歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:鎌倉景政

ブログネタ
年末年始の過ごし方は? に参加中!
前回、年末の「凄い神社まとめ」で少し紹介しました御霊神社と御祭神に成っている平安時代の武士鎌倉景政公ですが…
※前回の神奈川の凄い神社まとめ記事は「ココ」←クリック!

先ずは御霊神社その物の話から…

実はこの御霊神社は参道の風景がとても面白いんですよ!
なんと参道を名物列車の江ノ電が横切ります(笑)。
神社側から見るとこんな感じ…
江ノ電通過を連写!


ね?
本当に鳥居の目の前を江ノ電が通過するでしょう(笑)?

さらに!
この御霊神社ですが、鎌倉江ノ島七福神の一つで縁起の良い神社でも有ります。
御存知(ごぞんじ)無い方も居ると思うので御説明差し上げますと…
鎌倉には鎌倉江ノ島七福神と言う礼拝コースが有りまして、専用台紙に御朱印を集めて回ります。
可愛いデザインですよね?
●弁財天…江ノ島弁財天
と鶴岡八幡宮旗上弁財天
福禄寿御霊神社
●大黒様…長谷寺
●布袋様…浄智寺
●毘沙門天…宝戒寺
●恵比寿様…本覚寺
●寿老人…妙隆寺
このコース、朝から頑張れば1日で回れますし、数回に分けて回れば鎌倉観光に行く口実が出来て楽しめます。
小生は3回に分けて行きましたが、毎回小町通りや八幡様の屋台やら江ノ島の商店街で食事を楽しめました(笑)。

さて、御霊神社の御祭神の鎌倉景政公に話を戻します。
鎌倉景政公の御先祖様は、鎮守府将軍を務めた皇族出身の武将:平良文(たいらのよしふみ)公です。
平良文公は東京神田明神の神様の平将門(たいらのまさがど)公の叔父に当たり、御両人共に醍醐天皇の忠臣でした。
※詳細は以前書いた記事「ココ」←クリックして御覧下さい。

良文公の系統の平家は今の神奈川県藤沢市村岡〜渡内地区から関東中に拡散し、平安時代まだ荒野の多かった関東地方を文字通り開拓し領地を拡大して行き、その後、子孫からは鎌倉幕府の中枢を担う武将達を多く輩出しました。
実は関東の御霊神社は元々は平良文公と主だった子孫を神様として祀(まつ)っていました。
しかし、鎌倉景政公が武将達から尊敬されていた為か、後に関東の御霊神社は一般的に景政公を御祭神として祀る様に成りました。

鎌倉景政公は、源義家公に与力し従兄弟の三浦為継公と共に後三年の役で大活躍しました。
後三年の役の際、自分の片目を敵将に射抜かれても臆(おく)せずに矢を射返して敵将を討ち取る等の大活躍で日本全国の武士から崇拝される事と成ります。
その後、鎌倉氏は河内源氏との同盟の中で繁栄します。
鎌倉景政公の子孫には大庭景義公や梶原景時公、戦国武将の長尾景虎=上杉謙信等がいます。
長尾景虎の祖先の居城長尾城もやはり、鎌倉景政公が開拓した土地でした。
※長尾城に関する記事は「ココ」←クリック!

そんな経緯も有り、景政公の登場以後、一般的に関東の御霊神社では武士の鑑(かがみ=手本)として景政公が祀られる様に成りました。
ですから鎌倉の御霊神社は東日本の御霊神社の総本社に当たる訳です。
鎌倉の御霊神社は別名権五郎神社とも言いますが、これは景政公のフルネームが鎌倉権五郎景政だったからなんです。

権五郎神社こと御霊神社には末社として稲荷神社や秋葉神社も有ります。
稲荷神社は農業の神様なので、土地開発に熱心だった名君の景政公の御霊神社の末社に相応しい神様ですね。
景政公が開拓した土地は今の横浜市戸塚区栄区港南区と鎌倉市藤沢市付近一帯です。

そして秋葉神社の方は武士の信仰を集めた神社です。
いずれも景政公らしい神社ですね。
或いは昔、景政公御自身が信奉されていた神様だったのかも…

因(ちな)みに御霊神社は眼病や目の怪我の治療の御利益が有るとされています。

今回は鎌倉権五郎景政公を御紹介しましたが、現在の神奈川県湘南地区の繁栄は鎌倉権五郎景政公がいたからこそ有ると言う事を、是非、皆さん認識して頂ければ幸いです。

もし!

