歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

カテゴリ: 銭湯・日本建築・西洋建築

横浜市中区の北方と言う地域を御存知でしょうか?
現代では余り訪れる観光客を見かける事も無いのですが、実は幕末~明治にかけて日本近代化の中心だった地域です。
実は、この地域は麒麟ビールの前身となったジャパンブルワリー発祥地で、日本のビール産業の発祥地だったりします。
その場所は北方小学校とキリン公園なのですが、その近所に泉湯や妙香寺と言う御寺が有ります。
妙香寺とその境内地だった山手公園は幕末に英国軍駐屯地だった事から‟フリーメイソンの日本初のロッジ”が置かれたり、当時の薩摩藩士が英国軍のフェントン軍楽団長に吹奏楽の教えを請いに訪れたり‟君が代”を作曲して貰ったりした場所で、‟国歌の君が代”と‟吹奏楽(ブラスバンド)の発祥地”でもありテニス発祥地でもあります。
意外に皆さん、君が代が日本の発展と世界との平和を祈って外国人によって作曲編曲されている事を知らないんですよね。
大山巌
作詞も軍国主義に成る昭和より遥か昔に大山巌サンによって昔々の和歌から平和を祈ったモノを抜き出して歌詞に選定されています。
IMG_20201011_034513~2
大山巌サンは西郷サンの親族であり親友だった方で、明治に成ると敵方だった元会津藩の女性の捨松サンを後妻にした、平和を真に願った歴史偉人です。
まぁ~簡単に言えば、この山手の北方と言う狭い地域を語らずして日本の近代化は語れないんですね。
さて、そんな文化歴史の発祥地の住宅街の中に在(あ)る昔ながらの銭湯が、今回紹介する‟泉湯”です。
泉湯
近代文化発祥地が群在する地域の銭湯
KIMG0134
☞銭湯の個性と周辺見所 (・◡・)♫  
 玄関のステンドグラスが可愛い◎
 壁画が男湯西伊豆、女湯富士山◎
 貸し手ぬぐい&シャンプー有り◎
 定休日が少ない!◎
 港の見える丘公園から徒歩圏内◎
 周辺に歴史史跡多数あるよ◎
☞施設・備品関連 (•ω•)ノ      
【定休日有り】
 6日、16日、26日。
【入浴料】
 大人490円
 子供200円
 小学生以下無料
【アメニティー】
 シャンプー等は貸出有り
 使い切りシャンプー類販売有り
 レンタルのハンドタオル有り
 飲料販売有り
【電車】
 元町中華街駅~徒歩19分。
 (バス乗車しても15分)
 石川町駅~徒歩23分
 (バス乗車しても14分)
 山手駅~徒歩20分
 (バス乗車しても17分)
【  車  】
 周辺に有料駐車場複数。
――以下 写真と詳細( ՞ਊ՞)ʃ♪だよ⤵――
——外観——
KIMG0134
CIMG0094
KIMG0136
——玄関——
KIMG0138
KIMG0139
——脱衣場(男)——
KIMG0671CIMG0104
KIMG0140
KIMG0142
——脱衣場(女)——
KIMG0670
KIMG0669
——浴場(男)——
CIMG0102
CIMG0099CIMG0100
CIMG0098
——浴場(女)——
CIMG0095
KIMG0666
KIMG0668
そして風呂上がりのコーヒー牛乳♪
KIMG0676
どうです?規模は大きくないながら、地元の人に今も愛される雰囲気が何となく伝わったでしょうか?
もし、映画版L💛DKのロケ地や洋館巡り、港の見える丘公園方面から妙香寺台や北方の歴史散歩をしてみたい方・・・
・・・文化に囲まれた町に在る昔懐かしい銭湯の泉湯にちょっと足を伸ばして、文字通り足を伸ばせる御風呂に入りに行って見ませんか~?
このブログを書いているのは2020年10月10日ですが、泉湯の在(あ)る本牧半島はこれから三渓園も紅葉の季節に成りますねぇ~♪
次は同じ山手地区の‟いなり湯”か、紅葉の名所の紹介記事を追記します~
明日の夜に書いて月曜の皆さんの出勤時間には読める様に予約投稿して置きます。

では皆さん、次の記事で御会いしましょう~♪
mixiチェック

国指定名勝 横浜三溪園 
(旧原財閥総帥 原三渓私邸)
【景観】★★★
 戦国時代の文化財建物群
 &紅葉のコラボした絶景!
【電車】 
 元町中華街駅・・・所要時間25分
 中華街入口バス停で乗換16分~
 ~桜道降車~徒歩8分。
 根岸駅   ・・・所要時間15分
 バス乗換6分~間門小学校降車~
 ~徒歩8分。
 根岸駅   ・・・所要時間20分
 バス乗換9分~三の谷降車~
 ~徒歩10分。
【  車  】★★★
 駐車場有り、但しオンシーズンは
 入庫待ち1時間。
 裏技として本牧市民公園の駐車場
 に駐車すると待たないが、そちら
 の出入口は閉門時間が早い。
【休憩】
 園内に御茶屋サンが3軒有る。
 周辺商店街にも飲食店有り。
オススメpoint( •͈ᴗ•͈ )       
 織田有楽斎、豊臣秀吉、徳川家康や
 大名の城から移築した建築文化財◎
 文化財と広大な庭園と紅葉コラボ◎

 原財閥、原三渓の私邸だった歴史◎
 御茶屋が3軒あり団子美味しい◎
 入口にも御煎餅屋さんとか有る◎
注意するpoint(•ω•)       
 紅葉シーズン駐車場メチャ待つ。
 池の右奥のエリア見落とすな!
 
