歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:鎌倉江の島七福神

皆さんは鎌倉に宝戒寺と言う立派な御寺が在る事を御存知でしょうか?
多分、歴史が好きだったり御朱印受領の神社仏閣巡りをしている人なら知ってる人は多いと思います。
しかし歴史を知らない人は全く知らない御寺でしょう。
鎌倉江の島七福神巡りの一所として有名で、毘沙門天様の御朱印を頂く事が出来ます。
この毘沙門天様を崇拝する事で勝運来福の御利益に預かれる訳ですが、他にも具体的にこの御寺に関わった歴史偉人の実績からも、その偉人達の勝負運と幸運に肖(あやか)れるのかも知れません。
IMG_3385
この御寺、正式な名称は・・・
金龍山(きんりゅうざん)釈満院(しゃくまんいん)圓頓寶戒寺(えんどんほうかいじ)と言って鎌倉幕府第二代執権(しっけん:幕府の首相)の北条義時の邸宅跡で、その邸宅は小町邸と呼ばれていました。その小町邸は彼以後も歴代の北条得宗家(とくそうけ:北条家の本家)の邸宅として使用された土地でした。
しかし鎌倉幕府の歴史にも終焉の時が来ます。
CIMG2526
上の写真の七里ヶ浜から干潮の稲村ヶ崎の干上がった海辺を通り新田義貞の大軍が鎌倉市街地に乱入して鎌倉幕府を滅亡させます。その際の彼の行いは極悪非道で鎌倉に至るまでも多くの神社仏閣で略奪放火をして回ったので幕府軍は劣勢に立たされても降伏する選択肢は無く、全員が執権の小町邸に集結すると、その背後に在った東勝寺の矢倉(やぐら:墳墓を置く横穴式人工洞穴)に移動し集団自決しました。
宝戒寺と東勝寺跡と腹切り矢倉の位置関係 久良岐のよし
位置関係は御覧の通り。
さて、そんな後醍醐天皇と新田義貞によって滅亡させられた北条家ですが元寇の際に朝鮮軍と元朝の中国軍の侵略から日本を守った功労者一族として現代でも評価されており、勿論(もちろん)、後醍醐天皇も北条一族を滅ぼしても功績に対して敬意を払っていました。
そんな訳で滅ぼした北条一族を無碍(むげ)にする事無く、鎌倉幕府の滅亡後、臣下の足利尊氏公に命じて旧北条家小町邸に北条家の菩提を弔う為(ため)の菩提寺として開かせたのが現在の宝戒寺です。
後醍醐天皇は、どちらかと言うと天台宗よりも修験道や真言宗と日本古来の神様の神話を大切にされた方でした。しかし、この宝戒寺の面白い所は後醍醐天皇と天台宗のコラボした御寺である事です。
IMG_3384
宝戒寺では素敵な亀甲型の巨石の石畳と豊かな緑の参道が参拝客を出迎えてくれます。
そんな宝戒寺ですが、後醍醐天皇が天台宗の御寺として宝戒寺を開いたのは恐らく北条家の宗旨が現在の臨済宗の元に成った天台宗の一派の禅宗臨済派だったからでしょう。
後醍醐天皇は政治面では腐れ貴族達に利用され、実際は権力を持てず結局は妃(きさき)を嫁がせた北畠家の利権の為に利用され、後醍醐天皇による建武の新政権樹立、俗に言う建武親政の開始に貢献した武士達には公平な新恩給与つまり新たに倒幕の褒美として給与地と成る所領の分配が行われずに武士達の不平不満が募り、建武政権は事実上破綻します。
IMG_3388
この時に利権を貪った北畠家は村上源氏の出身の為、同族であり後に多くの名将を輩出する事に成る村上源氏の武将達も後醍醐天皇側に与力(よりき:味方する事)して、北畠一族及び貴族と新田義貞達と南朝政権を維持する軍閥化していきます。
北畠家勢力と腐れ利権貴族の排除の兵を挙げた足利尊氏公を旗頭とする勢力は北畠氏排除にまで力及ばずに後の北朝政権を樹立して後醍醐天皇を手放さない南朝勢力と対立して行く事に成ります。
そんな経緯も有って、対立の激化の過程で一時的に関東の統治者として派遣された後醍醐天皇の皇子である護良親王(もりながしんのう)もやはり外祖父が北畠一族の源朝臣(みなもとのあそん)北畠師親(もろちか)でした。更に護良親王の妃(きさき:妻)も北畠師親の孫の北畠親房の息女(そくじょ:娘)でした。
IMG_3387
この北畠一族に実質乗っ取られていたのが後醍醐天皇の建武政権だった訳ですが北畠一族は更に統治者の不在と成った陸奥国(東北地方)で産出される金の利権を押さえる為か策を巡らして、近親者で皇子の護良親王を介して後醍醐天皇に陸奥将軍府を設置させ上で北畠一族の北畠顕家(あきいえ)を東北地方の事実上の総帥である陸奥守に推薦させます。そして、まんまと北畠顕家に陸奥守補任(ほにん:官職に任命される事)を成功させます。
この北畠顕家、実は護良親王の御妃とは兄妹の関係です。つまり完全に北畠家が鎌倉幕府の武士達から奪取した利権を公益の為に分配せずに私物化してしまった訳です。
事ここに至って、後醍醐天皇に味方した武士達の心は離れて更に多くの者が足利尊氏公と光厳天皇の樹立した北朝派に靡(なび)いて行く事に成り南朝と呼ばれた後醍醐天皇の系統の勢力は減衰して行く事に成ります。
もし北畠家が私腹を肥やさず、後醍醐天皇が平等に武士達の功績を評価して土地を分配していれば間違いなく南北朝の動乱は発生せず室町時代の応仁の乱の動乱を招く事も無く、日本文化も更に発展したかも知れませんね。
そして神仏習合の文化を大切にした後醍醐天皇の偉大さは評価され歴代天皇が大切にした神仏を分離する事無く仏教文化と神道文化は共存したままの伝統が明治時代の西暦1900年代以降も続いたのかも知れません。もっとも建武政権が成功したifが発生する時点で明治政府も存在しないので「if」を語る価値は毛程も無く、北畠家が私腹を肥やし腐れ貴族が楠木正成公の戦略を否定したせいで南北朝の動乱が発生した事実だけが残る訳ですが・・・
そう言った意味では日本レベルに国賊に値するのが北畠家であり、後醍醐天皇から見て逆臣に当たるのが足利尊氏公に成る訳です。そして後醍醐天皇も古来の中国皇帝や日本の天皇家の悪例を踏んでしまい外戚(がいせき:嫁方縁者)の暴走を治めれなかった時点で統治者としては無力だったのかも知れません。
しかし、初期段階で後醍醐天皇は足利尊氏公を非常に評価していたので、宝戒寺の建立を命令したり節目で宗教的に精神的に大切な役割を御命じに成ったのでしょう。

