長文ですが鎌倉時代のミステリー好きの皆さんに各地の史跡を交えて謎の多い人物の話を紹介したいと思います。

正直冒頭からディスってアレですがコレ⤴史実とはかけ離れているので“歴史”としては見ないで、歴史人物の名前を使ったコメディー“歴史ファンタジー”程度で見ないと大変な事に成ります。
ただ歴史人物は登場するけど小説や漫画と同様に「フィクション」として楽しめば良いかと思います。
例えばフィクションが嫌いな人にもNHK歴史大河には“坂之上の雲”の様に全ての人物を貶めない演出を採用し尚且つ歴史知識に裏打ちされた原作をドラマ化した良作も沢山有ります。

三谷脚本は演出とは言えないLVで笑いを取る為に史実に無い話の更に偉人を貶める描写を多量に差し込んでしまい歴史ファンタジードラマな訳ですが、知識が有ろうが無かろうが歴史偉人を特に尊敬していない人なら眉間にシワを寄せる事も無く楽しめるかと思います。
先人を尊敬している人や当該歴史偉人を祀る神社仏閣の等の関係先の御子孫や宗教者は悲しむ人が多く成る事でしょう。
古典芸能に例えると良く解ります。

司馬遼太郎原作は例えると神田伯山の講談です。
知識に裏打ちされた話しと演技力とオーラから客の感情を引き込みます。

三谷幸喜の脚本は林家三平の落語の様に本筋に関係の無い話を多用し爆笑を取る技術に長けると言った所でしょうか。ハッキリ好き嫌いの評価が割れる訳です。
小林聡美さんと離婚する前の三谷脚本は本筋と関係無い演出も歴史に無い部分を繋げる為に補填すると言った、人を貶めず好感を持てる部分を強調する演出は素敵でした。

更に彼の歴史と関係の無い古畑任三郎等は現代に見ても素晴らしい作品と言えるのではないでしょうか。
彼は歴史に成ると話を面白くする為(ため)に、歴史人物を使って史実で偉人達が話したりやった事と特に真田丸辺りから悪意の演出で真反対の事を脚本にしてしまう事も有るのですが、これは三谷脚本の大河ドラマはなく歴史人物ファンタジーとして視聴し史実と異なると思って楽しめば問題無いかと思います。
鎌倉殿源頼朝
特に小生はこの頼朝公を江戸時代までの人達と同じ様に宮司様に御分霊を勧進させて頂き白旗明神として自室に御祀りし拝礼ている人間なので、事前の告知番組で演者達が三谷脚本を史実として語り頼朝公を侮辱する言葉を連呼していたので見始める前から怒りが湧いていた口です(笑)。
そんな訳でして、三谷幸喜の脚本にも特色が有り視聴率を稼げるし面白おかしく描くので歴史に関心の無い人にもとっつき易い良い面。

悪い面として脚本を面白くする為に歴史偉人の行動や性格描写で史実に180°反する演出を加えて下衆な事をやらせる悪意の有る面。
この特徴から見る側によってハッキリ好みが分かれる訳です。
私は歴史偉人達の関係先の皆様に特に御恩が有るので偉人を貶め後子孫やそれぞれが祀られる神社や菩提寺の関係者の怒り悲しみを共有する側なので、ドラマの番宣を兼ねつつ史実と状況証拠と伝承を元にして解説し皆様に偉人達の実像を楽しんで頂きながら知って頂き偉人と関係者の名誉回復を図りたいと思います。
もしドラマより詳しく知りたい!と言う人は国立国会図書館デジタル図書で閲覧無料ですから以下のリンクから御覧に成ってみて下さい。
源平盛衰記⤵


