歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

カテゴリ:城址・要塞・史跡・伝統文化 > 史跡・古戦場

Twitterで朝日寺サンと言う志田峠に在る御寺の方に武田家vs北条家の大合戦、三増峠合戦の経過を時系列で話す機会が有ったので、そのツイートを画像に切り取って転載しときます。
    武田軍       北条軍
武田菱vs 三つ鱗紋
兵力  20,000                  20,000

死傷    1,000                    3,000
武田信玄が北条家の息子達を翻弄し、北条家も局地戦で黄備え玉縄衆大将の地黄八幡北条綱成公が活躍した合戦なのに結構、歴史ファン入門くらいだと知らない人も多い名合戦なんだけど。
因みに話題に登場する主要人物紹介。
image
ゲームの武田信玄⤴
肖像画の武田信玄⤵
武田信玄

北条氏康
ゲームの北条氏康公⤴
肖像画の北条氏康公⤵
北条氏康公
北条氏政
高嶋政伸サンの北条氏政公(笑)
丸に三ツ鱗紋玉縄北条家

隅立て四ツ目結び紋間宮家
蔦の葉紋臼居家


では以下Twitterからの転載です。
1
2
3
4

5
6
7
8

9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
DSC_0089
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34


mixiチェック

皆さんは横浜市旭区役所が歴史的に凄まじく重要な場所に建てられている事を御存知でしょうか?
旭区役所周辺畠山重忠公史跡 久良岐のよし
現代の地図を見ても何でここで畠山重忠公が討死する事に成ったかは、多分、旧相模国住吉郡と愛甲郡の住人の方は解るかも知れません。
小生は現地を訪れた時に地図を見ていて「アっ!」と直ぐに解りました。
畠山重忠公を射殺し討ち取った鎌倉時代の名将の領地と附近を通る街道の名前がリンクしたからです。
先ずは事変の遠因と二俣川合戦の発生経緯の推測を説明します・・・
鎌倉幕府を打ち立てた源頼朝公には政権内に頼りにする武将と目の上のたん瘤(こぶ)の様な親族がいました。
菅谷館周辺 久良岐のよし
頼りにした武将の一人が畠山重忠公で、坂東一の武士(もののふ)と異名で呼ばれた程の統率力と武勇を誇り理知的な武将でした。本拠地は埼玉県比企郡の菅谷館です。
今でも八王子街道の先には菅谷館に続く八王子ー比企郡を結ぶ鉄道の八高線が運行していますが、彼が鎌倉に出勤する際は必ず八王子を通過する八王子街道を経由して町田市方面から鎌倉街道中道か、更に八王子街道を上り厚木街道~鎌倉街道下道に経由する区役所裏の二俣川の鎧の渡しを通過する事に成る訳です。
どちらかを通りますので厚木街道~鎌倉街道下道を目指して来て合戦に成ったんですね。


そして頼朝公に特に頼りにされた武将が他に3人いて、その内2人が三浦半島出身の鎌倉御家人でした。
1人が三浦義澄公で三浦半島を根拠地にする三浦党の大将で三浦本家の代々の根拠地だった衣笠城を相続した武将です。
CIMG2992
衣笠城址&三浦家学問所の大善寺
三浦党の大将は三浦義澄公ですが、実際に嫡流に当たるのは和田義盛公でした。
その和田義盛公が源頼朝公に頼りにされたもう1人の武将で、幕府で初代侍所別当と成り三浦初音和田の和田城址を根拠地にして三浦本家の衣笠城は相続せず旧鎌倉郡や久良岐郡や高座郡や房総半島に多くの領地を持って最初の領地の和田を苗字にし別家を打ち立てていました。
DSC_0178
和田城址空堀跡前石碑
CIMG4736
和田城址入口の和田義盛の碑と神社
更にもう1人は鎌倉郡梶原~村岡が根拠地だった梶原景時公です。
DSC_0374
村岡城址公園
祖先の平良文公や鎌倉景正公が本拠地とした村岡城址を相続していた武将ですが、現在、村岡城址は城址公園の名は残りながら藤沢市が保護を怠り城址としての遺構は地形以外に皆無に成ってしまいました。
さて、実はこの和田義盛公と三浦義澄公の三浦一族は畠山重忠公とも親族でありながら和田家・三浦家にとって旧惣領であり和田義盛公の祖父で三浦義澄公の父に当たる三浦義明公の籠城する衣笠城を攻め殺した敵(かたき)に当たるのが畠山重忠公でした。
CIMG3000
衣笠城址本丸跡の御霊神社前の記念碑
畠山重忠公は当時は平清盛の支配下で関東の平家軍の大将と成っていたのですが、源頼朝公が現在の神奈川県湯河原町で旗揚げし石橋山の合戦を起こすと、北関東の諸将を率いて源氏勢力を掃討する命令を受けて少なくても数千、多くて2万と言われている大軍を引きいて母方の祖父に当たる三浦義明公の籠城する衣笠城を攻めて落城させ、三浦義明公は息子の三浦義澄公や孫の和田義盛公を房総半島に逃がし自らは囮(おとり)と成って最後は自害しました。
2014-11-13-13-27-08
義明山 満昌寺
その三浦義明公は大恩人として源頼朝公によって三浦義明公の為に建てられた衣笠の満昌寺に首が埋葬され供養されました。
つまり、三浦一族にとって畠山重忠公は同僚でありながら憎らしい前当主三浦義明公を殺した仇(かたき)であり、そして源頼朝公亡き後の幕府内での政敵でした。
源頼朝公は生前、跡継ぎの源頼家公の事を信頼する畠山重忠公に託し、更に畠山重忠公と近い場所に領地を持つ比企能員(ひきよしかず)公の息女若狭局(わかさのつぼね)は源頼家公の妻と成っていました。
つまり源頼朝公の勢力が脆弱だった頃から支えた三浦家や頼朝公の親族である北条家からして見れば、後から源氏軍団に参加して来た秩父方面の武士達の政治力が高まる事は、私怨が在るだけでなく初期功臣達の政治権力を脅かす危険な存在に成っていた訳です。
因(ちな)みに比企能員公の娘は畠山重忠公を射殺する事に成る愛甲季隆公と並び鎌倉御家人の中で屈指の武勇を誇る糟屋有季公に嫁いでいました。
その糟屋有季公の本拠地は現在の神奈川県伊勢原市一帯で、延喜式内社高部屋神社の在る丘陵を城砦化した❝千鳥ヶ城❞現在の丸山城址でした。
CIMG6242
高部屋神社(旧社名:高部屋八幡宮)&丸山城址公園
高部屋神社は醍醐天皇が平安時代に制定した延喜式と言う政令で当時の人から見ても古い歴史の在る由緒正しい保護するべき神社のリスト❝延喜式神名帳❞に記された神社の一つで元宮は大山山系渋田山の山中に在りました。糟屋有季公が現在の高部屋神社の丘陵を城砦化した際に鎮護の神様として渋田山かから現在地に移転して今に至りますが、2016年、社殿が国定文化財となった神社です。
2016-01-03-13-48-58
近年、国道246号線の開削で道を隔ててしまいましたが、背後の丸山城址公園には糟屋有季公の時代~室町時代までの城址としての遺構が発掘保存されて誰でも見る事が出来ます。
そこから車で30分程の距離に愛甲季隆公所縁(ゆかり)の場所も現存しています。
DSC_0699
閑香大明神小野神社
それが小野神社で、愛甲季隆公の領地は今の厚木市の小田急線の愛甲石田駅一帯を中心とした愛甲郡一帯で、延喜式内社でもある愛甲郡の閑香大明神と呼ばれ修験道の聖地でもあった、今の厚木市の小野神社には愛甲季隆公や隣接する毛利荘(もうりのしょう)の領主だった大江広元公が信仰し支援していた歴史が現代に伝わっています。
小野神社~毛利台周辺 久良岐のよし 
余談ですが、この毛利荘を相続した大江広元公の四男の毛利季光公が、戦国大名の毛利元就公の御先祖様です。現在では毛利の地名が残る範囲は御覧の通り狭く成っていますが、昔は毛利荘と言いもっと広大な行政区域を指しました。
CIMG6267
今も毛利台と名を変え名残は地名に残されており、尚且つ小野神社宮司家は“毛利サン”だったりします。
さて・・・
北条義時公は幕臣である愛甲季隆公や糟屋有季公を含めた武士団に嘘の情報を流します・・・
「畠山重忠が謀反した!至急迎撃せよ!」
・・・と、しかしこれは全くの嘘で畠山重忠公は冤罪だったと後の三代将軍源実朝公も認識し明言しています。そして北条義時公は逆に畠山重忠公にはこう連絡します・・・
「幕府で事件が起きた、手勢を率いて急行せよ!」
・・・と。この連絡を受けた畠山重忠公は謀略と警戒していたかも知れませんが手勢の内133騎の配下武士を率いて鎌倉に向け先行して出発します。騎馬武者だけで急行したのでしょう。
・・・しかし、此の時既に事件は進行していました。
畠山重忠公の御子息、畠山重保(しげやす)公が由比ヶ浜に在(あ)った邸宅を北条家の手勢に襲撃され、畠山重保公は朝比奈峠山中~北に逃げると見せかけて横浜市金沢区側へ迂回し、間道の白山道を抜け金沢区釜利谷で自害します。
CIMG6402
畠山六郎重保公廟所
実はこの重保公の御廟所、新編武蔵風土記稿では疑義をかけられていますが、小生は事件の経緯からも地形からも、重保公の御廟所はこの場所で正しいだろうと思っています。
恐らく北条家と共謀したであろう三浦家等率いる幕府軍は当初は町田方面から真っすぐ八王子方面に続く一方の鎌倉街道で大軍で待ち構えていた筈です。
しかし、其方に手が回っている事を畠山重保公の配下で生き残った武将が命懸けで何とか畠山重忠公に伝えていたとすれば、やはりこの朝比奈~円海山越え~白山道~久良岐郡六浦~氷取沢~矢部野(洋光台)~鎌倉郡野庭~永谷~鎌倉街道下道~鶴ヶ峰~二俣川~鎧の渡し~八王子街道~武蔵国比企郡菅谷館へと至る逃げ道で情報を伝える以外に抜け道は無い訳です。更にこのルートは一度西に回り鎌倉街道中道に行くと見せかけ鎌倉街道下道に行けるので敵の追撃を混乱させる時間稼ぎに最適なルートに成っています。
しかも、この白山道旧道は狭隘な山道と谷間の道だったので、畠山重保公が北条の手勢を食い止め僅かな時間でも追っ手を足止めして急報を畠山重忠公に伝えるにはうってつけの場所だった訳です。
余談ですが白山道の名の由来は金沢区金沢文庫~円海山釜利谷経由~円海山栄区八軒谷戸側に抜け~朝比奈峠の切通しに至る間道で、その由来は明治時代の廃仏毀釈神仏分離令の影響で廃社に成った白山権現が山道を抜けた先に在った事が街道名の由来だと推測しています。
CIMG0867
白山権現旧蹟&神奈川の橋100選の一つ❝昇龍橋❞
廃社白山権現は今では神社の基壇が在るだけで社殿は無くなり神様は近くの庄戸地区に移りましたが・・・
CIMG0860
旧白山権現の目の前の参道にかかる昇龍橋は神奈川県内最古の石橋として“神奈川の橋100選”の一つに選定され、昔の名残を留めています。
さて、一方で幕府軍ですが、重保公の使者が菅谷館に急報を伝えたり重忠公が鎌倉に駆け付ける際は釜利谷の鎌倉街道下道経由~朝比奈峠の切通し以外もう一つの経路が有り、町田市方面から境川沿い旧鎌倉郡に当たる鎌倉街道中道~大和市~藤沢市~を通過し、そこから巨袋坂切通、化粧坂切通し、極楽寺坂切通しの何(いず)れかを通過する進路が有りました。幕府軍集合場所だったであろう鎌倉の西方に急行中の愛甲季隆公や糟屋有季公が、幕命で畠山重忠公の鎌倉の進路が鎌倉街道中道を通過しなかった場合は鎌倉街道下道通過を予測して迎撃する場所を想定し直すでしょう。鎌倉の北条₋三浦の率いる幕府軍本隊の大軍到着より早く畠山重忠を迎撃するのに最適で厚木街道一本で愛甲勢と糟屋勢は渡河地点の二俣川鎧の渡しに向かう事が出来る訳です。
八王子街道から南下して来て多摩方面から川崎街道~経由で東海道に来る、若しくは八王子街道から厚木街道の接続する旭区役所付近を通過する鎌倉街道下道を通ると予測でしょうから、当然ながら二俣川を挟んで鶴ヶ峰の対岸を通る八王子街道と鎌倉街道下道が合流して渡河地点と成る場所へ向かう訳です。
この時、畠山重忠公を討ち取る為に謀略を仕掛けた北条義時公は、畠山重忠公を目の仇にしている三浦義澄公の跡継ぎである三浦義村の娘と、北条義時公の跡継ぎである息子の北条泰時公が夫婦と成り縁戚で結ばれており❝反秩父勢力派❞を形成していました。
この北条義時公率いる幕府の大軍は畠山重忠公がどちらを通過するか哨戒させながら軍勢を向かわせる先を思案していたと思いますが、町田方面の鎌倉街道中道を通過せず畠山重忠公は迂回路である下道(奥州街道)経由で来る事を捕捉したのでしょう。そこから万単位の大軍を渡河地点で迎撃し易い旭区の二俣川~鶴ヶ峰に進軍させたのだと推測出来ます。
畠山重忠公古戦場周辺二俣川旧流推定 久良岐のよし
旭区役所の周辺、現在は河川改修され本川が左右に直線的に成っていますが旧流が蛇行した住宅道路と成って残っているのが衛星写真だと解り易いかと思います。
そして二俣川と下川の合流地点、ここが鎧の渡しと成る訳です。
この更に西方数百m、鶴ヶ峰本町公園周辺には❝矢畑❞の地名が残っていますが、ここは北条家の軍勢が放った弓矢が地面に突き刺さり矢の畑の様な凄まじい光景に成ったからと地名由来が有るそうです。
つまり、北条ー三浦連合の偽報の策略に嵌(はま)った畠山重忠公は配下を本拠の菅谷に向かわせ軍勢の手配を準備させながら、一方で町田より手前で畠山重保公からの急報で事実を知らされ鎌倉街道中道は敵勢が満ちている事を察知して迂回、しかしそれを更に察知した北条軍が鎌倉から中原街道や厚木街道で急行し易い場所に所領がある愛甲季隆公や糟屋有季公や住吉郡、愛甲郡、高座郡を領地とする武将達の軍勢を二俣川の鎧の渡しへ向かわせたと推測出来ます。
この中世を含めた日本の古道や街道について❝国土交通省 関東地方整備局❞サンは昔から積極的に子供にも判る歴史解説のホームページを開いているので、御子さんがいらっしゃるお父さんお母さんは子供と一緒に拝見すれば良く道の歴史が理解できて良い参考に成るかと思います。
国土交通省関東地方整備局 関東の道路ホームページ
リンク→国交省関東地方整備局制作❝関東の道路❞PDF資料。
恐らく、地名の通り八王子から来た畠山重忠公と幕府軍が川を挟んで会敵して弓合戦と成ったのは二俣川の矢畑だったのでしょう。そこから畠山重忠公含めた畠山勢134人の手勢は数を減らしながら敵が川を渡って来る場所に成る旭区役所裏の二俣川と下川の旧流合流地点に在った❝鎧の渡し❞を敵勢に橋頭堡として確保されない為に応戦しながら戦略的に東に移動して行ったのでしょう。
そして川を渡らせない様に強弓でも名の知られた重忠公は弓で敵を射殺しながら、持ち堪えていたものの、厚木街道を急行して来た愛甲郡・住吉郡の軍勢の中の愛甲勢や糟屋勢と弓合戦に成ったのでしょう。
三人にはこんなやりとりが有ったかも知れません・・・
重忠公
「やぁやぁ、其処(そこ)に見ゆるは強弓の御二人、愛甲殿と比企殿が婿殿の糟屋殿ではござらぬか!此(これ)は如何(いか)なる事哉!」
糟屋有季公
「逆賊重忠、申す事等無し、尋常に勝負!」
重忠公
「吾にニ心無し!鎌倉殿より頼家公の後事を託されているこの身、神仏の名にかけて潔白である!先ずは待たれよ!」
愛甲季隆公
「是非に及ばぁ~ず!勝負!」
・・・川を挟んでの戦い、決戦は太刀打ちによるものでは無く弓合戦に以外には有りません。
この状況、多勢相手に寡兵でも畠山勢が粘れたのは畠山勢が関東最強の軍勢だったからでしょう、しかし愛甲季隆公は那須与一宗高と並び源頼朝公の遺臣中で三本指に入る腕を誇った弓の名手です。もう、一騎打ちに成ってしまうと幾ら並みの武将と比べて弓の名手として名の知られた畠山重忠公でも、最高のスナイパー愛甲季隆公を相手にしては勝機は無い訳です。
DSC_0043
この三合橋の辺りが❝鎧の渡し❞、つまり当時の渡河地点。川の合流地点なので合理的に通行が出来る。
八王子街道から南に登って来て応戦する畠山重忠公が川を挟んで北側、厚木街道を東に下って来た愛甲季隆公や糟屋有季公が南側、恐らく当時の和弓の集団戦術での放った矢の到達距離は120m、動く敵を名手は60m以上の距離で射殺出来たそうなので御互いに川から30m程度離れた距離、つまり完全に相手の姿が見える程に近い距離で撃ち合いに成ったと推測出来ます。
DSC_0041
二俣川と下川の小生の推定旧流路を衛星写真に書き込んで見ました。
二間俣川鎧の渡し、推定旧流路 久良岐のよし
旭区役所の在る旧❝鎧の渡し❞は渡河地点でありながら川の合流地点で東西南を自然の水堀に囲まれている砦同様に一番防御に適した地形なのも判ります。ここで130人で敵勢を向かい打てば渡河しようとする敵勢を狙い撃ちに出来ますし、少数の軍勢で高い防御力を発揮出来る❝円陣❞の防御陣形に成っています。
DSC_0044
ですから重忠公の首塚が討死地だとすれば、重忠公が合理的な守備陣形を取っていた事が推測出来ます。そして集団戦術では無く、スナイパーとして動く標的を狙う場合、弓の有効射程距離は名手で60m~鎌倉幕府最高のスナイパーの那須与一宗高公でも80m前後と伝承しますが、二俣川旧流路の一番くびれた南側から畠山重忠公首塚が丁度60m弱の位置に在るんですよね。
DSC_0049
もしかしたら本当に小生の推測通り首塚は戦死場所で、本当は首塚じゃなくて胴塚だったのかも知れません。首は万騎原に居た本隊の大将北条義時公に届けられた筈ですからね~。
DSC_0050
近くの薬王寺には重忠公の最後に鎧の渡しまで生き残って戦った畠山勢の最期134人の武士が葬られた土饅頭が6つ在ります。
更に近くには重忠公の奥方が逃げきれず自害し駕籠ごと埋葬された籠塚が近年まで在りました。
浄水場の建設で供養碑を場所を移されてしまいちゃんと発掘されたかは不明です。
この奥方の息子、重保公が自分の母と父への危急を知らせる使者を逃がす為の戦いが金沢区釜利谷、そして重忠公が最後まで戦ったのが旭区役所裏手の首塚の場所、訃報を聞いて奥方が駆け付け自害したのが籠塚の場所と言う訳ですね。
IMG_20181115_124859
さて、歴史的な教養が無い無学な阿呆や古来の日本神道の価値観を知らない無文化な馬鹿は、鎌倉武士達が各々正義と信念と勇気の為に戦って亡くなった聖地にも等しい場所を、何の霊力を持つ様な高貴な神職の血筋でも無いのに「幽霊が見える」とか先人の英霊を侮辱するデマを流しますが・・・
CIMG7576
古来の日本神道の価値観や仏教の価値観では、鬼神の様な活躍をした武将や信念をとして戦った英雄は荒神や武神として昇華され、その墓所や御廟所や祀られる御社は❝スポーツや勝負の御利益を下さる神様仏様❞として大切にされてきたものなんです。
CIMG7575
だからね!こうやって実際に現場に行くと神々しい光の玉が優しく出迎える様に写真に写り込んだりしていて、何だか重忠公と季隆公が「良く来てくれたね~」「我々の事を忘れないでくれてありがとう~」って言ってくれてるみたいでしょ?

