前の記事・・・
コレ→【前半:能見堂編】世界屈指の景勝地だった能見堂と鎌倉幕府重鎮金澤北条家の居城青ヶ台城址・・・金沢区
・・・の続きの後編。

前の記事では能見堂と言う、金沢八景の八ヵ所の景勝地を見渡せる場所として室町時代~江戸時代まで先人達に大切にされた場所を紹介しました。
その中で少し触れましたが、能見堂は実は日本城郭大系に記載されている青ヶ台城の一部として鎌倉時代末期に機能していたと推測出来る事と、日本城郭大系の青ヶ台城推定地は間違いではないけれど完全でも無いと指摘して余り詳しくは解説せずに能見堂の解説を行い前編として終了しました。
CIMG4721
その際にも掲載した写真なのですが能見堂は城郭マニアから見ると、どっからどうみても重要な曲輪の遺構の土塁が今も現存しており・・・
CIMG4710
更に、その能見堂入口は元々は木戸で塞がれていた城門の一つ土塁残存部か、能見堂の曲輪に入らないと先に進めない枡形虎口の土塁だった構造が現存している事も紹介しました。

さて・・・
この能見堂は日本城郭大系には青ヶ台城の一部としては紹介されておらず「東青ヶ台の地名は現在では残らない」と言う事実を述べた後で、その地区の城址に関する考察はしないまま「西青ヶ台と呼ばれた地域の阿王ヶ台団地にだけ地名が残っている」という事実と西側の城跡部分の紹介だけをして終わってしまっています。
推定の破壊され消滅した城跡は阿王ヶ台団地の“有る側の”菱形台地である旨が紹介されていたりします。下の写真が阿王ヶ台団地。
CIMG4724
この日本城郭大系を丸のみにして書かれていない部分まで触れない人達は「東側の台地も東青ヶ台と書かれているヒント」を読み解いていませんので、東横レジデンシャル辺りが城址だと書いている人も良く見かけます。
さて先生方が当時、何らかの事情で東側の開発を行った業者に配慮する必要が有ったかは謎ですが、東側の解説について話題を積極的に触れないのは少々不自然な印象を小生は受けました。先生方は当然、この能見堂にも足を運んでいる筈なので、“敢えて書きたくない事情”が有ったのかも知れませんね。


さて、ここからが小生の解説ですが、その前に日本城郭大系を編纂した先生方には御存命中の方もいらっしゃるので先に敢えて秘したであろう東側に触れる事を懺悔をしておきます・・・
「日本城郭大系を編纂した先生方、申し訳ございません。部分的に否定的な事を今回は書きますが、先生方の事業は偉大で、横浜市内の城の存在を知らなかった頃~現在に至るまで教本として拝読させて頂いております。当然、この偉大な事業を行った先生方は学者嫌いの小生ですが尊敬しており侮辱の意図は毛頭無く、それを踏まえて今回は恐らく未調査の能見堂の事と、何故先生達が阿王ヶ台団地の台地だけを城跡として紹介したかの原因の推論と小生の推定城域を解説させて頂きます。」
・・・では!解説に!
新編武蔵風土記稿には以下の様に城跡が紹介されています。

※暫(しばら)く文字だらけに成りますが我慢して読んで下さい(笑)!

※以下( )内の字は旧字体を現代の新字体した字と読み方。
舊蹟(旧跡)城山
高札場より北の方なる山を云(言う)、此(この)山相對(あいたい)して二つあり①、都(すべ)て青野臺(台)②と唱(とな)へ、又東青野西青野と分(わけ)てよべり③、古(いにしえ)金澤右馬助(うまのすけ※官位名)④が居城の地なりと云、山上平かにしていかにも城壘(塁)なとかまえし所と見えたり、右馬助がこと其(その)傳(つた)へ定かならざれど-以下省略-