アジサイの季節に長谷寺に行ったり、夏に由比ヶ浜に海水浴に行く機会が有れば、どちらからも御霊神社は近いので是非にもお参りされては如何でしょうか?
その際は鎌倉景政公に関東の繁栄に寄与して下さった事に一言お礼を伝えましょう…

因みに御近所には有名なお土産用の和菓子の店「力餅家」さんも有りますよ〜♪
是非お立ち寄りあれ!

では皆さん、今年もよろしくお願いします。
又、次の記事でお会いしましょう!
またね〜♪
mixiチェック

ブログネタ
風景写真 に参加中!
横浜市は余所(よそ)の地域の人から見ると「みなと未来21地区」や「中華街」や「山下公園」や「外人居留地」のイメージくらいしか無いそうですが…

とんでもない!
2013-12-01-16-01-46

里山に囲まれた素敵な古民家の御庭でしょ?
これ、昔は鎌倉郡だった横浜市栄区の鍛冶ヶ谷と言う地域にある「旧小岩井家住宅」です。
小岩井家は元々は、この地域の庄屋(しょうや=村長)さんだった御宅なので、その邸宅は茅葺屋根の立派な造りの古民家です。

何だか田舎の御婆ちゃん家に来たみたいでしょ?
2013-12-01-16-00-08
…もっとも、貴方(あなたの)の祖父母の住む家がこんなに立派な茅葺屋根の家だったら、そりゃもう大金持ちですね(笑)。
何故なら家の作りの立派さもさることながら…
茅葺(かやぶき)屋根の家は、藁葺(わらぶき)屋根の家と異なり大変に高価なんですよ。
屋根を葺(ふ)き替(か)えるだけで4000万円以上かかると言われています。
更に庄屋様の御宅ともなると平屋の入り母屋(おもや)作りなので、かなり大きな母屋と若夫婦の住む別棟の離れが有ったりします。

この素敵な古民家…
実は無料公開されているばかりか、「本郷ふじやま公園」と言う緑地公園の一部なんです。

ですから…

「あれ?昭和初期に来たのかな?」とタイムスリップをした錯覚さえしそうな風景が庭先には広がっています。
2013-12-01-15-58-34
ヨコハマの子供たちが丸で「カッペ(笑)」の様にのびのび元気に遊んでいます。
横浜市は「里山思想」に基づいた都市計画がなされており、どんなに市街の中心地にいっても必ず、この様な里山が保存されているんですね。
ただし、その里山が必ず文化的に大切な場所とは限りませんが。

ここでは少し昔まで日本中にあった風景を垣間見れます。
昔の家の土間(床が靴履いて歩く屋内)の炊事場(キッチン)とか…
2013-12-01-15-56-52
2013-12-01-15-55-41

一般人用の玄関入ってから靴脱ぐ土間とか…
2013-12-01-15-55-21

今じゃ少なくなった縁側とか…。
2013-12-01-15-54-54
本当、懐かしいな~。

離れもあるので、何だか昔の農村を訪ねて来たような雰囲気です。
2013-12-01-15-54-08
2013-12-01-15-53-49

立派ですよね~?
お正月はここで餅つき大会も行われますし、春には凄く立派な桜の木に花が咲き誇ります。
2013-12-01-15-53-25

この下の写真は長屋門と言います。
長屋門は江戸時代、ある程度の格式の有る家にしか造る事が認められなかった建物です。

もうこれ、古民家好きにはヨダレだらだら出るくらい堪らないんじゃないかな(笑)?
2013-12-01-15-52-57

御屋敷と呼ぶのが相応(ふさわ)しい外観ですね。
2013-12-01-15-52-27

さて、ここからが歴史的な話題の本題部分です。

以下、文章だらけですが、歴史好きと特に横浜市栄区民にとっては読む意味が有ると思うので、どうぞお付き合いください!