ですから皆さん、受験生や武道やスポーツに励む学生は、文武両道活躍された畠山重忠公の旭区役所一帯の首塚や古戦場で重忠公を御参り尊敬の念を伝えたり、県外の御廟所や重忠公を討ち取った愛甲季隆公や初代政所別当の大江広元公の信仰した厚木の小野神社で神様と二人の御霊に御挨拶したら文武両道の御利益が有るかも知れませんね~。

あそうそう、畠山重忠公と愛甲季隆公が戦った二俣川古戦場の旭区役所裏に美味しい御飯屋さんを見つけました!
❝旬菜旬魚ほまれ❞と言う居酒屋が昼は定食屋さんを営業してました。
IMG_20181115_122800
旬菜旬魚ほまれ

IMG_20181115_122441
丁度御腹が空いたので小生は鰺フライ定食と別注で❝ちょこっとカキフライ❞だったかなんか2つカキフライを食べました。
IMG_20181115_123136
IMG_20181115_123348
どちらもスンゴイ熱々で美味しかったですよ!
そうだ。
畠山重忠公に興味がある人は是非、旭区役所の生涯学習課に行ってみて下さい。
DSC_0051
こんな子供にも解りやすい刷子を無料で貰えますよ!この冊子には簡単な畠山重忠公の伝記や関わった事件の位置関係、そして旭区役所周辺の戦場史跡のアクセス等が親切に掲載されていました。
あと鎌倉市の鎌倉歴史文化交流館に行けば畠山重忠公の鎧兜の精巧な復原品を見る事が出来ますよ!
CIMG3963
鎌倉歴史文化交流館
ここは鎌倉時代の遺物を展示解説しているのですが、館長の青木先生や学芸員の大沢先生や最近国立博物館に転職された高橋先生が「子供にも歴史を身近に感じて欲しい」とのコンセプトを御持ちでスタートしたので博物館には珍しく展示物の写真撮影可能な上に、一部展示は直接触る事が出来る瓦や焼物の出土品も有ります。

旭区に御住まいの幼稚園~小学校の小さな御子様がいるお母さんお父さん、是非、鎌倉の紅葉の綺麗な華頂宮邸や鶴岡八幡宮白幡神社とか紅葉散策ついでに鎌倉歴史文化交流館で武士の文化に触れて、それから旭区役所で刷子を貰いお子さんと地元を散歩すれば、きっと親子で地元に関わった名将に敬意が沸き郷土愛も深まるかも知れませんよ~。

さて、きっと皆さんの御近所にも凄い歴史偉人の足跡を辿れる場所が有る筈です。
町中の御地蔵様にも石碑にも、すごい歴史が有り凄い偉人と現代を繋ぐタイムマシーンみたいな役割を果たしてくれるかも知れません。
ですから地元をちょこっとお散歩して見ませんか~?

