1,藤沢市大庭 かつての大庭御厨の大寺院、宗賢院。
先週御寺の御家人から御好意で御寺の史書を返却期限2年先でも良いからと言われて拝借させて頂いた。
国造系豪族の子孫としての筋目を通す為にもちゃんと御礼をしようと思い"借用書"と"菓子折り"を持って再訪。御家人に御住職への挨拶の御礼の言葉の伝言と合わせて其れを託して来た。

DSC_0355
2,同、大庭 延喜式内社 大庭神社の旧跡。つまり元宮に当たる大庭神社旧跡。 ...
ここは旧跡と呼ばれ江戸時代の身辺相模風土紀稿でも以前の事は良く解らないとされる史跡。
しかしながら伊勢原市高部屋神社や、鎌倉市鶴岡八幡宮の例を挙げば解る様に、平安末期~鎌倉時代の坂東武者が居城する城址の傍に在る古社は、当時の武将の意向で城の守りの薄い地域や中心に遷座させられる事は珍しくない。
よって、この大庭船地蔵地区に伝わる大庭神社の旧跡(元宮)と言う伝承は正しいだろう。
DSC_0407

3,大庭神社旧跡の近くの台谷戸稲荷の森…この付近からは縄文時代の遺跡も出ている。
全国的に稲荷社の拡散時期は2波有った。
第1波は古代農耕が始まった時期。日本武尊の滞在した走水御所ヶ崎、その日本武尊の遺品を祀る石室を社殿の下に埋蔵した走水神社の前身が稲荷社であった事でも解る。
三浦半島の内陸部を水田として開拓した
第2波は江戸時代、伏見稲荷の御分霊を勧進する"講"が盛況で、関東一円の農村の豊穣を願う庶民により伏見稲荷の御分霊が多く勧進された。

DSC_0405
4,藤沢市打戻 延喜式内社 宇都母知(うつもち)神社。
延喜式内社なのに神奈川県は宮司様がいない場所が多い。
…ここも、残念、宮司様無住。しかし、境内は氏子さん達の御蔭で綺麗に保全されていた。
古代からの歴史有る神社を守る氏子さん達の努力に頭が下がる。
関係ないけれど参拝中、鐘楼の傍の木の根っこにハチの巣が有り、何かブンブン音がするなと思ったら、大量に巣穴から蜂が湧き出てきている最中で危なかった。鉢が来る前に走って逃れて助かった。
近くの慶応大学藤沢キャンパスと連携した文化事業を発足出来るかが、この重要な史跡でもある宇津母知神社の再興隆の鍵だろう。

DSC_0425
5,神崎遺跡公園  
藤沢市打戻~綾瀬市早川城山への移動中に偶然通りがかって御縁で存在を知った。
まだ開園していなかったが、平成元年と最近の発掘、小規模ながら国指定史跡とさしめた綾瀬市長と綾瀬市教育委員会の文化度と意識の高さと努力に敬服を感じた。
綾瀬市は素晴らしい。
DSC_0452
6,綾瀬市早川城山 早川城址 城山公園に移動。
DSC_0503
ずっと行きたかったけれど近くを通る事が無かった。今回のメインは実はここだった。
土塁は大部分破壊され、城址の大半は宅地化されているものの綾瀬市と綾瀬市教育委員会の取り組みは横浜市と比べて非常に意識が高い事を、ここでまざまざと見せつけられた。
城址としての規模は大きい訳でも小さい訳でもない。
DSC_0511
本丸と思しき広場の端にある物見やぐら跡の土台には、昭和7年"東郷会"の建立による薩摩国東郷氏発祥地の石碑が現存する。
そう、ここは藤沢市村岡城を本拠にした東郷平八郎元帥の祖先、平良文(よしふみ)公の子孫である渋谷氏が本拠とした城址なのだ。
そして、渋谷氏の中でこの早川城を本拠にした早川氏一族が源頼朝公に恩賞として与えられた薩摩国の領地に移住して東郷を名乗った。
DSC_0506
この綾瀬の早川城址は、薩摩島津家重臣の東郷氏・入来院氏・祁答院氏の源流と成った土地なのだ。
大空堀(沼掘り)残存部分は素晴らしい保存状態で整備され、本丸に当たると思われる広場の入り口は堀切と土橋、土塁が来園者を出迎えてくれる。そして城址を植物園化し沼堀を利用した湿生園、空堀部分にはバラ園、腰曲輪は遊歩道。別の大空堀は傾斜を利用し児童用の巨大スベリ台が設置されていて子供も幼い内から文化と歴史に無意識に触れる事が出来る…
DSC_0496
正に!城址を公園として整備し自然と歴史と住宅地の共存を成功させた稀有な城址公園だと思う。
綾瀬市の教育委員会と、現市長は本当に文化度と意識が高い。前の数百年、これから後の数百年を見据えた都市計画をしている。


DSC_0519
食事
綾瀬市早川城山地区に在った高座と言う豚カツ屋さん。
ボリュームは足りなかった。でも味は美味しかった。DSC_0523
オバちゃん一人で御店をやってるようなので、又綾瀬方面に来る時は、ここで食事してあげたい。個人経営の御店には出来るだけ多く町に残って欲しい。

7,大和市深見 延喜式内社 深見神社
DSC_0525
御祭神は闇龗神(くらおかみ)と建御名方神と江戸時代に勧進された武御雷神。
日本書紀には登場しない、関東の古社ならでは、しかも関東の延喜式内社共通の出雲系の神様建御名方神も鎮座。御祭神の闇龗神は大山阿夫利神社の御祭神の高龗神と名前からして関連が有りそうだ。いずれにせよ、藤原氏に名前を消された出雲系の神様だろう。
住宅街の中に在りながら、須賀(すが)清(すが)しい空気感がも今漂う。



感想
史跡の記録写真を撮る為に1日で訪問出来た件数としては上場の成果だったと思う。
関東では少ない延喜式内社、とりあえず今年中に北条家の歴史顕彰の城址と寺院の訪問神社の参拝に出来るだけ絡めて回りたい。