まぁ~ここまで書くと「何だ久良岐のよしってのは南朝を罵倒する不届き者か!」と思う人もいるかも知れませんんが実は小生の祖先は南朝方の大功臣です(笑)。
大切な事は、本来の日本文化と言うのは腐れ儒教に毒された年功序列江戸時代や特に明治以降の価値観とは異なって、家柄の他にも実力や功績によって評価されて引き立てられる文化が存在したと言う事実を示した訳です。
更に勇敢に戦った戦没者や結果的に国と国民の為に成る功績を残した者は敵味方の分け隔てなく経緯を以(もっ)て仏教に基づいて供養したり神道に基づいて御霊を御祀(まつ)りすると言うのが日本人の精神文化だと言う実例が、この宝戒寺の存在であると言う結論に至る訳です。
IMG_3389
この宝戒寺は日本の為に力を発揮した鎌倉幕府執権北条家、そして後醍醐天皇と足利尊氏公と言う現在の日本の形を作り上げた礎の一端を担った英雄偉人達の関わった凄い御寺なのは伝わったでしょうか?
更に戦国時代が終焉を向かえると、天台宗の高僧であり徳川家康公の軍師でもある南光坊 天海 大僧正によって宝戒寺の保護が願い出られて幕府によって存続させられて現在に至ります。
そんな凄い所縁(ゆかり)を持つ御寺なのに、現代では庶民の我々に優しい御寺で御朱印を頂きに上がったり景色を見て参拝に上がると本殿の中に上がらせて頂く事が出来ます。
下の写真は上野の寛永寺の開山堂両大師様。
DSC_1433
この寛容さは天台宗の凄い御寺に良く有る事なのですが、例えば天海大僧正が開いた江戸城鎮護の大寺院、上野の寛永寺の開山堂である両大師様も御参りすると御本堂に上げて頂けます。
天海大僧正は神様も大切にされた方なので、家康公を祀る東照宮の造営にも関与したのか参道に塔頭寺院を建立していたりします。
下の写真が久能山東照宮の参道に在る塔頭の徳恩院です。
CIMG0819CIMG0820
そんな天台宗の文化と英雄達の関わった鎌倉の宝戒寺は花の綺麗な御寺としても知られています。
今の季節、秋だと・・・宝戒寺様も御花の紹介に力を入れてらしゃるので季節ごとに纏めてみましょうか?
【秋】
彼岸花・ホトトギス・つわぶき・酔芙蓉(すいふよう)・萩・紅葉
【初春】
水仙・蝋梅(ろうばい)・梅・福寿草
【晩春】
桜・木瓜(ぼけ:素戔嗚尊の神話の花)・無患子(むくろじ:子供の疫病除けの花)・白木蓮
【夏】
水蓮・百日紅(さるすべり)・花虎の尾
こんな花を見る事が出来るそうです。
小生は2014年の7月21日、夏の真っ盛りに訪れたので余り多くの御花を見る事は出来ませんでした。
IMG_3390
しかし緑豊かな御庭を散策させて頂き、暑い中清々しい気持ちに成りました。
この日は、宝戒寺様への参拝の後、確か本覚寺様を御参りして同じく鎌倉江の島七福神の夷(えびす)尊神様の御朱印を頂いてから鶴岡八幡宮を参拝して大鞆別命(おおともわけのみこと)=応神天皇と源頼義公と源義家公と源頼朝公と頼家公の御霊に御挨拶をして帰りました。