では、又、次のブログ記事で御会いしましょう~♪
・・・そう言えば、相模原の津久井城と内藤家の記事を書かないと(笑)。
mixiチェック

先月の話・・・
関西の親友で妹の次に小生の性格の理解者だろう人間のデザイナーITが展示会の東京出張で来訪。
来訪の1ヵ月以上前から「宿泊地決めないと予約難しいぞ~」と散々せっついたのに直前の1週間前までノンビリ屋で決めてなかったIT・・・
その結果、廃墟マニアと変わった趣味で今回は鎌倉の❝廃墟?❞的な場所を観光地として希望してた割には出張先の渋谷区からも、小生の地元横浜で一番の蛍の大生息地である円海山の在る栄区界隈からも、横浜の中心街で一番便利な横浜駅や関内界隈からも❝中途半端❞な鶴見区と言う謎の立地のホテルを予約しやがった。鎌倉行くのに迎えに行くのが少々面倒(笑)。
・・・まぁ、鶴見なら今のNHK大河でタイムリーな薩摩藩関連の史跡や、鎌倉向かう途中で横浜中華街の朝食も食べれるので「楽しみを詰め込めば良いか!」と前向きな発想が直ぐ湧く。
待ち合わせはAM:08:00、ホテル前。
この日も小生は当日の夜中03時に仕事から帰宅し風呂入ったり何かしてたら既に朝の5時、もう目が冴えたまま寝るのも諦めて「ホテルの前に車停めて仮眠しよう」と6時に移動。7時には到着した。
しかし車中でも眠れず、諦めてITにLINEする・・・
「もう着いたけど寝てるから準備できたら適当に出て来てユックリしてて良い」
・・・とは送りながらスマホ弄(いじ)くり当日の不安定な天候も有り到達地点別の天候に訪問地分岐案の再確認をGoogle mapでしておいた。こう言った❝遊び❞は「手伝うよ~」と適当な事して邪魔する同僚の介入も無いので❝好きに完璧に予定を組める❞から好き(笑)。
ホテル前でITをピックアップ、御土産に太らない京都の宇治の御茶とかくれた。
CIMG1110
生麦事件発生地
・・・と言う訳で、最初にITをピックアップして連れて来た❝観光地❞がこの住宅街(笑)。
ITには来る途中で交差点の看板とか電信柱の看板とかを故意(わざと)音読させてヒントを出したのだが現地に着(つ)いても解らない(笑)。まぁ~そりゃそうだ。今じゃ只の住宅街の道だから。
CIMG1109
・・・実はここ、薩摩藩が参勤交代中に乗馬した白人至上主義の白人連中に隊列に侵入されテロ排除の為に数度のジェスチャーと日本語による警告の上でも騎乗した白人は止まらず薩摩藩の隊列に突入、島津久光公の籠に迫ったので止む無く惨殺したと言うのが真相の❝生麦事件❞の発生現場なのだ。
ITは別に歴史好きと言う訳では無いが廃墟好きなので小生の話題にも少し付いて来られる、まぁ京都育ちだし神社仏閣歴史史跡に囲まれて育った❝文化的歴史的素養❞と言うのは移住者だらけの普通のハマっ子よりは並の京都人の方が遥かに高い。
歴史に特別関心が無くても義務教育で習う生麦事件程度は当然知っている訳だ。だからもう直ぐNHKの❝西郷どん❞で登場するであろう、この事件現場を見て「ほ~」と言う感じの反応をしていた。
まぁ、鶴見から中華街に向かう通り道を少し裏の旧道に入っただけ、途中に立ち寄った場所なので凄い場所と言う訳ではない。
しかしこの後、小生がやらかす。
散々地図を見て予備学習して置いたのにGoogleMapのカーナビではなくてポンコツの純正カーナビに任せて音声に合わせて道を走ったら関係の無い側道に入らされたり住宅街をグルグル・・・
朝食を買う予定の中華街まで大分と遠回りになってしまった。
ナビを放棄し自分の目視と記憶で大黒ふ頭に経由地を変えて海沿いの道を選択、多分横浜市民以外は知る人の少ない大黒ふ頭を経由して横浜ベイブリッジの一般道~新山下へ抜けて早朝の中華街に到着した。
DSC_0681
道を迷ったせいで鶴見駅近くを8時に出発したのに到着したのはAM:09:00位に成ってしまった。
しかし普通の中華街の店は10時~11時開店なので人気は極端に少ない。
中華街の加賀町警察の前には小生が立ち食い点心を購入する際に行きつけにしている店の内の一軒が有る。そこの大根餅や肉と高菜の細切り炒めが入った揚げ饅頭が美味いんだな。
DSC_0680
金福粥記
ITは服飾関係のデザイナーと言う仕事の都合上中国にもよく出張するのだが、中国では現地企業に接待される側に成るので中々こう言った普通の中国の朝食を食べたり好きな火鍋とか庶民的な料理を食べる機会が無いとの事。慌ただしい鎌倉へ向かう車中での朝食と成ったが「美味しい!」と喜んでいたので何より。
中華街近くの石川町入口から横浜横須賀道路に入り高速で横浜市金沢区の朝比奈峠へ抜け鎌倉に侵入、鎌倉市街の手前の報国寺近くの駐車場に車を停めた。ここの辺りは実は凄く安いタイムズ駐車場とか浄妙寺の駐車場も有り、朝比奈~十二所~浄妙寺地区~名越地区の観光の基点とするのに適している。
2008-12-12-15-13-37
最初、報国寺を訪問し御本尊の御釈迦様に御参りしたが竹林は後回しにした。
この日の目的地はあくまで❝廃墟散策❞が主旨なので、報国寺の散策は後、でも御本尊を拝まずに素通りすると、この後❝少し危ない山の中❞を散策するので❝旅の安全祈願❞も含めて先にちゃんと御挨拶する事にした次第だ。
この日の主要目的地の廃墟と史跡を目指すのには新幹線で関西から来たITをわざわざ山登りさせる必要が有る、観光じゃないんだな最早(笑)。
最初に目指したのは、その廃墟と史跡の入口と成る木々の枯れる❝冬季ならば❞鎌倉市で一番眺望の良いであろう衣張山の山頂だ。
その道は巡礼古道と呼ばれ、報国寺の所在する宅間谷(たくまがやつ)から鎌倉武士達が三浦半島の逗子方面に抜けたり、名越邸こと鎌倉幕府執権の北条時政館の史跡に行く間道として利用された古道を通る。
DSC_0682
目標的には報国寺~かまくら幼稚園を目指すと緑地帯から自然に衣張山入口の公園に出る事が出来る。
この日に備えてITには❝運動靴❞❝Gパン等の歩きやすい服装❞をちゃんと指定しておいた。
まぁ~この辺は廃墟観光に成れたITだから言わないでも大丈夫なのだろうが、山歩きの度合いを軽視されて準備不足に成ると本人が楽しめなく成るので敢(あ)えて念を押した訳だ。
衣張山は城郭オタクが登れば一目で判るが、山道が裾切りされて人工的に鋭角な崖地化された登山道が多く足を滑らせると死ぬ構造に成っている(笑)。
平安以来の鎌倉武士、三浦家の居城だった衣笠城と同じ構造だな。
衣笠城址に関しては以前書いた記事が有るので御興味有る方は御覧頂くと平安~鎌倉時代の武士の城の構造が良く解ると思う。
これ以前の記事⤵
三浦義明公と衣笠城址。源家最大の盟友、坂東武者の鑑。…三浦半島横須賀市。
かまくら幼稚園側から20分も登ると衣笠山山頂に着いた。
DSC_0683
衣張山山頂
材木座~由比ヶ浜~名越~雪ノ下~扇谷地区が一望できる絶景だが、この辺りは❝神奈川県の富士山100景❞にも選ばれた景勝なのだ。本来、天気が良ければもっと遠く伊豆半島なんかも綺麗に見える。
生憎(あいにく)と当日の天気予報は降雨、幸い登山中は天候が持ってくれたが曇天で遠くは見渡せなかったが、それでも綺麗だった。この辺りから獣道を通って行くと現在は鎌倉市によって通行者の安全確保が十分でないとの判断から仮設封鎖柵が設置されている❝釈迦堂切通し❞や❝釈迦堂遺跡❞へも通じる抜け道が有る。
その抜け道へ行く為にわざわざ衣張山へ上った訳だな。
DSC_0684
色んな場所に鎌倉時代~室町時代の矢倉(やぐら)と言う名の武士の御廟所である横穴式墳墓が在る。
これも有る意味❝廃墟❞だが、先人を尊敬する小生は一々、ここに埋葬されていたであろう名を知らない御霊にお祈りすると京都育ちのITも心得ていてちゃんと手を合わせていた。
因みに、一々拝みながら「通行者を御守り下さい」「鎌倉の住民を御守護下さい」「御霊が大切にされますよう、安らかに過せます様に」とお祈りした。
鎌倉幕府を運営し、朝鮮人と中国人とモンゴル人による日本侵略戦争の元寇を撃退する基盤と成ってくれた人達だから感謝と尊敬の念を御伝えするのは当然の事だと小生は思う。
程なくして落ちたら死ぬ犬懸谷(いぬかけがやつ)の奥の山から釈迦堂口に出て、釈迦堂切通しに到着した。
DSC_0685
釈迦堂切通し
ここは先述の通り先年の落石発生以来鎌倉市が封鎖しているのだが、周辺住民の生活道路なので金網の無い場所を通行する人は今でも多い。まぁ、山越えて抜け道を通ればそんな事する必要も無いが労力が大変な訳だ。
DSC_0686
「お~凄いな」
・・・と男前な感想のIT、こう言った史跡も有る意味廃墟、ここは恐らくは鎌倉市街地~名越北条家の居宅と成った北条時政邸と詰城(つめじろ)だった衣張山登城口への関門だったので名ばかりは❝切通し❞だが隧道(すいどう=トンネル)形状にした上で入口に梁(はり)を渡して櫓門(やぐらもん)が築かれていたのだろうと城好きの小生は予想している。恐らく多くの城郭ファンも同じ推測をするだろう。
だから上部左右には梁を通した様な材木を打ち込んでいたであろう穴跡も見て取れる。
ここから又、獣道に戻ると今度は別の名越側から封鎖された❝幻の釈迦堂跡❞の釈迦堂遺跡へ行くことが出来るが、私有地側から入る人がいると困るので詳細は掲載しない。
山頂からの行き方をネットでも生き方を書いている人もいるので探して見ると良いと思うけど、途中には崩落した橋の欄干を渡らなければいけないデンジャラスゾーンが有ったりするので、やはり小生は道順はボヤ化して置こうと思う。
DSC_0687~2
釈迦堂口遺跡
釈迦堂遺跡は山の中に削平地が広がる。
名越邸跡と伝わり鎌倉幕府二代執権と成った北条義時公が、そこに北条時政公の没後に供養の為に釈迦如来を安置した御堂を建てたのが始まりとか何とか伝わるのだが、大半が私有地と言う事も有り現在の鎌倉市教育委員会や神奈川県教育委員会はその場所をちゃんと公開していない。しかしながら昔の鎌倉市教育委員会は無文化な部類の一部土建屋による鎌倉市の森林と史跡破壊を糾弾し新聞社と一緒に吊るし上げたり、この私有地を保有する国際自動車タクシー会社さんも一般に公開したりしていた。
前代の鎌倉市長主導で封鎖された次第だが、何と言うか民間会社の方が文化史跡保護と公益に資する公開の意識が高いと言う・・・皮肉な話だ。
釈迦堂遺跡の奥に山道から降りて来る昔の登山道である❝抜け道❞が有る。まぁたまに見学会も開かれるので鎌倉市のホームページをチェックしてると良い。団体で見学希望申請何かすると、鎌倉市教育委員会もガイドしてくれる可能性も有るかも知れない。
DSC_0691
登山道には昔の看板も残っているのだが鎌倉市の前の市長が封鎖してしまって通行量が減っているので❝廃道❞寸前の状態。貴重な遺跡が保護管理されず放置される悲惨な状況に成っている・・・
「訪問したい人は安全管理は自己責任でどうぞ」
・・・と言っておこう。
まぁ❝廃道寸前の道❞含めてITの趣味に合わせたチョイスなのでそうなるな。
こちら側から登って行くと唐糸矢倉と言う、源頼朝公と源義仲公の間の悲しい同族同士の争いの終結の場所となった史跡が在る。
DSC_0693
説明の看板の通り、源義仲公の家臣の娘の唐糸サンが源頼朝公の様子を探る為に侍女と成り、源頼朝公が源義仲公討伐の相談をしていたのを聞いてしまい頼朝公暗殺を企て幽閉された場所だそうだ。
DSC_0694
どうも看板の矢倉よりも直ぐ右隣の矢倉の方が土牢としては適した構造だと小生は思う。
そして看板の伝承は少し違うと思う、状況的には源義仲公の御子息で源頼朝公に人質として預けられていた源義高公が頼朝公によって処刑されそうに成ったので、義高公に仕えていた唐糸サンが頼朝公の暗殺を企てたと考えた方が状況的には自然だろう。当時の伝承も後世に伝える伝言ゲームで行き違いが有ったのかも知れないし、小生の予測が外れているかも知れないが郷土の伝承レベルの事なので事実は今では確認しようも無いが小生の予測通りならば源義仲公と源頼朝公の因縁の終わりの場所と成るだろう。
