歴史オタクの郷土史とグルメ旅♪♪久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

カテゴリ: 皆さんへ季節のご挨拶とか報告とか。

今年も戦国時代の小田原北条家の白備え隊、小机衆と言う軍団の拠点だった小机城で日本の竹ファンクラブにより「小机城址市民の森 竹灯籠まつり」が開催されます。
本稿の最後の方で小机城で活躍した記録の残る武将達の紹介もしますが先ずは、御祭りの紹介を!
小机城址市民の森竹灯籠まつり 日本の竹ファンクラブ公式より転載
竹灯籠まつり詳細は以下リンクへ!
日本の竹ファンクラブ 小机城址市民の森竹灯籠まつり
Twitterに途中経過も掲載されていますので御興味有る方は御覧下さい!


さて、小机城址の竹灯籠まつり、余り御存知無い人の為に一応、過去の竹灯籠まつりの写真と、小机城に関するブログ記事リンクを掲載して置きます。



IMG_1506
image
IMG_5150
image
image
image
image
以下、小机衆だった主だった武将の名前です。
【小机衆】
[歴代城主]
●北条 長綱公=入道号:幻庵宗哲
本光院殿(玉縄城主北条為昌)没後にその遺領も預かる。北条家の宿老で軍師。箱根権現(現:箱根神社)の別当を務め、彼の所領の傍には風魔忍者の屋敷が有った伝承が有る事から風魔忍者を統括していた事が読み取れる。
●北条 時長公(幻庵公実子)・・・早世
●北条 氏尭公・・・北条氏綱公の四男で北条幻庵公の甥に当たる。
[城代家老]
●笠原 信為公・・・官途は越前守。北条五色備え:白備え隊軍団長。小机城城代。大曾根城主。
鶴岡八幡宮再建では総奉行を務めた。北条為昌公の烏帽子親。詩歌に精通した風流な武将だった。
小机城近くに曹洞宗の父の菩提寺として雲松院を開いた。大倉山の龍松院の前身とされる文殊堂を開いたのもこの人物かと推測出来る。
●笠原 康勝公・・・官途は能登守。小机城代。大曾根城主。笠原信為公の実子。
弘治三年(1557年)に笠原信為公が没し菩提寺の神大寺に葬られると軍団と城代を継承した。大倉山に龍松院を開いた人物とされるが父の代に開かれた文殊堂を本格的に寺院化した人物と思われる。
[軍団重臣]
●笠原 弥十郎・・・領地は足柄上郡開成町岡野と静岡県田方郡修善寺町田代。
姓と出身地から推察するに笠原信為公の親類だろう。しかし諱(元服後の名前)は不明。
●金子 十郎 ・・・官途は出雲守。篠原代官(横浜市港北区東部を統治)、篠原城代。
●小野 与三郎・・・八朔代官(横浜市緑区北部~青葉区南部を統治)。
●陰山 又六 ・・・本郷代官(横浜市港北区小机町~都筑区南東部~緑区東部を統治)。
●遠藤 兵部丞・・・猿山代官(横浜市緑区中部を統治)。
●神田 次郎 ・・・官途は左衛門(尉?)。領地は静岡県三島市内旧字名が長溝と平塚市土屋辺り。
●曽根 外記 ・・・領地は横浜市都筑区東部とセンター北駅周辺と川崎市中原区宮之内辺り。
●座間 弥三郎・・・茅ヶ崎城(都筑区茅ヶ崎)城代?官途は豊後守。領地は横浜市都筑区茅ヶ崎。
●猿渡 内匠助・・・佐江戸城(都筑区佐江戸)代?領地は横浜市都筑区佐江戸町。
●中田 加賀守・・・矢上城(慶應大学日吉キャンパス)城主、井田城城主?吏僚。領地は川崎市幸区鹿嶋田~中原区大倉町一帯と中原区下小田中一帯の他、保土ヶ谷区中央西部~旭区東部一帯、横浜市港北区北東部~川崎市西北部一帯。
下総国印旛郡臼井城主の千葉家分流臼居家に姫を嫁がせる程の家格を有した武将。元は太田康資公の家臣だったので祖先は太田道灌公の代以前からの太田家臣だったのだろう。太田康資公の北条家謀反後に北条直臣に成り、小机衆を経て北条家臣化した蒔田吉良家の与力と成った様だ。
●二宮 播磨 ・・・領地は埼玉県狭山市青柳周辺。吏僚。
恐らく延喜式内社相模国二之宮の川勾神社宮司家一族。小机城から程近い浄土宗の中本山格を有す小机町~緑区東本郷の区境に存在する泉谷寺を北条氏綱公と供に開いたとされる二ノ宮織部丞の子か?
二宮金次郎尊徳公の祖先の同族とも推測出来る。又、二宮家には間宮家から養子が入っているので間宮林蔵や杉田玄白とも祖先が同族である可能性が有る。
●市野 助太郎・・・領地は茅ヶ崎市赤羽周辺。市野四郎の近親か?
●市野 四郎 ・・・官途は左衛門(尉?)。市野助太郎の近親か?領地は助太郎と同じ域内。
●市野 弥次郎・・・領地は港北区日吉本町。
●田中 伊蔵 ・・・領地は川崎市麻生区万福寺(新百合ヶ丘駅周辺一帯)。
・・・この他にも沢山の代官や北条家の被官が居まが挙げていたらキリが無いのでひとまずこれまで。
2014-04-06-17-30-26
2014-03-23-16-35-29
2014-03-23-16-44-08
2014-03-23-16-33-02
小机城で活躍した現在では名も知られない武将達の御子孫達が横浜市の行政による宅地開発に抵抗し守って来てくれた小机城の城址で毎年開催される風流な竹灯籠まつり、皆さんも楽しんでみませんか?

