歴史オタクの郷土史グルメ旅♪♪      久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:黒崎の鼻

※2020年新型肺炎対応による駐車場と海の家の営業状況等は各自治体に問合せ願います。

黒崎海岸の黒崎の鼻
1km真っ直ぐの黒崎の農道
【水質】★★★★
【景色】★★★★★
【電車】
 三崎口駅~徒歩20分
【 車 】  ✖
 車での来訪不可。
 私道で路駐スペース無し
【休憩】
 公共トイレ無し。
☞オススメpoint( •͈ᴗ•͈ )       
 風景が超絶奇麗◎
 ドクターX他多数ドラマロケ地◎
☞注意するpoint(•ω•)       
 公共トイレ無し。
 車での訪問不可。
 周辺は私道で路駐スペースも無し。
 キャンプしないで!
 自然を荒らさないで!
 BBQしないで!

 ゴミ持ち帰って!
 芝生にテント張るな!
 芝生でテント張る人に皆怒って!
 浜辺で直火焚火するな!
――以下 詳細( ゚∀゚)つ ダョ♪⤵――
元々、第2次大戦時中日本軍部~敗戦直後の米軍統治時代に飛行場建設予定が有ったので真っ直ぐな農道が現在も残る。
一帯は戦時中防衛拠点化されていた歴史も有るが、天皇家の御用邸建設の計画も有った程の景勝地。
水蒸気の少ない気温の低い季節には農道と電信柱の直線上に富士山が見える絶景に成る。
黒崎の先端は鼻の様に盛り上がる小高い岬に芝生が生える絶景でグルっと海を見渡せコチラも必見。
浜は海水浴場として機能は設置されず自然保護されている地域なので海岸は清掃されていないが水質は良く子供の磯遊びには最適!海岸からの景色も超絶景。
映画ドラマのロケ地に成った実績は数えきれない。
しかし深刻な問題がこの数年有り、自然保護対象の芝生の上でテントを張り寝泊まりし調理をし芝生や野草を弱らせ土が露出する事態を招き、浜にゴミとBBQ機材を打ち捨てる低モラルキャンパーが増加している。
砂浜ではなく岬の芝生でテントを張るキャンパーや浜辺に直火で焚火する人間を見かけたら皆さんテントを砂浜に移すか焚火を止める様に注意勧告して下さい。特に浜辺で直火で焚火している人間が居れば県の条例違反なので警察に通報して下さい。
既に同類の人種のせいで浜が荒れてBBQとキャンプ禁止に成った三戸浜と同じにしない為に地元民と自然環境保全に協力しながら黒崎の絶景を楽しんで下さい
KIMG1565
CIMG9670
CIMG9671
KIMG1572
CIMG9668
CIMG5944
※黒崎の先端、黒崎の鼻からの眺望
CIMG5871
CIMG5888CIMG5955
※真っ直ぐ1km伸びる黒崎の農道
穴場の海岸の紹介一覧へ⤵️

mixiチェック

自分の好きな富士山の絶景地いくつか並べて見るので、お出かけする時の参考にしてみてね。
インスタ映え間違いなし!

※住所をクリックするとGoogle Map にリンクして位置確認出来ます。

岩殿山城址からの富士山
CIMG1763
CIMG1761
富士山が手前の山並みの間からひょっこり菱形に見える面白い位置関係の景勝地。
武田家の与力小大名、小山田氏の居城の山城。標高634mでスカイツリーと同じ高さの岩山なのに水が湧いているので御城が作れた。
同地は天台宗系修験道の聖地修練の場としても古来人が往来した。

御坂城址からの富士山
CIMG0948
富士三十六景甲斐御坂越え
歌川広重も富士三十六景❝甲斐御坂越え❞として書いた富士山と河口湖が見渡せる標高1600mの絶景地。
同地は古来より鎌倉往還として機能していた。こんな場所を昔の人は草鞋で登っていたのかと思うと口をアングリあけて呆けてしまう。ここを超えないと駿河国と甲斐国を往来出来ないので戦国時代に北条家が山城を築いた交通の要所だが、山登り素人にはかなり玉ヒュンな山道。