事実、三浦半島の初瀬和田の和田城には元は源義仲公の側室だった巴御前が和田義盛公に惚れられて側室として同居したと伝わり、源義仲公の乳兄弟(乳母の子)で重臣の今井四郎兼平公は横浜市保土ヶ谷区の今井城址に居住したと伝承するので、実際は平家物語では書かれていない木曾(源)義仲公の家臣団は頼朝公に降伏し鎌倉幕府の幕臣と成っていたのだろう。
・・・源義高公の命と引き換えに信濃の武士団は命を助けられ、源義高公に仕えていた唐糸サンは納得が行かず組織としての正義よりも忠義としての正義を優先したんだろうね。
この唐糸矢倉を過ぎると人工的な切通し状の堀切(ほりきり=尾根道を断ち切り敵の侵入を防ぐ構造)が在る。
DSC_0695
そこに橋が架かるが、最大の見どころ。廃道化の原因の床の抜けた通行不可能な橋。
DSC_0700
でも欄干と橋梁は鉄筋コンクリートなので❝自己責任❞で渡りたい人はどうぞ。
DSC_0701
ここさへ渡れば釈迦堂遺跡も釈迦堂切通しも衣張山から来られるからね~。・・・落ちたら運が良くて骨折かな?
ここに来たい人は、ちゃんと安全確保のワイヤーとか準備してね。
でも一番、城郭としての構造が解り易い。
ここを通らないと詰城の山頂側に行く事は出来ない。そして平時は引橋(ひきはし=戦時に引いて撤去出来る橋)が架けられていて戦闘時には堅固な防御構造と成った事だろう。
唐糸矢倉に降りて来る分岐点の前に衣張山登山道の休憩所跡が有る。
DSC_0698
途中には廃墟化した東屋。これも有る意味廃墟かな。
DSC_0699
さて、東屋の下の分岐点から唐糸矢倉方面と反対に行くと釈迦堂切通しの真上に出る事が出来る。
DSC_0697
落ちたら死ぬから気を付けてね、あくまで自己責任でどうぞ(笑)。
本当に気を付けて。
そして釈迦堂切通しの上を通り抜けると、重要文化財にするべき❝日月矢倉❞に抜けれる。
DSC_0704~2
恐らく名の有る武士の御廟なのだろう。
DSC_0705
壁に穿った穴の形状に矢倉の名前が由来する。
DSC_0706
日輪と月を模した意匠が施されているので、そう名付けられたようだ。
恐らくこの月の意匠からして、千葉家所縁の武将の矢倉かも知れない。千葉家一族と家臣団には月の家紋と九楊紋を家紋にする武将が多い。ここは大町に抜ける場所でもあるし、大町には戦国時代に成っても千葉一族臼居家の菩提寺であり平安時代の武将の千葉常胤公と千葉家所縁の寺院でも有った蓮乗院が存在する。
蓮乗院は元は弘法大師空海和尚所縁の真言宗の寺院だったが、直ぐ隣に浄土宗の大本山の天照山光明寺が開かれると浄土宗に改宗し、その光明寺の重要な塔頭寺院と成った。
image
因みに今回紹介している衣張山も山頂の風景が綺麗だが・・・
CIMG2389
光明寺の天照山から見た風景は❝神奈川の景勝50選❞にも選ばれ、最近では映画シン・ゴジラでゴジラの上陸地点としてロケハンされたりしている。非常に風景が美しい。
そこ等辺りは以前に記事に書いているので興味の有る人は読んで頂くと解ると思う。
以前の記事⤵
休日雑記 2017年01月25日の訪問先・・・【鎌倉市】住吉城址前の材木座海岸と和賀江嶋と江ノ島と富士山と夕陽の見える場所。
●臼井城主の子孫の店❝Cafeこやぎ❞は旧鎌倉郡域にある緑に囲まれたカフェ。美味しい葛餅と焙茶(ほうじちゃ)が頂ける店。ランチも人気。…横浜市。
・・・さて、日月矢倉に話を戻す。
DSC_0707
風雨に晒された矢倉は風化が激しい。
ここ数年、鎌倉市は釈迦堂切通し仮封鎖後に訪れる人が少なくなったせいで樹木の浸食が早く少しでも早く釈迦堂切通しと釈迦堂遺跡側の遊歩道の再整備を急ぐべき理由の一つでも有る場所なのだ。
ここを見学した後で、元来た道を抜けるのが面倒臭くて鎌倉市の設置したフェンス側の❝抜け道(笑)❞を通って大町に出て、谷底側の住宅街から又かまくら保育園の方に戻り報国寺に戻って抹茶を頂く事にした。
DSC_0708
途中、せせらぎに綺麗な花が咲いていた。
CIMG7166
その川沿いに黄金矢倉の跡が有る。
CIMG7167
黄金やぐら
昔は光苔(ひかりこけ)で綺麗に輝いていたらしいが、今では御覧の通りシダ類に浸食されてしまって光苔は死滅したようだ。
そこから宅間谷に戻る長い階段の遊歩道に復帰した。
CIMG7168
かまくら幼稚園近くに戻ると可愛い御地蔵様が出迎えてくれるのが、巡礼古道に復帰した目印。
そこから報国寺に戻る時に最近ドラマ❝モンテクリスト伯ー華麗なる復讐ー❞でもロケ地に成っている旧皇族華頂宮邸が在る。
CIMG7172
旧華頂宮邸
この時既に11時半位だったろうか?
予定通り(笑)丁度公開されている時間、廃墟では無く綺麗な文化財の洋館だがITを案内。
薔薇の見頃の季節だったので御庭が綺麗だった。
CIMG7171
今年は横浜イングリッシュガーデンに薔薇を見に行かなかったので、ここで見られて良かった。
本当は、この後で天候が雨が降らず持てばITを鎌倉市の薔薇の名所として有名な❝鎌倉文学館❞に連れて行く計画だったのだが、後で大雨に成ってしまったのでここで薔薇を見て置いて良かったと思う。
報国寺に戻ると抹茶付の拝観券を購入し報国寺の竹林を散策・・・
CIMG7174
功臣山 報国寺
CIMG7175
以前と違って経路が定められており、小生が通い出した10年前の様な自由度は昨年末のリニューアルから無くなったが、それでもここは良い。
CIMG7176
抹茶を一服頂きながら景色に心を落ち着かせ和んだ。ここを開いた足利尊氏公の御祖父さんの足利家時公と宅間上杉重兼公に感謝!
いい加減に昼食の時間と成ったのでITに「地魚海鮮の和食と、地魚地野菜のイタリアンとどっちが良い?」と選択肢を質問、イタリアと言ったので車で少し葉山方面に移動し秋谷海岸の行きつけのイタリアンの店❝DON❞に到着。
2015-08-15-17-28-04
DON秋谷店
残念ながら当日、予約がいっぱいで1時間半待ちとの事でウェイターの青年がとても丁寧に申し訳なさそうに状況を説明してくれた。
「まぁ、和食も美味しいし!」
・・・と言う事で小生と同じく美味しい物が大好きで男前(笑)なITは、せっかくの観光を楽しむベクトルで納得してくれて、DONから車で5分と直ぐ近くの佐島マリーナの❝海辺❞と言う、これまた小生行きつけの海鮮和食屋サンに移動する事に成った。
CIMG3640
海辺ここは本当に海の目の前のレストラン。
CIMG3643
デッキ席からは海が一望出来る。天神島が見え、ともて清々しいのだが・・・
この写真は生憎当日の物では無い。IT連れてった時は既に雨がポツリ来た後で店内で食事と成った。
DSC_0709
それでも特別セット(刺身盛り合わせ+ブリ角煮+アラ汁+金目鯛煮付け+米お代わり可能)が来ると「美味しい!」と満足してくれた様で何よりだ。
京都育ちで舌が肥えているITが納得してると自分も嬉しいもんだな。
他の親友も何人か連れて来た事が有るが、やはり皆美味しいと喜んでくれる、そして自分が美味しいと思う物を一緒に美味しいと親友達が感じてくれると皆の喜ぶ様子を見て自分も嬉しく成る。
そう言う意味において小生と親友の共通点は皆、食べる事が好きだと思う。
だから小生デブったりジムでダイエットしてシボんだり繰り返すんだな(笑)。
この後、鎌倉市街に戻り扇谷(おおぎがやつ)地区と小町通と若宮大路と鶴岡八幡宮を散策する予定だった。
しかし雨が・・・
扇谷地区から正宗工芸を見学したり若宮大路に抜け鳩サブレ―の豊島屋サンや鎌倉彫りの店を見物してから鶴岡八幡宮に着き御参りを済ませると、もう雨がドシャ降りに成り散歩どころではなくなってしまった。雨傘さしているのに二人共靴下までビッチョビチョ、止むを得ず車に戻った。夕飯は小町通のマザーズオブ鎌倉で葉山牛の鉄板焼きを食べる予定だったが、それまで時間を潰すのは無理。
小生も徹夜で一睡もしていない事をITが配慮してくれて「神奈川東京名物の黒湯炭酸泉のスーパー銭湯に行こう」と予定していたコースの前倒しを提案してくれた。
・・・仕方が無いし夕方にも成っていたし、帰りも渋滞するだろうしスーパー銭湯での時間も含めて夕飯時に成る事を想定して夕食は横浜駅で中国の火鍋の名店❝小肥羊❞で食べる予定に切り替えた。
前もって色々と候補地を準備して置いてITに通知していたのと、ITが小生の体力も考慮してくれた事と辛い物好きのITの全ての折衷案でそうなった訳だ。
DSC_0003
極楽湯 横浜芹が谷店
※写真撮影し忘れたので冬の写真。
港南区の極楽湯へ移動。鎌倉街道から少し環状二号線を入った場所に在るので横浜横須賀道路で横浜駅に戻るには別所インターへのアクセスも都合が良い立地だし、この先は南区の弘明寺の三浦湯か、川崎まで行かないと無いし三浦湯よりは広いのでコチラにした。
風呂上がりは1時間後の待ち合わせ。
しかし、この日は男子風呂は子供だらけ、しかも親のマナーが悪く子供が露天風呂で行儀悪く風呂にバシャ―ン!バシャ―ン!と飛び込み台の様にしており親の集団は注意せず放置。
仕方なく小生が「お風呂では飛び込んじゃダメだよ~♪」と言うと固まる子供・・・
そこへ別の年配の男性客が「オイ、ガキ!あぶねーぞ!怪我すんぞ!」と凄みながら注意した。
・・・するとマナーの悪い子供は、これ又、行儀悪く風呂場を走って室内浴場へ❝逃げた❞のだが、一体全体、あの子供の親はどんな家庭環境で育ったんだろうな?と思った。
騒がしくユックリする気分でも無いし凄まじく眠かったのでITの配慮を無駄にしない様に10分で風呂を上がると、待ち合わせ場所のマッサージチェアにしこたま100玉を投入し40分位マッサージされたまま寝た。
人間40分も仮眠すると結構頭がスッキリするもんで、目も覚めてスマホ弄くりながら小肥羊の場所を確認しているとITが風呂から上がって来たのでソフトクリームを食べながら関内店が良いか横浜駅東口店が良いか相談し、横浜駅へ移動。
DSC_0710
地下駐車場に愛車を停めるとモアーズ側の出口から小肥羊に移動。
DSC_0711
中国火鍋専門店 小肥羊 横浜店火鍋と言う料理を御存知無い方もいるかも知れないが、これは中国でポピュラーな料理で薬膳スープと辛みスープの二種類に羊肉や牛肉や野菜を浸して加熱して食べる中国東北地方の料理で、言わば中国版のシャブシャブと言った感じの料理だ。
小生は辛い物は嫌いでは無いが得意でも無いので、辛いスープはもっぱらITの担当に成った。
DSC_0712
4000円弱のコースを頼んで二人で「肉少なくね?」と思って追加注文したらトンデモない!コースはやはりちゃんと考えられていて、二人共追加分は腹一般で可也(かなり)無理しないと胃袋に入らない量に成ってしまった。
しかし、とても美味しく、又何回でも食べたいと思う中国に良く出張していた小生にも懐かしく、中国にしょっちゅう出張しているのに接待漬けのせいで食べる機会が少ないITにとっても神奈川旅行を喜んで貰える一助に成った様でとても良かった。
二人とも満腹で満足すると、翌朝早くには表参道に出張出勤せねばならないITを眠気もすっかり覚めたので安全に鶴見のビジネスホテルまで送り届けると小生は下道で帰宅した。
DSC_0713~2
帰宅してITに貰った御土産を開くと冒頭で紹介した宇治茶と山椒昆布だった。
「ありがとう」と感謝の念を持ちながら有難く頂き、御蔭で体型も理想体型に成る事が出来た。
毎回、東京出張の旅に訪ねてくれる親友で理解者の存在は、人としてとても有難い。
ありがとう。