そうだ!
もし鎌倉江の島七福神に御興味有る方、是非、関係先の御寺で販売している専用の色紙を購入して下さい!
DSC_0001
とっても可愛い七福神様の絵が描かれていて額装すれば記念に部屋に飾って毎日拝めば諸々の御利益にも預かれるかも知れませんね!そして・・・
この神社仏閣を我々現代人に残し日本文化と自然と風景の美しさを残して下さった先人に感謝する事も出来ます。
鎌倉江の島七福神会様の公式ホームページより拝借 久良岐のよし


宝戒寺様のアドレスも以下に掲載します。
【金龍山釈満院圓頓寶戒寺(略称:宝戒寺)】さて皆さん、宝戒寺が歴史的にも関与した人物達も御利益も素晴らしく雰囲気の良い御寺さんである事は伝わったでしょうか?鶴岡八幡宮からも近い立地なので、是非、鎌倉観光の際は鎌倉・江の島七福神巡りと専用御朱印色紙、頭の隅に置いておいて参詣して見て下さいね!
そして出来たら仏様と神様に御参りした際に歴史偉人達にも今の私達の生活が先人の御蔭で有る事を感謝してみて下さい。

では!又、次の解説記事で御会い所ましょう!






ブログネタ
風景写真 に参加中!
東京駅の近く、今の皇居は戦国時代には江戸城と呼ばれた御城が在(あ)りました。
きっと余り歴史に興味の無い人は…
「江戸城を築城したのは徳川家康と諸大名だろ?」
「何で安土桃山時代〜江戸時代に築城された江戸城が戦国時代から有るんだよ?」
…な〜んて思うかも知れませんが、それは違いますよ。
徳川家康公や徳川秀忠公をはじめ、黒田長政公や加藤清正公達は江戸城を拡張した「改修者」です。
今では江戸城は天皇家の皇居に成っていますね。
江戸城
…元々江戸城は、太田道灌(どうかん)公と言う戦国時代初期の名軍師として名高い殿様が築城した御城です。
道灌公は相模国や武蔵国南部を支配した扇谷(おおぎがやつ)上杉家の家裁(かさい=首相)でした。
その太田道灌公が築城した当時の江戸城の一部が今も皇居に残っていて、正に天皇陛下の宮殿の横に在る水堀が戦国時代から今に残る、その名も「道灌濠(どうかんぼり)」と呼ばれる遺構です。
それが下の衛星画像。
実は太田道灌公は智謀と人望が非常に高かったので、器の小さい主君の扇谷上杉定正に恐れられ、更に他の奸臣(かんしん=悪事を働く家臣)に妬(ねた)まれ、今の神奈川県伊勢原市に在った扇谷上杉家の初期の本拠地七沢城に赴いた際に、別荘の粕屋館で入浴中に暗殺されてしまいました。

