歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:大和市

深見神社(延喜式内社、名将達が崇敬した神社)
深見神社の春楡(神奈川の名木100選)
DSC_0525
DSC_0548
  御祭神・御本尊等:
  闇神(くらおかみ)・武御雷神・建御名方神・宇迦之御魂神
  御利益:立身出世・雨乞い・農業豊作・治水・戦勝祈願
  関係者:
  開基:闇神(くらおかみ)
  中興:雄略天皇
     征夷大将軍    源 頼朝 公
     渋谷庄領主    渋谷重国 公
     相模守護代    太田道灌 公
     相模守      北条氏康 公・・・以下歴代北条家当主
     大膳太夫     武田信玄
     徳川幕府寺社奉行 坂本重安 公
  旧郡名:高座郡
  所在地:大和市深見の境川沿い
  ※所在地名をクリックするとGoogle mapの地図上で確認出来ます。
歴史概要】
源頼朝公を始め、明治時代の帝国海軍東郷平八郎元帥の御先祖様で鎌倉武士の渋谷重国公、戦国時代の関東最強の無敗の軍師で名築城家の太田道灌公、日本三大夜襲の一つ河越合戦で手勢1万1千を率いて敵の大軍上杉勢8万5千を撃破した軍略と戦国最高の内政力を誇った北条氏康公、戦と治水で古今稀な事績を残した名将武田信玄等、戦と内政の天才達から崇拝され戦勝祈願と内政で高い御利益を歴史的に証明している延喜式内社。
境内には神奈川の名木100選の一つ‟深見神社の春楡(はるにれ)”が御神木として存在する。
神(くらおかみ)と言う在地の神様がこの地を治めたのが聖地としての始まりと神社の縁起に伝わる。その後雄略天皇が社殿を造営して神社と成った。古くから存在して神社で闇神は雨乞いの神とされ、また境内社に倉稲魂神(うかのみたまのかみ)も祀る事から古代からの農地開発と農業の豊穣に深い関わりが有って庶民~時代時代の権力者から崇敬を集めた。
神の龗は龍神を指し転じて水神の意味で有り、龍神は古来、雨乞いの神であり農業の神様でもある。
深見神社の縁起に記された社名由来の説明では古代、この地域に海の湾部が近在し❝深い海❞→❝ふかいうみ❞→❝ふかみ❞→深見と転化したのだろうと推測されているが、残念ながら深見神社周辺が海だった事実は無い。
深見神社の社名の由来のヒントに成る場所は玉川上水の取水堤の在る東京都羽村市に存在し、同市の田ノ上地区には古くから淵(ふち=川の深い場所=深水(ふかみ))に木製の龍を沈める雨乞い神事が行われていた事実が有る。もう一つのヒントは大山阿夫利神社の御祭神の一柱である高龗神(たかおかみ)が水神であり龗の字が龍神を指す事、この2つの事例を踏まえると深見神社の御祭神が闇(くら)い龍神である事、神社の社名が深見=ふかみ=深水に通じる事からも淵(ふち=底の見えない深水)にまつわる信仰と関係が有る事が解る。そして神社の背後には境川が存在する事からも社名の由来は龍神が住んだであろう境川の深水=深見と成るだろう。

正月元日は仕事始めだった。
しかし、今年は2~3日に連休にしてあったので、本来の小生の定休4日水曜日と合わせると3連休と久々の正月連休となった。
昨年年末は前回の休日雑記で書いたが大凡、以下の様な動きをしていた。
21日、川崎市高津区の橘樹神社に弟橘姫様に1年間の御礼参りに行って来た。無事に1年間、間宮家や歴史偉人の顕彰活動で旅行が出来たのも御加護頂いた御蔭。
31日は横浜で一番の智慧の神様と崇拝し土地神様と拝む永谷天満宮で歳末の大祓いに参加して菅原道真公、菅原景行公、菅原淳茂公と宅間上杉重兼公、宅間上杉富朝公、宅間上杉規富公に1年間の御礼参りをして終える事を出来たので昨年は良い〆括りの大晦日と成った。
永谷天満宮の宮司様、禰宜様、職員様、氏子様、皆さんの御蔭です。ありがとうございます。

2017年元日は早朝日出前に起きて走水神社に初詣に御参りに上がった。車を走らせている最中に夜明けを迎えたが、位置的に房総半島の向こうに日が昇るので初日の出は当然見られなかったが、正月早々に走水神社で日本武尊と弟橘姫御夫妻の御神霊と、御二柱の神様の存命中に御仕えした大伴黒主久応公の御神霊に本殿で御参りし、と奥宮の須賀神社、神明神社、諏訪神社にも御参りをした。
帰路、嘗て日本武尊と弟橘姫御夫妻の御住まいだった御所ヶ崎と呼ばれた岬の近くから、走水の海岸線の先に綺麗な富士山も見る事が出来た。
陽気な酔っ払い兄さんと握手すると言う意味の解らない珍事も起きたが上々の1年のスタートと成った。
そして仕事始め。