この旧小岩井家が治めた地域は鍛冶ヶ谷村でした。
今のJR京浜東北線本郷台駅から少し離れた鍛冶ヶ谷地区一帯ですね。
その鍛冶ヶ谷を中心としていくつかの村が明治時代に合併され「本郷村」が設置されました。
それが本郷台の地名の由来ですね。

鍛冶ヶ谷はその名の通り、武具製造の鍛冶職人が昔から住む地域でした。
どれくらい昔かと言うと…
恐らくは平安時代中期です。

この鍛冶ヶ谷の付近には古代から武具製造や蹈鞴(タタラ)製鉄に関わる地域が多数有りました
その名残は今も地名に残っています。
…港南区の"日野"→日野=火野…この地域は実際、鎌倉幕府の初代侍所別当和田義盛公が建設した野庭城と言う御城もありましたが、お隣の上郷には平安時代より更に古い奈良時代からのタタラ製鉄の遺跡が発見されています。
そして隣の金沢区にはそのまま金沢の地名と釜利谷と言う地域もあり、いずれも製鉄に関わる地名です。
西暦110年頃には日本武尊が鎌倉の先ある三浦半島に遠征して来ているので、この一帯は早くから開けていたようです。

さて…
鍛冶ヶ谷一帯に話題を戻します。
実はこの鍛冶ヶ谷一帯、小生は関東人が軍神と崇(あが)める平安時代の名将、陸奥守(むつのかみ)鎮守府将軍(ちんじゅふしょうぐん)を歴任した関東の武士団の棟梁、源朝臣(みなもとのあそん)八幡太郎(はちまんたろう)義家(よしいえ)公の兵站(へいたん=補給基地)だったと推測しています

因みに源義家公は鎌倉幕府初代征夷大将軍源頼朝公の4代前の祖先です。

何故(なぜ)、鍛冶ヶ谷一帯が義家公の兵站だったと推測するかと言うと、旧鎌倉郡村岡郷=現藤沢市村岡の村岡城を拠点にした、鎮守府将軍の平良文公は源苑(みなもとのあつる)と一騎打ちの後に盟友となり共に源氏と平氏は関東の発展に協力し尽力する事を約束しあいました。
※平良文公に関する過去の記事は「ココ 」←クリック!

250px-Minamoto_no_Yoshiie
(軍神と言われた源義家公)

その平氏と源氏の盟約を体現する様に、後に源義家公が前九年後三年の役に出征すると、坂東平氏はこぞってその幕下(ばくか=組織に入る)に入り協力します。
その時に鎌倉御家人の祖となる二人の名将が参陣しています。
一人目は鎌倉景政公…関東では御霊神社の祭神として信仰されています。
二人目は三浦為継公…御子孫には鎌倉御家人の三浦氏や和田氏、戦国大名芦名氏や正木氏や三浦氏がいます。
※三浦為継公に関する過去記事は「ココ 」←クリック! 

実はこの二人は従弟同士で、更に平良文公の子孫です。
つまり良文公以来の源家との盟約が履行されていた訳です。
この時、平家側は義家公に対し、居住地等を提供しています。
その場所が今の鎌倉市扇谷(おおぎがやつ)地区にある「亀ヶ谷(かめがやつ)にある寿福寺」のある場所
とその一帯なんですね。
亀ヶ谷は狭い地域です。
源頼朝公が鎌倉幕府を開く以前、実はこの父祖の故地(こち=ゆかりの土地)である亀ヶ谷に幕府を開こうとしたのですが、狭すぎて御家人達から反対され、やむを得ず鶴岡八幡宮の東側の大蔵地区に大蔵幕府を開いたなんてエピソードがある位なんです。
ですから鍛冶ヶ谷では軍隊の物資補給や武具補修の職人集団や商人を住ませる町形成はままならないんですね。
その亀ヶ谷から徒歩でも行ける距離には、現在でも源義家公と関連の有る地名や施設名が溢(あふ)れかえっているんですね。

