歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:観音崎砲台

観音崎灯台、海水浴場の記事⤵
コレ⤴で少し触れましたが未だ単独の記事に書いていなかったので今回、観音崎灯台単体で解説する事にします。
CIMG9863
観音崎灯台
小生は最近まで知らなかったのですが、日本全国で中に入れる灯台は16ヶ所しか現存していないそうです。
その中の一つが観音崎灯台で、観音崎灯台は日本最初の近代灯台で、慶応二年(1866年)にアメリカ・イギリス・フランス・オランダと日本の間で締結された江戸条約に基づいて建設されました。
この観音崎灯台には多々良浜側からも観音崎海水浴場側からも行く事が出来ますが、風景が綺麗なのは観音崎海水浴場側の遊歩道でしょう。
CIMG9859
この海岸沿いに観音崎灯台に至る階段まで遊歩道が整備されています。
DSC_1185
この神奈川の景勝50選の碑文の奥に見える海岸沿いを歩けるんですよ。
少し歩き進めてみましょうか♪
DSC_1192
この突き出した構造物は戦時中の海堡(かいほ)と呼ばれる防衛施設の一部の跡です。
形状からすると小田原の御幸浜と同じ様な砲台の跡でしょうかね~。
もう少し海沿いを歩くと下の写真の様な場所に出ます。
CIMG0790
別日に撮影した写真ですが、観音崎灯台に向かう途中には砂浜だけでなくて、こんな岩礁も有ります。小さな御子さんのいる家族連れでの訪問なら網と虫かご持ってきて水辺を観察したりすれば良い思い出作りも出来るでしょう。
CIMG0791
夏場海水浴シーズンなら綺麗な野莞草(のかんぞう)の花を見る事も出来ます。
更に奥の方へ歩いて行くと道は石畳の遊歩道に変わります。
観音崎灯台は東京湾の入口に有るので房総半島まで直線距離で8kmしかない場所なので、倭建と弟橘姫の夫婦神が東京湾を船で横断した神話の舞台だったりします。
CIMG9862
観音崎灯台の有る丘の上に繋がる階段を登る前に公衆トイレと自動販売機も有るので写真の女の子達の様に東京湾を見てユックリ休憩できます。
そんな場所なので当然、房総半島も三浦半島も見渡す事が出来てとても風景の美しい場所なんですよ。
実はこの辺りには明治時代までとっても立派な神社と御寺が一体に成った神仏習合の寺院が存在しており、景勝地として大変に栄えていました。
観音寺絵図
現代では絵図にしか残りませんが、この御寺は“観音寺”と言う御寺で観音菩薩像が御本尊だったので、これが観音崎の地名由来に成りました。
この観音寺は明治時代に成ると観音崎要塞の建設で隣の亀崎に移転させられ、更に現代に至り火災で完全に消失してしまいました。
CIMG0795
しかし名残も有り、この海蝕洞窟の中に地元の方によって奉納された観音菩薩像と説明の看板が立てれれており昔の歴史を垣間見る事が出来ます。
KIMG9647
KIMG9646
元々は奈良時代の行基大僧正が関わった場所だった様なので、倭武命が走水に来た弥生時代末期~古墳時代の聖地ですが、奈良時代の人にも大切にされた聖地であり海上交通の要所だった様です。
CIMG0796
この洞窟の前を通過して直ぐに公衆トイレが有り、写真のベンチがさっき、女の子達が座っていた場所ですね。その更に少し奥の右手側に灯台に上る階段が有ります。
この遊歩道を真っ直ぐ行くとトンネルが有って多々良浜側に歩いて行けるのですが、2020年8月現在は2019年の台風の土砂崩れの影響で未だに通行止めのままです。
ちなみに復興の責任者は上地横須賀市長では無く、黒岩神奈川県知事です。
鎌倉市のハイキングコース遊歩道や釈迦堂切通しも未だ復興していないので知事には頑張って頂かないと困りますね。
CIMG9886
この海岸の道が灯台から見下ろすとコンナ感じです。
高所恐怖症の小生には玉ヒュンの絶景です(笑)が、散歩したら気持ち良さそうな道なのは伝わるかと思います。
CIMG9865
その遊歩道の階段を丘の上に登ってくると灯台が有ります。
入場料金300円と安いのですが観音崎灯台の構造や歴史を開設した小さな博物館を併設しており、更に灯台の上にも登れますし灯台の下にも展示物が有る他、展望台に成っているので綺麗な景色を見渡す事も出来ます。
では、先ずは灯台の周囲を見学して見ましょう~。
KIMG0091
灯台下の展望台はコンナ感じで房総半島の鋸山が見えたり・・・KIMG0101
・・・フェリーが東京湾を行き交う様子が一望出来ます。
CIMG9866
そして昔使われていた灯台の設備の一部が常設展示されており、触れて見る最近の歴史博物館と同じコンセプトの展示がされています。
KIMG0089
KIMG0088
KIMG0087
上地市長は文化史跡の保護や再利用に熱心な方だそうで、江戸時代の浦賀奉行所も復元して子供達の教材や史跡として再整備する計画を構想してらっしゃるそうです。
早くから外国と関わっていた横須賀市の市長らしく、東京から来て横浜市長に成った人より郷土愛が有る上に子供達の教育に熱心ですね♪
KIMG0077
灯台の受付の有る建物には展示館も併設されているので、灯台の事を学習出来ます。
KIMG0078
こんな感じで昭和初期まで手動で動かしていた灯台のレンズの構造を触って理解する展示物や・・・
KIMG0082
KIMG0081
昔の設備とかも展示されてます。
KIMG0083
この模型が初代の建物の復元模型だそうです。関東大震災で倒壊して現在の建物に建て替えられたそうです。
KIMG0084
映像解説等も有るので、中高大学生位が来ると近代史の学習の一助に成り理解を深める事が出来ますね。
KIMG0085
初代の灯台を設計したヴェルニーさん。汐入のヴェルニー公園の元に成った江戸幕府横須賀製鉄所=現在の海上自衛隊横須賀基地のドッグや城ケ島灯台なんかを設計した人物で、今の日本が存続しているのはこの方と小栗上野介サンがいたからと、対馬海戦でロシア帝国のバルチック艦隊を撃破した東郷平八郎元帥が証言しています。

