歴史オタクの郷土史とグルメ旅♪♪久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

カテゴリ:旅行(風景/お祭り/食事/買物) > 甘味処/スイーツ/菓子/土産物


三浦半島の横須賀市長坂には乳牛を飼育してアイスクリーム等の乳製品を直売している関口牧場と言う場所が有ります。
CIMG3634
小さい乳業会社なのですが口コミでアイスクリームが美味しい事が広まって、最近では休日とも成るといつも行列が出来ています。
入口が少し判り難い上に駐車場が少ないのも厄介なのですが、それでも大人気の店なんです。
関口牧場・無量寺・佐島マリーナ・海辺の位置 久良岐のよし
場所は上の地図を参考にして頂けると良いのですが、車で佐島マリーナから10分、衣笠ICから20分程度の距離に位置します。比較的交通は不便な場所ですが、これから夏に向けて佐島や長者ヶ崎や三崎に行く用事が有る人にはおススメのスポットです。
CIMG3635
    ↑
道の入口はこんな感じ。
店は少人数で切り盛りしててコンナ感じ。
    ↓
CIMG3636
お姉さんが1~2人で頑張ってるので、ちゃんと整列して煽らず(笑)出来るだけ運営に協力して上げて下さい。
CIMG3638
この日、小生はココア味とバニラ味のダブルを注文しました。
これ、上下にトッピングされてますがツイストにもして貰えて、子供に選ばせれば喜ぶかも知れませんね!
飯田牧場同様、自然の甘みを重視しており、人工的に脂分の添加をしておらず不自然なクリーミーさは当然有りません。甘いのにサッパリしていて量は多いのですが美味しく平らげる事が出来ます♪
小生は最近、可愛がっている甥っ子(4歳)が総合格闘技の道場でレスリングを習い始めて中々、オジサン(小生)と遊んであげる暇が無くなってしまい(笑)まだ連れて来てあげれておりません。
牧場なのですが、前回紹介した藤沢の飯田牧場と同じで広大な放牧地が有る訳では無さそうです。

CIMG3632
でも牛舎が隣接していて、外から様子を見学できます。
CIMG3631
小さい子を連れてくれば、こうやって❝牛臭い(笑)❞場所で牛乳が生産されてる事を理解させる良い機会に成るかも知れません。
牛さんに感謝する心を教育する場としては良いと思います。
エサやり禁止なので厳守して下さいね~!
CIMG3637
もしかしたら牛舎の背後は放牧スペースかも知れませんが、店員のお姉さんが忙しそうだったので確認していません。
CIMG3639
牛の他にもヤギや鶏もいました。
三浦半島の南側の油壷マリンパークや三崎や城ヶ島、西側の葉山や長者ヶ崎や秋谷の海岸に行く機会が有れば、是非立ち寄って見て下さい!
【関口牧場】
業種:乳業、アイスクリーム製造と直売。
あと、車で10分と直ぐの佐島マリーナの入口に在る❝海辺❞と言う和食海鮮レストランも御薦めです!
13413764_1022856207797133_210128409887087233_n
魚も美味しいのですがロケーションが綺麗なので、以下に各周辺観光地の過去記事と合わせてリンク紹介して置きます。
【海辺】
業種:和食海鮮レストラン(海に張り出したロケーションの眺望と新鮮な魚料理が特徴)
タグ:佐島マリーナの記事→一覧はココクリック!
CIMG3642
タグ:城ヶ島の記事 →一覧はココクリック!
2009-01-03-15-05-21
タグ:三崎漁港の記事→一覧はココクリック!
DSC_3535
タグ:油壷マリンパークの記事→一覧はココクリック!
DSC_0011
タグ:秋谷海岸の記事→一覧はココクリック!
2016-01-16-16-32-39
タグ:長者ヶ崎と葉山の記事に→一覧はココクリック!
DSC_2138
さて、小生のブログは少しは郷土史要素も入れて置きたい・・・

話を関口牧場に戻すと、ここを知った理由は戦国時代の横浜を治めた間宮家の一族の分家で間宮造酒丞(みきのじょう)家の菩提寺であり、鎌倉時代の名将の和田義盛公が開いた御寺だからだ。
信高公の御父君は間宮康俊公、有名な関東最強の武将の北条綱成公の付家老で自身も鶴岡八幡宮再建や山中城で活躍した間宮康俊公の家系図上の御子息だ。信高公は武田家に転仕して武田信玄の水軍大将務めた。武田家滅亡後には徳川水軍の大将格で活躍した人物で所領が関口牧場の所在地の横須賀市長坂、昔の三浦郡長坂村だった訳だ。
だから、その信高公の菩提寺と関口牧場は徒歩数分の御近所さん。
2016-01-16-12-56-07
浄土宗の金剛山無量寺と言う御寺が間宮信高公の菩提寺。
元々は鎌倉幕府で初代の侍所別当(防衛大臣)を務めた和田義盛公が開いた御寺だった。
だから和田義盛公の守り仏が御寺に祀られている。
山号と三浦家初期の宗旨から察するに多分、最初は真言宗の御寺だったはず。
浄土宗に成ったのは間宮信高公が徳川幕臣であり、織田信長公と徳川家康公が熱心な浄土宗信徒だったので徳川家臣に成った時点で自分の所領の無量寺を改宗させた上で土地を寄進して復興させたんじゃないかと思う。
間宮信高公は御妻君が房総半島の小大名だった真里谷武田家の姫君だ。実は戦国時代初期、三浦半島がまだ三浦家と北条家の係争地だった際に三浦家の大将だった三浦義意公の御妻君も真里谷武田家の姫様だった。真里谷武田家は内紛を起こして真里谷武田信隆公が房総半島から逃げて北条家に一時的に亡命している。
2015-04-01-13-09-45
その場所が上の写真の横浜市金沢区に在る稱名寺一帯な訳だ。
なので、その御縁で金沢区の隣接地域の杉田や笹下の現在の港南区~磯子区の殿様だった間宮康俊公の御子息と真里谷武田家の姫君が婚姻を結んだんだろう。
最初に御住職様に御会いしたのは、和田義盛公の顕彰活動で訪問した際だった。
その時は未だ無量寺が間宮信高公の菩提寺とは知らなかった偶然の訪問だった。
2016-01-16-13-07-45
まぁ、御住職と少し御話して和田義盛公の事を聞いたり、特別に御本堂に上げて頂いて色々と見学させて頂いた際に、何を思ったのか突然御住職が「実は間宮家~云々」と小生の顔をマジマジと見ながら話し始めた際は正直、大変に「ドキっ!」としたのを覚えている。
御住職様も何で小生が一言も「間宮」とも発していないのに、その話を始めたか解らないが、今と成っては信高公の御導きだったんだと思う。
この偶然が有ってから、間宮信高公の事を寛政重修諸家譜等から読み調べ始め、そして死地が愛知県海部郡蟹江町に在った蟹江城址と知って現地の教育委員会様に様々な情報提供を頂き、昨年、間宮家の顕彰文に信高公の事を掲載すべく蟹江城址へ写真撮影に行って来た。
CIMG0447
今も運河沿いに酒蔵や米問屋が残り城下町の風情の残る良い処だった。
実は蟹江城は天正年間、つまり間宮信高公が討死にした合戦直後に大地震で崩壊し消滅したのだが本丸の井戸だけが現存しているのだ。
CIMG0442
この井戸の写真撮影に蟹江町を訪問して来た。ついでに甘強酒造と言う昔ながらの武士が高級酒として飲んでいた味醂を製造している酒蔵も訪問して味醂を購入して来た。
image
これらの御縁は全て関口牧場と同じ長坂に在る無量寺の御住職と和田義盛公と間宮信高公が導いて下さった地縁だった。御蔭で良い旅行が出来た訳だ。
因(ちな)みに、ウチの母にも土産で甘強酒造の本味醂と津島市の鶴見酒造が作る味醂、神鶴を購入して渡したのだが、両方とも普段使ってる味醂とは全く別物の美味さに驚いて母は自分の友人達にも紹介していた。小生はリキュールとして炭酸割り等にして飲んだが焼酎で作られていて風味良く美味しかった。
織田信長公や徳川家康公も飲んだであろう旧海部郡の味醂を現代に飲めて幸せだった。
まぁ、そんな訳で関口牧場の在る三浦半島の横須賀市長坂地区は昔から水軍を率いた武士の根拠地だった訳だ。そして昔は牛では無くて馬を生産していた牧場も有ったかも知れない。
佐島と長坂の間には❝蘆名(あしな)❞と言う地域が有る。ここは和田義盛公の御子息が治めた土地で蘆名城と言う城が有った。その蘆名家の子孫は東北に移住して奥州探題等を務めた大名と成り名将の蘆名盛氏公を輩出した。蘆名盛氏公と言えば伊達政宗公のライバルだった人物だな。

