歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:梅林

金曜日、この日の当初の予定は小田原市に行き曽我梅林と小田原城を見て廻り、夕方から湯河原町に移動して湯河原梅林の夜間ライトアップを見物する予定だったが、午前中は生憎(あいにく)と観梅には適さない空模様で予定を変えた。
横浜中央図書館に午前中出掛けて、午後の帰路そこから順繰りに梅の名所を幾つか見て廻る事にした。
中央図書館の次は三渓園、環状3号線に出て大船フラワーセンターへと遠回りしてから円海山の麓に戻って来る事にした。
横浜中央図書館の在(あ)る野毛から車で中区本牧半島の三渓園に行こうとすると“平戸桜木道路”を少し南下するルートを通るので、途中で日ノ出町の旧問屋街に乾物問屋や駄菓子問屋が今も少し残る界隈を通る。
ちょっと気に成っていた問屋さんが有ったので立ち寄る事にした。
CIMG8107
佐野屋本店

今では本当に少なくなってしまった玩具や駄菓子の問屋サン。時代の流れで流通形態も変わり町の中の駄菓子屋もコンビニの登場で役目を横取りされ、玩具屋サンも家電量販店に市場を奪われた。
大きな店が各主要駅と幹線道路沿いに出来た代りに、住宅街の身近な子供のコミュニティーは破壊され消え失せてしまった。
たまにブログも自分の部屋以外で書きたくて息抜きに地区センターに行くと、子供達は公園でボール遊びをする事も無く成り夏は横浜市内各区の地区センターのロビーで冷房泥棒しながらゲーム機やカードゲームに興じ、肥満児と眼鏡っ子の割合が異常に高く成っているのが目につく。
・・・日本の子供大丈夫か?とか思うが中国に仕事で行ってた時の事を思い出すと、中国の子供の方が公園すらろくに無いし空気も悪く不健康な環境で育ってるなと、外で遊びたくても遊べない中国の子達と比較してしまった。
CIMG8108
佐野屋サンは駄菓子と玩具の両方を取り扱っている問屋さん。でも昔と違ってプラモデルなんかは家電量販店に市場完全に奪われて現在は本当に玩具と言える玩具しか取り扱ってない。
CIMG8109
「御店主に写真撮って良いですか?」と聞いたら快く許可して頂きました。
CIMG8110
本当、甥っ子とか連れて来たら喜ぶだろうな~珍しい物が沢山有って。
でもウチの妹の所の甥と姪は、甥が私立の小学校に入学決まったし下の姪が今度は小学校受験準備で遊ぶ時間を確保出来ない様だ。
横浜に遊びに来たら連れて行ってあげよう。
CIMG8111
何故かジャニーズのアイドルのポスターも売っていた。需要は有りそう。
佐野屋サンの2Fが駄菓子コーナーなのだが買物に一生懸命に成って写真撮影忘れていた(笑)。
巨大なマシュマロの袋詰めを購入して職場に持って行き主婦連中に差し入れし、山分けして持って帰って貰った。
そこから小生は今度は横浜三渓園に梅を見る為に移動。
CIMG8112
小島屋(雷神堂)
三渓園の手前に小島屋サンと言う巣鴨が本店のフランチャイズ“雷神堂系列”の手焼き煎餅の店が在るのだが、ここの割れ煎餅が美味しくて三渓園に来ると大体いつも購入する。
CIMG8113
でも生憎と寒い金曜日で人手が少なく、この日は販売して無かった。
CIMG8115
国指定景勝 横浜 三渓園(旧:原財閥邸宅)三渓園は以前は入場料金500円だったのだが、横浜市は中田市長以来“緑税”の緑地公園整備費を徴税し始めたのに一昨年から三渓園の入場料を林文子市長が800円に値上げしてしまった。
何でだろうね?税金徴収してるのに300円もの値上げに矛盾を感じる小生。
CIMG8118
ともあれ三渓園はとっても和(なご)むので好き。
CIMG8120
本当に花の綺麗な日本庭園。
CIMG8121
そして重要文化財指定された日本建築が日本各地から移築保護されている。
その建物のどれもが各季節の植物に良く合い四季を通じて散歩と軽食を楽しめる。
三渓園を入口から入って来て右手奥に廻って行くと織田信長公や豊臣秀吉や徳川家康公や織田有楽斎所縁の建築文化財が多く有るエリアが有る。
CIMG8122
臨春閣という建物がこの写真の右側の映ってない所に在るのだが、今年から屋根の吹き替えで向こう三年位は工事中だそうだ。ここは秋の紅葉がとても綺麗なのだが完璧な風景を見るには3年間は我慢が必要らしい。仕方ない。
CIMG8123
そんでも充分に風情を楽しめる。
CIMG8125
2019年03月01日は白梅も綺麗に咲いていました。
三渓園の真ん中の池の畔に戻る。
CIMG8130
旧灯明寺三重塔と梅と松の縁起良い美しいコラボ。後は竹だけ有れば完璧なんだけどね(笑)。
CIMG8132
ここの梅は少しだけピンクがかっていて綺麗だった。
三重塔の山の下、池の畔に小生行きつけの茶屋が在る。
CIMG8133

平安時代の人々は梅の花を見て春の訪れを感じたそうです… 
そんな訳で神奈川県内で綺麗な梅の花の名所を小生の知る場所だけ、一覧として掲載します。
もし他にも県内に素晴らしい梅林を御存じの方は、紹介コメントを残して頂けると幸いです。
※小生がブログ写真の未撮影の梅林については公式ホームページ写真を転用紹介します。
※公式ホームページが有る場所は名前にリンクも貼りますので参考にしてみて下さい。
※梅林の名称をクリックすると、リンク先の公式ホームページを閲覧出来ます。
※過去記事転載でイベント日程が以前のまま記載されている部分が有りますので、詳細は掲載された問い合わせ先にご確認ください!

湯河原梅林
住所〒259-0313足柄下郡湯河原町鍛冶屋951-1付近
見頃:3月初旬
湯河原梅林様公式 画像拝借1 久良岐のよし  
湯河原梅林様公式 画像拝借2 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
イベント
湯河原梅林は約4000本の梅を誇る。箱根~小田原~熱海の温泉地や名勝旧跡からも車で1時間以内と近く、周辺には温泉宿も多く有る風光明媚な観光地で泊りがけの梅林鑑賞を楽しめる夜間ライトアップも行っている。
梅の宴 例ねん02月初旬~03月中旬開催※詳細は御自分で問い合わせして下さい。 
夜間ライトUP 02月末~03月初旬の18:00~20:30の時間 ※詳細は御自分で問い合わせして下さい。 
連絡先
湯河原町観光課 TEL 0465-63-2111
アクセス
幕山公園
駐車場…500円~300円(会場との距離で料金が異なる)
JR湯河原駅~バス乗車(約20分に1便間隔)~15分で到着 湯河原梅林 アクセス 久良岐のよし



【辻村植物公園】
住所
〒250-0042小田原市久野荻久保4381
見頃:2月末~3月初旬
辻村植物公園2 小田原市公式様より拝借 久良岐のよし 
辻村植物公園 小田原市公式様より拝借 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
イベント
特に無い。
連絡先
小田原市広報広聴課 TEL 0465-33-1261
アクセス
辻村植物公園
駐車場500円
JR小田原駅西口~バス乗車いこいの森(わんぱくらんど)行き~約10分、辻村植物園で降車
辻村植物公園 アクセス 久良岐のよし 

小田原城 城址公園内梅園
住所小田原城址公園
見頃:2月中旬~3月初旬
2015-02-28-16-44-45
2015-02-28-16-54-45
2015-02-28-16-16-24
イベント
梅まつり
※公式ホームページで御確認下さい。
梅林の規模は50本前後と小さいが、御城を見学出来る上に場内でレンタル甲冑で写真撮影等も出来る。
また、辻村植物公園の梅林や曽我梅林や小田原フラワーガーデンと合わせて鑑賞に来れる距離。
連絡先
TEL 0465-23-1373
アクセス
JR小田原駅から徒歩10分
公共駐車場無し。周辺に私営駐車場有り。 小田原城アクセス 久良岐のよし