亀ヶ谷の有る場所から現在の北鎌倉は歩いて15分程の距離ですが、その北鎌倉から20分位歩くと鍛冶ヶ谷の最寄駅の本郷台地区に至ります。
この鍛冶ヶ谷を含めた本郷台地区には、「河内」と「公田」と言う地名の場所が有ります。
河内とは大阪市の東部にあった国の名前です。
何故、唐突にこの地名が旧鎌倉郡、現横浜市栄区に出て来るんでしょうか?

実は源義家公以来、関東武家の盟主(めいしゅ=主従ではない協力関係のリーダー)としての立場を築きますが、この義家公の家の「源家」は源家の中でも河内源氏と呼ばれた今の大阪府羽曳野(はびきの)市を本拠地とした一族なんです。
そして、その羽曳野市の有る場所は、昔は「河内国」と国名を呼ばれた地域なんですね。
恐らく、亀ヶ谷に住んで居た義家公の荘園だったから河内の地名が横浜市栄区に残っているんでしょうね。

更に「公田」の意味ですが…
公方(くぼう=将軍)様+田畑…公方様の田畑…公方の田…公田となる
訳です。
この栄区本郷台の「公田地区」と「河内地区」は隣合わせの位置です。
そして更にその隣にあるのが鍛冶ヶ谷です。
つまり、町形成の不可能な亀ヶ谷に住む義家公は、公田一帯に生活用の食糧補給の荘園を坂東平家の武士から提供されており、武器を鍛冶ヶ谷で補給していたのだと考えるのが自然なんです。
港南区の日野や栄区上郷地区のタタラ製鉄所で製造された鉄で、隣村の鍛冶ヶ谷の鍛冶職人が義家公率いる源氏軍の武具補給補修を担っていたんでしょう。

ここから源氏と与力の平氏や菅原氏や橘氏や丸子氏が出撃して清原氏や藤原氏との死闘を演じたんですね…
その前九年後三年の役や関東の武士団の繋がりの話は過去に「永谷天満宮」の記事でも触れていますので、ご興味ああれば御覧下さい。
※永谷天満宮と菅原氏と平氏の関係に関する記事は「ココ 」←クリック!

余談ですが、鎌倉市は現在でも伝わる有名な刀鍛冶のブランドが有ります。
以前の記事で紹介した名刀「正宗」の工房ですね。
※過去の関連記事「ココ 」←クリック!

今回は八幡太郎義家公の話に話題を広げる事で、たまたま大阪府と神奈川県の関連に話が及びましたが、実は神奈川県は古代から大阪府と京都府と御縁があり、御互いの土地は本来は兄弟の様な協力関係にあったんです…
ま、その噺(はなし)は又、気が向いたらします(笑)。

今回も長くなってしまいましたね。
でも今は新興住宅地の本郷台も、鎮守府将軍様の根拠地だったかもしれないと言う、失われた歴史と誇りを皆さんに再認識して頂ければ幸(さいわい)です。

ではでは…又、次の記事でお会いしょましょう!
mixiチェック

鎌倉御家人の主力、三浦氏の菩提寺 

…清雲寺
鎌倉幕府御家人の中心を担った三浦家の開祖〜3代目と分家の佐原家の御一門の御寺に行ってきました。

    
三浦家は皇族から武士に成った平高望(たいらのたかもち)王の御子孫です。

平高望王の御子孫の平良文(たいらの よしふみ)公が醍醐天皇に「賊を討て!」との綸旨(りんじ=天皇の命令)を受けて陸奥守(むつのかみ=東北地方の長官)と鎮守府将軍(ちんじゅふしょうぐん=幕府を開く資格のある将軍)に任じられ、関東を統治する事に成りました。