皆さん、関口牧場や佐島を訪れる機会が有ったなら、是非!和田義盛公や間宮信高と言う名将が昔、長坂に居た事を思い出して見て下さい!

CIMG3465
【中村酒造】
[住所]
 〒197‐0826 東京都あきる野市牛沼63
[電話]
 042‐558‐0516
[ホームページ]
 →リンク先←クリック!

東京都あきる野市に200年超の歴史を有する清酒“千代鶴”の蔵元、中村酒造と言う酒蔵が在ります。
車で行くならば東京サマーランドから直ぐ近くの場所に在ります。
 中村酒造場所Google map 久良岐のよし
ここは資料館も併設しており、そこで小売りもしています。
そして、この酒蔵は江戸時代の建物が残り、とても雰囲気が良く桜がとても綺麗な場所なんです。
CIMG3464
 入口には酒林(さかはやし)と呼ばれる杉の葉の“くす玉”が飾って有り、とても良い目印に成ります。
CIMG3462
先ずはせっかく酒林が登場したので、日本の酒作りと稲作の歴史から解説したいと思います。
CIMG3461
日本の神様を祀る神社の中でも弥生時代~古墳時代成立の古い延喜式内社や式外社には、現在も御祭神が酒作りと関係の有る場所が多くあります。
例えば上の写真の説明の通り日本最初の神社と言われる三輪神社、そして神奈川県では伊勢原市の比々多神社の御祭神に大酒解神と小酒解神の名を持つ神様が祀られています。
昔の考古学者の中でも論文ばかり書いて発掘しない学者は先入観で実地見分も行わず、「古代は河川の氾濫原に人は住んで居なかった」とか「縄文時代に農耕は始まっていなかった」とか「神社の伝承とはかけ離れた理論」をさも事実の様に展開していましたが、見事に現代の発掘調査で彼等論文バカ学者の石頭理論が「思い込みの嘘だった(笑)」事が続々と証明されています(笑)。
 DSC_0138
例えば、この海老名市の有鹿神社、奥宮は相模原市磯部に在り縄文時代の遺跡を内包する聖地なのですが、海老名市の本宮の方は鳩川と相模川の「河川敷の旧境内地から弥生時代以後の遺跡が大量に発掘されています」が、その相模川の河岸段丘の下の河川傍の平地からは他にも弥生時代の遺跡が多数発掘されています。
つまり、文章しか読まなないコミュ障学者の言う事なんて、そいつのコミュ障ぶりと同じく価値が無いわけです。
だからちゃんと、色んな神社仏閣の伝承を調べて周辺の地形と、伝承を比較しながら昔の論文や書物に囚われず状況証拠から推測して発掘調査をしないといけない訳です。
実際に出世欲よりも探求心の強い学者さんは、固定観念に捕らわれず客観的に状況証拠を集めて遺跡の場所を特定して発掘調査に積極的に関わりますからね~。
登呂遺跡も日本神話をヒントにして発掘され発見された史跡です。
そんな事を踏まえると、関東で稲作が始まったのは古墳時代以降とか言ってる学者がまだ多くいるのはスンゴイ誤りで(笑)、比々多神社の御祭神の名前、寒田神社の日本武尊の弥生時代の木製酒杯、三輪神社の歴史、それらの状況を見れば関東でも水田では無く川沿いの氾濫原湿地帯で耕作が行われていた可能性だって十分に有る訳です。
DSC_0453
実は、神奈川県綾瀬市には台地上に神崎遺跡と言う弥生時代の遺跡、丁度、日本武尊神話の頃の遺跡が 存在しているのですが、これが弥生時代の遺跡なのに人が定住を直ぐに止めてしまった遺跡であり西日本からの移住者達の遺跡なのが判明しています。
ここは古代(古墳時代以降)に開かれた中原街道に面していて、神崎遺跡の先には寒川神社、前鳥神社、鶴峯山八幡宮(現:平塚八幡宮)等、古代の大規模集落を抱えていた地域の延喜式内社が在ります。
神崎遺跡と中原街道 久良岐のよし
上の画像の黄色い線が現代の中原街道旧道です。
白い部分は縄文時代まで海だった場所で弥生時代~古墳時代までにプレートが隆起し海岸線が後退して湿地に成り開発された地域です。
恐らく、古代の中原街道は神崎遺跡を通り古代湾だった寒川神社へ通じる谷間を抜けて前鳥神社へと通じていたと思います。
そして相模国府の在った有鹿神社の有鹿郷(後の海老名郷)~神崎遺跡~宇津母知神社~大庭神社を通過して鎌倉郡村岡へ通じ古代の東海道へ接続し、逗子市小坪の住吉神社の在る住吉城址前の切り通しを通過して、葉山から下山口~上山口を通過し横須賀市大津へ、そして先に在る走水神社へ続いていたと考えられます。
小生は神崎遺跡を最初から定住すのが目的の環濠集落ではなく、東へ開拓地を広める為の橋頭堡、もしくは既に開拓した寒川郷や有鹿郷を守る為の弥生時代後期の戦略拠点だったのではないかと思います。
これを証明するかのように、集落には有って然(しか)る可(べ)き方形周溝墓や竪穴式住宅に家ごと埋葬される事の多かった疫病で亡くなった人々の人骨も出土していません。
つまり稲作が始まり米と言う財産が出来た事によって開発利権の争いが起きていたと思っているから、この神崎遺跡は地勢的にも古代の物々交換の交易や豪族が軍事行動をする時に通過する街道を抑えて、県央の隆起して陸地に成った開発地域だった場所を守り、東側の勢力と戦う為の環濠要塞だったと考えています。
地形も舌状丘陵の先端に位置し、正に城を置くのに適した場所に在ります。
 DSC_0452
地形や周辺の歴史の詳細は神崎遺跡資料館で見学出来ます。
では何で、この台地上の定住が直ぐに終焉を迎えたかと言えば、先程紹介した通り、有鹿神社周辺や相模川下流域の相模国一之宮寒川神社辺りに、この時期から続々と弥生時代の村が増えて行っているんですが、戦争の心配が無くなったからでしょう。
食料生産活動が狩猟採集から農耕に推移して、当然、戦争が無ければ集落を維持する必要も無く、水の確保出来ない丘は放棄され、稲作なり畑地の開墾なりに適した河岸段丘下の平地に人が下りて行ったと状況証拠は物語っている訳です。
そして、その平地には後に海老名郷と呼ばれた有鹿郷や寒川郷が開かれて行き、大きな豪族単位の国が出来上がって行った訳です。
米の生産と清涼な水が在る所に酒の生産地が発生します。だから古い神社の在る水の豊富な地域と酒造りは密接に関係が有ります。
中村酒造の在る「あきる野市」は古来より小河神社と呼ばれた今の二宮神社があり市内には湧水池が多く存在していたので酒造りが江戸時代にも盛んだったんでしょう。
同じ様に比々多神社や大山阿夫利神社の在る神奈川県伊勢原市は大山山系の清涼な水が昔から名水地として有名だったので、当然こちらも江戸時代から続く造り酒屋が現代にも存続しています。
CIMG3456
 さて、 酒作りの歴史講釈はこの程度にして、中村酒造の紹介に話を戻します。
CIMG3463
入口はこんな感じです。
既に風情が有ります。
 CIMG3460
中に入ると此(こ)の通り、敷地内には販売所兼資料館に成っている蔵の前に綺麗な桜が咲いていて絵に成ります。この付近に来客用の駐車スペースも有ります。
CIMG3464
 資料館の入口は一度、外に出て道路側から入る事に成ります。CIMG3465
多分、御酒好きな東京人は聞いた事の有るかも知れない地酒“千代鶴”の名前。
立派な看板です。
中には酒造りに使用していた昔の道具が展示されています。CIMG3466