小田原フラワーガーデン
住所
〒250-0055 神奈川県小田原市久野3798-5
見頃:2月中旬~3月初旬
小田原フラワーガーデン 公式様より拝借 久良岐のよし 
小田原フラワーガーデン 公式様より拝借2 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
イベント
渓流の梅林 梅まつり
※公式ホームページで御確認下さい。
連絡先
TEL 0465-34-2814
アクセス
JR小田原駅乗り換え~伊豆箱根鉄道大雄山線飯田岡駅~徒歩10分
駐車場(140台)無料
小田原フラワーガーデンアクセス 久良岐のよし 


曽我梅林
住所
〒250‐0205神奈川県小田原市曽我別所282付近一帯

見頃:2月初旬~3月初旬
曽我別所梅まつり観光協会様公式 拝借1 久良岐のよし
※画像は公式から拝借
2015-02-28-17-40-49 
2015-02-28-17-38-43 
2015-02-28-17-33-47
イベント
小田原梅まつり
※公式ホームページで御確認下さい。
※曽我梅林は他の梅林とケタ違いの3万本以上の広大な梅林です。
連絡先
小田原別所観光協会 TEL 0465-42-1965
アクセス
電車…JR東海道本線国府津駅~御殿場線に乗り換え~下曽我駅~徒歩15分。
バス…小田原駅・国府津駅からバス有り。中里で降車~徒歩20分。
曽我別所梅まつりアクセス 久良岐のよし 


松岡山東慶寺 金峯山浄智寺
住所
東慶寺〒247‐0062鎌倉市山ノ内1367

浄智寺〒247-0062鎌倉市山ノ内1402
見頃:2月下旬~3月初旬

【東慶寺】

image
駆け込み女と駆け出し男
※東慶寺は2015年公開の映画❝駆込み女と駆出し男 ❞の舞台です。 

image
【浄智寺】
2014-06-14-14-47-46

浄智寺は鎌倉五山で京都の征夷大将軍が直接住職を任命する特別な寺だった。
現在は鎌倉江ノ島七福神巡りの一つ。 

東慶寺から徒歩5分。
※2015年06月14日に撮影
イベント
特に無し。
東慶寺は約100本以上、浄智寺にも数十本の梅が咲く。
東慶寺と浄智寺は徒歩5分の距離。ともに歴史が深く、東慶寺は鎌倉幕府執権北条時宗の妻、覚山尼様の開基。その後は後醍醐天皇の皇女用堂尼様、戦国時代には豊臣秀頼公の御息女の天秀尼様が住職を務めた。映画❝のぼうの城 ❞のヒロインで女傑として有名な成田甲斐姫も天秀尼様の養育係として仕え東慶寺に同行し住したと伝承する。
浄智寺は鎌倉五山の一つの各式を持つだけでなく、嘗(かつ)ては広大な敷地と無数の堂塔を有し、鎌倉公方の仮御所に定められる事も度々有り、足利持氏公や足利成氏公が滞在した場所でもある。
連絡先
東慶寺 TEL 0467-33-5100
浄智寺 TEL 0467-22-3943
アクセス
東慶寺 JR北鎌倉駅~徒歩5分
浄智寺 JR北鎌倉駅~徒歩8分
東慶寺浄智寺アクセス 久良岐のよし 


錦屏山瑞泉寺 異名:花の寺&荏柄天神社】
住所:
瑞泉寺 〒248-0002 鎌倉市二階堂710
荏柄天神社 〒248-0002 鎌倉市二階堂74
見頃:1月中旬3月初旬、黄梅は2月中旬~3月中旬 
瑞泉寺様公式mayumi-katsu様撮影 拝借1 久良岐のよし
※画像は瑞泉寺様公式から拝借
image
荏柄天神社は日本三古天神社の一つに数えられる天満宮で、境内には数十本の梅が咲く。
イベント:
瑞泉寺
瑞泉寺様公式催事 拝借 久良岐のよし
※画像は瑞泉寺様公式から拝借
季節ごとに、その季節に見頃の花を植樹してある。梅は数百本を数える。
鎌倉時代~江戸時代まで権力者達が心の安らぎを瑞泉寺の花々に求めて訪れ歌会等を催した。
裏山にかつて在った一覧亭と言う建築からの眺望が良く、水戸徳川光圀(黄門様)も訪れた。
近くの荏柄天神社にも数十本の梅が植樹されているので、荏柄天神社と瑞泉寺をセットで見学するのが御薦め。
徒歩に行ける範囲の浄妙寺や鎌倉宮と合わせて見学しても、より鎌倉市街の旧鎌倉幕府拠点地域の原風景を楽しめる。浄明寺では抹茶も飲める。鎌倉宮は桜の名所。
連絡先
瑞泉寺 TEL 0467-22-1191
荏柄天神社 TEL 0467-25-1772
アクセス:
荏柄天神社 鎌倉駅東口~バス(大塔宮行き)乗車10分~天神前で降車
瑞泉寺 鎌倉駅東口~バス(大塔宮行き)乗車15分~終点大塔宮で降車
瑞泉寺荏柄天神社アクセス 久良岐のよし 


日比谷花壇 大船フラワーセンター
住所:
〒247-0072 神奈川県鎌倉市岡本1018
見頃:2月中旬~3月初旬
CIMG2646
CIMG2639
CIMG2642
イベント:

※画像は大船フラワーセンター様公式から拝借
玉縄桜を楽しもう
大船フラワーセンター様公式 拝借4 久良岐のよし
※画像は大船フラワーセンター様公式から拝借
玉縄桜の❝玉縄❞とは古来より伝わるこの地域の地名で、戦国時代、今の清泉女学院中学校を本丸にした❝玉縄城❞と言う名城が在った。上杉謙信軍10万、武田信玄軍2万6千に攻められても落城しなかった堅城だった。
その歴代城主が小田原北条家親族の玉縄北条家で、玉縄桜はその殿様の居城の名を頂いた由緒正しい桜で、観梅の頃に咲く。近くの龍寶寺は関東最強の武将北条綱成公の菩提寺で歴代城主の御廟所も在る。境内には他に玉縄歴史資料館も有り、玉縄城の復元縄張り模型や出土品が展示されている。

梅花は本数は大量ではないが、植物園だけあり他所より多くの種類を一度に観られる上に他の花や樹木も楽しめる。
連絡先:
日比谷花壇 大船フラワーセンター TEL 0467-46-2188
アクセス:
駐車場109台
電車&徒歩 
大船駅降車 大船駅西口(大船観音側)~徒歩16分
バス 
大船駅西口バスターミナル1番乗り場から❝渡内経由藤沢駅行き❞か❝公会堂経由城廻り中村行き❞に乗車~❝岡本(駅から3番目のバス停)❞で降車~徒歩3分。 
大船フラワーセンターアクセス 久良岐のよし制作 


田浦梅林の里
住所:
横須賀市田浦大作町
見頃:2月下旬~3月初旬

CIMG2507CIMG2475
CIMG2516
※写真は2015年03月07日
イベント:
梅林まつり 2月中旬~3月初旬
田浦梅林は今上(現在の)天皇陛下の御生誕記念に植樹されたのが始まりで、現在では梅の本数は2700本を超え、梅の根元には水仙75,000株が植えられている。
田浦の山全体に梅が植林されており、山頂からは梅林越しに懐かしい神奈川の里山の風景を眺める事が出来る。
連絡先:田浦観光協会 TEL 046-961-4181
アクセス:
バスと徒歩…田浦郵便局バス停で降車~山頂まで徒歩20分
電車(JR)と徒歩…JR田浦駅で降車~山頂まで徒歩25分
電車(京急)と徒歩…京急田浦駅で降車~山頂まで徒歩40分
田浦梅林