聴楓閣は秋期限定公開。
 夜間ライトアップは期間限定。
――以下 詳細( ゚∀゚)つ ダョ♪⤵――
何も予備知識が無い人は説明の看板をちゃんと読まないでスルーすると・・・
「すっごい!綺麗だな~」
・・・と言う感想で終わってしまうが、ちゃんと説明書きを読むか、このブログ記事を読んで予備知識を持っていくと‟目玉ブっ飛ぶ”位にたまげる事に成る建築文化財群・・・。
どれもこれも、元は徳川家康公が京都伏見城に建てた茶室だったり、織田信長公の実弟で名茶匠として知られ東京有楽町の地名由来にもなってる織田有楽斎の使っていた建物や、豊臣秀吉公が母親の為に京都の大徳寺に建てた建物等を、明治政府の廃仏毀釈(仏教弾圧)の発生時に原財閥の総帥だった原三渓が私財で買取り建物を部材に解体して船で輸送し当時原家の私邸だった三渓園に移築し保護し、三之谷と呼ばれたこの土地の大庭園化が始まった
しかも明治当時に公共福祉を意識して原家私邸の三渓園を公園として無料公開し、一般市民も散策する事が許されていた。原三渓の友人だった芥川龍之介等の著名人も散歩しに訪れていた。
その後、第二次世界大戦の敗戦時にGHQによる財閥解体で原家単独の維持管理が困難に成ると横浜市に‟寄贈”された。現在では国により‟名勝(すごい風景の場所)”に指定されており、三渓園全体も文化財扱いに成っている。
原三渓本人が大経営者でありながら日本画家として有名で、建物の配置と紅葉や桜の配置も計算され尽くされており‟スペシャルな紅葉の景色”を見る事が出来る。
・・・横浜市とは思えない凄まじい梅と桜と紅葉の名所。
※なので説明の看板は熟読する事を推奨!
特に聴楓閣等の重要文化財の多い池の右奥のエリアは初見だと入口を見落とし易いので要注意!
【催事】
観月会の中秋の名月の前後と桜の季節のみ夜間ライトアップされる。
今の季節のみ紅葉の古建築公開され、重要文化財の聴秋閣、林洞庵の近くで紅葉を撮影出来る。
聴秋閣は裏山が普段非公開で撮影出来ないので、紅葉シーズン限定の撮影チャンスです!
交通
紅葉シーズンと春の桜の季節は駐車場が混み合うので早い時間に訪問する事をお勧めします。
15時以降は聴秋閣等の多くの建築文化財の在る区域が封鎖れてしまいますので、土日の場合は駐車場に入るのに1時間は余裕を見て置けば間違い無いでしょう。
裏技としては本牧市民公園の駐車場に停めて、本牧市民公園側の入口から入ると待ち時間が無く駐車し易い。しかしそちらの出入口は閉門時間が早いので午前中~正午頃の見物に向いています。
紅葉シーズンは公共交通機関での来園を推奨します。
【名物】
“三渓園茶寮”で、三溪碗(さんけいわん)と言う三種類の味の御椀に盛られた美味しい手打ち蕎麦がオススメ。 
3つの茶屋とも団子各種と抹茶を楽しめる。
【偉人】
原三溪(旧原財閥当主、横浜銀行・富岡製糸場の創設者、関東大震災横浜復興の恩人)・タゴール(インドの文学者)・芥川龍之介 
原三渓や当時の浅野財閥等の横浜の富豪は関東大震災で横浜市街地が壊滅した際に、私財を持ち出し横浜復興に貢献する等、商人の鑑とも言える功績を立てた人物でもある。
【関連記事】

——入口周辺——
CIMG5729CIMG1593
CIMG1597
——池の右奥側——
CIMG5732CIMG5734CIMG5739
2014-12-01-14-58-18
CIMG5740DCF_0055
DSC_3821
CIMG5770
CIMG5749
——池の左奥側——
CIMG5758CIMG5767DSC_3833CIMG5764
CIMG5772
CIMG5773
——観月会(期間限定夜間ライトアップ)——
image
2008-12-01-08-23-302008-12-01-08-23-30
——三渓園茶寮の団子——
DSCN0546DSC_3829
2014-11-20-15-15-45
——猫沢山いるよ~♪——
CIMG5782
DSC_3851
CIMG1624
紅葉の名所一覧へ⤵
 

mixiチェック

港南泉
駅近くの名銭湯の壁画は珍しい日光竜頭の滝の紅葉の絵!
KIMG1466

☞銭湯の個性と周辺見所 (・◡・)♫  
 壁画が珍しい秋の日光の滝◎
 サウナ室入浴無料◎
 週末ラベンダー平日はヨモギ湯◎
 天井すっごい高くて解放感◎
 地下鉄港南中央駅から徒歩3分◎
 戦国時代笹下城鎮守の神社近く◎
 周辺は飲食店が沢山あるよ◎
☞施設・備品関連 (•ω•)ノ      
【定休日有り】
 月曜休、月曜祭日の場合翌日休み。
【入浴料】
 大人470円
 子供200円
 幼児100円
【アメニティー】
 シャンプー等は備え付け無し
 使い切りシャンプー類販売有り
 レンタルのハンドタオル有り
 飲料販売有り
【電車】
 港南中央駅〜徒歩3分
【  車  】
 駐車場6台有り。
 周辺に有料駐車場複数。
――以下 写真と詳細( ՞ਊ՞)ʃ♪だよ⤵――
——外観——
KIMG1466
——玄関——
KIMG1467
KIMG1468
——番台前休憩スペース——
KIMG1470
——脱衣場休憩スペース——
KIMG1473
——脱衣場の洗面台と天井——
CIMG0107

KIMG2404
KIMG1471
KIMG1472
——浴室——
KIMG2400
KIMG2401
KIMG2403
——壁画——
KIMG2399
関東の銭湯は西伊豆や富士山の風景を描いた障壁画が多い中、この港南泉は非常に希少な日光の紅葉する龍頭の滝が描かれている。しかも富士山の溶岩を絵と一体化させる事で、龍頭の滝の先端や山肌が飛び出てきている様な表現がされている。
女湯は華厳滝。
CIMG0108
男湯とは又ちがった風情♪
この写真、店主のオッチャンに閉店後に撮影させて貰ってるから女性陣、安心して下さい(笑)。
CIMG0109
洗うスペースはこんな感じ。
CIMG0110
浴槽も男風呂と同じ設備。
CIMG0114
こんな感じで建物も立派で太い梁と柱に支えられた高天井の浴場で、とってもリラックスする。
湯船も町の銭湯の中では比較的広い。更に薬湯の浴槽は平日は蓬生(よもぎ)湯、週末はラベンダー湯に成るので疲労回復効果も期待出来る。
スーパー銭湯では味わえないユックリした時間を満喫できる。
駐車場は6台と少ないが、近くのグッディプレイスの立体駐車場は入居しているヨークマートや100円ショップ、ガスト、はなまるうどんで500円以上買物や飲食すれば2時間無料。
電車バスなら港南中央駅から徒歩3分とめちゃめちゃ近い。
他にも焼肉食べ放題の焼肉キングや和食の木曽路等も有るので、家族連れで昔ながらの銭湯を体験に来たついでに食事にも困らない。
この一帯は戦国時代に北条家臣として活躍した横浜市域最強の武将にして最高の築城家だった間宮康俊公の居城笹下城の外郭として機能した松本城址に当たり、港南泉の目の前の日野川が外堀の役割を果たしていた。
間宮康俊公は豊臣秀吉の小田原攻めの際に、手勢の足軽200と箱根山中の山中城に城主松田康長公の救援として合計300の兵で籠城し、豊臣軍8万の大軍勢に死者3000の大損害を与えて玉砕した。
その後、康俊公の息女の於久(おひさ)サンが
徳川家康公の側室に成り駿府城で姫を産み、康俊公の跡を継いだ嫡孫(後継者に成る孫)の間宮直元公が佐渡奉行、但馬奉行、本牧奉行として佐渡金山と生野銀山を経営し横浜市長の前身を務めた歴史がある。この間宮直元公が真田丸を含めた大坂城総堀埋め立て作戦を家康公に立案した名軍師で、その歴史は神奈川県よりも作戦を実行した鉱山衆の本拠地だったユネスコ世界遺産指定されている生野銀山のある朝来市に豊富に史話が伝わっている。
2360-49-H
朝来市は天空の城で有名な町。
他にも間宮家の子孫には東京大学の前身、昌平坂学問所で頭取を務めた間宮士信(ことのぶ)公、江戸時代に西洋医学導入に尽力した杉田玄白公、択捉島や樺太を探検測量し間宮海峡を発見した地理学者の間宮林蔵公等がいる。
その間宮康俊公を御祭神として天照大神の陪神に祀るのが、間宮家が一時居館を構えた笹下城外郭の松本城本丸跡の天照大神宮で、港南泉から徒歩10分弱の距離に所在する。