 CIMG3467
販売員の方がいるので、質問にも応じて貰えますよ!
小生は今回の訪問時にちゃんと予約しなかったのですが、予約すると酒を造っている酒蔵の方も見学させて貰えます。まぁ、時期が有るので期間限定でしょうが。
 CIMG3469
資料館の裏側の風景が桜と昔の酒造りに使用していた大樽の風景、これもタイムスリップした様で風情が有ります。
資料館の中では先述の通り物販も行っています。
CIMG3468
 店員さんは気さくに質問に答えて下さる方で、とても親切です。
 まぁ、こんな感じの場所なので、もし東京サマーランドなんかに遊びに行ったり歴史が好きで滝山城址を登りに行ったりするならば、車移動の人には小生御勧めの場所が、この中村酒造さんです。
CIMG3472
小生は御酒は好きでは無い(笑)のですが、この中村酒造んさんの雰囲気が好きなのと梅酒だけは飲むので今回も訪問し梅酒を購入しました。
これが焼酎では無く清酒で造った梅酒で、しかも“甘くない”んです。
甘くないので梅の香りが良く伝わり、甘い梅酒とは又、異(こと)なった美味しさが有ります。
色は琥珀色でとても綺麗です。
無論、清酒の千代鶴も父に御土産で購入して飲ませたところ「美味しい!」と喜んでいたので間違いないですよ~!
神奈川県も海老名市や愛甲郡愛川町や伊勢原市、秦野市や足柄上郡に日本酒の酒蔵が有ります。
東京も奥多摩地方は水が美味しくて、昔から酒蔵が有ります。
今迄、いくつか歴史探訪で訪れた町で見つけた蔵元が有るので、たまに解説記事で紹介したいと思います。

次回と、次次回は19日と22日に訪問した青梅市と羽村市と海老名市と綾瀬市と藤沢市の休日雑記を書きたいと思います。
では!又、次の記事で御会いしましょう!
 

image
北鎌倉駅の真横に香下庵と言う、元々は茶室だった場所を茶店に改装した軽食甘味処が存在します。
先日、東慶寺と圓覚寺に観梅に行った際に・・・
「せっかく北鎌倉に来たのだから北鎌倉発祥の“けんちん汁”を食べて帰りたいなぁ~」
・・・等と思いながら歩いていた所、店頭に美味しそうなけんちん汁とデザートのリンゴのコンポートの1000円のセットの写真に魅(ひ)かれて入店して見ました。
image
この狭い歩道を挟んで直ぐ店舗。
茶室だった部分を改装して店舗にしてるのですが、目の前が北鎌倉駅で横須賀線の往来を庭の梅の木越しに見る事が出来て、凄く旅行に来た気分に成ります。
image
料理を待つ事暫く、期待通り、綺麗な盛り付けのリンゴさんと蕨の煮物の小鉢、そして焼餅の入った❝けんちん汁❞が来ました。
image
見た目も綺麗でしょ?
食べた小生の感想として、この香下庵サンのけんちん汁は過去最高レベルの美味しさでした!
味が良く沁(し)みてとても美味しい!
そしてリンゴのコンポートも優しくとても美味しゅうございました♪
昼食としては男性には少な目かも知れ前んが、他にもアンミツや御団子も有るので甘味類を追加注文すると御腹一杯に成るでしょうし、一般的に旅客は鎌倉駅に移動して小町通りで食べ歩きしたりもするでしょうから、本当に旅の軽食としては持って来い、しかも鎌倉名物の料理を食べれて嬉しい御店ですね!
※ただし注意!
この❝けんちん汁❞は冬季限定だそうで、初春の頃、もうすぐ期間終了だそうです!
ですから、召し上がりたい方は梅の咲いている内に北鎌倉を訪れて、事前に電話連絡で食べたい事を伝えて有無を確認した方が良いと思います。
image
ところで、食事の席から見た風景はこんな感じです。
梅の花の向こうに北鎌倉駅と東海道線の線路が見えます。
本当に旅をしに来た感じが味わえますよね~♪
image
まぁ・・・
小生は横浜と鎌倉の境目に住んで居る上に、月に4度は古書を閲覧しに鎌倉の神社仏閣や周辺の図書館や博物館を訪れているので、毎週が鎌倉旅行状態なのですが(笑)。

