※今回のはちゃんとした記事じゃなくて懐かしくて色んな人の事思い出した独り言です。
※歴史解説の観光案内の記事は今晩ちゃんと別途書きますよ~。

懐かしいアニメの動画で京都での生活の事とか、歴史偉人の御子孫との邂逅とかを思い出した。

るろうに剣心の池田屋騒動の再現。
三条大橋近くの池田屋も今じゃ居酒屋だな。
2015-10-02-20-49-33
今でも三条界隈には池田谷騒動の名残が有って池田屋側から三条京阪駅に向かって三条大橋を歩くと、橋の右側の欄干に池田谷騒動の時に付いた刀傷が残ってたりするんだな。
2015-10-02-20-56-18
詳細は知らないけど、昔聞いた話だと逃げた討幕派をここで新選組隊士が切り付けて欄干に刀が当たったとか。真偽は不明だけど確かに刀傷。
2015-10-02-20-45-32
三条大橋を真っすぐ、三条京阪駅の反対側に行くと三条名店商店街の入口が在って、三条大橋側から入ると入口の割と近く左手に沖田総司サンの佩刀だった刀の菊一文字の店が今でも刃物屋さんとして営業していたりするんだよ。
坂本龍馬
三条商店街の近く、河原町通りには坂本龍馬先生最期の地と成った近江屋の跡地も商店街の人が守っている。
2015-10-03-11-12-13
実は坂本サン本人では無いが、その大切な人が小生の住まう神奈川県横浜市と横須賀市に深い御縁が有る。
2008-08-03-04-55-06
お龍サンその人だ。
横浜市神奈川区台町の旧東海道の神奈川の宿場だった場所に今も営業している田中家(たなかや)と言う江戸時代の“さくらや”の後継の料亭が在る・・・
お龍さんは龍馬さんが亡くなってから龍馬サンの家族に龍馬サンの名跡を乗っ取られ居場所が無くなり、紆余曲折会って田中家に住み込みで一時働いていた。
・・・明治新政府は坂本龍馬サンの功績を当初は隠していたし、お龍さんを支援した西郷さんも西南戦争起こして亡くなっちゃって身寄りが無くなった。だから、住込みで働かないといけなかった。
・・・田中家の前には神奈川台場と言う龍馬サンの師匠の勝海舟サンの設計した要塞が在り、初代横浜駅からも遠くなく海軍の軍人さんが良く田中家を利用したそうだ。
海軍軍人の良く来る田中家で働いていたのは、もしかしたら勝海舟サンの紹介が有ったかも知れない。それに坂本さんが有る意味、近代日本海軍の父の様な存在で明治の海軍軍人等はお龍サンにとっては息子達みたいなもんだったからなのだろうか?
田中家にいれば勝サンや龍馬サンの育てた後輩達を見て過ごせたので心の支えに成ったのかも知れない。
今では真意は解らない。
お龍サンは最期まで悲惨で、明治天皇の皇后の昭憲皇太后様が霊夢を見て「お龍さんを探し出し支援して!」と言い出すまで放って置かれた。
お龍サンの最後はとっても孤独で、昭憲皇太后様から始まった義援金の支援が集まった時には既に危篤で支援金も受け取れず悲しく死んでいった。
横須賀市大津で亡くなった。
2015-10-28-16-59-09
救いは葬儀の日に誰彼示し会わせた訳でも告知された訳でも無いのに、お龍サンと龍馬サン“二人の子”である海軍軍人達が多く参列し、お龍サンを見送ったそうだ。
菩提寺は横須賀市大津の信楽寺だ。
だから坂本龍馬サンと御龍サンの御縁で横浜~神奈川~京都は結ばれている。
有る意味横浜や横須賀市と舞鶴市で勤務している海自の諸君は幕末からの神戸海軍操練所の遺伝子を受け継ぐ坂本サンと御龍サンにとって孫や曾孫であり兄弟みたいな存在なんだな。
小生の住んでいた出町柳~百万遍辺りの地域は大学も駅も近く商店街も有り学生の町として便利で生活しやすい上に自然も豊かで尚且つ風流な場所だ。
IMG_0209
まぁ、留学時代から同棲し京都は出町柳~百万遍界隈で生活していたけど結局は結婚しなかった彼女との個人的に悲しい思い出と極左共産主義者に対する忌々(いまいま)しい思い出(笑)も残る土地でもあったりする。
でも出町柳~百万遍界隈が好きなんだな。
IMG_0189
う~ん、仲良し夫婦の写真を見ていると思い出す。