mixiチェック

清水湯
鎌倉市街地で現存唯一の日本建築老舗銭湯
KIMG8377
☞銭湯の個性と周辺見所 (・◡・)♫  
 壁の九谷焼の金魚絵が奇麗◎
 浴室の集合蛇口が珍しい◎
 昭和30年2月16日完成の建物◎
 築60年以上なのに建物奇麗◎
 材木座海岸徒歩8分海水浴帰り◎
 近くにオシャレなレストラン◎
 昔ながらの天井の高い銭湯建築◎
☞施設・備品関連 (•ω•)ノ      
【定休日有り】
※月水金が定休日で要注意!
【入浴料】
 大人470円
 子供200円
 幼児100円
【アメニティー】
 シャンプー等は備え付け無し
 使い切りシャンプー類販売有り
 レンタルのハンドタオル有り
 飲料販売有り
【電車】
 JR鎌倉駅~徒歩14分
【  車  】
 3台有り。
 徒歩6分圏内に有料駐車場複数。
――以下 写真と詳細( ՞ਊ՞)ʃ♪だよ⤵――
——外観——
KIMG8377
KIMG9604
——玄関——
KIMG9592
KIMG9593
——脱衣所——
CIMG0771
KIMG9599
KIMG9602
——浴室——
CIMG0761
CIMG0758
CIMG0769
——壁絵——
CIMG0765
CIMG0767
CIMG0763
鎌倉の観光地化した旧市街地では唯一現存する銭湯。
築60年以上経ち、修繕もされてないのに奇跡の無劣化!
梁も天井も奇麗な状態、天井高くくつろぐ。
定番の富士山や西伊豆の壁画ではなく、涼やかな九谷焼の日本画の金魚が美しい~♪
材木座海岸からも徒歩圏内。
image
材木座海岸から徒歩5分のリビエラ逗子マリーナ横に所在する小坪飯島公園から見える由比ヶ浜~稲村ヶ崎~江ノ島~富士山と夕陽は絶景。
CIMG8607
小坪飯島公園
材木座海岸での海水浴や小坪飯島公園で景色を見た帰りに立ち寄っても疲れがとれて最高の休日に成る。
しかも清水湯の直ぐ近くには以前ブログで紹介したオシャレなレストランBAR、ルアーズもある。

この他にも未だ記事にはしてませんが高速参勤交代のモデルに成った内藤家の本家の菩提寺でもありシンゴジラのロケ地の浄土宗大本山の光明寺や・・・
image
天照山 蓮華院 光明寺
image
ここは奈良か京都か?と思う大寺院がこんな海水浴場の近くに有るのを結構知らない人も多いが、御朱印ファンや歴史好きには超有名な寺院。残念ながら2020年は御本堂は修繕改築中で数年間入れないが、立派な山門や他の建物は見学できるし御朱印も拝受できる。当然、シンゴジラでロケハンされた裏山の展望台からの景色も見れるし、寺務所で御願すると内藤家の殿様達の御廟所に入る為の鍵も貸与して貰える。
・・・材木座海岸や光明寺の直ぐ近所に、とっても日本蕎麦の美味しい“そば処 土手”もある。
周辺の観光と合わせて、〆に清水湯に入って帰ると良い休日を過ごせる。
小生は春の間、しょっちゅう横浜円海山から鎌倉大平山の山中の古道を20km散歩して廻ってましたが、清水湯さんの営業日には毎回入浴してサッパリしてから鎌倉駅から電車で帰り、有意義な時間を過ごさせて貰いました。






mixiチェック

みなと湯
現代では希少なビジネス旅館みなと旅館の銭湯
KIMG7316
☞銭湯の個性と周辺見所 (・◡・)♫  
 ビジネス旅館みなと旅館の銭湯。
 共済病院前で御見舞い滞在に便利。
 タイルのモザイク画が可愛い
 鷹取山ハイキングコース近く。
 野島公園BBQキャンプ場近く。
☞施設・備品関連 (•ω•)ノ      
【入浴料】
 大人470円
 子供200円
 幼児100円
【アメニティー】
 シャンプー等浴室に有り
 使い切りシャンプー類販売有り
 レンタルのハンドタオル有り
 飲料販売有り
 ビジネス旅館併設
【電車】
 京浜急行追浜駅~徒歩8分
【  車  】
 駐車場若干有り
 周辺に有料駐車場複数
――以下 写真と詳細( ՞ਊ՞)ʃ♪だよ⤵――
ーー入口~建物の外観ーー
KIMG7317
KIMG7316
KIMG7315
KIMG7251
――番台――
CIMG0644
――更衣室――
CIMG0648
CIMG0647CIMG0655
CIMG0654
CIMG0645CIMG0649
――浴室――
CIMG0650
CIMG0651
CIMG0653
CIMG0652
CIMG0657
CIMG0658
横浜では少なくなった日本建築のビジネス旅館が運営する銭湯。
外観は日本風だが男湯と女湯でピンクと水色のパステルカラーに分かれていてタイルのモザイク画が可愛い~(笑)。しかし天井は高く昔ながらの風格と威厳有る建築に成っている。
老舗銭湯は据付のシャンプーとボディーソープが無い場所が大半だが、ここはビジネス旅館の運営する銭湯なので購入不要。突然行っても貸しタオルをレンタル出来るので、タオルを2本レンタルすれば持参しなくても大丈夫。
バスタオルは要持参。
立地的に野島公園のBBQ場から徒歩20分ちょと、神武寺~神奈川の景勝50選の一つ鷹取山の鎌倉石採石場跡や磨崖仏のハイキング帰りに立ち寄り入浴してサッパリしてから帰るにも丁度良い。鷹取山からは徒歩25分位。
近代には伊藤博文公が野島と夏島に滞在し大日本帝国憲法の草案を起草した。
実は平成世代には余り知られて無いが釜利谷~能見台~瀬戸神社~琵琶島~須崎や野島~六浦や内川周辺は江戸時代の歌川広重等が愛した景勝地で、見所が8ヵ所有った事から“金沢八景”の駅名由来に成っている。瀬戸神社と琵琶島辯財天は源頼朝公と北条政子様の御夫妻によって伊豆国一之宮三嶋大社と近江国竹生島辯財天が勧進され開かれた由緒ある神社で金沢八景駅前に存在する。
戦国時代にも太田道灌公、北条早雲公、徳川家康公等が町屋町の龍華寺に滞在し周辺を楽しんだ事が現代に伝わり、昔は名将達のリゾート地だった。
その龍華寺の元の境内地が浄願寺跡と伝わった上行寺東側の丘陵の上で鎌倉時代末期には兼好法師の名で有名な吉田兼好も浄願寺に長期滞在した程の景勝地が、みなと旅館周辺の埋め立てられる以前の景色だった。
そんな訳で、現代では埋め立てられて景勝地ではなく成ったが、鷹取山~神武寺ハイク、野島公園BBQ、周辺の歴史散歩で汗をかいた後に立ち寄るにはもってこいの銭湯が、みなと旅館の“みなと湯”だったりする。