で、今回の記事では史実に根本的に登場機会が少なく、作中に余り性格も描写されないまま多分“直ぐに死ぬ(笑)”から出番が無くなる北条義時公の片岡愛之助御兄ちゃんの宗時サンがどんな人だったか、皆さんと一緒に状況証拠から推測して見て次回の続きの記事では各地に伝わる伝承を交えて北条義時公に対して持つ皆さんの印象は善人か悪人かドッチですか?と皆さんに問いかけてみたいと思います。
では・・・
ここから、関係各所の小生が撮影した写真と史実とは関係無い面の多い歴史コメディー“ファンタジー”ドラマの“鎌倉殿の13人”の番宣を勝手に兼ねて、人物はキャストの画像を公式様より拝借し偉人たちの実像を皆さんと紐解いて行きたいと思います。
鎌倉殿北条宗時鎌倉殿北条義時
今回は先ずは小栗旬サン演じる北条義時公の御兄ちゃんの片岡愛之助サン演じる北条宗時公がどんな人物かを皆さんで考えてみましょう。
この人、あまり記録に残って無くて良く解らない人なんですよ。
北条義時公の墓所は源頼朝公の脇侍の様に頼朝公の墓所法華堂跡の丘の東面に存在します。

小生は北条義時公に関しては、もう既にコレが全てを物語っていると思うのですが、敢えて自分が義時公を善悪どちらで捉えているかは言わないで置きましょう。
北条義時公は鎌倉幕府を北条家中心の政権に変えた人物で有ると同時に、後に日本国がモンゴル帝国の植民地に成らずに済んだ元寇の戦いで元軍を個人戦闘力と作戦展開力で圧倒した鎌倉武士団の基礎を築いた歴史偉人ですが人物像については人によって意見が異なります。


コレ⤴くらい1人の人物について意見が違う事は現在も有りますよねwww?
まぁ、コレについては小生は「どっちもどっちだろ(笑)」?と思いますけど。
現代の話じゃないので、まぁ、これは見る人によって見え方が違いますよね?って具体例で挙げただけです。
鎌倉殿北条義時
北条義時さん、やった事は地味に凄い事してるんですが、そう地味なんです。
まともに肖像画も無い。
御兄ちゃんの北条宗時サンについては更に良く解らないんですよね~。
鎌倉殿北条宗時
結論から言うと⤴この人、ドラマで直ぐ死んでいなく成りますwwww。
と、言うか史実だとドラマ開始時点で既に亡くなってた可能性すら有る人物です。
登場したので石橋山の合戦と言う、後に頼朝公が反平清盛の軍勢を今の神奈川県足柄下郡湯河原町で挙兵して直ぐに敗北して箱根~甲斐国へ逃走する際に伊藤祐親公の軍勢に包囲されて殺害されます。
鎌倉殿伊東祐親
素人が編集しても良いアホのWikipediaでは宗時公は墓が伊豆半島の田方郡函南町に在ると言う先入観から函南町で死んだとか編集してる人がいますが、間違いだと思います。
頼朝公達と湯河原で分かれて箱根に入り山を下って桑原に出て早河で包囲され死んだとされていますが、これは普通に地理や当時の街道と装備の重さを解ってれば「違うんじゃね?地名の順番」とピンと来る事です。
鎌倉殿北条時政鎌倉殿北条義時
逃走経路を分けた兄⤵と親と弟⤴は生死の運命も分かれる。
鎌倉殿北条宗時
小生は戦国時代の北条綱成公と織田信長公から歴史好きなり、北条綱成公の副将間宮家の出身地が函南町間宮で有る事から、その一帯には良く行っており頼朝公が抑留された蛭ヶ小島周辺の事も有る程度は知っています。当然ながら小田原城下は観光地では無い場所も訪れているので偶然ですが自分の知る地名が伝承にリンクします。
実は現在も早河の地名は山梨県に存在しています。

しかし、こちらも早川で現在と字が異なる上に、普通に考えてここまで伊東家は追撃して来る訳が有りませんね・・・
「どんだけ兵糧持ったまま追撃戦やってんだよ(笑)?」
・・・と言う次元の移動距離ですから(笑)。この解釈を最初にした人間とソレをコピペしてる奴はハッキリ言って阿呆でしょう。
陸上自衛官のレンジャー部隊に聞いて見たらどうでしょう(笑)?私は自衛官、警官、医療関係が身内にも友人にもいますが・・・

