DSC_3652
うまいぜベイビー!
・・・突然で何のこっちゃか解らない人には解らないと思いますが。
実はこれ、秦野市の渋沢駅近くに在(あ)る拉麺の名店‟なんつッ亭”のキャッチフレーズなんです。
DSC_3651
なんつッ亭 本店
なんつッ亭は焦がしニンニクをペーストにして豚骨スープと合わせた拉麺で有名に成った名店で、元々不良だった店主の古谷一郎社長が熊本県人吉市の豚骨拉麺の名店、好来ラーメンで修業してから地元である秦野市で開業しました。
なんつッ亭公式画像拝借 久良岐のよし
※公式ホームページから画像拝借
この人が古谷社長、多分、皆さんTVで見た事が有ると思います。
TVの企画で客の入りの悪いフードコートに名物料理のレシピを作って再建したり活躍が有名です。
その時に自分が若い時の体験談を話してらっしゃったのですが・・・
「若い頃は楽して生きようとしたけど、拉麺の師匠の仕事を見て考え方を改めた」
「手を抜いて良い物は作れない。」
・・・当たり前の事なのですが、これを集客依頼をした作業効率だけに執着し料理の味よりも工程数を減らして単価当たりの人件費をカットする事にしか興味の無い経営者に対して懇々(こんこん)と説き・・・
「少し手間はかかるけど美味しいメニューを考えないで御客サンはつかない。」
・・・と、御客様第一を説いて結果的にフードコートの再建に成功したりした名社長でもあります。
DSC_3654
2017年には不正の出来ない東京ラーメンショーで蒙古タンタンメンの中本社長と同着優勝もしていて小生の好みを抜きにして‟美味しい店”として客観的な評価材料に成る栄誉も得てらっしゃいます。
ただ社長も人の子なので何でも完璧な訳ではなく選挙に立候補して落選したりしています(笑)。
飲食店で政治色出すのは危険なんですよね。
小生は中道保守ですが社長は立民から出馬しているので、例えば多数派で只の右派も多い自民党支持者に毛嫌いされてしまう可能性も有りますから。小生のようにソレはソレ、コレはコレと分けて考える人もいれば、そうでない人も保守派や右派には多いですからね~。
そして左派にも問題は多有り。
立民の枝野サンの支持者なんか公安に監視されてる昔鉄パイプや火炎瓶で武装していた極左政治団体もいたりしますから。
だから敢えて優しい純粋な拉麺ファンは「選挙出て落ちたんだ~!」で済ませてあげて、美味しい拉麺は「美味しいですよ!」と伝えてあげれば良いのだと思います。
KIMG0557
正直小生は約3年ぶりの訪問だったので社長が落選してたの知らなかった・・・
社長、もう政治に出ないでね。拉麺で十分に人を幸せにして活かす立派な仕事をしてらっしゃるんですから。
社長が御店にいてくれた方が僕らは嬉しい(笑)。
・・・小生は‟中道保守”で政治思想的には古谷社長と相いれないのかも知れませんが、古谷社長の‟食べた人を幸せに出来る拉麺”は大好きです♪
さて、そんな小生の好きで人間味溢れる(拉麺職人として)尊敬もしている人格者の古谷社長の御店を見てみましょう~♪
KIMG0558
店内の内装は個性的です。でも入りやすい雰囲気。
KIMG0559
この御店の特長は、子連れ客も意識していてアイスクリームも提供したりしている処でしょうか。
DSC_3656
一昔前の有名ラーメン店や最近の超高級志向の‟勘違い”拉麺店は子供そのものを毛嫌いする御店も多かったんですよね。
トタンの内装に掲(かかげ)げられているメニューもウケ狙いにいってる辺り社長の人柄を表してるかな?
ラーメン好きな子供にも優しい御店、昔の吉村家を思い出します。小生は家系総本山吉村家の吉村社長の御店が未だ新杉田駅近くに在った時に父にたまに週末に車で連れて行って貰って食べていたのですが、美味しい美味しいと言いながら食べていたら吉村社長が家系ラーメンのトッピングに使う海苔を一束くださった事も有り、当時の家系の店員の服装と古谷社長達の服装もとても似ている事も有って子供の頃を思い出したりします。