そして正月02日早朝5時頃…
この日は最初に小生の智慧の神様、横浜に於ける土地神様の御居す永谷天満宮に今年の初詣をする事から始まった。
CIMG2015
考え事が有ると、しょっちゅう車でドライブがてら近くの拉麺の名店の神勝軒での食事も兼ねて御参りする永谷天満宮。
正月の雪洞(ぼんぼり)に浮かび上がる永谷天満宮の参道は非現実感が漂い幻想的だった。
CIMG2017
例年、正月この時間帯に参拝する事は無かったので、良い経験が出来た。
早朝にも関わらず、他にも参拝客が数名いた。
世の中、まだまだ神社や御寺を大切にする日本文化が好きな人が多いんだな。
車に乗ると、永谷天満宮の前の環状二号線を走り、港北区から第三京浜道路に入り川崎市高津区を目指した。
昨年末、御礼参りに上がった橘樹神社で弟橘姫様に「正月が来たら新年の御挨拶に伺います」と誓いを立てていたからだ。
第三京浜にのってさえしまえば横浜と川崎は車で30分と近い。
CIMG2018
到着したのは6時位だったろうか?
既に空が明るく白んでいた。
現在は住宅が立ち並ぶ子母口富士見台古墳こと弟橘姫の御陵を背後に抱えるこの遥拝所である橘樹神社も、朝の清々しい空気が気持ち良かった。
弟橘姫様に今年もここ数年来の御願いをした。
早く神社仏閣歴史史跡と自然公園の保護を担い歴史顕彰活動で社会の役に立てますようにと、公人としての御願い。
私事の些細な願い。
人としての世界中の日本の環境や歴史と文化と伝統を好きな‟親日家”の民が国籍人種問わず平等に平穏に無事に過ごせるように、仮に災害に直面しても、自分を含めてその様な人間達が率先して復旧を担い周囲の人に安心を与える事が出来る様にと御願い。
・・・日本人と日本文化が嫌いな人は独力で何とか勝手にすれば良い(笑)。
昨年中1年間の御礼を改めて御伝えした上で今年も昨年と同じ心願を御伝えした。
神社からの御参りだけではなく、ちゃんと今年も古墳にも御挨拶に行った。
CIMG2020
・・・と言っても、古墳は橘樹神社裏の円形の丘の住宅地全部で、現存するのは頂点部分のみ。
一応、その頂点で御参りして、そこから風景を見てから立ち去るのが去年から始まった正月の習慣に成った。
CIMG2026
今年は空が白み、雲も多くて朝日は見えなかった。
CIMG2024
でも、改めて登ってみると、シン・ゴジラが進撃して来た武蔵小杉の風景が見える事に気が付いた。
まぁ、ゴジラが進撃した道は旧鎌倉街道を通り途中から綱島街道に入り、更にこの橘樹神社の横を通る中原街道を歩いているはずだからね。奇しくも、古墳時代の古代人が切り開いたルートを通っているんだな。
それ以前は、その一帯は海の底なので歩いて通れる道では無かった訳だ。
だからこそ、橘樹神社の裏の宅地に成ってしまった、この弟橘姫の古墳の丘は、昔は海に面していて弟橘姫の髪飾りが流れ着いた伝承が有る訳だ。
そんな事を思い出したり、次の目的地の相模国五之宮平塚八幡宮や二之宮川勾神社へ高速道路を使って行くと到着時間が早く成り過ぎてしまう事も有り、古墳時代の人を真似て下道の中原街道を車でゆっくりと走る事にした。
ゆっくりとは言っても、車だと川勾神社の在る大磯町の先の二宮町まで早朝なら休まなければスピードを出さなくても1時間半で到着できる。
橘樹神社~中原街道経由~川勾神社 久良岐のよし
小生が今回走った中原街道は古代の街道を徳川秀忠公が整備した街道を現代の国土交通省が再整備した言うなれば新道。とは言っても、当時と大きくルートを外れてはいないはず。
道も行き当たりばったりで思い付きで走る事にしたので事前調査なんぞしていない。
道路の【中原街道】と言う標識を目標にしながら、サブでカーナビに川勾神社を目的地登録して走って見たら意外な事に気が付いた。
江戸時代の中原街道は、家康公の鷹狩場だった平塚の中原御殿に行く為に再整備されているのだが、これが又、行く先々に悉く平安時代に築城された古城と、平安時代の人からしても古いと認識の有った延喜式内社の傍を通り抜ける道なんだな。
昔は湘南地区は海で全ての古道は湘北地区とも言うべき現在の高座郡を通り過ぎていたのだが、中原街道沿いに延喜式内社が集中していると言う事は、東海道よりも昔は中原街道の方が重要な道だったのかも知れない。
もっとも、古代の東海道と言うのは読んで字の如く、船で渡る場所が多い海の道だったのを知る現代人は少ない。
古東海道 国土交通省から画像拝借 久良岐のよし
国土交通省 関東地方整備局 横浜国道事務所のホームページに掲載されている古代の街道。
これに縄文時代の海岸線を重ね合わせて、延喜式内社と城を表示すると面白い事が解る。
昔の海岸線と古道 久良岐のよし
緑の部分が古代の陸地、白いのは弥生時代の頃まで海だった部分。
縄文時代の氷河期が終わると急速に温暖化が進み、1万年前~6000年前の4000年で海岸線は現在よりも内陸に後退して海老名市近くまで海だったので、現在の中原街道は弥生時代以降、古墳時代位に整備されている古道が元に成っているのが良く解る。
対して、更に北の寒田神社~比々多神社~小野神社~深見神社~一ノ関城~杉山神社の目の前を通り過ぎて橘樹神社に至る矢倉沢往還は古代から陸地だった事が解る。つまり、矢倉沢往還沿いに存在する神社の方が古くから人が住んで居た集落に近在する訳だ。
そして面白いのが、この現実の通り、その延長線上には方形周溝墓が大量に存在する大塚歳勝土も所在する。方形周溝墓は中国江蘇省や福建省を含む南方海洋民族由来、円墳や前方後円墳は半島経由の文化由来、方形周溝墓は古墳時代や横穴式墳墓より古い時代の古墳だ。つまり朝鮮系渡来人の影響を受ける前の縄文人や弥生人の御墓。
現在の日本語は朝鮮語の漢字の発音に多く毒されていたりするが、古事記にも通じる古語は南方の沖縄県に多く残っていたりする。例えば以前も書いた事が有るが、黄泉平坂と言う言葉が有る。
古代語も調べずに江戸時代の価値観で本居宣長と言う人物が翻訳してしまった物では「黄泉平坂=あの世へ通じる洞窟」とか訳の分からないオカルトな神話に成ってしまっている。
所が琉球語だと無理なく翻訳できる。
平坂と言うのは現代日本人の価値観では「平=平地」「坂=坂道」を指す。
上り下りも坂道は坂道。
所が琉球語には現代日本で藤原氏による朝鮮語の影響と漢字の誤植で消えた意味が復活する。
琉球語では「坂(さか)=下り坂」「平(ひら)=上り坂」を指す。
つまり黄泉平坂は「黄泉(よみ)と言う国に繋がる上り下りの峠道」と言う、何とも自然な翻訳が可能に成る。
そんな事は、この日は当初は全く、そんな事は考えてはおらず・・・