「30kgのフル装備付けて、峠道往復220km追撃戦やれる?ねぇやれる?」
・・・と聞いたら即座に「アホか!敵を殺す前に死ぬわ!」と一蹴されるでしょうね(笑)。
先ず最初に平安末期は尾根筋が天候の影響を受けないので古代からの尾根道つまり峠道が未だに主要街道でした。
鎌倉幕府が出来てからは鎌倉周辺の尾根道も下の写真みたいに切通し状に岩盤が掘り抜かれて起伏も若干は歩きやすく成りますが、今みたいに平坦な場所が街道に成るのは江戸時代の話です。
KIMG7601
ちなみに上の道は円海山と言う横浜市最高峰の山系から尾根伝いに市境広場~鎌倉市街地に入る天園ハイキングコースの瑞泉寺口に繋がる道の途中、文献に乗らない無名の切通しです。
KIMG7585
まぁ、この道は鎌倉時代に再整備されておりなだらかなのですが箱根の古道は江戸時代の旧東海道の比でない難所です。
KIMG4225
鎌倉の古道ですらコンナ⤴道ばっかですからねぇ~、山梨県の早河で殺された説を言ってる人は体力がドラゴンボールの孫悟空やベジータ並みに有るから武士達の状況を考慮してあげれないんでしょうか(笑)?
そんな訳で・・・
「箱根山系越えで手荷物に持てるだけ兵糧で伊豆の伊東と山梨県の早川町を往復出来る訳が無いよね?」
「行軍は当時は1日15~30km程度、秀吉の中国大返しですら200km所要時間1週間」
「石橋山~山梨の早川片道110km往復220kmを各自腰巾着に携帯した兵糧だけで7日~10日かけて移動出来ると思いますか?」
「文献しか読まず当時の道を自分で歩いた事無いでしょ?」
・・・と隣に山梨県早河説を主張する人が居たら、私はその人に対する心の声が顔にも声にも態度にも出てしまうと思います(笑)。
鎌倉防衛網 久良岐のよし
この⤴鎌倉要塞網だって七里ヶ浜~大仏切通し~源氏山~浄智寺口~半蔵坊口~天園ハイキングコース~瑞泉寺口~釈迦堂切通し~祇園山~大町~名越切通し~住吉要害の市街1周すると、たった峠道24kmでも軽装で朝10時に稲村ヶ崎を出発して間に2時間弱の休憩挟んで住吉城下のリビエラ逗子マリーナに到着すると18時位に成るんだぞ(笑)?
峠道を実働5時間ちょい歩くだけで結構な疲労なのに、これと変わらん湯坂道の鎌倉古道で輜重隊(荷車輸送部隊)も使えないのに30kgの重装備付けて手持ちの食料だけで片道110km、休息無し徒歩24時間かかる山道を昼夜行軍出来るか!

