歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:中区

"本物の拉麺"の蘭州拉麺を中国本場の味で食べれる貴重な店が横浜市の伊勢佐木長者町に在ります。
KIMG1045
中国蘭州牛肉ラーメン 国壱麺
日本ではまだまだ少ない本格的な“拉麺”を食べられるお店ですが、横浜市ではもしかしたら、まだここしか“本物の拉麺”を食べれる場所は無いかも知れません。
日本のラーメンは拉麺とは呼べないスープ中華ソバと言う広いカテゴリーなんですよ、細かい事を言うと。そこら辺りは後で“面の種類”の解説をします。
KIMG1053

価格帯もセットで1000円前後とお手頃。
この写真は牛肉拉麺とツマミのお肉と豆腐の細切りがついています。これで1050円!
本当に伊勢佐木長者町は中華料理安くて美味しいのよ。
山椒で酸味が少しあるスープ。
とっても美味しいです!
小生は面の太さを“中太”くらいで頼みました。
KIMG2778
更に!セルフの🍧かき氷は無料で食べ放題!
KIMG1048
麺は目の前で打ってくれるので、太さを自由に指定できる。 
券売機での注文なので、良く解らない人も写真を見ながら選ぶ事が出来ます。
KIMG1047
券売機の画面にも表示されてますが“横浜ベイスターズの観戦チケットを持参すると割引き”のサービスを受ける事が出来ます!
国壱麺の拉麺は本当に中国で食べる蘭州拉麺と同じで美味しいんです。 
それもそのはずで、調理は中国から来た麺打ちのプロが行っていますからね。 
KIMG1046
小生のオススメは中太だけど、御店のオススメの太麺もモチモチして美味しいですね~♪
小生が良く行ってた上海や深圳なんかの南の方だと細い面が好まれています。
でも小生は太目のモチモチが好きなので中太を毎回チョイス!
KIMG2779
御店も綺麗でしょう?
KIMG1050
中国ではどの都市にも蘭州拉麺の店が沢山有ります。
日本ではまだ見る機会が有りませんが、拉麺は本来騎馬民族の文化由来の料理なのでトマトをふんだんに使用したパスタと焼き饂飩の中間の用な味付けの料理も多いです。
KIMG1051
御店の運営方式的には日本の立ち食い蕎麦屋の“富士そば”とかドライブスルーのフードコートみたいな感じで、そのまま御店を中華街のレストラン並みに綺麗にした感じです。スタッフは日本語が話せますが発音は良くない人もいます。恐らく言葉の問題を解消するのに券売機方式にしたんでしょう。
券売機は日本語、中国語ともに対応しています。確か英語も有ったと思う。
オリンピックに向けて、日本のファミレスなんかも英語対応の券売機方式を導入するか、ホールスタッフに ポケトークを持たせるべきなんじゃないかと思う。
御店の紹介はここまでにして・・・

・・・さて最近、新横浜ラーメン博物館と某学者が拉麺の文化について間違った事を流布しているので少し拉麺の事を解説します。
日本人が“拉麺(ラーメン)”と誤解しているのは“湯麺(たんめん=スープそば)”の意味で正しい拉麺の漢字の意味ではありません。
DSC_1109
家系豚骨ラーメンも拉麺ではありません。
実は拉麺(ラーメン)と言うのは面の製麺方法の種類を指すのですが、それを戦時中に中国に行ってた人達がラーメン=スープ中華ソバと誤解したまま戦後に中国から帰還した人達が中華料理やを開いて提供したので文字の誤植が発生したんですね。

拉麺とは文字通り、拉(ひっぱる)麺(めん)と言う意味で“手で延ばし打つ手延べ麺”の意味であり、日本人が戦後に持ち込んだ拉麺は機械で製麺し裁断した物なので拉麺とは呼べないんです。
「ラーメン=柳麺」と言うデマを新横浜ラーメン博物館と一緒に流布した文献しか読まない見聞乏しい学者に一言言わせて下さい。
柳麺は極細麺て意味ですよ。
あのね、文献ばっか見てるより、さっさと中国語勉強して現地取材して下さいね(笑)。
昔から百聞は一見に如かずと言いますけど、ラー博と某学者さん、それの悪例地で行ってますよ(笑)!
適当過ぎて草生えるwww!
歴史も文献ばっか読んで現地行かない、取材しない、子孫に聞き取りしたり保有してる文献を礼を尽くして見せて頂かず、ある文献の内容をコピペする学者ばっか(笑)。
そもそも、文献として残っているものは先人が先人に対して「騙す」為に書かれた物ばっか!その内容の真偽も調査せず・・・
見つかった!→はい、歴史認定~論文書いて発表ぅ~♪
・・・と言うロジックは普通に考えてバカ(笑)。数百年を経て又、騙されてるバカが権威を持ってると歴史が歪んで行く(笑)。やめてね本当に、ちゃんと現地行ったり当事者に聞いたり財産見して貰って確認して。
新横浜ラーメン博物館に「ラーメンのルーツは柳麺」て嘘を教えた文献しか見ないで現地の人にも聞かないし食べにすら行ってない学者(笑)さん、中国人に己の見聞の希薄さ晒して日本人に恥をかかせないで下さい。
中国人や中国駐在経験者なら「誰でも知ってる(笑)」事ですし、そもそも「漢字の意味見たら解りますよね?」て話しです。
柳麺と言うのは只の面の細さの種類でオーダーの仕方です(笑)。
日本人として他の日本人に恥をかかせないで下さいね、新横浜ラーメン博物館さん。
間違いは間違いです、さっさと訂正して下さい。

思うんだけど、日本の有名ラーメン店が国壱麺みたいな拉麺職人を導入したら工場制の物なんかよりコシが有って美味いスープに負けない最強の湯麵(タンメン)が出来ると思うんだけどな~。

では皆さん、百闻不如一见・・・百聞は一見に如かず。
是非是非、本物の面のモチモチを楽しんで見て下さい!

今回は歴史じゃなくて御店の紹介です。
・・・と言うか歴史解説とか書くの今日は面倒臭くて(笑)。
代りに未だ紹介していなかった(紹介したくなかった)小生の行きつけの野毛の美味しい居酒屋サンを紹介したいと思います。
小生のブログを以前から読んで下さっている方は御存知の方も多いのですが“小生は御酒が嫌い”なのでもっぱら食べる派です。
ですから本当に料理が美味しい店にしか定着しません。そして横浜市立中央図書館に調べ物に来る度(たび)に野毛の飲食店を少しづつ開拓しているのですが、見つけてから海外からの友達と行ったりお気に入りに成った御店が今日紹介する“宮崎地鶏料理”の御店です。

KIMG0170
炭火焼げんこつ(宮崎地鶏料理店)
店構えは日本の比較的新しいオシャレな居酒屋風です。
アイドルタイムに行くと満席で入れない事が多いですから、少し早めに行った方が良いかと思います。
写真撮影当日は開店直後一番乗りの日だったので店内の撮影許可を頂けました。
KIMG0172
カウンターの左手にガラスの仕切りが有りますが、これは火で炙る際の火力が強いので御客サンに配慮しての事でしょう。
KIMG0173
日本酒と焼酎、御酒飲まないので良く解らないです(笑)。
KIMG0174
文字通り炭火焼で料理を提供して下さるのですが、焼肉屋みたいに自分で焼く訳ではありませんよ~。

KIMG0179
こんな感じで宮崎地鶏を一口大に切った物を直火で香ばしく炙って提供して下さいます。
KIMG0181
肉がブリブリして味も濃く本当に美味い♪
KIMG0177
タタキも最高に美味いですよ!
KIMG0176
串焼きや炙り系の料理以外に、このモツ煮も日本料理が苦手な外国の御客サンも美味しいと絶賛してましたね。
KIMG0175
日本人の小生が美味いと思うのですが、東アジア諸国の人達の口にも合う様です。
特にこの時には親しい中国の人と行ったのですが、田舎の味に似てるとまで言って喜んでいました。小生的には本当に美味しい“日本のモツ煮”なんですが(笑)。
KIMG0183
他にも鶏卵で鶏繋がりと言う事でチーズオムレツとか・・・
焼き鳥の類も充実してますよ!
あと写真のリザーブがないのですが、この御店のオススメに“レバテキ”が有ります。

本当に美味しい店なので、野毛山動物園デートの帰りとか、みなと未来21地区デートの後の夕食にちょっと足を延ばして来てみるのも良いかと思います♪

では!又、次の記事で御会いしましょう~♪

横浜市中区の伊勢佐木長者町の商店街の鎌倉街道側に本場中国と遜色ない四川料理の味付けの料理を提供する小さな中華料理屋さんが有ります。
KIMG0239
華隆餐館
(ホァロンツァングァン:かりゅうさんかん)
※住所クリックすると地図で位置確認出来ます。

華隆餐館と言う御店で御店主もママさんも中国から来た方です。
料理は麺類が1000円以下の800~900円台のラインナップが多くあります。
おかずの料理は単品で1200円前後ですが、シェアする量なので二人で行ったら一人600円と考えると比較的安く本場の味が楽しめるので御得感が有ります。
中国から来た方の御店だからと言って美味しいとは限らないのが❝横浜(笑)❞なのですが、この御店は本当に中国で食べる四川料理と遜色有りません。何故なら味を変えず中国と同じまま出してらっしゃるから本当に四川省の味のまま麻辣(まーらー:痺れ辛い)味付けで本物を知らない客に媚びて味を変えたり妥協してないからです。
KIMG0240
なのでこの御店、外観も綺麗ですが中は中国の食堂と同じ風景。普通は余り本場の中華を知らない一部日本人なら尻込みそうで中国人の御客サンばかり来そうな御店なのですが、意外な程に日本人の辛い料理好きの客に大人気でアイドルタイムは必ずと言って良い程に満席に成っています。
近所が伊勢佐木町の商店街や横浜スタジアムなので、買物ついでに立ち寄る人が多いんでしょうか?
さて、この御店には小生の御薦めの中華料理の前菜も有ります。
KIMG0241
ハチの巣(牛の胃袋)の冷菜。この御店は麻辣が強くてハチの巣食べるだけでも汗が吹き出しますが、歯切れの良い触感に痺れ辛い味付けが絶妙で御酒を嗜(たしな)む人なら良いツマミにも成りますし、他にも前菜メニューが充実しているので、刀削麺がメインながら友人同士やカップルのデートでも使える御店に成っています。なので実際、店内はカップルや近隣のビジネスマンが男女で食べに来るパターンが多い様です。
この日、小生は高菜と牛肉の刀削麺を注文しました。
KIMG0242
う~ん、ビジュアルから完全に中国のソレ(笑)。
これね、とっても美味しいんです。牛で出汁をとってますから。醤油ベースの中華風テールスープみたいな感じでしょうか。高菜が入っていて少し博多ラーメンにも似てるかも。
KIMG0243
面は削りだすので❝きし麺❞みたいな見た目ですが、もっとモチモチしてるのに柔らかさも有ります。コシの良い饂飩(うどん)を平打ちにした様な感じ?
この高菜面はハッキリ言うと関東人には博多ラーメンと同じで味の好き嫌いが分かれると思います。これよりスタンダードな牛肉麺とか御勧めですし、麻婆豆腐の餡が乗っかった麺も有ったりしますので、色々と味は楽しむ事が出来ます。

簡単な紹介ではありますが、横浜中華街以外にも行って見たい人がいれば此処(ここ)は本格的な四川料理の味付けが楽しめるので是非、足を運んでみては如何でしょうか?