「あれ?茅ヶ崎城の近くだ」
とか
「あれ?杉山神社この近所だよな」
とか
「あれ?寒川だ、寒川神社の近くだ。」
とか考えている内に、点と線が繋がり、寒川に着くころには確信に変わってた。
中原街道こそ古墳時代の主要街道だった筈と。
昔の海岸線と古道 久良岐のよし
しかも面白い事に矢倉沢往還も中原街道も両方、橘樹神社の前を通過する。やはり、橘樹神社一帯が古代豪族の集落から郡衙に発展したと考えられている通説は正しい様だ。
ところで、綾瀬市の手前、大和市に入った頃、偶然前日、大和市の上和田地区に住む知人から存在を聞いていた‟左馬神社”と言う場所の近くを通り、その看板を見かけた。知人は歴史は少しかじっているが、山好きで山登りのついでに神社仏閣を巡る程度なので、深くは知らず「源氏の誰かが上和田に関係有るらしく云々・・・」と言っていた。
興味も有り、左馬と名の付く神社で有るからには左馬頭(さまのかみ)源義朝公所縁の神社だろうと小生は推測していたので、寄り道し参拝、確かめてみる事にした。
左馬神社は住宅街の広がる上和田地区に在って、中々に境内が広く村の鎮守の杜(もり)と言った感じの雰囲気の良い神社だった。
CIMG2028
解説を見てみると歴史は江戸時代に始まるそうで、そんなに歴史は古くなく江戸時代の名主の渡辺兵左衛門さんが、近郷の別の左馬神社から源義朝公の御分霊を勧進して開いたそうだ。
渡辺さん、江戸時代には名主だが恐らく祖先は玉縄城主北条綱成公の部下だった筈だ。名主=在地武士の子孫である事、名乗りに左衛門の官途が含まれる事、場所が大和市南東部である事、これは玉縄北条家家臣団だった可能性が高い。
余談だが、この上和田地区には上和田城と言う御城が平安時代末期~鎌倉時代初期に築城されていて、築城者は和田義盛公と伝承する。源氏の与力だった武将の中でも大幹部だ。和田さんの支配地だったから上和田なんだろう。恐らく下和田地区も有るのかもしれない。
CIMG2062
立派な御神木もあり、近所の子供が遊びに来るには良い神社。昔ながらの庶民に近い江戸時代の神社の雰囲気。明治以降は神社は仰々しい所に変化してしまって親近感を持てなくなった人も多いはずだから。
上和田を出発してすぐ、米軍の厚木基地の横を通過した。
CIMG2066
沖縄もこんな感じなんだろうか?
幸い、神奈川県の米兵さん達は素行が良い。と言うか、沖縄県の犯罪発生率は県民自体の犯罪発生率が他府県より高い事実を知る人は余りいないのかも知れない。産業が少なく所得も低いので必然的に犯罪発生率が高く成ってしまうのだろうか?
米軍が撤退すれば沖縄県は更に産業が無くなるし、米軍基地返還派はどうする心算なのだろう?
あの反対活動をして、機動隊に暴行を加えている活動家達が関西弁をしゃべる連中ばかりと言う事実を知る人も本土では少ない。
TVや新聞の偏向報道なんぞアテにせず、もっと年配者は自分で旅行も兼ねて渦中の場所に行って自分の目で情報を拾う努力をするべきだと思う。さもないとマスコミの扇動に右往左往するだけ。
そんな事を考えて走っていると、目の前、宮原と言う辺りだったか。富士山が綺麗に見えた。
CIMG2072
この辺りは宮原と言う地名からも、そして近くに神崎と言う場所が有る事からも、もしかしらた古代に寒川神社の飛び地か前身の神社か、別に由緒有る神社が存在したのかも知れない。
寒川神社の参道近くを通り過ぎ、当初の目的地だった平塚八幡宮の近所も時間が早すぎるので通り過ぎ大磯町に入る頃に成ると、東海道に合流した。
正面に高麗山が見える。
CIMG2076
現在では高来神社と名を変えているが、元々、高麗山山上に社殿が有り明治時代までは高麗神社と呼ばれ、神功皇后に伴って日本に渡来した人々が住んだ地域と考えられている。
帰りに時間が有れば立ち寄ろうと思いながら車を走らせた。
東海道は走ると直ぐに雰囲気で解る。
東海道として、この季節の風物詩の決定的な風景も出て来た・・・
CIMG2082
箱根駅伝の各大学応援団の幟(のぼり)だ(笑)。
これ見て直ぐに思った・・・
「しまった!絶対に途中で駅伝の交通規制に引っかかる!」
・・・と。まぁ、直ぐにそれも楽しめば良いや♪と思い、交通規制がかかる時間帯をどっかの神社行く度にリサーチして、通過時間は沿道で応援しようと決めた。
道幅、両側の店にたまに古い店舗が残っている、所々に残る松の並木・・・
CIMG2084
この辺りまで来ると本当に東海道らしい感じが残っている。
富士山も東海道中の雰囲気を醸し出してくれている。
そこから更に20分位走っただろうか?
長閑な田園が広がる丘に川勾神社は鎮座している。
正月に来た事無かったが、繁忙期は交通整理の誘導員が居るらしい。
CIMG2088
参道の雰囲気は田舎の空気感が凄く良い。
CIMG2092
川勾神社の石柱道標。
揮毫したのは中将上村~と有るので明治時代に活躍された上村彦之丞海軍中将だろう。
あの弟橘姫様の御所ヶ崎にあった御神霊を遷座し走水神社に保護した明治の元勲達の中の1人だ。
CIMG2094
大正七年に参詣にいらっしゃった様だ。
CIMG2096
この写真だと良く見えないが、石段の上には恐らく昔は仁王門として使われていたであろう茅葺の門がある。
石段手前左手に伊藤博文公と伊達時と言う人物が川勾神社を支援したらしい解説が有る。
伊達時と言う人物は苗字からして奥州伊達家の血縁者と思われるが、不勉強で存じ上げない。CIMG2098
湘南地区の延喜式内社らしい、近郷の人々が訪れる人とのつながりの温かみを感じる神社。
CIMG2108
まだデジタル写真を撮影していなかったので、ブログの神社仏閣まとめの記事掲載の為に撮影に来た。
CIMG2114
この日は正月2日目だったので屋台も出ていて、ここで朝食にタコ焼きを食べる事にした。
CIMG2138
まぁ、屋台の大きなたこ焼き。御腹すいていたので美味しかった。
CIMG2134
参拝客もそれなりに居て楽しかった。
CIMG2125
アルバイト(笑)の巫女さん達も頑張ってらっしゃいました。
私語が多いが、そこは長閑さの一つとして愛嬌の内(笑)。
CIMG2130
焚火にいぶされる匂いも心地良い。
さてさて、今回の記事も訪問先が多く長くなりそうなので、前後半に分けて今回はここまでを【前半】とさせて頂きます。
では、次回はこの続き、【二宮町】川勾神社~【大磯町】六所神社~箱根駅伝見物~神揃山で迷子~大磯城山公園古墳群~高久神社~【平塚市】平塚八幡宮~【伊勢原市】比々多神社~横浜帰宅までを書きたいと思います。




