歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:金沢北条家

間宮家臣荒井家、中世には荒井家単独で鎌倉幕府征夷大将軍と室町幕府鎌倉公方の崇敬を集めた瀬戸神社の琵琶島弁才天の二重橋の架橋を許され、それを建築奉納出来る家格と財力を誇った鎌倉~室町時代の荒井家の幻の城址❝荒尾城❞は金沢文庫駅~六浦上行寺裏の浄願寺跡~権現山~御伊勢山全域が城址と思われます!
横浜市が開発利権の為に存在を認めたがらない“荒尾城跡”と推測出来る地形が金沢区六浦に存在するのを小生は藪漕ぎして突き止めました。 
入口は横浜市金沢区六浦の六浦山上行寺を目印にすると良いです。
DSC_0241
六浦山 上行寺この御寺の前まで昭和初期まで海が広がっており鎌倉の外港の六浦湊(みなと)として機能し、平安時代末期~鎌倉時代初期までは坂東武者として武勇名高い千葉家の船着き場で大檀那は当時は千葉家臣だった富木(とき)家でした。
CIMG4111
なので本堂の前には船を繋いだ松の跡が日蓮上人の史跡として記念碑が建てられ語り継がれています。
CIMG4065
平安時代から存続し鎌倉時代~室町時代初期にかけて非常に栄えた寺院ですので、鎌倉文化らしい矢倉が境内や周辺の山中や隣接地の廃寺跡の“スシロー”駐車場等に多く存在しています。
CIMG6408
ここの境内には“旧六浦文化研究所”が在り、横浜市域に置ける中世文化保護の拠点として近年まで機能していました。現在、その役割は神奈川県立金沢文庫に引き継がれています。
CIMG6409
この上行寺の背後には“城マニア”が歩くとどっからどう見ても“山城”な人工地形で溢れ返っているのですが、横浜市は城として話題にすら上げません。その城址と尾根続きの尾根の前には、やはり横浜市が開発利権の為に消滅させた“浄願寺跡”が存在した。
上行寺東遺跡
(※遺跡と言うのは嘘で、横浜市が破壊容認した六浦山浄願寺跡の巨大プラスチック製レプリカ)CIMG6416
この浄願寺は源頼朝公と頼朝公の親友だった真言宗の高僧文覚上人が一緒に開いたとても格の高い寺院で、鎌倉時代末期には京都は仁和寺の僧侶で徒然草の筆者として有名な兼好法師こと吉田兼好も滞在した場所でした。
CIMG6413
当時は浄願寺跡のマンションの丘の眼前に広がる平地は六浦の港、兼好法師が日々眺めた風景は、さぞ綺麗な風景だった事でしょう。
CIMG6411
これらの事実が浄願寺の後継寺院で金沢区町屋に存在する龍華寺に伝承しているのにも関わらず浄願寺跡の上行寺東遺跡は約30年前に横浜市と某建設会社と某大手不動産会社によってライオンズヒル金沢八景が建設され消滅させられました。
この遺跡は東大歴史編纂所の故:山中裕教授等の多数の著名な歴史学者が保護を訴えたのにもかかわらず横浜市は消滅させました。
そして時代は下って34年後、小生はその背後に荒尾城址と思われる地形を発見した訳ですが、恐らく以前からも多くの城マニアや日蓮宗信徒の方や千葉家臣団や三浦水軍に興味の有る人は御存知の方もいた筈です。
上行寺には日蓮宗に改宗する切っ掛けと成った日蓮上人(以下日蓮和尚御存命当時の尊称の上人を用います)の有名な船問答の伝承が有ります。日蓮上人と同じ船に乗船した千葉家臣の富木胤継公が当時は真言宗だった上行寺を管理していたのですが、その見識と法話に感銘を受けて同寺への滞在を請い、そのまま改宗したそうです。
2015-07-29-11-38-55
本牧山 妙香寺・・・国家君が代、吹奏楽、テニスの発祥地
※太字御寺の名前をクリックすると以前書いた紹介記事にリンクします。
国家❝君が代❞の発祥地である横浜市中区本牧の妙香寺も前身寺院は弘法大師空海和尚が開いた東海寺と言う真言宗寺院でしたが、やはり日蓮上人の滞在が有り、当時の地頭の佐藤家が檀那だったので感銘を受けた佐藤家によって日蓮宗に改宗した歴史が有ります。恐らく、この妙香寺の本牧の丘のふもとに当時あった蒔田湾の港から船で金沢六浦まで移動したのでしょう。これが船中問答の発端に成った筈です。後に富木胤継公は出家し、日蓮宗の大本山、中山法華経寺の初代住職と成っています。
そして戦国武将で関東最強の北条綱成公の付家老で北条家相模十四騎筆頭だった間宮康俊公率いる間宮家の武将に荒井家がおり、その荒井家の祖先が六浦湊の上行寺を支援し杉田湊に妙法寺を開いた日荷(にちか)上人の俗名が❝荒井平二郎光吉❞でした。
2015-01-21-13-16-37
牛頭山 妙法寺
※太字御寺の名前をクリックすると以前書いた紹介記事にリンクします。
荒井家は恐らくは三浦一族の新井氏と同族で鎌倉時代、宝治合戦が起きるまでは三浦市三崎町油壷の新井城にいた一族の末でしょう。荒井と新井は両方とも水軍に長けた一族でした。
三浦本家が滅んだ際に佐原三浦家と供に北条家に臣従したのかも知れませんね。北条家宗家の領国には駿河国が有りましたが、実は和田合戦や宝治合戦で三浦一族と戦った北条家は三浦一族を自分の国で細々と家臣化させて生き長らえさせてた節があり、朝比奈や三浦や由比と言った三浦一族の姓を持つ武将が戦国時代まで存続しています・・・
磯子区杉田の妙法寺近くの杉田八幡宮の別当を代々継承したのが三浦家で、油壷の新井家は三浦一族と伝承します。そして妙法寺の開基は日荷上人であり大檀那は現在も荒井家です。そして江戸時代に荒井家を家臣としていた杉田間宮家の御廟所も未だに杉田妙法寺に存在しています。
荒井と新井は恐らく同族な訳ですが、更に荒井平次郎光吉公は平次郎の名を持つので歴史常識を照らし合わせれば平氏の人間であり、三浦家は平氏の一族です。
この日荷上人は出家前に鎌倉幕府の北条家の武将だったと伝わりますが、鎌倉幕府は1333年に滅亡しています。出家の時に師僧と成られたのは中山法華経寺の第三世住職だった日祐上人だったそうです。
この日祐上人ですが、後醍醐天皇により❝建武の新政❞が行われた建武四年(1337年)に日祐上人が六浦の荒井邸に滞在した事が“如来滅後五五百歳始勧心本尊抄(かんじんほんぞんしょう)”と言う日蓮上人の遺産の写本から証明されているそうです。
・・・つまり、鎌倉幕府消滅の4年後に六浦に住んでいる旧北条家臣で荒尾城主だった荒井光吉公は、恐らくは北条宗家の北条高時公の旧家臣では無く、場所柄を考慮すると六波羅探題として関西を統治する役目を担った金沢(かねさわ)北条家の北条貞将公の旧家臣だったのでしょう。日荷上人は武士を辞してからは水軍を活かして廻船商人に転身していた様です。
この金澤北条家で一番有名な・・・と言うか、鎌倉時代最大の文化人として有名な北条実時公が邸宅の隣に日本初の私設図書館を開き、これが後の金澤文庫の地名由来と成り、邸宅が後に子孫によって稱名寺として寺院化されています。
DSC_0212
金澤山 彌勒院 稱名寺つまり、鎌倉幕府滅亡後に荒井光吉公は商人と成り、恐らく上行寺と同様に旧主金沢北条家の菩提寺として稱名寺を守りながら、その御縁で仁王門の仁王像を譲り受ける“賭け”に勝ち、身延山まで輸送し奉納したのでしょう。この仁王像、背中に担いで運んだと伝承が有りますが、まぁ~それは物理的に無理でしょうから人力で運んだ事の比喩が伝わっているんでしょう。
そんな自然信仰マニアの源頼朝公や仏教の偉人の文覚上人や日蓮上人や富木胤継入道日常上人や荒井光吉入道日荷が関わり宗教的にも大切な六浦の土地が宗教的な聖地な訳ですが、その地形は鎌倉の玄関口と成る金沢六浦湊を守るに適した地形に在ります。・・・ハッキリ言って城。
荒井光吉公が武士だった時代は鎌倉の玄関口としての六浦港を守る城だったんでしょう、そして領主は荒井光吉公、荒井光吉公の守備した城は荒尾城、と成れば御伊勢山~権現山~笠森稲荷~浄願寺跡の山が荒尾城だったと考えるのが自然です。
金沢区能見台~赤井稲荷~能見堂~釜利谷東の丘に存在した青ヶ台城(本来なら青野台城と呼ぶべき)の方が金沢北条家最後の居城として有名だったので、文献にも登場しない荒尾城は歴史家から着目されなかったのかも知れません。
青ヶ台城遺構の残るのが能見堂跡で、これは景勝地として江戸時代初期まで有名だった場所です。
CIMG4727
青ヶ台城址(能見堂跡~能見台森~釜利谷緑地)
※太字の城址名をクリックすると以前書いた紹介記事にリンクします。