・・・さて、先ず、この文中で登場した金澤右馬助と言う人物の正体ですが実はとても偉い人物です。この人物の省略名は金沢(かねさわ)北条貞顕(さだあき)公の事を指していて、この方は鎌倉幕府滅亡直前の最後から2番目の執権(しっけん)、つまり鎌倉幕府の総理大臣を務めた人物でした。

そして青ヶ台城の解説として着目すべき地形の特徴と当時の地名も文中に書かれています。
御城の在(あ)った場所は高札場の北側の山で青野台と呼ばれていました。
青野台は向かい合って2つの山から構成されていました。
東西で向かい合う様(よう)な形の青野台は、その位置から東青野、西青野と分けて呼ばれていました。

さて、この①~④だけ読むと何だか現在、阿王ヶ台と呼ばれている台地だけがそれらしく感じてしまい、現在の阿王ヶ台地区の中で東西に山並みが向き合っているのかな?と現地を訪問しないと勘違いしてしまいます。
まぁ、そもそもの地名が青野台(あおのだい)なので、恐らく江戸時代には阿王台(あおうのだい)と文字が転訛して書かれていたのを移民だらけの横浜市役所の役人が地名の読み方を誤って他都市の地名風に阿王台(あおうがだい)と呼んでしまい、更に御丁寧に誤った発音のルビを足(た)して「阿王」+「ヶ」+「台」と地名改変してしまったんでしょう。
これは御役人に横浜市域の事情を知る地元民が少ないならではの事情ですね。

さて、これだけを見ても現代では大まかな位置関係しか解らず“高札場の北側の山の上一帯”と言う事しか分かりません。
そこで調べなければいけないのが“高札場の位置”なのですが、現代では役所も教育委員会も旧地名を把握していませんし、そのせいで恐らく日本城郭大系を編纂した先生達は高札場の位置が詳しく解らなかった可能性も有ります。
城址の位置を紐解くには実は先に紹介した新編武蔵風土記稿の“舊蹟城山”の項目だけ見ても解りません。
先ずは周辺の地理を見て見ましょう。
金澤領赤井村小名大橋の位置 久良岐のよし
※拡大して見て下さい。
高札場は村の旧住所で小名:大橋に在ったとされますが、この「大橋は村の中程に在る」と言う主旨が書いて有ります。この場合の中程と言うのは東西の位置関係を示します。
その村の小名の位置関係を以下に紹介します。
【小名】
赤坂     村の中程を云(言う)
赤井     東の端なり
御中井    中程なり、爰(ここ)に御中井と呼る井戸あり、名義詳(つまびらか)ならず、
宮谷(みやがや) 西の方を云
和田      (宮谷と)同じ方にあり
大橋     中程を云、爰に大橋と呼(よぶ)橋ある故(ゆえ)此(この)名あり、
瀧(たき)    艮(うしとら:北東)の方を云、此所(ここ)に不動山と稱(称)する山あり山上に-以下省略-

【川】
西南の方坂本村より村内に入、川幅二間(にけん:約3.6m)許(ばかり)、手子明神の前にては宮川と呼り

・・・さて、旧北条家臣の御子孫で新編武蔵風土記稿を編纂した学者で東大の前身昌平坂学問所の頭取だった間宮士信さんは以上のヒントを後世でも解る様に残して下さっています。これから大凡(おおよそ)の位置を把握できます。それに加えて以下の取材結果の情報も紹介します。
【正法院御住職談】
「大橋と言う地名が何処かは今では解らないけれど、御仲井(風土記では御中井と書く)の辺りには屋号が"お橋"の家が昔居たんだよ」
この「お橋」は恐らく大橋を指します。
実は!小生を含め久良岐郡の浜っ子は地名の“大(おお)”の字の発音を省略して「大(お)」と呼ぶ事が有ります。その例が電車の到着音に「ゆず」の「夏色」がかかる「上大岡(かみおおか)駅」です。駅のアナウンスや他地域から引っ越してきた人は「上大岡(かみおおおか)」と御丁寧に面倒臭い「お」の発音を3つ全部読んでしまいますが、浜っ子はそうは読みません。正しくは上大岡(かみおおか)と呼ぶのですが、それも移民だらけに成って知らない人の方が増えているのかも知れませんね。

