順利」に予定が進めれた。
予定通り二人が東京から電車に乗り、小生が準備したホテルでチェックイン。
image

待ち合わせはLINEでホテル近くの横浜スタジアムにしたいと要望が有り、横浜市役所の駐車場に車を停め、ベイスターズオフィシャルショップで二人の到着を待った。
image

関内駅からホテルに移動する際にオフィシャルグッズショップが目に着いたとか、二人は野球好きなので御土産を買いたかったそうだ。
当初の予定では、二人をピックアップ後ゲーセンのUFOキャッチャーで遊びたいとの要望が有ったので横浜駅西口のTAITOステーションで遊び、その後は吉村家で家系拉麺創始者の吉村社長の拉麺を食べたてから夜の横浜港を見学したいとの要望だった。
しかし横浜に来る前に秋葉原でUFOキャッチャーをしてデカイキャラクター人形を獲得出来たとの事で、夕方からLINEでやりとりし横須賀観光に切り替えた。
車に乗ると首都高速道路~横浜横須賀道路を通り30分後には横須賀市に入り、最初に三笠公園を訪れた。
2015-10-28-16-34-13

※写真は以前昼間に撮影した物。
夜間の訪問と成ったが、非常に興味を持ってくれた。何故かと言えば御夫君の方は歴史が好きで、当時の清国北洋艦隊と日本の交戦の歴史や独裁女帝西太后の暴政と頤和園建設により中国大陸の近代化が遅れた歴史を知っており、御妻君に事細かい解説をしていた。
まぁ、小生も知る内容の解説たが、仮に中国大陸人なら、彼の様な解説は出て来ないだろう。
2015-10-28-14-08-32

※写真は以前撮影した物。
三笠公園には鎮遠と言う当時の清帝国海軍の名軍艦の砲弾の実物も展示されていて、その話題が出た訳だ。
御妻君は鉄オタでもあるので三笠公園内に有る蒸気機関車にも興味を持ち写真撮影していた。
その後、汐入駅に移動し車を停め、どぶ板通りを散歩。
DSC_3138

※以前撮影の写真
一頻(しき)りアメリカっぽいBarやスカジャンの店を見て回り、最近、来訪者を連れて行く定番に成りつつあるネイビーバーガーの名店のTSUNAMIで夕食に成った。
DSC_3141

友人夫妻は小生お薦めのチリビーンズバーガーのレギュラーサイズ(デカイ)を1つ注文、小生はマッシュルームチーズバーガーのクウォーターとディアボラチキン(スパイシーな手羽先唐揚げ)を注文。
image

他にも色々有るが、チリビーンズバーガーが1番美味しい。
小生のもナイフで切り分け二人に分けて、小生は主にチキンを貪り食べた(笑)。
二人は満足してくれた様で良かった。
IMG_20160709_193543

食べ終わりヴェルニー公園にイージス艦と潜水艦を見に散歩に行ったが残念ながら最近アホの北朝鮮がミサイルぶっ放したせいか1隻もイージス艦が停泊していなかった。
潜水艦が1隻いたものの暗く写真撮影は上手く行かなかった。
この残念感を払拭する為、帰路は関内に戻る際に横浜横須賀道路から首都高湾岸線に入り京浜工業地帯の夜景が見える道を走り、横浜ベイブリッジを渡り大黒ふ頭PAに立ち寄り、又、ベイブリッジを通り横浜公園出口で高速を降りて国際客船ターミナルに横浜港の夜景を見に行った。
image

ここは特に気に入ってくれた様で、二人は写真を大量に撮影していた。
又、車に乗り中華街の駐車場に移動して今度は、より横浜らしくJazz barの老舗のWind jammerに連れて行った。
image

これも、最近、県外の友達が遊びに来ると連れて行くコース。
何とか生演奏の最後の回に間に合い、友人の御夫君の方は"ヨコハマ サンセット"と言うカクテルを、御妻君と小生はノンアルコールカクテルを各々注文し、小生はオニオンリングとナッツ盛り合わせを注文した。
生演奏を非常に気に入ってくれたようで、最後には演奏者サン達と二人が話すチャンスも有ったりした。
良い思い出に成ってくれると良いなぁ~。
明日は小生の作成した神奈川東部の観光地推薦箇所の中から二人のチョイスで三浦半島三崎漁港と城ヶ島、川崎の藤子不二雄ミュージアムと横浜三溪園、そして吉村家に行く予定。

ふむ、明日も早いので寝るか。
今日は午前中は大掃除をしジムにも行き、博物館でコピーさせて頂いた文献も整理し、個人的にはまぁまぁ充実した1日と成った。
明日も出来る事をやろう、後悔の無い様に。
次ぎ、二人が来る前に関東大震災が再発するかも知れない。
何処が残り、何処が消滅するか解らない神奈川の観光地、二人に沢山楽しんで貰い、記憶と記録にして喜んでくれたら、小生は嬉しい。

シァオホワン!リーサン!
お土産の鳳梨酥と可愛い媽祖様の電灯ありがとね!
image

又、明日ね!