話を上行寺裏の権現山に戻します・・・
城マニアの小生が見ると浄願寺跡~権現山~稲荷山地形はどっからどう見ても衣笠城や青ヶ台城と似ている鎌倉時代の山城なんですよ。
CIMG6413
戦後の横浜市は開発利権に忖度して隠蔽しようとしたのかは解りませんが議論される事はありませんでした。てか、横浜市は城址の発掘調査に城郭専門家入れない事ばかりなんですよ(笑)。
それでも20年前に城郭専門家ではない先生達は自然と文化財の密集する重要区域として保護を訴える形で“金沢八景御伊勢山・権現山周辺文化財調査報告書”を纏め上げて下さったので、小生達は横浜市立中央図書館に行けば調査報告書を読む事が出来ます。
これ等の先生方の偉業、小生が後世に伝えずして何の歴史オタクだろうか・・・
小生は只の行く先々の綺麗な風景と史跡と郷土料理を愛する食いしん坊な歴史オタクだ。
・・・と言うのが今回の記事の投稿の発端に成りました。小生の実名など世に知られず、金にも成らず、現世に生きる小生の手柄に成らなくて良いですよ(笑)♪ 
上行寺~権現山周辺地形 久良岐のよし
地形図で見ても竪堀や堀切が見える程!
城郭研究で権威ある人物による調査支援を求む!
てな具合で、先ずは昨日撮影して来た写真を並べてみたいと思います。
CIMG6409
この階段が上行寺東遺跡の跡地(浄願寺跡)への入口ですが、恐らく浄願寺も大手口の要塞として機能していたの思います。
CIMG6410
その直ぐ先にはクランクした切通し状の地形が有りますが、この地形は上行寺の御住職様に確認した所、昔から存在する道を拡張したもので以前からクランクしていたそうです。
・・・食い違い虎口ですね。
先に進むと階段が在り、そこに小さな御社が在ります。
その御社の反対側には浄願寺跡に向かって供養塔が在ります。
CIMG6415
恐らく、この平場は近年の削平ですが、この台地も昔は曲輪の一つだったと思います。
CIMG6417
下に降りるとさっきの食違いの場所。
CIMG6418
そこから西に向かって伸びる上行寺の墓地は帯曲輪状に成っており上行寺の境内まで続くので、どうやら上行寺も虎口だった様です。つまり寺であり虎口の防塁として期待された配置だった様です。
もしかしたら浄願寺も源頼朝公が聖地霊場としての意味と、六浦湊を守る権現山の要塞の大手口を守る機能も合わせて開いた御寺だったのかも知れませんね。
CIMG6419
先に進むと林道は藪化していますが、今の時期なら蚊も蛇もいないので藪漕ぎしながら安心して歩けます。
CIMG6420
人工的に切り残された岩盤が台地状に成っており、横をすり抜ける順路でしか先に進めないのでこの岩場も曲輪の名残りだと思います。
CIMG6422
山裾は全て海蝕岸壁と言う訳ではなくと、下には上行寺始め谷戸構えの寺院が存在し、おのずと鎌倉時代の裾切り山城に見られる城壁と化しています。
CIMG6423
ここは左右の崖地が前後より尾根より竪堀状に抉(えぐ)れていました。
CIMG6424
そしてココは明らかに尾根を断ち切り敵の侵入を防ぐ堀切地形で引き橋が架かっていたと推測出来ます。同様の構造は衣笠城にも有ります。三浦半島の観音崎多々良浜は三浦一族多々良家の所領で観音崎灯台や近代要塞へと続く尾根道も同じような裾切りされた細い尾根に加工されています。
金沢北条氏の初期の邸宅跡の稱名寺を囲む谷戸の稲荷山は金沢城と推定されており、やはり同じ地形に人工的に加工されています。
CIMG6426
ここは権現山方面に伸びる尾根ですが、やはりこの箱状地形を巻く様に道が付けられており、ここも曲輪だった事が推測出来ます。
CIMG6425
・・・落ちたら死ぬyo~♪
CIMG6428
竪堀状地形の尾根の抉れだったかな?
CIMG6435
まぁ、明らかに連郭式山城ですかね。
CIMG6436
権現山の頂上。ここから上行寺~御伊勢山~笠森稲荷側に分岐します。
ここは以前からの削平地で現代の削平では無いので、城址の重要な曲輪で恐らく本丸か二の丸の様な役割を担っていた場所だろうと思います。鎌倉幕府が終焉を迎えて荒井家が守備を放棄した後、小栗判官と照手姫伝説の頃には盗賊の拠点と成っていた熊野権現の御堂が有った事が解る記述が万里集九の書いた梅花無尽蔵に掲載されています。
神奈川県立金沢文庫の学芸員さんの論文によるとそんな景勝地の権現山に万里集九禅師も鎌倉観光のついでか遊覧に来て以下の漢文で詩を残しているそうだ・・・
題名:入武蔵
同日有山曰権現堂(山有りて権現堂と曰(い)う) 
即相武両道之界(すなわち相(相模国)武(武蔵国)の境界である)
古云群盗所聚也
今則不然也
蓋昔有堂歟
駅樹風声入武州
山名権現憩無楼
旅衣未脱昏鴉尽
聊借民爐嘗濁蒭
・・・これは万里集九禅師が金沢区一帯に伝わる小栗判官と照手姫の伝説の一説の舞台として当時は権現堂と言う盗賊の巣窟に成っていた御堂が有ったのですが、万里集九禅師が生きていた戦国時代初期には既に無くて云々と同地を訪問した際に一般人と話している様子を詩にしている訳です。
そこに「権現堂」の名と「相武両道之界」と説名が有り、六浦は正に相模国鎌倉郡と武蔵国久良岐郡の国境だったので、この一文が権現山の地名由来の説明とも成る訳です。
権現山~笠森稲荷~東照宮跡に向かう方の尾根。
CIMG6439
先にズンズン進みます。
CIMG6440
CIMG6441
CIMG6442
CIMG6443
CIMG6444
ここ!
CIMG6445
帯曲輪状の地形と竪堀だと思う。
CIMG6447
そしてココは東照宮跡方面と、もう一つ北側の横浜市大が在る尾根との谷間。大空堀状に成っている。
恐らく緩やかな傾斜だった場所を掘り下げ拡張して空堀にしていると思う。
ここから権現山に戻り反対側の御伊勢山方面へ・・・
CIMG6450
ここも尾根の先の方から来る敵を迎撃する構造に山が切り残されていた。
CIMG6451
道幅も狭く残雪で少し危険かな。
CIMG6452
そこを抜けると普通に山道に戻る。
CIMG6458
御伊勢山から見える多分、長生寺方面を見た風景。
まぁ、写真に撮り損ねた平場なんかも沢山有って山城好きな人が見たら完全に城なんだよね。
そして、江戸時代の六浦藩米倉家が金沢八景駅と笠森稲荷の辺りに陣屋を置いたのも、有事の際に要害性の高いと言うか城としての機能を手入れすれば使えそうな荒尾城址が権現山だったからだろう。
まぁ~小生一人の意見では何とも説得力が低いので、城ファンに援軍を請う訳だ。

歴代無教養系市長と横浜市教育委員会の城址破壊と自然公園破壊容認の悪事に抗い後世に自然と歴史の遺産を残す為、日本文化を愛する純潔日本人と親日外国人と富裕層と能力と見識の有る人々が蜂起して、力を貸して欲しい!