風邪ひいて38℃以上が火曜の夜~水曜~木曜午前中と続き、その間、眉間がアイスクリーム食べた時の痛さと似た感じで痛かった。体も関節が痛く寒かった。喉は咳で完全に潰れ、扁桃腺~咽頭~副鼻腔辺りが爛(ただ)れているのが素人でも自分で判る位に痛く水も飲めなかった。
昨日金曜日、体温も37℃に下がったので出勤したら出勤後、直ぐに喉が悪化、即早退。帰宅したら熱がブリ返していた。その時から気が付いていたけれど、嗅覚が無くなっている。
匂いが解らないから何を食べても「味がしない」。これ以前に鼻炎解消の為に鼻骨削る手術した時と同じ症状だ。
人間って匂いで料理の味を感じてるんだよ。鼻の神経を封鎖されると全く味が判断つかなくなる。
苦味、甘みだけ感じるけれど、料理の美味さ=味ってのは殆ど匂いで感じているんだよ。

この嗅覚、治るんだろうか?
明日も日曜日で耳鼻咽喉科はやってない。既に金曜日で風邪の抗生物質と喉の殺菌のトローチも無く成っている。月曜日まで放置して嗅覚は復活するのだろうか?

現世で尊敬する人→週刊文春の取材スタッフ。
これが小生の尊敬する偉人リストに無名の偉人達として加わった。
ベッキー、今井議員、山尾議員・・・
あの取材力、過去の行政や利権政治家の悪事を歴史から暴くのが正義と感じる小生こと歴史好事家(オタク)として模範にしたい。

歴史は過去を教訓にする為に掘り返すジャーナリズムだから。

次の青ヶ台城解説記事UPは30日を予定しています。
地形図加工するの面倒なんで少し時間かかります。

最近忙しくて1週間1度ペースの更新がやっとですが、ちゃんと玉縄北条家や間宮家や宅間上杉家や蒔田吉良家の顕彰活動と関係先取材は休日に仕事空け徹夜で続けていたりします。
只単に、仕事が繁忙期で深夜に残業終わって朝方に帰宅し、そのまま徹夜で取材に出かけると夜20時頃に帰宅して自分の部屋でPCの前に座ると“落ちて”そのまま寝てしまう事ばかりで更新する体力が年齢も有り無いだけなんです。
まぁ、本業と歴史オタク趣味の歴史取材と副業の3つを1日で回せる体力がいよいよ無くなる年齢に成って来たみたいです。もうオッサンに成るのかな?
まぁ、友人は子供いる奴も多いしね。
小生は若い頃、最長56時間睡眠しないで行動したりアホな事が出来ました。でも今は1日+半日が限界の様です…
それもリポDとか2本位飲んで。
まぁ、昔の人は人生50年と言いまして、尊敬する武人で僧侶の一人でもある熊谷直実公が討取った敦盛サンを題材にした能でも、そんな内容に成っていますね。
…小生は躊躇なく睡眠時間を削って命の有る内は行動出来るのですが、不本意ながら最近は1日半起きてると自動的に脳みそがログオフして帰宅後に寝落ちしたり、たまに起きようと思っている時間に起きられない事も有る様に成って来ました。
ザブングルじゃないですが「くやしいです!」と本当に思う。
1日が24時間じゃ足りない。
駄目ですね~。もっと精気を残りの歯磨き粉のチューブから絞り出す様に出し尽くさないと(笑)。

さて、そんな行動時間が段々短くなりつつある結婚適齢期過ぎた小生、ここ2ヶ月間の最近の訪問先はざっと以下の様な感じです。この他にも書いてない藤沢文書館とか鶴岡文庫とか鎌倉中央図書館とか、調べ物行く場所とかね、有るよね…
●07月第1週・・・
京都の友人来訪につき中華街ディナーと関内の“日本初”史跡案内と大桟橋の夜景観光。
DSC_3528

●07月第2週・・・
油壷にて新井城落城日に三浦道寸公と義意公父子と三浦家北条家将士供養の墓参献花、荒井浜散歩。
CIMG4573
佐島マリーナホテル宿泊
CIMG4631
三浦市下宮田の農園で西瓜購入してから横須賀PAで横須賀海軍カレーパン買い食い
CIMG4646

