歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:高秀秀信

2018年は小生の人生の中でそこそこハチャメチャな1年間だった。
ハチャメチャの原因は自分の未熟さから対応が上手く行かなかった事ばかりで、今年はそれを変えたいと思った。ソレを改善する為には信頼出来る人の中で自分とは異なる発想をする人から自分に無い価値観や考え方を学ぶ必要が有ると思った。余り会わなかった思考パターン人達の中で安心して学べる人はいないかと考えてみた・・・
そしてとある人の事が思い浮かんだ。
家庭を二度も壊した事で親戚一同から疎遠に成っていた小生が子供の頃に尊敬していた母方の叔父。
・・・その叔父は人を助ける立派な仕事をしていた人で横浜市で最初に❝人を助けるとある資格❞を取得した知勇兼備の仕事をしていた人。頭も良くて体力も優れ話し方も優しく格好良い人。
でも夫としては無責任だったらしい。
家庭を二度も壊した。
大人になってみると叔父さんは男や夫としての責任と言う面において尊敬できないが、人として魅力に溢れ人の気持ちが良く解り優しさが有るのだろうとも思う。
まぁ優しさと、誠実か、真面目かは全て別の問題とも言える典型的な例でもある…

ハッキリ言って小生とは思考のロジックが180°違う人物だが子供心に尊敬しており大好だった。

・・・もう子供の頃から親戚の都合で約20年近く会っていなかったが、小生は2017〜2018年、そして今月前半での全ての反省点を改善する為に自分に男としての責任を果たすだけではなく、人としての優しさや内面を察してあげて心もサポートする能力がほしいと思った時に思い浮かんだのが、この横浜の叔父さんだった。
しかも叔父さんは小生が新たに取得しようと考える資格も持っているので、現実的な資格の相談と、自分の仕事上の同僚との接し方についての相談もしたかった。

そして母親に・・・
「親戚の都合なんて知ったこっちゃない」
「俺は叔父さんに会いたい、子供の頃に尊敬していたし安心して話せる」
「グダグダ言ってないでサッサと連絡先教えて」
・・・と半ば強引に叔父さんの連絡先を聞き出し、コンタクトを取った。
小生が子供の頃から、もうずっと交流が途絶えてたのに叔父さんは快諾してくれた・・・
「よっ君、じゃあ野毛山動物園でも散歩しながら話そうか?」
・・・と。
小生は内心「ん?何で野毛山動物園なんだ?」と感じたが、まぁ確かにユックリと緊張せずに気を紛らわしながら話すにはうってつけの場所だなとも思った。
待ち合わせは13時に日ノ出町駅と決まった。丁度、金曜日は小生は横浜中央図書館に行く予定が有ったので野毛の駐車場に車を停めて待ち合わせ時間まで食事したり都合が良かった。

当日、少し早く12時に着いて叔父が来るまで食事する場所を探す為に野毛界隈をブラブラしていた。
気分的に野毛の商店街で入りたい店がたまたま見つからず駅よりの方に出て来た所、以前から気に成っていた店が視界に入ったのでソコに決めた。
CIMG7986
鴻元食坊(こうげんしょくぼう)
鴻元食坊と言う少し辛い料理の多い中国東北料理の店。ここの店が以前から気になっていた理由はランチが500円と安い上に、横浜中華街でも提供される事の少ない本場中国の庶民料理が沢山メニューに有るからだ。
鴻元食坊に関しては、もう少し詳しく別に独立記事で紹介しようと思うので説明を端折(はしょ)る。
注文したのは酢豚ランチと小生の好物のハチの巣(牛の胃袋)の冷菜
CIMG7991
CIMG7994
このランチ+1品でなんと880円!物凄く安いだけでなく味も中国の食堂で食べる中華料理と全く遜色無い。綺麗な店員の女の子と少し雑談をして、今度来たら日本人向けじゃない本場の東北料理の辛さで料理を出してれると言ってくれた。
いつも御店の店員さんとか和尚さんとか宮司さんと打ち解けるのが得意だ。
どの家の子供にも物凄く好かれる。
でも小生は恋愛では上手く行かない事が多い。
好きな人に嫌われ易く、嫌いな人や意中外の人には好かれ易い。
何故だろう?