平安時代の人からも古くて由緒有る神社と思われていたのが延喜式内社と呼ばれる普通の神社とは比べ物に成らない❝別格❞の神社です。
醍醐天皇が編纂させた延喜式と言う律令制度の改正法に定められた保護すべき対象の神社一覧が延喜式神名張に載る延喜式内社です。
又、延喜式成立以前から存在するが、当時は修行場や祈祷所と機能していたので祖先や神を奉る神社とは意味が若干異なっていていたり藤原家に不都合な歴史が有り掲載できなかった神社を延喜式内社に対して式外社と言います。
その神様の御神威と歴史が別格の意味に社殿の大小や現代の参拝客の多さは関係有りません。
多くの延喜式内社には縄文~弥生文化の遺跡が近在し、又、神社の宝物に日本神話の時代に当たる弥生時代に作られた祭器が有る所も少なくなく更には考古学的にも、その祭器が弥生時代や古墳時代初期の物だったり境内の遺跡が縄文文化の史跡と確認されている場所が多く有ります。

そんな延喜式内社が神奈川県には旧相模国内に13座、旧武蔵国(横浜市)に1座、式外社で古事記に登場する様な霊験あらたかな場所や歴代天皇の勅願所も数ヵ所有ります。
その中の一つで、現在も比較的大きな規模を誇るのが大和市の深見神社(ふかみじんじゃ)です。
DSC_0527
ここ深見神社は雄略天皇の時代(西暦500年前後)に闇神(くらおかみ)と倉稲魂神(うかのみたまのかみ)を御祭神として創建された事が関係文献から解っている様です。
神は水神=雨乞いの神様として信仰されたそうですが、似た名前の神様に高神(たかおかみ)と言う神様が雨乞いの聖地だった大山阿夫利神社の御祭神として祀られています。
この二神は名前も似ていますが同じ様な御神威を御持ちの様です。
今年2016年の夏は水不足なので神奈川県知事や自治体の首長には御参りして欲しい所ですね。
さて…少し脱線します。
延喜式内社も凄いのでですが、式外社にも凄い場所が有ります。