●07月第3週
天然記念物諸磯隆起海岸で隆起断層の写真撮影
CIMG4653
三崎町の海南神社参詣、例大祭見学
CIMG4693
三崎漁港の紀の代で食事
CIMG4696
三浦市下宮田の行きつけの石井農園直売所ザ作兵衛で西瓜購入

CIMG4697

●7月第4週
能見堂の写真撮影に能見堂緑地再訪
CIMG4712
青ヶ台城址
CIMG4727
京都時代に良く食べた京都ラーメンの魁力屋、家から近い六浦店で夕食
CIMG4729

●08月第1週
尊敬する和田義盛公を祀る三浦市初瀬和田の神社を訪問。
DSC_0160
和田城城址一帯を散策し城遺構の残存地形を発見、写真撮影
DSC_0176
和田名浜を散歩し初対面の地元の人と色々話し込んで名浜の事を教えて貰う
CIMG4775
長井城址訪問
CIMG4851
神奈川の景勝50選荒崎海岸で夕月と荒波を見て過ごす
DSC_0211
CIMG4825

●8月第2週
金沢区の稱名寺で豚さんと散歩、猫様モフモフ
DSC_0222
DSC_0231
ベイサイドマリーナで服買って帰る。
DSC_0239
三浦市和田と荒崎の海が気に入り再訪
昼の和田名浜
CIMG4842
夕方の荒崎海岸
CIMG4864
三浦海岸花火大会を海辺じゃない秘密の場所でエアコン効かせてポテチ食べながら花火鑑賞
CIMG4970
金沢区の元料亭、文化財の旅館の喜多屋にランチに行く
CIMG5024
事前交渉の上で喜多屋さんの御厚意で旅館施設を特別に拝観させて頂いた。
CIMG5018
CIMG5020

●8月第3週
パシフィコ横浜で開催中のヨコハマ恐竜展に妹と甥っ子と姪っ子と母を連れて行ったが展示が下手
CIMG5040
初めて入った中華街の某食べ放題店が激マズで中国経験者の小生と妹は「二度と来ない」と酷評
CIMG5048
瀬戸神社と琵琶島弁才天参詣し瀬戸神社の資料購入
CIMG5052
琵琶島弁才天で源頼朝公と北条政子様御夫妻、鎌倉公方足利持氏公の御霊へ御挨拶
CIMG5061
上行寺へ御参りに行き荒井吉光公の御霊へ御挨拶
CIMG4068


●8月第4週
磯子区洋光台の豚カツの名店かつ亭で昼食、ヒレカツ美味っ!
CIMG5113
三浦半島東部をドライブ&散歩
浦賀ドッグ、最近まで現役だった明治時代の造船所史跡。
CIMG5119
小田原北条家奏者、間宮宗甫公の所領だった西浦賀(旧紺屋町)から見た浦賀港対岸の浦賀城址の山
CIMG5130
浦賀の渡し船、平安時代からの庶民の足
CIMG5127
紺屋町町内の旧迴船問屋
CIMG5133
叶神社、東浦賀と西浦賀、浦賀郷の東西に在る両方御参りすると縁結びの御利益が有る神社
CIMG5124
CIMG5125
東福禅寺・・・浦賀奉行所の同心、臼居家や岡本家等旧北条家玉縄衆子孫と思われる人々の菩提寺
CIMG5159
浦賀奉行所址、旧造船所職員団地は取り壊し中
CIMG5193
旧奉行所の堀が団地を取り囲んでいた水路の石垣に江戸末期らしき腐食具合の石材が現存してた。
CIMG5192
為朝神社、源“鎮西八郎”為朝公を祀る神社。
CIMG5195
そこから観音崎へ移動し多々良浜で綺麗な浜辺を散歩
CIMG5206
走水神社を参詣し、日本武尊と弟橘姫様の御夫婦神様に日々御守護下さる御礼の挨拶
CIMG5210
走水海岸の“かねよ食堂”で夕食をとり、馬堀海岸で八景島花火大会を見て帰宅。
CIMG5219
・・・これがここ2ヶ月間の行動。
いずれ休日雑記か解説記事で個別に新規紹介したい場所もちらほら。

では次の記事は能見堂&青ヶ台城編の後編青ヶ台城の解説の記事を30日夜中にUPします。
皆さん、最近は蒸し暑かったり嫌な天気ですが、体調崩さない様に気を付けて下さいね~!
では!