L♡DK
来週(2019年03月21日)から公開される❝L💛DK❞と言う恋愛映画のロケが、リアルなカップルにもデートコースとして御薦めの横浜関内地区の山下公園周辺~幕末~明治大正時代の山手地区の洋館街で行われました~!
img098
で、ロケ地の横浜市とタイアップしてイベントを行っています。
img099
頂いてきたロケ地map、すみません、小生の自宅のスキャナー小さくて(笑)。
なので、もっと詳しく知りたい人は公式ホームページにアクセスして見て下さい!
http://www.l-dk.jp/

作中登場するロケ地の中でも小生が特に主人公達と同年代の現役高校生や少し上の大学生のカップルに行って見て欲しい御薦めの場所が有ります!
DSC_1790
えの木てい
えの木ていと言う、現存する本物の可愛い建築文化財の洋館で運営している❝Café❞です♪
ここもL💛DKのロケ地に成っています。
とっても建物も雰囲気も可愛いしケーキも美味しいんですよ~!
DSC_1791
御庭にもテーブル席が有って、春~夏~秋だけでなく寒い冬でも陽の日差しの明るい時はブランケットを貸して下さりストーブも焚(た)いて下さるので足元は暖かくケーキセットを御洒落で可愛い雰囲気の中で楽しむ事が出来ます♪
DSC_1792
店内も昔の洋館なのでとっても御洒落!
DSC_1793
こんな空間でユックリと御茶を飲む事が出来るんですよ~。
DSC_1794
ね?ケーキも可愛いでしょ?
えのき亭は小生みたいな男性だけで行っても落ち着いて時間を過ごせますが、どちらかと言うと女性向けの店なのでデートには特に持って来い!当然ながら横浜観光中の御客サンらしい女性の御友達同士らしき人も大勢います。
カップルで一緒に❝L💛DK❞の映画を見て、若い時から横浜の山手や元町の文化に触れると将来もし二人が結婚なんかしたり別の人と家庭を持ったりしても、家の中に欧州風の文化も根付く素養が身に付くかも知れませんよね?
日本の和菓子と御茶も庭園も綺麗で落ち着くんだけど、えの木ていもゆっくり時間を過ごせます。そして周辺には無料で見学出来る洋館も沢山有り、本当にデートコースにピッタリなんですよ!
DSC_1796
山手234番館
こことか・・・
DSC_1736
ベーリックホール
ここも・・・
DSC_1705
エリスマン邸
これ全部!無料入館出来る施設です!
そしてすぐ近くには・・・
image
横浜山手聖公会
運が良ければ日本現存最古の開基(かいき:寺院霊廟を開く事)のプロテスタント教会の山手聖公会も無料見学出来ますし・・・
DSC_1849
外人墓地
外人墓地や・・・
DSC_1955
港の見える丘公園デートスポットとして定番の港の見える丘公園からはベイブリッジも良く見えます。
DSC_1920
なのでいつもカップルと観光客で賑わいますし、初夏に成るとバラ園もとても綺麗に成ります。
実はこの港の見える丘公園の直ぐ近くにKKRと言うホテルが有りまして・・・
DSC_1956
KKRポートヒル横浜
ここのレストランの窓際の席からは港の見える丘公園と新山下埠頭と横浜ベイブリッジを一望出来るんですよ~♪だから仮に❝えのき亭❞が一杯でも、こちらに来て御茶しても1人でもカップルでの観光でもユックリと時間を過せます。
小生はえのき亭もココも、一人でも関西や海外から友人が来ても良く行く行きつけの場所です。

山手地区はユッタリと時間が過ぎて花も緑も洋館もケーキも御茶も全部が良くて、日本庭園とはまた違った心が落ち着く安らぎを感じられる所で、カップルで来る頻度も多い場所なので周辺からも幸せな空気を分けて貰ったり自分も幸せに時間を過ごせる場所でもあります。

だから是非、映画❝L💛DK❞を見て彼氏彼女さんや女友達同士でロケの聖地巡りをしては如何でしょうか?

もっと洋館を詳しく知りたい人は小生が以前に❝近代西洋建築と文化・鉄道・戦艦・要塞の解説と紀行文❞のカテゴリーに記事に書いています。
水色の部分クリックすると記事一覧に飛びます⤴
そのカテゴリーをクリックして頂いて興味の有る記事を読んで頂くと写真もふんだんに掲載して紹介して有りますので、御参考に成れば幸いです。

次は御寺の記事を書きますよ~!
では、又、次のブログ記事で御会いしましょう~♪



















2018年は小生の人生の中でそこそこハチャメチャな1年間だった。
ハチャメチャの原因は自分の未熟さから対応が上手く行かなかった事ばかりで、今年はそれを変えたいと思った。ソレを改善する為には信頼出来る人の中で自分とは異なる発想をする人から自分に無い価値観や考え方を学ぶ必要が有ると思った。余り会わなかった思考パターン人達の中で安心して学べる人はいないかと考えてみた・・・
そしてとある人の事が思い浮かんだ。
家庭を二度も壊した事で親戚一同から疎遠に成っていた小生が子供の頃に尊敬していた母方の叔父。
・・・その叔父は人を助ける立派な仕事をしていた人で横浜市で最初に❝人を助けるとある資格❞を取得した知勇兼備の仕事をしていた人。頭も良くて体力も優れ話し方も優しく格好良い人。
でも夫としては無責任だったらしい。
家庭を二度も壊した。
大人になってみると叔父さんは男や夫としての責任と言う面において尊敬できないが、人として魅力に溢れ人の気持ちが良く解り優しさが有るのだろうとも思う。
まぁ優しさと、誠実か、真面目かは全て別の問題とも言える典型的な例でもある…

ハッキリ言って小生とは思考のロジックが180°違う人物だが子供心に尊敬しており大好だった。

・・・もう子供の頃から親戚の都合で約20年近く会っていなかったが、小生は2017〜2018年、そして今月前半での全ての反省点を改善する為に自分に男としての責任を果たすだけではなく、人としての優しさや内面を察してあげて心もサポートする能力がほしいと思った時に思い浮かんだのが、この横浜の叔父さんだった。
しかも叔父さんは小生が新たに取得しようと考える資格も持っているので、現実的な資格の相談と、自分の仕事上の同僚との接し方についての相談もしたかった。

そして母親に・・・
「親戚の都合なんて知ったこっちゃない」
「俺は叔父さんに会いたい、子供の頃に尊敬していたし安心して話せる」
「グダグダ言ってないでサッサと連絡先教えて」
・・・と半ば強引に叔父さんの連絡先を聞き出し、コンタクトを取った。
小生が子供の頃から、もうずっと交流が途絶えてたのに叔父さんは快諾してくれた・・・
「よっ君、じゃあ野毛山動物園でも散歩しながら話そうか?」
・・・と。
小生は内心「ん?何で野毛山動物園なんだ?」と感じたが、まぁ確かにユックリと緊張せずに気を紛らわしながら話すにはうってつけの場所だなとも思った。
待ち合わせは13時に日ノ出町駅と決まった。丁度、金曜日は小生は横浜中央図書館に行く予定が有ったので野毛の駐車場に車を停めて待ち合わせ時間まで食事したり都合が良かった。

当日、少し早く12時に着いて叔父が来るまで食事する場所を探す為に野毛界隈をブラブラしていた。
気分的に野毛の商店街で入りたい店がたまたま見つからず駅よりの方に出て来た所、以前から気に成っていた店が視界に入ったのでソコに決めた。
CIMG7986
鴻元食坊(こうげんしょくぼう)
鴻元食坊と言う少し辛い料理の多い中国東北料理の店。ここの店が以前から気になっていた理由はランチが500円と安い上に、横浜中華街でも提供される事の少ない本場中国の庶民料理が沢山メニューに有るからだ。
鴻元食坊に関しては、もう少し詳しく別に独立記事で紹介しようと思うので説明を端折(はしょ)る。
注文したのは酢豚ランチと小生の好物のハチの巣(牛の胃袋)の冷菜
CIMG7991
CIMG7994
このランチ+1品でなんと880円!物凄く安いだけでなく味も中国の食堂で食べる中華料理と全く遜色無い。綺麗な店員の女の子と少し雑談をして、今度来たら日本人向けじゃない本場の東北料理の辛さで料理を出してれると言ってくれた。
いつも御店の店員さんとか和尚さんとか宮司さんと打ち解けるのが得意だ。
どの家の子供にも物凄く好かれる。
でも小生は恋愛では上手く行かない事が多い。
好きな人に嫌われ易く、嫌いな人や意中外の人には好かれ易い。
何故だろう?