みなと旅館の直ぐ目前にはヘルニアの手術やスポーツ選手の機能改善治療で有名な横浜南共済病院が有るので、長期の御見舞いで滞在する場合の宿泊にも便利だったりする。

mixiチェック

仲乃湯
凄い宮大工が建てた銭湯でドラマやCMのロケ地
KIMG3112
☞銭湯の個性と周辺見所 (・◡・)♫  
 人間国宝の宮大工が手掛けたよ◎
 町の銭湯なのに露天風呂有るよ◎
 外国の温泉ファンにも有名だよ◎
 色んなドラマCMのロケ地だよ◎
 子供客はクイズで景品貰えるよ◎
 芸者の神様の中村八幡宮近く◎
 有名な横浜橋商店街の近くだよ◎
☞施設・備品関連 (•ω•)ノ      
【入浴料】
 大人470円
 子供200円
 幼児100円
【アメニティー】
 シャンプー等は備え付け無し
 使い切りシャンプー類販売有り
 レンタルのハンドタオル有り
 飲料販売有り
【電車】
 市営地下鉄阪東橋駅~徒歩12分
【  車  】
 駐車場無し。
 中村東公園周辺に有料駐車場複数
――以下 写真と詳細( ՞ਊ՞)ʃ♪だよ⤵――
——店構え——
KIMG3112
KIMG3111
KIMG3044
——入口——
KIMG3046KIMG3047~2
——番台の彫刻——
KIMG3058
KIMG3128~2
——超かっこ良い天井——
KIMG3054
KIMG3052KIMG3053
——更衣室の様子——
KIMG3055
仲乃湯脱衣所 公式から拝借 久良岐のよし
——浴室(内風呂と露天風呂)——
仲乃湯浴室 公式から拝借 久良岐のよし
仲乃湯露天風呂 公式から拝借 久良岐のよし
——昔ながらの瓶入り飲料——
KIMG3063
ここの建築は物凄く見応えが有る。人間国宝に成った宮大工が彫刻を施した番台や巨大寺院の様な天井、ファンから寄贈された扁額が掲げられ、もう超有名な神社に来た様な雰囲気すら有る。
スーパー銭湯しか知らない平成世代は圧倒されるかも知れない。箱根のかなり有名な温泉旅館じゃないと太刀打ち出来ない様な立派な建物。
更に住宅街の銭湯でありながら露天風呂まで有る。なのに昔ながらの銭湯でゴチャゴチャしたスーパー銭湯には無い安らぎと癒しが有る。横浜市内最高の銭湯と言っても過言ではない。
こんな場所をTV業界が放って置く訳も無く、多くのドラマやCMのロケ地に成っている。
【ドラマ】
笑点ドラマスペシャル桂歌丸
・・・泉ピン子、尾上松也さん、水上あさみさん
世界一難しい恋   
・・・嵐の大野君、モデルの波留ちゃん
【TV】
YOUは何しに日本へ
NHK夕時ネットワーク
安らぐ町の銭湯なのにドラマのロケ地として来訪すると非日常感も味わえる。
阪東橋駅から徒歩で10分と交通の便も良く、来る途中には横浜市で一番有名な商店街の横浜橋商店街が有るので、買物の延長で来る事が出来る。
この立派な銭湯が建てられる文化素地が実は周辺には昭和初期まで存在していて、現在の横浜橋商店街一帯は幕末~昭和初期まで発展し続け、その過程で永楽遊郭や真金町遊郭街が形成され立派な日本建築を作る宮大工達と縁の深い土地柄も有りました。実は笑点で司会を務めていた桂歌丸さんが真金町の遊郭の御曹司(おんぞうし)でした。そんな歴史が有るので付近には芸者と御金持の旦那衆が多く参拝し新橋からも芸者衆が来る程の金運と芸事と女性守護の神社として崇敬され第2次世界大戦の横浜大空襲まで巨大な社殿を誇っていた中村八幡宮も存在します。

御朱印収集で参拝に来られた方は是非、昔の中村町~真金町の文化の名残を仲乃湯に求め入浴行ってみて下さい。良い休日に成る事間違い無し!
この中村八幡宮を戦時中迄守っていたのが、旧鎌倉郡~三浦郡の実に六十余の神社の宮司を務めた関家だったのですが、この八幡様は現在でも女性や芸事や商売の守神として崇敬されているので、八幡様は治水と破魔と地鎮の神様ですが、女性には多くの強い御利益が有るかも知れませんね。
さて、仲乃湯が近くに在った芸者が行き交い御金持の旦那衆が訪れた遊郭の歴史や、庶民の生活を支える有名商店街の変遷と文化素地が有って成立した地域の素敵な銭湯だと言う魅力は伝わったでしょうか?