・・・と言うのが文献に書かれている事を検証もしない現場に行かない人間に対する小生の皮肉タップリ込めた見解です。
では何故この様に文章コピペニキが誤解をする文章に成ってしまっているのか?これは石橋山古戦場周辺、足柄下郡を含めた足柄地域のローカル地名を知っていれば直ぐに解ります。
では先ず一緒に下の地図を見て位置関係を確認して見ましょう!
古戦場位置関係 久良岐のよし
はい皆さん、この位置関係覚えて置いて下さいね~。
先ず早河で死んだと言うのを漢字をそのままに解釈すると彼は既に源氏与力の武田家支配地の甲斐国に到達しており、そこで敗死する意味が解らない文章でしか有りません。
次に口伝を文書化する際に登場する地名が前後した為に混乱していると考えてみましょう、すると極々自然に移動距離や逃亡経路的にも説明がつく文書に修正されます。
Before⤵
北条義時公等と宗時公は箱根の湯坂で逃走経路を別にして、宗時公は山を下りて桑原に出た。甲斐国へ逃走する途中、早河で討たれた。
After⤵
北条義時公等と時宗公は箱根湯本の湯坂道の鎌倉古道に入る所で逃走経路を別にして、宗時公は山を下りて“早川を下り”小田原に入り“桑原”に出たがそこで捕まって殺された。
ね?こうすると不自然に片道110kmも伊東祐親公が追撃戦をやる解釈にしなくて済むでしょう(笑)?
実はこれ、武士の所領配置を見ると意味が解ります。
では先程の位置関係を更に範囲を広げて見て見ましょう~♪
鎌倉御家人位置関係 久良岐のよし
画面左手小田原城の下に源頼朝公を旗頭にして北条宗時公らが挙兵した石橋山古戦場が在ります。
その下に土肥実平公の館と裏山に詰城(つめじろ)の土肥城が在りました。
しとどの窟(いわや)は修験道の聖地で、現地の地理に詳しい土肥実平公が頼朝公達を連れて隠れた洞窟です。
CIMG0323
土肥椙山巌窟(しとどの窟)
鳳巣院は寺伝では土肥実平公により開基(かいき)された寺院と伝わります。
開基とは御寺や神社を開く際の出資者の事です。

その南西側も御子息で石橋山で戦死した佐奈田義忠公の真田城。大庭城は以前に紹介記事を書いているので訪問して見たい方は上のリンクから記事を読んで見て下さい、大庭城址公園は管理事務所に城の模型や解説が有って、昔は巨大な規模だった事を理解してから散策すると面白いですよ。
鎌倉殿の13人では石橋山合戦と関連するけど未だ登場していない重要人物も沢山います。
三浦義明公、岡崎義実公、真田(佐奈田)義忠公、梶原景時公、俣野景久公、長尾定景公、渋谷重国公、佐々木盛綱公、佐々木定綱公、佐々木高綱公達ですね。もし三谷幸喜がこの人達を登場させなかった場合、彼は全く当時の事を調べていないと断言出来る程の重要人物達です。
この中で長尾定景公は上杉謙信の祖先に当ります。
佐々木兄弟は子孫が戦国大名の六角家、京極家、尼子家、黒田家や北条家臣間宮家、更に間宮家の子孫の杉田玄白、間宮林蔵や東大の前身の昌平坂学問所頭取の間宮士信や明治時代以前の江之島神社の別当(長官)岩本坊間宮家等を輩出しています。

その佐々木家が近江国から落ち延びて来た際に匿(かくま)い、宇治川の戦い等で戦功を立てる切っ掛けを作ったのが米軍厚木基地が有る綾瀬市の早川城主渋谷重国公でした。ちなみに東郷平八郎元帥の御先祖様でもあります。
それ等の事は上の各リンク⤴記事で紹介しているので興味の有る方は御覧下さい。

今の所公式で発表されてる配役で石橋山合戦に関わるのは以下の人達ですね。
【源頼朝公与党】
伊豆国西部~南部・相模国中部~西部の武将達
総兵力300
鎌倉殿源頼朝鎌倉殿土肥実平鎌倉殿安達盛長
鎌倉殿北条時政鎌倉殿北条宗時鎌倉殿北条義時
【源頼朝公援軍】
相模国三浦郡・武蔵国久良岐郡の三浦一族
総兵力500
鎌倉殿和田義盛鎌倉殿三浦義澄
          VS
【平清盛与党(相模国・伊豆国)】
相模国鎌倉郡~高座郡の元源氏与力の坂東平氏と伊豆国の工藤氏
総兵力3000
鎌倉殿大庭景親鎌倉殿山内首藤経俊
鎌倉殿伊東祐親鎌倉殿伊東祐清鎌倉殿河津祐泰
【平清盛与党(武蔵国)】
武蔵国久良岐郡と荏原郡と足立郡を除いた全域の秩父平氏と北関東の豪族。
畠山単独手勢500、総兵力20000前後と伝承。
鎌倉殿畠山重忠
ちなみに鎌倉時代の総人口は約800万人なので兵士数が少ないのは当然で、尚且つこの記録上と伝承上の数字は源氏や北条家にとっては敗戦なので故意に自軍の数を少なく敵勢を多く粉飾している可能性も有ります。畠山軍は三浦氏の本拠地の衣笠城を攻めた際には兵力20000に膨れ上がっていたと伝承しますがコレは多過ぎる気がします。
衣笠城の戦いについてはコレ⤵を御覧下さい。