・・・今までの恋愛を振り返ると小生を最初から信頼したり頼ってくれる人としか交際してなかった様に思う。
それと、店員さんや和尚さん宮司さん達と仲良く成れるのは何か関係が有るのだろうか?
自分と他人の行動や感情のロジックが解らない。
食事が終わると丁度13時の5分位前だったので日ノ出町駅に移動した。
駅には先に叔父さんが到着していたが、何せ長い間会ってないので面影は有ったが最初は叔父さんと確信が持てず、取りあえず手を振って見たら叔父さんも目を凝らしてコチラを見てから・・・
「よっ君、子供の頃の顔しか解らないからLINEで写真送って貰ってもパッと思い浮かばなかったよ」
「印象変わったなぁ〜」
・・・と言われた。そりゃそうだ。久しく会ってないんだから。叔父は今もスポーツセンターに通っているそうでガッチリと無駄な肉の無い精悍な初老の男性と言う印象だった。
叔父と久しぶりの対面を果たし握手を交わし、ソンナ言葉を数回交わしてから何方(どちら)が言い出すでも無く一緒に野毛山に向かって歩き出した。
DSC_0580
横浜中央図書館の前を過ぎて旧平沼専蔵邸亀甲積み擁壁の前を通り過ぎた時に、この文化財の話を小生が叔父さんに話すと・・・
「そう言えば歴史が好きだってお母さんから聞いてたよ」
とか
「凄く体が(太って)大きくなったって聞いてたよ」
とか
「前の仕事の話も聞いたよ」
・・・とか、実は小生の知らない所で母は叔父と連絡を取り合い、勝手に小生の事をベラベラ話していた事が発覚した。母は総じて小生の汚点だけを強調して親類に話すのだが、叔父には賛否両論評して話していた様だ。まぁ、小生の情報は叔父が2度目の離婚をする前後までの様だったので、それ以後は余り情報も交換していなかった様だ。
暫く歩き進めると動物園の案内板が見えて来た。
CIMG7995
叔父の以前の記憶では、既にここ等辺りから動物の展示が有った様に記憶が有るらしいが、どうやら横浜市によって規模が縮小されている様だった。
小生がここに最後に来たのは弟が生まれる直前の3歳の頃の話しで、父と最後に来た当時の記憶が朧気ながらに残ってる。確か市電が放置されるように置いてあった。余り楽しい場所と言う記憶は残っていないが、大人になってみると無料開放の動物園と言うのは中田市長や現職の林市長以前の歴代市長の果たした史跡保護と教育福祉的な意義を両立させていた偉大さが良く解る。
CIMG7996
史跡保護と言ったが、この野毛山は明治時代には富岡製糸場や第二銀行(横浜銀行)を経営した原財閥の原家や、川崎や鶴見の鉄道網を整備した浅野財閥の浅野家や西武鉄道初代社長の平沼家等の別邸が立ち並ぶ高級住宅街であり、近代日本水道の発祥地でもあった。
CIMG7999
CIMG8000
佐久間象山先生が横浜の開港を建議したので、この野毛にはその顕彰碑も有る。
余談だがこの佐久間象山先生を暗殺した人物が・・・
©和月伸宏先生 集英社様 るろうに剣心
緋村剣心です。
・・・嘘です。
るろうに剣心の主人公の緋村剣心のモデルに成った人物、抜刀術の達人だった河上彦斎と言う武士が佐久間象山先生を暗殺した人物でした。
まぁ〜幕末の開港〜明治大正の近代日本発展の礎と成った横浜の昔の中心地の桜木町〜野毛町界隈だから当然ながら幕末〜近代が題材の❝るろうに剣心❞の話しにも繋がるのは必然だな。
CIMG8001
階段を登り進める。
CIMG8002
女性俳人として有名な中村汀女女史の句碑だ。
CIMG8003
横浜を舞台にした俳句を多く読まれた人物なのだが、俳句に詳しくない小生は余り中村汀女女史の事も詳しくは存じ上げない。機会が有れば色々と足跡を辿ってみたいと思う。
又、野毛山の道を歩き進める。
CIMG8004
叔父が右足を少し庇いながら歩いていたので・・・
「叔父さん、右足を庇ってるように見えるけれど股関節が悪いの?」
・・・と問いかけた所、年齢のせいか右足が余り上がらなく成ってきたそうだ。それでも毎日ジムでランニングしているそうだ。「足が悪いならウチの母に見て貰えば良いの」にと思いながら小生も叔父に負担をかけない為に歩くペースを落とした。今にして思えば、疎遠に成っていたので母にも言い出せなかったのだろう。小生との交流再開が切っ掛けに成り叔父も親戚達と又、仲良くなって行って今度こそ過去は過去として、新しい奥さんとの生活も祝福されて幸せにしてあげて欲しいなぁ〜と思う。
CIMG8005
そして出て来た佐久間象山先生の顕彰碑。
先程、中村汀女女史を❝先生❞と呼ばなかったのは日本語における❝先生❞の用法は近代に誤って用いられた漢字の誤植だからだ・・・
❝先生❞とは年長や身分が自分より上の❝男性に対して用いる尊称❞で、教師や技術者や文化人に対する尊称の意味は漢字に含まれていない。
・・・日本語で教師の意味で先生と誤って翻訳された単語は本来は“師”、“老師”や“教師”や“教授”が正しい。つまりドラゴンボールで悟空やクリリンやヤムチャ達が亀仙人に対して用いた尊称を❝武天老師❞とした鳥山先生は正しい漢字の知識が有った訳だ。
CIMG8006
本来の遊歩道を案内板に従って右に逸(そ)れると日本庭園に行き着く。
ここを春に散歩するだけでも良いデートに成るのだろう。子連れには子供が理解できず退屈するかな?
そんな場所を叔父と二人歩く小生(笑)。
CIMG8007
石碑が見えて来た。
CIMG8008
ペリー提督が唯一敬礼した日本人だそうだ。つまり欧米人から見ても博識で欧米の礼儀作法さえ熟知しており敬意を以(もっ)て接する対象だったと言う証明だな。川上彦斎は何をやってんだかな。
一頻(ひとしき)り見終わり遊歩道に復帰し、歩道橋から動物園と反対の左手の高台に進む。
叔父の記憶では其方側も昔は小動物と接する事が出来る動物園の一部分だったそうだが面影は無くなっていた。
歩き進めると何やら近代西洋建築っぽい建物が有ったので写真を撮影してみた。
CIMG8010
実はここは日本最初の水道の配水施設だったそうだ。
何とも横浜らしい史跡だな。この頃の日本の他の都市ではまだ井戸ばっかりだったし、夜は真っ暗だったが横浜の野毛〜桜木町〜関内地区には既に夜道を照らすガス灯が整備されていた。
CIMG8011
先に進むと西洋人の胸像が有った。
CIMG8013
英国人H・S・パーマー先生の胸像。
そして、この説明銅板に刻まれている細郷市長の名!細郷市長と高秀市長は建設族ながら文化的歴史的な教養が現職市長より大変優れていて、都市計画と文化歴史史跡保護を両立させた市長として有名だ。
林文子市長も福祉だけは優秀なのだから、加えて横浜市最大最後の蛍の群生地の自然林と水源地の円海山瀬上沢の保護を歴代市長と同じく行うべきだ。現在の瀬上沢の東急不動産による自然破壊宅地開発計画を撤回させ市が栄区の田谷辺りの遺跡の無い耕作地を買収するなりして代替地を用意するとか、東急不動産に横浜市民反対署名12万人+市の有識者の開発反対票過半数の結果を重く受け止めさせ土地を自然保護区域として寄贈させるとか鎌倉市の鎌倉歴史文化交流館開館の先例を踏まえて東急に対して横浜市民に土地を寄付するように勧告して欲しい。
あと続日本100名城に認定され日本全国の歴史ファン城郭ファンから重要性を認められ日本の都市部屈指の保存状態を誇る港北区の小机城を早く横浜市から文部科学大臣に史跡として推薦して国指定史跡認定を受けるべきだと思っている人は物凄く多い。
この2つを行うだけでも、戦国武将で江戸時代の本牧奉行の間宮家松本城址の桜道の桜の大木の並木道の伐採を行わせた罪や、野毛山動物園の規模を縮小させた罪や、原財閥が公共福祉の理念から無料開放していた原家邸宅の三渓園を寄贈されたのに入園料を値上げした罪の全てを贖罪する事にもなるし、逆に高秀市長や細郷市長に並ぶ歴史文化保護の功績を後々数百年後の横浜市民にまで伝える事が出来るのでは無いかと思う。
CIMG8012
パーマー先生に話を戻す。
この人の作った煉瓦製の水道や下水道は実はつい最近まで横浜市中区の一部区間で現役で活躍していた。当時の下水管や水道管は元町公園階段の壁や関内地区の日本大通り沿いに史跡として展示されている。
日本の近代発展が独力だと思い込んでる日本人は多いが実は英国政府が多額の資金援助をしてくれたり、近代都市整備や要塞や戦艦の建造技術を供与して下さった御蔭で現代の日本が有る事をステレオタイプの右翼や左翼の両極端な連中には微塵も顧(かえり)みない奴が多い。
ハッキリ言って生麦事件や薩英戦争は完全に英国政府の陰謀だし、彼らには日本植民地化の野心さえ有って討幕運動の陰には100%フリーメイソンの関与が有ったと小生は思っているし、それを阻止する為に江戸時代初期に横浜を治めた間宮家の一族の幕末の子孫の間宮一サンが無実の罪を着て井伊家との安土桃山時代からの繋がりで鎌倉事件の犯人として人柱に成り処刑されたと小生は推測しているが、日本人の気質や能力を不幸な軍事外交衝突や民間交流を通じて知った英国だからこそ、後に日本人に多大な投資をしてくれたのだろう。
aviary-image-1468100204119
例えば薔薇の花とウッドデッキの遊歩道でデートスポットとしても横須賀市民や横浜市民に愛される横須賀のヴェルニー公園だが、ここは江戸幕府の小栗上野介公とフランス人のヴェルニー先生が建設した横須賀製鉄所の造船所を見渡す場所だったりする。日本の明治政府がロシアのバルチック艦隊に勝利出来たのは横須賀製鉄所が有って軍艦を整備出来たからだが、これはやはり、フランス人であるヴェルニー先生の設計と英国政府の製鉄施設に関する支援が有ったからだ。
DSC_3120
今は運が良ければ公園の奥にはイージス艦が停泊してる様子を見る事も出来る。
旧横須賀製鉄所では当時のスチームハンマーもつい最近まで現役で使われていて、それを知った現代の英国政府がビックリしたなんて逸話も有る。
そして日本の都市発展や産業発展の基礎を築く一端を担って下さったのがパーマー先生やコープランド先生達だった訳だな。そこには幕府幹部として明治新政府に処刑された小栗上野介公の活躍も有った訳だが。そしてフリーメイソンが日本と日本人と日本の文化を評価し活かし存続させようとも動いてくれたのだと小生は推測している。
…高須医院長、末期癌らしいけれど出来るだけ長く元気に活躍して頂きたいなぁ〜。
CIMG8015
暫く行くとハナミズキの樹が植樹されている。アメリカのワシントンの桜並木が有名だが、実はあの桜並木は❝シドモア桜❞と呼ばれているのだが横浜から贈られ、その返礼にここにアメリカからハナミズキが贈られて植樹されたのだが…
CIMG8014
・・・その企画を推進したのがE・R・シドモア女史だったので、その名をとってシドモア桜と呼ばれているそうだ。因(ちな)みに、この時に桜を植林しアメリカまでの輸送を成功させた植木会社が今も横浜市に現存している。
横浜植木株式会社様ホームページより拝借 久良岐のよし
https://www.yokohamaueki.co.jp/index.html
横浜植木株式会社と言う企業だ。
この企業が現在も横浜で活躍している事はハマっ子としても日本人としても誇らしく思う。
ハナミズキの前を通り過ぎると横浜を見渡せる丘に近年設置された展望台が在る
CIMG8016
景観を壊さない様に近代西洋建築風に成っていてとても良いと思う。
CIMG8017
野毛山公園展望台
叔父の様に足が少し悪い人でも後期高齢者でも安心して風景を見られるようにバリアフリー化されていてエレベーターが設置されていて、横浜市として良い仕事をしていると思う。素晴らしい。
CIMG8018
現代では高層ビルが増えてしまったので海は見渡せないが、それでもランドマークタワーや観覧車も見えて家族連れで動物園に来たついでに子供に横浜の風景を見せるには良い場所だ。きっと少し大きくなって彼氏や彼女が出来たら親と来た此処(ここ)を思い出してデートに来るかも知れない。ここから見る夜景は特に綺麗だろう。もっとも、夜間はシャッターが降りるような構造が有ったので展望台には入れないかも知れないが、それでも丘から見渡す夜景はきっと綺麗でデートにも適していると思う。
う〜ん・・・
毎回家族連れやカップル向けに情報を提供しているのに小生は独り者なんだよね。
でもソレは小生の趣味が歴史で歴史好きな女性なんて絶滅危惧種だったり、同年代の女性は適齢期で既に結婚してる人が大半だったり、自分の頑固で融通の効かない性格や女性だろうが男性だろうが全く良くも悪くも区別しない言動にも問題が有るのを自覚して改善したいと思ったから叔父サンに話を聞いて貰って色んな事を叔父さんとの交流を通じてこれから学び取って行きたいと思ったんだな。
CIMG8019
そして、ここに来るまでに叔父さんから既に大切なアドバイスを貰った。
「嫌いな人でも相手の身に成って相手の尊敬出来る面を大切にすると良いと思う」
「どんな人も大切に接する事が仲良くなる本質だと思う」と言う事だ。
確かに叔父さんには「家族大切にしてないじゃん?」と夫や父としての責任に於(お)いては一瞬ツッコミ所が有ったし、小生の方が❝責任感❞や❝信義❞と言う点に於いては叔父よりは男として自覚は有るかもしれないが、普段から相手の立場に立つと言う事は小生は軽視しがちに成る。
自分がIQ132な上に危険予測と準備を理詰めで行い、相手の意思を無視して相手のサポートを行ってしまう。小生を依存気味に頼る人や部下達には良いかも知れないが、これは優しさでは無く押しつけに成ると思う。だから叔父にも一瞬で見抜かれた訳だ。
そして叔父の更なる一言・・・
「真面目だよね。考えを通す信念は性格だけど、堅物で押し付けに成るかもしれない」
・・・と歩き始めて30分そこいら、小生も全て自分の失敗も成功も悪い面も良かった事も包み隠さず正直に話したとは言え、的確と思われる事を幾つも言い当てられた。
そんな話をしながら歩くと水道みち「トロッコ」の歴史と言う案内板が有った。
CIMG8022
現代も横浜の水道は津久井の道志川から引かれているのだが、なんと横浜から津久井の道志川(津久井湖)までの水道敷設には野毛〜津久井に至るトロッコが引かれたそうだ。
…大久保利通公や西郷隆盛公が鉄道の基礎を築いて下さったので、トロッコの技術も運用出来る様に成っていたんだね。明治の元勲達に改めて感謝。
横断歩道まで戻り、野毛山動物園の入り口に移動。
CIMG8023
カップルや近所からの散歩客がいるが平日金曜日と言う事もあり人は凄く多くは無く丁度良い。
横浜市営なので無料なのだが、多分、市外地の地方からの移住者は存在すら知らないかも知れない。
CIMG8024
入口の受け付けもパンフレット配布と案内や迷子の放送やをするのが主な仕事。
CIMG8025
市営ながら入って直ぐ右手には売店も有り可愛いヌイグルミも沢山売っているので、今度、妹の所の甥っ子と姪っ子や弟の所の姪っ子達を遊びに連れてきてあげたいなと思う。
・・・本当はね、自分の彼女や奥さんや家族と来るのが一番幸せなんだと思うけれど、好きになる人には悉く嫌われちゃって最後通告されてやりとりも無視されちゃうし、まぁ、そうさせてしまう自分の性格の問題点の改善や足りない物を叔父から学ぶ為に今回来れて本当に良かったと思う。