・・・今までの恋愛を振り返ると小生を最初から信頼したり頼ってくれる人としか交際してなかった様に思う。
それと、店員さんや和尚さん宮司さん達と仲良く成れるのは何か関係が有るのだろうか?
自分と他人の行動や感情のロジックが解らない。
食事が終わると丁度13時の5分位前だったので日ノ出町駅に移動した。
駅には先に叔父さんが到着していたが、何せ長い間会ってないので面影は有ったが最初は叔父さんと確信が持てず、取りあえず手を振って見たら叔父さんも目を凝らしてコチラを見てから・・・
「よっ君、子供の頃の顔しか解らないからLINEで写真送って貰ってもパッと思い浮かばなかったよ」
「印象変わったなぁ〜」
・・・と言われた。そりゃそうだ。久しく会ってないんだから。叔父は今もスポーツセンターに通っているそうでガッチリと無駄な肉の無い精悍な初老の男性と言う印象だった。
叔父と久しぶりの対面を果たし握手を交わし、ソンナ言葉を数回交わしてから何方(どちら)が言い出すでも無く一緒に野毛山に向かって歩き出した。
DSC_0580
横浜中央図書館の前を過ぎて旧平沼専蔵邸亀甲積み擁壁の前を通り過ぎた時に、この文化財の話を小生が叔父さんに話すと・・・
「そう言えば歴史が好きだってお母さんから聞いてたよ」
とか
「凄く体が(太って)大きくなったって聞いてたよ」
とか
「前の仕事の話も聞いたよ」
・・・とか、実は小生の知らない所で母は叔父と連絡を取り合い、勝手に小生の事をベラベラ話していた事が発覚した。母は総じて小生の汚点だけを強調して親類に話すのだが、叔父には賛否両論評して話していた様だ。まぁ、小生の情報は叔父が2度目の離婚をする前後までの様だったので、それ以後は余り情報も交換していなかった様だ。
暫く歩き進めると動物園の案内板が見えて来た。
CIMG7995
叔父の以前の記憶では、既にここ等辺りから動物の展示が有った様に記憶が有るらしいが、どうやら横浜市によって規模が縮小されている様だった。
小生がここに最後に来たのは弟が生まれる直前の3歳の頃の話しで、父と最後に来た当時の記憶が朧気ながらに残ってる。確か市電が放置されるように置いてあった。余り楽しい場所と言う記憶は残っていないが、大人になってみると無料開放の動物園と言うのは中田市長や現職の林市長以前の歴代市長の果たした史跡保護と教育福祉的な意義を両立させていた偉大さが良く解る。
CIMG7996
史跡保護と言ったが、この野毛山は明治時代には富岡製糸場や第二銀行(横浜銀行)を経営した原財閥の原家や、川崎や鶴見の鉄道網を整備した浅野財閥の浅野家や西武鉄道初代社長の平沼家等の別邸が立ち並ぶ高級住宅街であり、近代日本水道の発祥地でもあった。
CIMG7999
CIMG8000
佐久間象山先生が横浜の開港を建議したので、この野毛にはその顕彰碑も有る。
余談だがこの佐久間象山先生を暗殺した人物が・・・
©和月伸宏先生 集英社様 るろうに剣心
緋村剣心です。
・・・嘘です。
るろうに剣心の主人公の緋村剣心のモデルに成った人物、抜刀術の達人だった河上彦斎と言う武士が佐久間象山先生を暗殺した人物でした。
まぁ〜幕末の開港〜明治大正の近代日本発展の礎と成った横浜の昔の中心地の桜木町〜野毛町界隈だから当然ながら幕末〜近代が題材の❝るろうに剣心❞の話しにも繋がるのは必然だな。
CIMG8001
階段を登り進める。
CIMG8002
女性俳人として有名な中村汀女女史の句碑だ。
CIMG8003
横浜を舞台にした俳句を多く読まれた人物なのだが、俳句に詳しくない小生は余り中村汀女女史の事も詳しくは存じ上げない。機会が有れば色々と足跡を辿ってみたいと思う。
又、野毛山の道を歩き進める。
CIMG8004
叔父が右足を少し庇いながら歩いていたので・・・
「叔父さん、右足を庇ってるように見えるけれど股関節が悪いの?」
・・・と問いかけた所、年齢のせいか右足が余り上がらなく成ってきたそうだ。それでも毎日ジムでランニングしているそうだ。「足が悪いならウチの母に見て貰えば良いの」にと思いながら小生も叔父に負担をかけない為に歩くペースを落とした。今にして思えば、疎遠に成っていたので母にも言い出せなかったのだろう。小生との交流再開が切っ掛けに成り叔父も親戚達と又、仲良くなって行って今度こそ過去は過去として、新しい奥さんとの生活も祝福されて幸せにしてあげて欲しいなぁ〜と思う。
CIMG8005
そして出て来た佐久間象山先生の顕彰碑。
先程、中村汀女女史を❝先生❞と呼ばなかったのは日本語における❝先生❞の用法は近代に誤って用いられた漢字の誤植だからだ・・・
❝先生❞とは年長や身分が自分より上の❝男性に対して用いる尊称❞で、教師や技術者や文化人に対する尊称の意味は漢字に含まれていない。
・・・日本語で教師の意味で先生と誤って翻訳された単語は本来は“師”、“老師”や“教師”や“教授”が正しい。つまりドラゴンボールで悟空やクリリンやヤムチャ達が亀仙人に対して用いた尊称を❝武天老師❞とした鳥山先生は正しい漢字の知識が有った訳だ。
CIMG8006
本来の遊歩道を案内板に従って右に逸(そ)れると日本庭園に行き着く。
ここを春に散歩するだけでも良いデートに成るのだろう。子連れには子供が理解できず退屈するかな?
そんな場所を叔父と二人歩く小生(笑)。
CIMG8007
石碑が見えて来た。
CIMG8008
ペリー提督が唯一敬礼した日本人だそうだ。つまり欧米人から見ても博識で欧米の礼儀作法さえ熟知しており敬意を以(もっ)て接する対象だったと言う証明だな。川上彦斎は何をやってんだかな。
一頻(ひとしき)り見終わり遊歩道に復帰し、歩道橋から動物園と反対の左手の高台に進む。
叔父の記憶では其方側も昔は小動物と接する事が出来る動物園の一部分だったそうだが面影は無くなっていた。
歩き進めると何やら近代西洋建築っぽい建物が有ったので写真を撮影してみた。
CIMG8010
実はここは日本最初の水道の配水施設だったそうだ。
何とも横浜らしい史跡だな。この頃の日本の他の都市ではまだ井戸ばっかりだったし、夜は真っ暗だったが横浜の野毛〜桜木町〜関内地区には既に夜道を照らすガス灯が整備されていた。
CIMG8011
先に進むと西洋人の胸像が有った。
CIMG8013
英国人H・S・パーマー先生の胸像。
そして、この説明銅板に刻まれている細郷市長の名!細郷市長と高秀市長は建設族ながら文化的歴史的な教養が現職市長より大変優れていて、都市計画と文化歴史史跡保護を両立させた市長として有名だ。
林文子市長も福祉だけは優秀なのだから、加えて横浜市最大最後の蛍の群生地の自然林と水源地の円海山瀬上沢の保護を歴代市長と同じく行うべきだ。現在の瀬上沢の東急不動産による自然破壊宅地開発計画を撤回させ市が栄区の田谷辺りの遺跡の無い耕作地を買収するなりして代替地を用意するとか、東急不動産に横浜市民反対署名12万人+市の有識者の開発反対票過半数の結果を重く受け止めさせ土地を自然保護区域として寄贈させるとか鎌倉市の鎌倉歴史文化交流館開館の先例を踏まえて東急に対して横浜市民に土地を寄付するように勧告して欲しい。
あと続日本100名城に認定され日本全国の歴史ファン城郭ファンから重要性を認められ日本の都市部屈指の保存状態を誇る港北区の小机城を早く横浜市から文部科学大臣に史跡として推薦して国指定史跡認定を受けるべきだと思っている人は物凄く多い。