岡村梅林
住所:
〒235-0021横浜市磯子区岡村6-8-19
見頃:2月下旬~3月中旬
2015-03-07-13-19-54
2015-03-07-13-17-46
CIMG2692
イベント
岡村梅林は大きくは無いが、150本前後の梅が植林されている。
夜間ライトアップ
※公式ホームページから御確認下さい。
梅まつり
※公式ホームページから御確認下さい。
2015-03-07-13-20-22
この岡村梅林は、元々周辺の横浜市立岡村公園(スポーツ公園)と合わせて、近隣の岡村天満宮の社地だった。岡村天満宮の開基は鎌倉御家人三浦家の一族の平子家と伝わり、その人物は平子有長公と推定出来る。有長公は鎌倉御家人で最初の源頼朝公暗殺未遂事件の実行犯を取り押さえた勇敢な武将でもあった。丘の裏手には戦国時代の名将北条氏繁公の開いた龍珠院も在る。
岡村天満宮の社領は第二次世界大戦後に米軍に接収された後、横浜市に返還されたが横浜市が岡村天満宮に返還しなかった為に一度、岡村梅林は消滅したが、岡村天満宮の氏子様の有志達が旧社地の一部を買戻し、現在の岡村梅林部分にも梅を植林し梅林を復興して下さった歴史が有る。
連絡先:岡村公園 TEL 045-751-4375
アクセス:
バス
京急弘明寺駅/市営地下鉄弘明寺駅/蒔田駅/JR磯子駅のいずれかの駅から乗車~天神前バス停か岡村交番前バス停で降車~徒歩5分
駐車場…岡村公園の有料駐車場~徒歩3分
岡村梅林アクセス


根岸森林公園
住所:
〒231-0853 横浜市中区根岸台1-2
見頃:2月下旬~3月初旬
DSC_0071
DSC_0075
CIMG3093
※上写真は明治時代の旧競馬場一等観覧席(米軍横須賀ベース管理の史跡)
※下写真は松任谷由実の歌“海の見えていた午後”の舞台の“ドルフィン”
DSC_0129
DSC_0131
イベント:特に無い。
広い芝生の広場と園内に広がる桜林は横浜市民の憩いの場としても有名だが、公園の中央には400本からの梅林も整備されている。
もともとは競馬場だった。
幕末、横浜港が開港され本牧半島が外国人居留地に成った事で、駐在する欧米の外交官や軍人の要望で明治時代に建設された日本最初の競馬場の跡地。
隣接してJRAのポニー広場や競馬関連の博物館も有り、御弁当を持参すれば小さい子供連れの家族でゆっくり時間を過ごせる場所。自然湧水の池では子供がザリガニ捕り等も楽しめるる公園。
又、徒歩すぐの場所にはユーミンが十代の頃、まだ芸名が荒井由実だった時代に❝海を見ていた午後❞と言う曲で歌詞に歌ったレストランの❝ドルフィン❞が有る。
歌の通り、ドルフィンソーダを頼むと、この曲をかけて貰えます。
連絡先:横浜市環境創造局 TEL 045-671-3648
アクセス:
JR根岸駅~徒歩15分
駐車場有り。
根岸森林公園アクセス 久良岐のよし


三渓園
住所:
231-0824横浜市中区本牧三之谷58‐1
見頃:2月下旬~3月中旬
DSC_0140
DSC_0159

IMG_20160305_120554
DSC_0144
イベント:
季節ごとのイベント有り。
もうすぐ観桜の夕べで桜の夜間ライトアップ有り。
※イベント一覧は公式ホームページで御確認下さい。
明治時代の原財閥の富豪、原三渓が当時、廃仏毀釈で荒廃した全国の仏閣や徳川家所縁の城跡の建築文化財を広大な私邸に移築し保護した。日本で全国に先駆けて私立公園として私邸の建築文化財と日本庭園を広く庶民に公開した。
中には聖武天皇の勅願所だった京都府の灯明寺の旧本堂や三重塔や鎌倉の尼寺東慶寺の仏殿、紀州徳川家の和歌山の別荘や、京都の伏見城等、数え切れない程の建築遺産が移築保護されている。
現在は原財閥から横浜市が管理を委ねられている。
原三渓の御蔭で破壊を免れた重要文化財や、季節ごとの花の綺麗な広大な日本庭園。
連絡先:045-621-0834
アクセス:
駐車場有り。
桜の季節は駐車場に入るのに1時間以上待つ場合が多々有ります。
電車&バス
JR根岸駅でバス乗車~本牧下車。
JR桜木町駅/横浜駅東口~バス乗車~本牧三渓園バス停降車~徒歩5分。
みなとみらい線元町中華街駅4番出口近く、山下町バス停乗車~本牧三渓園バス停降車~徒歩5分。
三渓園様公式拝借2 久良岐のよし
三渓園アクセス 久良岐のよし


大倉山公園梅林
住所
:〒222-0037 横浜市港北区大倉山2-36-8付近
見頃:2月下旬~3月初旬
大倉山観梅会様公式 拝借2 久良岐のよし
※写真は大倉山観梅会運営様公式から拝借
DSC_0278
DSC_0277
イベント
大倉山観梅会
※開催日は公式ホームページで御確認下さい。
大倉山の梅林の隣には、戦国時代の北条家重臣笠原康勝公が開いた竜松院と言う御寺が在る。
その御寺を含む大倉山公園~太尾見晴らしの丘公園にかけて続く鶴見川河畔の丘陵は、笠原家の居城❝大曾根城❞だった。
その城址に小規模な梅林が有り丘一体は大倉山地区の住民の憩いの場だったのを、東急不動産が開発破壊しようとした際に、義挙した住民が一丸と成り東急の城址と自然破壊に反対し、約30年前当時の細郷横浜市長の下で横浜市が買い上げ自然を残した公園として整備し梅林として有名に成った。
初春には周辺地域からも観梅客で賑わう。
連絡先:港北区地域振興課(観梅会実行委員会事務局) TEL 045-540-2235


本沢梅園(ほんざわばいえん)
住所:
相模原市緑区河尻4457‐1
見頃:2月下旬~3月初旬 
DSC_0032
DSC_0026
DSC_0033
イベント:
本沢梅園祭り
※開園期間はホームページで御確認下さい。
※本沢梅園は官営なので管理人が常駐しておらず、開園期間以外は梅園の遊歩道には入れない。
※梅園自体は山腹の斜面に広がっているので、道路沿いからでも十分観梅が楽しめる。
約1000本の梅が植林されている。
昔は谷だったが、近隣の津久井湖建設の残土で谷間を埋めて、そこに梅を植林した。
周辺に歴史史跡も多く、山頂の金刀比羅宮は古来、雨乞いの神事が行われた水の枯れない池が在る。
梅林から尾根伝いの山裾(やますそ)の寶泉寺を囲む山は平安時代末期に長井家によって築城された小松城址でもある。
近くの津久井湖や戦国時代の名城、津久井城址の山のピクニック等と合わせて見学に行くと、1日中自然を満喫出来る良いレクリエーションに成る。
※津久井城址は根古屋地区のパークセンターに無料駐車場有り、鎧や城址復元図等の展示も有る。
連絡先:
相模原市コールセンター TEL 042-770-7777
城山まちづくりセンター TEL 042-783-8115
アクセス:
駐車場…無料130台
バスと徒歩…JR/京王線の橋本駅~バス❝若葉台住宅行き❞に乗車~若葉台住宅で降車~徒歩30分。
本沢梅園アクセス

 


