歴史オタクの郷土史とグルメ旅♪♪久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:走水

ブログネタ
名所・名勝・史跡・旧跡 に参加中!

三浦半島、横須賀市、その先端の観音崎には東京湾と太平洋の入口を見渡す絶景の灯台が在ります。
IMG_1579
この灯台は一般公開されていて、誰でも中に入って風景を見る事が出来ます。
開館時間は…
05月~9月:9:00~16:30
10月~4月:9:00~16:00
ただし、開館時間が短い上に天候にも左右されますので事前に横須賀市観光協会とかに問い合わせてみると良いと思います。
又は、以下のリンクの横須賀市観光案内のホームページ
を御参考にされると良いかと思います。
周辺の駐車場も掲載されて有りますしね!
ヨコスカ観光
横須賀市観光情報のページ「ここはヨコスカ 」←クリックするとリンクします!
IMG_1575
この展望台自体は、幕末にイギリス・フランス・アメリカ・オランダの要望を踏まえて国際条約に建設が盛り込まれ、江戸幕府解体後の明治新政府によって建設されました。
…国際条約ってね、国内法より優先するんですよ!知ってましたか?大人は当然知ってて当たり前ですよね?
日本の御隣の国が良く、日本との締結済みの二国間協定をしょっちゅう破りますけれど、あれって国際条約違反でして日本は賠償金請求したり交戦状態に陥っても変じゃない事をされているんですよ~。
まぁ、今回は綺麗な風景と近代要塞史跡と自然の紹介なので、その話は置いておきましょう♪

少し前に、この記事の「前編」で周辺の綺麗な海岸や神社とレストランを紹介したので、その記事も読んで貰うと観音崎の魅力がより伝わると思います。
2015-12-16-15-08-45
※リゾート地としての観音崎を紹介した記事はココ」←クリック!

さて、この観音崎の展望台に行くには、電車&バス か 車の二種類な訳ですが、もし車が有るなら駐車場は5ヵ所有りますので、交通手段と駐車場の場所をまず紹介します。
※駐車場は添付する画像を参考にして下さい!
観音崎周辺交通情報
【電車&バス】
●京浜急行線 浦賀行き  
 浦賀駅  下車→京急バス(浦  3観音崎行)乗車→観音崎バス停 下車→徒歩9分
●JR横須賀線横須賀行き
 横須賀駅下車→京急バス(須24観音崎行)乗車→観音崎バス停 下車→徒歩9分
※多々良浜に行く場合は腰越バス停を利用すると便利!
上記のような感じで交通の便は余り良い場所ではありませんが、その変わり真っ白な砂浜と緑豊かな森の展望台が有り、リゾート地として一昔前まで栄えた美しい場所です。
京急観音崎ホテルも有るので結婚式を挙げるカップルも多いです。
小生は多々良浜の真っ白い砂浜が好きなので、そちら側から灯台まで登る道を紹介して行きたいと思います。
2015-12-16-15-14-42
多々良浜の海岸の前にも県営の駐車場が在るので、車の方はそちらに停めると真っ白な多々良浜で遊んでから灯台に登ったり出来ます。また、観音崎自然博物館やレストラン"マテリア"もそちらが便利です。
反対側の観音崎駐車場側も、近くに観音崎京急ホテルがあり、そちらのレストランも有名です。
前回の記事でも紹介しましたが、小生は観音崎の隣の走水の「かねよ食堂」に好んで行ったりするので、観音崎で食事をした事はありませんが今度、機会を作って食べに行ってみたいと思います。
IMG_1584
この多々良浜の正面には多々良浜緑地公園があり、そこには古墳群も在るのですが現在は古墳は非公開に成っています。
2015-12-16-15-24-00
こちら側から遊歩道を散策すると、花咲く花壇の傍らに地名の由来に成った郷土史の解説がいくつかされた看板が点在しています。
2015-12-16-15-19-27
三浦一族が住み、かつ、地名と多々良氏の苗字の由来に成っている事からも恐らくは平安時代に、この一帯は漁村だけでなく蹈鞴(たたら)製鉄の場として機能していた刀剣や武具の生産拠点だったのかも知れませんね。
2015-12-16-15-23-01
この看板に書かれた領主:多々良義春と言う武将は、鎌倉幕府初代侍所別当を務めた和田義盛公の叔父に当たる方で、苗字は多々良ですが本名は三浦義春です。
昔の武士は、自分が直接支配する為に赴任した土地の名を自らの苗字にしました。
和田義盛公の場合、御父君は杉本義宗と言う武将です。祖父は三浦義明と言う源頼朝公に仕えた名将です。
なぜ孫が「和田」で子が「杉本」で三浦家の一族かと言うのは、正に彼らが治めた場所の城の所在地の地名を名乗ったからですね。
和田義盛公は今の三浦市初声町和田に最初の居館を構えていたから苗字を和田と名乗っています。
杉本義宗公は今の鎌倉市の浄明寺地区、杉本寺の在る山に築かれていた「杉本城」を根拠地にしていたから苗字を杉本にしました。
多々良義春公も、この多々良浜周辺を治めていたので多々良を名乗ったのでしょう。
御三方の族長である三浦義明公の一族は、この三浦半島、旧三浦郡を治めていた「平(たいら)」氏の武将なので三浦を苗字にしました。
三浦義明公のフルネームを書くと、現代人の感覚ではかなり長く感じます…
平(たいらの)朝臣(あそん)三浦大介(みうらのおおすけ=官職名=三浦郡知事)義明…となります。
つまり、現代人の感覚ではありえない事ですが支配する土地の、土地を治める為の官職名が苗字で、氏姓はどの家系の出身かを表すものなんですね。
2015-12-16-15-21-06
さて、公園に話を戻します。
2015-12-16-15-24-35
この金網の奥が古墳なんですが、イタズラするクズがいる為か封鎖されています。
この近くに、展望台に登る階段が在りますが可也(かなり)急です。
2015-12-16-15-26-35
階段を登ると三浦家の本拠地衣笠城と同じく尾根の両端を人工的に削り歩ける範囲を狭隘にした箇所が有ったりして、多々良家の詰めの城だったのかな?と推測させる地形だったりします。
IMG_1533 (2)
この道の両脇は人工的に鋭角にされた崖でした。
こんな道ばかりではないのですが、多々良浜側から登るとここを通ります。
しばらく行くと明治時代から作られた要塞の跡らしい地形が見え始めてきます。
IMG_1536 (2)
切通しですね。
IMG_1537 (2)
海抜の説明が有りますが、背後の切通しの断面は、三浦半島が地震で隆起している事が良く解る地層が露出しています。
関東大震災の時は三浦半島は50cm隆起したそうです。
その名残が解る元々の海底が露出した地形は、三浦半島西側の城ケ島で見る事が出来ます。
※城ケ島の風景の記事は「ココ」←クリック!
この切通しを抜けて暫く行くと、戦時中の輸送船に乗船していて米軍海軍の通商破壊で戦死した方々の慰霊碑の有る見晴らしの良い展望台に出ます。
IMG_1538 (2) IMG_1539
IMG_1541
今上天皇陛下御夫妻が昨年、こちらを御参りに成られて深い感情があり声を震わせながら鎮魂の慰霊で御来訪された事はTVでも報道されていました。
IMG_1545 ここからは東京湾が遠くまで見渡せます。 