山中城址岱崎出丸からの富士山
CIMG0369
室町時代~江戸時代の東海道が真下を通る戦国時代北条家の防衛拠点の名城。
ここからの富士山の眺望はとても良い。
豊臣秀吉が小田原攻めを敢行した際に小田原防衛ラインの最前線として北条家重臣北条氏勝公が3000人で守備したが敵前逃亡、副将の間宮康俊公と城主松田康長公が僅か300人で籠城し豊臣軍8万を迎撃して豊臣軍に3000人の損害を与えて玉砕した堅城。守備の要だけあり駿河国と伊豆国を見渡す眺望は良い。

大観山展望台からの富士山
CIMG0344
富士山と芦ノ湖を望む絶景。ドライブインも併設されており、デートコースや家族で熱海や湯河原から抜けて箱根に行く時に富士山を見るのに最適の場所。もし大涌谷が渋滞して行けない時は、ここから富士山を見ると良いと思う。

曽我梅林からの富士山
IMG_6811
KIMG6847
CIMG0593
関東最大の3万数千本の梅林。小田原の名物が梅干しなので、観賞用でもあり農家の農産品としても植林されている。元は江戸時代に最高級の梅として流通した杉田梅の産地だった横浜市磯子区杉田の杉田梅林が伐採される際に、杉田梅を大量に移植して梅の栽培が拡大し、後に品種改良によって曽我十郎梅等が開発され小田原の特産品に成った。
夕焼けと梅花に飾られた富士山はとても美しい。

稲村ヶ崎~七里ヶ浜からの富士山
CIMG2536
湘南七里ヶ浜4IMG_2080
CIMG2523
富士三十六景
歌川広重が富士山十六景に描いた相州七里浜の風景がそのまま残る絶景地。
稲村ヶ崎からの眺望は特に良く夕陽と富士山と江ノ島と七里ヶ浜とオレンジに夕焼けする相模湾を眺められる。又、公共駐車場の横にあるMAINと言うオシャレなレストランも有り、電車で行けば、ゆっくり日没直後の夕焼けの海を見ながら食事と御酒も楽しめる。

由比ヶ浜(材木座~小坪)からの富士山
CIMG0271CIMG8607
夕焼けの富士山をバックに江ノ島と稲村ヶ崎の街灯りを見る事が出来る絶景地。
同地の背後にある光明寺~正覚寺~海前寺の裏山は平安時代末期~戦国時代の大名、三浦家の拠点の住吉城址だった。戦国時代には北条早雲が籠城した城としても有名。
台風の翌日の海の荒れた日に行くと迫力の有る富士山と海の写真が撮れる。

真名瀬海岸からの富士山
CIMG0167
相模湾に浮かぶ鳥居と裕次郎灯台と夕焼けの富士山を一望出来る景勝地。
昭和の大スター石原裕次郎が愛した海で、葉山港も近いので海辺や仙元山のハイキングと合わせて訪れると充実した休日を過ごせる。家族でもデートでも夕方に来て鳥居と夕焼けの富士山を見ながら砂遊びをしてユックリとした時間を過ごすのも良いかも知れない。

仙元山からの富士山
KIMG3528
葉山と言えば海の街だが、このハイキングコースからの眺望も絶景。
高い位置から見る夕陽の光が相模湾に差し込んで反射し、その傍らに富士山が望める。
葉山港も近いので、ハイキングを楽しんでから葉山マリーナで食事をして帰るのも良い。

黒崎(農協みかんがり事務局前)からの富士山
CIMG5871
CIMG5890
米軍が終戦後に空港建設を予定して整備された1.5km程の直線の農道に並ぶ電信柱の先に相模湾と富士山が見える絶景。
まるで映画のワンシーンの様な景色を見る事が出来る。三崎口駅から徒歩で来られるので、子連れやデートで三崎漁港で鮪料理を食べた後で散歩に来たら良い1日の〆に成る。

黒崎の鼻
CIMG5902CIMG5945
黒崎の先端、岬から相模湾と伊豆半島と富士山を見渡せる絶景。
ドラマや映画のロケにも度々利用されるのだが、最近は常識の無いキャンパーがテントを張って岬を占有して景観を損ねているので見かけた方々は砂浜にテントを張る様に是非注意して欲しい。
最近では❝ドクターX❞や❝せごどん❞でもロケ地に採用された。
海岸は戦時中に海軍が回天の出撃を想定した防衛拠点だった。