[画像:97bdf502-s.jpg]

何か小生がGoogle mapに投稿した写真が世界トップクラスの写真被閲覧数記録らしいんだな。

多くの人の役にたてたら嬉しいなと思い始めたら、いつの間にかこんなに成ってた。
ま、名前売ろうとかブログやGoogleで金儲けしようなんて1㎜もせずアフィリエイトもやらずにいたから評価されたんだろう。
しかしこれは小生の努力ではありません。
小生は只の歴史オタクで尊敬する殿様達に御寺や神社に会いに行ってご挨拶させて頂いているだけですから。
崇敬する神様仏様、尊敬する殿様や歴史偉人の皆様、御先祖様、小さい時に可愛がって下さった恩人の皆様、学生時代の恩師の皆様、社会人に成ってから様々な歴史や伝統を御教授下さる宮司様や各宗派の和尚様そして前線で素人相手にして下さる色んな博物館の学芸員さんと各都市の図書館の司書さん達の功績です。

まだまだ未公開の写真もあります。
社会の役に立てれば幸いです。
小生は只の歴史オタク。
殿様達を尊敬しているだけ。
行く先々で宮司様や和尚様達に優しくして頂き恩に報いたいだけ。
行く土地々々の人や各都市の観光振興課の人に美味しい郷土料理や特産品を教えて貰い美味しく食べて回ってる食いしん坊なだけ。
可愛がってくれた血縁の無い横浜シルク商人の娘だった義婆ちゃんと血を繋いでくれた父方母方の曾祖父ちゃん曾祖母ちゃん、爺ちゃん婆ちゃん達のお陰。
命を繋ぎ止めてくれた、昔の彼女さんのお陰。
兄妹分や親友達のお陰。
中国と台湾の親日家の親友のお陰。

自分の寿命と目標に決めている45歳までに、もっと命を削り使い目に見える形で世の中の役に立ちたい、そこに小生の実名は一切出なくて良いよ。

7月2日にブログ記事予約投稿して置きます!
長らくお待たせしました。

約1ヵ月前、小生の仕事は繁忙期に突入し稼ぎ時と成りました。
御蔭でジムに行く時間もブログをちゃんと書く余裕も、玉縄北条家、間宮家、宅間上杉家、蒔田吉良家の顕彰文追記も進まず、たまに徹夜で取材に行っては写真が溜まり資料が溜まり・・・
「あ~書かなきゃぁ~
「もう寝なきゃぁ~
「時間が足りねぇ~
「これ手に負えねぇ~
・・・この時期、小生は最低でも12時間仕事しています。
一般的な会社員の皆さんと働く時間は少々異なるのです。深夜に業務は及びます。
普通の感覚で考えると・・・
朝8時半出社~9時業務開始~最短で12時間業務~退社時間は21時位の感覚でしょうか?
でも、これ最短時間です。
これに通勤時間や自分の睡眠なんかを合わせると、もう本当に寝る時間しか無くなってしまいます。
休日も当日、早朝の時間帯に仕事を終えて自宅に帰宅する事が多く、そこから寝ると昼に成ってしまい行動時間が余り無くなる訳です。そんな訳で中途半端にブログ更新するより「寝る」「食べる」たまに「取材に行く」事だけに集中させて貰い御休みを頂きました。
このブログ書き始めて4年近くになるでしょうか?
書き始めてから部分的に郷土資料館の学者さん、大学の先生方も知らない資料を見せて頂く機会にも恵まれたり人生は豊かに、そして徹夜を続けたので魂は大分と削られたと思います。

梅雨に突入して雨が降る日も増え、小生は逆にモヤモヤも吹っ切れて魂を使い切る覚悟が再び出来ました。別に長生きしないで良いのです。
さて、そんな訳で7月2日から予約投稿で又、ブログ再開しますが、その前に少し言っておきたい事が有ります。

これは神社や仏教寺院の文献や経典や文化財を宗教的に大切な物と認識できないクズ歴史学者、そして実際に御子孫達に敬意を払わないコミュ障歴史学者達への警告でもあります。
まぁ、殆どの人はちゃんと宗教施設にも氏子さんや檀家さんにも宮司さんにも和尚さんにも敬意を払う人なんですが、そうじゃないクズもブログを書き始めて何人も見て来たので敢えて北条綱成公の実家の出自の説の話を絡めて嫌味たっぷりにちゃんとしたヒントを出さずに書いて置きます・・・

北条綱成公の生家の福島一族が存在しなかったと主張するド阿呆は全く自分の足で確認に回っていない。 
そして風土記すら読み込んでいない。 

福島家は現在も存続するし、その名前の出自の町名も現存するし福島家は一部が名主としても存続している。 
そして旧家老の間宮家と近世に成っても関係は続いている。まして「福島(くしま)」じゃねぇ~から!根本的にソコから間違ってんだよ!ヴァ~カ!