神奈川県鎌倉市のJR大船駅駅から、近くも無く遠くも無い位の距離に神奈川県民から「大船フラワーセンター」の俗名で呼ばれる植物園が有ります。
正式名称は「県立フラワーセンター大船植物園」なんですが・・・
CIMG2612
・・・2017年の3月初旬現在、“玉縄桜”と言う早咲きの「桜と梅が満開で同時に見る事が出来る」珍しい場所でもあります。
CIMG2613
昨年、母が子宮癌を患い、築地市場近くの国立がん研究センター病院に入院し子宮摘出手術を受けたのですが、小生は鎌倉市浄明寺地区の浄妙寺で淡島大明神を参拝し母の子宮癌平癒の祈願をした上で淡島大明神の御守りを買って母に渡していたのですが、結果として手術は成功し転移も無かったので、母の体力が回復した先月末に母を伴って御礼参りに行って来ました。
浄妙寺は昔から「婦人病治癒、女性の味方の神様」の「淡島大明神を祀る御寺」として「御婦人達の崇敬を集めていた」歴史を、たまたま横浜の殿様の間宮家と宅間上杉家の顕彰活動を通じて訪問した事で知っていたので、その様な行動をした訳です。
その帰り、幼稚園の頃に母と来たのが最初だった大船フラワーセンターに立ち寄って来ました。
この直ぐ近くの龍寳寺にも用事が有り、ついでと言うか、丁度“玉縄桜”が満開に成っているのを知っていたので見てきました。
CIMG2615
玉縄桜の名前の由来は、この直ぐ近くに戦国時代に存在した玉縄城と言う難攻不落の城の在った地域名に由来します。
玉縄城は上杉謙信10万の大軍、武田信玄2万3千の大軍の攻撃を城兵3000で防衛し、2回とも敵軍の上杉勢や武田勢を撤退させた堅城でした。
この城を守っていたのが小生が個人的に尊敬している北条綱成公で、その綱成公の率いる部隊は「玉縄衆」と呼ばれ軍旗等の軍装を黄色で統一した部隊で別名「黄備え隊」と呼ばれた軍団でした。
この黄備え隊の副将が、小生が顕彰活動をする殿様の一人である間宮康俊公でした。
間宮康俊公の姫は徳川家康公の側室と成り子を産んだ於久(おひさ)様、そして嫡孫は徳川幕府の但馬奉行や佐渡奉行を務め金山銀山経営で他の鉱山奉行と比べ物に成らない程に功績を残された間宮直元公でした。
直元公は大坂城外堀や真田丸の埋め立てを家康公に立案した名軍師でもありました。
そんな玉縄衆の気概を名前に受け継いだ風流な桜が、この玉縄桜な訳です。
CIMG2617
黄備え玉縄衆は、関東の覇者、北条家の中で重要な合戦には必ず参戦し先陣を切って戦ったり、最前線での苦難な籠城戦を防衛し切ったり、他の部隊の追随を許さない功績を挙げ常に前線で戦う部隊でしたが、玉縄桜も河津桜同様に先頭を切って満開に成る品種でもあります。
image
今、正に大船フラワーセンターでは、この玉縄桜と植樹された様々な梅を同時に見る事が出来ます。
園内手前の方には玉縄桜の他に、「おかめ桜」も遊歩道に沿って数か所植林されています。
CIMG2621
この桜、名前は純和風ですが、実は桜観賞の文化に惚れ込んだ英国人の植物学者イングラムさんが英国に日本の桜を数種類持ち帰って混合させ生み出した品種なんです。
つまり人間に例えると日系英国人留学生って感じでしょうか(笑)?
image
ハッキリとしたピンクが目鼻立ちがシッカリした英国人女性の様ですね。
CIMG2623
そして日本と同じ海洋国家で近代日本の随一の友邦だった英国の桜らしく、戦国時代関東最強の北条綱成公の城名をとった玉縄桜同様に先陣を切って咲く凛々しさも持ち合わせています。
う~ん・・・
解る人には解るけれど、桜版の戦艦金剛かな(笑)?
さて、大船フラワーセンターは牡丹や蓮も有名なのですが、今は季節ではないのでそのエリアを通り過ぎて一番奥の方に行くと色んな種類の梅の樹が植えられた並木道に出ます。
image
image
小生が訪れた先月2月末は枝垂れ梅が見事でした。
image
image
CIMG2639
CIMG2638
CIMG2642
CIMG2643
多分、今時分は更に見頃に成っていると思います。
CIMG2646
このエリアにも玉縄桜が有ります。
CIMG2625
CIMG2627
綺麗でしょ?
どうです?
ちょっとお散歩に行ってみませんか?
この他にも孟宗竹や唐竹等、色んな竹を植えた小規模な竹林や・・・
CIMG2630
台湾原産の紅葉ばふう。
CIMG2632

CIMG2633
CIMG2634

そして、小生が気に入っている場所がもう一つ有り・・・
CIMG2647
熱帯植物の温室です。
CIMG2649
いくつかの部屋を円形に配置して分けてあり、多種多様な植物を見る事が出来ます。
CIMG2650
CIMG2651
CIMG2652
CIMG2653
完全に外国人ぽい花・・・
人の顔も違えば花の個性も同じ様に原産国で変わるんだなぁ~とか考えるのは小生だけでしょうか?
CIMG2654
CIMG2655

CIMG2657
CIMG2659
可愛らしい花も有れば・・・
CIMG2662
毒々しい色の奴もいたりします。
見ていて飽きません。
CIMG2663
蓮の仲間の展示エリアにはメダカみたいな魚も沢山泳いでいます。
CIMG2664
CIMG2665
CIMG2666
CIMG2668
CIMG2669
CIMG2670
わざわざ下田とか行かなくても、実は大船駅周辺にこんな場所が有るって、今の若い子達は知らないんですよ。
きっとバブル世代の親は若い頃に、こう言う植物を愛でる様な育ち方をしていかなったので自分達も子供達に植物を愛でる文化を伝えたり出来ない人が多いのかも知れないですね。
CIMG2671
CIMG2672
CIMG2673
CIMG2674
小生は、玉縄桜と梅と、このエリアが御気に入りです。
CIMG2675
あと、部屋で育てる鉢植えの植物も温室に展示されています。
温室の先、一週回って入口近くには盆栽を展示したエリアも有ります。
CIMG2682
小生、この黄梅と言う品種を知りませんでした。
一瞬「蝋梅」かと思ったら違うらしいです。
CIMG2683
CIMG2684
盆栽もユックリ見ると良いもんですね!
しかし子供にはツマラナイかも(笑)。
ここはちゃんと子供が来て御腹が空いても平気な様に、フードコートが無い代わりに移動式店舗が数店営業しています。
CIMG2676
小さい子に植物見せるだけとか、ちょっとした「苦行」をさせる様なもんですからね(笑)。
小生も幼稚園の頃に担任の先生や親なんかとここに来ても全く楽しく無かったですから。
大人になって、段々小さい頃に見せて貰った物の美しさや大切さが理解出来る様に成ると、ふとした切っ掛けでそこを再訪したりするもんなんですよ。
だから、今小さい子がいるパパやママさんは、ここに子供を連れて来て御散歩して欲しいなぁ~とか
CIMG2680
こう言う小さいなパンジーも子供の時に見ておくと、大人になって再訪した時に当時の記憶として思い出したりするもんなんです。
親は自分より早く死にます。
でも、親が見せてくれた物を大人になって見ると、親の事も思い出して感謝も出来るって思うんです。
実際、小生が幼稚園当時の記憶で一番覚えていたのは、このパンジーと入口の花時計でした。

実は大船フラワーセンターこと県立フラワーセンター大船植物園は今年2017年7月で一旦閉園します。
そして改装後、2018年03月31日の再開予定なんです。
つまり、早咲きの玉縄桜を見るチャンスは今回を逃したら2年後に成ってしまう訳です。
今幼稚園の子も2年たったら小学生、そうなると親と一緒に遊んでくれなく成ったり習い事が大変で時間が無くなったりしますよね?
デートで来たいカップルも、2年後は結婚して子供が生まれていてとてもじゃないけど外出する余裕が無いかも知れない。
それに今の大船フラワーセンターの春の姿を見られるのは、今だけです。

ですから皆さん、是非、大船フラワーセンターへ行ってみませんか?

