横浜市中区の伊勢佐木長者町の商店街の鎌倉街道側に本場中国と遜色ない四川料理の味付けの料理を提供する小さな中華料理屋さんが有ります。
KIMG0239
華隆餐館
(ホァロンツァングァン:かりゅうさんかん)
※住所クリックすると地図で位置確認出来ます。

華隆餐館と言う御店で御店主もママさんも中国から来た方です。
料理は麺類が1000円以下の800~900円台のラインナップが多くあります。
おかずの料理は単品で1200円前後ですが、シェアする量なので二人で行ったら一人600円と考えると比較的安く本場の味が楽しめるので御得感が有ります。
中国から来た方の御店だからと言って美味しいとは限らないのが❝横浜(笑)❞なのですが、この御店は本当に中国で食べる四川料理と遜色有りません。何故なら味を変えず中国と同じまま出してらっしゃるから本当に四川省の味のまま麻辣(まーらー:痺れ辛い)味付けで本物を知らない客に媚びて味を変えたり妥協してないからです。
KIMG0240
なのでこの御店、外観も綺麗ですが中は中国の食堂と同じ風景。普通は余り本場の中華を知らない一部日本人なら尻込みそうで中国人の御客サンばかり来そうな御店なのですが、意外な程に日本人の辛い料理好きの客に大人気でアイドルタイムは必ずと言って良い程に満席に成っています。
近所が伊勢佐木町の商店街や横浜スタジアムなので、買物ついでに立ち寄る人が多いんでしょうか?
さて、この御店には小生の御薦めの中華料理の前菜も有ります。
KIMG0241
ハチの巣(牛の胃袋)の冷菜。この御店は麻辣が強くてハチの巣食べるだけでも汗が吹き出しますが、歯切れの良い触感に痺れ辛い味付けが絶妙で御酒を嗜(たしな)む人なら良いツマミにも成りますし、他にも前菜メニューが充実しているので、刀削麺がメインながら友人同士やカップルのデートでも使える御店に成っています。なので実際、店内はカップルや近隣のビジネスマンが男女で食べに来るパターンが多い様です。
この日、小生は高菜と牛肉の刀削麺を注文しました。
KIMG0242
う~ん、ビジュアルから完全に中国のソレ(笑)。
これね、とっても美味しいんです。牛で出汁をとってますから。醤油ベースの中華風テールスープみたいな感じでしょうか。高菜が入っていて少し博多ラーメンにも似てるかも。
KIMG0243
面は削りだすので❝きし麺❞みたいな見た目ですが、もっとモチモチしてるのに柔らかさも有ります。コシの良い饂飩(うどん)を平打ちにした様な感じ?
この高菜面はハッキリ言うと関東人には博多ラーメンと同じで味の好き嫌いが分かれると思います。これよりスタンダードな牛肉麺とか御勧めですし、麻婆豆腐の餡が乗っかった麺も有ったりしますので、色々と味は楽しむ事が出来ます。

簡単な紹介ではありますが、横浜中華街以外にも行って見たい人がいれば此処(ここ)は本格的な四川料理の味付けが楽しめるので是非、足を運んでみては如何でしょうか?