CIMG8026
野毛山動物園
CIMG8027
子供の頃はゴリラさんやシロクマさんに加えて❝はま子❞ちゃんと言う象サンも飼育されていたのだが、最近の横浜市による自然や公共の福祉の軽視、歴史文化史跡軽視の風潮からか既にいなくなっていた。
CIMG8028
何か飼育に困らない小動物はいるらしい。
叔父と昔の野毛山動物園の記憶を掘り起こしながら歩くととても可愛い子が出迎えてくれた。
CIMG8029
最初は何処(どこ)にいるのか解らなかったけが樹の上で生活する動物だと言う事を知らなかったから見つけられなかったんだな。
CIMG8030
レッサーパンダくん。も〜クソ可愛い(笑)♡
残念なのは独身未婚の小生が一緒に見に来ているのが彼女や奥さんや自分の子供ではなく❝叔父❞と言う一点だな(笑)。
そこから先に進むと3歳の頃の記憶が鮮明に残る物が半ば放置する様に展示され残っていた。
CIMG8031
横浜市電だ。横浜市民から通称チンチン電車の愛称で呼ばれていた路面電車。交通量の増加で消えた。
磯子区滝頭の横浜市電保存館に沢山保存展示されていて、安価な入場料で子連れで遊ぶ事が出来る。
久良岐公園や本牧市民公園にも展示されているかな?
横浜市電保存館に関しては以前紹介記事を書いているので興味の有る人は参考にして貰うと良いと思う。
記事リンク⤵

横浜市伝保存館…格安の鉄道博物館。子供の夏休みの思い出作りにピッタリ!

子供の頃の記憶で間違ってるかも知れないが以前と置いてある場所が違うんじゃないかな〜と思った。
叔父はこの変にキリンが居たんじゃないかと話していたかな。
「そう言えば何で野毛山動物園で会おうと思ったの?」
・・・と叔父に聞いた所、叔父は「よっ君から声かけられて何となく思い浮かんだんだよ」と答えたのだがが、「もしかしたら俺の記憶が子供の頃のままだったからかな?」と再度聞き返すと「そうかもね〜」と言っていた。叔父の中では小生の記憶は子供の頃のまま止まっていたんだな。
会わない時間が長すぎたけど、又、会えて良かった。
CIMG8032
ここはチンパンジーがいるらしいが厩舎の中に引っ込んでいて一頭もいなかった。その代りチンパン先生の凶暴に暴れる❝ドォーン❞❝ドォーン❞と扉かなんかを叩き付ける音がして「キイ〜ッ!」と言う攻撃とも威嚇ともとれる奇声が聞こえてきて動物園なのに平和な感じとは程遠い異様な雰囲気を此処だけ感じた。
CIMG8033
上から見た何だか解らない元は動物がいた空の空間。
下に降りるとコンドルの飼育されている檻(おり)が有った。
CIMG8035
CIMG8036
上手く撮影できてないね。
その近くに最近までシロクマが飼われていた❝空の厩舎❞が展示されていた。
CIMG8038
う〜ん…どうなんだコレ?
CIMG8039
まぁ中に入れるのは貴重な体験かも知れないけれど、大型動物を減らし過ぎじゃないのか?
CIMG8040
まぁ子供達が喜んでるなら別に良いのかな?
CIMG8041
しかし、シロクマ飼育するのって命懸けだろうね。シロクマに限らずライオンとかトラとか熊とか飼育員さんが良く殺される事件起きてるもんね。
CIMG8042
そんな危険性が有った事を施設を見学出来る様に開放しているのは苦肉の策とは言え子供の教育にも有意義だと思った。自分の子供いないけど(苦笑)。
CIMG8043
白熊舎を後にすると、次はツキノワグマの檻が近くに在った。
CIMG8048
丁度お食事中の時間帯だったので熊が食事している珍しい光景を見る事が出来た。
CIMG8045
起用に長い舌を使って穴からドングリを取り出して口の中でドングリの皮だけを噛み砕いて吐き出して中身を食べていた。てか、冬でも冬眠するとは限らないんだね。刺激が有ると普通に起きるらしい。
冬だからって安心して山城とか登ってて遭遇したら怖いな。
CIMG8049
銅像と説明板。
CIMG8051
そしてペンギンさん。みんな従姉妹兄弟(いとこ)同士の近親婚らしい。
余談だが天智天皇や天武天皇の頃まで日本の豪族や皇族も兄妹婚とか近親婚は普通の文化だったりしたんだが、現代人の感覚では考えられないね。
CIMG8053
ニューカレドニアかなんかにいるナントカって鳥(笑)。ズングリしてて可愛いかと思いきや神経質でコチラをチラ見しまくり行動が微妙だった。
CIMG8055
ニワトリさん。ここでは小動物と子供達が触れ合う事が出来る。
CIMG8056
ワラビーの飼育されてる場所なんだけど寒くて出てきてなかった(笑)。
叔父と話をしていてスッカリ見るのを忘れていたが、この他にも虎やキリンもいるから、無料で見物出来るし野毛での食事やランドマークタワーやミナト未来21地区にも歩いて行ける距離だから親子連れやカップルでの散歩には持って来いだと思う。
そして叔父に言われた…
「合う女性とは初対面から打ち解けるよ。」
「俺なら無理な努力しないし相手の為にも頑張り過ぎないかな」
…これは色々と受け止めるのが複雑だった。
昨年、好きな人に片思いしながら色々と準備していた一環での新たな資格取得講習で一緒に成った女の子がずっと親切に友好的に小生の近くに居てくれて肯定的に接し続けてくたのに片想いの相手に義理立てし電話番号すら聞かなかった事とか、断ったお寺の跡継ぎの話しとか、断った引き抜きの話しとか色んな事が思い出された。
それでも片想いした女(ひと)の事が好きで、ずっと変わらないと思うんだよね。
相手が何が有っても経済的にも支えられる様に投資の御金取り崩して、資格取得で高収入の年収の確約を貰って転職の準備して、それに向けて学習して、相手に釣り合うように昔の外見に戻る為に27kg痩せて。
色々やったけど相手の為には確かに叔父の言う通り独りよがりに成らず、淡い縁の期待は心の底に残しながら、もう今年は去年みたいに若(も)し小生に好意を持って好意を伝えてくれる人がいたら、そのご縁を無下(むげ)にせず、流れに任せてみようと思う。

ただやはり気がかりなのは、小生をガン無視した女(ひと)は、このまま人生1人老人に成った時に寂しい思いをする事に成ってしまうんじゃないか子供も産まず将来を一人で生きなきゃいけないんじゃないか、本当に背中合わせて生きていける信頼に足る男に会えるんだろうか?とずっとソレが喉に引っかかった骨とかみたいに心にチクチク刻まれているんだな。
どうか幸せに成ってくれます様に…

でも叔父さんの言う通り、そうやって決めつけるのを辞めるのと、もう自分の利益も少し優先しても良いのかと思うし、信頼する先輩の言う通り「執着に成るから忘れろ、相手もっと嫌われるかも知れないよ」とまで言われてしまっているし。

此処からは大人としても、相手から近づいてくれない限りは無理をしない様にしようと思う。
そして、もし小生を信頼してくれて小生も相手をリスペクト出来る出会いが有ったら今年は流れに任せて、ご縁を大切にして、全ての可能性を否定せず、男女問わず苦手な人種の人との交流も相手が小生に接して来てくれるなら人として大切にしたいと思う。

叔父さんと日ノ出町駅に向かう別れ際の会話。
叔父「よっ君、お酒好き?」
小生「叔父サン、俺酒凄く強いんだけど営業やってた頃とか父親が酒飲んで暴言吐くのとか嫌な思い出しか無くて大嫌いなんだよ」
小生「だから絶対に誰に飲み会に誘われても行かないんだ、女の子に誘われても」
叔父「そっか、じゃあ次は俺と少し飲もうか?」
小生「(嫌いっていったじゃん)!?え?」
叔父「リハビリだよ(笑)」
小生「う〜ん…叔父さんとなら良いかな?」
…ほんのチョビッと、叔父さんに再開した御蔭で何かが動き出したかも知れません。