この2つを行うだけでも、戦国武将で江戸時代の本牧奉行の間宮家松本城址の桜道の桜の大木の並木道の伐採を行わせた罪や、野毛山動物園の規模を縮小させた罪や、原財閥が公共福祉の理念から無料開放していた原家邸宅の三渓園を寄贈されたのに入園料を値上げした罪の全てを贖罪する事にもなるし、逆に高秀市長や細郷市長に並ぶ歴史文化保護の功績を後々数百年後の横浜市民にまで伝える事が出来るのでは無いかと思う。
CIMG8012
パーマー先生に話を戻す。
この人の作った煉瓦製の水道や下水道は実はつい最近まで横浜市中区の一部区間で現役で活躍していた。当時の下水管や水道管は元町公園階段の壁や関内地区の日本大通り沿いに史跡として展示されている。
日本の近代発展が独力だと思い込んでる日本人は多いが実は英国政府が多額の資金援助をしてくれたり、近代都市整備や要塞や戦艦の建造技術を供与して下さった御蔭で現代の日本が有る事をステレオタイプの右翼や左翼の両極端な連中には微塵も顧(かえり)みない奴が多い。
ハッキリ言って生麦事件や薩英戦争は完全に英国政府の陰謀だし、彼らには日本植民地化の野心さえ有って討幕運動の陰には100%フリーメイソンの関与が有ったと小生は思っているし、それを阻止する為に江戸時代初期に横浜を治めた間宮家の一族の幕末の子孫の間宮一サンが無実の罪を着て井伊家との安土桃山時代からの繋がりで鎌倉事件の犯人として人柱に成り処刑されたと小生は推測しているが、日本人の気質や能力を不幸な軍事外交衝突や民間交流を通じて知った英国だからこそ、後に日本人に多大な投資をしてくれたのだろう。
aviary-image-1468100204119
例えば薔薇の花とウッドデッキの遊歩道でデートスポットとしても横須賀市民や横浜市民に愛される横須賀のヴェルニー公園だが、ここは江戸幕府の小栗上野介公とフランス人のヴェルニー先生が建設した横須賀製鉄所の造船所を見渡す場所だったりする。日本の明治政府がロシアのバルチック艦隊に勝利出来たのは横須賀製鉄所が有って軍艦を整備出来たからだが、これはやはり、フランス人であるヴェルニー先生の設計と英国政府の製鉄施設に関する支援が有ったからだ。
DSC_3120
今は運が良ければ公園の奥にはイージス艦が停泊してる様子を見る事も出来る。
旧横須賀製鉄所では当時のスチームハンマーもつい最近まで現役で使われていて、それを知った現代の英国政府がビックリしたなんて逸話も有る。
そして日本の都市発展や産業発展の基礎を築く一端を担って下さったのがパーマー先生やコープランド先生達だった訳だな。そこには幕府幹部として明治新政府に処刑された小栗上野介公の活躍も有った訳だが。そしてフリーメイソンが日本と日本人と日本の文化を評価し活かし存続させようとも動いてくれたのだと小生は推測している。
…高須医院長、末期癌らしいけれど出来るだけ長く元気に活躍して頂きたいなぁ〜。
CIMG8015
暫く行くとハナミズキの樹が植樹されている。アメリカのワシントンの桜並木が有名だが、実はあの桜並木は❝シドモア桜❞と呼ばれているのだが横浜から贈られ、その返礼にここにアメリカからハナミズキが贈られて植樹されたのだが…
CIMG8014
・・・その企画を推進したのがE・R・シドモア女史だったので、その名をとってシドモア桜と呼ばれているそうだ。因(ちな)みに、この時に桜を植林しアメリカまでの輸送を成功させた植木会社が今も横浜市に現存している。
横浜植木株式会社様ホームページより拝借 久良岐のよし
https://www.yokohamaueki.co.jp/index.html
横浜植木株式会社と言う企業だ。
この企業が現在も横浜で活躍している事はハマっ子としても日本人としても誇らしく思う。
ハナミズキの前を通り過ぎると横浜を見渡せる丘に近年設置された展望台が在る
CIMG8016
景観を壊さない様に近代西洋建築風に成っていてとても良いと思う。
CIMG8017
野毛山公園展望台
叔父の様に足が少し悪い人でも後期高齢者でも安心して風景を見られるようにバリアフリー化されていてエレベーターが設置されていて、横浜市として良い仕事をしていると思う。素晴らしい。
CIMG8018
現代では高層ビルが増えてしまったので海は見渡せないが、それでもランドマークタワーや観覧車も見えて家族連れで動物園に来たついでに子供に横浜の風景を見せるには良い場所だ。きっと少し大きくなって彼氏や彼女が出来たら親と来た此処(ここ)を思い出してデートに来るかも知れない。ここから見る夜景は特に綺麗だろう。もっとも、夜間はシャッターが降りるような構造が有ったので展望台には入れないかも知れないが、それでも丘から見渡す夜景はきっと綺麗でデートにも適していると思う。
う〜ん・・・
毎回家族連れやカップル向けに情報を提供しているのに小生は独り者なんだよね。
でもソレは小生の趣味が歴史で歴史好きな女性なんて絶滅危惧種だったり、同年代の女性は適齢期で既に結婚してる人が大半だったり、自分の頑固で融通の効かない性格や女性だろうが男性だろうが全く良くも悪くも区別しない言動にも問題が有るのを自覚して改善したいと思ったから叔父サンに話を聞いて貰って色んな事を叔父さんとの交流を通じてこれから学び取って行きたいと思ったんだな。
CIMG8019
そして、ここに来るまでに叔父さんから既に大切なアドバイスを貰った。
「嫌いな人でも相手の身に成って相手の尊敬出来る面を大切にすると良いと思う」
「どんな人も大切に接する事が仲良くなる本質だと思う」と言う事だ。
確かに叔父さんには「家族大切にしてないじゃん?」と夫や父としての責任に於(お)いては一瞬ツッコミ所が有ったし、小生の方が❝責任感❞や❝信義❞と言う点に於いては叔父よりは男として自覚は有るかもしれないが、普段から相手の立場に立つと言う事は小生は軽視しがちに成る。
自分がIQ132な上に危険予測と準備を理詰めで行い、相手の意思を無視して相手のサポートを行ってしまう。小生を依存気味に頼る人や部下達には良いかも知れないが、これは優しさでは無く押しつけに成ると思う。だから叔父にも一瞬で見抜かれた訳だ。
そして叔父の更なる一言・・・
「真面目だよね。考えを通す信念は性格だけど、堅物で押し付けに成るかもしれない」
・・・と歩き始めて30分そこいら、小生も全て自分の失敗も成功も悪い面も良かった事も包み隠さず正直に話したとは言え、的確と思われる事を幾つも言い当てられた。
そんな話をしながら歩くと水道みち「トロッコ」の歴史と言う案内板が有った。
CIMG8022
現代も横浜の水道は津久井の道志川から引かれているのだが、なんと横浜から津久井の道志川(津久井湖)までの水道敷設には野毛〜津久井に至るトロッコが引かれたそうだ。
…大久保利通公や西郷隆盛公が鉄道の基礎を築いて下さったので、トロッコの技術も運用出来る様に成っていたんだね。明治の元勲達に改めて感謝。
横断歩道まで戻り、野毛山動物園の入り口に移動。
CIMG8023
カップルや近所からの散歩客がいるが平日金曜日と言う事もあり人は凄く多くは無く丁度良い。
横浜市営なので無料なのだが、多分、市外地の地方からの移住者は存在すら知らないかも知れない。
CIMG8024
入口の受け付けもパンフレット配布と案内や迷子の放送やをするのが主な仕事。
CIMG8025
市営ながら入って直ぐ右手には売店も有り可愛いヌイグルミも沢山売っているので、今度、妹の所の甥っ子と姪っ子や弟の所の姪っ子達を遊びに連れてきてあげたいなと思う。
・・・本当はね、自分の彼女や奥さんや家族と来るのが一番幸せなんだと思うけれど、好きになる人には悉く嫌われちゃって最後通告されてやりとりも無視されちゃうし、まぁ、そうさせてしまう自分の性格の問題点の改善や足りない物を叔父から学ぶ為に今回来れて本当に良かったと思う。