・・・本日、素人歴史オタクの小生のお散歩(調査)♪では同地の地形山々は全てが人工的に裾切りされた切岸、大きな竪堀が穿たれ、尾根には堀切、夥(おびただ)しい帯曲輪群、そして自然地形を裾切りし拡張大空堀が現存した。
そして新たに中世山城の荒尾城址として城郭ファンに知れ渡る事を期待する。
古代人や歴史偉人が守った横浜市域の古代からの自然崇拝の聖地と貴重な蛍の大生息地の水源と城址文化と歴史・・・
後世に残す為に城郭オタクと専門家、自然風景愛好家、蛍保護活動家の支援を求む!
目下横浜市長によって消滅の危機に瀕している円海山瀬上沢の蛍大生息地と、城址としての歴史を認めない今回の荒尾城、続日本100名城に選定された上で横浜市史跡認定が未だ行われない小机城、これらの場所が史跡認定されたり自然保護区域認定され、東急等の不動産会社の日本文化と宗教と歴史と自然環境軽視の開発利権から守り通せる様に我々横浜市民が守れと騒いでる場所へ援軍と成るリアクションを起こして欲しい!

_以下少しドロドロした市と開発業者への文句_

五十猛命、日本武尊、弟橘姫様、大伴久応黒主公、笠原直使主公、善無畏三蔵法師様、弘法大師空海和尚様、平高望王、平良文公、菅原景行公、菅原淳茂公、源義家公、久良木三郎通継公、源頼朝公、遠藤盛遠入道文覚上人様、和田義盛公、佐々木高綱公、多田行綱公、平子有長公、今井兼平公、佐々木泰綱公、金沢北条実時公、名越北条宗長公、見真大師親鸞和尚様、立正大師日蓮和尚様、富木胤継入道常修院日常上人様、覚山尼様、金沢北条貞顕公、金沢北条貞将公、守邦親王様、権僧都長円親王様、用堂女王様、荒井平次朗吉光入道日荷上人様、宅間上杉重兼公、宅間上杉憲清公、宅間上杉憲直公、万里集九禅師様、太田道灌公、蒔田吉良成高公、間宮信冬公、北条氏綱公、間宮信盛公、多目元忠公、間宮信元公、間宮常信公、笠原信為公、蒔田吉良頼康公、宅間上杉房成公、笠原政尭公、中田加賀守公、臼居久胤公、臼居杢右衛門公、中田鶴野姫様、宅間上杉富朝公、北条綱成公、間宮康俊公、間宮綱信公、北条氏繁公、間宮康信公、宅間上杉規富公、板部岡江雪斎公、石巻康保公、間宮信繁公、間宮於久様、間宮於継様、天秀尼様、間宮直元公、本願寺良如上人様、間宮忠次公、間宮士信公、任蓮社然誉了鑑和尚様、歌川広重先生、山岡鉄舟公、お龍さん、ジョン・ウィリアム・フェントン先生、ウィリアム・コープランド翁、伊藤博文公、大山巌公、渋沢栄一公、渡辺忠右衛門翁、浅野総一郎翁、原三渓翁、フランツ・エッケルト先生、有吉忠一公、渡辺はま子女史、島津忠秀公、柳家小さん師匠、中澤忠雄先生、桂歌丸師匠(笑)・・・
古代から中世の人々が守り伝え江戸時代の人々が保護し明治の元勲と聖商達が文化自然保護と開発を両立して大事にし近現代の文化人が語り継いで来た文化と史跡と貴重な自然と古代の聖地が、これ以上横浜から無文化市長と教育委員会と悪徳建築不動産関連企業に消されません様に・・・
多くの歴史と自然と日本宗教を愛する義士が蜂起し悪事を暴き出し拡散し、未調査、未自然保護区指定、未史跡指定の場所が市指定文化財や自然保護区域指定を受けられます様に・・・

そして、呪詛と言う訳では無いが…
歴史と日本文化と日本古来の宗教と聖地と自然を軽視し神奈川の事を調べもせずに無碍に開発を勧める企業担当者と経営者、それを容認する一部の教育委員会職員の中と一部の歴代市長と政治家に神様仏様とマリア様とキリストの神仏の罰が直撃し改心を促して下さいます様に。
・・・ん?呪詛だこれ(笑)。

まぁ~天罰神罰と言うのはオカルトな話だけでは無くて自分の心の中から湧き上がって来て抑えられなく成る物だ。それが失敗や動揺や判断ミスや病気を起こすもんだから逃げる事は出来ないわな。
困った時だけ厄払いしたとて何の役に立つものか(笑)。
仏教的に言えば利己的な邪(よこしま)な心が邪な物と不浄な物を呼び込むわけだ。
神道的に言えば普段から茅の輪も掲げず潜らずのままでも、忌むべき事が起きた後じゃ既に災難起きてるわな(笑)。普段から氏神様と土地神様と皇祖神に御挨拶して日々の生活を感謝してこそ、御先祖様や土地神様や諸々の神様が守ってくれるってもんだわな。

仮に遺跡や宗教聖地や自然を破壊した後で「ごめんなさい」と言っても取り返しがつかないが、日本古来の宗教でも「普段の行いから変えないと何にも変わらん」し「天罰食らった後で神様に御免なさいは既に不幸のどん底」なのだよ。
変えないとダメだし、データや心でモヤモヤ駄目だと感じたら停めてかいぜんする勇気も必要なのさ。
これね・・・宗教じゃないけどトヨタ生産管理方式でも同じ事言ってるよ。
目先の欲望や体面の維持は長期的には大損こくんです!

江戸時代まで法華衆にカテゴライズされた浄土宗や浄土真宗や時宗は「南無阿弥陀仏」、日蓮宗系宗派の「南無妙法蓮華経」と唱えるのだって、悪事を悔いて反省して以後に念仏を唱えて善行を積むと言う考え方だわな。善行積まずに許される訳ゃ無ぇ~わな。
徳と言えば江戸時代には禅宗の臨済派と曹洞派とカテゴライズされた哲学だって禅問答を重視するか座禅その物を重視するかの差は有れど、普段の生活の「積徳積善」を大事にせぇ~よって考え方だわな。