特に凄い場所は以前も紹介した…
2014-11-02-07-33-52
日本武尊の仮御所近くに、日本武尊の冠を御神体として地下に埋蔵して創建された横須賀市の走水神社。
ここは最近の社殿建て替えの際に本当に地下に石室が有る事が確認されています。
※記事は「ココ」←クリック!
2015-02-04-10-37-49
日本武尊の御妃様の弟橘姫の古墳が神社社殿の背後に控える川崎市の橘樹神社。
神奈川県教育委員会の怠慢と不見識で、大古墳は一部を除いて宅地化されてしまいましたが、古墳頭頂部の一部がかろうじて現存しています。
※記事は「ココ」←クリック!
DSC_0209
そして歴代天皇が勅願所道場として信奉した師岡熊野神社です。
歴代の天皇家と源氏や小田原北条家、徳川家から信奉され、特に光孝天皇から「関東随一大霊験所熊野宮」の異名を与えられ、その勅額を頂いた周辺に聖なる池を多数抱える神社でもあります。
※記事は「ココ」←クリック!

今回紹介する深見神社は、この師岡熊野神社と同じ雨乞いの神様として古代人からも信奉された古社な訳ですが…
DSC_0525
伝承や郷土史研究者の意見では、この辺りも古代に海が入り込んだ入江だったので❝深い海❞が地名の深見に転化したと考えられていますが、小生の意見は少々異なります。
何故かと言うと古代の海岸線と深見神社の位置は離れているからです。
神奈川県名の延喜式内社と古代の海岸線 久良岐のよし
そこで小生が推測するのは、深見(ふかみ)の地名由来は❝深水(ふかみ)に嵌(は)まる❞の方の深水だと思うんです。
実は、この深見神社は重要な場所に在(あ)りまして、すぐ近くを❝境川❞が流れています。
延喜式内社と河川の位置 久良岐のよし
※拡大して見ると、河川と延喜式内社の位置が解ります。
古代は橋を架橋する技術が無かったので、大河川を渡河するには舟での移動しか有りませんでした。
若しくは…徒歩で渡れる浅瀬を探すかですね。
残念ながら神奈川県には相模川や鶴見川の様な巨大河川が幾筋も有り古代人にとっては交通の便の良い土地では有りませんでした。
それ故、この道を❝東海道=東の海の道❞と古代人が名付けた訳です。
古東海道 国土交通省から画像拝借 久良岐のよし
古代の東海道は何筋もの大河川を船で渡り、最後は走水から海を越えて房総半島に渡っています。
さて、そんな訳で深見神社の眼前には今も昔も境川が流れているのですが、これが上流部分が旧相模国と旧武蔵国の国境と定められた川だから❝(国)境(の)川❞と成った訳です。
この境川も相当な下流域は海でしたが、実際の所は深見神社の氏子サンや郷土史家の推測は海岸線の歴史事実と異なり、深見神社の眼前に入江が広がっていた歴史は存在しえません。
そこで小生の説は「❝川の深水❞が有ったから深見神社と名付けられた」と成る訳ですが…
「え?深水なんて別にありがたくも何も無いじゃん?」
…と思ったら、貴方は神道と日本の祭祀の歴史を全く解ってない。
古代人にとって川の❝淵❞や❝深水❞と呼ばれる地勢は聖地として信仰対象に成っていたんですよ!
DSC_1084
上の写真は江戸市民の水の供給源だった東京都羽村市の多摩川上流にある根搦前水田を横断している雨乞い街道です。旱(ひでり)の日は、聖地とされた深い淵で雨乞い儀式を行う習慣が有りました。
そして深見神社の御祭神の名前の❝闇神(くらおかみ)❞です。
神(暗い場所の水神様)と解釈出来る御名前から、鬱蒼とした樹木の下に流れる境川の水深の深い水辺を連想させますよね。
似た名前で同じ雨乞いの神様の高神は大山阿夫利神社の神様ですが、実は大山は標高1000mを超す場所に沢山の自然湧水や滝が有るんです。❝高❞い場所に水を湧かせる❝神(おかみ=龍神)❞様だから高神なんでしょうね。
恐らく、ミシェランガイドで三星の観光地認定された東京都日野市の高尾山の❝高尾❞は、大山阿夫利神社の❝高龗❞神と同じ神様を奉っていた歴史が古代に有ったんじゃないかと思います。多分高尾山は山岳信仰と雨乞いの対象だったんでしょう。大山と同じ様に天狗(てんぐ)信仰も盛んですからね。