そんな事もあり上杉定正は更に家臣からの人望を失います。
結果、北条家が南関東に進出してくると間宮家や上田家、足利一門で太田道灌公の盟友の吉良家の離反を誘発してしまい、後に太田道灌公の一族も悉(ことごと)く北条家の傘下に入り江戸城も北条家の持ち城に成りました。
※吉良家と太田道灌公に関係の有る記事は「ココ 」←クリック!
※間宮家の記事は「ココ 」←クリック!
織田信長公達が活躍した所謂(いわゆる)戦国時代に江戸城に詰めて城代を務めたのが、北条家で5本指に入る戦功と智謀を誇った北条綱高(つなたか)公でした。
その功績は立派で、北条家の主力部隊五色備えと呼ばれた5色の旗指物や軍装で色分けされた部隊の内、赤備え隊の大将を務められた名将でした。
最初の頃は今の鎌倉市大船駅近くの玉縄城の城代を務め、後に世に有名な河越合戦後、今の東京都府中市や調布市や立川市の辺りの重要拠点だった深大寺城(現在の深大寺は戦国時代御城だった)を守備しました。
その際、深大寺城に攻め寄せて来た扇谷上杉家の重臣、難波田(なんばだ)家の軍勢を迎撃し撤退に追い込み、更に追撃して完勝しています。
又、伊豆方面の守備を担当する事も多く、最後は江戸城に詰めて、江戸城で79歳と当時としては長寿に数えられる年齢で亡くなりました。
綱高公の軍学の師匠は、今の京浜急行神奈川駅一帯に在った青木城主の多目元忠公で、この元忠公は北条家の軍師格だった知将でした。
※多目元忠公と青木城の記事は「ココ 」←クリック!

綱高公は智謀だけでなく、その武勇も評価が高く、関東で最強の武将だった義兄弟の北条綱成公と並ぶ評価を受けた方でした。
綱高公は元々は実家が九州の名族高橋(たかばし)家の血筋で、実父の代に北条家二代当主の北条氏綱公に仕えて才覚を気に入られ氏綱公の婿養子に迎えられて姓を北条に改めた方でした。
KOEIさんのゲームだとこんな感じ…

ゲームの絵なのに地味でしょ?
実は実績も名前も有名なんですが何故か人気が無くて、安土桃山時代はおろか江戸時代の肖像画も小生は見た事も無いんですよ。有るのかな?

…小生、その不人気の原因は綱高公の菩提寺の江戸時代の対応に有ると考えています。
実は綱高公は御父君が元々幕臣だった関係か、当時の上方の室町幕府管領(三好家)の支配地域で信者の多かった日蓮宗を信心していました。
しかし日蓮宗が悪いのでは無く、その後の御寺の歴史の話なので先ずは我慢して読んでください。
綱高公の戒名(かいみょう=亡くなった時に貰う僧籍の名)も高栄院殿紗前礼治部浄德日真大居士と現代に伝わっています。
だから、その菩提寺(ぼだいじ=墓所の在る寺院)は碑文谷法華寺とハッキリ伝わっています。
今の御寺の名前は「円融寺」に変わり、宗派も日蓮宗から天台宗に改宗しています。
2015-05-02-11-18-17
円融寺の山門から続く参道は、綱高公の人物を表す様に落ち着いた趣(おもむ)きが有ります…
2015-05-02-11-19-20
当時の日蓮宗には対応に二種類の御寺が有りました。
一つは、一般的な参拝客も相手にする派閥
もう一つは、不受不施と言う檀家以外の参拝客からのお布施(寄付金等)を受け取らない自分達に非常に厳しく真剣に修行のみを追求した主義の御寺でした。
実は 、その主義の為に困窮する寺院が多数あり、更に、その主義を幕府より「排他的」と見做(みな)されてしまい不受不施だった法華寺は改宗する事に成り、日蓮宗から天台宗に改め御寺の名も現在の円融寺に改められたそうです。
天台宗に改宗した理由は、元々、法華寺の前身は天台宗の御寺だったからです。
元は日源上人と言う日蓮宗の有名な和尚様が、日蓮宗の御寺として再興開基したので江戸時代まで日蓮宗だった訳です。
この御寺からは日蓮宗で特に有名な「日進上人」様も排出しています。
日進上人と言えば、神奈川県鎌倉市の妙隆寺出身の有名な和尚様で、妙隆寺は七福神の寿老人を御祀りする御寺です。
鎌倉江の島七福神御朱印の一ヵ所にも成っていますね。
image
image
そんな御寺が「菩提寺だった」ので、北条綱高公は戒名が日蓮宗の和尚さん風な訳です。
何で「だった」と言う表現は読み進めて頂ければ解ります。