例えば三浦勢は500、畠山勢も500とされますが、彼等の領地を戦国時代の石高に換算すると三浦家も武蔵国南部の久良岐郡を支配している他に房総半島にも飛び地が有った様なので少なく見積もって10万石程度=総兵力3000程度を戦国時代なら保有していた事が推測できます。これを戦国期の安土桃山時代の総人口が1200万人なので、それを根拠に再計算すると・・・
三浦家の戦国時代相当の総兵力3000×2/3=3000×66%=鎌倉時代の総兵力1980人と換算できます。
三浦家の平安時代の推定総兵力=約2000と概算出来ます。
そして当時は武士1人に対して足軽が3~4人ついていましたので、それを元に源平盛衰記に書かれた500騎の武者を再計算すると・・・
武者500騎+500×3人の雑兵=動員数2000と言う事が判り、だいたい10万石で計算した時の数値に整合性の有る兵力だった事が推測出来たりします。
それに対して畠山軍勢が500騎と言うのは三浦家と同様に10万石程度の筈なので兵力2000と換算すると整合性が有りますが、秩父平氏一族が武蔵国の久良岐郡と足立郡を除いた大半を支配していたとは言え衣笠城攻め総兵力20000と言うのは誇張が有ると思う訳です。
秩父平氏が大半を治めた武蔵国の石高は安土桃山時代で66万石でした。1万石で侵略戦争動員可能兵力は300人と言われているので・・・
66万石×300人=動員兵力19800です、これを先程同様に鎌倉時代の総人口で換算してみましょう。

武蔵国総兵力19800×66%=兵力13000で整合性が有りません。
武蔵国は秩父平氏以外に比企氏や足立氏や三浦氏が治めた地域が有ったので、まぁ少なく見積もって石橋山合戦~衣笠合戦に動員されたのは“兵力数千”と言うのが実際の所だと思います。
まぁ、それでも大軍なので、畠山重忠公旗下の武蔵国の秩父平氏軍数千が総兵力たった2000の三浦勢の本拠地を陥落させ様と南下して来たので和田義盛公と三浦義澄公は頼朝公敗走の情報を聞いた時点で鎌倉の住吉城まで兵を戻してしました。
衣笠城の戦い 久良岐のよし
上の画像をクリックして拡大して見て下さい。
鎌倉の明月院は山内首藤家の菩提寺が前身なので元々は山内首藤家の邸宅跡だった可能性が有ります。後に北条時頼公の菩提寺に成り現代では紫陽花の名所に成っています。
画面左上の藤沢市の大庭城は戦国時代にも北条早雲公によって改修され使われ続けた大城郭で、鎌倉時代の大庭家の本拠地でした。
畠山重忠公は南下して来て由比ヶ浜の西岸に布陣して、由比ヶ浜東岸の崖上の小坪地区住吉城の要害から和田義盛公が出撃し畠山家に攻撃を加えた事で戦闘が開始され、三浦家は鐙摺城に退き更に本拠地の衣笠城に集結し、老齢89歳の三浦義明公が僅かな手勢で囮と成り衣笠城に畠山軍の大軍を引きつける間に当時は海だった横須賀市吉井の怒田城下の船倉から海路三浦一族は房総半島に逃げる事に成功し、和田義盛公は相模湾側へと回り源頼朝公を収用する事に成功し、三浦一族は後の鎌倉幕府創立に大きな功績を遺した訳です。
鎌倉殿三浦義澄鎌倉殿三浦義村鎌倉殿和田義盛
この三浦家全体が行った畠山家への陽動作戦で源頼朝公達に大兵力が差し向けられずに済んだ訳ですが、この功績と同じ事を一人でやってのけたのが北条宗時公に成る訳です。
鎌倉殿北条宗時
既にネタバレしまくってますが、もし片岡愛之助お兄ちゃんが自分の命を使って単独で東側に逃げて捕まる事で伊東家と大庭家の軍勢を引きつけ陽動に成功していなければ、3000の大庭勢と伊東の軍勢は全力で箱根山中を昼夜問わず山狩りして源頼朝公達は全員捕まって処刑されていたでしょう。
鎌倉殿源頼朝鎌倉殿安達盛長鎌倉殿土肥実平