…では、又、次の記事でお会いしましょう。











八幡橋八幡神社(式下社・古代欽明天皇の時代は滝頭の丘上に在った神社)
DSC_0088
  御祭神・御本尊等:大鞆別命(おおともわけのみこと:応神天皇)・大山祇大神(おおやまづみおおかみ)・神素戔嗚尊・奇稲田媛・大己貴命・東照大権現(徳川家康公)・宇迦之御魂神
  御利益:治水・地鎮・縁結び・交通安全(海)・工業発展・戦勝
  関係者:
  開基:伝承では欽明天皇以前、古墳時代の古代人。
  中興:徳川幕府旗本 小浜 志摩守
  旧郡名:久良岐郡
  所在地:横浜市磯子区原町、古代は今の滝頭辺り吉田新田埋立の土採掘で消えた久良岐の丘の上
  ※所在地名をクリックするとGoogle mapの地図上で確認出来ます。
歴史概要】
欽明天皇の治世551年以前には存在したと伝承する八幡社だが、恐らく古くは霊場若しくは仏教色のより強い八幡社だった為か延喜式神名帳には記載は無い。周辺も平安時代末期以来の領主平子家が戦国時代に北条家を離れ越後に移住する等した上、神社の元在った丘の開削により現在地に遷宮する等あり詳しい文献は現存しない。
江戸時代、明和三年(1766年)に三島明神と氷川明神が勧進されるが両方とも海上交通に纏わる大山祇神と素戔嗚尊が御祭神の神社で、更に安永五年(1776年)に東照大権現徳川家康公の御神霊が勧進されて軍事的性格も強い八幡宮が更に武門の神社として機能する事と成った。
古代の神社はどこも半島の付根や先端、又は湧水池や滝や奇岩や山の頂上が聖地として造営されているが、この八幡神社は元々は現在の磯子区滝頭辺りつまり久良岐の丘の吉田新田埋立で開削され消えた部分の滝の近くに存在した。そこは江戸時代初期までの湾の入江の頂点部分に当たり、古代朝廷の軍馬生産の牧場が在った本牧半島の付根に当たる軍事的にも重要な場所で有り、かつ水神としての役割でも重要な位置に存在していた事が解かる。御祭神が八幡神なのも蒔田湾や本牧半島沖を行き交う船の海上航行の安全を願って八幡神社が造営されている事が容易に推測出来る。
この本牧半島と蒔田湾は安土桃山時代においても鎌倉公方代理の蒔田吉良家の水運の拠点だった事、古代の縄文人は既に丸木船で伊豆大島へ渡航し交易していた考古学的な事実が有る事からも、この地の鎮守の神様は海を治める八幡神でなければいけなかったのだろう。
近くには三殿台遺跡や根岸の丘からも多数の縄文時代〜弥生時代の遺跡も出土しており、本牧妙香寺も弘法大師空海和尚が前身寺院を開基した事実が有る事、本牧半島が古代大和朝廷の軍馬生産拠点だった歴史事実を踏まえると、古代の久良岐郡において、この式外社の八幡橋八幡神社は平塚八幡宮の様に重要な機能を有していた事が解かる。
平安時代末期~戦国時代初期には直ぐ近所に磯子城が存在し源頼朝公の随兵も務めた猛将の平子有長公が居城したので、神社の移転等で文献は現存しないが平子家も必ず支援していた事が推測出来る。
尚、この本牧半島の湧水は長期間放置しても腐らない為に幕末~大正時代に遠洋航海する船舶に飲料水として補給された。現在もワシン坂の霊水、打越の霊水等は一般に汲み取り出来る。
周辺は現代も貨物船の拠点、石油プラント、米軍の軍事拠点が有り、古代~現代に至るまで海上交通の要所、物流拠点、軍事拠点としての機能を有し発展して来た土地で、その繁栄を鎮護して来た八幡橋八幡神社の御神威はとても強い。

忙しくて歴史解説の歴史旅行向け記事書く暇無いので、頭使ったり古文書読まなくても直ぐに書ける小生の行きつけの中華料理の御店を今回も紹介したいと思います。
仕事関係の都合で場所柄中華街なら写真撮影をランチついでに出来るから最近中華街だらけの記事に成っていますが、別に中華街の回し者じゃないので誤解無き様に(笑)。

さて・・・
横浜中華街には中国に本店のある料理店もいくつか有るのですが、どこも日本人の味覚に合わせた改変が行われている場所だらけで例えば四川料理なのにパンチの無い味、上海料理~蘇州~杭州の中華懐石料理本来の上品さが全くない❝偽❞中華料理が多かったりします。
金香楼 位置 久良岐のよし
しかしながら中華街を横浜スタジアム側の玄武門から入って来て加賀町警察所の直ぐ手前には中国の火鍋の名店❝小尾羊❞の料理と中華懐石料理を提供する❝金香楼(きんこうろう)❞と言う御店が在ります。
DSC_0940
このランチで食べられる壺に入れて提供される牛バラや豚バラ肉の煮込み料理は中国本土で食べるのと同じ本格的な味を楽しむ事が出来ます。スマステーションで香取慎吾君も食べたみたいですね。
御店の外観も凝っていて「中華街に来たぁ~⤴」と言う雰囲気を味わう事が出来ます。

DSC_0939
金香楼(中華懐石料理)×小尾羊(中国火鍋の名店)
※住所クリックでGoogle mapにリンクします!

立派な❝金香楼❞と書かれた扁額が掲げられておりますが、店に行く目印としては❝黄色い瓦屋根の外装❞と火鍋部門の❝小尾羊❞の看板を目印に横浜スタジアム側からもメインストリートの善隣門側からも加賀町警察署を目指して歩けば見つけ易(やす)いと思います。
DSC_0941
ディナータイムは中華の懐石料理も提供する御店なので内装は凝っていますが、高級料理店と言うよりはカップルや観光客が入って嬉しい中華中華した内装に成っています。
DSC_0942
まぁ、玄関辺りは中華街でソコソコの御店に入ると良く有るパターンの内装。

DSC_0943
しかし店内は水路が有り池に浮かぶ島の東屋(あずまや)の様な客席で区画されています。
DSC_0945
これなら高級店然としておらず、且つ中華料理を食べに来た気分に成る食事の空間を演出してくれていますので、県外の友人の来訪の際もランチに来るには良い場所なんですね。
DSC_0944
これがランチメニュー・・・中華街のソコソコの店でこの価格帯はかなり頑張ってると思います。
ライス、スープ御替り自由も凄いでしょう?
そして一番安い700円のランチでもとても美味しいんですよ!小生の御薦めは当然ながら❝壺入りの肉煮込み❞シリーズです♪
DSC_0946
壺肉煮込み
白飯
スープ
甘口麻婆豆腐
前菜
杏仁豆腐
・・・凄いでしょう?これで700円ですよ?
しかも!写真だと判り難いのですが壺に入った肉はゴロゴロ大量です。
DSC_0947
この豚肉の煮込み、本当に中国で食べる味と同じで美味しく御飯が進むんです。
・・・しかも御飯御替りし放題、炭水化物食べると直ぐにデブる縄文遺伝子の強い小生は御飯御替り出来ません(泣)、この日も御替り我慢!
DSC_0948
この煮込みの肉をこうやって持ち上げて~・・・
からの!
DSC_0949
・・・on the 白飯!激ウマ!箸止まらん!
コスパも良い!御替りしなくても充分にお腹もいっぱいに成りますしね~♪
デザートの杏仁豆腐も中華街の高級店と同じ位美味しいですよ!
IMG_20180706_135440
食後にはアイスコーヒー出してくれます。

毎回言いますけどね、横浜の中心街の元町中華街界隈に観光に来て、しょうもないファミレスで1000円払って食事したり、せっかく中華街に来てるのに中華料理も食べず肉まんとジュースに800円とか使うんなら、よっぽど金香楼や前回紹介した天龍菜館みたいにメインストリートから少し外れた名店のランチ食べた方がコスパも良いし美味しいんですよ♪
コスパ良い中華街の路地の名店以外にも、横浜観光の際は是非!中華街や横浜港界隈のJACK CAFEやCJ CAFEみたいなアメリカ風洋食屋さんとか、少し良い御店なら昔ながらの洋食が食べられるナポリタン発祥地のニューグランドホテルのレストランや、サンマーメン発祥地の横浜中華街聘珍楼とか、フレンチの名店の元町山手地区の山手十番館とか霧笛楼とか、可愛い洋館でケーキセット食べれる❝えのき亭❞とか、沢山美味しい御店あるのでランチしてみて下さい!

他にも沢山、神奈川県内ローカルでしか食べられない美味しい店が有るので、古文書とか文献読んで現地に写真撮影しに行く暇ない間は又、食事処を紹介する記事書くかも知れませんが御容赦下さいな♪

では、又、次回♪

江ノ島観光の休日雑記の途中だけれど少し近況報告を三浦の海岸沿いの某宿泊先から・・・

小生は梅雨に入って気温も上がり初夏に突入すると繁忙期、だいたい毎日の睡眠時間は常人の1/2とか1/3程度しか寝れない日が多くなってしまう。
先月はジムに2回しか通えなかった。今月もまだ行けてない。
だからブログの更新も疎かに成るし気のせいか昨年より体力が落ちた。
まぁ、今年は休日は出来るだけ寝て体力回復を計る事にしていたのだが、そんな中でも休日の午後位は動いていた。

今年はTVで鎌倉が沢山特集されたせいで観光客が多く、とうとう鎌倉~江ノ島巡りで4回目の鎌倉市長谷の長谷寺紫陽花見物チャレンジも失敗、なので小生の住まう円海山の裾野から車で程近い永谷天満宮の鎮守の森、菅秀塚の紫陽花を見に行って来たりしていた。
CIMG4508
永谷天満宮の社殿の左手が菅秀塚の入口なのだが、結構地元の人もここへ来ない様だ。
CIMG4511
神奈川の名木100選の一つ、“上永谷の天神社のカシ”なんて大樹も有ったりするんだが・・・
その名木の前を通り過ぎると直ぐに紫陽花のトンネルが出迎えてくれるんだな。
CIMG4513
陽当りが余り良ろしくない場所だが、山の斜面の一面に紫陽花が咲き誇る。
・・・う~ん、咲き誇ると言うよりは毎年健気に数少ない見物者を優しく謙遜しながら出迎えてくれると言う感じだろうか?
CIMG4514
CIMG4518
一輪一輪が大振りで立派、確かに北鎌倉の明月院や長谷の長谷寺程の規模は無いけれども季節を感じて散歩するには十分!
CIMG4519
CIMG4522
CIMG4523
今年も綺麗だ。
CIMG4525
CIMG4526
永谷天満宮の紫陽花君達、今年も綺麗な花を見せてくれてありがとうね~!
CIMG4528
頂上には浅間神社が在る。
永谷天満宮の社殿の方向とは明後日の方向を向いて祠が建っている。
何でこの向きに浅間神社の祠が向いてるのか、ちゃんと神様に対して信仰心を持って神社を観察する人なら直ぐに気が付くのだが、当然、この祠の真後ろに浅間権現此花咲耶姫命様の化身である富士山が在るんだな。
CIMG4537
既に横浜は夏日なのに珍しく相模湾上の水蒸気が薄く、そして雪化粧している此花咲耶姫命の富士山が姿を見せてくれた。富士山の頂上に浮かぶ雲が此花咲耶姫命様が市女笠を被って日差しを除けてらっしゃるようで可愛らしく思えた。
因みに市女笠と言うのは↓こう言う奴。
IMG_7334
以前撮影した小机城址祭りの様子。
DSC_0898
小生には、こんな可愛らしい御姫様の格好に脳内変換されんだな。
まぁ、江戸時代の和装は余り好きじゃなくて、女性は室町時代の格好の方が可愛らしと思うからなんだが。
CIMG4529
永谷天満宮の地は伝承によれば御祭神の天満大自在天こと菅原道真公の五男で菅秀才と呼ばれ醍醐天皇に重用されたが藤原氏の出世妨害で官位は高位には成らなかった菅原淳茂公が移住してきて一時期住んでいた居館跡と伝わっているんだな。まぁ実際に関東に亡命して平将門公や平良文公達の坂東の桓武平氏を頼って来たのは三男の菅原景行公が茨城県の大生郷天満宮の社伝にも伝わっているし、永谷天満宮は旧鎌倉郡で、平良文公の御子孫の村岡家の一族達が治めた土地であり村岡一族の鎌倉景正公、梶原景時公、俣野景久公、大庭景義公、長尾景春公等々、鎌倉郡を統治した人々は“景”の一文字が入っている事から三男の菅原景行公との関連と考えた方が自然なのかも知れないが、そこはそれ、どっちか解らないならば“どちらかがいらっしゃった”として“両二方とも大切に史実と伝承を両方伝えれば良い”訳だ。
そうすれば御子息が二人も永谷天満宮で大切にされて、御祭神の菅原道真公も喜んで下さるかも知れない。
塚に手を合わせながら、そんな事を考えていたりした、この日。
CIMG4551
月が変わって7月初旬、野島公園のキャンプ場を予約して妹夫婦と甥姪とBBQをした。
CIMG4553
この日、燃料を予約していたのだが炭だけ渡されて火を付けるまで上手く行かなかった。
家から先日の木目金鍛造の為に買った1500°の火炎が出るガスバーナーも持参したのだが、ガスバーナーで炙っても窯が大きすぎて熱が上手く籠もらずに肉を焼ける様に成るまで30分近くかかってしまった。その間に姪っ子も甥っ子も飽きてしまって母が持参したオニギリを食べて御腹一杯に成り、もうまともに食事してくれなかった。
折角、南部市場でサザエやホタテも沢山買ったのだが、食べきれなかった分は保冷材も無いので廃棄した。