そんなん神様仏様怒るような事しといて何の反省も無く改心も行動も無ければ神様も怒るわな!
浄願寺をぶっ壊した東急リバブルと同系列の東急不動産が横浜市最大の蛍生息地で水源の円海山の瀬上沢の自然環境を破壊して宅地開発しようとし、それを林文子市長が容認する発言をして栄区民と港南区民と磯子区民が怒り狂ってるわな!
仏教で前科に寛容で反省を促す宗派だって「やった後で御免なさいってのは反省して改心して日々の生活で善行を積んでナンボの物」だからな。
・・・オマエ等、上行寺東遺跡破壊から何も進歩してねぇ~じゃね~か!
現実に言い換えれば酒飲んで飲酒運転して警察に捕まってから「ゴメンなさい反省してます」は意味が無いわな。
東横神社の御祭神、渋沢栄一公は神道無念流の剣術の達人で元武士だったから、伊藤博文公や東郷平八郎元帥と同じく土地開発にも古来の自然信仰や文化や史跡に配慮してたんだぜ?
それを知らない今の東急グループの不動産と開発関連企業の経営陣な・・・
アンタ等、自分の会社の神様からも天罰食らうよ?
御地蔵様の姿した閻魔様や、道祖神様や土地の古代豪族の氏神様が至る所で日本文化と貴重な自然環境破壊をジッと見ているよ~。多分ね。
菅原道真公を左遷した藤原時平の一族郎党が天満大自在天神様と宇多天皇の御霊を怒らせてどんな目に遭った事か…
・・・祟りってな、身分上下関係無く、やった本人の家族にまで降りかかるんだぜ?心の中に自分のやった事で不安が沸き起こり健康と精神のバランス狂って仕事で重大なミスしたり事故起こしたり退職後に死ぬの恐怖してボケと病気の進行が早く成ったりな。
ほれ、三井不動産レジデンシャルの傾きマンション見て見な?

mixiチェック

前の記事・・・
コレ→【前半:能見堂編】世界屈指の景勝地だった能見堂と鎌倉幕府重鎮金澤北条家の居城青ヶ台城址・・・金沢区
・・・の続きの後編。

前の記事では能見堂と言う、金沢八景の八ヵ所の景勝地を見渡せる場所として室町時代~江戸時代まで先人達に大切にされた場所を紹介しました。
その中で少し触れましたが、能見堂は実は日本城郭大系に記載されている青ヶ台城の一部として鎌倉時代末期に機能していたと推測出来る事と、日本城郭大系の青ヶ台城推定地は間違いではないけれど完全でも無いと指摘して余り詳しくは解説せずに能見堂の解説を行い前編として終了しました。
CIMG4721
その際にも掲載した写真なのですが能見堂は城郭マニアから見ると、どっからどうみても重要な曲輪の遺構の土塁が今も現存しており・・・
CIMG4710
更に、その能見堂入口は元々は木戸で塞がれていた城門の一つ土塁残存部か、能見堂の曲輪に入らないと先に進めない枡形虎口の土塁だった構造が現存している事も紹介しました。

さて・・・
この能見堂は日本城郭大系には青ヶ台城の一部としては紹介されておらず「東青ヶ台の地名は現在では残らない」と言う事実を述べた後で、その地区の城址に関する考察はしないまま「西青ヶ台と呼ばれた地域の阿王ヶ台団地にだけ地名が残っている」という事実と西側の城跡部分の紹介だけをして終わってしまっています。
推定の破壊され消滅した城跡は阿王ヶ台団地の“有る側の”菱形台地である旨が紹介されていたりします。下の写真が阿王ヶ台団地。
CIMG4724
この日本城郭大系を丸のみにして書かれていない部分まで触れない人達は「東側の台地も東青ヶ台と書かれているヒント」を読み解いていませんので、東横レジデンシャル辺りが城址だと書いている人も良く見かけます。
さて先生方が当時、何らかの事情で東側の開発を行った業者に配慮する必要が有ったかは謎ですが、東側の解説について話題を積極的に触れないのは少々不自然な印象を小生は受けました。先生方は当然、この能見堂にも足を運んでいる筈なので、“敢えて書きたくない事情”が有ったのかも知れませんね。


さて、ここからが小生の解説ですが、その前に日本城郭大系を編纂した先生方には御存命中の方もいらっしゃるので先に敢えて秘したであろう東側に触れる事を懺悔をしておきます・・・
「日本城郭大系を編纂した先生方、申し訳ございません。部分的に否定的な事を今回は書きますが、先生方の事業は偉大で、横浜市内の城の存在を知らなかった頃~現在に至るまで教本として拝読させて頂いております。当然、この偉大な事業を行った先生方は学者嫌いの小生ですが尊敬しており侮辱の意図は毛頭無く、それを踏まえて今回は恐らく未調査の能見堂の事と、何故先生達が阿王ヶ台団地の台地だけを城跡として紹介したかの原因の推論と小生の推定城域を解説させて頂きます。」
・・・では!解説に!
新編武蔵風土記稿には以下の様に城跡が紹介されています。

※暫(しばら)く文字だらけに成りますが我慢して読んで下さい(笑)!

※以下( )内の字は旧字体を現代の新字体した字と読み方。
舊蹟(旧跡)城山
高札場より北の方なる山を云(言う)、此(この)山相對(あいたい)して二つあり①、都(すべ)て青野臺(台)②と唱(とな)へ、又東青野西青野と分(わけ)てよべり③、古(いにしえ)金澤右馬助(うまのすけ※官位名)④が居城の地なりと云、山上平かにしていかにも城壘(塁)なとかまえし所と見えたり、右馬助がこと其(その)傳(つた)へ定かならざれど-以下省略-

・・・さて、先ず、この文中で登場した金澤右馬助と言う人物の正体ですが実はとても偉い人物です。この人物の省略名は金沢(かねさわ)北条貞顕(さだあき)公の事を指していて、この方は鎌倉幕府滅亡直前の最後から2番目の執権(しっけん)、つまり鎌倉幕府の総理大臣を務めた人物でした。

そして青ヶ台城の解説として着目すべき地形の特徴と当時の地名も文中に書かれています。
御城の在(あ)った場所は高札場の北側の山で青野台と呼ばれていました。
青野台は向かい合って2つの山から構成されていました。
東西で向かい合う様(よう)な形の青野台は、その位置から東青野、西青野と分けて呼ばれていました。

さて、この①~④だけ読むと何だか現在、阿王ヶ台と呼ばれている台地だけがそれらしく感じてしまい、現在の阿王ヶ台地区の中で東西に山並みが向き合っているのかな?と現地を訪問しないと勘違いしてしまいます。
まぁ、そもそもの地名が青野台(あおのだい)なので、恐らく江戸時代には阿王台(あおうのだい)と文字が転訛して書かれていたのを移民だらけの横浜市役所の役人が地名の読み方を誤って他都市の地名風に阿王台(あおうがだい)と呼んでしまい、更に御丁寧に誤った発音のルビを足(た)して「阿王」+「ヶ」+「台」と地名改変してしまったんでしょう。
これは御役人に横浜市域の事情を知る地元民が少ないならではの事情ですね。

さて、これだけを見ても現代では大まかな位置関係しか解らず“高札場の北側の山の上一帯”と言う事しか分かりません。
そこで調べなければいけないのが“高札場の位置”なのですが、現代では役所も教育委員会も旧地名を把握していませんし、そのせいで恐らく日本城郭大系を編纂した先生達は高札場の位置が詳しく解らなかった可能性も有ります。
城址の位置を紐解くには実は先に紹介した新編武蔵風土記稿の“舊蹟城山”の項目だけ見ても解りません。
先ずは周辺の地理を見て見ましょう。
金澤領赤井村小名大橋の位置 久良岐のよし
※拡大して見て下さい。
高札場は村の旧住所で小名:大橋に在ったとされますが、この「大橋は村の中程に在る」と言う主旨が書いて有ります。この場合の中程と言うのは東西の位置関係を示します。
その村の小名の位置関係を以下に紹介します。
【小名】
赤坂     村の中程を云(言う)
赤井     東の端なり
御中井    中程なり、爰(ここ)に御中井と呼る井戸あり、名義詳(つまびらか)ならず、
宮谷(みやがや) 西の方を云
和田      (宮谷と)同じ方にあり
大橋     中程を云、爰に大橋と呼(よぶ)橋ある故(ゆえ)此(この)名あり、
瀧(たき)    艮(うしとら:北東)の方を云、此所(ここ)に不動山と稱(称)する山あり山上に-以下省略-