ITや千葉に引っ越してしまった後でなかなか会えなくなっていた親友O型君等の様に、常日頃から馬鹿みたいにつるまなくても、大切な人間と言うのは信頼出来るしバカ騒ぎしなくても楽しめるもんなんだよな~。

親友だけでなく、普段、御世話に成っている師匠の様な宮司様達や和尚様達や、尊敬する歴史偉人や神話の残る神達様や武将達が拝んだ仏様達、御先祖様や小さい時に可愛がってくれた義祖母はじめとした恩人の皆さん、学生時代からの恩師達に感謝をも再確認する一日と成りました。
ITありがとな~!

さて、今回の休日雑記はここまで!
次は多米元忠公の解説記事の最終章を書きたいな~と思います!
その翌週からは暫く繁忙期と私用と神事と仏事が立て込んでブログ更新遅れたらすみません!

では!又、次のブログ記事で御会いしましょう~♪
mixiチェック

皆さんは鎌倉市の二階堂地区に源頼朝公が建立した壮麗な“永福寺”と言う御寺が曾(かつ)て存在していたのを御存知でしょうか?
その御寺は有名な京都府宇治市の平等院鳳凰堂や奥州藤原氏の拠点平泉の毛越寺と比肩して壮麗と当時は言われた寺院でした。
近年その永福寺跡の発掘調査が進み、この度、鎌倉市によって史跡として整備された記念に鎌倉歴史文化交流館で企画展“甦る永福寺”が12月09日(土)まで開催される運びと成りました。
鎌倉歴史文化交流館 企画展甦る永福寺 
小生は直接知り合いがおり今回の招待券を頂いていたので企画展の見学に行って参りました。
知り合いの職員の方と情報交換も有ったり調べ物を御願いしてあったので丁度良かったんですね。

先ず、鎌倉歴史文化交流館自体が今年開館したばかりの博物館で余り知名度も高くないので全国的には御存知の無い人も多いと思いますが、小生の個人的な感想として・・・
中規模の博物館ながら「恐らく南関東で一番、展示と解説の見せ方が美しく解り易い」美術館の様な素敵な博物館なのです。
DSC_0011
それもそのはず、この場所は旧三菱財閥岩崎家が住んでいた邸宅跡にして鎌倉時代の大寺院、無量寿院の跡地でもあります。建物も岩崎家の後にココに住んだ某出版社社長の巨大な自宅を改装しているので現代建築としても見応えが有りますよ。
DSC_0009
どんな場所かは以前に“今年6月の休日雑記”の中で解説しているので、博物館自体の様子を知りたい人は御参考までに以下の記事タイトルをクリックして記事を御覧下さい。

さて、では今回の解説の本題に戻ります。

この鎌倉歴史文化交流館の素晴らしい所は“館内の展示物の全てが写真撮影OK!”な上に、“触れる為の展示物も存在している”所です。常設展の素晴らしさは休日雑記の中でも紹介して有るので、其方(そちら)を御覧頂ければ良く感じ取って頂けるかと思います。
学芸員さんは歴史の楽しさを伝える為に、来館者と鎌倉時代の人の“歴史の時間を共有して貰いたい”との思いから、今回は発掘された永福寺の瓦2種類を実際に触ったり持ってみたりする事が出来ます。
体験を大切にする素晴らしい学芸員さんの素晴らしいアイディアですね。
CIMG5426
ジムで筋トレしまくってる小生でも「ん?」と感じる程度の重みは有ります。
CIMG5427
これは女性や子供からしたらソコソコ重いんじゃないかと思いました。実際に持つ事で御寺の規模を感じられれば子供にも良い経験に成りますね~♪。学芸員さんGood job👍
他の博物館はショボいレプリカの写真撮影すら拒む場所が殆(ほとん)どですからね~。
企画展で最初にパネルの解説で興味を惹かれたのが源頼朝公の彫像の写真でした。
CIMG5398
CIMG5399
色が落ちちゃってますが、造形は良く姿を留めていますね~。
甲斐善光寺に保存されているらしいので、本来は信州の大寺院の善行寺から武田信玄が略奪した彫像の様ですね。武田信玄は信州や関東に来ては略奪と強姦と腐女子の奴隷売買を行った悪逆非道な輩として有名です。まぁ、この頼朝公像も鎌倉時代のまま信州の善光寺に在ったら、武田氏の滅亡で後ろ盾を一時無くした甲斐善光寺に保存されるよりも色彩も状態良く残ったのかも知れませんね。
次に目を引いたのが宇治の平等院鳳凰堂と平泉の毛越寺跡の写真です。
CIMG5400
実はこの両方が鎌倉の永福寺に酷似しているのです。
鎌倉歴史文化交流館 永福寺CG 
それもそのはず、そもそも頼朝公は都の文化が御好きな風流人だったのですが、奥州征伐で藤原氏の拠点の栄え様をまざまざと見せつけられ、そして自分と同じ様に風流を愛した奥州藤原氏の文化をリスペクトし、“平等院と毛越寺の両方の良い所を取り入れて永福寺を造営した”と言うのが通説に成っています。確かに発掘調査後の予想復元CGは両方にソックリですからね。
そんな頼朝公に建てられた永福寺も各時代に火災で再建されたり規模も様子も少しづつ変化した様で、その調査結果も見取り図で解説されていました。
CIMG5411
CIMG5412
こんな感じで説明が有るので、素人でも良く理解できます。
CIMG5401
他にも経塚から出土した経筒や龜も展示されています。
CIMG5402
CIMG5403
CIMG5404
とても美しい水晶と純金製の数珠や・・・
CIMG5405
・・・盒子(ごうす)等も展示されています。
CIMG5407
800年前の人も素敵な装飾品を身につけてらっしゃったんですね~。
CIMG5416
他にも出土した柱や永福寺の瓦を組み上げた展示物が有ります。
CIMG5417
屋根や柱の装飾品も。
CIMG5419
CIMG5420
・・・う~ん、全部の写真を掲載してしまうと企画展の面白みが薄れてしまいますので、展示物の写真の掲載はここまでにして置きましょう(笑)。
実は学芸員サンのアイディアと大学生有志ボランティアで今回、この他にも見所が有ります!
CIMG5423
これらの復元CGをバーチャルリアリティーで体験出来るんです!
CIMG5424
台数は3台有り、上映時間は一人につき5分程度、恐らくこの企画展に人が殺到すると混みあうので、まだ博物館の知名度の低い(笑)今の内が、この体験をしに行く絶好のチャンスだと思いますよ~♪
なんせ博物館の中は風雨も寒さも関係無いので、これから秋冬に向けても良いレクリエーションに成ると思います。
今週末、又、天気荒れるらしいですがソレも関係無く楽しめますしね(笑)。

皆さん、どうでしょう?
企画展“甦る永福寺”を見学して見たく成りませんか?小生の様に招待される客で無くても、ここは広く歴史と鎌倉文化を広め様と言う志の高い経営方針の博物館なので一般来場者の入館料も500円と激安です!

そして鶴岡八幡宮の近くの鎌倉国宝館では今年の10月21日時点~12月03日(日)の間、「鎌倉公方足利基氏」企画展も開催されています。永福寺展と合わせて見に行くなら今がチャンス!
・・・まぁ、紅葉の季節に成ってから扇ヵ谷地区の海蔵寺や佐助稲荷神社界隈の紅葉散策や、反対側の浄明寺地区の浄妙寺や報国寺の紅葉散歩と合わせて見学に来るのもアリですね♪
一応、以下に鎌倉歴史文化交流館のアドレスと企画展のホームページ掲載して置きます。
【鎌倉歴史文化交流館】
【CGによって復元された永福寺ホームページ】
http://www.bukenokoto-kamakura.com/yofuku-ji/cg.html

皆さん、そろそろ肌寒さを感じる季節に成りました。風邪等引かれません様に~。

では!又、次のブログ記事で御会いしましょう~♪



















mixiチェック

速報です!
戦国時代の小田原城虎口遺構部分の「百姓曲輪」が間も無く宅地開発され消失します!
※写真の赤字現在地」のすぐ上、「北条期虎口」と「百姓曲輪」と表記の部分です。

今発掘調査中で、調査後は跡形も無くなります。
小田原城は範囲が広大過ぎる為、八幡曲輪や今の城址公園部分以外は「調査→開発」は正常なルーチンなので止むを得ません。
本日確認してきました現状としては、既に更地化された部分の土砂崩れを防ぐ為に雨水の誘導溝が掘られてしまってます。
御近所の住人の方にも確認しましたが、空堀の発掘調査ではなく土建屋による土砂崩れ止めだそうで、遺構破壊ではありますが止むを得ないと思います。
樹木の無い裸の斜面を放置すると災害が起きますからね。

因(ちな)みに、八幡山古郭にある小田原城縄張り図と、今日、百姓曲輪と虎口を自分で見てきた結果、予想する縄張りの構造は下の衛星写真に枠線で記してみました。
戦国期小田原城 百姓曲輪 虎口
ただ、既にこの雨水の誘導溝、城史跡に無知な土建屋は発掘調査中にも関わらず、百姓曲輪の「右側の張出し形状の曲輪」跡や帯曲輪と思われる部分にも穿たれていました。
左側に至っては、既にだいぶ削られ原型は失われています。
ここ↓右側の張り出し構造
この百姓曲輪、戦国時代の詰めの小田原城本丸、八幡山古郭や本曲輪に攻め込もうとする敵軍を久野地区側から挟み撃ちにする位置に在ります。
ですので、此方(こちら)側の丘陵も嘗(かつ)て曲輪群が有りました。
百姓曲輪の頂上には当時の尾根伝いの土塁遺構と思われる地形と、その百姓曲輪虎口の出入口と思われる尾根伝い土塁の切れ目が残っていました。
それより重要そうな地形が百姓曲輪と土塁を挟んだ丘の反対側斜面の虎口に成る筈の場所にやはり残っていました。
城跡のセオリー通り、重要な登城口や曲輪の跡に在りがちな家臣や地元民の子孫が史跡を守る為に建てる小さな「御社(おやしろ)」を見つけたので…

その場所、人工的に横長の長方形に空堀と切岸で地面が削り込まれた地形でした。
現地写真だと垂直に地面が切り込まれているの分かりづらいでしょうか?
この↓部分です。
写真縄張り図の丁度中心部ですね。
ただ、小生の見た印象だと…
縄張り図のような土橋遺構の有るような地形では無く、寧ろ前面の切岸と側面の空堀状の地形から「角馬出し」の様に見えました。
角馬出しとは四角形の曲輪の両側が出入口に成っている出撃し易く守り易い防御施設の事です。
そこに柵列と門を当時は設けていました。

場所は「八幡曲輪」と「本曲輪」の在った神奈川県立小田原高校東側の谷を挟んだ反対の丘、養林寺と慈眼寺の間の更地一帯です。

小田原駅から、それ程は離れていないので歩いて行けますし、車なら小田原高校周辺のスポーツ公園駐車場も使えます。
もちろん小田原城からも徒歩で八幡山古郭や小峰の大堀切と合わせて訪問出来る距離です。
無論、ちょっしたハイキングくらい歩きますが。
距離的には現在の小田原城本丸から1kmくらい、直行するなら徒歩なら30分かかりません。

因みに江戸期小田原城の見物後のオススメの散策順路とは以下の通り!
逆に回れば戦国期小田原城遺構を見てから、今の小田原城址公園の江戸期小田原城を巡るコースに成りますよ!

本丸天守閣から古小田原城散策スタート!
徒歩5分→戦国期東曲輪
徒歩5分→戦国期三味線堀遺構(小田原高校南東)
徒歩1分→戦国期本曲輪土塁遺構
徒歩10分→小峰の大堀切
徒歩15分→戦国期百姓曲輪と虎口(角馬出し?)
徒歩20分小田原駅/徒歩30分超小田原城址公園

ですので、小田原名物お土産の「外郎家」の「お菓子のういろう」

と山一の蒲鉾

は小田原城見学前か帰りに買うのがオススメです!
外郎サンとこには駐車場が有ります。
鈴廣の蒲鉾が欲しい人は小田原駅東口駅前に店が有りますよ!
曽我梅の梅干しは小田原城本丸の売店で販売してます。

では皆さん!
この百姓曲輪と北条期小田原城虎口遺構を見れるのは今の内だけですので、是非見学されてはいかがでしょう?

※次回記事は書きかけの小田原城の記事を更新予定です!
その後は神奈川区神大寺跡の「塩嘗め地蔵尊」か、「小机城址祭りで見つけた美人ママさん女武者隊」の城と趣旨離れた記事書く予定です。
その他に持ちネタは…
⚫︎蒔田吉良家世田谷城址で招き猫発祥の地のである井伊家の菩提寺豪徳寺
⚫︎世田谷八幡宮を中興した吉良家と杉田八幡宮を中興した間宮家が鎌倉鶴岡八幡宮を再建した話し
⚫︎北条家赤備え大将北条綱高公の御廟が昔在った法華寺跡の東京都目黒区円融寺
…などです。
※書く順番は気分次第(笑)

では又、次のブログ記事で会いましょう♪

mixiチェック

ブログネタ
国内旅行 に参加中!
滝山街道と言う道が東京都八王子市に有るのですが、戦国時代に武田信玄が東京神奈川方面に略奪の為(ため)に攻めのぼって来る道でした。
武田信玄や上杉謙信って実は南関東の農民にとっては、鬼畜以外の何者でも無い存在だったんですよ。
冬に成ると略奪に来るんです。

上杉謙信のお家芸は略奪よりも人身売買でした…
合戦するたびに兵士達に婦女子を拉致させては奴隷公設市場を開いて人身売買していました。
鼻から関東管領の職務を全うする心算が無かったみたいですね。
茨城の小田城なんか悲惨な状況だったみたいですね。
彼が「義の人」と呼ばれたのは、室町幕府13代将軍足利義輝公から「忠義」を褒められたからで、「正義や仁義の義では全くありません」でした。

武田信玄については多摩地方の伝承にはこんな言葉があります…
甲州人の通った後には草も生えねぇ!
…どんだけ酷い略奪だったか伝わりますよね。

で、その武田信玄がよく略奪に来た場所が今の滝山町を含む八王子市や相模原市辺りなんです。
その滝山町には滝山城と言う名城と、城主の北条氏照(うじてる)公が開基(建設する事)した少林寺と言う御寺が有ります。
武田信玄が2万の大軍で滝山城に侵攻したものの、たった3千で守る北条氏照公の前に入口の三の丸迄しか進入を許さず防戦に成功した堅城でした。
しかも八王子市は史跡保護に熱心なので、滝山城址はかなり広大な規模で良好な状態で保護公開されています。
今回は滝山古道の事を話すので、少林寺と滝山城については又、次回にブログ記事にします。