KIMG0086
ヴェルニーさん無くして近代日本ナシ!
CIMG9868
ネトウヨは日本人が単独で近代化した様な妄想を信じ込んでる比率が高いんですが、実際はイギリスとフランスの協力無くして近代日本は成立して無い事が、この観音崎灯台や横須賀市の歴史史跡を巡(めぐ)ると良く理解出来ます。
観音崎灯台は日本最初の近代灯台で、慶応二年(1866年)にアメリカ・イギリス・フランス・オランダと日本の間で締結された江戸条約に基づいて建設されました。

この記事⤴で少し触れましたが三浦海岸駅前にも三浦海防陣屋が置かれ、三浦各所に東京湾と相模湾を守る陣地が設けられた砲台が建設され、三浦海防陣屋が各所の海防陣地をコントロールしていました。
幕末当時、そこには横浜を開港した井伊直弼公や明治政府を設立する事に成る桂小五郎(木戸孝允)公や伊藤博文公も勤務したそうです。
KIMG0092
さて、そろそろ灯台の中を見てみましょう。
KIMG0096
灯台の内部は当然ですが螺旋階段に成っています。
その階段の壁にも掲示物が有り、観音崎灯台を含めた今でも内部に入る事が出来る16ヶ所の灯台の写真や各灯台の比較等の解説がされています。
KIMG0093
KIMG0094
KIMG0095
小さな子連れならパパやママが読んであげないと子供には読めない高さかな?
KIMG0098
これが観音崎灯台のレンズ。

・・・ZZガンダム世代には解るだろうけど、連邦軍のバイザータイプの顔に見えて仕方ないのコレ。
前に横浜シンボルタワーの記事でも書いたのだけど港の入口は船舶は右側通行に成っていて、港に向かって右手が赤い灯台、左手が白い灯台って法律で決まってるんだけど・・・
CIMG9758
CIMG9740
これが小生にはシャアザクとガンダムを意識している様にしか見えない(笑)。