【県立フラワーセンター大船植物園】
住所:〒247-0072神奈川県鎌倉市岡本1018
電話:0467-46-2188
アクセス:駐車場有り
(徒歩)大船駅西口観音側下車16分
(バス)大船駅西口バスターミナル1番のりばから、神奈川中央バス「渡内経由藤沢駅行」または「公会堂前経由城廻中村行」、「岡本」下車徒歩3分
県立フラワーセンター大船植物園の地図 久良岐のよし
では皆さん!又、次の記事で御会いしましょう!


本日2017年02月26日午前10時から、“ゆず”の地元、旧岡村天満宮境内地岡村公園の岡村梅林で観梅会が開催されます!
模擬店も出店するので、恋人同士や御子様連れの若夫婦の皆さん、写真撮影の好きな皆さん、是非、足を運んでみては如何でしょうか?
2015-02-25-16-33-50
写真は2015年撮影の物ですが、2017年現在の開花状況は5分咲き~8分咲き、十分見頃に成っています。
2015-02-25-16-29-22
あと1週間もすると満開に成り更に綺麗な梅林の様子も見られるので、岡村梅林に足を運んだ事の無い近隣の磯子区・中区・南区・港南区・金沢区の人々はこれを機に是非訪れて見てください!
屋台も有り御子さんも喜ばれるかと思います!
では、ついでに昨晩開かれた夜観梅会の様子も掲載します。
余計な解説は不要だと思うので、写真を沢山載せたいと思います。
その夜観梅の写真の後に、周辺の史跡や見所の解説もしたいとおもいます。
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
CIMG2694
CIMG2693
CIMG2692
CIMG2690
CIMG2689
CIMG2687
CIMG2685
image
さて、では周辺の見所を紹介します。
2015-02-25-15-57-28
近くには岡村天満宮と言う、源頼朝公の最初の暗殺を未遂に食い止めた名将の平子有長公が京都の北野天満宮から御分霊を頂いて造営した由緒正しい天神様も鎮座しています。
※岡村天満宮の歴史に興味の有る人は以前書いた記事を下のリンクをクリックして御覧下さい!


そして境内は“ゆず”の聖地らしいモニュメントも有ったりします。
2015-02-25-15-58-47
昔、伊勢佐木町の松坂屋に在った“ゆず”の路上ライブの様子を再現したレリーフです。
松坂屋の解体時に現在の岡村天満宮境内に移設保護されました。
流石、ゆずの地元ですね!
2015-02-25-16-45-40
岡村天満宮と岡村梅林から徒歩直ぐの場所には、“ゆずファン”が愛用する“岡中ジャージ”を購入できるオリオンスポーツや、歌に出てくるモンマルトルと言うケーキ屋さんも在ったりします。
更に歴史好きに御勧めの場所は、徒歩圏内に下の写真の龍珠院と言う御寺が在るのですが…
2015-02-25-16-51-07
ここはJR大船駅の近くに在った玉縄城で上杉謙信の攻撃を撃破した名将の北条綱成公と北条氏繁公の親子が開いた御寺で、御朱印も頂く事が出来ます。
この御寺は金沢区の伝心寺と言う、玉縄北条家所縁の御寺の末寺として開かれたのですが、何故、ここにそんな名将が関与したかと言うと、直ぐ近くに蒔田御所と呼ばれた蒔田城が在り、そこの城主が戦国時代に一時期、鎌倉公方(かまくらくぼう)の代理を務めた吉良成高(きらしげたか)公や吉良頼康公の居城として機能していたからでした。
IMG_2179
蒔田城址の断崖絶壁は現代人でも攻略するのは難しい要害性の高い地形です。
そして、蒔田城址の大手口には勝國寺と言う御寺が在ります。
IMG_2162
ここは吉良家の戦国時代の菩提寺で、今も吉良政忠公以下成高公、頼康公等の菩提が弔われる御廟所が存在します。
この歴史に興味が有る人は、昔書いた以下の記事を御覧下さい。

鎌倉公方代を訪問する際に、宿舎が必要に成るので岡村梅林の近くに龍珠院が開かれたと推測出来る訳です。
戦国時代の武将は自分の土地に御寺を開いて、宿舎替わりに使う事が良く有ったんです。
その代わりに、和尚様達の生活の面倒を見たり御堂を建てたりして支援した訳ですね。
宗教的に和尚様達を尊敬している事に加えて現実的な用途も寺院には有ったんです。
この蒔田城址や勝国寺と、岡村梅林の中間位には三殿台遺跡が在ります。
IMG_0427
ここは縄文~弥生時代の遺跡で、当時の様子が再現された住居跡や出土品の常設展示が有ります。
興味の有る人は、これも昔書いた記事が有るので、以下のリンクをクリックして見て下さい!

さて!
今日はお出掛け日和です!
記事は岡村梅林鑑賞会当日のUPで申し訳無いのですが、梅もこれからまだまだ2週間は見頃です!
是非!岡村梅林に足を運んで、ついでに“ゆず”の聖地巡りや歴史散歩をしてみては如何でしょうか?

では!又、次のブログ記事で!



今年も田浦梅林祭りが横須賀市田浦で開催されています。
お祭りと言っても、商店街が御土産物を販売する程度ですが、ちょっとしたハイキングも兼ねた良い散歩に成る場所なので小生はここ数年間、梅を見る為に登っています。
田浦梅林の解説については以前書いたブログ記事が有るので、以下にリンクを張っておきます。
←これ、興味ある人はクリックしてください。

さて、今年の写真です。
CIMG2461
遠くから見た感じでも判りますが、2月15日時点では5分咲以下と言う所でした。
CIMG2465
陽当りの悪い所はまだ蕾(つぼみ)だらけだったので、思うに、このブログを書いている今日あたりからボチボチ見頃に成って来てるのではないでしょうか?
CIMG2466
陽当りの良い個体は、まぁまぁ咲いていていました。
CIMG2469
でも陽当りの良い入口の第六天神社辺りでも全体的に蕾が多かったですね。
月末は綺麗に咲いていると思います。
CIMG2475
とは言え、田浦梅林は眺望が良いのでプチハイキングで綺麗な空気を吸ってとても清々しい気分に成ります。
CIMG2479
まだまだ、水仙も開いていませんでした。
CIMG2481
CIMG2480
紅梅は全体的に開花が早い様です。
他の場所もすでに紅梅だけ満開でした。
CIMG2483
ふむ。
梅さんはいつみても美人ですのじゃ・・・。
梅さんみたいな嫁が欲しい(笑)。
CIMG2485
この日はチビっ子も頑張って山を登ってました。
後姿が可愛くて思わず盗撮(笑)。
仲良し4人組だね!
CIMG2486
この通り、2017年は他の梅林の開花は既に満開や7分咲き位の見頃ですが、田浦梅林だけは標高も若干高いので2月半ばでまだまだ。
CIMG2491
CIMG2493
水仙も少しは咲いていましたが、これからが見頃です。
あ~そうそう、昨年は水仙をニラと間違って食べて亡くなった方もいたので絶対に食べないで下さいね!
まぁ、普通は食べないと思いますが。
CIMG2494
遊歩道を過ぎると山頂の広場…
CIMG2498
CIMG2500
山頂の陽当りの良い場所も15日時点では5分咲き。
CIMG2501
近所のオネイさんがワンコと仲良くかけっこしてました。
CIMG2502
北面は比較的開花が早い。
CIMG2503
うん、もう1回登りに行こう、今月中に。
CIMG2509
CIMG2510
展望台からの眺望も気持ちが良いしね、軽空母(護衛艦)も見えるし。
そうそう、田浦梅林行くなら、これ買ってください。
CIMG2512
ふじみや と言う田浦商店街の和菓子屋さんの名物。
CIMG2513
中に梅の甘露煮が入っていて、とても美味しいんですよ!
梅林で梅を見ながら、持参した御茶を飲み、梅どらを食べる・・・
至福です。
CIMG2458
この御店です。
電話番号で調べてみてください。
てか、GoogleMapに登録して有るので、検索すれば出ると思いますよ!
山に登る前にふじみやの前を通って行くとよいと思います。
CIMG2459
CIMG2460
他にも横須賀佐島名物のヘラヘラ団子って小豆餡の草餅も売っています。
良い御土産に成ります。

以上、2017年の田浦梅林の開花状況報告でした!