先週の事・・・
DSC_3525
ライチが美味しい季節に成ったので夕刻近くに漸(ようや)く起き出して昼食ついでに横浜中華街の八百屋に生ライチを買いに行って来た。
DSC_3524
妹の家もいると言うので綺麗な物を1ケース分選別して購入。
DSC_3520
その後は中国超市で肉まんと月餅を買い食いして昼食とした。
DSC_3521
コンビニのとは違って皮が甘くフワフワで美味しい。
DSC_3522
まぁ、日本で肉饅と呼んでいる物は中国では三丁包(さんでぃんばお)と呼ばれる餡なのだがね。本来の肉饅の餡は本当に肉しか入っていないんだ。これは少し違うが美味しい。
DSC_3528
先一昨日、京都から歴史仲間が出張で横浜に出て来たので中華街に行き、一緒に食事をした。
途中、久しぶりに横浜スタジアム方面から歩いて見たら変な専門店が出来ていた。
DSC_3527
香菜(シャンツァイ)=パクチー料理の専門店・・・
小生は香菜が大嫌いなので絶対に行かないだろう(笑)。でも女性には好きな人も多いので、まぁ、狭い範囲のファンが定着しそうだなとは思う。
DSC_3529
夜20時過ぎだったが土曜日と言う事も有って中々の人数だった。
残念な事に行きつけの店が閉店したので、山東と言う、もう一つの行きつけの水餃子の美味しい店に歴史仲間を連れて行った。
DSC_3530
写真は豆腐干絲(ドウフガンスー)=干し豆腐の千切りの冷菜、それと牛肚(ニィウトゥ)=牛の胃袋の冷菜。さっぱりして夏でも食欲が湧く小生の夏季御薦め料理。
他にも空心菜の炒め物とかトンポーローとか山東名物の水餃子を注文して二人で7000円分位食べた。
親友のO型君が転職して東海地方に行ってしまう際に転職祝いで食べに来て以来、2ヵ月ぶりくらいだったかな?たまに食べたくなる。
食事後は車を停めた大桟橋(国際客船ターミナル)まで徒歩戻る際に、夜間でも見れる史跡を少し回りながら移動した。

DSC_3533
日本最初の下水管とか。
DSC_3532
何故か横浜市は中区の近代史跡だけ大切にし、鎌倉の隣で武士文化の遺産が多く有るのに其方は破壊しまくるんだな。意味不明。所詮、田舎者ばっかりの市職員はヨコハマのイメージしか無いんだろう。
横浜市はヨコハマで有る前に鎌倉郡の一部であり久良岐郡であり橘樹郡であり都築郡なんだが、そんな事も知らんのだろうな。
CIMG4558
様は移民が文化財保護担当してる様なもんだから理解が足りないんだろうか?
まぁ、政治家の建築利権の方が大きいんだろう、現代の役人はアウシュビッツの職員よろしく善悪の判断をせずに政治家の要望通りに破壊してんだろう。でなければ、自然公園として歴代市長が守って来た円海山の史跡も自然環境を東急グループの建設利権の為に開発しようとしたり、日本的に見ても重要な意味の有った笹下城も蒔田城も青ヶ台城等の城址も発掘せずに破壊したりしないだろう。
CIMG4560
まぁ、ハッキリ言って観光向けに街づくりしてる筈なのに、外国人観光客に不人気なのは文化を大切にしてないから魅力が無いって気が付かない田舎者が仕切ってる横浜市の役人と建築利権臭プンプン臭う執政者って事に成る訳だ。
まぁ、この明治の元勲、伊藤博文公が作った新港埠頭=みなと未来21地区の夜景は綺麗だ。
これは高秀前市長が建築族だっただけでなく高文化で、港から見た時の景観と文化財の保護を考えて街づくりをして下さった御蔭なんだな。
今の市長は語るに・・・不足の極み。待機児童問題も停滞中、一瞬良い時だけ発表して印象操作。
折角期待されてるのだから史跡保護や最後の蛍の広域生息地の自然環境保護も頑張って立派な市長に成って欲しい。
待機児童問題も上手く行ってないなら、それはそれで正直に言えば皆も本気で考えるだろう。
一々自分の印象を良くしようとする様な発表の仕方をしたってダイエー再建失敗した時の様に、結果は数字でしか出ないんだから。これは補佐役が悪いのかもな。

まぁ、そんな訳で最近も休日は夕方から少しは動いていたが、もう学生時代の様に半徹夜の仕事連勤+自分の活動を平行してやる体力が無くなって来たようだ。
筋力増強も上手く行ってない。
体力付ける為に、夏が終わって繁忙期が過ぎたら本気でトレーニング頑張ろう。

では、皆さん、休日雑記江ノ島編の続き③でお会いしましょう~♪


午前中、Twitterでフォローしてる縄文時代の遺跡のど真ん中に奥宮と聖地が有る相模原市の有鹿神社さんの古代から続く“水引神事”に参加する予定だったのに…
深夜に職場から帰宅し更に家でも作業をしていたら既に早朝5時、神事は9時半から。
出発予定時刻は8時前を目途にして少し仮眠をとった。
…つもりが、起きたら9時、当然横浜から50km以上も離れた神社に間に合う訳が無い。
この水引神事と言うのは一度断絶したのを北条家の殿様が1575年に復興した神事で、玉縄北条家や与力の間宮家の顕彰活動を行っている小生は当然参加し宮司様に取材をしないといけない行事だったのだ。
落ち込んだ。
 
諦めて不貞寝した。天気も雨で神事に参加出来ず陰鬱とした気分だった。
 
昼過ぎ、少し気力復活。
もそもそ動き出す。午前中に雨風強かったので恐らく満開に成ったであろう桜が心配。
気分を切り替え桜の写真撮影に行く事にした。
CIMG3011
最初の訪問先は御寺の歴史が1300年以上有る横浜市南区の弘明寺。その旧境内参道に広がる弘明寺商店街と大岡川沿いの桜並木。
この桜並木は弘明寺~日ノ出町まで直線距離で約5kmも続く。桜並木は川に沿っている為、実際は7km程度は有るだろう。
更に上流の笹下川近くまで桜並木は続くので、全長にすると10km位は有るかも知れない。
CIMG3012
見慣れないピンクの緋桜が目を引いた。
CIMG3013
説明板が有り“横浜緋桜🌸”と言う品種だそうだ。横浜市民なのに知らなかった。
先日、横須賀市安針塚近くの住宅街で見たのも、横浜緋桜だったのかも知れない。 
CIMG3017
弘明寺近辺だけ散策し、屋台でタコ焼きとお好み焼きを朝食兼昼食に食べた。
CIMG3019
CIMG3015
味は普通だった(笑)。食べ終わってから川下へ1km位歩いてから又戻り、今度は遊歩道へ降りてみた。
CIMG3027
川の遊歩道から写真撮影をしたりと楽しんでから、親子連れやカップルの幸せそうな笑顔を見てこちらまで幸せにして貰った。
CIMG3025
CIMG3026
川面(かわも)に浮かぶ花弁(はなびら)がとても綺麗だった。
CIMG3037
 う~ん、仲良し親子!
CIMG3031
CIMG3033
元気に遊ぶ子供達!うむ!浜っ子とは斯(か)くある可(べし)だ!
この子達の様に冒険心を持って遊んでこその浜っ子だ!
CIMG3035
車を泊めた商店街の駐車場に戻る途中にカフェが桜ソフトクリーム成る物を販売していた。
CIMG3010
それを買って見た。
CIMG3044
食べると、桜フレーバーが香って美味しかった。
他にも酒屋の川松屋サンが弘明寺オリジナルの日本酒とビールを販売していた。CIMG3043
これ、興味有る人は酒飲みには少なくないだろう。
CIMG3042
良い地域振興の試みだと思う。まぁ、小生は普段酒は一滴も飲まないし、飲んでも神奈川県名産の梅を使った田浦梅林の梅酒や横浜大倉山梅林の梅酒なんだな。だから購入しなかったが目を引く素晴らしい商売だと思う。
駐車場に戻る前に弘明寺さんを山門前から御参りしてから次の目的地に移動したのが15時位だったろうか?
CIMG3045
その後、中区の根岸森林公園に移動。CIMG3047
根岸森林公園は日本最初の競馬場として幕末に建設が始まり明治時代に完成し太平洋戦争直前まで使用された横浜競馬場の跡地を利用した市民の森林公園だ。
CIMG3046
 広大な芝生に桜林と梅林、遊水池が有る。恋人同士や子供連れの良いピクニックの場所に成っている。
他にも競馬発祥地だけあり馬やポニーに乗れる馬場と、“馬の博物館”等も有る。
CIMG3048
チューリップの花がもう直ぐ開き見頃に成りそうだ。
CIMG3050
 そう言えば、東京都羽村市のチューリップ祭りも開催されたそうだ。観光協会に問い合わせたら横浜と同じく見頃は15日位だろうとの事だった。
羽村市のチューリップ祭りは本当に素晴らしいので興味の有る人は 以前の記事↓を読んで欲しい。

さて、話を根岸森林公園の横浜競馬場跡に戻す。CIMG3068

幕末以来の競馬場史跡なので戦後、米軍に接収された区域には未だに当時の競馬場史跡“一等馬見席”の西洋の城の様な立派な建物が現存している。
CIMG3073
これはいつ見てもカッコ良い。

現在は米軍管理下で手入れが行き届かず、部分的には荒れているが…
 CIMG3077CIMG3075
それでも凄くカッコ良い!
CIMG3093
 これ、何でTVドラマや映画の撮影で使用されないか横浜市民として不思議でならない。
CIMG3090
 やはり、米軍の敷地内なので許可が下りないのだろうか?
そろそろ横浜市か国の文化庁に返還されて重要文化財指定の上で再整備して赤煉瓦倉庫みたいにショッピングモールやカフェのテナントを入店させても良いんじゃないかと思うが需要が有るかは微妙な所ではある。
CIMG3096
 まぁ、場所柄ホテル等に転用出来れば、米軍の将校の方々の家族の来日の際は宿泊等も見込めたりして?