mixiチェック

常楽湯
100年超の歴史を有する老舗銭湯
KIMG7749
☞銭湯の個性と周辺見所 (・◡・)♫  
 100年以上の歴史が有るよ◎
 貴重な昔ながらの薪の沸かし湯◎
 今では貴重なボットン便所(笑)◎
 壁画は沼津市久連辺りの駿河湾?
 タイルのモザイク壁画も可愛い◎
 大船駅前の商店街が有り面白い◎
 大船フラワーセンター徒歩圏内◎
 大船観音寺の徒歩圏内◎
 北条綱成公開基龍寶寺徒歩圏内◎
☞施設・備品関連 (•ω•)ノ      
【入浴料】
 大人470円
 子供200円
 幼児100円
【アメニティー】
 シャンプー等は備え付け無し
 使い切りシャンプー類販売有り
 レンタルのハンドタオル有り
 飲料販売有り
【電車】
 JR大船駅~徒歩10分
 富士見町駅~徒歩05分
【  車  】
 駐車場無し。
 近所に有料駐車場有り。
――以下 写真と詳細( ՞ਊ՞)ʃ♪だよ⤵――
——店構え——
KIMG7749
KIMG7750
KIMG7673
——番台と建物——
KIMG7678KIMG7679
——浴室と壁画——
KIMG7677
KIMG7674
KIMG7675KIMG7676
大船駅から徒歩10分、湘南モノレール富士見町駅から徒歩05分と交通の便が良い。
周辺が田園で湘南モノレールが開業するより遥か以前の100年前には既に開業していた。
常楽湯の建物も昭和初期の建築で現代では見る事が少ない貴重な“ボットン便所”も有る意味見所かも知れない(笑)。
昔ながらの番台が有り、昭和の古き良き銭湯の姿を今に残す。
ここの売りは現在では少なくなった薪を燃やした火力による沸かし湯で、ガスや燃料で沸かす湯と異なるので銭湯ファンに人気。主な入浴客は地元民だが、遠方からも入浴客が来る。
鎌倉の小町通り等は観光地なので閉店時間も夜早く19時頃だが、乗り換え拠点の大船駅周辺は住宅街&昔は松竹撮影所が有った地域密着ながら大きな商店街なので居酒屋も多数、鎌倉観光の帰りに途中下車して大船で飲んで帰ったり、御惣菜を御土産に買って帰るのに丁度よい。
昔は鎌倉駅前にも銭湯が有ったが今では材木座の清水湯のみ、大船駅近くに在る本当に昭和のまま100年の歴史を有する“常楽湯”で鎌倉観光の汗をサッパリ流して帰るのは心地良い。
大船駅構内には昭和の映画スター達が愛した老舗の鎌倉大船名物“鯵の押し寿司”を売る大船軒が今も営業している。
鎌倉観光に遠方より電車で来られている方には旅の御供の駅弁にイチオシ。
大船駅前の商店街には横浜~鎌倉に展開する鶏専門店の“ハマケイ”があり名物の鶏1羽丸揚にした“カブト”等も売っているので良い御惣菜土産にも成る。
又、近くに日比谷花壇大船フラワーセンターや戦国時代南関東最強の武将、北条綱成公の菩提寺た龍寶寺と玉縄城の資料館である玉縄ふるさと館、大船観音で有名な大船観音寺も有る。
大船フラワーセンターで季節の御花を見たりピクニック帰りに立ち寄るにも良い銭湯。

さて・・・
常楽湯の魅力伝わったでしょうか?

今後は銭湯の情報が有る程度集まったら、コレ⤵
この穴場海岸一覧の記事みたいな感じで横浜市と鎌倉市を中心に昔ながらの銭湯一覧に編集したいと思います。
少しづつ書き足しますが、皆さんの旅の助けに成れば幸いです。
mixiチェック

野毛と言えば横浜市民に名の知れた飲み屋街ですが、実は明治時代には原財閥や浅野財閥の豪邸がひしめく高級住宅街だった事を知る横浜市民はもう多くないのかも知れません。
小生は横浜中央図書館に調べ物にたまに行くのですが、私事ですが実は野毛は小生の住む円海山の麓からだとバスと電車で行くより車で行ってしまう方が交通費が安上がりだったりします。
実は野毛の商店街の中には金額上限1000円程度の駐車場が沢山ありますからね、本郷台や港南台や六浦や能見台や杉田までバスで出てから電車で来ると結局1000円前後に成ってしまう上に時間かかるんです。
だから中央図書館に行く時はいつも車で行きます。
DSC_0013
普通に高校卒以上だったら古文で習った知識程度で読める文書。
小生、この日は上の写真の古書の一部分をコピーさせて貰いに中央図書館に行くので野毛の商店街に車を停めて、ついでにランチもしてきました。
ところで中央図書館の傍(そば)には文化財の石垣が存在するのを皆さんご存知でしょうか?
DSC_0579
旧平沼専蔵別邸石積擁壁及び煉瓦塀(野毛山住宅亀甲積擁壁)
DSC_0581
DSC_0584
ここは元々は西武鉄道の前身、武蔵野鉄道の初代社長の平沼専蔵さんの御屋敷だった場所で、御城の石垣よりも立派な組石で擁壁が作られており、横浜市の歴史的建造物に指定されていたりします。
恋は雨上がりのように 公式ホームページタイトル画像 久良岐のよし
この坂を超えると初代横浜駅とほぼ同じ場所に建てられた桜木町駅に続く紅葉坂に続き、最近の映画の❝恋は雨上がりのように❞でロケ地に成った神奈川県立図書館が在ったりします。
丁度、来月11月にDVDとBlu-rayディスクが販売開始されますね。
映画に興味ある人は下に公式と過去記事のリンク貼って置くので御覧下さい。
『恋は雨上がりのように』公式サイト←クリックで公式ホームページリンク!

※以下は過去に書いた❝恋雨❞関連の記事リンクです、クリックすると記事を読めます。
2018年05月25日公開の映画 恋は雨上がりのように は横浜市金沢区~磯子区~港南区~中区がロケ地です!ついでに蛍が見れる場所も紹介!
【休日雑記】2018年06月01日・・・映画版❝恋は雨上がりのように❞ロケ地の数ヵ所詳細紹介。知ってる場所を訪問して写真撮って比較して見た。

さて野毛は学生時代に良く来ていたんです。小生はここら辺、予備校通うのに❝チャリンコ❞でちょくちょく来てたんですよ、今にして思うと円海山の麓から横浜まで親に貰った交通費ケチって小遣いにするとか凄まじい体力だったなと・・・
中学頃なんて初夏とか秋口に人の少なくなった鎌倉の由比ヶ浜にチャリンコで行ってイチャついてるカップルの横で皆でわざと大声で棒倒ししたり大晦日に禁止の焚火して焼き芋作ったりガキ染みた迷惑行為をして遊んでいた様な・・・
厚木市日向とか茅ヶ崎市のキャンプ場とか、小田原城まで城見にチャリンコで行った事が有るけれど今やったら確実に翌日仕事出来なくなりそうだな。
ついでに余計な話だけれど、学生時代に横浜駅近くの予備校に通ってた頃によく中央図書館に(チャリで)来てたんですが、小学校の時の5~6年時の同級生の初恋の気が強くて真面目そうな女の子が、中央図書館の外のベンチで彼氏らしい男とイチャイチャしてるのを見て「なんだかなぁ~」と思ったのを良く覚えています(笑)。
・・・さて、そんな訳でこの日は青春の変な思い出も有る中央図書館に古書を閲覧に行って必要な部分のコピーをさせて頂いた訳ですが、せっかく野毛に行ったので当然、野毛の激安ランチを食べて来た訳です。
野毛の場外馬券場の近くに永勝楼と言う御店が在ります・・・
DSC_0004
永勝楼
この御店、小生2回目だったのでそんなに通っている訳ではありませんが、普通に中華街で食べるのと遜色無い味な上に❝ランチが激安❞なんです。
DSC_0005
DSC_0006
外の看板は税抜き価格表示、でもメニューは本当にこのまま!
点心とデザートまで付いていてこの値段(税抜)!
下は店内のメニューの写真。
DSC_0007
DSC_0008
1人で色々食べたい時にこの値段と品数は大変助かります。
御店は少しこじんまりしてるかな?
DSC_0009
この日小生はエビチリ定食を頼んで見ました。
DSC_0012
凄くないですか?これで税込み900円!
炒飯
干焼蝦仁(えびちり)
小籠包
玉子コーンスープ
搾菜(ざーさい)
杏仁豆腐
6品で900円は中華街でも中々無いかな?