その平良文公の曾孫(ひまご)の平為通(たいらの ためみち)公が三浦郡を治める様(よう)になり、役職の三浦介(みうらのすけ=三浦郡知事)から三浦の苗字(みょうじ=分家の姓)を名乗るようになりました。
三浦氏の中で歴史上初めて活躍したのが"平朝臣(たいらのあそん)三浦介(みうらのすけ)義継(よしつぐ)公です。一般的に三浦義継公と呼ばれる武将で陸奥話記等に登場します。
この人物が源頼朝公の家系の御先祖で河内源氏(かわちげんじ)最強の武将である源義家公に協力した御縁で、以降、源氏と三浦家の結びつきが発展して後の鎌倉幕府樹立の原動力に繋がって行く訳です。

坂東の平氏は有名な源氏の棟梁、源八幡太郎義家(みなもとの はちまんたろう よしいえ)公より先に関東に土着して土地を開拓し支配地域を拡大していったんですね。


この日は午前中、仕事前に朝出発して訪問して参りました。

で、御朱印を頂いて来ました。
神奈川県民としては非常に名誉な事で感慨深いです。 
何故なら三浦義継公は、従兄弟で御霊神社の祭神となった鎌倉景政(かまくらかげまさ)公と共に、前九年後三年の役で、軍神とも呼ばれる源義家公に与力(よりき=指揮下に入るが家臣ではない協力者)として大活躍された名将だからです。
そして、義継公の御子孫は戦国時代にも大名として多く生き残りました。
為継公が活躍と御子孫の繁栄は、後の鎌倉幕府は成立の一翼を担った訳です。
ですから神奈川県民として、清雲寺で御朱印を頂き三浦宗家の御廟所を参拝出来た事は非常に名誉な訳です。

清雲寺には為通公、為継公、義継公の初代~三代までの立派な墓所が有りますが、実は三浦家の菩提寺は元は「圓通寺」と言う別の御寺でした。
明治政府の数少ない愚かな政策の一つ「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく=仏教迫害)」により貴重な建築文化遺産と共に圓通寺は荒廃し、廃寺に成ってしまいました。
しかし、子孫の佐原氏系三浦家の菩提寺だったこの清雲寺に三浦家初代~三代様の御廟所は移築され菩提を弔う事になりました。

 
ですから清雲寺の本殿は「圓通閣」と言います。
そして御本尊の瀧見観音様は元々圓通寺に御祀(まつ)りされていた物を廃寺に成る際に、三浦家草創の御三名の菩提を弔うためにこちらへ移されて来ました。


この御寺を開基(かいき=寺院や神社を建てる)した佐原家の佐原義連公は、とても判断力と智謀に優れた鎌倉時代の名将名軍師で、源平合戦で源義経による兵庫県神戸市の福原攻めの際、有名な「鵯越の逆落とし」の実行を具申した人物です。

お墓じゃないよ、灯篭だよ!
御廟所の写真も撮影させて頂いたけど、掲載しません。
自分で行って拝んで下さい。
関係ないけれど蝶々や蜂が蜜吸ってて可愛らしかった…

また、お参りに来よう。
御近所には有名な三浦義明公の菩提を弔う為に源頼朝公が開基した御寺の満昌寺も在ります。
藪蚊が少ない季節に成ったら、三浦家の居城衣笠城址とあわせて訪問したい。
そして、また、清雲寺にもお参りに来よう。
御寺の公式ホームページは「ココ」←クリック!


------------------------------------
以下、後日追記
●三浦家で一番有名な武将「三浦義明公」の菩提寺の満昌寺に2014年11月訪問して来たので記事リンクを追記します!→ココ 」←クリック!

●三浦家の本拠地「衣笠城」を2014年11月に訪問して来たので記事リンクを追記します!→「ココ 」←クリック!
mixiチェック

↑このページのトップヘ