森林公園部分に話を戻すと公園内には多くの立派な桜の林が有る訳だが、桜の根元には菜の花も咲いておりとても綺麗だ。
CIMG3065
午前中は雨天、午後も霧雨が降ったが、それでも付近の山手地区や本牧や米軍基地用地に住む異人サンや日本人が一緒に花見の宴会を開いていた。
CIMG3057
 リア充も多数出没。
緑豊かな場所なので雨が上がってからは子連れの親子も遊びに何組か来ていた。
幸せそうで羨ましい( ´艸`)!
CIMG3098
そう、思わず顔文字で(笑)を( ´艸`)と表現したく成る位に温かいホッコリを分けて頂いた。
その幸せは普通の様でとても大事なものだから大切にしてね♪
あの子達がずっと幸せに育ちます様に!
パパさん、子供の為にも伴侶の為にもシッカリな。
ママさん、あんまりパパさんにガミガミ強く言わないでね(笑)。
根岸森林公園の近くには松任谷由実が荒井姓時代に歌った「海を見ていた午後」の歌詞の舞台“ドルフィン”と言うレストランも在る。今日は行かなかった。
 DSC_0129
※昨年の写真。車に乗り込み次の目的地の国指定名勝 三渓園に向かったのが18時少し前だった。

三渓園はこの桜の時期と紅葉の時期は駐車場が混雑して中々入れない。
まぁ、小生は時間に余裕も有るのでそれを見越して車中でTVを見たりiPodで曲を聴きながら順番を待ち19時頃に駐車に入る事が出来た。
 CIMG3102
今年の桜は近年中一番発色が良く、1本の樹木に対する花弁の密度も多い気がする。
とにかく、見頃だった。
CIMG3108
 枝垂れ桜だけはま未だ少し早い様で、12日位が見頃に成りそうだ。
CIMG3126
相変わらず、この時期に行われる桜のLight up行事「観桜の夕べ」の演出は素晴らしく三渓園の庭園と見頃を迎えた桜の調和した美しさが他所の夜桜の演出よりも際立っている。
CIMG3120
恐らく日本屈指の夜桜の美しい風景だろう。
CIMG3123
まぁ、美しい庭園に在る分、少し反則なんだが(笑)。
これに対抗出来るのは高遠城や弘前城程度の名所じゃないと無理じゃないかと個人的に思う。
CIMG3115
午前中は、いつもの自分なら出発してから仮眠するのに、先に仮眠をして寝坊し貴重な体験をする筈が台無しにしてしまいクサクサしたが、午後は桜🌸達と幸せそうなカップルと家族達の御蔭で幸せな時間と成った。

桜を一頻り見て、帰りにスポーツジムに行き1時間ばかり汗を流してから、銭湯の大浴場の湯船に入り肉体的にも癒されて帰宅した。

ふむ。桜と皆の幸せそうな笑顔の御陰で午前中のブルーも吹き飛び良い一日と成った。
参加出来なかった神事、ちゃんと後日、宮司様に取材に行かないと北条家の顕彰文の記事にかけないな。
…幸せと同時に新たに行うべき事が出来た。

では、皆さんおやすみなさい♪

あ!そうそう、三渓園のライトアップは明日までですが、桜自体は12日頃まで楽しめそうですよ!
三渓園のアクセス方法は前回の記事に掲載して有ります。

コレ↑ね。
では皆さんにとっても良い春の日と今週が成ります様に♪
今日寝坊して御会い出来なかった有鹿媛様と有鹿彦様の夫婦神様に祈願しておきます( ´艸`)ブハっ(笑)。

今年も梅が見頃の季節に成りましたので、神奈川県内で綺麗な梅の花の名所を小生の知る場所だけ、一覧として掲載します。
もし他にも県内に素晴らしい梅林を御存じの方は、紹介コメントを残して頂けると幸いです。
※小生が写真未撮影の梅林については公式ホームページの写真を転用し紹介します。
※公式ホームページが有る場所は名前にリンクも貼りますので参考にしてみて下さい。
※梅林の名称をクリックすると、リンク先の公式ホームページを閲覧出来ます。


湯河原梅林
住所:〒259-0313足柄下郡湯河原町鍛冶屋951-1付近
見頃:2月初旬~3月初旬
湯河原梅林様公式 画像拝借1 久良岐のよし  
湯河原梅林様公式 画像拝借2 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
イベント
●夜間ライトアップ
※期間については問い合わせ先に電話確認するか、公式ホームページを御覧下さい
湯河原梅林は約4000本の梅を誇る。箱根~小田原~熱海の温泉地や名勝旧跡からも車で1時間以内と近く、周辺には温泉宿も多く有る風光明媚な観光地で泊りがけの梅林鑑賞を楽しめる夜間ライトアップも行っている。
連絡先
湯河原町観光課 TEL 0465-63-2111
アクセス
幕山公園
駐車場…500円~300円(会場との距離で料金が異なる)
JR湯河原駅~バス乗車(約20分に1便間隔)~15分で到着 湯河原梅林 アクセス 久良岐のよし



【辻村植物公園】
住所
:〒250-0042小田原市久野荻久保4381
見頃:2月初旬~3月初旬
辻村植物公園2 小田原市公式様より拝借 久良岐のよし 
辻村植物公園 小田原市公式様より拝借 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
イベント
特に無い。
連絡先
小田原市広報広聴課 TEL 0465-33-1261
アクセス
辻村植物公園
駐車場500円
JR小田原駅西口~バス乗車いこいの森(わんぱくらんど)行き~約10分、辻村植物園で降車
辻村植物公園 アクセス 久良岐のよし 

小田原城 城址公園内梅園
住所:小田原城址公園
見頃:1月末~2月末
小田原城 小田原市公式様より拝借 久良岐のよし
※画像は公式から拝借 
2015-02-28-16-54-45
※2015年02月28日撮影。
この頃が見頃。
イベント
梅まつり
梅林の規模は50本前後と小さいが、御城を見学出来る上に場内でレンタル甲冑で写真撮影等も出来る。
また、辻村植物公園の梅林や曽我梅林や小田原フラワーガーデンと合わせて鑑賞に来れる距離。
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
連絡先
TEL 0465-23-1373
アクセス
JR小田原駅から徒歩10分
公共駐車場無し。周辺に私営駐車場有り。 小田原城アクセス 久良岐のよし


小田原フラワーガーデン
住所
:〒250-0055 神奈川県小田原市久野3798-5
見頃:1月末~2月末
小田原フラワーガーデン 公式様より拝借 久良岐のよし 
小田原フラワーガーデン 公式様より拝借2 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
イベント
渓流の梅林 梅まつり 
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
連絡先
TEL 0465-34-2814
アクセス
JR小田原駅乗り換え~伊豆箱根鉄道大雄山線飯田岡駅~徒歩10分
駐車場(140台)無料
小田原フラワーガーデンアクセス 久良岐のよし 


曽我梅林
住所
:〒250‐0205神奈川県小田原市曽我別所282付近一帯

見頃:1月末~2月末
曽我別所梅まつり観光協会様公式 拝借1 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
2015-02-28-17-40-49 
2015-02-28-17-38-43 
2015-02-28-17-33-47
※2015年02月28日に撮影
イベント
小田原梅まつり 
※曽我梅林は他の梅林とケタ違いの3万本以上の広大な梅林です。
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
連絡先
小田原別所観光協会 TEL 0465-42-1965
アクセス
電車…JR東海道本線国府津駅~御殿場線に乗り換え~下曽我駅~徒歩15分。
バス…小田原駅・国府津駅からバス有り。中里で降車~徒歩20分。
曽我別所梅まつりアクセス 久良岐のよし 


松岡山東慶寺 金峯山浄智寺
住所
東慶寺〒247‐0062鎌倉市山ノ内1367

浄智寺〒247-0062鎌倉市山ノ内1402
見頃:2月初旬~3月初旬
東慶寺様公式ki-chi様撮影 拝借1 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
2014-06-14-14-47-46 
※2015年06月14日に撮影
駆け込み女と駆け出し男
※東慶寺は2015年公開の映画❝駆込み女と駆出し男 ❞の舞台です。
イベント
特に無し。
東慶寺は約100本以上、浄智寺にも数十本の梅が咲く。
東慶寺と浄智寺は徒歩5分の距離。
浄智寺は鎌倉五山で京都の征夷大将軍が直接住職を任命する特別な寺だった。 現在は鎌倉江ノ島七福神巡りの一つ。
東慶寺は鎌倉幕府執権北条時宗の妻、覚山尼様の開基。その後は後醍醐天皇の皇女用堂尼様、戦国時代には豊臣秀頼公の御息女の天秀尼様が住職を務めた。映画❝のぼうの城 ❞のヒロインで女傑として有名な成田甲斐姫も天秀尼様の養育係として仕え東慶寺に同行し住したと伝承する。
浄智寺は鎌倉五山の一つの各式を持つだけでなく、嘗(かつ)ては広大な敷地と無数の堂塔を有し、鎌倉公方の仮御所に定められる事も度々有り、足利持氏公や足利成氏公が滞在した場所でもある。
又、2015年に公開された映画❝駆込み女と駆出し男 ❞の舞台でもある。
連絡先
東慶寺 TEL 0467-33-5100
浄智寺 TEL 0467-22-3943
アクセス
東慶寺 JR北鎌倉駅~徒歩5分
浄智寺 JR北鎌倉駅~徒歩8分
東慶寺浄智寺アクセス 久良岐のよし 