この円融寺、宗派は変わっても今でもその規模は立派で、内門には仁王門も控えています。
2015-05-02-11-20-11
立派ですよね?
2015-05-02-11-21-29

正に綱高公の菩提寺に相応しいのですが… 2015-05-02-11-21-03
残念な事に、参拝した際に現在の円融寺の御住職に綱高公の御廟所の所在を伺(うかが)った所…
「現在、この御寺に俗名が北条綱高と呼ばれた人物の御廟所は無い」
…と衝撃的な回答が返って来ました。

最初、この回答を頂いた時に「あ~観光客とか歴史好きの訪問はウザいのかな?」とか解釈しましたが…
帰って調べてみたら、日蓮宗から天台宗に改宗した際に「日進上人の法脈は完全に途絶えた」と記載が有りました。
つまり!
天台宗に改宗した際に御廟所も全て廃棄されてしまったか、どちらかに移転させられてしまい、その際に日蓮宗の高栄院殿紗前礼治部浄德日真大居士と言う戒名だった綱高公の墓標も撤去された可能性が非常に高い訳です。

綱高公の御廟が不明に成れば、当然、江戸時代にも拝む人が来なくなり、やがて其の綱高公御自身もマイナーに成ってしまいますよね…

残念ですね…
宗旨が変わって偉大な人物の御墓を撤去や移転するとは。
当時の和尚さんが歴史に無知な方だったんでしょうかね?
他の宗派では、その様な事は余り聞いた事が無かったので少し「イラっ(怒)」としました。
関東の発展に寄与して下さった人物の御廟所を無下に扱うのは、小生の信条としては歴史遺産の破壊活動としか受け止められなかったので。

2015-05-02-11-24-18
2015-05-02-11-27-07
でも日源上人の追善供養はなさっているんですよね~。
これはやはり、当時の住職が歴史に無知で御廟所を移転してしまうか撤去してしまったと考えるのが自然なんでしょうか…?

そんな訳で今では名将北条綱高公の御廟所はありませんが、円融寺の雰囲気は北条綱高公の御人格を今にも伝える様な雰囲気は感じる事が出来ました。

今日はここまで!
では、又、次の記事でお会いしましょう!



北鎌倉駅から徒歩で行ける所に明月院と言う紫陽花(あじさい)の綺麗な御寺が在(あ)るのを御存知でしょうか?
2014-06-14-15-38-17
今、その明月院の紫陽花が見頃を迎えています。
2014-06-14-15-26-20
この明月院の歴史は平安時代末にまで遡(さかのぼ)れます。
御寺の起源は鎌倉幕府5代執権の北条時頼公の邸宅に仏様を祀(まつ)り、そこに8代執権の北条時宗公が南宋から亡命して来ていた中国大陸四川省出身の高僧の蘭渓道隆和尚を開山と定めて臨済宗の福源山禅興寺として再興したのが始まりです。
明月院はその禅興寺と言う御寺の塔頭(たっちゅう=会社で言ったら子会社みたいな感じ)として存在していました。
※蘭渓道隆和尚については以前記事、「常楽寺 」←ここクリックで関連記事へリンク。

しかし明月院は本院だった禅興寺よりも古く、そもそも平治の乱で源氏の源義朝公の与力として戦い討死にした首藤俊通(くどうとしみち)公の菩提寺の草庵として、その子の首藤経俊(つねとし)公が建てた明月庵が前身と言われています。
その明月庵を室町時代に明月院として立派な寺院化したのが山内上杉(やまのうちうえすぎ)憲方(のりかた)公でした。