この様な地名の呼び方や発音の変化は横浜市周辺の極狭い地域でも有って、例えば鎌倉の由比ヶ浜(ゆいがはま)の発音も我々神奈川県湘南地域に近い地元民は「由比ヶ浜(ゆ↓いがはま)」と「い」の発音を低くしますが、それを知らない東京や他地域からの観光客は「由比ヶ浜(ゆ↑いがはま)」と「い」の発音を強調して発音してしまいます。これは本来の「由比」と言う地名を知っているかどうか認識の差に起因しています。
他にも読み方自体が変化する例も有ります。
例えば・・・
●鎌倉市の「扇ヶ谷(おおぎがやつ)」
●横浜市の「幸ヶ谷(こうがや)」
・・・この様に隣同士の久良岐郡域と鎌倉郡域で〇ヶ谷の読み方でも訛(なま)りが異なる事実も有ります。
まぁ、そんな訳で久良岐郡域である上大岡同様に、金澤領の赤井村の小名:大橋は大橋(おはし)と発音した事が正法院の御住職の御話から推測出来ます。
そして御仲居と昔呼ばれた地区は現代では宮川左支川と言う宮川支流が暗渠化しており、“大橋”は現代では消滅してしまっている事も解ります。

では、これらの情報を元に暗渠化された宮川支川の位置から大橋(おはし)の位置を推測し、他の地域の小名と一緒に位置関係を表示してみましょう。
旧赤井村小名位置関係 久良岐のよし
※写真は国土地理院の色別標高図をGoogle earthに重ねて登録した各地域の位置を合成したもの。
これを見ると解りますが、「村の中程」と表記された坂本村、御中居、大橋は若干左右にブレており東青野~西青野の両地域のど真ん中ながら両方の台地に跨って新編武蔵風土記稿は「村の中程」と表現している事が解ります。
そして現在の能見堂緑地~阿王ヶ台にかけてを「高札場より北の方なる山を云」と広範囲指して表現している事も解ります。更に、実際の地形は東青野も西青野も赤坂村からしか容易に侵入できない断崖絶壁が続いている事から、赤坂村が青ヶ台城の大手口だったと推測出来て、日本城郭大系で指摘されている“西青野の菱形の台地”も城址の一部である事が解ります。
CIMG4727
上の写真は赤坂公園付近から見た旧東青野台。
下の写真は略(ほぼ)同一から見た旧西青野台。
CIMG4728
とても険阻な地形で、ここからしか大軍で侵入出来ないので防衛に適した東西の台地から敵を鶴翼の配置で挟撃殲滅する事が出来ます。
青ヶ台城地形 久良岐のよし
そして小生は鎌倉時代に海に突き出した能見堂~不動山の半島も金沢湾を守る城の最東端であり城域だったと推測し本丸跡は丁度、西青野台と東青野台の繋ぎ目の能見台南小学校東側の青野台の最高所辺りで、状況的に赤坂~西青野台の東端は城の大手口、東青野台よりに城砦群の多くが存在したと地形的に推測しています。その根拠と成るのが籠城に必須の“水の確保”で、小生が本丸と推測する辺りの東側には大きな湧水と沢を集め池が存在して事、それに加えて能見堂の土塁群と東側の尾根地形は平安~鎌倉時代達に好んで築城された地形であり西青野台(現在の阿王ヶ台)地域より高所に位置するからです。
赤井村 久良岐のよし
※実は2017年11月18日に親切な能見台の住民の方から「不動池は恐らく現代の調整池として整備された人工地形のはず」と御指摘を頂きましたが迅速測図と言う明治初期の地形図を見ると昔から不動池の人口地形が存在している事が判ります。
この不動池の谷戸は竪堀と用水地を兼ねた役割を果たしていた様です。
実は不動池の在る能見堂の北面ではなく、南面の現在は“赤井谷公園”も池だった事が改めて迅速測図を見直して判明したので画像も掲載して置きます。