CIMG8026
野毛山動物園
CIMG8027
子供の頃はゴリラさんやシロクマさんに加えて❝はま子❞ちゃんと言う象サンも飼育されていたのだが、最近の横浜市による自然や公共の福祉の軽視、歴史文化史跡軽視の風潮からか既にいなくなっていた。
CIMG8028
何か飼育に困らない小動物はいるらしい。
叔父と昔の野毛山動物園の記憶を掘り起こしながら歩くととても可愛い子が出迎えてくれた。
CIMG8029
最初は何処(どこ)にいるのか解らなかったけが樹の上で生活する動物だと言う事を知らなかったから見つけられなかったんだな。
CIMG8030
レッサーパンダくん。も〜クソ可愛い(笑)♡
残念なのは独身未婚の小生が一緒に見に来ているのが彼女や奥さんや自分の子供ではなく❝叔父❞と言う一点だな(笑)。
そこから先に進むと3歳の頃の記憶が鮮明に残る物が半ば放置する様に展示され残っていた。
CIMG8031
横浜市電だ。横浜市民から通称チンチン電車の愛称で呼ばれていた路面電車。交通量の増加で消えた。
磯子区滝頭の横浜市電保存館に沢山保存展示されていて、安価な入場料で子連れで遊ぶ事が出来る。
久良岐公園や本牧市民公園にも展示されているかな?
横浜市電保存館に関しては以前紹介記事を書いているので興味の有る人は参考にして貰うと良いと思う。
記事リンク⤵