でも、こうやって何となく季節の変わり目を感じられて、鎌倉市から遠方の人も近くに住む人も分け隔てなく癒してくれる仏様や神様と自然の風景と人の作った日本庭園の美しさを享受できるんです。
・・・これだけでも幸せだと本当に思います。
こういった文化と史跡を残して下さった明治時代以前の先人の皆さん、ありがとうございます。
そして、神社仏閣と自然の保護に努めて下さった歴代宮司様、和尚様、氏子サン、檀家さん、ありがとうございます。
源頼義公、義家公、義朝公、頼朝公、頼家公、実朝公、そして足利家鎌倉公方歴代将軍様、戦国時代の北条家の殿様方と配下の武将の皆様、徳川秀忠公、本当にありがとうございます。
皆さんの御蔭で現代人も心を休める事が出来ます。

そして、香下庵の女将さん、美味しい御雑煮風のけんちん汁、ありがとう!
出来れば・・・季節限定じゃなくて一年中食べたいなぁ(笑)。

香下庵茶屋
住所:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内492
電話:0467-25-0411
香下庵茶屋場所 久良岐のよし
北鎌倉駅裏手、徒歩1分。円覚寺参道踏切を渡って左手。

皆さん、海苔に季節が有るのを御存知ですか?
空気が乾燥している今の季節が出荷初めの時期で、新海苔が美味しい季節でもあります。

実は走水海岸は海苔の名産地で、未だに正真正銘の江戸前の海苔、しかも房総半島と三浦半島の入口の比較的綺麗な水域の海苔を養殖しているので、本当に走水の新海苔は美味しいんですよ!
小生の御勧めの店は…
CIMG1984
ながつか水産さん。
TEL:046-842-9832
〒239-0811 神奈川県横須賀市走水1丁目2−21
走水海水浴場の駐車場の直ぐ近くに在り比較的解り易い。
他にも沢山、海苔の生産者が直売しているので、御自分で御気に入りの店を探すのも良いかと思います。
2015-08-22-17-08-34
2015-08-22-18-14-25
もし、❝料理旅館やまに❞や❝かねよ食堂❞で食事する人、もしくは走水神社や観音崎方面に観光に行く人は立ち寄って見ると良いと思う。
かねよ食堂
TEL:046-841-9881
〒239-0811 神奈川県横須賀市走水1丁目1−6−4
この、ながつか水産サンが在る走水海岸一帯は、神奈川県立野庭高校(廃校)吹奏楽部の実話をモデルにした昨年のドラマ❝仰げば尊し❞のロケ地で、近隣の店舗が沢山登場して居たりする。
仰げば尊し
付近には縁結びの御利益強く若い人が良く訪れ、料理人からも崇拝されている走水神社も存在する。
2014-11-02-07-33-52
更に日本武尊と弟橘姫の夫婦が住んで居た御所ヶ崎があり・・・
2014-11-02-09-11-35
その真横の砂浜が正に、ながつか水産さんの所在する走水海水浴場だたりする。
近所には観音崎要塞史跡とカップルのデートコースに成っている観音崎灯台・・・
IMG_1578
IMG_1556
観音崎灯台&観音崎要塞跡
TEL:046-841-0311
〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1187
そして真っ白な砂浜の多々良浜が有り・・・
2015-12-16-15-08-45
2015-12-16-15-14-42
多々良浜
〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1120
カップルや家族連れで泊まりたい、昔から御金持ちの東京近郊のリゾートホテルとして有名だった観音崎京急ホテルなんかもある。
DSC_3204
ここはランチビュッフェも有名。
DSC_3212
いつも多くの観光客で賑わっている。
観音崎京急ホテル
TEL:046-841-2200
〒239-0811 神奈川県横須賀市走水2丁目2−1157−2
DSC_3207
ホテルの目の前は東京湾の入口の太平洋側に面した海で風景が綺麗。
ここは客層もおかしくて、駐車場にポルシェ軍団とかフェラーリ軍団とか、御金持ちの好きな車種縛りの団体が押し掛ける。小生は軽乗用車なので、たまに行くと「なんだかなぁ~」と自分で思ったりする(笑)。

まぁ、そんなこんなで、海苔の名産地なんですが、ついでも観光も楽しめるって紹介でした。

今朝7時に横浜南部市場に年末の買出しに行ってきました。
image

今年は25日の歳末売り出しから客足良いらしく28日現在で既にだいぶ売り切れている様です。
image

明日29日も早朝6時くらいに来なければ余り商品残ってないかも知れませんね。
image

国内産の商品を安く買いたい人は御早めに!
image
image

鮮魚を買いたい人は場内市場に午前6時前後に行く事をお薦めします。
じゃないと場内市場は終わるから。
その時間に間に合わないなら入口入って左手の場外市場にある浜光水産さんがお薦めですよ!

ブログネタ
食べ歩き に参加中!
本格的なハワイアンパンケーキとハンバーガーの店を横須賀どぶ板通り近くで見つけたので紹介します。
どぶ板通りと言うのは横須賀の古い有名な飲屋街です。
Barが沢山昔から在る場所ですね。
今回、紹介するのはohana-aina-cafeと言う店です。
店構え外から覗いたら内装が手作り感満載で可愛かったので、直感で入ってみました。
店構えは小さいですが、後から見たらネットでも高評価の様です。
位置はこんな感じ、三笠公園入口交差点の近く。
住所は…横須賀市元町1-1-3
電話は…046-876-6330
価格帯は観光地価格で1人単価1500円前後かな〜?
しかし、日本にいながら本格的ハワイアンパンケーキ食べれるのは嬉しいですね。
ネット上でもアメリカ人の高評価が多い様です。
この界隈(かいわい)は横須賀ベースのお膝元だけ有りましてohana aina cafeの他にも沢山の手作りハンバーガー店が有るので御自分の感で飛び込んで見るのも悪く無いと思いますよ〜♪
ohana aina cafeにはハワイアンパンケーキ有るのでカップルはデートにも使えそうですね〜。
コーヒーはハワイ名物コナコーヒーだそうです。

さて、小生が今日はハワイアンバーガーを頼んで見ました♪
美味しそうでしょ?
味も「シッカリした赤身肉のハンバーグとパイナップル入っててアメリカ人が好みそうな感じだな〜♪」と言う印象を受けました。
別注トッピング色々出来ます。
ポテトも特に美味しかった!
店内はこんな感じです…
すげ〜横須賀に来た感じです(笑)。
アメリカの喫茶店でも、こんなアメリカアメリカした可愛らしい感じ無いでしょうね〜(笑)。

店長さん御自身が看板娘で可愛らしい方でしたよ♪
写真撮ってないので載せれませんが(当たり前)。
…多分、米兵にモテモテなんじゃなかろうか。

さて…
実は水曜日、小生は仕事休みなのですが、昨日はどうしても見たい特別展示会が有りまして…
横須賀の米海軍太平洋第7艦隊の母港である横須賀ベース近い三笠公園に行ってきました。
…三笠公園、御存知(ごぞんじ)無い方いますよね?
三笠公園とは明治時代に日本を含めたアジア諸国の植民地支配を目指すロシア帝国海軍と、反攻した日本海軍の間で起きた日本海海戦でロシアを討ち破り日本を守った時に活躍した日本海軍連合艦隊の旗艦(きかん=Flag ship)の三笠を展示している記念公園です。
今回の展示に関しては最近、小生が凝っている「教科書やマスコミ報道で知る事の無い歴史事実」で…
「左翼の歴史捏造したデマ史観」
    と
「右翼が不都合で話さない歴史」
…みたいな話しシリーズ的な感じで、近い内に実は…
三笠の復元展示公開はロシア中国朝鮮を除いた、元敵国アメリカのニミッツ元帥や多くの世界の主な国々の支持と支援が有って実現した軍国主義と軍隊が結びつかない事実」の左翼発狂ネタや、
日本海海戦は英米による外交と通商の協力が有って初めて成功した」と言う右翼が口にしたがらない事実を書きたいと思います。
三笠の話題は改めて外観や設備説明と合わせ2回くらいに話を分けてブログ記事にしようかな?