・・・まぁ吉村社長は子供には優しいんだけれど、客の前で弟子ぶん殴るの当たり前だった、そして発言内容がよく理不尽(笑)。でも凄く良く弟子の面倒を見る。独立させたり店長にする所まで本当に良く面倒を見る。
東大卒業した津村サンとか、元チンピラの鶴巻サンとか有名な御弟子サンも容赦なく殴られてたけど、鶴巻サンは環2家の店長に成り今は独立し‟王道”を開いて、津村サンは吉村家の杉田の旧店舗地盤を譲られて杉田家を開き今では名社長になり出世したんだな。
そして津村サンも鶴巻サンも御客サンに凄く優しい。
ラーメン屋の有名社長って皆、人情厚くて拉麺に真面目で、少し欠点も有るから人間臭くて好きなんだなぁ。
話を‟なんつッ亭”に戻すと・・・
DSC_3657
メニューは何パターンかスープが用意されています。
1杯を分けて食べても怒られないしサイドメニューも有るので、小さい子連れの家族には本当に良いと思います。
DSC_3658
こがしニンニク黒マー油拉麺。
こんな風に本当に真っ黒なビジュアルです。
DSC_3659
凄いコッテリしてそうでしょ~?
ところが違うの!
熊本の豚骨ラーメンは福岡のと同じ純粋な豚骨スープだから味が尖がってて香りが獣臭くて毛嫌いする人もいるんだけど、この焦がしニンニクのペーストが良い意味で‟まろやか”に、そしてニンニク臭くないローストされた香りの良い所だけ残り豚骨の欠点の悪い獣臭さを香ばしいスープに変えてくれているんです。
しかも見た目よりアッサリしていて女性や子供にも食べやすい!
こっちは⤵2020年09月の写真。
KIMG0560
山梨観光~深沢城址散策の帰り久しぶりに食べたくて山中湖~深沢城経由でずっと下道で帰って来て‟なんつッ亭”に再訪した時の。
KIMG0562
麺は熊本ラーメンの系譜なので細麺。
当然、茹で方も御好みで調整して貰えます。小生はいつも麺硬め♪
本当に美味しいので、これから秋に入り紅葉シーズンに成って秦野の弘法山や震生湖、南足柄市の大雄山に紅葉を見に行く方は、是非少し遠回りして‟なんつッ亭”で拉麺食べて見て下さい!
ついでに秦野市周辺の紅葉の名所も紹介した過去記事のリンクと写真を張り付けておきます。
この記事にある住所をクリックするとGoogleMapで場所が表示されてカーナビや公共交通機関の乗換案内としても機能します。
——震生湖——
CIMG7697
CIMG7669
——弘法山——
CIMG5670
CIMG5683
——大雄山最乗寺——
CIMG7641
大雄山最乗寺の紅葉 久良岐のよし
CIMG5524
・・・こんな感じで‟なんつッ亭”のある秦野市~南足柄市は紅葉の綺麗な場所も有るので、車なら数か所一遍に廻(まわ)れますし、是非、黒マー油豚骨ラーメン、食べて見て下さい!

さて、今回の記事はコレ⤵
コレ⤴の続きの後編として書く予定の記事だったのですが前回の記事の深沢城⤵️
この記事⤴️を単独記事にしてしまったので、先に書いた休日雑記の中に深沢城の訪問と一緒に簡略化し追記して後編は書かない事にします。

では皆さん、いよいよ涼しく成ってきました。来週まで天気は良くない日が続きますが、これから来る秋の景色と美味しい秋の味覚を楽しみましょう~♪

では又、次の記事で御会いしましょう~♪