横浜市伝保存館…格安の鉄道博物館。子供の夏休みの思い出作りにピッタリ!

子供の頃の記憶で間違ってるかも知れないが以前と置いてある場所が違うんじゃないかな〜と思った。
叔父はこの変にキリンが居たんじゃないかと話していたかな。
「そう言えば何で野毛山動物園で会おうと思ったの?」
・・・と叔父に聞いた所、叔父は「よっ君から声かけられて何となく思い浮かんだんだよ」と答えたのだがが、「もしかしたら俺の記憶が子供の頃のままだったからかな?」と再度聞き返すと「そうかもね〜」と言っていた。叔父の中では小生の記憶は子供の頃のまま止まっていたんだな。
会わない時間が長すぎたけど、又、会えて良かった。
CIMG8032
ここはチンパンジーがいるらしいが厩舎の中に引っ込んでいて一頭もいなかった。その代りチンパン先生の凶暴に暴れる❝ドォーン❞❝ドォーン❞と扉かなんかを叩き付ける音がして「キイ〜ッ!」と言う攻撃とも威嚇ともとれる奇声が聞こえてきて動物園なのに平和な感じとは程遠い異様な雰囲気を此処だけ感じた。
CIMG8033
上から見た何だか解らない元は動物がいた空の空間。
下に降りるとコンドルの飼育されている檻(おり)が有った。
CIMG8035
CIMG8036
上手く撮影できてないね。
その近くに最近までシロクマが飼われていた❝空の厩舎❞が展示されていた。
CIMG8038
う〜ん…どうなんだコレ?
CIMG8039
まぁ中に入れるのは貴重な体験かも知れないけれど、大型動物を減らし過ぎじゃないのか?
CIMG8040
まぁ子供達が喜んでるなら別に良いのかな?
CIMG8041
しかし、シロクマ飼育するのって命懸けだろうね。シロクマに限らずライオンとかトラとか熊とか飼育員さんが良く殺される事件起きてるもんね。
CIMG8042
そんな危険性が有った事を施設を見学出来る様に開放しているのは苦肉の策とは言え子供の教育にも有意義だと思った。自分の子供いないけど(苦笑)。
CIMG8043
白熊舎を後にすると、次はツキノワグマの檻が近くに在った。
CIMG8048
丁度お食事中の時間帯だったので熊が食事している珍しい光景を見る事が出来た。
CIMG8045
起用に長い舌を使って穴からドングリを取り出して口の中でドングリの皮だけを噛み砕いて吐き出して中身を食べていた。てか、冬でも冬眠するとは限らないんだね。刺激が有ると普通に起きるらしい。
冬だからって安心して山城とか登ってて遭遇したら怖いな。
CIMG8049
銅像と説明板。
CIMG8051
そしてペンギンさん。みんな従姉妹兄弟(いとこ)同士の近親婚らしい。
余談だが天智天皇や天武天皇の頃まで日本の豪族や皇族も兄妹婚とか近親婚は普通の文化だったりしたんだが、現代人の感覚では考えられないね。
CIMG8053
ニューカレドニアかなんかにいるナントカって鳥(笑)。ズングリしてて可愛いかと思いきや神経質でコチラをチラ見しまくり行動が微妙だった。
CIMG8055
ニワトリさん。ここでは小動物と子供達が触れ合う事が出来る。
CIMG8056
ワラビーの飼育されてる場所なんだけど寒くて出てきてなかった(笑)。
叔父と話をしていてスッカリ見るのを忘れていたが、この他にも虎やキリンもいるから、無料で見物出来るし野毛での食事やランドマークタワーやミナト未来21地区にも歩いて行ける距離だから親子連れやカップルでの散歩には持って来いだと思う。
そして叔父に言われた…
「合う女性とは初対面から打ち解けるよ。」
「俺なら無理な努力しないし相手の為にも頑張り過ぎないかな」
…これは色々と受け止めるのが複雑だった。
昨年、好きな人に片思いしながら色々と準備していた一環での新たな資格取得講習で一緒に成った女の子がずっと親切に友好的に小生の近くに居てくれて肯定的に接し続けてくたのに片想いの相手に義理立てし電話番号すら聞かなかった事とか、断ったお寺の跡継ぎの話しとか、断った引き抜きの話しとか色んな事が思い出された。
それでも片想いした女(ひと)の事が好きで、ずっと変わらないと思うんだよね。
相手が何が有っても経済的にも支えられる様に投資の御金取り崩して、資格取得で高収入の年収の確約を貰って転職の準備して、それに向けて学習して、相手に釣り合うように昔の外見に戻る為に27kg痩せて。
色々やったけど相手の為には確かに叔父の言う通り独りよがりに成らず、淡い縁の期待は心の底に残しながら、もう今年は去年みたいに若(も)し小生に好意を持って好意を伝えてくれる人がいたら、そのご縁を無下(むげ)にせず、流れに任せてみようと思う。

ただやはり気がかりなのは、小生をガン無視した女(ひと)は、このまま人生1人老人に成った時に寂しい思いをする事に成ってしまうんじゃないか子供も産まず将来を一人で生きなきゃいけないんじゃないか、本当に背中合わせて生きていける信頼に足る男に会えるんだろうか?とずっとソレが喉に引っかかった骨とかみたいに心にチクチク刻まれているんだな。
どうか幸せに成ってくれます様に…

でも叔父さんの言う通り、そうやって決めつけるのを辞めるのと、もう自分の利益も少し優先しても良いのかと思うし、信頼する先輩の言う通り「執着に成るから忘れろ、相手もっと嫌われるかも知れないよ」とまで言われてしまっているし。

此処からは大人としても、相手から近づいてくれない限りは無理をしない様にしようと思う。
そして、もし小生を信頼してくれて小生も相手をリスペクト出来る出会いが有ったら今年は流れに任せて、ご縁を大切にして、全ての可能性を否定せず、男女問わず苦手な人種の人との交流も相手が小生に接して来てくれるなら人として大切にしたいと思う。

叔父さんと日ノ出町駅に向かう別れ際の会話。
叔父「よっ君、お酒好き?」
小生「叔父サン、俺酒凄く強いんだけど営業やってた頃とか父親が酒飲んで暴言吐くのとか嫌な思い出しか無くて大嫌いなんだよ」
小生「だから絶対に誰に飲み会に誘われても行かないんだ、女の子に誘われても」
叔父「そっか、じゃあ次は俺と少し飲もうか?」
小生「(嫌いっていったじゃん)!?え?」
叔父「リハビリだよ(笑)」
小生「う〜ん…叔父さんとなら良いかな?」
…ほんのチョビッと、叔父さんに再開した御蔭で何かが動き出したかも知れません。