IMG_1543 そして天皇皇后両陛下の御詠みに成られた鎮魂の和歌の石碑があります。
IMG_1547
IMG_1548
両陛下は先の戦争で武装もしていない罪無き民草が犠牲に成った事を、深く痛んでらっしゃいました。
IMG_1549 漁村が近いので、そんな事を知らない猫ちゃん達が沢山集まっている癒しの場でもあります(笑)。
IMG_1552 でも、この子達は触らせてくれなかった(泣)!
さてさて、ここからが史跡としての紹介です。
灯台の北側には幾つもの砲台の跡や地下壕に繋がる秘密のトンネルの入り口があります。
(もちろん、トンネルの入口は通用トンネル以外は塞がれて入れませんが。)
IMG_1553
典型的な近代のトンネルの造り。
IMG_1554 ここはまだ照明が生きてますけれど、照明の無いトンネルも有ってクソ怖いですよ~♪
で、第三砲台と言う場所の紹介です。

IMG_1557
明治時代に28cm榴弾砲と言う野砲が設置されていた場所ですが、説明書きには「28サンチ」って書いて有るのは誤記ですかね?ミリオタじゃないので、あんまり詳しくなく突っ込めません。
IMG_1556
砲台は塀に囲まれていた構造物でした。
IMG_1555
今では入れませんが、恐らく弾薬庫だった横穴の跡。
IMG_1561 今は梯子(はしご)はかかっていませんが、外の様子を見る為の階段なんかが現存していました。
…ここにいた猫ちゃんは、展望台の猫とちがって人懐っこくモフり放題♡でした。
IMG_1562
「眠いけど、せっかくだから相手してやるニャ~」
IMG_1567
…みたいな?
皆、丸々と太っていて近くの防衛大学の自衛隊の人達が面倒見てるんですかね?
さて、先程は明るいトンネルでしたが…
多々良浜側から行くと絶対に通らないといけない真っ暗なトンネルも有ります。
IMG_1572
…ここね、出口見えてるけれど真ん中くらいまで行くと足元真っ暗で平衡感覚無くなって色々と怖いんですよ。
しかも…
IMG_1573
なんか、鉄格子の秘密の扉とか途中に有るし!
急に扉に「ガシャンがシャン!」ってシガミ付くゾンビとか出てきそうですよね(笑)。
こんな場所の他にも、砲台によっては一部、トンネルが入れる場所も有ります。
IMG_1560
…入る気しなかったけれどね。幽霊とかどうでもいいけれど、それでも入る気しないのさ。
仮に幽霊がいても、明治の軍人さんだから日本を守ってくれた偉人なんで色々取材したいけれど、実際に見たら小便チビルだろうな(笑)。
IMG_1574
そのトンネルの先には、こんな切通しが在り、その更に先に観音崎灯台が在ります。
真っ暗なトンネル通りたく無い人達は、観音崎バス停側から登って来た方が良いと思いますよ~。
砲台は現地の案内地図上に表記されていない物もいくつか有ったので4か所ぐらいだったと思います。
猿島にまで行きたくない人は、ここに来れば明治時代の要塞の構造が解ると思います。
カップルには、観音崎灯台直通の道を御勧めします(笑)。
観音崎灯台直通の道
観音崎駐車場や多々良浜駐車場、どちらから歩いても徒歩8分位かな?

でも、観音崎海水浴場からも、多々良浜海水浴場からも少し離れた場所なんで、二人で手を繋ぎながらトンネル含めて豊かな自然を観察しながらお散歩するのも楽しいかと思いますよ!
様々な植物を見る事が出来る自然公園でもあるので、所々に説明書きも有りました。
IMG_1570
IMG_1571
解りやすいですね。
こういうの、ちゃんと読みながら散歩すると本当に面白いですね。 

観音崎、今回の記事は自然公園と合わせて要塞としての側面を紹介しましたが、前回の記事と合わせて周辺が素敵な海岸の、森も豊かなピクニックに最適な場所って少しは伝わったでしょうか? 