昨日、梅を見に東慶寺に行った。
image
道路に近い方は満開、谷戸地形に囲まれた奥の方は、まだまだ蕾(つぼみ)が多くて、今年は長い期間楽しめそうだ。
東慶寺の歴史については以前に書いた記事が有るので興味の有る人は以下のリンクをクリックして見て貰うと良い。

駆け込み女と駆け出し男
映画にも成っている御寺。
今回は梅の開花状況報告的な要素の記事なので、もう、黙って写真を列挙しようと思う。

山門の手前、昔総門が有った場所には石柱と説明の看板。
image
image
この日は往年の名車も何故か境内に停まっていた。
image
ダットサン。
image
梅は個体によって開花状況が違う様で、今年は気温が寒かった分、日当たりによる開花状況の差が大きい様だ。
でも鎌倉市内は概ね7分~9分咲き。
image
image
image
受付を済ませると、正面に真っすぐ、梅の並木が続く。
image
image
傍らには尼寺らしい弟橘姫様と思われる石像。
image
image
この御寺は映画にも成っているが、現在の境内には植物が多く植えられて心の癒しの寺に成っている。
特に梅が素晴らしい。
image
image
鐘楼も梅が栄える。
image
梅並木の途中、仏像が参拝客を御出迎え。
この辺りの梅は満開で見頃に近かった。
image
ふむ。
仏様も癒されている様です(笑)。
image
image
ピンクの梅、可愛いですね~。
image
覚山尼様や天秀尼様の御墓へ御参りに行く途中、右手に御地蔵様・・・
image
この森の右手に、北条時宗公の奥方で東慶寺を開いた覚山尼様と、豊臣秀頼公の御息女の天秀尼様の御廟所が在ります。
image
癒される良い御寺でしょう?
今なら水月観音様も特別公開中です。
image
とても美人でした。
image
皆さん、是非、この時期に東慶寺を訪問されては如何でしょうか?

真田丸に7回放送から登場している板部岡江雪斎サンは、横浜市戸塚区の御殿様でした。
板部岡 江雪斎
豊臣家との交渉を任された、安土桃山時代後半の北条家の外交官。
因みに安土桃山時代前半の北条家の外交官は横浜市港北区大曾根出身の笠原康勝公と横浜市港南区磯子区の旧笹下郷出身の間宮綱信公。
これハマっ子の知っておくべき豆知識な!

ちなみに、この板部岡江雪斎公を演じる山西惇さんは京大卒の関西人…
何で関東人にやらせんのか!…と個人的には思う。
名俳優ですけれどね。

も一つ豆な!
徳川家康公を演じる内野聖陽サン・・・
徳川家康
実は横浜市港北区の雲松院て御寺の先代住職の息子さんで、今は叔父さんが御寺継いでるんだけれど、その雲松院は戦国時代の北条家の重臣だった笠原信為(のぶため)公が亡くなった御父さんの笠原信種公の為に建てた御寺なんだな。
2015-02-07-16-12-26
だから内野サンは家康公より北条氏政公の役柄を演じるべきと個人的に思うんだな…。

因みに、笠原家が城代家老を務めたのがJR小机駅前の小机城で、本拠地は大倉山記念館の所在地の大倉山~太尾見晴らしの丘公園の丘陵に在った大曾根城なんだな。
この笠原家の一番有名な御殿様の笠原信為公は鶴岡八幡宮再建で総奉行を任されて、5万人を動員し、同じ横浜の殿様の南区蒔田の吉良頼康公、港南区笹下の間宮康俊公、大船の北条綱成公等と協力して成功させた偉い政治力と教養の高い殿様だったんだな。
2014-08-31-12-43-08
この5万人と言うのは当時としては古今未曽有の大事業クラスの規模で、しかも関東東北で北条家の傘下に入って無い所か目上の大名にまで北条家が命令を出して再建する、北条家の立場を確立する意味でも大変な事業だったんだな。
大曾根城址は東急不動産が破壊してテニスコートや宅地にしようとしたんだけれど、30年前に大曾根商店街の方々が義挙して周辺住人と抗議活動と横浜市への保護要請をした結果、当時の文化と歴史史跡保護に熱心だった細郷市長が❝腐れ東急❞から土地を買い上げ、現在の大倉山公園として笠原家所縁の御寺の竜松院前の大曾根城空堀を残し、そこに小田原北条家の❝梅林文化❞を復古して下さり、現在の大倉山の梅林を整備して下さったんだな!

DSC_0278
昔の横浜市長サンは今の林文子とは大違いだね!

今の市長の↓悪事
●現在進行形で栄区港南区磯子区金沢区にまたがる❝円海山と言う古代からの蹈鞴(たたら)製鉄遺跡や貴重な蛍の生息地や鎌倉武士の古道や思金神社と言う珍しい八百万の神の参謀を務めた神様を御祭神に抱くを聖地❞を東急不動産に宅地開発破壊を容認していく政治判断をしている。
●米軍から返還された戸塚区の通信基地跡地が米軍の意向でアメリカ由来のスポーツ少年野球のチーム交流戦の聖地に成っていたにも関わらず、子供たちを追い出し鉄格子で囲んだ挙句、そこに建設利権に絡んで花博を行いインフラ建設し、その後の土建屋への用地転売→宅地開発に道をつけようとしている。
●北条家相模十四騎筆頭の間宮家居城笹下城址の破壊を容認し❝傾きマンション❞で有名に成った三井不動産レジデンシャルや野村不動産に宅地開発させた。結果、地形は無残に崩され、本丸跡の空堀も三井不動産レジデンシャルに完全破壊された。
●豊かな漁場だった本牧半島沖を、福島県の放射線汚染廃棄物焼却灰等を含む廃材で、建設利権に深く絡む埋め立て工事→新山下の上屋倉庫街を移転すると宣言していたが、現在進行形で本当に本牧半島沖の埋め立て工事をして生態系を破壊しているし建築業者との関連に疑念を持たざるを得ない。

あ~何で今の市長に投票しちゃったんだろ…待機児童0も実際継続達成してないし。


関東を開拓し発展させて下さった素戔嗚尊様や大物主様や建御名方神の御神孫の初代佐賀牟国司様!
関東の乱を治めた日本武尊様と弟橘姫様!
関東人の教育と文化向上に貢献された弘法大師空海和尚様、文覚上人様、円光大師法然和尚様、見真大師親鸞和尚様、立正大師日蓮和尚様、大覚禅師蘭渓道隆和尚様、承陽大師道元和尚様!
源頼義公、源義家公、源義朝公、源頼朝公、源頼家公、源実朝公!
菅原景行公、菅原行基公!
平良文公、鎌倉景正公、三浦為継公、三浦義継公、大庭景義公、三浦義明公、岡崎義実公、真田義忠公、和田義盛公、佐原義連公!
北条泰時公、北条実時公、北条時宗公、覚山尼様、用堂尼様!
太田道灌公、吉良成高公、吉良頼康公、宅間上杉重兼公、宅間上杉富朝公、宅間上杉乗富公!
伊勢盛時公、北条氏綱公、北条氏康公、北条氏直公!
北条綱成公、北条氏繁公、北条繁広公、北条氏長公!
間宮信冬公、間宮信盛公、間宮信元公、間宮康俊公、間宮直元公!
多目元忠公、板部岡江雪斎公、石巻康保公、安藤良整公、成田甲斐姫、天秀尼様!
…歴代の殿様や和尚様や宮司様や戦中世代の先輩達がせっかく残してくれた自然や文化財や史跡や子供のスポーツ教育環境を破壊する、こんな市長を我々の世代で選んでしまって申し訳有りませんでした。
…我々に代わり、現市長に神仏の罰か現実的に何かベッキーのセンテンススプリング事件並みのペナルティーを与えて下さい。
でも、現市長が改心して文化や史跡や自然を保護する開発地域選定に政治姿勢転換するならば、彼女に名執政官として名を遺す功名を立てさせて上げて下さい…。

曽我梅林と小田原周辺の梅林は今が見頃ですよ!