…では、又、次の記事でお会いしましょう。











横浜市金沢区長濱には長浜ホールと言うコンサートホールと長濱野口記念公園が在ります。
そこには❝旧長濱検疫所の細菌検査室❞が保護維持され無料開放されています。 CIMG6460
長濱野口記念公園内 旧細菌検査室
実はここ・・・
CIMG6465
野口英世記念公園内に保存される明治時代の建築遺産にして医療文化史跡。野口英世先生が検疫所職員時代に日本初❝ペスト❞の患者を臨港検疫で発見し日本へのペスト流入を食い止めた当時正に働いていた場所なんです。
CIMG6461 野口英世先生がここでペストを食い止めていなかったら
現在の日本人の多くは祖先が死んでいて生まれていなかったかも知れない、そんな医療の聖地でもある訳です。
CIMG6462 明治三十九年(1899年)明治政府に因って❝海港検疫法❞が公布されました、すると旧長濱検疫所は横濱海港検疫所として再スタートし、当時は北里研究所の北里柴三郎先生の開いた伝染病研究所で研究助手をしていた野口英世先生に白羽の矢が立って❝海港検疫医官補❞として入所赴任されたそうです。
この頃、野口英世先生は22歳。若い!
CIMG6467 すると横浜港に入港しようとし横濱海港検疫所に停泊していた❝亜米利加(アメリカ)丸❞の清国(中国)人乗船員がペストに感染しているのを野口英世先生が発見、ペストの日本侵入と蔓延を事前に食い止めた。
CIMG6468 その時に活躍の場と成ったのが正に、この❝旧細菌検査室❞であり、当時の横濱海港検疫所として機能し現在はコンサートホールとして改装され再利用されている長濱ホールだった。 CIMG6469 これらの建物はバブル時代に老朽化で破壊されそうに成ったのですが、野口英世先生の出身地の福島県民と横浜市民と北里大学の関係有志が義挙し保存活動に発展、実に18年間に及ぶ保存維持闘争を経た頃に、横浜市長が高秀秀信市長に成ったのが幸運でした・・・
CIMG6470
高秀市長は建築族であると同時に歴史知識と教養の深い人物で、この活動に賛同され保護に踏み切り現在では横浜市民に無料で開放され誰でも医聖:野口英世先生の日本防衛の医療聖地を見学する事が出来る様にして下さいました。 CIMG6459
※現在外装工事中の長浜ホール ・・・余談ですが高秀市長は他にも横浜市中区元町~山手地区の明治~大正~昭和初期の洋館群を横浜市で買い取り保護し、素敵な街づくりと近代西洋文化保護を行い、更には都筑区センター南駅までの茅ヶ崎城址保護整備により茅ヶ崎城址公園を開き日本の戦国時代の文化史跡保護にも活躍されました。
又、茅ヶ崎城から直ぐ近くの大塚歳勝土遺跡を保護し緑地公園と史跡公園として発掘調査させ整備し横浜市立歴史博物館を設立され高秀市長によって保護公園化された大塚歳勝土遺跡は❝国指定史跡❞と成り、素晴らしい商業街造成と史跡文化保護の両立を実現された名市長でもあります。 ●茅ヶ崎城址公園…横浜市内3本指に入る保存状態の城。←クリックすると記事を読めます。
CIMG6471
検疫所の前には澤を利用した水堀が在り、これで検査室と事務所の結界としていた様ですね。
高秀市長はこの様な素晴らしい遺跡や文化史跡や城址や自然を多く保護された上で横浜市の経済発展と両立された偉大な市長だったのですが、2018年現在の林文子市長は❝円海山瀬上池~瀬上沢❞の横浜市最大の❝蛍群生地❞の東急不動産による宅地開発を容認する発言をし高秀市長が自然公園化した現地を一部私有地払下げしたり借地権を放棄し封鎖させ、蛍は絶滅の危機に瀕しています。 同様に❝続日本100名城❞に選ばれた小机城址への横浜市史跡指定化を行わず、建築利権かさせ破壊してしまう可能性が有る。
ついでに関連記事のリンクも以下に貼って置きます。
●茅ヶ崎城址公園…横浜市内3本指に入る保存状態の城。
●円海山と瀬上池の沢…蛍が見れる横浜南部の最後の大森林。
●円海山の蛍が観察出来る季節です。・・・過去記事の転載も。
●❝続日本百名城❞の1つ小机城は城主北条幻庵公と城代笠原信為公が率いた北条家白備え隊後の小机衆の拠点。
CIMG6472
旧細菌検査室は小さな博物館に成っていて、当時の検査機材や書類、歴史解説が無料展示されていて誰でも野口英世先生の足跡を学ぶ事が出来ます。
CIMG6478
CIMG6479
CIMG6480
CIMG6481
CIMG6482
CIMG6483
CIMG6484
CIMG6485
CIMG6486
CIMG6487
CIMG6488
CIMG6489
CIMG6490
CIMG6491
CIMG6492
CIMG6493
CIMG6494
CIMG6495
CIMG6496
CIMG6497
CIMG6498
CIMG6499
CIMG6500
CIMG6501
CIMG6502
CIMG6503
CIMG6504

CIMG6473
建物は高秀市長が保護した頃には放置され老朽化が激しかったのですが、有志の活動と高秀市長と当時の市長を支えた教養と志の有る一部職員によって修繕が段取りされ現在のの残されました。
CIMG6474
CIMG6475
部屋は多くは有りませんので、長浜ホールに事前に見学可能か問い合わせし合わせて行くと良いと思います。小生はこの日は旧長濱検疫所の検査室だけを見学しました。
CIMG6477
このデカくて仰々しい物が当時の顕微鏡だそうです。今は大分小さく成りましたね。
医療の進歩は科学の進歩を一緒に進んでいく事を物語っていますね。
CIMG6505
他にも検査器具は野口先生が手で触れたかも知れいない擂鉢やら天秤やらシャーレみたいな物とか?色々有りました。
CIMG6506
CIMG6507
CIMG6508
CIMG6509
CIMG6510
これは医療関係者の人が見るべき場所なのだろうなぁと思います。
CIMG6512
何か昔の出入り口は地下室と兼用の地下道のみだったそうで、疫病が万が一蔓延しない様に有事は埋めて封鎖する目的でも有ったのでしょうか?今では別に玄関が付けられています。
CIMG6514
昔の検査風景。
CIMG6515
CIMG6516
今も再現され保存されています。
CIMG6518
どうです?
小さいけれど医療関係者のみならず横浜市民も見学する価値は十分に有ると思います。
近くの長浜公園は昔海だった海岸線で干潟が保護されており野鳥の観察も出来て子連れでタコ上げしたりデートで散歩したり、ゆっくり遊べる場所でもあります。
CIMG6524
そうそう、自販機まで野口先生仕様でした(笑)。
さて・・・
林市長が長浜野口記念公園や茅ヶ崎城址公園や山手のエリスマン邸等、多くの市の建築遺産と史跡と自然と宗教の聖地を高秀市長の様に保護され活用される事を期待し、この記事を書きます。
円海山と瀬上沢と小机城址が横浜市指定史跡や自然保護区に成り、東急不動産さんが自然破壊開発を放棄、それ等の場所の保護にスポンサーに成り“浄願寺跡の上行寺東遺跡を破壊した横浜市教育委員会の罪滅ぼし”も兼ねて林市長と横浜市教育委員会と東急グループは自分の会社は文化と自然を保護しながら既存の宅地を有効的に再開発していますと方針転換の宣伝を率先して行って下さるよう、期待します。
●【城郭ファンへ拡散】六浦山上行寺の解説と、間宮家臣荒井家の鎌倉武士時代の幻の城址❝荒尾城❞発見?の報告と協力要請。
よもや、横浜市はこの過ちを繰り返さないよな?
多くの横浜生まれ横浜育ち世代の横浜市民と自然保護活動家、カルトセクトではない正統派の神道と仏教宗派の関係者も情報共有しながら❝円海山を見守っている❞事ですし。 この提案は政治家にも企業イメージ改善にも+に成ると思います、高秀市長時代を模範にしては如何でしょうか?