もし野毛山動物園や横浜市立中央図書館に行く用事が有る時に食事場所迷ったら、この永勝楼さん、おすすめですよ!
まぁ、野毛の商店街にも沢山安くて美味しそうな御店がありますから、ビジネスマンが多く入る御店参考にしても間違いないかもしれないです。

結局今週の週末も習い事と仕事の用事で西麻布に行ってて相模川のコスモスも江ノ島の花火大会も見に行く事が出来なかった・・・次は歴史解説記事書きたいな~。
では!又、次の記事で御会いしましょう♪
mixiチェック

横浜市金沢区長濱には長浜ホールと言うコンサートホールと長濱野口記念公園が在ります。
そこには❝旧長濱検疫所の細菌検査室❞が保護維持され無料開放されています。 CIMG6460
長濱野口記念公園内 旧細菌検査室
実はここ・・・
CIMG6465
野口英世記念公園内に保存される明治時代の建築遺産にして医療文化史跡。野口英世先生が検疫所職員時代に日本初❝ペスト❞の患者を臨港検疫で発見し日本へのペスト流入を食い止めた当時正に働いていた場所なんです。
CIMG6461 野口英世先生がここでペストを食い止めていなかったら
現在の日本人の多くは祖先が死んでいて生まれていなかったかも知れない、そんな医療の聖地でもある訳です。
CIMG6462 明治三十九年(1899年)明治政府に因って❝海港検疫法❞が公布されました、すると旧長濱検疫所は横濱海港検疫所として再スタートし、当時は北里研究所の北里柴三郎先生の開いた伝染病研究所で研究助手をしていた野口英世先生に白羽の矢が立って❝海港検疫医官補❞として入所赴任されたそうです。
この頃、野口英世先生は22歳。若い!
CIMG6467 すると横浜港に入港しようとし横濱海港検疫所に停泊していた❝亜米利加(アメリカ)丸❞の清国(中国)人乗船員がペストに感染しているのを野口英世先生が発見、ペストの日本侵入と蔓延を事前に食い止めた。
CIMG6468 その時に活躍の場と成ったのが正に、この❝旧細菌検査室❞であり、当時の横濱海港検疫所として機能し現在はコンサートホールとして改装され再利用されている長濱ホールだった。 CIMG6469 これらの建物はバブル時代に老朽化で破壊されそうに成ったのですが、野口英世先生の出身地の福島県民と横浜市民と北里大学の関係有志が義挙し保存活動に発展、実に18年間に及ぶ保存維持闘争を経た頃に、横浜市長が高秀秀信市長に成ったのが幸運でした・・・
CIMG6470
高秀市長は建築族であると同時に歴史知識と教養の深い人物で、この活動に賛同され保護に踏み切り現在では横浜市民に無料で開放され誰でも医聖:野口英世先生の日本防衛の医療聖地を見学する事が出来る様にして下さいました。 CIMG6459
※現在外装工事中の長浜ホール ・・・余談ですが高秀市長は他にも横浜市中区元町~山手地区の明治~大正~昭和初期の洋館群を横浜市で買い取り保護し、素敵な街づくりと近代西洋文化保護を行い、更には都筑区センター南駅までの茅ヶ崎城址保護整備により茅ヶ崎城址公園を開き日本の戦国時代の文化史跡保護にも活躍されました。
又、茅ヶ崎城から直ぐ近くの大塚歳勝土遺跡を保護し緑地公園と史跡公園として発掘調査させ整備し横浜市立歴史博物館を設立され高秀市長によって保護公園化された大塚歳勝土遺跡は❝国指定史跡❞と成り、素晴らしい商業街造成と史跡文化保護の両立を実現された名市長でもあります。 ●茅ヶ崎城址公園…横浜市内3本指に入る保存状態の城。←クリックすると記事を読めます。
CIMG6471
検疫所の前には澤を利用した水堀が在り、これで検査室と事務所の結界としていた様ですね。
高秀市長はこの様な素晴らしい遺跡や文化史跡や城址や自然を多く保護された上で横浜市の経済発展と両立された偉大な市長だったのですが、2018年現在の林文子市長は❝円海山瀬上池~瀬上沢❞の横浜市最大の❝蛍群生地❞の東急不動産による宅地開発を容認する発言をし高秀市長が自然公園化した現地を一部私有地払下げしたり借地権を放棄し封鎖させ、蛍は絶滅の危機に瀕しています。 同様に❝続日本100名城❞に選ばれた小机城址への横浜市史跡指定化を行わず、建築利権かさせ破壊してしまう可能性が有る。
ついでに関連記事のリンクも以下に貼って置きます。
●茅ヶ崎城址公園…横浜市内3本指に入る保存状態の城。
●円海山と瀬上池の沢…蛍が見れる横浜南部の最後の大森林。
●円海山の蛍が観察出来る季節です。・・・過去記事の転載も。
●❝続日本百名城❞の1つ小机城は城主北条幻庵公と城代笠原信為公が率いた北条家白備え隊後の小机衆の拠点。
CIMG6472
旧細菌検査室は小さな博物館に成っていて、当時の検査機材や書類、歴史解説が無料展示されていて誰でも野口英世先生の足跡を学ぶ事が出来ます。
CIMG6478
CIMG6479
CIMG6480
CIMG6481
CIMG6482
CIMG6483
CIMG6484
CIMG6485
CIMG6486
CIMG6487
CIMG6488
CIMG6489
CIMG6490
CIMG6491
CIMG6492
CIMG6493
CIMG6494
CIMG6495
CIMG6496
CIMG6497
CIMG6498
CIMG6499
CIMG6500
CIMG6501
CIMG6502
CIMG6503
CIMG6504