近くの走水神社は「日本最強(旦那様が軍神だからね)の縁結びの夫婦の神様」が神話上住んでいた場所のすぐ近くだったりします。
そして、神社自体も社殿の地下には神話の石室が本当に存在していたり、背後の鎮守の山に在る奥宮には古代から日本武尊が信奉した更に古い時代の神様達、天照大神の神明神社や素戔嗚尊や此花咲耶姫命の須賀神社、建御名方神を御祀りする諏訪神社も在ります。
そこは走水神社の元に成った古代の稲荷社の在った聖域だそうで、本殿で日本武尊と弟橘姫様御夫婦神に参拝した後で奥宮を御参りすれば、御利益も深まりそうですね! 


観音崎と合わせて走水神社も観光コースに入れると更に充実した時間が過ごせるかも知れません。
※走水神社の記事は「ココ」←クリック!

では、又、次の記事で御会いしましょう!






 

ブログネタ
旅に出よう! に参加中!
IMG_1578
三浦半島の東京湾側の先端には観音崎と言う観光地が有ります。
そこには江戸時代幕末に諸外国の要求で灯台の建設を求められて以来、東京湾の入口を照らす灯台が明かりを灯(とも)しています。
image
…あまり良い写真じゃないですが実際は凄く綺麗です(笑)。
この灯台の在る場所からの眺望はとても綺麗で、昔はこの海岸一帯がリゾート地でした。
海外旅行が一般市民にも珍しくなくなると少々、観光地としてはマイナーに成りましたが、その美しい風景は今も変わりません。
IMG_1584
近くには走水神社と言う日本武尊と弟橘姫の神話の舞台に成った神社が在り、縁結びの神様、そして料理の神様として若い人からも愛されています。
かねよ食堂と言う最高のロケーションのレストランも在ります。
因(ちな)みに川崎市高津区には弟橘姫様の古墳(宅地化されてしまってる)の正面に在る橘樹神社も在り縁結びの神社として江戸時代には有名でした。
※走水神社の記事は「ココ」←クリック!
※橘樹神社の記事は「
ココ」←クリック!
※かねよ食堂の記事は「
ココ」←クリック!
観音崎周辺
GoogleEarthnの衛星写真で観音崎を見ましょう。
灯台や走水神社が、そう遠くはないのが解るかと思います。もちろん、バス移動に成る距離ですが。
周辺には2~3館の美術館や海に面したレストラン、京急観音崎ホテル等もあり神奈川県民と東京都民のマイナー(失礼)なリゾート地として有名です。
確か、京急観音崎ホテルのレストランは地魚を使っていて美味しい事で有名です。
小生の弟夫妻はこの風光明媚な京急観音崎ホテルさんで結婚式を挙げさせて頂きました。
京急観音埼ホテルの公式サイト ←クリックでリンクします!

美術館やレストランの他に多数の釣り船屋さんと、海水浴場もいくつか在ります。
2015-08-22-17-22-04
走水海岸の海水浴場とか…
2015-12-16-15-08-45
…灯台周辺の海水浴場とか。
まぁ、本格的な海の家が出るのは走水海岸ですね。

観音崎の太平洋側の浜辺は東京湾でも貝殻が打ち寄せる地形の為か、海外の様に白い砂浜が広がっています。
2015-12-16-15-14-42
綺麗ですよね?もし散歩に行ったら絶対にゴミは捨てないで下さいね!
2015-12-16-15-15-16
貝殻の量から人工では無いと思います。
因みに、大アサリ(ホンビノス貝)の貝殻が多い様でした。
ホンビノス貝は元来、南米に生息する外来種ですが、南米から来る貨物船がバラスト水と一緒に運んで来てしまった物を、排水した際に一緒に放出され東京湾で繁殖したと考えられています。
ホンビノス貝の貝殻は大きいのですが脆(もろ)い為に、すぐ砕けるので観音崎に白い砂浜が出来る原因に成っているのかも知れませんね…
ところでコイツ、凄く美味しくて、築地や横浜の市場ではハマグリの代替品として親しまれ流通に乗っています。
珍しく生態系を壊す前に日本人に捕食され役に立っている外来生物ですね(笑)。
しかも、こんな綺麗な砂浜を作り出して。

良い処でしょう?
海外なんか行かなくても、横浜や東京や鎌倉からすぐ近くには、この三浦半島と言う素敵なリゾート地があり、若い恋人も、子育て中の若夫婦も、長年連れ添った夫婦も、何気な~く電車やバス、ドライブでも来れて散歩して食事して…
ゆ~っくり!とした優しい時間を過ごせるんですよ~。
博物館や美術館も在りますしね~。文化的な時間も過ごせると思います。

三浦半島は東京湾側だけじゃなく、相模湾側の城ケ島や秋谷海岸も素敵なんですよ~!
以前、記事にしたので、是非そちらの風景写真も見てみて下さいな♪
2015-08-15-17-11-43 2015-08-15-17-29-46
※秋谷海岸の記事は「ココ」←クリック
※秋谷海岸に在る素敵な地魚料理イタリアンの店‟DON"の記事は「ココ」←クリック!

小生は城ケ島も好きでたまに散歩に行きます。
近所の鮪水揚げ基地の三崎漁港で、鮪料理も食べられますしね!
城ケ島は東と西で全く風景が異なり海水が沖縄の様に綺麗なんです…

2009-01-03-15-45-57
東側は貝殻と海底から隆起した奇岩の海岸で…
2009-01-03-15-05-21
西側は太平洋に突き出した日本とは思えない雄大な岸壁の景色です。
そして隣の三崎漁港の三崎銀座商店街には…
御寿司の名店「紀の代」さんとか鮪料理居酒屋の有名な「黒羽亭」さんが在ります。
※城ケ島の風景と「紀の代」の記事は「ココ」←クリック!
※黒羽亭の記事は「ココ」←クリック!