ブログネタ
春の花、どの花のどんな姿が好き? に参加中!
横浜市に「茅ヶ崎城址公園」と言う、奇跡的な保存状態を維持したまま公園化された御城の跡が在(あ)るのを御存知でしょうか?
史跡の保護と言うのは、その時の市長の文化度の高低によって左右されます。
例えば以前の市長さん達が文化や歴史に対する意識が高くても、一度(ひとたび)アフォで無文化な市長を選んでしまうと、それまで保存状態良く保たれていた史跡も無文化市長の政策で跡形も無く破壊されてしまいます。

特に横浜市は様々なタイプの市長が目まぐるしく変わりましたが、この茅ケ崎城址公園は地元民有志により奇跡的な保存状態が保たれた後、幸運にも高秀市長や中田市長の政策で公園化され、現在に至(いた)ります。

どの位に「奇跡的」な保存状態かと言うと、もう一枚、航空写真を見て貰うと良く解ります。
横浜市営地下鉄、センター南駅前の歓楽街が目と鼻の先に在るんですよ!
つまり、地域住民が土建屋の乱開発に抵抗し城址を守り抜き…
その後、再開発計画に参与した高秀市長や中田市長がたまたま郷土愛と文化度の高い市長さんだった奇跡の結果に成立した城址公園なんです!

徒歩で直ぐの距離には、義務教育の歴史で習う全国屈指の規模を誇る弥生〜縄文時代の遺跡「大塚遺跡」も在ります。
※写真は横浜市歴史博物館の展示物

で、更に同地域には徒歩圏内に横浜市歴史博物館があり、茅ヶ崎城址公園や大塚遺跡の出土品も展示されています。
横浜市歴史博物館については、いずれ改めて記事を書きたいと思います。

茅ヶ崎城址公園、小生は今回の訪問で2回目です。
今回は城址公園の写真撮影と、横浜市歴史博物館の企画展示を見学する為に再度の訪問となりました。

さて、上の写真の通り、茅ヶ崎城址公園はセンター南駅を東側に進むと目の前直ぐの「こんもりとした森」の様に見えているので誰でも辿(たど)り着(つ)けます。

今回、小生は歴史博物館に車を停めて、そこから川沿いに徒歩で訪問しました。
途中、河原には可愛らしい「菜の花」が群生し開花しており、天気は生憎の曇天でしたが心をパッと明るくしてくれました。
この川、「早渕川(はやぶちがわ)」と言う川で今でこそ河川改修工事され穏やかな流れですが、名前からしても…
早…流れが早く
渕…水深の深い渕(ふち)のある
…だった事が容易に想像出来ますよね。
この川が茅ヶ崎城の外堀の役割りを担っていた訳です。
川沿いには菜の花の他に、地元の方々から大切に守られ日々拝まれて来た「堰の元地蔵尊」と言うお地蔵様が鎮座してらっしゃいました。
別名「子育て地蔵」との愛称で呼ばれ、昔は七五三の御参りに来る親子連れが沢山いたそうです。
今でも河原を散歩する親子連れや塾通いの子供を見守って下さっていますね♪

さてさて、この川沿いの道を途中で南側の丘に向かうと、其処(そこ)に茅ヶ崎城址公園が在ります。

センター南駅側から来るなら、おそらく昔は城の一部だった円通閣と言う御寺さん側から入って来る事になります。

だいたい、この様な旧城域内の端には御寺が在り、昔は出城や殿様の屋敷が在った場所だったりするんですが…
伝承無く、更に無住職に成ってしまっている様なので詳しい話を教えを請うべき方が居らず、今では良く判りません…。

さて、城域の話題に触れたので、茅ヶ崎城の小生の想像する範囲を航空写真に赤線フチどりして見ました。
恐らく、この赤線が外堀と外郭だった範囲だと思います。

想定の参考にしたのは、事前に横浜市歴史博物館で見学した再開発直前の航空写真と↓コレね。

あと、城址公園にある茅ヶ崎城残存部の縄張り図にある等高線から重機ではない人の手による土木作業で削り出したと思われる地形と、その延長線上の予測から範囲内を想定しました。


ちなみに城址公園のある台地は城址らしく断崖絶壁に成っています。

下は消失してしまった郭(くるわ)と城址残存部の郭をつないでいた↓土橋の断面。
現在の城址公園は外郭(がいかく)部分が宅地化により消失してしまいましたが、それでも内郭に当たる主要部分の曲輪/郭(くるわ)群が状態良く保護されています。