話を深見神社その物に戻します。
DSC_0528
深見神社は北西から入ってくる変則的な表参道の横に石碑が有ります。
これは、この深見の江戸時代の領主が、この神社と周辺を大好き過ぎてアレやコレや寄進しまくった時に建てたそうです(笑)。
DSC_0529
その近くに立派な狛犬さんも鎮座していて参拝客を御出迎えしてくれます。
DSC_0532
凛々しい狛犬様。
DSC_0533
めっちゃ筋骨隆々だね。
参道から、社殿正面へ続く駐車場の傍(かたわ)らには大和市の保護指定を受けている大樹があります。
DSC_0530
DSC_0531
すんごい立派ですね。
駐車場に車を止めると富沢稲荷と言う小さい摂社が有ります。何故か境内には遷座されていない。
DSC_0534
こちらは参拝客もまばらそうですが、小生は御城や神社や御寺を御参りする度に御稲荷様が鎮座していて、参拝客や地域の方々を守って下さっているのでちゃんと御挨拶をして御参りして来ます。
勿論、この時も御挨拶しました。
DSC_0535
現在では一見すると普通の少し広めの神社程度の境内ですが、参道の向きや周辺の森と道路の敷設されたルートを見ると、明らかに昔は周辺の住宅街全部が深見神社だった事が見てとれます。
深見神社推定旧境内 久良岐のよし
こんな感じかな?
ちゃんと現在の社殿前の鳥居の反対側にも、昔の参道が有り、先にも廃道が有る。
DSC_0536
現在は私有地に成ってしまっているので通れない。
DSC_0537
こう言うのは明治政府のせいなんだよ。
明治政府が神社の土地を接収しちゃって、更にその後で太平洋戦争で負けた時にも米軍に神社の土地は大きく接収されてしまったので、こんな風に古い参道が使えなく成って家が建っちゃった場所は少なくないんだな。

さて深見神社の社殿はとても立派です。
DSC_0546
造りからすると多分新しい。ごく最近の再建。
DSC_0545
この時は春に差し掛かった頃に訪れたので、桜の花が咲いていてとても綺麗でした。
深見神社は江戸時代に周辺領主だった坂本家が武神の武御雷神を鹿島神宮から勧進した歴史も有るので一時、鹿島社の別名で呼ばれていた事も有ります。
そっちの神様はハッキリ言って深見神社や深見の土地と関係が無い。
寧(むし)ろ、相模国の延喜式内社と関係が有る戦神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)と五十猛(いそたける)神日本武尊と弟橘姫だからね。平安時代にも関東では武御雷神じゃなくて、八坂神社や浅間神社で素戔嗚尊が崇拝されたし、西暦700年頃からは弁才天様も崇拝されだした。
後から深見神社に引っ越して来たのが武御雷神。
DSC_0541
そこ等辺の事は説明の看板にも書いて有るけれど、元に成った記事を読みたい人は横浜の殿様間宮家の子孫の間宮士信が編纂した新編武蔵風土記稿を読むと、周辺の歴史も解って楽しいですよ♪
深見神社は手水舎にはちゃんと水道から新鮮な水が流れていて身を清めれます…
DSC_0543
…多くの延喜式内社が伊勢と関係ない神様で宮司様不在で寂れて水道も流れてないからね。
ここは他にも施設が沢山有ります。
DSC_0550
靖国社。靖国神社の末社かな?と思ったら全く違いました。
元々、この大和市や厚木市は大日本帝国海軍時代の厚木飛行場が有ったので、そこに空の神様として神社が建てられた航空神社を、戦後厚木基地が米軍に接収される際に引き取って当地に遷座したそうです。
それと、さっきの富沢稲荷様とは又違う境内社の稲荷大明神。DSC_0552
御倉大明神と言って、一時期、闇神がこちらに移されて、本殿には明治時代の国家神道と関係が深い武御雷神が本殿に祀られて優先順位と歴史的にアベコベにされていた様です。
現在は闇神様は本殿に無事帰還されています。

それと御神木…
DSC_0548

出ました!神奈川県の銘木100選。
小生の行く先々でちょくちょく登場する銘木100選、その一つが深見神社の現在の御神木の春楡(はるにれ)の大樹。
DSC_0549
春楡(はるにれ)が❝春を❞❝諭す=楡❞、つまり春の訪れを知らせる様に花が咲くからだそうです。
深見神社では種類が解らず「なんじゃもんじゃの木」と渾名されていたようです(笑)。

ここには、古代の文化を伝える神様がいらっしゃいます。
そして江戸時代に武士に崇拝された戦神様も後に同居されました。
古代から近代まで、色んな時代の人の記憶がつまった大切な場所、そして古代人の聖地だったはずの境川の淵の横に建てられた神社だったんだろうなと思います。

きっと皆さんの御近所にも、あんまり大きくなくても凄い歴史偉人との繋がりや、古代からの文化や遺跡を継承しているとんでもない神社や御寺が在ったり、近くの公園や山に行くとソコが平安時代~江戸時代に日本の文化を発展させた武士達の御城の古址だったりするかも知れません。
…御近所の神社仏閣や城址を散歩して、昔の人事を少し思い出してあげませんか?そして文化を大切にしてみませんか?
御参りして先人に「日本の発展に寄与して下さりありがとう」と御礼を伝えれるだけでも、偉人達や神様や仏様は喜んで下さるかも知れませんよ。

では、今日はここまで!
又、次の解説記事で御会いしましょう♪

1,藤沢市大庭 かつての大庭御厨の大寺院、宗賢院。
先週御寺の御家人から御好意で御寺の史書を返却期限2年先でも良いからと言われて拝借させて頂いた。
国造系豪族の子孫としての筋目を通す為にもちゃんと御礼をしようと思い"借用書"と"菓子折り"を持って再訪。御家人に御住職への挨拶の御礼の言葉の伝言と合わせて其れを託して来た。