【川】
西南の方坂本村より村内に入、川幅二間(にけん:約3.6m)許(ばかり)、手子明神の前にては宮川と呼り

・・・さて、旧北条家臣の御子孫で新編武蔵風土記稿を編纂した学者で東大の前身昌平坂学問所の頭取だった間宮士信さんは以上のヒントを後世でも解る様に残して下さっています。これから大凡(おおよそ)の位置を把握できます。それに加えて以下の取材結果の情報も紹介します。
【正法院御住職談】
「大橋と言う地名が何処かは今では解らないけれど、御仲井(風土記では御中井と書く)の辺りには屋号が"お橋"の家が昔居たんだよ」
この「お橋」は恐らく大橋を指します。
実は!小生を含め久良岐郡の浜っ子は地名の“大(おお)”の字の発音を省略して「大(お)」と呼ぶ事が有ります。その例が電車の到着音に「ゆず」の「夏色」がかかる「上大岡(かみおおか)駅」です。駅のアナウンスや他地域から引っ越してきた人は「上大岡(かみおおおか)」と御丁寧に面倒臭い「お」の発音を3つ全部読んでしまいますが、浜っ子はそうは読みません。正しくは上大岡(かみおおか)と呼ぶのですが、それも移民だらけに成って知らない人の方が増えているのかも知れませんね。

この様な地名の呼び方や発音の変化は横浜市周辺の極狭い地域でも有って、例えば鎌倉の由比ヶ浜(ゆいがはま)の発音も我々神奈川県湘南地域に近い地元民は「由比ヶ浜(ゆ↓いがはま)」と「い」の発音を低くしますが、それを知らない東京や他地域からの観光客は「由比ヶ浜(ゆ↑いがはま)」と「い」の発音を強調して発音してしまいます。これは本来の「由比」と言う地名を知っているかどうか認識の差に起因しています。
他にも読み方自体が変化する例も有ります。
例えば・・・
●鎌倉市の「扇ヶ谷(おおぎがやつ)」
●横浜市の「幸ヶ谷(こうがや)」
・・・この様に隣同士の久良岐郡域と鎌倉郡域で〇ヶ谷の読み方でも訛(なま)りが異なる事実も有ります。
まぁ、そんな訳で久良岐郡域である上大岡同様に、金澤領の赤井村の小名:大橋は大橋(おはし)と発音した事が正法院の御住職の御話から推測出来ます。
そして御仲居と昔呼ばれた地区は現代では宮川左支川と言う宮川支流が暗渠化しており、“大橋”は現代では消滅してしまっている事も解ります。

では、これらの情報を元に暗渠化された宮川支川の位置から大橋(おはし)の位置を推測し、他の地域の小名と一緒に位置関係を表示してみましょう。
旧赤井村小名位置関係 久良岐のよし
※写真は国土地理院の色別標高図をGoogle earthに重ねて登録した各地域の位置を合成したもの。
これを見ると解りますが、「村の中程」と表記された坂本村、御中居、大橋は若干左右にブレており東青野~西青野の両地域のど真ん中ながら両方の台地に跨って新編武蔵風土記稿は「村の中程」と表現している事が解ります。
そして現在の能見堂緑地~阿王ヶ台にかけてを「高札場より北の方なる山を云」と広範囲指して表現している事も解ります。更に、実際の地形は東青野も西青野も赤坂村からしか容易に侵入できない断崖絶壁が続いている事から、赤坂村が青ヶ台城の大手口だったと推測出来て、日本城郭大系で指摘されている“西青野の菱形の台地”も城址の一部である事が解ります。
CIMG4727
上の写真は赤坂公園付近から見た旧東青野台。
下の写真は略(ほぼ)同一から見た旧西青野台。
CIMG4728
とても険阻な地形で、ここからしか大軍で侵入出来ないので防衛に適した東西の台地から敵を鶴翼の配置で挟撃殲滅する事が出来ます。
青ヶ台城地形 久良岐のよし
そして小生は鎌倉時代に海に突き出した能見堂~不動山の半島も金沢湾を守る城の最東端であり城域だったと推測し本丸跡は丁度、西青野台と東青野台の繋ぎ目の能見台南小学校東側の青野台の最高所辺りで、状況的に赤坂~西青野台の東端は城の大手口、東青野台よりに城砦群の多くが存在したと地形的に推測しています。その根拠と成るのが籠城に必須の“水の確保”で、小生が本丸と推測する辺りの東側には大きな湧水と沢を集め池が存在して事、それに加えて能見堂の土塁群と東側の尾根地形は平安~鎌倉時代達に好んで築城された地形であり西青野台(現在の阿王ヶ台)地域より高所に位置するからです。
赤井村 久良岐のよし
※実は2017年11月18日に親切な能見台の住民の方から「不動池は恐らく現代の調整池として整備された人工地形のはず」と御指摘を頂きましたが迅速測図と言う明治初期の地形図を見ると昔から不動池の人口地形が存在している事が判ります。
この不動池の谷戸は竪堀と用水地を兼ねた役割を果たしていた様です。
実は不動池の在る能見堂の北面ではなく、南面の現在は“赤井谷公園”も池だった事が改めて迅速測図を見直して判明したので画像も掲載して置きます。
明治の不動池~赤井谷公園周辺 久良岐のよし
不動池の場所には当時から池だったと小生が誤認した人工地形の谷戸が有ります。城の竪堀を兼ねた平時は灌漑用水池を兼ねた水堀だったのかも知れませんね、水路も描かれているので沢を集めた水路が農業用水には成っていた様です。
では開発前の様子も国土地理院の航空写真で見て見ましょう。
不動池周辺地形写真 久良岐のよし
まだ能見堂緑地が畑地だった頃の空撮を見ると確かに不動池は四角形の人工地形が解ります、南側の谷と合わせて侵入経路を狭める竪堀の役割をする大空堀状の構造体だった事が解りますね。
そして能見堂周辺には人工的に四角く造成された削平地の畑が多く有り、これらが曲輪群だった事も想像に容易いでしょう。
つまり青ヶ台城は従来の日本城郭大系の言う所の西側説より、当時の写真を見ても能見堂周辺のより高所に位置する台地周辺に曲輪群と思しき地形が終戦直後も残っていた事が解ります。
そして、その能見堂一帯には南北の斜面に水源が確保されていたのでしょう。
恐らく現在の不動池と成った当時の大空堀地形に流れ込む水も小さな沢等の水源が有り、城の水確保の一助には成ったのは間違いないでしょう。明治時代の迅速測図の等高線を見ると農地1区画づつを囲む様に畦道にそって等高線が引かれており、不動池と成った大空堀状の地形にも水田が在る事から豊かな水が不動池側にも有った事が解りますね。
そして能見堂の丘を挟んで反対の南側には用水路も池も在る事も解ります。
明治の不動池~赤井谷公園周辺 久良岐のよし
南側の斜面には更に豊かな水源が在った様ですね。ですから推測ですが正法院裏山~能見堂にかけても地形的に城砦として機能していたはずですし、池に流れ込む沢の水源を守る曲輪も有った筈です。だから現在も正法院の裏山と金子鶏卵東側の断崖の先端辺りには人口地形が残っているかも知れませんね。
恐らくこちら側、能見堂方面の東青野台が昭和に着目されなかった付近の地名を"能見台"に改竄されて東青野台の地名を消されたからでしょう。
土着民以外が解らない“政治的工作”が行われたのかな?
開発した人間は“遺跡が出るとマズイ”人で、それを忖度(笑)した連中が市や県にいたのかも知れない。そして上行寺東遺跡の様に日本レベルで重要な武家金沢北条家の居城跡を潰してしまったのかも知れませんね。
秋の終わり頃に成りスズメバチや蛇の心配が無くなった頃に現地を探索して改めて皆さんに報告したいと思います。
CIMG4721
絶対に東側まで城が広がっていた状況証拠と地形と水場が有るからね。
調べない手は無い。