滝山城や少林寺を見学に行くと、必ず通る道なのですが、今日は思いがけず恐らく戦国時代の滝山街道と思(おぼ)しき道を見つけたので、そこを写真付きの記事で紹介したいと思います。
その道を歩きたい方は、ここを目印にすると探しやすいですよ。
少林寺の入口、お地蔵さん達がいる辺り…
「不許葷酒入山門」の石碑。
不許…許さず
葷酒…くさい/臭う+酒=酒臭さ=酔って
入……入る
山門…御寺の門
「飲酒の上で寺に入る事は許さない」
…うん、素晴らしい。仏教の本分を守っている寺院ですね。「※訂正報告※小生ずっと「葷」を「当の旧字体」と見間違え恥を晒しておりましたが、神奈川区の人生の先輩より善意の御指摘を賜り訂正した事を書いて置きます。恥を無かった事にしては進歩無いですからね。」

つまりね、初詣なんかで寺の門前町なんかで酒飲んでから参拝する人がいますけど、アレは仏教的には禁忌を犯してるんですよね(笑)。
…まぁ、神社なら飲酒は失礼では無いんですが、そこら辺はちゃんと区別しないと、初詣するくらい神仏信じてるなら飲酒してから寺院参拝はバチ当るかも知れない。

さて、お地蔵さんの前を真っ直ぐ突っ切ると現在の滝山街道が有りますが、その手前に私有地みたいな路地が有ります…
この道。
何か庭みたいに見えるけど、歴史オタクの感が…
「この道幅とクネリ具合は旧街道くさい」
…と言ったので、滝山城址行くまで、この道?を歩いてみようと思いました。

で、その右手滝山城の丘の裾野に延びる道?を歩くと直ぐに、そこが旧街道である証拠が登場しました。
一段高い場所に小さな御社が有ります。
昔の人は街道沿いの少し高い場所に御社や、お地蔵さんを祀ったものなんです。

で、その庭化した様な道みたいな場所を過ぎると完全に旧街道の形状を残す場所に行き当たります。
昔の街道って河川の氾濫で被害を受けにくい様に少し高い位置に置かれたものなんです。
道幅もこれくらいなんですよ!
現代人の感覚だと狭いですよね?

「鎌倉古道」や「鎌倉武士早駆けの道」、箱根の「旧東海道」も道幅はこれくらいです。ただ、平安~鎌倉時代に開かれた道は尾根沿いが多かった。
これは当時の気候に関係が有ります。
弥生時代に近い程、時代を遡(さかのぼ)る程、海の位置が高く内陸まで海面が広がっていたり水の影響が人の生活範囲を限定してたんです。

室町時代~江戸時代くらいは、こんな河原より一段高い場所。
旧街道から私有地の向こうには今の滝山街道が見えます。

明治時代に成ると馬車道に成り、馬車に合わせて急勾配を避けた遠回りの道が多く成りました。
…馬が坂道で耐えらんないからね。

多分、この旧街道、明治時代に成るまで使われていたんだと思います。
並木が有りますしね~。
この並木の樹木は若いです。
昭和に植林されたんだろうけど、昔から杉を街道沿いに植える習慣が有るなら、江戸時代に始まった習慣ですから。
織田信長公は戦国時代に既に並木を街道沿いに設置してましたが…
北条家でその類の逸話は聞いた事がないので関東では江戸時代からの習慣。

そこを過ぎると学校の敷地に行き当たります。
道も左に急カーブし今の滝山街道に戻されます。
アレ?
…何か不自然だなと思い、道をカーブした所まで戻るとなるほど理由がわかりました。

旧道は学校に一部分払い下げられコンクリートに侵食され歩く人がいなくなってるんですね、多分。
※ピンク色の写り込みは小生の携帯外部バッテリー

しかし、この学校敷地横の登り坂、旧街道から続いていたと思われる並木が続いています。
で、この坂は旧街道だと予測して突っ込んでみたんですが…
先で完全に学校の物置場にされていて進入すると怪しい人になるんで、ひとまず断念し今の滝山街道に出ました。

でもね!
土地の登記簿見れば多分、「道」って書いてあると思いますよ!
学校が歴史を知らず不法占拠してるか、さもなくば現在の滝山街道が整備された時に払い下げられたかのどちらかでしょう。

今の滝山街道に出たら出たで楽しいモノを見つけました!
乗馬クラブがありました。
まさか、こんな街道沿いに有るとは…
土曜と言うこともあり、沢山乗馬してる人がいました。
旧道沿いに純真女子大ってのが有ったから大学生も多く通うのかな?

で旧道散策に話を戻します。
この時点で旧道散策まだ諦めきれない小生…
乗馬クラブさんが道を挟んで納谷(なや)代わりにしている建物の横に、道の名残りを見つけて入ってみるとビンゴ!
さっきの学校の敷地の方から伸びてくる路盤(ろばん)がまだ有りました!
この道の状態から察するに、この道が使われなく成ってからまだ日は浅そうです。
多分、あの学校の拡張工事が行われたであろう何十年前のつい最近の話でしょうね。

しかし、この先は完全に道は消失し墓地化したりしていたので室町時代~江戸時代の旧滝山街道散策はひとまずこれまで。

最初の方で「平安時代~鎌倉時代の道は尾根道だらけ」と言う話をしましたが…

実はその平安時代の道も今回見つけてきました。

…と、言っても滝山城址のある滝山の尾根全体その古道の尾根の一部分なんですが。
その事は滝山城の一部分でもある御嶽神社(みたけじんじゃ)に行くと解ります。
今の滝山街道を右手に滝山城址の丘を見ながら歩いて行くと途中、山裾に御嶽神社の入口を見つけれます。
近くに金藏寺ってのが有るはずで…
…したが有りませんでした!
地図上には金藏寺って御寺が有りますが、事実上の廃寺みたいで御堂がないのでランドマークにはなりませんでした。

ですから頑張って御嶽神社の入口石碑を見つけて下さい。
後の時代に作られた急な階段を登ると尾根道の左手側に、御嶽神社は在(あ)りました。
厳粛な雰囲気ですね。
本堂は最近建て直したようです。

この神社の由来を書いた石碑を読むと、滝山城築城以前は付近の丘一帯が古道だった事が解ります。
何故なら源義家公の逸話が記載されてまして…
少し、その話をからめて説明します。

この御社(おやしろ)の本堂は元は蔵王権現堂(ざおうごんげんどう)で、蔵王権現と言う日本独自の神道と仏教が融合した神様を祀っていました。
その蔵王権現って神様は南北朝時代に後醍醐天皇が御所にもした奈良県吉野の金峰山寺の本尊でもあるらしいです。
因みに、滝山町の金藏寺、昔は聖徳太子が作った仏像が御本尊だったらしく元は由緒ある御寺で、御嶽神社の別当寺でもあったらしいです。
ここの元「蔵王権現」の御嶽神社で石碑を読めば解ります。

この御嶽神社=蔵王権現堂は元々、滝山城に在りました。
…滝山城の曲輪(くるわ=防御施設)の名前からして「山の神曲輪」に在ったんだと思います。
もしくは本丸かな?
そこから移築されたんですが…
元の場所に在った時代、鎮守府将軍 源義家 公が立ち寄られ社殿を再建奉納し中興(ちゅうこう=復興)しているんです。
つまり前九年後三年の役の軍事行動の際に、ここ滝山城跡が尾根道の街道で、義家公が通ったと理解出来る訳です。

滝山城散策で御嶽神社をついでにお参りする心算が、思いがけない碑文に出会い大変嬉しかったですね~。
石碑を立てて下さった氏子さんに感謝!

義家公も関わられていたり、蔵王権現信仰の史跡でもあり滝山城址、本当、歴史的な価値が高い場所ですね。

では、次回は滝山城址そのものの記事を書きます。
今回はここまで!

mixiチェック

ブログネタ
節分は豆まき派? 恵方巻き派? に参加中!
関東では節分に豆撒きをし、関西圏で恵方巻きを食べる様に、地域住民に根ざした文化は、それぞれ由来に成った文化醸成地が有ります。

横浜市港南区栄区金沢区磯子区にまたがり鎌倉に続く自然公園が有るのを皆さん御存知(ごぞんじ)ですか?
鎌倉横浜に古代文化の基礎を醸成した地域でもあります。
この円海山、実は横浜市で一番標高の高い山で、天気が良いとこの様に頂上近くからは富士山も綺麗に見えます。

実はこの山、歩いて鎌倉まで行ける遊歩道があり、それらは「鎌倉早駆けの道」と言う史跡でもあります。

更に‼︎

蛍(ほたる)の横浜市内での貴重な生息地なんです!
その場所は瀬上池と、その池に注ぐ自然の沢を集めた池から再び流れる貴重な水源地帯の瀬上沢です。
歴代市長から保護され多くの市民の憩いの場として解放されてますが、小生も子供の頃よく、ザリガニを採(と)りに来たり野山を駆け巡りに友達と遊びに来ていました。
子供が自由に川遊び出来る横浜南部の最後の水源地帯がこの円海山の沢で、特にこの瀬上沢と大岡川源流笹下川上流の金沢区の大谷戸(おおやと)側の沢が状態が良いんです。
写真は円海山大谷戸広場側です。
昔ながらの貴重な里山保存区域です。
綺麗な昔ながらの鎌倉近隣の原風景でしょ?
本当、貴重な自然と里山なんです。

今は冬で川で遊ぶ子供も流石にいませんが…
此処(ここ)瀬上沢には貴重な淡水の貝の化石群の地層が露出した場所があり、更に奈良時代の古代のタタラ製鉄の史跡も出土した場所でもあり…
灌漑水田史跡でもあり、重ねて言いますが平安〜室町時代の鎌倉早駆けの道と合わせて非常に貴重な史跡群でもあります。

以前の市長達により、瀬上池周辺は遊歩道や釣り用の桟橋が設けられていて新春にもなると釣りをする子供や、お弁当作ってピクニックに来た家族連れなんかで、ほのぼのとした空気が感じられる場所です。
今の横浜市長の林文子さんは、どうも保護に熱心ではなく寧ろ開発準備してる側のようですが、昔からの地域のボランティアが自主的に子供の遊び場を守って下さってます。
だから幼稚園小学生くらいのお子さんがいる御家族には暖かく成れば、オススメの自然の中の水遊び場ですよ!
この瀬上池は釣りが自由に出来て、フナや鯉なんかが小生子供の頃は釣れました。
…小生は、もっぱらザリガニ専門でしたが(笑)。

しかし、最近は今の林横浜市長の施政下で、倒木の処理などが放置され林道が通行止めにされてしまっている所が多くあります。
この下の写真の「尾根道から護念寺への道」も、さも通行出来るような案内板ですが、実際は鉄柵で封鎖され市民が通行出来なくされています。
別に道が崩落している訳ではありません。
横浜市が業者に開発させる前振り?

しかも、此(こ)の道の先は古典落語「強情灸」の舞台になり江戸時代から昭和初期まで、お灸治療の本場峰の灸として観光客と治療客で栄えた竹林の美しい円海山護念寺に通じているので、早く再開通させるべき所なんです。
※円海山護念寺の風景と歴史については「ココ」←クリック!

円海山で貴重な淡水の貝の化石群地層が露出している場所は、下の写真の場所です。
昔の人が、灌漑水田に水を引き入れる為に作った手掘りの隧道(すいどう=トンネル)のある壁面と地続きの山が全て化石群の地層です。

以前は子供も自由に出入りして遊べました。
周辺を東急が宅地開発しようとしはじめた頃に横浜市大が保護を試みましたが、最近は東急が自然環境保全地である事や市民の憩いの場である事を無視し、周辺から市民を締め出し開発準備を始めてしまっています。
マジなんだかな〜?
昔からの文化醸成地や市民の憩いの場を蹂躙する暴挙だろ、これ。

彼等がもし、無碍にこの瀬上沢一帯を開発したら、この自然環境は2度とは戻りませんね。

庶民に阻止は出来るか微妙ですが、もし開発すれば近隣に留まらず、貴重な自然公園に連なる遊歩道や沢の自然環境を破壊した歴史を事実としてどの政党が支持した、どの市長の時代に、どの土建屋が瀬上沢と遊歩道の自然環境を破壊したか我々で語り継いで行きたいと思います…
林市長、東急さん、きっと瀬上沢の重要性再認識してくれると…
…くれるかな〜?
皆んなで淡々と事実拡散するだけですね。
近隣の歴史を語り継いできた寺院や神社の鎮守の杜でもありますから。
過去帳にも歴史として残るし…。

さて、皆さん、円海山と瀬上沢の自然環境と風景と歴史が非常に貴重で、尚且つ子供が安心して遊べる自然公園である事は御理解頂けましたでしょうか?