あと、三笠公園から近くの町に在る坂本龍馬先生の御妻君「お龍さん」の御廟所の在る「大津町の信楽寺」さんもお参りして来ました。
其方も近々、京都の近江屋跡地の写真と坂本龍馬暗殺の近江屋事件、新撰組と攘夷派の間で起きた池田屋事件の池田屋跡と…
その時の三条大橋欄干の刀傷の写真を交えて記事に書きたいと思います!

あ、涼しくなって藪蚊もいなくなって来たので、そろそろ関東の殿様顕彰の一環で御城巡り再開します。

では!又、次の記事で!

皆さん、横浜市の中区がホテル発祥地って知ってました?
まぁ〜鉄道や水道管やテニス、アイスクリーム、街灯(ガス)、テニス、現在流通している西洋種の野菜の原種の横浜野菜…
横浜が発祥地の文化や物品は数え切れない程有りますが…
中でも外国人居留地だった横浜市中区関内地区がホテル発祥地と言うのは、横浜らしい近代西洋由来の文化だと個人的に思います。

実は昨日、お世話に成っている方にお土産を買いに行ったついでに、周辺の博物館を3箇所観覧して来たのですが…
目的の品を売っているのが「かをり」と言う、昔はフランス料理レストランだったカフェでして、そこが日本におけるホテル発祥地なんですね〜。
お店の目印の看板はこんな感じです。
この「かをり」の店名は古事記を翻訳した江戸時代の学者の本居宣長の和歌から由来しているそうです…
「敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花」
…風流ですね。
創業者の板倉作次郎さんは、元々、日本郵船の旅客船「龍田丸」の総料理長だった方だそうです。
このかをりの近くには山下公園に日本郵船所属だった太平洋戦争中の輸送艦氷川丸が係留されていたり、日本郵船の旧社屋を利用した博物館もあります。

上品な店構え。
今はカフェとして営業していますので、カフェ喫茶すれば、立ち寄り購入したお土産食べれます。

先述の通り、ここが日本における西洋ホテル文化発祥地で、お店の方やファンの方々もその事を誇りにされて文化として守り伝えてらっしゃいます。
当時、ホテルやレストラン、Barとしての機能に備えビリヤード場も備えた、外国人や日本人紳士淑女の社交場だったそうです。
近代に開けた元町周辺の横浜らしい話しですね♫
さて、「かをり」の昔から横浜で有名なお土産と言うのは「レーズンサンド」なんです。
これ、後発の他地域のレーズンサンドやスーパーのと違い、レーズン嫌いな小生が美味しいと感じます。
レーズンサンド以外にクランベリーやマロンなんかも有ります。
上品な甘さで、果物の香りが爽やかで、緑茶のお茶菓子にも合うんです。

「かをり」のビル外観全体は↓こんな感じ。
蔦でもじゃもじゃだから分かりやすいでしょ?
老舗の風格有り、上品で良いモジャ具合だ(笑)。

この「かをり」の直ぐ斜向かいにも横浜土産の名店が在ります。
ありあけのハ〜バ〜♫のCMで有名な「ありあけ」さんですね。
現在、NHKの連ドラ「まれ」の舞台が、この「ありあけ」や「かをり」や中華街や元町のある地域設定で…

「ありあけ」さんでは9月まで、「まれ」とコラボした期間限定のブルベリーハーバーを販売しています。

小生、かをりに用事が有ったのに、こちらも自分用に買って帰りました〜。
オーソドックスなダブルマロン味も美味しいですよ〜。

まぁ〜、この関内元町地区は西洋文化の醸成地である外国人居留地だったので、近代西洋建築が群集しており、良くドラマや映画のロケ地に選ばれる素敵な風景が多い場所な訳です。
今、公開中の映画「HERO」のロケ地もこの地域に何箇所か在ります。

また映画のロケ地の西洋建築は次回以降ご紹介しますね♫

因(ちな)みに…
「かをり」や「ありあけ」の数十m先には「日本電話交換(横浜〜東京間)」の発祥地も在ります。
この素敵な建物は旧市外電話局で…
この建物の隣、海側にもう一つ行った所に変な壁画モニュメントがあるビルが在ります。

ここが、日本電話事業の草創の地なんです。

植込みの中やら、よく周辺を見ると説明銘板が設置されているので探してみてください。
この更にすぐ近所に「海岸通り教会」と言う有名な近代西洋建築文化財の教会が現存していて、昼の15時頃まで一般公開されています。
その海岸通り教会の、すぐ隣りの広場もドラマ映画でよく使われるロケ地です。

真ん中の花壇が数年前まで噴水として機能していました。
ここの夜景が綺麗で、篠原涼子さん主演の「アンフェア」や、岡田准一君主演の「SP」でもロケ地に使われていました。
しかし…
今の林市長が意味不明な使えない市長でして「公園の整備費用を中田市長の代から徴収しているのに林市長の代で噴水機能停止してしまいました」ので、現在ロケ地に使われる事は無くなりました
林市長は緑地と公園整備費用を徴収しながらよく文化歴史の史跡破壊の開発を容認したり街路樹の伐採撤去自然公園での土建屋による宅地化破壊を容認をする方で歴代市長と全く異なる政策で、文化軽視の人物の様です。
おかしいですね?
何で中田前市長が設置した緑地と公園整備費用を市民から徴収しながら、矛盾した政策を行なっているんでしょうか?

さて、電話交換局の近くには、外国人居留地時代の防火水槽なんて近代西洋建築史跡も在ります…
このモニュメントの傍に、昔の防火水槽と雨水吸水機構の遺構が展示保存されています。

横浜市は水道管の発祥地でもあるので、この様な水にまつわる近代建築文化財も林市長以前の優秀な歴代市長により沢山残されています。

では今日はここまで!
しばらくは近代西洋文化関連を紹介する記事書きますね〜!
藪蚊も多く城廻り出来ませんし、お盆の祭礼で神社さん御寺さんお忙しくて和尚様や宮司様に色々ご迷惑に成るので地域の歴史を御教授頂きに訪問出来ませんから神社仏閣から離れた記事が増えます。

では、又、次の記事で!

ブログネタ
暑気払いに何食べますか? に参加中!
学生は既に夏休み…もうすぐ会社員の皆さんはも御盆休みですね♪
夏は皆さん、どちらかお出掛けの御予定あるんでしょうね~?