付け根の鎌倉も素敵な風景を持つ御寺が沢山有って綺麗ですよね!由比ガ浜海水浴場や逗子海水浴場も有りますし。

三浦半島は11月位は果樹園で「ミカン狩り」が出来ますし、年が明けて1月位からは「イチゴ狩り」も出来ます。
天然温泉のホテルも有るので、是非!神奈川県内で時間をユックリ過ごして見て下さい♪
箱根温泉と伊勢原市大山温泉も宜(よろ)しくね~!

【観音崎周辺の浜辺と灯台と要塞】の後編明治時代の要塞観音崎の砲台群の記事は「ココ」←クリック!

では、又、次の記事で御会いしましょう!

休みを利用して坂本龍馬サンの奥さんの御龍サンの眠る横須賀市大津町の信楽寺を御参りしてきました。
和尚様に面会し、御話しを聞いたり…
昼間は走水海岸の、かねよ食堂でランチして… IMG_1498 (2)
三浦半島の先端の多々良浜と言う真っ白な綺麗な砂浜を散歩して…
IMG_1504 (2)
観音崎灯台の岬に登り東京湾を一望して…
IMG_1578
帰りに半島の降りる方向間違えた
((((;゚Д゚))!?
IMG_1585
反対側駐車場まで徒歩で超遠回するハメに
(-_-;)
image
無事に駐車場に辿り着いて車で横須賀市街地に移動。
横須賀ドブ板通りの名物U.S NAVY BURGER 🍔の名店、HONEY BEEで夕食をしました。
IMG_1592 (2)
勉強に成って美味しくて綺麗で迷子で楽しくて充実した休日でした。
尚、一人で行動した模様…それだけは寂しい。

ブログネタ
「夏の終わり」感じるのはどんなとき? に参加中!
神奈川県横須賀市走水海岸は、日本神話で日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘姫(おとたちばなひめ)様が滞在された御所の在った場所なのですが…
※以前、日本武尊と弟橘姫様の神話を紹介した記事リンクは以下
走水神社の記事は「ココ 」←クリック!
橘樹神社の記事は「ココ 」←クリック!
妙法寺の記事は「ココ 」←クリック!

そこに「かねよ食堂」と言う、とても素敵なレストランBarが有るんです。
小生、3年前に来てからずっと気に成ってて、今日初めて入ってみました。
御店の紹介の前に、走水海岸の素敵な風景を紹介させて下さい。
2015-08-22-17-08-50
走水は現代では素敵な落ち着いた海水浴場に成ってまして、その風景はとても綺麗です。
今日は夕方に行ったので散歩しているのも地元の人だけで、ゆっくりとのんびりとした感じでした。

2015-08-22-17-09-06
あおさ~(笑)
とても美味しそうに見えませんが、これが味噌汁に入るととても良い香りを立たせてくれます。
この海の8km先が、もう房総半島の富津岬です。
つまりここは東京湾の入口に当たる訳です。

2015-08-22-17-09-15
走水には漁船を係留する突堤が有るのですが、そこにかかる橋が又、素敵な風景に成っていまして…
2015-08-22-17-20-48
今日は夕日越しの桟橋の写真を撮れました。
逆に端から見る走水の砂浜と背後の観音崎に連なる丘の風景も凄く綺麗です。
2015-08-22-17-22-04
のどかでしょ~?
砂浜には今の季節、いくつか海の家も出店していて、泳いだ後でシャワー浴びたりする事も出来るちゃんとした海水浴場として機能しています。

この素敵な海岸に在るのが「かねよ食堂」です。
2015-08-22-17-08-34
「どこが食堂だよ!」
…と、ツッコミ入れたく成る程にオシャレな外観と内装の御店でして、地魚料理でお酒も飲める店でして通年営業しています。
御店主は海大好きサーフィン愛好家。
2015-08-22-17-48-22
海が好きで海で仕事してるって羨ましいですよね~。
そんな海好きな御店主の御店なので、砂浜にもテーブル席が準備してあり今の季節は予約すればBBQも出来るそうです。
2015-08-22-17-08-08
さて、何で小生3年間も気に成っていて入らなかったですが…
ここも前回紹介した秋谷海岸の「DON」同様に、アイドルタイムは予約でいっぱいに成っちゃう地元民の集う御店なんです。
だから混んでいて入店せず、外から「素敵な御店だな~」と散歩に来る度にずっと思ってました。
知った切っ掛けは「日本武尊」の伝承のある走水神社を参拝した際に、気まぐれでこの海岸を散歩したからなんですが…
2015-08-22-17-07-52
入口には食堂って書いて有りますけれど、繰り返しに成りますが名前とのギャップがとにかく有り、店内の雰囲気も素敵です。
2015-08-22-17-15-29
横須賀の中心からそんなに遠くは無い海岸なので、なんとなくアメリカンな内装で、店内はとても落ち着きます。
今日、小生と同行者は外の砂浜の席でお食事を頂きました。
2015-08-22-17-57-26
一人予算、食事だけなら1500円位でしょうか?
写真のメニューはセットの御食事なのでライス、スープとサラダも付き、料理自体も結構なボリュームが有り、きっと皆さんも満足する納得の食事を素敵な風景を見ながら出来ると思います。