今年は梅花の開花が早いと、残雪の八王子城址で先週土曜日に確認したので…
神奈川県の梅花はもう見頃だろうと思い、曽我梅林のホームぺージを見た所、やはり今年は今週が見頃だった。
水曜日は小生の休日。
午前中に歯医者で定期健診を終えると、そのまま車で曽我にGO!
湘南は小田原の観梅の名所、曽我梅林に行って来た…
2016-02-17-13-34-01
東名高速を抜けて小田原厚木道路を走っている最中に俄雨(俄雨)が降って来たので、一時はどうなる事かと心配したが現地についたら雲も晴れ始め、雪化粧した美人な富士山が曽我梅林の向こうに姿を現してくださった。
2016-02-17-13-34-28
今年も去年と同じ位置から写真を撮影したが、この枝垂れ梅が凄く綺麗なんだな。
さて、この曽我梅林は梅農家が実の採集の為に植えている❝梅畑❞なだけあって範囲は凄まじく広大で、恐らく日本最大級の梅の木の本数、4万本超を誇ります。

現地案内看板ピンクの範囲が全て梅林なのですがGoogleEarthの衛星画像に看板の画像を貼り付けて範囲を見て頂くと解りますが、…
曽我梅林
凄い範囲でしょう?
2016-02-17-14-16-26
周辺には名所古跡いくつか有り、全部回れば1日費やせますね。
小生、たまたま小田原の石垣山一夜城址に行く予定だったので曽我梅林での梅花鑑賞だけでした。
以前も戦国時代の北条家の梅林文化を紹介した記事でも曽我梅林を紹介した事が有りますが、今日は曽我梅林自体の写真と歴史を紹介したいと思います。
※以前の曽我梅林と北条家の梅林文化を紹介した記事は「ココ」←クリック!
2016-02-17-13-36-13
先に説明しましたが、この曽我梅林は曽我が梅の実の生産地で有る為に、農家さんが集まってるので4万本超の梅の木を有します。
そして、梅まつり開催地域では、主に「杉田梅」「曽我十郎梅」「南高梅」と観賞用の「枝垂れ梅」と「小梅」が見られます。
2016-02-17-14-11-31
曽我別所梅まつりの開催期間中は上の植生エリアを説明した看板も掲示されます。
2016-02-17-14-10-50
2016-02-17-14-11-01
綺麗でしょう?これが小田原名物の曽我十郎梅です。
2016-02-17-13-43-25
観賞用の枝垂れ梅が植えられた一角も在ります。
しかし梅の実の収穫用の木の方が圧倒的に多く有ります。
2016-02-17-14-12-44
開会中は農道にカップルやシニアの観光客と多くスレ違います。
2016-02-17-14-09-00
川岸にも梅畑が広がりますが、残念ながらこちら側は既に花が散っていました。
屋台や梅の製品の直売所も梅祭り開催中は多く出ます。
2016-02-17-14-23-44
小生は今回は直ぐに食べたかったので❝雲上❞と言う一粒300円位の少し高級な梅干しと、御土産用の❝曽我十郎梅の梅干し❞を買いました。
会場には、ジェラートの専門店も有ります。
2016-02-17-14-33-05
駐車場に在る上の写真の建物がジェラート屋さんです。
小生は梅の入ったジェラートを食べました。
2016-02-17-14-32-13
清涼感が有り、とても美味しかったです。
あと箱根名物足柄茶と、さっき買った梅干し雲上。
小田原の梅干しは武士文化の梅干しですので蜂蜜漬けでは無くて、昔ながらの酸っぱい梅干しです。
2016-02-17-14-44-04
でも雲上凄く美味しかったですよぉ~♪
露店直売所の目標は、梅林の中の下の写真の八幡様です。
2016-02-17-13-44-17
2016-02-17-13-44-28
この八幡様の周りに食堂等も出店します。
2016-02-17-13-46-38
八幡様で御神体を拝んで参りました。
この神社の在る区画の北西、下曽我小学校の裏て側の区画には、曽我十郎梅の元に成った❝杉田梅❞と呼ばれる品種の梅林が有ります。
この杉田梅は昭和初期まで❝最高級ブランド❞として江戸の市民や皇族に愛された梅で、発祥地は横浜市磯子区杉田でした。
戦国時代の北条家臣、笹下城主間宮康俊公や間宮家分家の杉田間宮信繁公が横浜市南部に植林を始め、特に間宮信繁公の植林した杉田梅林は梅の実だけでなく梅林自体も江戸時代に江戸市民や明治時代にも皇族がだびたび観梅に来る程に観光地として有名でした。
しかし残念ながら神奈川県教育委員会と横浜市教育委員会は不見識極まりなく、この杉田梅林の宅地開発を承認し全く保護せず地上から消し去ってしまいました。
左翼閥や開発利権と癒着した人間が過去(?)多かったんでしょうかね?
現在も扇谷上杉家の糟屋館城址を県道開通させ破壊する準備してますし、笹下城は三井不動産レジデンシャル等に破壊されている真っ最中ですし、現在も教育委員会にそんな人が多そうですが。
しかし・・
ここに来ると横浜に在った杉田梅林の往時の姿を想像させてくれる杉田梅の梅林が見られる訳です。
2016-02-17-13-42-46
これが杉田梅です。
接写するの忘れましたが、曽我十郎梅より若干花が小ぶりでした。
つまり、曽我十郎梅は杉田梅の中で花の大きい株を交配させて生み出された品種と言う事ですね。
所で、何故、ここ曽我別所に広大な梅林が有り、御当地横浜で滅亡した杉田梅が大量に生産されているかですが…
実は!
先に有名に成った間宮家の杉田梅林から、この曽我別所の地域に移植されたそうです。
※杉田梅林の記事は「間宮家の事績まとめ」「間宮信繁公の菩提寺妙法寺」←ここクリック!
そして、曽我別所の農家の皆さんが更に花の大きい株を品種改良して曽我十郎梅に育て上げた訳ですね。
…神奈川県と横浜市の教育委員会が滅亡させた杉田梅林の梅林文化を、小田原で守って下さった曽我別所の皆さん、ありがとうございます。
感謝。
北条氏綱公、北条氏康公、北条綱成公、北条氏繁公、間宮信冬公、間宮信康公、間宮信元公、間宮康俊公、間宮康信公、間宮綱信公、間宮直元公、間宮信繁公…
小生は貴方がたの残された文化を感じ生きられて幸せです。
ありがとうございます。

さて、次回は書くのを忘れていた伊勢原市高部屋神社裏の丸山城址公園の紹介をしたいと思います。
2016-01-03-13-48-58

では!又、次の記事で!