もし中華街に行く方がいるなら、中華街で路地裏の御勧めのレストランを是非紹介したいと思います。
実は小生、臺灣(たいわん)が好きだったり中国政府の悪口言いながら中華料理と中国の歴史文化が好きだったりします。
そんな訳で当然、横浜中華街や池袋の中華レストランが集まってる辺りなんかも良く行きます。
まぁ~横浜中華街はハッキリ言って庭です。

中華街に来て肉饅食べて真珠奶茶(ぜんじゅうないちゃ=QQドリンク/タピオカドリンク)飲んで、お腹一杯に成って帰っちゃう観光客の方、沢山いらっしゃいますよね?
アレを見てると実はハマっ子的には…
あの人等すげぇ~損してるな
と思う訳なんです。
2014-12-13-23-43-04
その前に中華街の玄人としてアドバイス!
肉まんとか買い食いしたら、コストパフォーマンス的に大損こいてますよ!
中華街はランチタイムに行きましょう!
何でかって?
ランチタイムの中華街、実はワンコイン~1000円の間でデザート付きのランチセットを提供する店が沢山有るんですよ~♪
・・・知ってました?しかも小売りの点心類は単価が高いんです。

店の紹介の前に、まず、コストパフォーマン的に肉饅が如何に損かの簡単な説明からします。

金銭的なコストパフォーマンスと、どれだけ沢山の種類の料理が食べれるかを考えてみましょう…
[買い食いのコスト]
●肉まん   
1個=300円~500円…ジュースと合わせて食べたら1個で満腹に成ってしまう。色んな中華料理食べれない。
●真珠奶茶
1杯=200円~400円
●生煎包(焼き小龍包)
5個=500円~600円

では、中華街の脇道のレストランのランチは?
[ランチの一般的な値段]
●ランチセット/1人=500円~1000円以下…料理一品+スープ+ライス+杏仁豆腐なんかが付く店が多い。
※同行者と違うランチセットを注文して、小皿に取り分けてシェアすると色んな種類の物が食べられる!
●ランチコース/1人=1500円~3000円前後…1500円位のランチでも料理×2品+点心1品+デザート位が普通。

…この文字での比較を読んだだけで、もう既に肉まん食べる意味が解らないでしょう?
大損なんですよ、あんなコンビニでも売ってる物をわざわざ中華街まで来て食べて帰っちゃうの。
なんなら肉饅は冷凍の真空パックを御土産に買って帰って後日、自宅で食べた方が2度美味しい。

で、お店の紹介ですが…。
その前に中華街に行くには車で行く方は「中華街パーキング」と言う駐車場を利用すると、結構提携している店が多いので、事前に行きたいお店に電話してみて提携駐車場が無いか確認すると得する場合が有ります。

小生が今回、紹介する店は小さいので提携駐車場は有りません。
紹介するのは6件、内、レストランは4軒、持ち帰り用の点心が美味しい店が1軒、Jazz Barが1軒です。

車で行かない人は、電車ですが…
電車のアクセスを説明するのに、中華街の位置関係を写真で見て見ましょう。
中華街位置関係
横浜中華街に行くには4つの駅が最寄駅です。
●関内駅…横浜市営地下鉄/JR京浜東北線根岸線…駅から徒歩10分位。
 横浜スタジアムを目印に、スタジアムの有る山下町公園を通り過ぎ「玄武門」を目指して下さい。

●石川町駅…JR京浜東北線根岸線(中華街側出口)…駅から徒歩10分位。
 石川町駅前にある中華風の門の方へ進み、信号を渡り「みなと総合高校」の横の門から入れば中華街です。

●中華街元町駅…東急東横線/みなとみらい線(山下公園側出口)…駅から徒歩5分
 駅員に尋ね「明治屋」「ドトールコーヒー」真横にある出口から出て下さい。信号横が中華街「青龍門」です。

さて、中華街のメインストリートは「中華街本通り」です。
2015-07-29-13-01-52
ここには善隣門と言う大きな門が有るので、直ぐに解ると思います。
この道の左右に、それぞれ路地の入口があり、その横道沿いの店に美味しくて安い店が沢山あります。

先ずは…
メインストリートから関帝廟に抜ける脇道、中山路と言う場所にある「獅門酒楼」と言う店です。
2015-07-29-13-23-43
この店は非常に上品な味付けの伝統的な広東料理の店です。
日本人が一般的に中華料理と思い込んでいる物の多くは香港で発達した広東料理なので、恐らく一番食べやすいかと思います。

醤油ベースの上品で香りの良い料理を出す店です。
値段も下の通り、安いです。単品料理も当然美味しいのでランチと別に1品頼んでシェアしてもいいかも。
2015-07-29-13-23-53
2015-07-29-13-24-06
コースも安いでしょう?
だから絶対に肉饅なんか食べない方が得なんですよ!

さて、この獅門酒楼の前の中山路を真っ直ぐ抜けると関帝廟です。
2015-07-29-13-22-32
関帝廟は三国志の武将「関羽」を祀った聖廟ですね。勝負と商売の神様です。
2015-07-29-13-22-43
関帝廟側から見た中山路の入口がここ。

本通りから中山路を関帝廟に向かって左手の路地に在る店が「北京」と言う店です。
2015-07-29-13-16-48
完全に路地でしょう…
あんまり観光客は入らない通りかもしれませんね。
でも大丈夫!落書きあってもヤンキーなんていませんし治安は良いので(笑)。
この北京は中国家庭料理の店です。
ランチは1000円で、ご飯・スープ・料理1品。
巨大肉団子のランチと油淋鶏のランチがお薦めです。
普通、中華街の多くの店は伝統的な中華料理の肉団子(獅子頭)を出さないんです。
何故かと言うと、大きくて客が直ぐに御腹いっぱいに成ってしまうし上に、高い料理じゃないので客単価が下がってしまい儲けが少ないんですよ。
ですから、ここでしか食べられない肉団子の定食は本当に御勧めです。

中山路の路地の隣には市場通りと言う、雰囲気が又エスニックな路地も有ります。
2014-10-25-20-32-37

この市場通りの関帝廟側の入口横に在るのが、「頂好(ディンハオ)」と言う御土産用の点心の名店です。
2015-07-29-13-18-45
市場通りの入口の直ぐ横です。
2015-04-29-17-26-35
市場通りの入口は現在改修中です。もしかしたら皆さんが行く時には修繕が完了しているかも知れませんが、一応現在の写真も載せておきます。
2015-07-29-13-19-01
観光客は余り知らないのですが、この店の肉粽子(中華ちまき)は地元の中国人や台湾人から評判が良く、中華街で働く人達にガチで美味しい点心を買いたいと仲良くなってから聞くとここを紹介されますよ。
昔は太湖と言う点心専門店も美味しかったのですが今は店舗閉鎖したので、美味しい点心を御土産に買って帰りたい場合はこの「頂好」か、高級品なら有名な「華正樓」がお薦めです。
小生は「頂好」の「ココナッツ団子」と「粽子(ちまき)」が好きです。
粽子は言えば冷凍のまま販売してくれます。ココナッツ団子は直ぐに食べれる状態でパック詰めで販売しています。