その時の記事はコレ⤴ね。
何で海関係ってどこもかしこもガンダム的なんだろうか(笑)。
横浜港シンボルタワーは明日08月31日で夏季営業終了で来年まで横浜港のコンテナヤードの夜景は見れなくなりますので、写真撮りたい人は明日時間注意して行ってみて下さい。
灯台の上まで登ると外に出て写真を撮影出来ます。
KIMG0101
御船がいっぱい♪
CIMG9871
この写真の右手は富津岬、左に見える島みたいのが富津岬の展望台。
そこから目線を左に移動すると・・・
CIMG9881
東京湾第一海堡。

海堡の奥に見える船のマストみたいのが、東京湾アクアライン海底トンネルの通気口。シン・ゴジラが最初に登場した場所。
ゴジラシリーズは何故か神奈川県三浦半島~東京の間が破壊される事が多い(笑)。
CIMG9878
こっちは第二海堡。要塞としては関東大震災で崩壊して放棄され現在は史跡として再整備中だけど、たまにツアー組まれて船で観光に行けるけど通常は上陸禁止地域。
海堡とは何ぞや?と余り知らない人は過去の記事を参考にしてみて下さい。

この海堡も実は観音崎灯台と同じ明治時代に作られた施設で、観音崎に点在する煉瓦の史跡も同時期に建設された観音崎砲台の跡だったりする。
IMG_20180817_164119IMG_1555
IMG_1556
こんな場所全部が砲台の跡で貴重な近代西洋文化の遺跡なんだね。
観音崎灯台も当然ながら日本最初の近代西洋建築の灯台なので歴史史跡な訳です。
観音崎灯台から見える景色はとにかく綺麗!
CIMG9875
したの岬の先端に少し見えるコンクリート製の建物の名残も観音崎要塞の海堡の一部。
反対側の景色がさっき歩いて来た道。
CIMG9885
高所恐怖症だから本当に、この写真撮るの怖かった・・・。
観音崎灯台付近、とっても景色が綺麗でしょう?
観音崎海水浴場から走水神社まで歩く途中の走水観音崎ボードウォークも景色がとても綺麗です。
CIMG9890
CIMG9892
もう海水浴シーズンは終わりに入りますが、まだまだ暑さも続きそうです。
まだ暫くの間は潮風に当たりながら散歩するのが気持ち良い季節ですね。

どうです?皆さん、観音崎良い場所でしょ?
近くには走水神社や“味美食堂”や“かねよ食堂”と言った観光名所や美味しいレストランも有ります。
是非、夏の終わりの思い出に御散歩に来て見ては如何でしょうか?

では、又、次の記事で御会いしましょう~!