一見関係無さそうな場所にも足を運び石碑を読み漁り、在地の住民の姓の分布を見て廻り片っ端から寺と神社にアポなし取材して回る事すらせず、奸臣堀内に乗っ取られた玉縄北条家内で対立した親族衆の福島一族の事が解る訳が無かろうが(笑)。 

今川家臣じゃなかった? 
そりゃそうだろう、寧ろ北条が後半に置いては関わり有ったのは那古野の遠州なのだから。

玉縄北条家を調べたければ旧尾張国海部郡で取材をして回れ。 
そうすれば木下秀吉が重用された理由も解り「庶民や農民」と言うのは江戸時代における身分の区分に当て嵌めた史誌編纂都合の表記で有り、自分達は「浪人」としか言っていなかった理由も解るだろうよ。 
ハチ巣か何処に有るかも調べてちょ~だぁ~よ(笑)!織田の経済基盤は遠州の那古野に関係有り、その流れは木曽川だぎゃ!味醂飲んで廻りゃ解るもんね。
・・・みたいな?
駿河の伊豆守は駿河を攻略中の伊豆国在城の伊賀守の間違いって海部郡の伝承の理由も解るだろう。 
正は定正の正、愛知の正も神奈川の正も、両方共に祖先が多摩より生ぜし家故の正であろうよ。 

江ノ島で丼食って句を詠んで回れ~!

へそ饅食って古民家見てこい!

昭和記念公園の紅葉、綺麗だよね~♪

上杉の殿様ぁ〜!吉良の殿様ぁ~!今川の殿様ぁ~!北条綱成公の出自解説の出番ですよ! 
・・・てか、玉縄北条家の事を調べたければ文献に出て来ない場所を回れ、直接北条と関係の無い家の歴史も聞いて回れ、見て回れ、違う時代の事も歩いて回れ食べて回れ・・・
まぁ〜そんな所だ。 
北条綱成を調べるのに藤沢や鎌倉や横浜や綾瀬や大和だけを見ていても何も繋がらんてね。
出てくるのは堀内家に改ざんされた嘘の歴史ばかり。
あとは間宮家の中に残る伝承と文献から読み解くしか無いんだよ。
文章だけでは無理だが、一見関係の無い観光地には沢山のヒントが散りばめられて状況証拠として残っている。
歴史は裁判と違い左翼弁護士対策みたいな物的証拠に拘る必要も無い。所が学閥に属している連中は左派との絡みが学内の出世にも関係有るので固定概念に囚われている。
有罪にするにはアメリカみたいに状況証拠でも良い、エジプト考古学みたいに登呂遺跡の発掘みたいに状況証拠から推察して繋げる事が大切だと思う。
コレ、学者が見れない社宝や寺宝や文献を宮司様や和尚様や御子孫様達の御厚意で見せて頂ける「ド素人」からの警告な。

文弱学者に問う。
オマエ等は出世したくて学者に成ったの?
歴史偉人を尊敬して歴史が好きで歴史始めたんじゃないの?
宗教的な神秘を大切に思って文化財保護に回りたかったんじゃないの?
中には行政と結びついて「歴史利権」作ってる糞っタレもいるよな?
こう言う事を言った学者が神奈川県の某都市にはいる・・・
「君等の正義が我々の正義とは限らない、それで損をする人もいる。」
・・・お~そうかい?オマエ等の正義なんざ解りたくも無いわな。
有った物を無かった事にし開発利権を貪ろうとするカス、業を積んで待って置け。
お前らが軽視した土地神様と仏様と閻魔様の御神威と天罰でバンバカ針の山を突き出して頂き素人無双してやんよ。その針に刺さって後からもがき苦しむのは不正に等しい宗教文化軽視と先人軽視と自然破壊と文化財破壊や文化財密売を行って来た連中だけ。
嫌なら悔い改め日本人として自然と文化の聖地と歴史史跡の保護に回れば良い。
俺等素人が繋げるのは歴史だけじゃない、人も繋げる、そして地域の連携も繋げるからな。
他方、学芸員さんや発掘を主導する学者には文化財を保護し宗教的な敬意も持ち、自然環境や伝統的な信仰場所に対する配慮も有して職務に当たる正しい心を持った大人が多い。
これは目指す物が利己的出世か、文化保護や偉人リスペクトかで目指した場所の差なんだろう。


    平安時代末期~戦国時代まで続いた相模国の小大名、三浦家の聖地と江戸時代に庶民の信仰を集めた神社仏閣や弁財天を祀る洞穴が、ねつ造された嘘の歴史を流布するカルト信仰によって乗っ取られる危機に瀕しています!

    以下の事を行って、史跡乗っ取りを阻止して頂きたく、歴史好きの皆さんに拡散致します!

    Google mapで以下の●の地名の場所を検索して見て下さい。
    ( )内が正式名称
    ●弁財天洞
    ●小桜姫の祠
     (弁財天洞)
    ●小桜姫神社
     (諸磯神明社 摂社 若宮社)
    以上の場所が明治時代設立のカルトを踏襲した新興カルトに乗っ取られ、Google map上で●表記の施設名称に書き換えれたり、小生や仲間達で正しい歴史を警告するとレビューから削除されます。