本来ならば神奈川県教育委員会や横浜市教育委員会がやるべき所なのだけれど、上行寺裏の稲荷山も“荒尾城址臭い”所も含めて調べられる“城郭専門家が横浜や県教委”には何故か不可解にいないんですよ~。鎌倉の隣であり北条家の主力が温存されていたのが横浜市なので当然、重要な城跡だらけなのにね。
調べられたら困る“市長”が歴代に多かったんでしょう。
マトモなのは建設族ながら教養と文化度の高かった細郷市長と高秀市長くらいか・・・
逆に御二人は建設族だったからこそ、建設利権に費やすべき予算を使って保護すべきものを保護する術を知っていたのかも知れない・・・
今の市長と前代市長とは大違いだな。まぁ、前の中田さんは横浜の日本最古級だった骨董品水道管を耐久性強い物に交換始め大震災に備えただけ良い市長さんだ。

では皆さん、又次の解説記事で御会いしましょう!






mixiチェック

神奈川県横浜市金沢区が日本屈指いやいや天橋立以上の世界レベルの景勝地として平安時代末期~江戸時代の間、各時代の日本の文化人や歴史偉人達から愛されていたのを御存知の方は今では余り多くはありません。
かろうじて京浜急行電鉄の金沢八景駅の駅名が、その景勝地の内で特に優れた場所が八ヵ所有った事を今に伝えています。
実はこの金沢八景を開拓し景勝地として世に知らしめたのが鎌倉幕府を開いた源頼朝公と真言宗の超有名な高僧の文覚和尚様で、その景勝地としての価値を文化的に高めたのが鎌倉幕府重鎮の金沢北条実時公、そして観光地としての価値を向上させたのが金沢北条貞顕(さだあき)公や兼好法師の名で知られる吉田兼好でした。
その金沢区の景勝地は江戸時代に成っても有名で、江戸時代初期には満州族の清帝国初代皇帝ヌルハチによって明帝国が滅亡した際に日本に亡命して来た東皐心越(とうこうしんえつ)和尚様によって絶賛され、その称賛の句中で"金沢八景"の地名が名付けられました。
CIMG4700
そして、江戸時代も中頃に成り浮世絵が流行すると歌川広重によって金沢の八景、8つの景勝地が絵に描かれ江戸市民に大流行し、当時の人々が目指した場所が“能見堂”と言う建物でした。
能見堂からは金沢の8ヶ所の景勝が一望出来たそうです。
今では明治時代の廃仏毀釈と言う宗教差別政策と仏教弾圧によって能見堂は荒廃し潰されてしまいましたが、今でもその旧跡は残っています。
CIMG4701
その付近から見る地形は、昭和の戦後に無文化な極左閥の人間が横浜市や神奈川県の教育委員会や土地開発部門に多く入り込んでしまったせいで埋め立て地利権で海は埋め立てられて、関東を代表する景勝地だった金沢八景の眺望は失われてしまいましたが、今でも江戸時代の人々が金沢八景を一望する為に訪れた能見堂緑地からは昔、島だった山々を見渡す事が出来ます。
金沢地形図 久良岐のよし
昔の金沢区はこんな島と半島の素敵な観光地だったんですね。
頼朝公以来約800年も歴代の統治者が守って来た日本屈指の観光産業の資源である景勝の海を埋め立てた戦後の横浜市長って・・・
本当に戦後の横浜市教育委員会や、左派と在日ヤクザ勢力に推薦されて当選した部類の市長は無文化だったんですね。今の市長もアレな人が最大支援者で、その勢力が熱望するカジノを埋め立て地に作ろうとしていますが、日本文化の価値観では死罪に匹敵するのが博打(バクチ)でしたが、本当、ヤクザと関わりの有る勢力の支援受けた市長は神仏の祟りに遭って反省して欲しい。
さて・・・
話は脱線しましたが、能見堂に話を戻します。
CIMG4703
現在では埋め立て地の住宅街に辛うじて取り残された緑地帯の中に能見堂が有りますが、隣接地域の能見台の地名はこの能見堂が存在した事に由来します。CIMG4702
・・・う~ん、この林道から見える平地が全部海だったらどれ程綺麗だった事か。本当に戦後の横浜市外の都市から職員に採用されて役人に成った無文化な連中は大罪を犯したな。
さて、能見堂を訪問する目印としては阿王ヶ台自治会館や能見台南小学校の辺りを起点にすると解り易いかと思います。
CIMG4725
そこから東に尾根に沿って進むと能見堂緑地の林道入口が数本有りますので、現地の人に道を尋ねてみて下さい。
尾根道を進むと下の写真の掘削されて造成された人口削平地形にぶつかります。
CIMG4705
これ、能見台の地名の由来に成った能見堂の跡地なのですが、今回の記事は能見堂を紹介する【前編】記事なので余り触れませんが、ここは現地を歩かずに本を編集した城郭学者も知らない青ヶ台城の残存する曲輪址だと小生は推定しています。
曹洞宗の寺として江戸時代も利用されたのが能見堂なのですが、そもそも地域一体が昔は“青野台”と呼ばれていて現代の間違った地名の“能見台”でもなければ“阿王ヶ台”でもないし、城郭の学者さんが書いた青ヶ台と言う地名でもありませんでした。
ちゃんと江戸時代の地理学者で東大の前身の昌平坂学問所の頭取だった間宮士信公が編纂した“新編武蔵風土記稿”には“青野台”と書かれています。そして旧住所の小名で“赤坂”と呼ばれた谷間の急坂を挟んで西青野、東青野と二つの台地が向き合い、その東西の青野台の連結部分が有った事も書かれています。
では、何で現代に能見堂や能見台は青野から能見と地名が変化したのでしょうか?そして阿王ヶ台自治会館の台地だけに青野台の地名の名残が残ったのでしょうか?
まぁ、ここら辺は【後編】青ヶ台城もとい青野城の記事で説明します。
今回はあくまで能見堂の解説。
CIMG4704
まぁ、能見堂の方の名前の由来は多分中国語に由来します。
元々青野台と呼ばれたこの土地の更に由来で有った能見堂の丘を海から仰ぎ見て呼ばれていた仰台(あおうのだい)の意味の地名を、寧ろ金沢八景を一望できると言う意味で能見台(能Neng見Jian堂Tang)=能(~する事が出来る)見(見る/会う)御堂と命名したのだろうと推察出来ます。
つまり(金沢の八ヵ所の景勝地を)一望出来たので能見堂と名付けたんでしょうね。
では能見堂の命名者ですが・・・
中国の仏僧は寺院の御堂に“堂”の字を使う事は有りません。一般的に広い御堂には“殿”を、神仏習合の場所や高僧や偉人を祀る場所には“廟”を、僧侶の居住区や塔頭には“坊”の字用いるので、“能見堂の命名者のセンス”からして中国から来た江戸時代の東皐心越和尚様でも無いでしょうし、それ以前に金沢北条家と同時代に近くの北鎌倉の建長寺にいた南宋からの亡命者の蘭渓道隆和尚様でも無いみたいです。
仮に御二人が命名するなら中国ネイティブのセンスから望景坊とか閲島坊と閲海坊とか名付けたかも知れませんね。
・・・恐らく、梅花無尽蔵に濃見堂として地名が登場するらしいので、漢文に造詣の深い万里集九と言う太田道灌公や北条早雲公と交流の深かった日本人の禅僧文化人によって日本風漢文で名付けられたんでしょう。この人物は室町時代の高文化な武士達と交流が深く東京都八王子市の高月城や神奈川県伊勢原市等の景勝地を観光して回った記録が有り、特に太田道灌公や鎌倉公方代理を務めた蒔田吉良成高公と親友だったので東京や横浜に所縁の深い人物でした。
そして後世、東青野の丘に能見堂址が有る事の方が有名に成り、現代人によって東青野台の地名が消され能見台とされたと言う訳だな。
CIMG4707
能見堂の近くには、昔の眺望を伝える説明の看板も設置されています。
・・・埋め立てた罪滅ぼしのつもりか?
CIMG4708
アンタ等教育委員会の仕事は破壊を止める事と市長に具申する事だろうが?ある意味三権分立の司法に近い存在で文化財と史跡と自然の景勝地を守るマインドが無いといけない筈なんだがな?
CIMG4706
能見堂の入口の手前には御覧の通り城時代の土塁が残っています。
ここを5m東に進むと、御寺時代の入口の階段が在ります。
CIMG4711
この細い階段を上って下さい。
CIMG4712
平安末期以来の景勝地を守る為に先人が建てた金沢八景根源地能見堂のこの石碑も、戦後の横浜市教育委員会と建設利権アホ左派市長のせいで無駄に成ってしまいましたね。つい最近の無力化。
CIMG4713
CIMG4714
CIMG4715
他にも先人達が各時代に、この景勝地を守る為に残した石碑が虚(むな)しく現存しています。
この先人達の努力も全て円海山の蛍の広域生息地の瀬上沢を開発利権の為に開発させようと保護を怠ってる林文子市長の様な以前の左派役人の埋め立て事業で無駄に成ってしまった訳です。
同様に最初の景勝破壊をした江戸時代末期の永島泥亀の罪も重いと思いますよ。
本当、戦後の横浜市のアホどもが移民だらけでは無くて金沢八景の景勝が残されていたら、今頃は東京から電車で30分の超絶景勝地として外国人観光客で賑わい、内陸部の六浦や金沢区の町屋や柴辺りや磯子区や港南区や栄区はリゾートホテルが残り栄えたでしょうね。
CIMG4716
まぁ、歴史にifは無い。今残るのは教育委員会の罪滅ぼしの説明看板のみ。
CIMG4718
CIMG4719
CIMG4720
こんな物でも埋め立てられた後しか知らない我々現代人の現役世代や学生にとっては貴重な情報源。
人間関係に例えるなら腐れ縁みたいな物だろうか。無くては困るけど、意味の無い物。
CIMG4721
この権現堂は多分、青ヶ台城の曲輪の一つだったので取り巻く様に土塁が残っている。
ここが城でなければ兼好法師は上行寺の境内地ではなくて、きっとここに住んでいただろう。
城で金沢北条家の晩年の軍事拠点だったので景勝地好きの兼好法師もここには来られなかった筈だ。
そしして江戸時代に能見堂を寺として支援した六浦藩の大名の米倉家は詰めの城として使う目的で青ヶ台城の土塁を権現堂周辺だけ残して寺院として機能保存したのだろう。
CIMG4723
城だったから飲み水の確保出来る井戸も有ったのだろう。
さて、今回は能見堂としての旧名青野台地区を紹介した。
CIMG4727
この通り本当に仰ぎ見る台地の尾根に能見堂の在って、その周辺が“東青野”と呼ばれた丘だった訳だ。
この界隈は地盤(断層)の動きで海没したり隆起する境目のはずなので、応長の大津波で近所の長浜千軒の港町が一夜で地盤沈下し海没した時の様に、昭和の埋め立て地もいつの時代か地盤が大地震で陥没して海に戻るかも知れない。
そう考えると・・・
失われた景勝が復活せず、多くの人が安寧に過ごせる様に金沢北条貞顕公や東皐心越和尚様の御霊に力を借りて神仏の御加護で次の関東大震災が来ても日本文化を愛する善良な部類の金沢区民の生命と財産を守って頂きたいと願うばかりだ。