mixiチェック

※2020年新型肺炎対応による駐車場と海の家の営業状況等は各自治体に問合せ願います。

神奈川の景勝50選の観音崎
観音崎海水浴場
&観音崎灯台と観音崎砲台跡
&走水観音崎ボードウォーク
&横須賀美術館
【観音崎海水浴場】
【観音崎灯台&観音崎砲台跡】
【走水観音崎ボードウォーク】
【横須賀美術館】
【水質】
【景色】
 観音崎海水浴場 
 観音崎灯台&砲台★★
 ボードウォーク ★★
 横須賀美術館  
【電車】
 横須賀中央駅~バス30分
 横須賀駅  ~バス40分
【  車  】 
 公共駐車場・美術館駐車場有り。
【休憩】    ..
 海の家無し。公共トイレ有り。
 売店・食堂有り。
 眺望の良いレストランに近在。
オススメpoint( •͈ᴗ•͈ )       
 観音崎灯台や美術館も有り観光に◎ 
 近代要塞の観音崎砲台跡の散策も◎
 愛してると言ってくれのロケ地◎
 オシャレなレストラン有るよ~◎
注意するpoint(•ω•)       
 海の家は無いよ~。
 三浦東岸だから夕陽は見れないよ~
――以下 詳細( ゚∀゚)つ ダョ♪⤵――
※愛してると言ってくれ(1995年)第4話のロケ地
ロケーションが良く常盤貴子さんと豊川悦司さんのドラマでロケ地に成っている。
交通手段はバスか車で、ドラマでも主人公達はバスでデートに来ている。
周辺に公共駐車場や美術館の駐車場多数。
昭和にリゾート地域として開発されつつも多くの自然を残す場所。
平成の中頃迄は海の家も出店していて海水浴場として賑(にぎ)わったがバブル不況の頃に出店が無くなった。今も夏季には地元の人が海水浴を楽しむ近代文化に囲まれ非日常を味わえるリゾート。
周辺には観音崎砲台史跡を含めた観音崎公園、眺望の良い横須賀美術館やレストランアクアマーレが有る。
特に観音崎灯台は入館料も300円と激安なのに東京湾の眺望が絶景で必見!
観音崎海水浴場の直ぐ近くには観音崎京急ホテルも有りランチビュッフェを提供する"浜木綿(はまゆう)"も有名。
※観音崎京急ホテルのビュッフェ浜木綿を紹介した過去記事⤵
観音崎周辺には徒歩で10分の距離に倭建命と弟橘媛の夫婦神神話の走水海岸と走水神社や有名飲食店や旅館もある。
走水神社~観音崎海水浴場に行く道は観音崎京急ホテルの手前~観音崎海水浴場にかけて遊歩道として整備されている走水観音崎ボードウォークが有り景色も素晴らしい。観音崎海水浴場の海岸の丘の上に有る観音崎灯台も入館料300円で上まで登る事が出来るので、高所から観音崎と東京湾の先に千葉県房総半島を望む美しい景色を楽しむことが出来る。
特に観音崎灯台は恋人同士で散歩に行くと良い思い出作りにも成るし、御当地の観音崎砲台周辺は明治時代に要塞として利用されていたので赤レンガ造りの砲台跡やトンネルも沢山有り、海で泳がなくても良いピクニックにも成る。 走水観音崎ボードウォークの近く、観音崎公園から花の広場に行く入口には横須賀美術館が有り、そこに入居している“レストラン アクアマーレ”は眺望の良いレストランとして横須賀市や横浜市からの客で賑わうので、もし車での来訪ならばアクアマーレや観音崎京急ホテルでランチやディナーを楽しんで帰るのも良いかもしれない。
この広い観音崎公園南側には多々良浜と言う首都圏の都会では希少な
真っ白な砂浜と超水質の良い浜辺も有り観音崎公園から徒歩10分で歩いて行けるので、合わせて訪れても良い散歩コースに成る。
電車バスでの来訪なら帰りに横須賀の観光名所ドブ板通りでネイビーバガーを食べて帰るのもオススメ!ドブ板通り周辺にはシティホテルも沢山あるので数日間、横須賀~三浦観光を楽しんでも良いかも知れない。
——観音崎海水浴場——
CIMG9861
CIMG9840
CIMG9860
IMG_20180817_165009CIMG9862
——観音崎灯台&砲台跡&花の広場——
CIMG9865
CIMG9875
CIMG9878
2015-12-16-15-35-41
IMG_1556
IMG_20180817_163046
IMG_20180817_163056
——ボードウォーク&美術館——
KIMG0104
CIMG9893
DSC_1194
IMG_20180817_164605
穴場海岸の紹介一覧へ⤵️
mixiチェック

17日は休日だが上司と少し話をする為に職場の休憩室に差し入れ持参し上司と話を終えてから、他の同僚とダイエットの話とか同僚の旦那さんも小生と同じく花や海が好きだと言う趣味の雑談をしたりしてから三浦半島の観音崎海水浴場の第一駐車場に向かった。
DSC_1187
駐車場の目の前がもう海。レストハウスも有り観光にも便利。
観音崎は多々良浜と言う真っ白な砂浜側と、海水浴場の二つの海辺で違う顔を見せてくれる。

本当は座間市に50万本のヒマワリ畑を見物に行こうと思っていたが先日の台風で全滅してしまったと事前に観光協会へ問い合わせして解っていた。
なので、横須賀市観光協会に問い合わせして近場の観音崎灯台一帯の観音崎公園の花の広場でも数百本の向日葵がまだ見頃と情報を確認して見物に行く事にした。
DSC_1185
観音崎(かながわの景勝50選の一つ)