下は中華街の香港路の本通り側の入口です。
2015-07-29-13-16-01

香港路を入った1本隣の脇道の路地に在るのが下の東新飯店と言う小さい御店です。
2015-07-29-13-17-06
しかし、ここのランチは安くて美味しい!
中国現地の定食やを日本風に清潔に安全にした現地的な感じ(笑)の店です。
2015-07-29-13-17-24
安いでしょう?
料理1品に御飯と自家製ザーサイとスープ、デザートがついてこの値段ですよ!
小生、中華街の八百屋に中国野菜をたまに買いに来ると、この店に良く行きます。
あと、3000円で飲み放題付きのコース料理が有り、宴会にも持って来いなんですよ~♪。
店は小さいけれど、路地に入ると、こんな風にコストパフォーマンス素晴らしい隠れた名店が沢山あるんですよ!
高い肉まん500円で買ってたったまんま食べて中華料理も食べずに帰っちゃうとか本当にバカらしいでしょ?
だから中華街でランチしないのもったいないの伝わりますかね~?

中華街本通りの香港路入口と対面にある薬局の路地を入った所にあるのが水餃子の名店「山東」です!
外観の写真撮り忘れました。
この店はランチタイム関係ないですが、ラストオーダーが深夜の24時位なので仕事帰りに皆で行ける店で、しかも中国本場の日本風にアレンジしていない家庭料理を食べれます。
店内はこんな感じ…
2015-07-29-13-03-47
大きくないけれど綺麗でしょう?
で、ここで絶対に食べてもらいたいのが「水餃子」と「蜂の巣(牛の胃袋)の前菜」です。
水餃子は750円
位…でも凄いボリュームです。
2015-07-29-13-09-59
日本の中華料理店で食べる水餃子は全然本物の水餃子と違うのですが、ここの水餃子は本当に現地の水餃子と比較しても美味しい!
注文すると、店特製のココナッツの香りのする餃子タレを勧められますが、小生は黒酢を貰って中国人と同じ黒酢だけで食べます。
本当に美味しいので是非!山東で水餃子を食べてみて下さい!
あと、もう1品おすすめがハチの巣の前菜。
2015-07-29-13-06-51
これも美味しいんですよ~!
ハチの巣の前菜は1000円位。

恋人や友達と2~3人で行って、前菜にハチの巣、主食に水餃子、他に料理を2品くらい頼んでシェアすれば…
2人なら一人単価3000円位、デートでも安上がりですね…
近くには山下公園や国際客船ターミナルなんて夜景の綺麗な場所が有るので、ここで夕食をとってから散歩に行くのもお薦めです。
2014-10-25-19-58-56
大桟橋は良く豪華客船が停泊していて、その船ごしにミナトみらい地区の夜景を見れます。
2014-10-25-19-58-27



さて中華街に話を戻します。
善隣門から石川町駅に行く途中にある老舗のJazz Barなんですが…
Wind Jammerと言う、美味しいお酒と食事を頂きながら、Jazzの生演奏を聴ける店です。
外観はこんな感じ。以前、紹介記事を書いたので、カテゴリー「Bar」をクリックしてみて下さい。
2014-10-25-21-47-12
ミュージックチャージ500円だけ。
あとはずっと、ゆっくり飲食しながら生演奏を聴けます。 2014-10-25-21-04-10
店内も古き良きアメリカ文化って感じです。
2014-10-25-20-51-52
何で中華街でJazz Barかと言うと、太平洋戦争敗戦時、マッカーサー元帥が山下公園前のニューグランドホテルに住んでいた関係でこの辺りはJazz Barが多いんですよ。
だから、元町や山手地区の明治時代の洋館を見学や、ランチや夕食を中華街でして、その前後にこのBarを組み込むと横浜を満喫出来ますよ~♪。
ここは料理も本当に美味しいです。

さてさて!
中華街に夏休み中来られる方!
是非、脇道の路地にある店でランチ楽しんでみて下さい!
小生が今回紹介して無い店以外にも、まだまだ沢山!美味しい店が有りますからね~♫。

では、又、次の記事で!

ブログネタ
好きな魚の食べ方を教えて! に参加中!
鎌倉小町通りの鶴ヶ丘八幡宮側入口の近くに小田原の有名な干物専門の土産店の「山安」の鎌倉店があります。
今日、小町通りの和紙専門店に用事があり、ついでに山安に立ち寄った所、期間限定の「あじさいセット」と言う干物10匹詰め合わせが何と「1000円」で売っていたので思わず買ってしまいました!
開けてみたらポスター以上にビックリの内容でした!
これで1000円て激安じゃないですか⁉︎
思わず、この後に地元の殿様の事を教えて頂きに行く予定だった御寺さんの御土産分も含めて自分の家と、姪に食べさてあげたく弟の家の分と3セット買ってしまいました!

あじさいセットは、鎌倉の紫陽花(あじさい)寺として有名な長谷寺や明月院の紫陽花が見頃な間一杯便乗して販売するそうです(笑)!
しかし…紫陽花の季節は来月初旬〜中旬、まだまだ気が早いよ山安さん(笑)。

買いたい人の為に店の位置と目標(めじるし)を教えますね!
衛星写真だと位置的にはこんな↓感じ。
鶴ヶ丘八幡宮の鳥居の前を左手に真っ直ぐ行くか、小町通りを北に突き抜けるとすぐ左手に在(あ)ります。

山安店先では試食用の干物を自由に焼いて食べれる屋台が有るので、それも目標に成りますよ!
焼いてるオバちゃんは、いつもいるとは限らないので自由に試食用の干物を焼いて良いんです。

因みに山安から鶴ヶ丘八幡宮の鳥居を見た風景はこんな感じ。
逆に店頭から小町通り側を見るとこんな感じ。
判ります(笑)?
鎌倉行く予定が有って買いたい人は、鶴ヶ丘八幡宮まで行けばすぐ判りますよ!

さて、関係ないんですが、小町通りで「冷やし甘酒」が売ってました。
え〜?夏日に甘酒は無いよ〜!
…とか思いますか?
歴史好きは誰でも知ってるんですが、甘酒は江戸時代には夏バテ予防の夏の飲み物だったんです!
つまり、暑い日に甘酒を飲むのが江戸時代からの神奈川や東京圏の文化なんですね!
美味しくいただきました♪

さて、この記事はここまで!
又、次は小田原城の説明記事の続きを更新しますね!
では又!

小田原には室町時代から伝統のお土産が3つありまして…
小生、本日、小田原北条五代祭りを見物して来たので全部買って来ました!

一つ目!ういろう
※まだ包装したままですいません(笑)。
前回紹介した戦国時代以前から天皇家と関わりがあり文字通り「本家本元のウイロウ」を製造販売している、その名も外郎(ういろう)家」の直系御子孫が今も社長を務める小田原名物お菓子のういろうですね。
コレを食べると歴史的な話だけでなく、小田原外郎家のウイロウが食感と味が格別に良いのが良く分かると同時に、どっかの地方都市のウイロウがネチョネチョ気持ち悪い食感で甘ったるいだけの偽物だと一口で判らしてくれます(笑)。
めっちゃくちゃ美味い!
ういろうの歴史解説記事は「ココクリック!