瀬上池手前に使われていない畑があります。
あそこを自転車用の駐輪場にし、山頂のスポーツ広場を休日に駐車場として解放し尾根道に歩道を繋げ、昔みたいに家族連れも行きやすい環境を整えて欲しいな〜とか改善案はあるんですがね〜。

円海山は横浜市民や鎌倉市民にとって大切な場所なんですね。

この綺麗な風景と自然と歴史…
我々が先人から受け継いだ様に、何とか次代の更に先の子孫達まで残してあげたいですね。
円海山は文化なんです。

あ、そうだ!
前回の記事投稿から10日も間を空けて済みませんでした!

では皆様、又、次のブログ記事でお会いしましょう!
mixiチェック

ブログネタ
流行語大賞候補、知らない言葉はいくつ? に参加中!
反日と言う言葉を最近良く耳にします。
古代ではそうでも無かった時代もあれば…
…今と同じくらい対立した時代も両方有りましたよね。

あの日本と中国の真ん中に有る某国の迷惑なDiscount-Japan(日本ブランド追い落とし)活動のせいで…
面倒臭い事に成ってますが。

それと少し関係有る昔、昔、古代人の政治や文化のお話を縄文〜弥生時代の遺跡の写真と話をからめ少しさせてください。

三殿台遺跡と言う、一部分が発掘後に保存された縄文時代~弥生時代にかけての遺跡と笹下杉本遺跡と言う破壊され現存しない遺跡が横浜市にあります(ありました)。

今回は、その縄文遺跡の展示品を例に挙げて、金属器の製造技術取得以前の古代神話の時代の日本人のお話を少しします。
三殿台遺跡は磯子区と中区と港南区の中間地点、デュオ歌手ユニット「ゆず」の地元の「三殿台」「岡村町」「滝頭」「藤棚」「上大岡」一帯にかけて広がっていた広大な遺跡の一部分です。
上大岡には曾(かつ)て巨大古墳も有りました。
この三殿台付近の地域は平安時代~鎌倉時代~室町時代にも重視されており、時代が前後するものの三人の高家(こうけ=皇族の子孫の家系)の殿様が住んでらっしゃいました。
三殿台の地名は、その事に由来するのだと思います。
その殿様は大田道灌公、吉良頼康公、平子氏の殿様です。
その殿様達の件は別にブログを書き、改めて紹介したいと思います。

写真は三殿台遺跡の竪穴式住居を在(あ)った場所に復元したものです。
三殿台遺跡には、この様な復元された竪穴式住居が多数有り、他に出土した遺物の展示館も有ります。
IMG_0427

笹下杉本遺跡は港南区笹下と言う地域にあり、こちらも又、戦国時代の笹下城と言う御城の一部の北見掃部屋敷跡の出城でした。
※笹下城に関しては「ココ 」と「ココ 」←をクリックして過去に書いた関連記事を御覧下さい。

笹下杉本遺跡に関しては「教育委員会が"自称"地下保存との虚言で開発の為の掘削を容認し破壊しつくした」ので掲載する風景写真すらありません。場所的には笹下中央公園と言う公園周辺と、公園の前を走る環状二号線の上空10m以上(笑)空中の辺りが主な遺跡の残存地域でした。
因(ちな)み、北見さんと言うのは平安時代~昭和初期まで横浜市南部の大地主だった御一族でして、北見さんの土地だけを歩いて横浜市旧南区(港南区+南区)から鎌倉市まで歩いて行ける程の土地持ちでした。
つまり、かつての荘園の開拓者の御子孫に当たる訳ですね。

さて、まず古代日本の文化についてですが…

皆さん、日本神話の天照大御神(あまてらすおおみかみ)の時代に当たる弥生時代や縄文時代が「未開の低文化」だったと勘違いしていませんか?
もし、そうならとんでもない勘違いですよ!
縄文~弥生時代、諸外国と比べて如何に"古代日本人が既に美術的感覚に優れた文化人の素養を備え"ており、素晴らしい石細工の加工技術や土器の焼成技術を有していたか、現物を見れば一目瞭然ですよ。
確かに中華では日本の縄文時代に既に青銅器の製造を開始していましたが、日本の土器や石器の美術的な意匠はかなり美しい物なんですよ。

三殿台考古館には、こんな↓折れた石剣の「柄(え)と、束(つか)部分」が展示保存されています。
IMG_0433
おっと失礼!
これは"男性のシンボルを模した古代の神器"でした(笑)。

・・・まぁ、ある意味「剣」ですけれどね。
愛知県の"田縣神社"と言う恐らく紀元前から有る神社では御神体はそのまま「男根」です。
興味のある人は「田県神社」「画像」で検索するか「ココ 」←をクリックして見て下さい。
沢山の美女が男根を微笑みながら抱いている画像が出てきますが、この神事には大切な意味が有ります。

つまり、薬も無く、狩猟採集文化で穀物の耕作も始められていなかった古代は"平均寿命が30歳"と現代人の三分の一しか生きられなかったので・・・
日本人そのものの人生における「繁殖期間も平均的に短かった」ので「子孫の繁栄」を願う事も大切な神事だった訳です。
そして、男女の出会いの場にも成ったのが「政(まつりごと)」=「祭り事」=「まつり」だったと推測出来ます。

芸術的な話に戻ります。
これ↓が古代の「石剣の柄」の写真です。
IMG_0434

……
………
「どうだビックリしたか!」
…と、自分の事を自慢するかの様に言いたく成る程に精巧な意匠が施(ほどこ)されていますね。

"柄(え=持ち手)"に当たる部分には"滑り止めのシボ加工と円周直線"が施されており、機能美を備えています

更に、束(つか=グリップエンド)には美術的な"上下対象に刻まれた斜線"と"幾何学的なデザイン"が施され、日本の古代人の芸術的センスの高さが窺(うかが)い知れます。
…本当に美しい…
刀身部分はいったいどんな作りだったのでしょう?
想像するとワクワクしますね。

古代人は更にオシャレも大好きでした。
IMG_0435
左上の耳飾りなんか、現代でもピアスやイヤリングに使えそうな美しさですね。
現代人みたいに古代人の女性も男性にこういった宝飾品を貢がせて、結婚相手の経済力を見極めていたんでしょうかね~?
…女性怖い…

政治的に日本を仕切った「天照大御神」も「卑弥呼」も「臺与」も「神功皇后」も「北条政子」も「日野富子」も「春日局」も女性だし…
「巴御前」や「成田甲斐姫」や「中野竹子さん」や「山本八重さん」に至っては、もうそのまんま戦闘技術的にも男性が敵(かな)わない武力を備えた上に、指揮官としても参謀としても戦巧者でしたから…
子を産む際にアドバンテージが有るのは、種に成る男性を選ぶ権利が有る女性側なんですよね、いつの時代も日本では。
ハッキリ言って、日本人は男性より女性の方がリーダーの才能が有ると思います。

おっと!また脱線しました。

当時は是(これ)等の宝飾品を手に入れるのに、"自分で加工する技術を有している"か、別の村まで交易(こうえき=商売)しに行き、三殿台周辺の海で採れる"海産物から作った保存食品と物々交換して貰うだけの食品加工技術と他人に分けるだけの生産力"が必要だった訳ですね。
つまり石製美術品の加工技術は個人レベルで職人として優れていなければならなく、後者の海産物加工食品の生産ならば村単位で協力し大量生産するだけ組織力が必要だった訳です。
この事から推測出来るのは既に村単位で協力した分業制や統率するリーダーがいた可能性が高かった訳です。
昔のヒッピーが「古代人は平等で地位や組織の優劣なんか無かったから原始時代に回帰しよう!」なんて意見は妄想の産物で"頭の中がお花畑なおバカな幻想"とキッチリスッパリサクっと切り捨て断言出来ます(笑)。
歴史遺物を見て歴史事実を直視すれば、組織で行動し村単位の共存体制が確立されており、古代縄文~弥生時代には既に原子国家の体を成し始めていた事が推測出来ます。

当然、これ等の宝飾品や武具や神器以外に、日常用品として用いられた器(うつわ)や狩猟と食品加工に用いた刃物を加工する職人達もいました。
IMG_0432
写真は三殿台遺跡で展示保管されている弥生土器ですね。
今と違い轆轤(ろくろ=回転台)の無い時代に、手捻(ひね)りで粘土から、これだけの大きい焼き物を、こんな薄さで造形するのも難(むつか)しいのですが(※小生は銀粘土での銀細工や造形も趣味)…
それより焼成する時に高温を出す為(ため)の"窯(かま)"や"燃料の炭(すみ)"が無いのに、よく樹木の薪(まき)だけで、粘土の伸縮率を考慮し割れない様に薄く堅く焼く技術が有ったものだと感心させられます。
※小生の銀細工の趣味は「ココ 」←見てね。

渡来文化の流入した弥生時代の大陸的にシンプルなデザインで厚さの薄い土器と比較して、縄文時代の土器は焼成技術の未熟さからか分厚いもののデザイン性には個性に優れて芸術性の高いデザインに成っています。

写真は小生が個人で所有している"笹下杉本遺跡"から出土した石器と土器です。

縄文土器
2014-11-27-17-31-42
火炎のデザインの様に縁取りされた内側に縄でドット柄がデザインされていますね。

下は唐草文様ぽい…縄文時代と弥生時代の中間くらいのデザインかな?厚さ的にも。
2014-11-27-17-31-02

こちらも上の縄文時代と弥生時代の中間ぽいデザイン。
2014-11-27-17-31-31


弥生時代に入ると格段に土器が薄く固く丈夫に成ります。
2014-11-27-17-32-11
もう平安時代の器(うつわ)と同じ程度の厚さに技術向上しています。
表面も触りイジクリ倒してもボロボロ崩れそうな感覚は有りません。

この様に古代の土器も時代によって、大分と特徴が異なっています。

さて、次は石器です。

石斧
木の棒にくくりつけて斧として使いました。
2014-11-27-17-32-31
…こんなんで頭ひっぱたかれたら一発で陥没骨折脳挫傷の重傷を負って即死するでしょう。
もっとも、当時の石斧は対人兵器と言うより木材加工の為ですね。

この石斧で木を切り倒して縄で木材を結び付け、屋根に茅(かや)を吹いて、竪穴式住居を建築する訳です。
IMG_0431
こんな感じに。
もう、ほぼ日本農家の合掌造りの原型っぽい作りに成っていますね。
きっと夏は涼しかったんでしょう。
ちなみに当時は現代より海面が高かったので、熱帯の気候に近かったはずです。
…今の海面上昇が二酸化炭素による地球温暖化が原因だなんてのは、"ただの利権創出の為の一種のビジネス"でしかありませんよ。
地球が温暖化するのは地下活動が活発化して海の水温そのものが上がり海水が熱膨張したり台風が起きやすくなってるだけでしょう。

逆に室町時代は地下のマグマの活動が活発だったから地震が頻発し、それに反して太陽の表面温度が下がっていた為に欧州等の北限寄りの国家では小氷河期が到来し、農作物が不作に成ったり大雨や雹が降ったりしました。
信長公の桶狭間の戦いでも、突然の豪雨と雹が降った事が記録されています。
たまたま、昭和の時代の世界が「現代人の基準で普通だっただけ」で、地球規模の数千年の歴史から見れば、地球の海面上昇や温暖化なんて正常な事なんだと思いますよ。
縄文時代ばかりか、古墳時代から存続する神社の有る場所は、そんな関係で概(おおむ)ね高台の上ですからね。

磨製石器の石包丁
風化して刃が大分(だいぶん)と丸く成っちゃってますが、下の尖(とんが)りが切り裂く部分です。
2014-11-27-17-32-44
2014-11-27-17-33-07
これ磨くのにどんだけ時間がかかってるんだか…

これ等の器財や土偶の製作を古代から担当し、祭祀(さいし=神事や政治的行事)を司(つかさど)った一族が以下の方々の祖先です。

●土師氏(はじうじ)…菅原道真(すがわらのみちざね)公と大江広元(おおえのひろもと)公の祖先
※菅原道真公は存命中に醍醐天皇に重用され、藤原氏から天皇の御親政を取り戻すべく右大将に任じられた名宰相であり名歌人、軍学に通じた名宰相でした。しかし、藤原氏の陰謀により大宰府に左遷されてしまいました。
※大江広元公の大江氏は、代々漢学と軍学に優れ文化人としても活躍した人物を多く輩出した家系でした。広元公は陸奥守(むつのかみ)を務め、後に鎌倉幕府の設立に貢献し初代政所別当(まんどころべっとう=内務大臣)を務め法制度と財務制度を整備した学者出身の名参謀でした。
宝治合戦で源頼朝の姉妹の血を引く九条将軍を復帰させるべく三浦氏と共に北条氏に反抗した際に敗戦し、鎌倉市の十二所で自害しました。