今日は水曜日
休みは微塵も無駄にしたくない。
4万本の梅林を見に小田原市曽我梅林と、夜間ライトUPする湯河原梅林幕山公園に観梅に行く途中…
天然理心流土曜日に引き続き又々、海老名SAに立ち寄り朝食と昼食まとめて摂る。
2016-02-17-12-23-12
テーブル席から関東の聖地大山が綺麗に見える。
2016-02-17-12-29-34
この三角形が古代の男根崇拝や山岳信仰の象徴であったと同時に、相模湾を航行したり漁をする人々から古来、海上から位置を確認するランドマークとしても重要な山だった。
大山山頂からは縄文時代以来の祭祀場の遺跡が出土している。
平安時代末期には源頼朝公が❝関東総守護❞の異名で呼び、坂東武者達の心の拠り所に成った阿夫利神社と大山寺の在る山自体が御神体の聖地。
今日は海老名SA名物の"海老々々焼き"牛串"牛舌串"…
2016-02-17-12-28-41
なんだかんだ1750円かかった。
普通にそこそこのランチ食べれたな。まぁ…屋台なりに美味しいけど。

曽我梅林に到着。
2016-02-17-13-34-01
昨年初めての来場の際、この規模と富士山を背にした絶景に感動し毎年来るぞと決めた場所。
来る途中まで降ってた俄雨(にわかあめ)も止み、富士山が美人な雪化粧の御姿を現してくださった…
綺麗だなぁ~。手間の可愛らしい梅も、去年と同じ場所で出迎えてくれた。
40,000本の梅は、横浜の殿様の間宮家の分家杉田間宮家の間宮信繁公が横浜市磯子区杉田に植林した今は亡き杉田梅林から曽我に移植され、増やされた。そして、品種改良を経て曽我十郎梅が出来た。
間宮信繁公、北条家の殿様方、皆様の残された文化を感じ生きらて幸せです。
ありがとうございます。

北条家最後の対戦相手の羽柴秀吉が築いた石垣山一夜城に写真撮影の為に移動。
通り道、小田原城下町の蒲鉾(かまぼこ)の名店の山一で❝焼き蒲鉾❞を買った。
image
隣には❝ういろう❞の本家本元、その名も室町時代以来、外郎(ういろう)家の血脈を受け継ぐ❝本家本元の御菓子のういろう❞の御店が在る。名古屋のは新幹線開業時に流行った偽物。
2015-02-28-15-04-57
外郎は天皇家や足利義満公、小田原北条家との関わりあいから明治政府に最初の商標登録されている上に、江戸時代にも既に歌舞伎の演目にされている。
もっとも…
京都からも江戸からも遠い朝廷儀礼や武家文化ともかけ離れた現代の某地方の人間には、この外郎家の建物の意味も理解出来ないだろう。だから彼等は平気で嘘を真しやかに流布する。
石垣山一夜城に行く途中に此処に寄ったのは小田原城の総構え外堀の役目を果たしていた、ある川で❝黒曜石❞を採集出来るのを知っていて前々から気に成っていたから、拾えないだろうか?と思いソコに行く為に下道で移動したからだった。
その川とは早川の事。
2016-02-17-16-02-55
川岸には結局降りなかったが、小田原城下へ続く❝日本で最初の用水❞を引いた北条家の内政力が他の大名を圧倒していた事を証明する文化財❝小田原用水❞の遺構を見られた。
左が早川、右の水路が小田原用水遺構。
早川の水を小田原用水に引き込み、小田原城下まで繋ぎ飲み水用の❝上水道❞として利用された。
この用水を模倣して作られたのが江戸城下の玉川上水道だった。
徳川幕府が北条家の統治機構を模倣したのは有名な話しだが、小田原と同じく海に近く飲み水用の井戸の確保に困る江戸で、小田原城下の都市計画も模倣した訳だ。
2016-02-17-16-03-21
早川越しに、秀吉が一夜城を築いた石垣山が見える。

実は石垣山一夜城址、有名パティシエの鎧塚シェフの居城に成っている…
2016-02-17-16-30-59
5年位前に来た時は、まだ無かった。
2016-02-17-16-30-39
ここには綺麗な河津桜が咲いていた。
2016-02-17-16-30-06
その林越しに相模湾を望む。
2016-02-17-16-29-49
鎧塚シェフ、良い場所に御店作られましたね!…奥さんと此処を終の棲家にする御心算だったのかな?
2016-02-17-16-39-50
石垣山一夜城は、実は5つの大陸プレートがぶつかる頂点の真上に在る。つまり箱根山脈の入り口。
2016-02-17-17-18-01
この地域は古来の地名を❝風祭❞と言う。
風祭出身の有名な一族がいる…苗字を❝風魔❞と呼ばれた一族だ。
つまり、この地域が風魔忍者の故地であり、ここが箱根山系と伊豆へ抜ける重要な街道群の起点だった事から風磨忍者の出発点は山間に関所を築いて通行料を取る山間の豪族だった事も容易に想像がつく。
感覚的には海を支配し通行税を採取した瀬戸内海の村上水軍みたいな物だろうか?
2016-02-17-16-59-56
石垣山一夜城は、江戸時代の富士山噴火の際の大震災や大正時代の関東大震災で石垣の大半が崩落したが、それでもまだ主要部分の曲輪(くるわ)群の形状は状態良く保存されている。
特に❝栄螺(さざえ)井戸❞の名で呼ばれた飲み水確保の為の井戸曲輪。
飲み水の不足した旧織田政権の秀吉連合軍は小田原城の北条家に対して、自軍の水不足を悟らせない様に米を水の様に馬にかけて馬体を洗う素振(そぶ)りをして水が大量に有る虚偽のアピールをした何てエピソードも有る。
遠くにいる人間から見ると、水を流す様に桶(おけ)からブチマケルと遠目に水と錯覚してしまうそうだ。
このアピールは戦国時代に籠城側が良く攻囲側に行ったと話に聞くが、攻囲側が行った話は少ない。
北条家も結束してあと数ヵ月持ちこたえれば、秀吉連合軍は糧秣不足に成り勝てた見込みが有ったとか無かったとか…❝IF❞は考えても仕方がない。
石垣山一夜城は又、いずれ別記事で紹介する心算(つもり)。

まぁまぁ、有意義な1日だった。

仕事徹夜明けで、寝たら休日勿体ないので徹夜2日目突入のまま、伊勢原市が誇る神奈川県内屈指の名城、岡崎城を紹介するブログの記事←コレをUPしたら、もう10時だった。
絶対に寝たら夕方まで起きないので、意地でも寝たくないと思いながら、外出の準備を始めた。
でも出かける前にやらなきゃいけない事が有った。
この間買った木製の携帯ケースが割れてしまったので、予備に買ってあったアルミ製の携帯ケースを加工し、携帯電話を外出に持っていける状態にしないといけなかった。
10時からアルミの携帯ケースにストラップ穴を加工して、そこにストラップを編み上げた。
編み編み編み編み編み々々編み々々々々々々々々速攻で編まないといけないので頑張って1時間ちょい…
image
ズボンのベルト通しに着脱可能なストラップを編み込んだ。
ズボンに付けた儘(まま)でも通話出来るように❝びよぉ~ん❞って伸びるネックストラップをベルト通しに付ける仕様にして、ウザイ時は金具のフックを外せる様にした。
2016-02-10-22-45-55
これで走り回っても携帯落とす心配無し!

…で、さっそく鎌倉市の某図書館へ古文書を美人司書さんに探して頂いてあったので、コピーをさせて貰いに車でGOした。
御蔭で読みたかった古文書の原文写しのコピーを入手出来た。
BlogPaint
こんなの↑とか…こんなの↓とか…
2016-02-10-22-19-39
これは写実的で面白いし、前者は手紙の纏(まと)めや日記形式で様々な指示書が淡々と綴(つづ)られていて面白い。
帰りに報国寺に1ヵ月振りに行って来た。
もう梅が咲いていてビックリした。
2016-02-10-15-20-10
そろそろ梅花鑑賞の季節だぁ~。
2016-02-10-15-20-41
まだ咲いていない木も有る。
2016-02-10-15-21-00
今月後半からは梅の花を見に、今年も色んな所にいくぞぉ~!
よし!
神奈川県内の梅の名所の纏めを書こう!
まだ写真撮影してない場所だらけだけれども、場所の紹介だけでも皆の役に立てるだろうから。
とりあえず寝よう!
おやすみなさい。

↑このページのトップヘ