後編へ続く→【後半:青ヶ台城編】世界屈指の景勝地だった能見堂と鎌倉幕府重鎮金澤北条家の居城青ヶ台城址・・・金沢区





mixiチェック

横浜市金沢区の八景島シーパラダイスや鉄腕ダッシュに度々登場する柴漁港の近くには金沢園と言う元料亭が存在します。この金沢園は昭和四年(1929年)に桜木町から移転して来た料亭で、その開業年は何と大正五年(1916年)に遡(さかのぼ)ります。
CIMG5024
その金沢園は昭和~平成を通じてずっと金沢区柴で営業を続け、大正時代に桜木町で建設され昭和四年に現在地に移築された建物は文化財にまで成りました。
そして平成27年、旅館喜多屋としてリニューアルオープンし、料亭時代の厨房を利用してオシャレなcafeとしてもランチタイムやディナータイムに営業を開始しました。
昔は料亭内から海が一望で来た景勝地で、その景勝は鎌倉時代に清朝(満州族=女真族の愛新覚羅家)によって滅ぼされた中国の明帝国から日本に亡命して来た東皐心越によって「金沢八景」と愛称で呼ばれた程の絶景が金沢区柴~乙舳~小泉(釜利谷周辺)~六浦~野島~内川橋~平潟湾の一帯にかけて江戸時代には大変に多くの観光客で賑わいました。
そんな訳で現在、喜多屋と成っても店の建物は文化財として価値が有り美しい造りで宿泊客を持てなし、cafeでの食事を楽しみに来る御客様には昔の薪を焚いて火を起こす窯で調理していた時代の煤(すす)が磨き込まれて黒光りする雰囲気有る旧厨房で食事を楽しむ事が出来る、とてもオシャレな店として復活しました。
DSC_0305
駐車場には昔の料亭時代の名残の池と石橋も有ります。
さて、客は先ず暖簾(のれん)をくぐり下の写真の玄関で靴を脱ぎます。
CIMG5023
靴を脱ぎ振り返ると料亭の頃のとても煌(きら)びやかな掛け軸や壁の欄間が御客様を出迎えてくれます。
DSC_0307
この店は予約無くてもランチを食べる事が出来るので、八景島で遊んだり稱名寺を散歩する際に御薦めです。
玄関から中に入り右手に進むと旧厨房が“cafeぼたん”として営業しています。
CIMG4998
何と目の前で料理をしている所を見ながら食事が出来ます。これは外国人の御客様に好評でしょうね。
日本人でも見ていて楽しいし、料理が好きな御子様なんかを連れて行けば良い影響を受けるんじゃないでしょうか?
DSC_0309
メニューはオシャレだけど価格はとてもリーズナブル、御子様ランチも有るので子連れのママさん達も安心して子連れ友達同士で来る事が出来ます。
まぁ…元料亭、今も旅館のレストランなので「ぎゃーぎゃー」と騒ぐ子等は連れて行くべきでは無いと思うし、逆にママさん達が日本人らしく子供を厳しく躾(しつ)ける良い機会にも成るかと思います。
小生は写真撮影に訪問したこの日は“国産地鶏の幽庵焼きオレンジ風味”の定食にしました。
CIMG5000
料理も和風に洋食のエッセンスを足していて横浜の開港以来の鎌倉武士文化と西洋文化のコラボを楽しむ様(よう)な献立が多いですね。
CIMG5001
この幽庵焼き、とても美味しかったです!
これにデザートのジンジャープリンが付いて1500円はとてもお得。
DSC_0312
食器も料亭金沢園から引き継いでいるそうで、とても美しい鎌倉彫の椀に汁物が入っていました。
DSC_0311
この写真を知り合いの博物館の女性職員達に見せたら「うわ~綺麗♪」と感心していました。
価格の話もしましたが、女性達が魅力を感じる御店としてどうやらコンセプトの確立に成功した様ですね。

