歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:柴漁港

金沢文庫称名寺で黄色の菖蒲が見頃と聞きましてお散歩して参りました~。
KIMG0584
金澤山 彌勒院 稱名寺
秋晴れと桜の季節の印象が強い称名寺。
今の季節と言えば例年、野島の伊藤博文金沢別邸やキャンプ場か三浦半島の海側に散歩に行く事が多く、蚊の出始める直前の称名寺の菖蒲をゆっくり見に来た事が有りませんでした。
KIMG0585
橋の両脇から池の畔(ほとり)のあらゆる所
KIMG0586
可愛らしい黄色い花が群生していて気持ちを明るく爽やかにしてくれます。
KIMG0587
参拝客もこの季節は多くはなく、ゆっくり散歩出来ます。
KIMG0588
でも菖蒲も少し有名らしく凄いカメラを持って来ている人が何人かいらっしゃいました。
KIMG0582
う~ん、桜も良いけど緑と黄色に朱塗りの橋、山の緑に空の青がとても綺麗~♪
KIMG0590
まだまだ蕾(つぼみ)の花弁が開いていない株も多く、あと1週間は楽しめそう♪
KIMG0591
KIMG0592
来週、又、菖蒲を見に来よう!
2015-03-14-10-18-19
柴漁港 小柴のどんぶりや
柴漁港の天丼小屋に小柴の穴子の天丼食べて、ついでに海の公園をランニングしよかな!
小柴の穴子天丼と小柴の蝦蛄刺身 久良岐のよし
皆さんも称名寺と海の公園、セットでお散歩しては如何でしょう?
CIMG4995
喜多屋旅館 CaféDining ぼたん近くに在る明治時代の日本建築文化財の旅館、喜多屋のカフェ部門ぼたんでランチやお茶したりも出来ます。
CIMG7528
CIMG7530
八景島シーパラダイスも近いですし、海でも遊べるので良い休日を過ごせますよ~♪

本当は昨日、北条家臣中田加賀守の記事を書く筈だったのですが忙しくて今日も書けていません(笑)。
でも週末に行った横浜市金沢区の称名寺、金沢文庫駅の名前の由来の御寺サンの参道と境内の桜が丁度、9分咲きで見頃だったので、歴史解説記事代りにその写真を掲載します。

きっと今週中に見に行けば、まだまだ見頃だと思いますよ♪

御近所は喜多屋と言う明治時代の料亭を旅館&Caféに業種替えしたオシャレな店や、小柴の柴漁港天丼小屋、もう少し歩けば海の公園や八景島シーパラダイスが在り、レジャーやランチのついでに桜散策には持って来いの場所ですよ!
KIMG0095
金澤山 彌勒院 稱名寺・・・真言律宗別格本山
(きんたくさん みろくいん しょうみょうじ)
KIMG0111
KIMG0112
KIMG0109
KIMG0107
KIMG0098
KIMG0099
KIMG0097
KIMG0093
KIMG0100
KIMG0102
KIMG0103
KIMG0104
KIMG0105
KIMG0106
KIMG0092
KIMG0106
とっても春は雰囲気の良い御寺なので、是非足を延ばして見ては如何でしょうか~?
この御寺は鎌倉時代の名将、北条実時公の邸宅跡を寺院化した場所で、真言律宗別格本山の格式を持つ御寺です。北条実時公の金沢北条氏は鎌倉幕府の重鎮で六波羅探題と言って今の関西地方を治める役職を担った家柄でした。
恐らく全時代の武士を通じて屈指の、戦国時代の細川藤孝公以上の文化人だったので北条実時公が収集した経典や花器仏具等は膨大な量に及び、更に後に鎌倉公方とも密接な関係に成った寺院だったので多くの古文書も残る事から歴史学者には「東の正倉院」の異名で呼ばれた場所でした。
御寺の境内の隣の谷に北条実時公が収集した文化財を保管するする称名寺の文庫が有ったので、そこが文庫谷(ぶんこがやつ)と呼ばれる様になり、それが地名と京浜急行金沢文庫駅の駅名由来に成ったんです。

実は今年に入ってから先月迄、国家資格をいっぺんに3つ取得したり、今月から仕事で使えそうな別の資格の勉強も始めるので今週末までちょっと忙しくて、中田加賀守の矢上城の記事を書けるか分かりませんが出来るだけ週末にはUPする様にしますね!余り濃い内容には成らないとは思いますが、久しぶりに地形の解説なんかも入れたいと思っています。

ささ!今年は桜がベストコンディション!
皆さんにも小生にも今年の桜同様に元気いっぱい明るい良い年に成ります様に~♪







↑このページのトップヘ