今日は運転なので、又もや小生はノンアルコール生殺し(笑)。
前菜には地蛸(ぢだこ)のカルパッチョを…
2015-08-22-17-56-14
フレンチドレッシング仕立てでした。
2015-08-22-17-56-21
前回も「DON」で地ダコのカルパッチョを食べましたが、どうやら三浦半島はシラスとサザエとマグロ以外に、蛸も特産品の様です。…恥ずかしながら最近知りました。

ドリンクはバナナシェイクを…
そして料理は…「本マグロの鉢の身の網焼きwithラタトゥイユ」のセットを頂きました。
2015-08-22-18-14-25
この本マグロの頭の身、グリルされていて身が締まっているかと思いきや!
とってもフワフワと柔らかく、ラタトゥイユのトマトソースの優しい味で、美味しい上に「ほんわか」した逸品でした。
2015-08-22-18-14-31
又、食べたいな~。
結構なボリュームでしょう?男性も満足だし、これ2人で行って別の料理を頼んでシェアしても楽しいですよ。

良い御店でしょう?
是非!綺麗な雰囲気と美味しい料理を楽しみに、ついでに日本の神話と伝承を感じれる走水海岸と走水神社を御散歩がてら、この「かねよ食堂」さんに来てみては如何(いかが)でしょうか?

関係有りませんが漁村らしくニャンコが沢山いました…
2015-08-22-18-32-45
どの子も毛並みがとても綺麗だった♫

にゃ~ん
2015-08-22-18-32-14


では!又、次のブログ記事で御会いしましょう!


日本武尊(やまとたけるのみこと)と
弟橘媛(おとたちばなひめ)の夫婦神
漁師と料理人の神様の大伴黒主(おおとものくろぬし)
…その三人の神様をお祀(まつ)りする神社が三浦半島の走水海岸の御所ヵ崎近くに在(あ)ります。

付近は風恋明媚(ふうこうめいび)な漁村です。
釣船屋さんと地魚料理の食堂が立ち並びます。

今回ご紹介する神社の神様は川崎市高津区子母口の橘樹神社とも同じ夫婦神様の日本武尊と弟橘媛です。
川崎市の橘樹神社には弟橘媛様の古墳も一部分現存しています。
詳しく知りたい方は以下の関連ブログのリンクをクリックして見て下さい。
橘樹神社のブログ記事はココ←クリック!

さて、横須賀市の走水神社の御祭神(ごさいしん)が日本武尊と弟橘媛と大伴黒主である理由は、実は御三方はここに住んでいらっしゃったからなんです。
日本武尊と言えば日本を代表する武神であり軍神です。
弟橘媛はそのお妃(きさき=王様の妻)で、海上交通の神様で、浦島太郎伝説の乙姫様のモデルでもあります。
夫婦が揃うと文字通り"日本最強の縁結びの神様"の御利益を発揮される訳です。

走水神社のすぐ近くに小さな半島の"御所ヵ崎(ごしょがさき)"が在ります。
正に其処(そこ)が御二人が夫婦生活を営まれた「御所=高貴な人の館」の所在地だったのです。
だから神社の目の前は海♪
写真左上が御所ヵ崎。

そして御二方に海鮮料理を作り接待したのが"大伴黒主"様なんですね。
走水神社の氏子さんの話では大伴黒主様は後に日本武尊にスカウトされて古代大和朝廷(やまとちょうてい)に仕え総料理長に成ったそうです。
だから料理の神様なんですね。

関係有るかは不明としておきますが…
逸話の内容や古代服装からして、"大伴黒主様は七福神の大黒天"の日本でのモデルだと思います。
大伴黒主の時代の服装の方がより大黒天に近いですからね。
ただ、大黒様はインドのヒンドゥー教由来の神様です。
歴史的には古代の豪族大伴氏は天皇の近衛兵と水軍の管理を任された名族です。

走水神社の上からは走水神社を中心にした漁村が良く見えます。
港の左手には御所ヵ崎…
…海面の高かった古代では"浦"に浮かぶ"島"…浦島に見えたでしょうね。
湾を挟んで対を成す神明神社の在った半島…
埋めたてられる前は、走水神社を中心にして鶴が羽を広げた様な風光明媚な海岸だったんでしょうね。
航空写真を見て頂ければ、その位置関係と地形も一目瞭然…
しかし
明治時代に御所ヵ崎と神明神社の半島は明治政府に接収され破壊され砲台が築かれたので、それ以来入る事は出来ません。
誠に不敬で遺憾な事です。
ですので、心を痛めた東郷元帥や乃木大将や伊東祐亨閣下等の有志により、湾の中心に有る走水神社に橘樹神社と神明神社を合祀(ごうし=同じ神社の敷地内に神様をお引越しする事)しました。
日本武尊と弟橘姫の仮御所だった走水海岸の御所ヶ崎周辺からの眺望は素晴らしく、海に突き出し昔は島だったであろう御所ヶ崎と地続きの丘の上から見る三浦半島の海岸線の先には富士山に夕日が沈む姿が見られ、正に乙姫伝説の海の中の竜宮城の形容に相応し場所です。
image
御所ヶ崎の社殿は砲台建設時に明治政府によって接収され破壊されました。
御分霊だけ明治の元勲の中の信仰心厚い面々によって奥宮に保護合祀されたが古代の仮御所の史跡は永遠に失われ訳です。
CIMG1998
冬季であれば雑草も枯れて門の入口から中の様子が少しだけ見えます。
見学されたい方は横須賀市公園管理課に問い合わせて予約すると、御所ヶ崎砲台史跡として見学する事が出来ます。
走水神社から御所ヶ崎に行く途中には下の看板も有り簡単な説明が掲載されています。
CIMG1996