鎌倉殿北条時政鎌倉殿北条義時
これBefore⤵
北条義時公等と宗時公は箱根の湯坂で逃走経路を別にして、宗時公は山を下りて桑原に出た。甲斐国へ逃走する途中、早河で討たれた。
・・・は明らかに伝聞間違いか読み間違えなのは地形と地理でもう納得して頂けたと思います。
なのでAfter⤵
北条義時公等と時宗公は箱根湯本の湯坂道の鎌倉古道に入る所で逃走経路を別にして、宗時公は山を下りて“早川を下り”小田原に入り“桑原”に出たがそこで捕まって殺された。
石橋山古戦場 久良岐のよし
・・・この説の解釈でなければ宗時公の別行動が成立しない訳です。その行動は恐らく三浦義明公と同じ敵の目を欺き味方が逃げる時間を確保する時間稼ぎだった事もボンヤリ見えてくる訳です。
異説では宗時お兄ちゃんは、そもそも以前の戦争で片腕を失っており信濃国安積郡に閑居していたとも伝承があるそうです。この話も更に折衷すると、陽動作戦中に伊東家の攻撃で片腕失って「どうせ死ぬだろう」と放置されたけど生き残って後に北条家の家督を継げる身体でもないので廃嫡されて弟の傍に居ても政権運営に悪影響なので信濃国に隠棲してとかも考えられるかも知れません。
でも、いずれにせよ、もしも石橋山の合戦に参戦してた説が史実ならば、宗時お兄ちゃんは頼朝公や弟や仲間の先輩達を逃がす為に命を投げ捨て自分が囮になって皆を助けた様な、正義感で優しい人だったのかも知れませんね。

多くの人が言ってるから権威の有る人が書いてるからでコピペすると痛い目に遭うのが歴史ですが、当時圧倒的不利で少数だった源頼朝公達の様に自分達でちゃんと分析して人と違う事も言ったりやったりする勇気が必要なんだよって言うのも北条宗時公の話を追うだけで知る事が出来る訳ですが、きっと皆さんの御家の御近所の御寺や神社や城跡の公園にも、実は凄い歴史偉人と関わりが有るかも知れません。
ちょっと説明の看板を読んで見て興味を持ったら図書館にいって調べてみて下さい。
すると時代を超えて昔の人達と時間を共有出来た様な、不思議と嬉しい気持ちになれるもんです。

さて、また高島線瑞穂鉄橋の記事書かなかった訳ですが・・・(笑)。

・・・絶対に続き書きますので待ってて下さい。ちょっとメンドクセーな。と思って書いてないだけです。

オミクロン株新型肺炎が流行しています、各自衛生管理に注意して過ごし、外国みたいにはさせず正常に近い経済活動を続けられる様に今の段階で協力して対処していきましょう~。

では皆さんにとって、本年が幸多い1年になりますよう。或いは昨年まで苦労した方は昨年までの分も取り返す程良い事が有ります様に~♪

もし今回の記事が面白かったと思われた方は記事に「拍手👏」と「読者登録」お願いします~♨️。