城址に入ると、先ず北郭(きたくるわ)の平場が在ります。
此方(こちら)には公衆便所(笑)も有り、城址訪問の悩みの種のトイレに困る事も無く見学が出来ますよ〜♪。
小生、最初に来た時にこのトイレに助けられました…。
下は一応、説明文の写真。



北郭を抜けると正面に「中郭」にぶつかります。
今でも郭の高さ5mは有りますが、風化する以前の戦国時代は郭の上の土塁は今より1mは高く、更に今は遊歩道に成っている空堀は1〜2mは不可かったはずなので…
当時の高さは堀底〜土塁まで比高8m近く有ったはずです。

中郭を目の前に堀底道はT字路に成り左右(東西)に分かれますが、左の東郭側は本丸に当たり当時は直接登れないフェイクの道でした。

ですので正しい順路は右回り西郭側です。この↓道ね。

さて、城の本来の縄張り上の侵入経路を辿(たど)ると、その先に、此れ等の内郭群の防御拠点の虎(小)口と言う施設に行き当たります。
説明図の様に先に進む敵を左右の中郭と西郭から挟撃(きょうげき=はさみうち)にし、郭の上から防御側は弓矢鉄砲を雨あられと敵に打掛け殺害する訳です。

この虎口の道は先述の通り空堀の底です。
下の写真が虎口で、右手が西郭、左手が中郭です。
昔は中郭に侵入するには、防衛側に狙撃されながら道を進み遠回りするか…
この東西の郭に掛かっていた「引き橋」を渡るしかありませんでした。
しかし引き橋は戦時に収納してしまい、攻撃者の侵入を遮断してしまえます。
ですから、西郭の守りが危うくなると守備兵を中郭に撤退させ橋を引っ込めてしまう訳です。

下は西郭の入口です。
西郭に入ると下の写真の様に更に一段高い土塁が有り、中郭と同じ高さに至る構造に成っています。
今は薮化が激しく藪こぎしないといけないんですが…
 
…イテっ!と思ったら、写真の野バラがGパン越しに足に刺さってました。
皆さん、これから夏に近づきます、野バラだけでなく藪こぎする際はスズメバチにも気をつけましょう。

痛い植物も有れば、可愛らしい植物達も沢山さいています。

綺麗ですよね~♪


虎口を抜けると、いよいよ本丸の東郭へ続く中郭への進入口ですが…
 
恐らく、この道は公園化の整備を行った際に後から設けられた道だと思います。
根拠は土塁が無理やり切り取られている事と、こんな攻め込み易(やす)い構造にする訳が無いからです。
少なくとも、写真右手の遊歩道は無く急斜面と帯郭に成っていたはずと個人的に想像しています。
 
中郭南側には北条流の築城術特有の「二重土塁(にじゅうどるい)」と呼ばれる構造があります。
二重土塁とは土塁の内側に守備兵の待機スペースを更に一段設けた構造の土塁の事で、これにより守備側はしっかりした足場や弾薬補給役の兵士を配置できるので、鉄砲や弓矢で狙撃しやすくなる訳です。

東西北は一般的な土塁が設けられています。
戦時には、この土塁の上に柵列(さくれつ)を設け、更に其処に木盾や竹束を置き、攻城側の攻撃から身を守る事が出来る訳です。

上の写真は土塁の二重構造が解り易いですね。

 
この中郭は最大の面積がある郭で、此処では弾薬や兵糧を保管したと思われる倉庫の礎石や、食器の破片が発見されています。
下は説明看板。

これ等の出土品は横浜市歴史博物館で保管展示されています。

この他に、当時の生活で燃料にしていた炭の話の解説看板も有ります。
2015-04-11-17-10-47
2015-04-11-17-10-57
2015-04-11-17-11-01
2015-04-11-17-11-07

で、中郭、実は本丸ではなく、更に奥に指揮所だったと思われる東郭があり、そこに繋がる土橋が現在も残っています。
中郭から東郭を見ると、東郭の方が更に高いのが解りますね。
2015-04-11-17-07-47
此処から周辺を見渡し、戦争指揮を執る事が想定されていたんでしょうね。

東郭から中郭を見ると、まだ桜が綺麗に咲いていました。
2015-04-11-17-10-02

丁度、東郭の斜面がムキ出しに成っていたのですが、これは良い関東流の築城術を説明する材料に成ります。
2015-04-11-17-09-08
今でこそ、どの城址も鬱蒼(うっそう)とした植物の林に覆(おお)われていますが、戦国時代当時は、このムキ出しの切岸(きりぎし=人工的に削った斜面)のように、植物は伐採され土が地表に出ていました。
こうする事で、敵は登れなくなる上に更に水をブチ撒けドロドロにして置くわけです。
そしてそして!
その敵が滑って落ちる切岸や空堀の底には「逆茂木(さかもぎ)」と呼ばれる敵を串刺しにする為のトラップが設置されていたんですね…。
足滑って滑落したら即!死亡あるいは重症確定!…みたいな、石垣の城よりエグイ、30代以上には通用する言うなれば「リアル風雲たけし城」だった訳です。

今では、茅ケ崎城址の様に保存状態の良い城跡は、横浜市内では小机城位になってしまいました。
小机城は港北区、茅ケ崎城は都筑区ですが、両区共に以前は「都筑郡」と「橘郡」と呼ばれた地域から分離した同じ文化背景を持つ地域です。
この2城が状態良く保存されたのは、地域住民の保護活動の結果です。
本当、旧都筑郡と旧橘郡の地元住民の皆さんは郷土愛が強いんですね。
頭が下がります。
2015-04-11-17-07-57

この城の中郭と東郭からは都筑区の町が見渡せます。
この城の殿様が、今の風景を見たら、こんなに変貌したのに城址を守って下さった都筑区民にきっと御褒めの言葉を下さるんじゃないかと思います。

では、皆さん又、次の記事で!

↑このページのトップヘ