因みに神社には弟橘媛と日本武尊の暮らした御所ヵ崎の砂を"縁結びのお守り砂として無料配付(はいふ)"しています。
スプーン一杯分くらい持って帰ってお守りにして良いそうなので、小さなジップロックみたいな袋か和紙を持参して行くと良いですよ!
この神社の手水(ちょうず)は正に御神水とも言える自然湧水で、富士山系の腐り難いバナジウム天然水らしいです。
ですので、昔は船に積み込むミネラルウォーターに用いられたそうです。
同じ泉質の横浜市中区の打越の霊水は、やはり明治時代に遠洋航海する船の飲水や、同横浜市中区に在った幕末のキリンビールの最初の本社工場で使われた水も同じ泉質でした。
走水神社本殿自体は建て替えられたばかりの綺麗な社殿です。
写真撮り忘れましたすいません…
…面目無い_| ̄|○
神社内には弟橘媛と日本武尊が詠(よ)んだとされる和歌が刻まれた石碑も有ります。
走水神社は古代から此方(こちら)に在ったそうで、伝説では日本武尊が来る西暦2世紀より以前の紀元前には有ったそうです。
建て替えの際に社殿の床から伝説通り日本武尊から奉納(ほうのう=神仏への寄付)された冠(かんむり)を保管する石室の壁が出て来たそうです。
本殿横には弟橘媛の侍女を祀るお社もあります。
今も古代の石造りのお社が走水神社の奥宮に移築され祀らています。
右から…
須賀神社=素戔嗚雨之命(すさのおうのみこと
神明神社=天照大御神(あまてらすおおみかみ)
諏訪神社=建御名方神(たけみなかたのかみ)
つまり…
須賀神社=軍神と水運=日本武尊の信仰した神様。
神明神社=大和朝廷皇族の祖先神
諏訪神社=弟橘媛と大伴黒主の祖先神と同じ渡来系技術の神様。
…と言う感じです。
大伴黒主は別名:久応と伝わります。は日本武尊達を歓待した地元の豪族で漁民で料理人。横浜市神奈川区六角橋の宝秀寺は大伴久応の邸址と伝わり、そこに日本武尊が滞在した伝承が有る。走水神社の伝承では大伴黒主は日本武尊を接待した後に請われて後に古代大和朝廷の料理長に成ったそうだが、日本神話では日本武尊は岐阜県と滋賀県の県境に在る伊吹山辺りの神(豪族)に帰路を阻まれ三重県の鈴鹿辺りで病没しています。
史実としては大伴一族は水軍を率いて天皇家の御林軍も率いた一族なので、走水で日本武尊を大伴黒主様が歓待された事は神話とも整合性が有り、六角橋の大伴久応の伝承とも整合性が有ります。
つまり、大伴久応黒主様の正体は、東京湾沿岸部西部を支配した豪族だったのでしょう。
六角橋の近くには塩嘗地蔵(しおなめじぞう)と呼ばれる御地蔵様が鎮座していて、そこは火事で戦国時代に廃寺に成った神大寺と言う大寺院の参道入口と伝承します。
image
大伴久応邸址の在る六角橋近くには浦島町が在り浦島太郎伝説の舞台で有る事や背後の浦島町~新横浜駅近く篠原城址に繋がる丘は古代に海に面した半島で亀甲岬と呼ばれた事、その半島の一部だった鶴見区に亀甲山の地名が現存する事、現在の新横浜に太田道灌公が小机城攻略の前衛拠点として‟亀甲山城”を築いた記録が残る事、陸奥話記にも登場する源義家公与力武将の丸子宿禰家の所領も中原街道沿い川崎の対岸に丸子の地名が残り大伴家と同族である事から、古代の大伴家が支配した地域が陸海交通の要所だった事が解ります。
江戸時代に東海道神奈川宿が置かれた京急神奈川駅近くの幸ヶ谷~台町一帯は足利尊氏公の時代も交通の要所で権現山城が築城された亀甲岬の一部の小さい半島でした。
その重要性から古代に大伴家が支配したこの一帯は戦国時代も北条家臣で間宮林蔵や杉田玄白の一族の祖先に当たる間宮信冬公が活躍した権現山合戦の舞台に成っています。
2013-10-18-13-22-47