しかし明治時代に廃仏毀釈と言う愚策が行われ、明治の初めに明月院の本院=本体であった禅興寺は廃寺に追い込まれましたが、明月院はその命脈を保つ事が出来ました。

この明月院は参道に素敵な洋館のカフェも在り、今の季節はデートや散策に最適の散歩道でもあります。
2014-06-14-15-23-48

さて明月院の庭園と紫陽花に話を戻します。 2014-06-14-15-34-54
明月院は中に入ると先ず最初に、日本庭園風の喫茶スペースがあり、その手前の植え込みでは色んな種類の紫陽花を観察出来ます。
2014-06-14-15-29-15

2014-06-14-15-26-34

2014-06-14-15-27-56

2014-06-14-15-36-05

小ぶりな紫陽花ばかりでなく大きい花を咲かせているか株も有り、見ていて飽きません。
2014-06-14-15-28-45
2014-06-14-15-28-52

入口から続く平地の散策順路を過ぎると、次の斜面を登る順路には野性的に咲く紫陽花達が出迎えてくれます。
2014-06-14-15-38-38

2014-06-14-15-38-48
2014-06-14-15-40-47
長谷寺の紫陽花とは又、異なった雰囲気をかもしだしており本当に野性味溢れる感じなので、長谷寺と明月院の紫陽花を見比べる為に両寺院とも回っても飽きません。
実際、小生は両方回りましたが、どちらも其々(それぞれ)素晴らしかったです。

明月院の奥には御堂があり、また紫陽花の散策路とは異なった鎌倉時代にタイムスリップした様な空間も広がっています。
2014-06-14-15-44-42
御堂の付近には矢倉(やぐら)が在り、こちらが首藤俊通公の御廟所と伝承しています。
2014-06-14-15-46-37

どうです?明月院、素敵な所でしょう?
この明月院の近くには最近の記事で紹介した女性保護の文化を持つ尼寺の「松ヵ丘御所こと東慶寺」も在ります。
2015-05-20-15-39-23

2015-05-20-15-41-02

この東慶寺、記事にも書きましたが今、公開中の映画「駆け込み女と駆け出し男」の舞台でもあるので…
駆け込み女と駆け出し男
…明月院に紫陽花見物に行くのなら、是非東慶寺も参詣し、後日映画も見るとこの北鎌倉に思い入れを深め良いデートや散策に成ると思います。
「東慶寺」参詣と「駆け込み女と駆け出し男」の映画鑑賞、明月院に行くなら是非!推薦いたします。
※東慶寺の記事は「ココ 」←クリック!
※映画の公式サイトは「ココ 」←クリック!

東慶寺と明月院の途中には「鎌倉江の島七福神」の一つである「金宝山浄智寺」さんも鎮座しています。
image
この鎌倉江の島七福神の御朱印専用台紙は七福神の各神社仏閣の社務所で販売しています。
可愛いデザインですよね~♪
2014-06-14-14-44-23
こちらも大変雰囲気の有る御寺ですし、布袋様の御寺なので開運の御寺でもあり縁起の良い御寺です。
鎌倉に紫陽花見物に行くのを契機に、鎌倉江の島七福神の御朱印集めを始めるのも良いかも知れませんね~♪
明月院ともう一寺、前々回の記事で紹介した別の紫陽花の名所長谷寺も七福神の内、大黒様の御寺に成っています。
※長谷寺の紫陽花の記事は「ココ 」←クリック!
この七福神御朱印、鎌倉に小旅行に行く良い口実になり風流な時間を過ごせる切っ掛けに成るのも心が爽やかに成れる清涼剤の様な役割に成ってくれました。
そして毎回、鎌倉に美味しい物を食べに行く理由にも成りました(笑)♪

さてさて、紫陽花を見に鎌倉に行ってみませんか?
もし鎌倉までは行けないと言う人も、明月院や長谷寺よりは規模は小さくなりますが…
前回の記事で紹介した横浜市営地下鉄上永谷駅から徒歩で行ける「永谷天満宮」の鎮守の森天神山でも紫陽花を見物出来ますよ~♫
※永谷天満宮の紫陽花の記事は「ココ 」←クリック!
皆さんが季節を感じ梅雨を楽しんで過ごせますように祈願いたします~♪

では、又、次の記事でお会いしましょう!




↑このページのトップヘ