錦屏山瑞泉寺異名:花の寺&荏柄天神社】
住所:
瑞泉寺 〒248-0002 鎌倉市二階堂710
荏柄天神社 〒248-0002 鎌倉市二階堂74
見頃:1月中旬3月初旬、黄梅は2月中旬~3月中旬 
瑞泉寺様公式mayumi-katsu様撮影 拝借1 久良岐のよし
※画像は瑞泉寺様公式から拝借
image
荏柄天神社は日本三古天神社の一つに数えられる天満宮で、境内には数十本の梅が咲く。
イベント:
瑞泉寺
瑞泉寺様公式催事 拝借 久良岐のよし
※画像は瑞泉寺様公式から拝借
季節ごとに、その季節に見頃の花を植樹してある。梅は数百本を数える。
鎌倉時代~江戸時代まで権力者達が心の安らぎを瑞泉寺の花々に求めて訪れ歌会等を催した。
裏山にかつて在った一覧亭と言う建築からの眺望が良く、水戸徳川光圀(黄門様)も訪れた。
近くの荏柄天神社にも数十本の梅が植樹されているので、荏柄天神社と瑞泉寺をセットで見学するのが御薦め。
徒歩に行ける範囲の浄妙寺や鎌倉宮と合わせて見学しても、より鎌倉市街の旧鎌倉幕府拠点地域の原風景を楽しめる。浄明寺では抹茶も飲める。鎌倉宮は桜の名所。
連絡先
瑞泉寺 TEL 0467-22-1191
荏柄天神社 TEL 0467-25-1772
アクセス:
荏柄天神社 鎌倉駅東口~バス(大塔宮行き)乗車10分~天神前で降車
瑞泉寺 鎌倉駅東口~バス(大塔宮行き)乗車15分~終点大塔宮で降車
瑞泉寺荏柄天神社アクセス 久良岐のよし 


神奈川県立フラワーセンター大船植物園
住所:
〒247-0072 神奈川県鎌倉市岡本1018
見頃:2月初旬~3月初旬
大船フラワーセンター様公式 拝借1 久良岐のよし 
大船フラワーセンター様公式 拝借3 久良岐のよし
※画像は大船フラワーセンター様公式から拝借
イベント:

玉縄桜を楽しもう
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
玉縄桜の❝玉縄❞とは古来より伝わるこの地域の地名で、戦国時代、今の清泉女学院中学校を本丸にした❝玉縄城❞と言う名城が在った。上杉謙信軍10万、武田信玄軍2万6千に攻められても落城しなかった堅城だった。
その歴代城主が小田原北条家親族の玉縄北条家で、玉縄桜はその殿様の居城の名を頂いた由緒正しい桜で、観梅の頃に咲く。近くの龍寶寺は関東最強の武将北条綱成公の菩提寺で歴代城主の御廟所も在る。境内には他に玉縄歴史資料館も有り、玉縄城の復元縄張り模型や出土品が展示されている。
連絡先:
神奈川県立フラワーセンター大船植物園 TEL 0467-46-2188
アクセス:
駐車場109台
電車&徒歩 
大船駅降車 大船駅西口(大船観音側)~徒歩16分
バス 
大船駅西口バスターミナル1番乗り場から❝渡内経由藤沢駅行き❞か❝公会堂経由城廻り中村行き❞に乗車~❝岡本(駅から3番目のバス停)❞で降車~徒歩3分。 
大船フラワーセンターアクセス 久良岐のよし制作 


田浦梅林の里
住所:
横須賀市田浦大作町
見頃:2月初旬~3月初旬
2015-03-07-15-46-062015-03-07-15-45-462015-03-07-16-08-27
※写真は2015年03月07日
イベント:
梅林まつり 
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
田浦梅林は今上(現在の)天皇陛下の御生誕記念に植樹されたのが始まりで、現在では梅の本数は2700本を超え、梅の根元には水仙75,000株が植えられている。
田浦の山全体に梅が植林されており、山頂からは梅林越しに懐かしい神奈川の里山の風景を眺める事が出来る。
連絡先:田浦観光協会 TEL 046-961-4181
アクセス:
バスと徒歩…田浦郵便局バス停で降車~山頂まで徒歩20分
電車(JR)と徒歩…JR田浦駅で降車~山頂まで徒歩25分
電車(京急)と徒歩…京急田浦駅で降車~山頂まで徒歩40分
田浦梅林


岡村梅林
住所:
〒235-0021横浜市磯子区岡村6-8-19
見頃:2月初旬~3月初旬
2015-03-07-13-19-54
2015-03-07-13-17-04
2015-03-07-13-17-46
※写真は2015年03月07日撮影
イベント
夜間ライトアップ
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
梅まつり
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
2015-03-07-13-20-22
岡村梅林は大きくは無いが、150本前後の梅が植林されている。
この岡村梅林は、元々周辺の横浜市立岡村公園(スポーツ公園)と合わせて、近隣の岡村天満宮の社地だった。岡村天満宮の開基は鎌倉御家人三浦家の一族の平子家と伝わり、その人物は平子有長公と推定出来る。有長公は鎌倉御家人で最初の源頼朝公暗殺未遂事件の実行犯を取り押さえた勇敢な武将でもあった。丘の裏手には戦国時代の名将北条氏繁公の開いた龍珠院も在る。
岡村天満宮の社領は第二次世界大戦後に米軍に接収された後、横浜市に返還されたが横浜市が岡村天満宮に返還しなかった為に一度、岡村梅林は消滅したが、岡村天満宮の氏子様の有志達が旧社地の一部を買戻し、現在の岡村梅林部分にも梅を植林し梅林を復興して下さった歴史が有る。
連絡先:岡村公園 TEL 045-751-4375
アクセス:
バス
京急弘明寺駅/市営地下鉄弘明寺駅/蒔田駅/JR磯子駅のいずれかの駅から乗車~天神前バス停か岡村交番前バス停で降車~徒歩5分
駐車場…岡村公園の有料駐車場~徒歩3分
岡村梅林アクセス


根岸森林公園
住所:
〒231-0853 横浜市中区根岸台1-2
見頃:2月初旬~3月初旬
DSC_0071
DSC_0075
※写真は2015年03月02日撮影
DSC_0088
※上写真は明治時代の旧競馬場一等観覧席(米軍横須賀ベース管理の史跡)DSC_0129ドルフィン外観DSC_0131眺望
イベント:特に無い。
広い芝生の広場と園内に広がる桜林は横浜市民の憩いの場としても有名だが、公園の中央には400本からの梅林も整備されている。
もともとは競馬場だった。
幕末、横浜港が開港され本牧半島が外国人居留地に成った事で、駐在する欧米の外交官や軍人の要望で明治時代に建設された日本最初の競馬場の跡地。
隣接してJRAのポニー広場や競馬関連の博物館も有り、御弁当を持参すれば小さい子供連れの家族でゆっくり時間を過ごせる場所。自然湧水の池では子供がザリガニ捕り等も楽しめるる公園。
又、徒歩すぐの場所にはユーミンが十代の頃、まだ芸名が荒井由実だった時代に❝海を見ていた午後❞と言う曲で歌詞に歌ったレストランの❝ドルフィン❞が有る。
歌の通り、ドルフィンソーダを頼むと、この曲をかけて貰えます。
連絡先:横浜市環境創造局 TEL 045-671-3648
アクセス:
JR根岸駅~徒歩15分
駐車場有り。
根岸森林公園アクセス 久良岐のよし


三渓園
住所:
231-0824横浜市中区本牧三之谷58‐1
見頃:2月初旬~3月初旬
DSC_0140
DSC_0159

IMG_20160305_120554
イベント:
季節ごとのイベント有り、梅の季節は原家以来の伝統で茶が振る舞われる。
桜の季節には観桜の夕べで桜の夜間ライトアップ有り。
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
明治時代の原財閥の富豪、原三渓が当時、廃仏毀釈で荒廃した全国の仏閣や徳川家所縁の城跡の建築文化財を広大な私邸に移築し保護した。日本で全国に先駆けて私立公園として私邸の建築文化財と日本庭園を広く庶民に公開した。
中には聖武天皇の勅願所だった京都府の灯明寺の旧本堂や三重塔や鎌倉の尼寺東慶寺の仏殿、紀州徳川家の和歌山の別荘や、京都の伏見城等、数え切れない程の建築遺産が移築保護されている。
DSC_0163
DSC_0144
現在は原財閥から横浜市が管理を委ねられている。
原三渓の御蔭で破壊を免れた重要文化財や、季節ごとの花の綺麗な広大な日本庭園。
連絡先:045-621-0834
アクセス:
駐車場有り。
桜の季節は駐車場に入るのに1時間以上待つ場合が多々有ります。
電車&バス
JR根岸駅でバス乗車~本牧下車。
JR桜木町駅/横浜駅東口~バス乗車~本牧三渓園バス停降車~徒歩5分。
みなとみらい線元町中華街駅4番出口近く、山下町バス停乗車~本牧三渓園バス停降車~徒歩5分。
三渓園様公式拝借2 久良岐のよし
三渓園アクセス 久良岐のよし


大倉山公園梅林
住所
:〒222-0037 横浜市港北区大倉山2-36-8付近
見頃:2月初旬~3月初旬
大倉山観梅会様公式 拝借2 久良岐のよし
※写真は大倉山観梅会運営様公式から拝借
DSC_0278
※2016年02月27日撮影
DSC_0277
※2016年02月27日撮影
イベント
大倉山観梅会
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
大倉山観梅会様公式 拝借1 久良岐のよし
※画像は2016年の広告
大倉山の梅林の隣には、戦国時代の北条家重臣笠原康勝公が開いた竜松院と言う御寺が在る。
その御寺を含む大倉山公園~太尾見晴らしの丘公園にかけて続く鶴見川河畔の丘陵は、笠原家の居城❝大曾根城❞だった。
その城址に小規模な梅林が有り丘一体は大倉山地区の住民の憩いの場だったのを、東急不動産が開発破壊しようとした際に、義挙した住民が一丸と成り東急の城址と自然破壊に反対し、約30年前当時の細郷横浜市長の下で横浜市が買い上げ自然を残した公園として整備し梅林として有名に成った。
初春には周辺地域からも観梅客で賑わう。
連絡先:港北区地域振興課(観梅会実行委員会事務局) TEL 045-540-2235


本沢梅園(ほんざわばいえん)
住所:
相模原市緑区河尻4457‐1
見頃:2月初旬~3月初旬

DSC_0032
※撮影日は2016年02月24日
DSC_0026
※撮影日は2016年02月24日
DSC_0033
※撮影日は2016年02月24日
イベント:
開園期間
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
※本沢梅園は官営なので管理人が常駐しておらず、開園期間以外は梅園の遊歩道には入れない。
※梅園自体は山腹の斜面に広がっているので、道路沿いからでも十分観梅が楽しめる。
本沢梅園祭り
※期間については問い合わせ先に電話するか、公式ホームページを御覧下さい。
約1000本の梅が植林されている。
昔は谷だったが、近隣の津久井湖建設の残土で谷間を埋めて、そこに梅を植林した。
周辺に歴史史跡も多く、山頂の金刀比羅宮は古来、雨乞いの神事が行われた水の枯れない池が在る。
梅林から尾根伝いの山裾(やますそ)の寶泉寺を囲む山は平安時代末期に長井家によって築城された小松城址でもある。
近くの津久井湖や戦国時代の名城、津久井城址の山のピクニック等と合わせて見学に行くと、1日中自然を満喫出来る良いレクリエーションに成る。
※津久井城址は根古屋地区のパークセンターに無料駐車場有り、鎧や城址復元図等の展示も有る。
連絡先:
相模原市コールセンター TEL 042-770-7777
城山まちづくりセンター TEL 042-783-8115
アクセス:
駐車場…無料130台
バスと徒歩…JR/京王線の橋本駅~バス❝若葉台住宅行き❞に乗車~若葉台住宅で降車~徒歩30分。
本沢梅園アクセス

 

↑このページのトップヘ