2015-11-11-15-18-51
出雲大社はじめ古代の水軍を司った出雲神族の家系は家紋に亀甲紋を用いる事から、現在の浦島太郎の物語は関東の日本武尊神話が元に成っている事も判ります。
浦島太郎が帰る家が無くなる様は、兄王成務天皇に皇位継承権を巡って帰京を阻まれた日本武尊の悲運を抽象化したものでしょう。
そして、その東征の目的は佐賀牟国の国司の内紛鎮定だった筈で、現在の神奈川県の地名由来に成った神奈川と呼ばれた地域、久良岐郡~橘樹郡~多摩郡(川崎市域)は古代大和朝廷の直轄地とされ神(かみ=支配する豪族)奈(無し)の地域が川の様に細長く設置されました。
郡衙と国府と延喜式内社と古墳と縄文弥生遺跡 久良岐のよし
それは、あたかも国境非武装地帯の体を成し武蔵国と相模国の国境地帯に重っています。
この佐賀牟国が相模と武蔵に分割され争乱を鎮めた事が垣間見える神無しの地域こそ、‟初代か二代目の”日本武尊の偉業が豪族紛争鎮定であり、天皇家介入による非武装地帯の設置の聖跡だろうと推測出来ます。
それを示す様に同地域には延喜式内社が存在していません。
本来ならば、この走水神社も延喜式神名帳に載るべき場所なのに掲載が無いのは奈良時代~平安時代初期に支配者豪族不在で上奏が無かったか大和朝廷から派遣された代官が働くに郡衙政庁として機能していた為でしょう。つまり、古代からの政庁機能が生きたまま神社には成らなかった場所だと推測出来ます。
更に、日本武尊の人物像に習合されている可能性の有る人物がいます。
雄略天皇の時代450年代~500年頃にも武蔵国造(むさしくにつくりのみやつこ)の乱が勃発しており、埼玉県稲荷山古墳出土した金象嵌鉄剣に彫られた‟獲加多支鹵大王(わかたけるおおきみ)”の名こそ雄略天皇であり多支鹵=武尊(たける)の名を継承した大将軍職の尊称だろうと推測出来て、日本武尊神話に複数人の事績が後から習合されているとされる説が根強く有る事も理解出来ます。
応神天皇の別名が大鞆和気命(おおともわけのみこと)や誉田(=多)‟別”尊(ほんだわけのみこと)である事から「和気(わけ)」「別(わけ/わか)」の「わか/わけ」が獲加多支鹵大王の「獲加(わか)」に通じ、「稚」にも通じる音である事から、「ワケ/ワカ」は仁徳天皇以降使われなくなり現代には伝わらない皇族の青年将軍に対する尊称であったと解釈出来ます。
下の写真は延喜式神名帳に掲載される相模国四之宮前鳥神社です。
CIMG1722
相模国四之宮前鳥神社の主祭神で京都の宇治市から神奈川県平塚市に移住した応神天皇の皇子、莵道稚郎子(うじのわけのいらつこ)命(のみこと)は、やはり御名に「稚」の字を含んでいます。
前鳥神社の近くには、その御陵と推測される真土大塚山古墳も在り古代大和朝廷や卑弥呼が魏の皇帝曹叡と丞相の司馬懿仲達から送られた200枚の銅鏡に繋がる三角縁神獣鏡が発掘されています。
莵道稚郎子命は日本で最初に漢学(兵法や儒学や雅楽)を学んだ人物とされています。
中世~近世の武士達が当主の嫡子を「若(わか)様」と呼んだのも、この古語の名残でしょう。
この関東で活躍した日本武尊の叔母君の倭姫命が卑弥呼で景行天皇が卑弥呼の弟ならば、走水神社は初代日本武尊の聖跡となり時代的にも史実と誤差が近く成ります。
そもそも卑弥呼も卑弥呼(ヒミコ)=日巫女(ひのみこ)や媛御子(ひめみこ)の音に通じる事から、皇女(内親王)が受け継ぐ斎王職の原型の役職名だった可能性も有る。奈良~平安時代に斎王が支配した伊勢神宮で日本武尊が叔母の倭姫命から神剣を貸与され与力に大伴家を付けられている事からも、六角橋と走水の伝承に整合性が認められ、倭姫命は古代の斎王で正体は卑弥呼本人か、中国で卑弥呼の当て字に翻訳されたを官職名として斎王職の原型の女性宮司を継承し務めた皇女(内親王)でしょう。
この走水の海岸から日本武尊は房総半島の富津へ渡って行きました。
パワースポットでもありますが…
古代へのロマンを感じる場所です。
そんな訳で、景行天皇の皇子で関東鎮撫の大将軍を務めた初代の日本武尊であろう神様と、御妃様の弟橘姫様が仲睦まじい御夫婦の神様だった事と、更には走水神社の社伝で料理達者であったであろう大伴久応黒主様の家系は親衛隊や水軍の将を務めた歴史事実、東郷平八郎元帥達、対馬海戦でロシア帝国の大軍勢を撃破した名将達の崇敬した神社としての実績も有ったりする場所なので戦勝祈願の聖地として紹介しても過言では無い事、それら全ての御利益に預かれる場所である訳です。
皆さんもどうぞ、参拝して日本武尊と弟橘媛様と大伴黒主様に想いをはせてみては如何でしょうか?
近くには「かねよ食堂」と言う素敵なCafeレストランBarと、走水名物の海苔の生産直売をする「ながつか水産」さんも有ったり、昔から東京近郊の御金持ちにリゾート地として親しまれた観音崎灯台や観音崎要塞史跡、多々良浜も有ります。
走水神社に関連する橘樹神社さんもブログ冒頭でリンク貼った関連記事も読んで見て下さい!
きっと皆さん中で歴史の紐が結ばれ繋がりますよ〜♫


周辺の観光地も素敵な場所です。
皆さん、ここに来て散歩してみませんか?
そして、御近所の神社仏閣や城址も御散歩して見て下さい。
近所の小さな神社や御寺や御城の址の山にも思わぬ歴史偉人や武将との関わりが有るかも知れませんよ?

では!又、次のブログ記事で御会いしましょう!