夏の夜、浴衣や作務衣を着て下駄を履き、近所のコンビニでリキュールとツマミを買い、下鴨神社前の高野川と鴨川の三角州に行き、川に架かる飛石に腰かけて下駄を脱ぎ川の水に足を浸して、彼女と一緒だったり1人だったりで晩酌していた。
IMG_0218
余談だけど、下鴨神社には“御手洗(みたらし)祭”と言う神事が有るのだけど、この下鴨神社近くに加茂みたらし茶屋と言う御店が在り、そこが御手洗団子の発祥地なんだな。
小生は我家の祖先神や崇拝する神様達や仏様達と同様に崇敬する、天満大自在天神菅原道真公、そして建勲神織田信長公を神様として特に個人的に崇拝している。
その信長公と御子息の信忠公と忠義の臣下達の御本廟の蓮臺山阿弥陀寺も出町柳駅から徒歩10分程度の距離に所在していたりする。
IMG_0176
それに、その直ぐ近所には出雲阿国が幼い時に巫女として奉公していた出雲路幸神社や、山中鹿之助幸盛公の菩提寺の本満寺も存在していて、歴史好きが散歩すると尊敬する人々の名前が沢山登場する一角なんだな。
IMG_0235
出町柳と知恩寺界隈自体は今でも大好きで、京都に行く度に出町柳駅~知恩寺まで今出川通りを通らずに、裏道の鯖街道から延びる旧道の商店街を歩いて知恩寺まで行く。
その商店街に“大力餅屋”が有って、そこで1本太巻きを購入して知恩寺に持って行き、境内の御庭に腰かけて御昼ご飯に食べたりしたもんだ。
IMG_0277
そんな事を思い出させてくれた“るろうに剣心”の池田屋騒動の動画に登場した近藤サンや沖田サン達と御縁の深い現代人と一昨年前に御会いして色んな御話しを教えて頂く機会が有った。
2015年の初春に親友O型君に付き合って貰い、間宮綱信公の顕彰活動でまだ残雪の八王子城に訪問した。
2016-02-13-09-04-50
八王子城は間宮綱信公が縄張りしたと八王子では伝わっている。
2016-02-13-09-13-33
そんな訳で、ソンナ歴史が好きでも無い(笑)O型君に無理矢理付き合って貰い、八王子城から程近い日野市の新選組関連の史跡や博物館も数年ぶりに廻りまくった。
元々、小生の昔の御客さんが立川市界隈の大工場だったので営業で何回も訪問していた頃に行って以来だった。
この時、歴史好事家に成ってから1、2の幸運な事が有って天然理心流の継承者であり、現代の師範の宮川先生(近藤勇サンの実兄の御子孫)と井上源三郎サンの名跡を御継ぎに成られた御親族の子孫の井上先生に事前にアポを取付け面会の機会を頂いた。
2016-02-13-15-25-02
宮川先生が人を斬り殺す心構えと鍛練の事を説いた近藤さんの言葉を熱く(笑)教えて下さって、凄く楽しかった(猟奇的な意味では無くww)。
何だか近藤さんや井上源三郎さんと話している様だった。
ウチが○○家で○○一族だって話したら血統的な格闘技センス買われて「ウチの道場に練習に来なさい」ってリクルートして頂いたのに結局通わなかった。
今年身体を絞ったら御世話になろうかな。
2年越し?3年越し?
正月に多摩地区の式外社と式内社の宮司様にも用事有るし、御挨拶に行こうかな来年。
天然理心流。日野なら高速で一時間ちょい、まぁ下道でも二時間半だから車で通えるし。
八王子は滝山城、八王子城と間宮綱信公と寄親の北条氏照公の所縁の御城が2箇所も有るし。
きっと、小生にとって運気は良い方に向くだろう。

そう言えば小生が崇拝する神様の中でも神奈川県に縁が深いのが日本武尊と弟橘姫の夫婦神なのだが、この川崎市~横浜市~三浦半島横須賀市にかけて来訪と仮御所での滞在の神話が残る日本武尊は、所領が山背(やましろ)国=京都だったそうだ。
天満大自在天神菅原道真公の五男、菅原淳茂公(小生は三男の景行公の可能性も考えている)が横浜市に住んで居られた事も有るし、鎌倉の荏柄天神社は日本三古天神社と呼ばれる場所でも有るし、菅原家との御縁でも神奈川県と京都は結ばれているのかも知れない。
そう言った意味では神様の御縁でも尊敬する人々との御縁でも京都と神奈川は結ばれているんだなぁ~。
結ばれなかったのは留学時代~京都時代の彼女との御縁だけ(笑)!

・・・と、言う、るろうに剣心を見て思い出した事を何となく書いて見ました。

さぁ~ジム行って腹筋と腕と胸と背中の筋肉バキバキに鍛えて来るぞ~。