DSC_0355
2,同、大庭 延喜式内社 大庭神社の旧跡。つまり元宮に当たる大庭神社旧跡。 ...
ここは旧跡と呼ばれ江戸時代の身辺相模風土紀稿でも以前の事は良く解らないとされる史跡。
しかしながら伊勢原市高部屋神社や、鎌倉市鶴岡八幡宮の例を挙げば解る様に、平安末期~鎌倉時代の坂東武者が居城する城址の傍に在る古社は、当時の武将の意向で城の守りの薄い地域や中心に遷座させられる事は珍しくない。
よって、この大庭船地蔵地区に伝わる大庭神社の旧跡(元宮)と言う伝承は正しいだろう。
DSC_0407

3,大庭神社旧跡の近くの台谷戸稲荷の森…この付近からは縄文時代の遺跡も出ている。
全国的に稲荷社の拡散時期は2波有った。
第1波は古代農耕が始まった時期。日本武尊の滞在した走水御所ヶ崎、その日本武尊の遺品を祀る石室を社殿の下に埋蔵した走水神社の前身が稲荷社であった事でも解る。
三浦半島の内陸部を水田として開拓した
第2波は江戸時代、伏見稲荷の御分霊を勧進する"講"が盛況で、関東一円の農村の豊穣を願う庶民により伏見稲荷の御分霊が多く勧進された。

DSC_0405
4,藤沢市打戻 延喜式内社 宇都母知(うつもち)神社。
延喜式内社なのに神奈川県は宮司様がいない場所が多い。
…ここも、残念、宮司様無住。しかし、境内は氏子さん達の御蔭で綺麗に保全されていた。
古代からの歴史有る神社を守る氏子さん達の努力に頭が下がる。
関係ないけれど参拝中、鐘楼の傍の木の根っこにハチの巣が有り、何かブンブン音がするなと思ったら、大量に巣穴から蜂が湧き出てきている最中で危なかった。鉢が来る前に走って逃れて助かった。
近くの慶応大学藤沢キャンパスと連携した文化事業を発足出来るかが、この重要な史跡でもある宇津母知神社の再興隆の鍵だろう。

DSC_0425
5,神崎遺跡公園  
藤沢市打戻~綾瀬市早川城山への移動中に偶然通りがかって御縁で存在を知った。
まだ開園していなかったが、平成元年と最近の発掘、小規模ながら国指定史跡とさしめた綾瀬市長と綾瀬市教育委員会の文化度と意識の高さと努力に敬服を感じた。
綾瀬市は素晴らしい。
DSC_0452
6,綾瀬市早川城山 早川城址 城山公園に移動。
DSC_0503
ずっと行きたかったけれど近くを通る事が無かった。今回のメインは実はここだった。
土塁は大部分破壊され、城址の大半は宅地化されているものの綾瀬市と綾瀬市教育委員会の取り組みは横浜市と比べて非常に意識が高い事を、ここでまざまざと見せつけられた。
城址としての規模は大きい訳でも小さい訳でもない。
DSC_0511
本丸と思しき広場の端にある物見やぐら跡の土台には、昭和7年"東郷会"の建立による薩摩国東郷氏発祥地の石碑が現存する。
そう、ここは藤沢市村岡城を本拠にした東郷平八郎元帥の祖先、平良文(よしふみ)公の子孫である渋谷氏が本拠とした城址なのだ。
そして、渋谷氏の中でこの早川城を本拠にした早川氏一族が源頼朝公に恩賞として与えられた薩摩国の領地に移住して東郷を名乗った。
DSC_0506
この綾瀬の早川城址は、薩摩島津家重臣の東郷氏・入来院氏・祁答院氏の源流と成った土地なのだ。
大空堀(沼掘り)残存部分は素晴らしい保存状態で整備され、本丸に当たると思われる広場の入り口は堀切と土橋、土塁が来園者を出迎えてくれる。そして城址を植物園化し沼堀を利用した湿生園、空堀部分にはバラ園、腰曲輪は遊歩道。別の大空堀は傾斜を利用し児童用の巨大スベリ台が設置されていて子供も幼い内から文化と歴史に無意識に触れる事が出来る…
DSC_0496
正に!城址を公園として整備し自然と歴史と住宅地の共存を成功させた稀有な城址公園だと思う。
綾瀬市の教育委員会と、現市長は本当に文化度と意識が高い。前の数百年、これから後の数百年を見据えた都市計画をしている。


DSC_0519
食事
綾瀬市早川城山地区に在った高座と言う豚カツ屋さん。
ボリュームは足りなかった。でも味は美味しかった。DSC_0523
オバちゃん一人で御店をやってるようなので、又綾瀬方面に来る時は、ここで食事してあげたい。個人経営の御店には出来るだけ多く町に残って欲しい。

7,大和市深見 延喜式内社 深見神社
DSC_0525
御祭神は闇龗神(くらおかみ)と建御名方神と江戸時代に勧進された武御雷神。
日本書紀には登場しない、関東の古社ならでは、しかも関東の延喜式内社共通の出雲系の神様建御名方神も鎮座。御祭神の闇龗神は大山阿夫利神社の御祭神の高龗神と名前からして関連が有りそうだ。いずれにせよ、藤原氏に名前を消された出雲系の神様だろう。
住宅街の中に在りながら、須賀(すが)清(すが)しい空気感がも今漂う。