    実は最後の三浦家の頭領の三浦義意公と房総半島の真里谷武田家出身の側室をモデルにして明治時代に書かれた架空歴史小説「桜の御所」に登場する架空ヒロイン小桜姫をカルトを用いて実在したかの様に広めカルト組織がそれぞれの史跡や別の神仏の崇拝場所を乗っ取ろうとしています。
    実在せず、時代設定もハチャメチャな話をさも実話の様に信者や歴史に無知な女性に「縁結びの神」と悪質な情報で勧誘しては自分達の宗教施設の様に事実上乗っ取りにかかっています。
    独身女性の結婚願望に付けこみ信者を増やそうとしている訳です。
    ソイツ等は❝神奈川県神社庁や菩提寺、菩提寺宗派の曹洞宗とは全く無関係❞の新興宗教系統のカルトです。にもかからず、さも自分達の宗教施設の様に佐原三浦家関係の宗教施設へ、縁結び願望の有る女性達を連れまわしては歴史事実と異なる解説をして信じ込ませています。
    このせいで、佐原三浦家最後の武将、三浦道寸公と三浦義意公の菩提寺の三浦氏三崎町小網代に在る海蔵寺は一般参詣不許可の対応をせざるを得ない状況に追い込まれています。

    そこで以下のお願いです。
    ①下記3ヶ所をGoogle mapで検索して、小生達の歴史解説レビューに「」を押して頂けませんか?
    ●弁財天洞
    ●小桜姫の祠
     (弁財天洞)
    ●小桜姫神社
     (諸磯神明社 摂社 若宮社)
    ②出来れば「情報の修正を提案」から小生が( )に示した正しい名前に戻すように名前を提案して下さい。
    ●弁財天洞
    ●小桜姫の祠
     (弁財天洞)
    ●小桜姫神社
     (諸磯神明社 摂社 若宮社)
    ③可能ならばレビューに三浦家の歴史書に小桜姫の名前は登場しない事、三浦義意公の妻は真里谷武田家の姫である事、桜の御所の時代設定で架空人物の小桜姫の実家とされる金沢北条家は戦国時代の三浦義意公の佐原三浦家滅亡より200年も前に滅亡した事実、この三点をレビューに書いて頂ければ幸いです。

    目的としては、縁結び目的の独身女性達がカルトに入信するのを防ぎ且つ正しい神社の名前と仏教施設としての名前をGoogle mapで取り戻し、史実を周知して頂いた上で女性の皆さんには縁結び祈願に安心して自分で来て頂ける様にする為の対抗策です。
    ひいては三浦半島の観光が小説桜の御所の舞台として、そして源頼朝公や三浦家所縁の観光地として正しい形で活性化するのが最終的な目的でもあります。

    無論、皆さんのお手を煩わせたく無いので出来る範囲の協力、又は拡散で結構です。

    すみませんが、拡散協力願います。

    三浦家について詳しい歴史は以下に纏め解説してあります。
    http://yoshi-kanagawa.blog.jp/archives/64025466.html
    上記URLの解説を参考にして頂ければ幸いです。

    仮にカルトを利用してでも観光振興の為にやっているのならば、カルトを巻き込むのは三浦ブランドを落とすマイナス効果しか生まず、周辺自治体にも迷惑をかける行為に成ります。
    三浦半島には元々源氏と平家の三浦家所縁の豊富な史跡群に加え、近代の要塞や、アメリカ文化の観光地、そして問題の三崎周辺は風光明媚な夏の観光地や冬のミカン狩りや鮪や松輪鯖や三浦大根のブランドが元々有名な場所です。もっと真っ当な宣伝をして城ヶ島や三崎をアピールして欲しいと願うばかりです。
    三浦家滅亡の新井城址は日本最長の4年間に及ぶ籠城戦が展開された名城として歴史好きには有名な場所です。カルトが小桜姫の祠と名を変えて宗教活動に利用している場所も江戸時代に遭難した漁民を助けた強い御利益の在る弁財天様として庶民から崇敬された場所です。
    諸磯神明社も天照大神を祀る大切な神社ですし、三浦義意公の奥方が北条勢に捉えられたと伝承する諸磯神明社摂社の若宮社も、鶴岡八幡宮の誉田別尊(ほんだわけのみこと=応神天皇=八幡大菩薩)の御分霊以外に何者でもありません。神道の信者にとってとても大切な神様達の御社です。
    そこをカルトで汚さないで下さい。