明治の不動池~赤井谷公園周辺 久良岐のよし
不動池の場所には当時から池だったと小生が誤認した人工地形の谷戸が有ります。城の竪堀を兼ねた平時は灌漑用水池を兼ねた水堀だったのかも知れませんね、水路も描かれているので沢を集めた水路が農業用水には成っていた様です。
では開発前の様子も国土地理院の航空写真で見て見ましょう。
不動池周辺地形写真 久良岐のよし
まだ能見堂緑地が畑地だった頃の空撮を見ると確かに不動池は四角形の人工地形が解ります、南側の谷と合わせて侵入経路を狭める竪堀の役割をする大空堀状の構造体だった事が解りますね。
そして能見堂周辺には人工的に四角く造成された削平地の畑が多く有り、これらが曲輪群だった事も想像に容易いでしょう。
つまり青ヶ台城は従来の日本城郭大系の言う所の西側説より、当時の写真を見ても能見堂周辺のより高所に位置する台地周辺に曲輪群と思しき地形が終戦直後も残っていた事が解ります。
そして、その能見堂一帯には南北の斜面に水源が確保されていたのでしょう。
恐らく現在の不動池と成った当時の大空堀地形に流れ込む水も小さな沢等の水源が有り、城の水確保の一助には成ったのは間違いないでしょう。明治時代の迅速測図の等高線を見ると農地1区画づつを囲む様に畦道にそって等高線が引かれており、不動池と成った大空堀状の地形にも水田が在る事から豊かな水が不動池側にも有った事が解りますね。
そして能見堂の丘を挟んで反対の南側には用水路も池も在る事も解ります。
明治の不動池~赤井谷公園周辺 久良岐のよし
南側の斜面には更に豊かな水源が在った様ですね。ですから推測ですが正法院裏山~能見堂にかけても地形的に城砦として機能していたはずですし、池に流れ込む沢の水源を守る曲輪も有った筈です。だから現在も正法院の裏山と金子鶏卵東側の断崖の先端辺りには人口地形が残っているかも知れませんね。
恐らくこちら側、能見堂方面の東青野台が昭和に着目されなかった付近の地名を"能見台"に改竄されて東青野台の地名を消されたからでしょう。
土着民以外が解らない“政治的工作”が行われたのかな?
開発した人間は“遺跡が出るとマズイ”人で、それを忖度(笑)した連中が市や県にいたのかも知れない。そして上行寺東遺跡の様に日本レベルで重要な武家金沢北条家の居城跡を潰してしまったのかも知れませんね。
秋の終わり頃に成りスズメバチや蛇の心配が無くなった頃に現地を探索して改めて皆さんに報告したいと思います。
CIMG4721
絶対に東側まで城が広がっていた状況証拠と地形と水場が有るからね。
調べない手は無い。

本来ならば神奈川県教育委員会や横浜市教育委員会がやるべき所なのだけれど、上行寺裏の稲荷山も“荒尾城址臭い”所も含めて調べられる“城郭専門家が横浜や県教委”には何故か不可解にいないんですよ~。鎌倉の隣であり北条家の主力が温存されていたのが横浜市なので当然、重要な城跡だらけなのにね。
調べられたら困る“市長”が歴代に多かったんでしょう。
マトモなのは建設族ながら教養と文化度の高かった細郷市長と高秀市長くらいか・・・
逆に御二人は建設族だったからこそ、建設利権に費やすべき予算を使って保護すべきものを保護する術を知っていたのかも知れない・・・
今の市長と前代市長とは大違いだな。まぁ、前の中田さんは横浜の日本最古級だった骨董品水道管を耐久性強い物に交換始め大震災に備えただけ良い市長さんだ。

では皆さん、又次の解説記事で御会いしましょう!