朝から由緒ある神社にお参りに来ました。
橘樹(たちばな)神社と言う日本神話にも登場する神社で、弟橘媛(おとたちばなひめ)をお祀りしています。
この姫神様は日本の軍神:日本武尊(やまとたけるのみこと)の御后(おきさき)様です。
二柱(神様の人数を数える単位は"柱")は夫婦一組で"縁結びの神様"として御利益が有ります。
日本武尊は日本最強の軍神なので、弟橘媛御夫妻は文字通り"最強の縁結び"の神様なんです(笑)。

この神様、実は台湾の媽祖廟の神様とも同一視されており日本と台湾友好の神様でもあります。

そして、浦島太郎伝説の乙姫(おとひめ)様のモデルに成っている古代の人物で神様に成られた方です。
弟橘媛と日本武尊が一緒に過ごした場所が神奈川県の三浦半島の横須賀市にある走水海岸の御所ヶ崎(ごしょがさき)と言う場所で、そちらにも明治時代までは橘樹神社がありました。
明治時代、日本に来航する西欧列強の亜細亜侵略が激しく、外国軍船の侵略に備え御所ヶ崎の橘樹神社は明治政府に接収されてしまい砲台が築かれ破壊されてしまいました。
御所ヶ崎は正に「海中に浮かぶ島」=「海の中の島」と呼べる地形なんですね。
写真は走水(はしりみず)海岸。
此処(ここ)から日本武尊は房総半島の富津に渡りました。
今では公園化されていますが、神社の在った砲台跡には未だに入れません。
走水神社に伝承する御所ヶ崎と川崎市の橘樹神社の神話を説明します。
日本武尊が東征する際、奥さんの弟橘媛様と御所ヶ崎で3年間過ごした後、海路房総半島を目指すのですが今と同じくらい浦賀水道の流れは早く、当時は更に海が荒れ渡航できずにいました。
そんな中、弟橘媛は夫である日本武尊に愛してくれた事と三年間の生活が幸せだった事を告げると自ら東京湾に入水自殺し人柱(ひとばしら)に成る事で海の荒波を沈め旦那様の渡航を助けたそうです。
戦国時代もそうでしたが、今の東京と千葉の間には江戸川=隅田川と利根川が流れ江戸城や国府台城や葛西城等の要害地域が沢山あり陸路東征は困難だったのだと思います。
まして弥生時代〜古墳時代は今より海面が高く平地は少なかったですからね。

昔の海岸線
この通り…神話の頃の縄文〜弥生時代は殆ど海の底。

今も貝塚や神社のある地域は不思議と当時の半島の上。
…つまり、そう言う事なんですよ。
歴史を知っていれば分かりますが、二酸化炭素で地球温暖化なんて「大嘘」なんですよ。
寧ろ長い歴史の中で氷河期でもないのに今程に陸地が広いのが異常な状態。
水没地域が増えて正常なんですね。

さて…

弟橘媛入水自殺の、その7日後に弟橘媛様の櫛(クシ)が流れ着いたのが、今の橘樹神社のある橘樹郡だったそうです。
因(ちな)みに袖が流れ着いたのが千葉県の袖ヶ浦かな?
だからか、千葉県にも橘樹神社はあります。

話を川崎市高津区の橘樹神社に戻します…

橘樹神社は今では神主不在の住宅街の中の神社ですが…
昔は神域の規模も広かった様(よう)です。
しかし、大半が農地として開拓されてしまっていたので昭和の高度経済成長期に無文化な神奈川県教育委員会が宅地化を見過ごし乱開発され、結果的に旧社域内の小さい御社は散り散りに分散してしまいました。
この写真に写ってる範囲全てが昔の神社の敷地と推測され、尚且つ古代の橘樹郡の郡役所、つまり政庁機能を有した城だったと考えられています。
少し前までは有名な神社だったんですよ。
幕末に政治家/軍人としと勝海舟と供に活躍した剣豪で新撰組の前身:浪士組を編成した"山岡鉄舟"も、この神社を訪れ短歌を詠んでいます。

神社には今も彼が句に詠んだ御神木の"松"の大木の枯れ木が有ります。
上の写真で神社の背後に見える住宅街に成ってしまった丘には、今でも弟橘媛の御陵と伝わっている富士見台古墳の破壊された残った一部分が現存しています。

橘樹神社の裏の住宅街は弟橘媛の「巨大な円墳」の跡です。
写真見て貰った方が解りますね。
      
bf37c2b1-s 

写真の中心やや上寄りに「●子母口富士見台」と表示の有る場所がありますよね?
その直(す)ぐに左、十字路の直ぐ下の茶色畑みたいな色の場所が古墳円形部の最高部です。
そこから真下に行った写真一番下の緑の屋根が「橘樹神社の社殿」です。

「●子母口富士見台」の近くの古墳最高部、そこを中心に周りの住宅街を見て下さい…
円形に並び、古墳円形部の形と巨大さがそのまま見てとれますよね。
教育委員会は円墳と言っています。

皇族や神様の古墳は入口に神社や鳥居が有ります。
その背後には古墳を囲む「堀(ほり)」が置かれます。

橘樹神社の社殿の裏は正に堀割状(ほりわりじょう)の地形の「谷」に成っている上、先程説明した富士見台古墳残存部を中心にした巨大円形台地の下に入口の様に神社が有ります。

神社〜古墳の残存部分までの散歩道、付近には元々の地元民の皆さんの郷土愛と信心深さを感じられる程、散り散りに分散された旧神社域の小さな御社廟は今でも沢山残っていました。
昔は橘樹神社と一つだった、お隣の実相寺にも天神様の小さい御社があり…

住宅街の中には土地神様を祀る御社も在ります。

弟橘媛の御陵の残存部は、近年、県の教育委員会の怠慢で土建屋に半分削られて破壊されてしまいました。
写真左のコンモリした丘は弟橘媛様の御陵の一番高い部分のほんの一部の残存部です。

…てか!
これ…
…明らかに石室狙って土建屋に破壊→盗掘された痕(あと)じゃね〜か(´Д` )?

本当、神奈川県の教育委員会は土建屋の文化史跡破壊に協力的だな?
オイ!((((;゚Д゚)))))))マジメにヤレ!

古墳の説明看板

古墳の先端の削られてない側。

古墳の頂上。

頂上から見た朝日…

土曜日の早朝、橘樹神社をお参りし清浄な空気を感じれて幸せでした…。


↑このページのトップヘ