さて、食事が終わり、館内を従業員の方に案内して頂く事が出来ました・・・
実は小生、この写真撮影の為の訪問に際し、1ヵ月程前に直接御挨拶に訪問し日を改めて館内の見学と写真撮影の申し込み、つまり素人取材の御相談にあがっていました。
・・・なので、今回の訪問で従業員の方に御話を通して頂き、食事後に旅館の客室としてリニューアルした元料亭客室部分で空室チェックイン前の部屋を見学させて頂く事が出来ました。
※見学したい人は訪問前に事前に客室の見学の可否を相談して下さい。小生の場合は事前に交渉しアポをとっています。通例だと思わないで下さいね~。
先ず案内されたのが1Fの客室に通じる廊下。
CIMG5005
ともても風情が有る。
下は金沢区野島の伊藤博文公金沢別邸。
2015-08-19-15-50-23
やはり明治に建てられた同じ金沢区の野島公園にある伊藤博文公の別邸に少し似ている印象を受けた。
CIMG5004
1Fには2人部屋の客室。元々料亭だったので書院造だ。
昔の日本人は男性平均身長も160cm位で体躯も小柄だったし、これで十分に広かったのだろう。
書斎といった印象を受ける。
CIMG5006
通路に戻り奥に進むと厠(かわや)すなわちトイレが有る。
DSC_0317
ここも大正モダンな和風建築がそのまま活用されている。勿論、必要な部分は現代の物に成っている。
CIMG5009
2Fに上る階段の奥にも客室が在る。
CIMG5011
うん、良い感じ。今度関西や台湾の友達が遊びに来たら横浜市内の味気ないホテルじゃなくて、ここの喜多屋か三浦の民宿やペンションか横須賀の米国軍人が宿泊するホテルに泊めてあげよう。
きっと喜多屋に泊めてたら皆、横浜にこんな場所が有るのかと喜んでくれるだろう。
CIMG5014
こちらは少し広めの部屋。3人部屋の様だ。
昔はこの部屋で4~6人位で宴会をやったのだろう。
料亭時代から宿泊も出来た様で、風呂も大正の素敵なタイル貼りの浴室だった。
CIMG5015
まぁ、本格的な旅館では無かったので、2つ有る浴室の内のコチラは大浴場ではない。
窓のガラスは大正時代の色ガラスだそうで、何だか教会のステンドグラスの様で日光を取り込んで素敵な淡い色に光っている。
CIMG5016
コチラも窓のガラスが美しい!
浴室はもう一つ有り、こちらは少し広い。家族4人でも同時に入れそうだ。
DSC_0323
色が暖かい。
大山阿夫利神社の参道に多く有る宿坊も大正時代や昭和初期の再建の場所が多いが浴室はやはりコンナ感じだ。富士山の溶岩で浴槽周辺を装飾されタイル張り。
浴室を出て階段を上る。
CIMG5007
階段の上からは昔は海が見える絶景だった大広間が存在する。
CIMG5018
とっても!立派な部屋。
昭和の映画スターの勝慎太郎さんが良く宴会をしていた京都の老舗すき焼き店の三嶋亭の大広間もこんな感じだった。一昨年三嶋亭で友人と食事をした際に店の御厚意で店内を見学させて頂けたのでたまたま知っている。
CIMG5020
部屋の周りも雰囲気が良い。
CIMG5017
現在では目の前にマンションが建ってしまい、更にアフォの横浜市が景勝地だった海を埋め立ててしまい眺望は失われたが横浜市内に在って豊かな緑が残っている御庭。
これも外国人の観光客には好まれるだろう。
CIMG5021
大広間の書院造りは大名屋敷に負けない程に立派だった。
さて、店の解説はここまでにして、少し周辺の地理の解説をしようと思う。
…と、その前に店の住所と連絡先を紹介して置こう。

この喜多屋の前身の金沢園が料亭として栄えていた頃周辺の風景は景勝地として政治家や財界や多くの文化人に愛され、昭和の初期まで、その景勝は大半が残っていた。
その景観は素晴らしく小生の顕彰する戦国時代の関東最強武将、北条綱成公の家老だった間宮康俊公の親族が代々江島神社奥津宮別当を務めたのだが間宮一族の治めた江の島を愛した与謝野晶子サンや、高浜虚子が歌会を開いたり滞在されたりしていたそうだ。
その当時の金沢区の風景はこんな感じだった…
金沢地形図 久良岐のよし
…戦後の昭和に他府県カッペ移民役人だらけの横浜市に破壊される前の"日本屈指の景勝地"金沢八景の地形。
京都の天橋立(あまのはしだて)に瀬戸内海の風景を足した様な絶景が広がっていました。

残念ながら横浜市は現在の林文子市長を含め日本文化や武士文化や歴史に興味の無い極左派やヤクザの親類と交流に深い人物が市長を務める事が多かったり、県外からの移転者が市の役人として多く採用された弊害で神社仏閣を含めた宗教的な自然の境内地の価値や、鎌倉時代の武士や江戸時代の庶民や外国人から愛された景勝地を、建設利権の為に多く埋立て或(ある)いは破壊してきました。
昔、浮世絵師の歌川広重が乙舳帰帆(おっともきはん)や称名晩鐘(しょうみょうばんしょう)と言う絵で描いた美しい風景が昭和初期まで存在したり、源頼朝公が伊豆(静岡県三島市)の三嶋大社から勧進した御分霊を祀って開かれた瀬戸神社の鎮守の森の山も横浜市役所の役人達によって破壊されてしまいました。
2015-03-04-17-10-31
この風景は日本の名だたる歴史偉人達にも愛され、例えば近くの洲崎地域の龍華寺は前身寺院が六浦地区に在った頃、源頼朝公と文覚上人によってその景勝地を望む丘に御寺が開かれました。
新田義貞の鎌倉乱入等で新田軍等の放火と略奪の戦災に遭い廃寺と成った跡、横浜市と縁の深い菅原道真公の御子孫と関東最強の名軍師太田道灌公によって現在の寺町(洲崎)地区に龍華寺は復興されました。すると、その金沢八景の美しさは日本レベルで有名に成り北条早雲公、徳川家康公等が龍華寺に滞在され金沢八景の景色を楽しまれたそうです。
2015-04-01-13-10-08
鎌倉時代にも喜多屋の近くの金沢山稱名寺が鎌倉幕府の重鎮で執権も輩出した金沢北条家の邸宅に成り、後に邸宅は稱名寺として寺院化され現在に至るのですが、その景色も美しく江戸の市民が観光に訪れる場所の一つでした。そして、それ等の八ヵ所の景勝地として有名に成っていた風景を海の上から見た景色を歌川広重が絵にして“金沢八景”の地名は江戸から昭和初期まで南関東最高の景勝地として多くの人々の知る所と成っていたのですが…
戦後の横浜市役所に他府県出身の役人や、極左翼閥や非保守多国籍ヤクザと結託した役人や左派市長が横浜市を統治する度に不思議と海は埋め立てられ、金沢八景の景観は全滅しました。
そして海の公演も埋め立てられ、金沢園も商売が厳しくなった訳です。
この金沢区の埋め立てによる大景観破壊の被害、海の公園と八景島の建設による景観の悪化で客足も遠のいて、平成25年頃には経営がかなり難しく成っていました。そこを現在の喜多屋の運営会社さんが文化財と歴史を活かしてオシャレな店に復活させるプロフェッショナルな粋な企業だったのですが、その経営によって現在見事に復活した訳です。
同じ様な努力をされている西区の坂本龍馬の奥さんお龍さんが働いていた料亭田中家さんや、南区弘明寺の同じく料亭旅館で建築文化財に成るべき価値の有る中里温泉さんと3すくみで頑張って行って欲しいと思います。

本当に、この現在の喜多屋の運営者さんの努力は素晴らしいと思います。
そして料理も美味しい!
是非、この存在を皆さんに知ってもらいたく、お盆休み最後の週末に八景島や海の公園に訪れる人がいたら是非!ここでランチやディナーを召し上がれば良い思い出に成るので推薦させて頂きます。

今回金沢八景の解説で紹介した場所は過去に記事に書いていますので、ブログの「タグ」の一覧から興味の有るタグを選んでクリックして頂ければ関係の記事が出ると思います。

では、今回は喜多屋の解説でしたが、次回は金沢八景の地名の初出典と成った場所、能見堂と青ヶ台城の解説をしたいと思います!
では!又、次のブログ記事で御会いしましょう!
mixiチェック

↑このページのトップヘ