    三浦には沢山の景勝地と近代公園や自然公園、そして史跡とヤマトタケル神話や三浦家歴史の舞台の神社やと寺も有ります・・・
    三浦海岸(海水浴場)
    三浦市下浦町~三崎町周辺(西瓜と三浦大根の名産地、冬季はミカン狩り、初春は苺狩り)
    江奈漁港(高級ブランド鯖の松輪鯖の漁港)
    剣崎灯台周辺(神奈川の景勝50選)
    盗人狩り(神奈川の景勝50選)
    城ヶ島大橋と城ヶ島の景勝(神奈川の景勝50選)
    城ヶ島のホテルや旅館(海に面したホテル、旅館、ペンション多数)
    城ヶ島公園(景勝地、自然公園)
    城ヶ島灯台(景勝地)
    城ヶ島長津呂崎(景勝地)
    城ヶ島北原白秋記念館(北原白秋三崎在住時代の解説展示館)
    三崎漁港(鮪の水揚げ漁港、昔からの名産地)
    三崎銀座商店街(鮪料理専門店が並ぶ商店街)
    三浦映画社(三浦半島に映画ロケとドラマを誘致するNPO、過去ロケの作品の紹介場所)
    三崎城址(北条氏規公居城)
    本瑞寺(源頼朝公別荘跡、後に入舩地区に三浦義意公が開基し江戸時代に現在地に移転た寺院)
    油壷湾(神奈川の景勝50選:昭和の映画スターのヨット遊び場)
    油壷マリンパーク(皇太子殿下と雅子妃殿下始め皇族の方々のデート場所)
    新井城址(佐原三浦家終焉の城)
    荒井浜(流鏑馬神事が行われる)
    海蔵寺(三浦道寸公開基の寺院、三浦道寸と三浦義意公の菩提寺)
    小網代の森(原生林の遊歩道)
    荒崎海岸(神奈川の景勝50選)
    諸磯隆起海岸(フィリピン海プレートと太平洋プレートの衝突による隆起地形観察公園)
    葉山マリーナ(昭和の映画スターのヨット遊び場、商業施設)
    大楠山(神奈川の景勝50選)
    森戸神社(源頼朝公勧進の三島大社御分霊)
    名島(源頼朝公別荘跡の水没した島)
    森戸の夕照(神奈川の景勝50選:森戸神社から名島を見た夕景)
    鐙摺城址(三浦義澄公拠点)
    鐙摺城址出丸旗立山(伊東祐親公御廟所)
    秋谷の立石(神奈川の景勝50選)
    秋谷海岸(景勝地)
    長者ヶ崎(神奈川の景勝50選)
    佐島マリーナ(昭和の映画スターのヨット遊び場、リゾートホテルとレストラン)
    天神島臨海自然教育園(自然観察公園、佐島マリーナ横)
    関口牧場(酪農家、アイスクリーム製造直売)
    ソレイユの丘(BBQ等の複合レジャー施設)
    披露山公園(神奈川の景勝50選)
    住吉城址(平安時代末期三浦義澄公が籠城し、戦国時代に北条早雲公が籠城した城址)
    逗子海岸(昔は明治の侯爵達の遊び場、昭和期は太陽族、今はチャラ男にチャラ女の聖地)
    逗子マリーナ(昭和の映画スターのヨット遊び場)
    逗子市郷土資料館(徳川家別荘)
    衣笠城址(平安~鎌倉時代の三浦本家の居城)
    大善寺(衣笠城址に在る、鎌倉時代の三浦本家の学問所だった寺院)
    満昌寺(源頼朝公が鎌倉幕府設立の立役者の三浦義明公供養に開基した寺院)
    清雲寺(佐原三浦家の鎌倉時代~室町時代初期の菩提寺)
    怒田城址(和田義盛公の平安時代の居城)
    佐原城址(源義経の鵯越の逆落としの作戦を立案した佐原義連公の居城)
    田浦梅林(今上天皇生誕記念に植林された4000本超の梅林の公園)
    塚山公園(神奈川の景勝50選)
    塚山公園按針塚(徳川家康公外交顧問のウィリアムスアダムス=三浦按針公と奥方御廟所)
    どぶ板商店街(アメリカ第7艦隊の将兵が遊ぶアメリカ文化の商店街)
    戦艦三笠(世界三大旗艦の一つ、東郷平八郎元帥の乗艦)
    三笠公園(戦艦三笠が展示された公園、猿島へ渡る船の桟橋)
    猿島要塞(明治時代の要塞、日蓮聖人の史跡、縄文時代の遺跡)
    信楽寺(坂本龍馬室お龍さん菩提寺、土肥実平公持仏を祀る寺)
    走水海岸(日本武尊と弟橘姫の神話の舞台)
    走水神社(日本武尊の冠を社殿地下石室に埋蔵した神話の神社)
    御所ヶ崎砲台史跡(日本武尊と弟橘姫の仮御所が在った、明治期に神社を壊し砲台設置)
    観音崎(神奈川の景勝50選、昭和の映画スター達のリゾート地)
    観音崎要塞(明治時代の要塞史跡)
    観音崎灯台周辺(今上天皇と皇后様も訪問)
    多々良浜(景勝地:貝殻で出来た真っ白な砂浜)
    ・・・等々、挙げればキリが無く・・・
    どこも昭和のリゾート地として映画スター達に人気だった場所や現在の天皇陛下や明治の東郷元帥や三浦家と源頼朝公の大切にされた御寺や御城や別荘の跡、ばかりです。
    もしも三浦市非公認のままの観光振興の心算なら、歴史歪曲は三浦ブランドを貶め神仏と歴史偉人を愚弄する行為です。
    仮に嘘の歴史を教えられて小桜姫は実在しなかった小説の架空の人物である事を知らず、モデルが真里谷武田家の姫だと知らずに信仰してしまったなら、これからは真里谷武田家の姫様として、小説桜の御所のロケ地として三浦義意公と奥方の真里谷武田家の姫に縁結びを御願いしてみて下さい。