感想
史跡の記録写真を撮る為に1日で訪問出来た件数としては上場の成果だったと思う。
関東では少ない延喜式内社、とりあえず今年中に北条家の歴史顕彰の城址と寺院の訪問神社の参拝に出来るだけ絡めて回りたい。

深見城と言うお城が大和市深見にありました。
大和市の教育委員会グッジョブ!
…と言いたくなる程、自然のままに保存され、かつ、ちゃんと調査もされています。
ちゃんと現地には調査結果判明した縄張図(なわばりず=城施設の設計図面)もあります。

衛星写真だと右側の川沿い、浄水場横の森が深見城址です。
別名一ノ関城址。

しかし、小生が思うに、この区域以外に写真左手に広がる森の中にも城の郭と思える地形がちらほらありました。 

こことかね…
深見城址の「一ノ関城址」と言う別名からすると、「ニノ関」「三ノ関」も付近に有ったのかもしれませんね?

何せ上の写真の深見城址の一部…
昭和に横の境川の河川工事が行われるまで現地の方々に利用されていた「天竺坂」と呼ばれた空堀の堀底道で、鎌倉古道と十字路を形成した街道沿いの城でしたから、関所が何個か有って可笑しくはありません。

で、下がその天竺坂空堀
昭和初期まで人の往来が有ったんですね…
なんかトトロが出そうな多摩丘陵の風景そのもの。
右の盛り上がりは城の曲輪(くるわ=防御施設)の一部ですよ〜。
ちゃんと方形に削られてるのが言われたら分かるでしょう?

でも、城址公園化はされていないので、空堀や曲輪は土に還った木の葉に埋もれ浅くなり、余り城址を見慣れてない人には自然地形に見えても可笑しくはありません。
しかし、よく見ると土塁跡の盛り上がりは平面的には直線と折れ曲がりで構成されているのが分かるはず。
判り難(づら)いかな(笑)?

でもね、破壊しない代わりに手を加えず掘り返さないのも、立派な史跡の保護なんです。

勿論…
八王子市の滝山城や、横浜市港北区の小机城と都筑区の茅ヶ崎城の様に綺麗に当時の姿を発掘復元し、土の流出止めの芝生を植えて公園化する事が理想なんですが…
コレはコレで大和市教育委員会は史跡破壊がお家芸の神奈川県の中にあって、類い稀な、かなり良い仕事をなさってるんです。
完全調査→保存。
調査すらされないで破壊された史跡ばかりですからね、神奈川県。
大和市は外国人移民が多い代わりに郷土史も大切になさってるみたいですね。

さて、この城址、室町時代初期築城と伝わっているそうですが室町時代後期の戦国時代初期にも改良の手が入っているようです。
縄張的に。

室町初期時代築城と言うのは間違いでは無いと思いますよ!
何故なら…
付近に八雲神社が有りましたから。
城との位置関係はこんな感じ…
航空写真の深見城址の森の一番左手の下

この部分
恐らく、深見城址の一番外側か出城がこの辺りだったと思うのですが…
何で八雲神社が有ると室町時代初期築城かと言いますと…
古来武士は氏神様を自分の領地に勧進(かんじん=神社をまつる)する習慣が有りました。
この八雲神社や出雲系の神様を祀る習慣が有った関東の武士は有名な一族です。
坂東八平氏ですね。
八坂神社、浅間神社なんかも祀っていたようですし。
彼等が関東で活躍したのは平安時代末期〜戦国時代初期までです。
だから八雲神社の存在的にも城の縄張り的にも室町時代初期に築城と言うのは整合性があります。
平安時代〜鎌倉時代の城の大半は崖の急峻な大きな丘や山上に造られた山城ばかりでしたから。
この深見城址は平城です。
もしくは川の対岸から見ても平山城と辛うじて言えなくも無い程度。
城主は山田何某と伝わりますが、坂東八平氏のいずれかの子孫なのかな?
室町時代初期に関東にいた武士は平安時代に神奈川県旧鎌倉郡から関東に散らばった一族が多数で他所から来たのはごく一部です。
異なる家系で有力な武士は藤原秀郷子孫の一族と、在原業平子孫と大江氏の一族くらいかな。
城跡と近所の八雲神社との関連を考えると坂東平氏系鎌倉武士後裔のはず。

まぁ、こんな説明をするまでもなく、鎌倉時代、この大和市や付近の相模原市や愛甲郡や厚木市には沢山有名な武士が居ましたから。
隣の相模原市には大江広元公の子孫で戦国大名毛利元就の祖先の津久井氏。
厚木市には那須与一公と双璧を為した弓の名手で畠山重忠を討ち取ったスナイパーの愛甲季隆(あいこうすえたか)公がおり…
横浜市港北区烏山には名将佐々木高綱公の居館があり(記事リンク→「ココ」)…
川崎駅前には佐々木定綱公の居館がありましたからね。

皆さんのお家の御近所にも、必ず殿様が住んでいた筈(はず)です。
地元に殿様が居たって何か誇らしいですよね!

皆さん、何で御近所にこの神社やあの御寺が有るんだろう?
…とか、少し調べてみて下さい。
きっと、いつの時代かの殿様が勧進した神社や御寺が有ると思いますよ!

では!又次回!

↑このページのトップヘ