●忌部氏(いみべうじ)…織田信長公の祖先
※信長公は存命中に右大将を務め死亡直後に相国を追号され、明治時代に建織田神(たけおりたのかみ)の神号を明治天皇より追贈され、現在では京都市の建勲神社の神様として祀られています。


●中臣氏(なかとみうじ)…藤原氏の祖先
※藤原氏は朝廷政治の重職を独占し、天皇家に一族の娘を嫁がせ続ける事で他家の台頭を抑制しつつ、古代大和朝廷で同業種を務めた忌部氏や土師氏を排斥し、又、その子孫の大江氏や菅原氏、大伴氏や蘇我氏や皇族の橘氏、平氏、源氏等の古代からの日本の功臣や皇室王族の一族を陰謀で左遷や殺害させて朝廷権力を掌握した一族です。

弥生時代の終わりに入ると彼らの職業は変化が出てきます。
器としての焼き物である"土器"の製造だけでなく、古墳時代の到来により古墳の備品である"埴輪(はにわ)"の製造を担当する様に成るんですね。
聖地に設置されたであろう神器が子孫繁栄の石器等から変化します。
青銅器の登場により役割が入れ替わり、石を設置した聖地より建築物や神殿的な要素の高い巨大施設の古墳の副葬品の製造に移って行く訳です。
造形的に加工しやすい土器の性質が重用されだした為でしょうか?
勿論、石材加工技術は古墳の石室や古代の神社の石製の御社(おやしろ)等の建造技術としてそのまま継承されていきます。

因(ちな)みに、三殿台遺跡の縄文人のオバちゃんの想像絵図です。
IMG_0436
う~ん…
この絵の女性の抱いてるイノシシは、「これから〆(しめ)て皮剥いで猪鍋にしようかしら?」とか考えているの図…なのかな(笑)?
二重マブタだから縄文時代からの生粋の日本人か中国の呉郡地方とか会稽郡地方とか台湾人と同系統の海洋民族系統の遺伝子かな?
一重まぶたでは無いので朝鮮渡来系の人物の絵ではないですね。

弥生時代に入ると、染物の技術も発達していた様なので、真っ白な木綿の生地に草木染の色鮮やかな土器のデザインみたいな素敵な模様の衣類を着ていたんじゃないでしょうか。

弥生時代の頃の中国は後漢とか三国志の時代ですね。
呉郡と会稽郡は当時の中国の南東。
※ネットの借り物の地図です。
IMG_0440

諏訪原寛幸さんと言う画家さんの絵だと当時の中国はこんなイメージ?
IMG_0529
左は呂布で右は関羽(中華街の関帝廟の神様)ですね。
でも、この絵の武将達の着ている甲冑は明の時代の鎧なので、実際の後漢時代の中国の甲冑はもっと地味です。
後漢時代に漢帝国との直接交易により、北九州の豪族達は青銅器の製造技術を獲得しました。

せっかく身長216cmの関羽の絵と、日本の古代人のオバちゃんの絵を載(の)せたので当時の日本人の体格を考えてみましょう。
後漢時代、漢王朝の人々は朝鮮半島の今の韓国の南部沿岸部と日本列島に住む住民を倭人と呼びました。

この後漢時代の少し後、三国時代に魏皇帝曹叡(そうえい)に謁見した卑弥呼の使者難升米(なしめ)は魏帝国より、銅鏡200枚と5尺の宝剣2振り、親魏倭王の金印とそれを結ぶ紫綬(しじゅ)、それと皇軍の印である御旗(みはた)と成る黄幢(こうどう=黄色い旗)を授けられました。
因みに後漢時代の長さの単位は…
1寸=2.3cm 1尺=23cm
宝剣の長さ=5尺×23cm=115cmとなります。
当時の日本人の身長は150cm以下だったはずなので、身長に対して相当大きな剣だったんでしょうね。
曾ての中国人が日本人を倭人と言う蔑称で呼んでいましたが、実際に日本人は小さかったんです。
戦国時代の武将でも余り背は高くありませんでした。
山県昌景が…140cm程度
豊臣秀吉が…150cm程度
加藤清正公が160cm程度
…だったはずです。

中国の三国時代の中国の人物記載は間違いなく誇張が有りますが…

曹操が…161.0cm・・・南方東部の出身
曹仁が…174.0cm・・・南方東部の出身
劉備が…180.9cm・・・北方東部の出身
諸葛亮…192.9cm・・・北方東部の出身
趙雲が…192.9cm・・・北方東部の出身
太史慈…185.7cm・・・北方東部の出身
朱然が…169.0cm・・・南方東部の出身
…仮にこの記載が20cm前後身長を盛られていたとしても、魏の在所である中国大陸北部の人々の身長はかなり高かったのだと思います。
現在でも中国のモデルの女性は大連市や瀋陽市の出身者が多く、満州族に近い北方人は背が高くスラっとしている遺伝子を持っています。
朱然など、日本人と同じ南方系の遺伝子を持つであろう武将は余り背が高くなかったみたいですね。

そんな南方人系の日本人が中国大陸との関係がより深まり、金属製品製造技術が飛躍的に向上したのが中国の三国時代前後です。

三国時代の魏の丞相(じょうしょう=総理大臣)は有名な司馬懿仲達です。
実はこの時期、遼東半島や朝鮮半島に有った楽浪郡(北朝鮮西部)と帯方郡(韓国北西部)で公孫度(こうそんど)の一族や、それと結びついた原住民(朝鮮人の先祖の部族)が反乱を起こし、魏に任命された太守(たいしゅ=知事)を殺害してしまいました。
それを討伐するべく、朝鮮半島の先に在る古代日本国の邪馬台国と連携し朝鮮半島を挟撃する事が、彼等、古代中国人にとっても得策だった訳ですね。
丁度(ちょうど)、この歴史に合致する日本神話の登場人物がいます。
神功皇后です。
彼女は当時の魏と呼応する様に、朝鮮半島に攻め込み新羅を討伐します。
つまり朝鮮半島の北西から司馬懿が攻め込み、南東を卑弥呼だったかもしれない神功皇后の率いる古代大和軍が攻めて挟撃し、魏は魏領楽浪郡と帯方郡を回復し邪馬台国は三韓を支配し新羅を従属させた訳です。

今でこそ、日本と中国の関係は悪いのですが…
昔はそれなりに協力関係があった訳です。
…朝鮮半島の国家が暗躍すると仲が悪くなるんですね、唐朝の時代や現代と同じく。

文中でも触れましたが…
「古代の人間が階級や組織など無く自由奔放に生きていた」
…なんてのは、歴史を軽視して生きている人間の幻想ですよ~と言うお話と、古代の方々は歴史を知らない人が思っている以上に文化的で芸術的な才能に優れ政治的で組織的に食物を生産していたんですよ~!
…ってお話でした。

mixiチェック

東日本大震災を忘れるな。

古代人が子孫の我々現代人に残した教訓を再認識し活用しよう。

古事記や日本書紀が幾らか藤原氏に改竄されていても、各地域の御寺の過去帳には過去の天災の記載があり、神社の神話の中にはつい最近までの地形や海抜に関する伝承が有る。
例えば古代の大阪市は上町台地を除いて大部分の平地が海の底だった。
だから江戸時代の津波で被害は甚大だった。
被災しなかったのは神社等の古代人の館跡や、大坂城のように古墳の築かれた地域や古代人の集落跡が有る地域だった。
大坂城本丸は古代の天皇の古墳であり、その台地の東側には難波宮跡が有る。
その一帯は無傷だったが、かつて海の底だった船場や道頓堀には津波に流された溺死体と船が溢れかえった。

南関東も、つい2000年前まで川崎や横浜や東京や浦安や船橋や千葉の平地の大半が小さい湾だらけの海の底だった。
平安時代でも今の平野部はだいたいが海の底。
東京都に至っては足立区や墨田区なんか江戸時代まで海や河川域だった埋立地。
山の多い鎌倉でさえ、鎌倉時代の相模湾の大津波で鎌倉の大仏様の大仏殿は押し流された。
そりゃそうだ…
平安時代まで鎌倉市の大船辺りまで柏尾川は深く大船が入って来た入江に等しい地形だったんだから、山の反対側の鎌倉市中心街だって、平安時代以前はかなり奥までリアス式の湾だっただろう。

東日本大震災の被災地域には、実は古代人からの子孫へ残した生き残る為のメッセージが石碑として残されていた場所も在(あ)った。
祖先が示した「津波此地まで到る。此より下に住む不可ず」と言う内容の警告文が刻まれた石碑や伝承を無視して作られた住宅街が津波に飲まれた。

無知無文化歴史への無関心は自らの命だけでなく、救えるはずの子供と家族の命まで津波に差し出す事になる。
津波だけじゃない。
その地域が内陸でも、先述の通りかつての水田や沼沢地を埋め立て作られた脆弱な地盤かどうかも郷土史を把握していなければ地震の被害は大きくなる。
例えば横浜市、東日本大震災で古代の陸地が震度4程度だったのに対し中心部の関内は江戸時代に埋め立てられた旧吉田新田地域だったので、震度5強を観測し液状化した。
関東大震災が再発すれば、同地の被害はその程度では済まないだろうし…
津波が来れば防ぐ手立て無く、波に飲み込まれるだろう。

無文化無知歴史への無関心は罪だ。


mixiチェック

皆さん、この風景を御存知(ごぞんじ)ですか?
"釈迦堂(しゃかどう)の切通(きりどお)し"と呼ばれる鎌倉時代に造られた隧道(トンネル)状の切通しです。
鎌倉は市街地の扇状地を除いて他の全域が入り組んだ山の尾根に囲まれています。
軍事的には防御力の高い地形であるが故(ゆえ)に武士政権の首府が置かれたのですが、郊外への交通が不便と言う欠点も有りました。

この釈迦堂の切通しの周辺には…
源頼朝の舅(しゅうと)で北条政子の実父の北条時政の屋敷の"名越邸"
鎌倉幕府の名文官で、東京スカイツリーのある青砥の領主だった青砥藤綱の屋敷
後の室町幕府将軍に成る足利家と関東管領(かんとうかんれい)上杉家の菩提寺に成った報国寺と犬懸上杉家の邸宅
後醍醐天皇の皇子で倒幕の立役者の護良親王が幽閉された東光寺
…等々、鎌倉時代当時から超重要施設が沢山在りました。
ですので市街地へのアクセス向上の必要性があり建設された切通しでした。

ちなみに報国寺は小生お気に入りの御寺で、よく息抜きに行きます。
綺麗な竹林の風景の中にたたずむで東屋(あずまや)で、落雁(らくがん)と言う和菓子と抹茶を頂けるんです。
ゆっくり時間を過ごせます。
数年前にミシェランガイドで3⭐️認定されてしまい観光客が増加し少し嫌なんですが、皆さんに偉人の事跡と日本文化の安らぎを共有して頂ける場所だと思います。
これ↓が報国寺の風景


本題の釈迦堂の切通しに話を戻します。
もう1枚別アングルで…
この↑写真だと解りやすいかと思いますが、隧道の上部には矢倉を組んで防御施設としても運用していた名残の掘り込まれた塹壕みたいな窪みが有ります。
洞門の左右の壁にも柱を渡す穴の跡があり、ここは戦時には戦国時代の城で言う"櫓門"のような弓兵を配置する施設としても使われた事が推測出来ます。

さて、この釈迦堂の切通しですが、2012年から通行止めは愚か、なんと鎌倉市教育委員会により封鎖されてしまったんです。
口実は落石からの通行者の保護。
その実情は教育委員会が史跡風化防止策を講じれず隠しただけなんです。
この洞門が立派に現存しているのは、教育委員会が禁止した人の往来が有ったからこそ、植物に侵食されずに残っていたのですが…
実は横浜市の称名寺にも小規模ですが同時代に造られた洞門があります。
落石を理由に通行止めにしたところ、数年後には植物の根による侵食で崩落が加速してしまいました。
これ↓ね。

もはや原型無し無残…

史跡の保護と言うのは、人に活用され続ける事が大切なんです。

本当に落石対策ならば文化史跡保護の観点からも人の往来を規制せず、樹脂製やセメントの硬化剤を噴霧し地盤ごと固めてしまえば良いんです。
欧州では、そうやって山ぶち抜いたトンネルを作りますからね。
崩落して原型とどめ無くなるよりマシ。

ちなみに硝子樹脂の浸透による耐久性耐火性UPした木材で造られた施設が横浜には有ります。
すなわち大桟橋こと国際客船ターミナルですね。
小さい空港程の規模ながら全木製の施設で、木材の欠陥である耐火性耐久性の向上を実現した施設です。

釈迦堂切通しも樹脂製の硬化剤を使うか封鎖を解き通行を再開させるべきだと思う。

皆さんにも見せてあげたい釈迦堂の切通し…
mixiチェック

↑このページのトップヘ