CIMG6473
建物は高秀市長が保護した頃には放置され老朽化が激しかったのですが、有志の活動と高秀市長と当時の市長を支えた教養と志の有る一部職員によって修繕が段取りされ現在のの残されました。
CIMG6474
CIMG6475
部屋は多くは有りませんので、長浜ホールに事前に見学可能か問い合わせし合わせて行くと良いと思います。小生はこの日は旧長濱検疫所の検査室だけを見学しました。
CIMG6477
このデカくて仰々しい物が当時の顕微鏡だそうです。今は大分小さく成りましたね。
医療の進歩は科学の進歩を一緒に進んでいく事を物語っていますね。
CIMG6505
他にも検査器具は野口先生が手で触れたかも知れいない擂鉢やら天秤やらシャーレみたいな物とか?色々有りました。
CIMG6506
CIMG6507
CIMG6508
CIMG6509
CIMG6510
これは医療関係者の人が見るべき場所なのだろうなぁと思います。
CIMG6512
何か昔の出入り口は地下室と兼用の地下道のみだったそうで、疫病が万が一蔓延しない様に有事は埋めて封鎖する目的でも有ったのでしょうか?今では別に玄関が付けられています。
CIMG6514
昔の検査風景。
CIMG6515
CIMG6516
今も再現され保存されています。
CIMG6518
どうです?
小さいけれど医療関係者のみならず横浜市民も見学する価値は十分に有ると思います。
近くの長浜公園は昔海だった海岸線で干潟が保護されており野鳥の観察も出来て子連れでタコ上げしたりデートで散歩したり、ゆっくり遊べる場所でもあります。
CIMG6524
そうそう、自販機まで野口先生仕様でした(笑)。
さて・・・
林市長が長浜野口記念公園や茅ヶ崎城址公園や山手のエリスマン邸等、多くの市の建築遺産と史跡と自然と宗教の聖地を高秀市長の様に保護され活用される事を期待し、この記事を書きます。
円海山と瀬上沢と小机城址が横浜市指定史跡や自然保護区に成り、東急不動産さんが自然破壊開発を放棄、それ等の場所の保護にスポンサーに成り“浄願寺跡の上行寺東遺跡を破壊した横浜市教育委員会の罪滅ぼし”も兼ねて林市長と横浜市教育委員会と東急グループは自分の会社は文化と自然を保護しながら既存の宅地を有効的に再開発していますと方針転換の宣伝を率先して行って下さるよう、期待します。
●【城郭ファンへ拡散】六浦山上行寺の解説と、間宮家臣荒井家の鎌倉武士時代の幻の城址❝荒尾城❞発見?の報告と協力要請。
よもや、横浜市はこの過ちを繰り返さないよな?
多くの横浜生まれ横浜育ち世代の横浜市民と自然保護活動家、カルトセクトではない正統派の神道と仏教宗派の関係者も情報共有しながら❝円海山を見守っている❞事ですし。 この提案は政治家にも企業イメージ改善にも+に成ると思います、高秀市長時代を模範にしては如何でしょうか?
mixiチェック

横浜市金沢区の八景島シーパラダイスや鉄腕ダッシュに度々登場する柴漁港の近くには金沢園と言う元料亭が存在します。この金沢園は昭和四年(1929年)に桜木町から移転して来た料亭で、その開業年は何と大正五年(1916年)に遡(さかのぼ)ります。
CIMG5024
その金沢園は昭和~平成を通じてずっと金沢区柴で営業を続け、大正時代に桜木町で建設され昭和四年に現在地に移築された建物は文化財にまで成りました。
そして平成27年、旅館喜多屋としてリニューアルオープンし、料亭時代の厨房を利用してオシャレなcafeとしてもランチタイムやディナータイムに営業を開始しました。
昔は料亭内から海が一望で来た景勝地で、その景勝は鎌倉時代に清朝(満州族=女真族の愛新覚羅家)によって滅ぼされた中国の明帝国から日本に亡命して来た東皐心越によって「金沢八景」と愛称で呼ばれた程の絶景が金沢区柴~乙舳~小泉(釜利谷周辺)~六浦~野島~内川橋~平潟湾の一帯にかけて江戸時代には大変に多くの観光客で賑わいました。
そんな訳で現在、喜多屋と成っても店の建物は文化財として価値が有り美しい造りで宿泊客を持てなし、cafeでの食事を楽しみに来る御客様には昔の薪を焚いて火を起こす窯で調理していた時代の煤(すす)が磨き込まれて黒光りする雰囲気有る旧厨房で食事を楽しむ事が出来る、とてもオシャレな店として復活しました。
DSC_0305
駐車場には昔の料亭時代の名残の池と石橋も有ります。
さて、客は先ず暖簾(のれん)をくぐり下の写真の玄関で靴を脱ぎます。
CIMG5023
靴を脱ぎ振り返ると料亭の頃のとても煌(きら)びやかな掛け軸や壁の欄間が御客様を出迎えてくれます。
DSC_0307
この店は予約無くてもランチを食べる事が出来るので、八景島で遊んだり稱名寺を散歩する際に御薦めです。
玄関から中に入り右手に進むと旧厨房が“cafeぼたん”として営業しています。
CIMG4998
何と目の前で料理をしている所を見ながら食事が出来ます。これは外国人の御客様に好評でしょうね。
日本人でも見ていて楽しいし、料理が好きな御子様なんかを連れて行けば良い影響を受けるんじゃないでしょうか?
DSC_0309
メニューはオシャレだけど価格はとてもリーズナブル、御子様ランチも有るので子連れのママさん達も安心して子連れ友達同士で来る事が出来ます。
まぁ…元料亭、今も旅館のレストランなので「ぎゃーぎゃー」と騒ぐ子等は連れて行くべきでは無いと思うし、逆にママさん達が日本人らしく子供を厳しく躾(しつ)ける良い機会にも成るかと思います。
小生は写真撮影に訪問したこの日は“国産地鶏の幽庵焼きオレンジ風味”の定食にしました。
CIMG5000
料理も和風に洋食のエッセンスを足していて横浜の開港以来の鎌倉武士文化と西洋文化のコラボを楽しむ様(よう)な献立が多いですね。
CIMG5001
この幽庵焼き、とても美味しかったです!
これにデザートのジンジャープリンが付いて1500円はとてもお得。
DSC_0312
食器も料亭金沢園から引き継いでいるそうで、とても美しい鎌倉彫の椀に汁物が入っていました。
DSC_0311
この写真を知り合いの博物館の女性職員達に見せたら「うわ~綺麗♪」と感心していました。
価格の話もしましたが、女性達が魅力を感じる御店としてどうやらコンセプトの確立に成功した様ですね。

