ブログネタ
成人式のエピソード教えて! に参加中!
成人したら選挙権貰えますよね?
それは緑地保護や文化財保護をする政治家を選ぶか、破壊する無文化政治家を選んでしまうか、成人する事で責任が発生すると言う事でも有ります。

悪い例が今の横浜市に有ります。
金沢文庫の文化財の腐食を進行させてしまったり、前代までの歴代市長が保護してきた横浜市内各地の緑地や桜並木を今の横浜市長が緑地売却や街路樹伐採をさせています。
関連記事は「ココ」←クリック!

これらの緑地売却や史跡の破壊例として、それはそれは無残に破壊された城址の例があります。

横浜市保土ヶ谷区今井に今井城と言うお城が有りました…
細郷道一と言う1978〜1990年まで横浜市長を務めた方が在任中に保護を試みた城址です。
しかし郷土愛の無い最近の市長が保護を怠って業者に破壊され、史跡はほぼ消失してしまいました。
現職横浜市長林文子氏は今井城址残存部の保護を完全に怠っています。

鎌倉〜室町の城址保護と地域民鎮護の為に、先人が建てて守って来た稲荷神社の鳥居でさえ、こんな無残な有様(ありさま)です。
実は、今井城址だけで無く今正に現職横浜市長に潰されようとしてる史跡や緑地公園があります。
横浜市港南区〜栄区〜金沢区〜鎌倉市にまたがる瀬上池周辺緑地〜上郷市民の森〜金沢市民の森が現職の林文子横浜市長に宅地開発容認されているんです。
横浜市は中田市長の時代から緑地公園整備の税金を徴収開始しているのに矛盾していますね?
あれ?
何か緑地公園整備の税金徴収と現職横浜市長のやる緑地公園破壊政策は矛盾だらけですね…

さて今井城址と細郷市長に話を戻します。
細郷元市長は横浜市営地下鉄の建設、みなと未来21地区の商業利用、文化史跡と緑地を保護した港北ニュータウン建設を成功させた名執政者でした。
ですから、緑地公園や文化財と史跡の保護にも写真の石碑の通り熱心に取り組まれました。
以前の細郷さんをはじめ歴代市長が、この様に石碑を建ててまで保護した場所を、林文子横浜市長は無視して風化させているんですね…

しかしここ今井城址、実は非常に歴史的に価値のある文化財が出土している場所なんです。
梵字の書かれた石碑ですが、この種の物は鎌倉時代に武士により盛んに造られ、鎌倉市ならば重要性が理解され大切に保管されます
しかし林文子横浜市長はこの史跡の重要性が理解できないんでしょうか?
さすが金沢文庫収蔵の重要文化財をカビさせただけありますね。

で…
今井城址を守ってきた稲荷神社の参道もこの有り様。
最早荒れ放題。

この現職市長が保護せず放置した参道を通り倒れた鳥居の先に有る、もう一つの階段の上の鳥居をくぐると先程の文化史跡や細郷元市長が題字を書いた石碑が有ります。

稲荷神社付近は堀切かな〜?と、思う様な地形は有りますが…
…わかりません!
もうね、破壊されすぎて原形無さ過ぎだろ(怒)!
何やってんの今井城址付近住民。

ただ、一つだけ城の施設跡と思しき地形が…
この土建屋の資材置き場と奥の畑の間には堀切の堀底道と思しき道路があります。
…まぁ伝承も無いしわかりませんっ(怒)!

こんなに荒れ果てた今井城址ですが、恐らく初代城主は源平合戦頃の歴史的には恐ろしく有名な名将が勤めていた様です。
それは源平合戦を書いた物語がわからない部分を創作で粉飾していた事を立証してしまう、とても重要性が有る場所なんです。

城主と伝わる今井四郎兼平公とは、旭将軍と言われた木曽義仲こと源義仲公の参謀であり義兄弟の様な存在でもある人物で、源平合戦の物語でも名将として描かれています。
ただ、作中では木曽義仲公が源義経公の討伐軍に討たれた際、後を追い自害したとされています…
が!
平安時代の武士は自害は一般的にしません。
そして木曽義仲公の側室(そくしつ=本妻以外の妻)の巴御前も鎌倉幕府に降伏し、後に和田義盛公と再婚したりしています。
平安武家文化は責任を最高責任者がとる文化だったので、将棋の様(よう)に有能な人材は戦が終わればちゃんと評価し登用するか、死ぬ迄お互いの正義の為に戦ったんですね。

巴御前の再婚した鎌倉幕府初代侍所別当(さむらいどころべっとう=防衛大臣)の和田義盛公の築いた城は全て交通の要衝に在(あ)りました。
例を挙げると…
●怒田城…かつての軍港で海上交通の要衝。横須賀市吉井〜船倉一帯。
●野庭城…鎌倉幕府の拠点として築いた城で古鎌倉街道と古東海道を抑えている。横浜市港南区野庭一帯。
そして…
今井城址も交通の要衝に在ります。
つまり鎌倉時代の築城が開始された街道の真横にある城そのものなんでくね。
佐々木高綱公の関東での居城跡の横浜市港北区鳥山八幡も正に同じ様に旧街道を城下に押さえています。
※佐々木高綱公の鳥山八幡の記事は「ココ」←クリック!

これは想像でしか無いのですが、恐らくは木曾軍敗退後、そもそも源氏同士の合戦ですから今井兼平公や巴御前は旗頭の木曾義仲公の死亡により朝敵ではなくなり、源頼朝公に降伏したのではないかと思います。
そして重要な事なのですが、平安武家には主従の概念は無くあくまで"盟友"か、親族集団の概念しかありませんので、盟主の為に切腹はしないのが当時の武士の価値観です。
この価値観は関東武士の代表格である鎌倉景政公を祀る御霊神社の方が教えて下さいましたし、頼朝公没後の三浦家や他の武士団の動向を見ても整合性が有るんですね。

そんなこんなで、今井城址は源平合戦の物語で創作され語られていない部分を補填する史跡かも知れない訳です。

こんなに重要な史跡や横浜市栄区の瀬上池が破壊されつつ有るのは、今の林文子横浜市長を当選させた有権者にも責任があるんです。

ですから、今回はたまたま緑地公園や史跡の破壊を問題にしましたが…
成人したのに選挙に行かない人は「人として色んな方面で無責任な人間」と言う事ですよ!
…と、言うお話でした。

あ、以前、記事にした消え行く史跡の一つ横浜市港南区〜磯子区にまたがる笹下城址ですが…
※笹下城の記事は「ココ」と「ココ」←クリック!
宅地造成する部分の開発者が野村不動産様と判(わか)りました。
顕彰活動に貢献して頂けるか、歴代間宮家の関わった寺社仏閣の宮司様、御住職様と注視しています。

では、皆さん、又次のブログで!