    さて、平素小生のしょうもない言葉遣いの悪い駄文で書かれた歴史解説を読みに来て下さる皆様、本当に感謝しております。
    梅雨に成りましたが皆さん体調を崩されていませんか?
    もう鎌倉の長谷の長谷寺の紫陽花も、北鎌倉の明月院の紫陽花も見頃を迎えましたね。
    小生は仕事が繁忙期に突入したのと、私用が忙しく余りPC開く余裕が有りません。
    ブログネタの神社仏閣城址はこの3年間で撮り貯めた写真も膨大に成り、皆さんに解説記事を書いて情報提供したい場所が腐る程有るのですが、中々時間の使い方が思う様に行かず凹むばかりです。
    現実の仕事や、趣味の歴史散歩やブログと別に通っているジムも中々行く暇が無いんです。
    そして間宮家と宅間上杉家と蒔田吉良家、横浜沿岸部で活躍した戦国時代の殿様の事もブログと別に制作する冊子の記事を書き上げ無いといけないのですが、調べた事と訪問した場所が膨大で、しかもコピペタイプの歴史学者が知らない事も沢山盛り込む予定なので処理しきれず悶々とイライラと過ごしております。
    休日に藤沢文書館や鎌倉中央図書館に資料読みに行ったついでに美味しい店に行ってウサ晴らししてますが、思う様に事が進まなく暴発寸前な訳です(笑)。
    「もう嫌!」と叫びたい気分ですが、生憎と小生は“男の娘(おとこのこ)”でも無いので・・・
    「クソが」とか「チィっ!」
    ・・・とか品の無い独り言が思わず出てしまったりしています。梅雨にも成って脳みそにカビ生えそう。
    ストレス溜まり過ぎて思わず来月、三浦半島のずっと泊まりたかった宿を予約してしまいました(笑)。
    さて、そんな状況でクサクサの余裕の無い状況で中途半端な内容薄い解説記事や休日雑記を書いて皆さんの目を汚すよりも、思い切って今月中はお休み頂く事にしました!
    来月の2日から復活します!
    多分、来月に成れば少しは落ち着いて個人的にも甥っ子と遊んだり大好きな三浦海岸琴音浜や三浦半島の城ヶ島や三崎や佐島や油壷や秋谷や長者ヶ崎や葉山や逗子を回って頭もスッキリしていると思います。
    あと、横浜市金沢区の喜多屋と南区の中里旅館にも宿泊したい・・・両方車で直ぐだから泊まる必要ないんだけど(笑)。
    皆さんは来月旅行行く予定有りますか?
    季節の変わり目で体調も崩し易いですし、サービス業の方や物流の方や販売業の方は書き入れ時に成り大変に成るでしょう。

    突発的に何か書く事も有るかも知れませんが先ず無いと思います。
    でも過去の紫陽花関連の記事も、夏のレジャー向けの猿島や観音崎や城ヶ島なんかの記事も有るので良かったら昔の記事も読んでいただければ幸いです。

    では、お互いに来月再びブログでお会いするまで元気でいましょう!

    皆さん、この手相を見た事が有りますか?
    image

    この手相は升掛けと呼びクソ頭が良くてメチャクチャ出世する手相だそうです。
    しかも両手が升掛けは非常に少なく、とてつもなく強いと今まで全ての占い師に言われています。
    image

    ・・・結論。占いは当たりません(笑)。
    普通の人は道を選び歩む努力をすれば良いのですが、どうやら小生の道は自分で森を開き作る所から始めなければいけない苦行そのものです。
    全くもって出世やお金と縁の無い人生を送っていますし、頭使うより先に感情で行動する人間ですから生産性も有りません(笑)。

    ちょっと文化財に成る価値の有る「板碑」を、とある御寺さんで「発見して来た(笑)」のだ。
    image

    御住職に御了解を頂き、とある女性♥学芸員さんに連絡したので来年とかに県か市に文化財指定されんじゃね(笑)?
    別に俺は歴史ガクシャじゃね~から、実名売名する心算も無ぇ~し、手柄は女性♥学芸員サンにあげちゃう~🎵
    オッサンに手柄はやらね~(* ̄∇ ̄)ノ
    県の○○センセイ、鎌倉の○○センセイ、アンタ等みたいな出世欲や自己保身と顕示欲の塊には教えてやんね~から!

    女性学芸員さん♥に教えてあげた方が何か気分が良い(笑)。

    無欲な小生エライ!ぶはっ(笑)!
    う~ん、手柄は要らないから奥さんに「頑張ったねぇ~♥」て誉めて貰ってチュ~して欲しい(笑)。
    ・・・今は恋人すらいないけどな(ノД`)。
    ふむ、頑張ろ仕事と肉体強化。古文書漁るプロレスラーみたいな外見に成りたいの。

    ↑このページのトップヘ