さて、食事が終わり、館内を従業員の方に案内して頂く事が出来ました・・・
実は小生、この写真撮影の為の訪問に際し、1ヵ月程前に直接御挨拶に訪問し日を改めて館内の見学と写真撮影の申し込み、つまり素人取材の御相談にあがっていました。
・・・なので、今回の訪問で従業員の方に御話を通して頂き、食事後に旅館の客室としてリニューアルした元料亭客室部分で空室チェックイン前の部屋を見学させて頂く事が出来ました。
※見学したい人は訪問前に事前に客室の見学の可否を相談して下さい。小生の場合は事前に交渉しアポをとっています。通例だと思わないで下さいね~。
先ず案内されたのが1Fの客室に通じる廊下。
CIMG5005
ともても風情が有る。
下は金沢区野島の伊藤博文公金沢別邸。
2015-08-19-15-50-23
やはり明治に建てられた同じ金沢区の野島公園にある伊藤博文公の別邸に少し似ている印象を受けた。
CIMG5004
1Fには2人部屋の客室。元々料亭だったので書院造だ。
昔の日本人は男性平均身長も160cm位で体躯も小柄だったし、これで十分に広かったのだろう。
書斎といった印象を受ける。
CIMG5006
通路に戻り奥に進むと厠(かわや)すなわちトイレが有る。
DSC_0317
ここも大正モダンな和風建築がそのまま活用されている。勿論、必要な部分は現代の物に成っている。
CIMG5009
2Fに上る階段の奥にも客室が在る。
CIMG5011
うん、良い感じ。今度関西や台湾の友達が遊びに来たら横浜市内の味気ないホテルじゃなくて、ここの喜多屋か三浦の民宿やペンションか横須賀の米国軍人が宿泊するホテルに泊めてあげよう。
きっと喜多屋に泊めてたら皆、横浜にこんな場所が有るのかと喜んでくれるだろう。
CIMG5014
こちらは少し広めの部屋。3人部屋の様だ。
昔はこの部屋で4~6人位で宴会をやったのだろう。
料亭時代から宿泊も出来た様で、風呂も大正の素敵なタイル貼りの浴室だった。
CIMG5015
まぁ、本格的な旅館では無かったので、2つ有る浴室の内のコチラは大浴場ではない。
窓のガラスは大正時代の色ガラスだそうで、何だか教会のステンドグラスの様で日光を取り込んで素敵な淡い色に光っている。
CIMG5016
コチラも窓のガラスが美しい!
浴室はもう一つ有り、こちらは少し広い。家族4人でも同時に入れそうだ。
DSC_0323
色が暖かい。
大山阿夫利神社の参道に多く有る宿坊も大正時代や昭和初期の再建の場所が多いが浴室はやはりコンナ感じだ。富士山の溶岩で浴槽周辺を装飾されタイル張り。
浴室を出て階段を上る。
CIMG5007
階段の上からは昔は海が見える絶景だった大広間が存在する。
CIMG5018
とっても!立派な部屋。
昭和の映画スターの勝慎太郎さんが良く宴会をしていた京都の老舗すき焼き店の三嶋亭の大広間もこんな感じだった。一昨年三嶋亭で友人と食事をした際に店の御厚意で店内を見学させて頂けたのでたまたま知っている。
CIMG5020
部屋の周りも雰囲気が良い。
CIMG5017
現在では目の前にマンションが建ってしまい、更にアフォの横浜市が景勝地だった海を埋め立ててしまい眺望は失われたが横浜市内に在って豊かな緑が残っている御庭。
これも外国人の観光客には好まれるだろう。
CIMG5021
大広間の書院造りは大名屋敷に負けない程に立派だった。
さて、店の解説はここまでにして、少し周辺の地理の解説をしようと思う。
…と、その前に店の住所と連絡先を紹介して置こう。

この喜多屋の前身の金沢園が料亭として栄えていた頃周辺の風景は景勝地として政治家や財界や多くの文化人に愛され、昭和の初期まで、その景勝は大半が残っていた。
その景観は素晴らしく小生の顕彰する戦国時代の関東最強武将、北条綱成公の家老だった間宮康俊公の親族が代々江島神社奥津宮別当を務めたのだが間宮一族の治めた江の島を愛した与謝野晶子サンや、高浜虚子が歌会を開いたり滞在されたりしていたそうだ。
その当時の金沢区の風景はこんな感じだった…
金沢地形図 久良岐のよし
…戦後の昭和に他府県カッペ移民役人だらけの横浜市に破壊される前の"日本屈指の景勝地"金沢八景の地形。
京都の天橋立(あまのはしだて)に瀬戸内海の風景を足した様な絶景が広がっていました。

残念ながら横浜市は現在の林文子市長を含め日本文化や武士文化や歴史に興味の無い極左派やヤクザの親類と交流に深い人物が市長を務める事が多かったり、県外からの移転者が市の役人として多く採用された弊害で神社仏閣を含めた宗教的な自然の境内地の価値や、鎌倉時代の武士や江戸時代の庶民や外国人から愛された景勝地を、建設利権の為に多く埋立て或(ある)いは破壊してきました。
昔、浮世絵師の歌川広重が乙舳帰帆(おっともきはん)や称名晩鐘(しょうみょうばんしょう)と言う絵で描いた美しい風景が昭和初期まで存在したり、源頼朝公が伊豆(静岡県三島市)の三嶋大社から勧進した御分霊を祀って開かれた瀬戸神社の鎮守の森の山も横浜市役所の役人達によって破壊されてしまいました。
2015-03-04-17-10-31
この風景は日本の名だたる歴史偉人達にも愛され、例えば近くの洲崎地域の龍華寺は前身寺院が六浦地区に在った頃、源頼朝公と文覚上人によってその景勝地を望む丘に御寺が開かれました。
新田義貞の鎌倉乱入等で新田軍等の放火と略奪の戦災に遭い廃寺と成った跡、横浜市と縁の深い菅原道真公の御子孫と関東最強の名軍師太田道灌公によって現在の寺町(洲崎)地区に龍華寺は復興されました。すると、その金沢八景の美しさは日本レベルで有名に成り北条早雲公、徳川家康公等が龍華寺に滞在され金沢八景の景色を楽しまれたそうです。
2015-04-01-13-10-08
鎌倉時代にも喜多屋の近くの金沢山稱名寺が鎌倉幕府の重鎮で執権も輩出した金沢北条家の邸宅に成り、後に邸宅は稱名寺として寺院化され現在に至るのですが、その景色も美しく江戸の市民が観光に訪れる場所の一つでした。そして、それ等の八ヵ所の景勝地として有名に成っていた風景を海の上から見た景色を歌川広重が絵にして“金沢八景”の地名は江戸から昭和初期まで南関東最高の景勝地として多くの人々の知る所と成っていたのですが…
戦後の横浜市役所に他府県出身の役人や、極左翼閥や非保守多国籍ヤクザと結託した役人や左派市長が横浜市を統治する度に不思議と海は埋め立てられ、金沢八景の景観は全滅しました。
そして海の公演も埋め立てられ、金沢園も商売が厳しくなった訳です。
この金沢区の埋め立てによる大景観破壊の被害、海の公園と八景島の建設による景観の悪化で客足も遠のいて、平成25年頃には経営がかなり難しく成っていました。そこを現在の喜多屋の運営会社さんが文化財と歴史を活かしてオシャレな店に復活させるプロフェッショナルな粋な企業だったのですが、その経営によって現在見事に復活した訳です。
同じ様な努力をされている西区の坂本龍馬の奥さんお龍さんが働いていた料亭田中家さんや、南区弘明寺の同じく料亭旅館で建築文化財に成るべき価値の有る中里温泉さんと3すくみで頑張って行って欲しいと思います。

本当に、この現在の喜多屋の運営者さんの努力は素晴らしいと思います。
そして料理も美味しい!
是非、この存在を皆さんに知ってもらいたく、お盆休み最後の週末に八景島や海の公園に訪れる人がいたら是非!ここでランチやディナーを召し上がれば良い思い出に成るので推薦させて頂きます。

今回金沢八景の解説で紹介した場所は過去に記事に書いていますので、ブログの「タグ」の一覧から興味の有るタグを選んでクリックして頂ければ関係の記事が出ると思います。

では、今回は喜多屋の解説でしたが、次回は金沢八景の地名の初出典と成った場所、能見堂と青ヶ台城の解説をしたいと思います!
では!又、次のブログ記事で御会いしましょう!
mixiチェック

↑このページのトップヘ