実は観音崎灯台や多々良浜にはたまにドライブ&散歩に来るのだが、今回初めて海水浴場と御花畑訪問だった。
PANO_20180817_160806
う~ん・・・パノラマだと逆に今一風景の綺麗さが解らないな。
DSC_1189
砂浜の中央に飛び出た突起は小生には一目で・・・
「あ~アレ、多分高射砲の台場の跡だ」
・・・と推測出来たので近くに行って見る事にした。
DSC_1191
・・・すると荷物運搬の鉄道軌道跡らしき並行した溝が2本有ったので、多分小生の推測は間違いないだろう。
DSC_1190
トンビも飛んでいるね。
この日は少し波が荒れていたかな?でも海水浴客それなりにいた。
空の青も綺麗だ!
DSC_1193
そこから横須賀美術館側に歩いて行く。するとウッドデッキが整備された少しオシャレな感じに様変わりした。こちら側にはシャワールームのある小屋も有り、BBQを楽しむ若者や家族等もいた。
小生の目的地である向日葵は横須賀美術館裏手の観音崎公園の中の❝花の広場❞に咲いている。
なのでテクテク歩く。この時すでに16時過ぎだったので初見の山の中で日没怖いしね。
DSC_1194
横須賀美術館

この綺麗な施設が横須賀美術館。
❝アクアマーレ❞と言うオシャレなイタリアンレストランも併設していて食事の為に来る人達もいる場所。いわゆる落ち着いたイイ感じの場所だな。
DSC_1195
その横の林道が観音崎公園もとい観音崎砲台史跡への入口の一つ。
IMG_20180817_164605
こちら側から回ると美術館に入らなくても屋上展望デッキに出る事が出来る。
う~ん、空の青がまぶしい。
IMG_20180817_164119
思いの他、海水浴場も目の前の横須賀市美術館も雰囲気が良く、そしてお盆過ぎ少し涼しい観音崎公園の森林の風も心地よかった。
IMG_20180817_163028
花の広場に到着すると向日葵達は咲いている斜面によってはちょっと暑さでクタってる子達もいたり、全体がこれから見頃の子達もいて、数百本とけして大規模ではないけれど、子供がいないマッチョオジサンに癒しの時間をくれた。
IMG_20180817_162948
この子達はこれから見頃だね~。
IMG_20180817_163046
う~ん、夏らしい太陽の光と向日葵達♪
IMG_20180817_163056
この広場、人は平日と言う事も有り少なかったが、きっと週末とも成ればボール遊びに来る親子連れとか多いんだろうな~。気持ちの良い芝生!
横浜シンボルタワーも芝生が綺麗な公園だったのに中国から緋アリが入って繁殖してしまったので寝転ぶのが危なくなってしまったが、横須賀は商業港じゃなくてコンテナ船も入らないのでそんな心配は不要そうだ♪
IMG_20180817_163146
向日葵以外にも赤い綺麗な御花達が咲いていた。
IMG_20180817_163203
相変わらず花を見るのが好きなのに花の名前を知らない小生(笑)。
IMG_20180817_163236
この日、1番の美人さんはこの向日葵サンかな?凄く真直ぐ元気に伸びていた。
小生も、この子みたいにシャンとして周りを明るい空気に出来るスキルが欲しいなぁ~。
問題解決能力が有っても、仕事以外で雰囲気を変えてあげれないといけない場面も有ると思うんだよね。そうすれば同僚達を和ませてあげられるのに、小生ときたら旅行と花と海と山と夕陽の景色と歴史と神社仏閣城址と格闘技とダイエットの話位しか話題が無くて・・・
まぁ、漫画最近読まないけど嫌いじゃないから勧められたら興味を持って読めるけども、普通の音楽とか全く興味が持てないし、自分を鍛えたりする運動以外のスポーツも❝無駄❞に感じて興味が持てないから解らないんだよ。
・・・これって普通の各世代に流行した物が好きな多数派の人達と絶望的に会話の接点が無いんだ。
向こうが綺麗な風景とか美味しい店とか聞いて来てくれたら教えてあげたり出来るんだけれどね~。
それってさ、ツーリングやドライブに行くくらい親密な友人関係じゃないと出ない会話でしょ。
最近の悩みにはそんな事も含まれるかな~。
IMG_20180817_163302
でもこの高く伸びて御日様をいっぱい浴びようと努力する向日葵達みたいに自分も頑張らないとね!
ありがとう~向日葵達、癒してくれて~♪
IMG_20180817_163407
花の広場の奥には簡易アスレチックも有って小さな子供を連れた親子が楽しそうに遊ぶ声が聞こえていた。羨ましいなぁ~。いつまでも家族みんなで健康にいて下さいね~!と祈って見る。
IMG_20180817_164852
向日葵を見終わって海水浴場の方に降りて来ると、房総半島と三浦半島の間に凄く大きなコンテナ船が航行しているのと、砂浜で楽しそうに遊ぶパパと女の子の風景が・・・
良いな~ほのぼのとして。
・・・お母さんはどこにいるんだろうか?テントで御日様から逃げて日焼け除けしてるのかな?
IMG_20180817_165009
この波がコンテナ船から発生した波なのかな~?とか思いながら綺麗な空と海の青の浜辺を散歩しながら駐車場に戻る。
当初の計画ではこの後、ネイビーバーガーを食べにドブ板通りに移動する予定だった。
しかし途中で走水神社に参拝して予定変更を思いついた。
DSC_1212
走水神社は小生が毎日心の中で御神霊に拝礼している日本武尊と弟橘姫の御夫妻神と、御家臣の大伴黒主久応公を祀る場所。そして走水神社の御祭神と日本武尊の防具の天磐楯命と武器の草薙剣命、天磐楯を祀った石楯尾神社一帯に住した古代の名将軍坂上石楯公の御神霊に走水神社で拝礼しいつも御加護御守護大願成就の御導き下さる事を御礼申し上げ、日本文化と自然を大切に思う日本人と親日外国人と走水神社の平安祈願をした。
そして車に戻ろうかなと石段を降りながら・・・
「そう言えば!時間的に丁度、走水神社前の地魚料理の名店❝味美食堂❞が開く時間だな。」
と思い出した。
昨年、親友のITと猿島クルージング&散策した際の観光ガイドさんの強い推薦を思い出して、まだチョコレートケーキ以外に何も食べて無かったし遅い夕方の昼食を食べて行く事にした。
DSC_1200
まだ店が開くまで30分程有ったので少し散歩した。左に見える島みたいのが日本武尊と弟橘姫夫婦神が御住いだった仮御所の在った御所ヵ崎。明治に神社が破壊されて砲台が建設されて現在では特別参観と観光案内を予約して以外で立ち入り禁止に成っている。
DSC_1203
ファミマで買ったコーヒー飲みながら走水漁港を少し散歩していると直ぐに味美食堂が開店する時間に成った。
DSC_1205
味美食堂