二つ目!カマボコ
江戸時代から富士山詣(もうで)で箱根越え前に小田原宿の旅籠(はたご=旅館)に宿泊する客が旅の目的の一つとして食べるのを楽しみにする程に有名だった小田原のカマボコ。
手作りだから板に盛り付けた姿もふっくらしてますが、食べるとコレまた食感がスーパーの大量生産市販物と異なり「ブリブリ」とした感覚と濃い魚の味が口に広がり感動するくらいです!
鈴廣(すずひろ)の蒲鉾(かまぼこ)が有名です。映画の小津安二郎監督が好物だったらしいですね。
小生は今回、外郎サンちの隣の老舗カマボコ屋の山一サンのを買いました。
小津安二郎監督の真似して板ワサにしてみました。
久しぶりの小田原蒲鉾、嬉しくて普段飲まないお酒も飲みました。

三つ目!小田原曽我梅の梅干し
室町時代〜明治時代まで梅干しと言えば横浜市磯子区南区港南区の特産だった杉田梅でした。
南高梅は関東では、つい最近流行り出した歴史の浅いブランドです。
杉田梅が横浜市教◯委員会のせいで消えた話は有名で、以前、神奈川の梅林文化を解説した記事や横浜の殿様間宮家の話でも紹介しました。
杉田梅は現代では姿を消しましたが、その杉田梅と同時期に盛んに植林され恐らく同じ品種だったのが小田原市曽我梅林の曽我梅。
甘ったるく蜂蜜漬けされた偽梅干しと違い甘くない昔ながらの酸っぱい系統の正統派ですが、曽我ブランドの梅は元々の果肉の旨みがあり凄く美味しいんです。
小生、さっき板ワサにした蒲鉾を、この梅干しを醤油代わりに食べてみましたが凄く美味しかったです!
因みに昔の人は生醤油が高級品だったので梅肉をつけて食べたり、梅干しと酒で「煎り酒」と言う調味料作って刺身を食べる人が庶民には少なくなかったらしいですよ。
※神奈川伊豆の梅林文化についての記事は「ココ」「ココ」「ココ」←クリック!

どうでした?
何か食べてみたいお土産はありましたか?

食べ物以外にも隣町箱根の寄木細工なんかもお土産として有名ですよ〜!
そうそう!
小田原市は湘南の一部なのでシラスと鯵も美味しいですよ!
もし車で行く人は西湘バイパスでの上り線の西湘SAで食べれる釜揚げシラス丼がオススメ!

以下に外郎家の歴史を纏めて置きます。
初代:陳延祐
元朝時官途:礼部外交院外郎 
長慶天皇の治世、正平二十三年(1368)年、元朝滅亡時に日本亡命。
医術、天文学に通じる。
博多に住す。
官職から陳外郎と日本では呼ばれる様に成る。
↓
後円融天皇の従弟、足利義満公により博多より京に招聘。
京に移住はせず博多に戻るが子を京に留める。
↓
子は京に留まり足利一門の断家、宇野の名跡と旧領を与えられ格を上げられた上で朝廷にも仕える。
外交使節の応対を担当。
足利一門の帰依していた禅宗に入門した事で法名は大年宗奇と伝わる。
父の初代延祐も禅宗に帰依し入道。
今は福岡市博多区に移転した、当時は太宰府に在った横岳山嵩福寺で剃髪、台山宗敬と名乗る。
※この入道号"台山宗敬"は恐らく陳家が浙江省台州出身の貴族である事に由来する。
※帰化後、本来は元朝の官職の外郎を苗字とし読みを官途の外郎(げろう)と区別し外郎(ういろう)にした。
※朝廷に上がる為に宇野を併用した。京極、六角に置ける苗字佐々木の併用に類似の事例。
↓
陳外郎宇野台山宗敬、享年73歳。
応永二年(1400年)七月二日没。
↓
後柏原天皇治世
永正元年(1504年)。
五代:陳外郎宇野藤右衛門定治の代に小田原の北条家より招聘され移住。
この際に弟の家を分家させ京に残し接待菓子や薬の製法も弟の家にも残した。
↓
しかし兵火により京の外郎(宇野)家は断絶する災難に遭う。
※当然、京都の財産や文書も消失。
この際に弟子が外郎の故知の博多、官領代として乱を沈静化させ当時の博多を傘下に置いた大内家により雇用され広まったと、外郎家では山口市と博多市の菓子の外郎を系統と社史で事実上公認している。
血脈は小田原のみ存続する。
天皇家の制約を守り菓子を販売せず。
薬の製法は明治まで一子相伝だった。
※明治時代の解説に繋がる。
↓
小田原でも北条家の外交使者接待担当。陳外郎宇野家は石高換算で江戸幕府の7000石超相当の格を継続して遇される。
※有職故実に通じたのでの江戸幕府に置ける高家対偶に類似。
※実際に其だけの所領を北条家でも与えられたとは考え難いので関東では室町幕府の格式の維持に留まったはず。実際、当時の石高換算の1貫=2〜4石の最大値で計算しても北条家臣筆頭の松田家で所領役帳で2798貫=11192石となり、やはり外郎家は格式に特化した保証を受けたと考えた方が自然。
↓
北条家、豊臣秀吉の小田原攻めにより改易、当主氏直公は蟄居。この際、士分の北条旧臣は小田原城下から退去を命ぜられるが朝廷との縁から特例で残留を認められる。
以後は医家として存続、嘗ての朝廷に置ける儀礼を守り透頂香と菓子も外郎の在所以外での販売をせず現代に至る。
この際に天皇家より医家にも関わらず以下の桐紋と建築様式の使用の御赦免を賜る。
八方八つ棟
表側三つ棟玉堂造り
唐破風に桐紋瓦
↓
江戸時代に至っても外郎家は高名で、今の市川海老蔵の祖先である二代目市川團十郎(元禄元年1688年〜寶歴八年1758年)が愛用し、享保年間に外郎の透頂香で喉の持病が根治した事を感動し歌舞伎の演目"外郎賣"を造り上げ以後は市川家十八番の演目の一つとして現代に至る。
↓
明治に成ると特許条例が制定されたが、天皇家との関わりで真っ先に特許承認された。
↓
外郎家系統の製法を受け継ぐ地方では外郎(ういろう)の名を使う事を憚(はばか)り、"ういろ"等と名を変えて敬意を近代まで払っていた。
その名残で今も「ういろう」と平仮名で書いても「ういろ」と発音する人が年配には多い。
但し、外郎家と無関係の名古屋は例に漏れる。


さて、次回は又、北条五代祭りの後に戦国時代の小田原上司の「虎口」と発掘調査中の「百姓曲輪」などを紹介したいと思います。
では!又、次の記事で!

↑このページのトップヘ