丁度、大将が暖簾をかけてオープン準備を始めた所だった。
DSC_1206
価格帯は1000円前後で食堂としては高くも安くもないと思う。普通の漁村の食堂だが、これが又田舎に来た感じがして良い。
DSC_1209
小生は鰺フライ定食と地タコの刺身を注文。
DSC_1210
鰺フライがホクホクとても美味しかった!
DSC_1208
タコはもう少し分厚いと嬉しいかな(笑)?
又、ITが出張に来た時や地元の友人を連れて来て食べさせてあげたいなと思った。

帰り道丁度夕暮れ時だったので「今日は“アソコ”から富士山と夕陽綺麗に見えるかな?」と思い・・・DSC_1223・・・日本武尊神話の御所ヵ崎の隣接する走水海岸の破崎展望台に立ち寄った。DSC_1224ドンピシャのタイミング!富士山と大山の真ん中に陽が沈む。この風景を日本武尊と弟橘媛の夫婦神は仲良く御所ヵ崎で毎夕暮れに見て過ごされていたんだろう・・・

富士山は神様の素戔嗚(すさのお)の妻の木花咲耶姫(このはなさくやひめ)樣の化身。

ふむ、向日葵と潮風に癒され、神様に御礼も伝えて、お腹も満たされ良い休日に成った!


今日の休日雑記はここまで!
今晩、宅間上杉家の記事書けるかな?
今日は甥っ子姪っ子連れてポケモン映画を見て来ます。
まだ寝てないので今から1時間仮眠したら二人を目黒まで迎えに行かないと。
叔父ちゃん頑張るよ~♪

では、又次の記事で!


mixiチェック

↑このページのトップヘ