宮川公園付近農道からの富士山
DSC_3352
最近まで風車の有った宮川公園辺りの農道から見える富士山。
夏は西瓜畑、冬は大根畑、春はキャベツ畑に成る農地から見える富士山はとても美しい。
剱崎灯台の絶景やブランドの魚の松輪鯖や黄金鰺や三崎鮪を食べられる江奈ビレッジも車で直ぐ近く。
城ヶ島や油壷マリンパーク観光のついでに剱崎灯台方面に回り富士山を見るのも良いかも知れない。

円海山からの富士山
CIMG5968
IMG_1837KIMG6272
横浜市最大最後の鎌倉まで続く大森林、横浜市最高峰の円海山と上郷緑地から見える富士山の絶景。
2020年4月に東急建設が麓の瀬上沢緑地の大森林の伐採と盛土による埋立で宅地と商業地開発を計画しており、もし横浜市が開発計画を承認してしまった場合、この森林の緑の先に富士山と夕陽が沈む景色と蛍の名所は永久に神奈川県から消え去る事に成る。
2020年02月末に業者による測量が実施されており、いよいよ富士山の名所である円海山の生態系と蛍の最後の群生地破壊が現実味を帯びて来た。


さて・・・
本格的に春に成ると気温が上がり富士山を綺麗に見える日は少なく成ります。
最近は皆さん、コロナウィルスのせいで人混みにも外出できない事でしょう。
どうでしょう?車を運転して人と余り接触しないで済む自然を楽しみに行って見ては?
・・・歴史オタク久良岐のよしからのストレス発散の提案でした!

次回は千葉県の玉前神社と鵜羽神社のシリーズ最終回を書きます!






mixiチェック

2019年08月03日・・・
午前中ゆっくり色々と用事を済ませてから昼過ぎに夏らしい事をする為(ため)に車に乗り込み自宅を出発した。
本来は同行者がいるはずだったのだが、先月末に別の予定で急遽休みを調整して貰ったので3日は1人行動に成ってしまった。
目的地と言うのは、まぁ海だ。
神奈川県民でも余り知らない場所だが‟知ってる人は知っている”と言う位の知名度だが、とても綺麗な穴場の海水浴場だな。
今迄も過去記事で海水浴スポットをいくつか紹介して来たが小生がゆっくりしたくて泳ぎに行く場所を全部教えたくなかったので(笑)今まで紹介記事を書いてなかった。

そんな訳でとりあえず横浜横須賀道路に乗った。
先ずは何も食べていなかったので腹ごしらえに間食をしようと横須賀PAに立ち寄った。
KIMG1508
横須賀PA(下り)
※東急建設に因(よ)る瀬上沢西側と上郷深田遺跡の破壊開発計画に加担する様なGoogleMapの東急建設への協力ともとれる地図からの上郷深田遺跡や瀬上沢の蛍生息地の地点登録削除事件も有ったが、結局GoogleMapが一番優れているのでブログでは使って行きます。面目ない。
横須賀の銘菓と言えば“ふじみや”の‟梅どら”が真っ先に思い浮かぶのだが、残念ながら販路を拡大していない個人経営の菓子店なのでPAの様な場所では販売していないのだが、横須賀には“よこすか焼き”と言う美味しい“どら焼き”に似た物が有る。とりあえず、それとタコ煎餅を購入しエナジードリンクを飲みながら食べて腹を誤魔化した。
そして再出発。
この時既に14時位。三浦半島の御土産に直売所で西瓜を買うなら直行しないと遊んでからでは間に合わない時間帯だったので、先ずは小生お気に入りの農作物直売所の“ザ作兵衛”に向かう事にした。
ザ作兵衛は三浦縦貫道路を通ると三浦市に着いてから横浜方面に別の道を逆走しないといけないので、先ずは佐原インターで高速を降りてから野比を経由し津久井浜~三浦海岸と海沿いの下道を通らないと辿り着けない。なので佐原で降りてユックリ海岸沿いをドライブしながら三浦に向かった。
KIMG1512
ザ・作兵衛
ザ作兵衛に到着。
ここはもう10年近く通い続けてる石井農園さんの直売所。他にも高梨農園サンでも買う時も有るが、小生は海沿いの道が好きなので作兵衛に来る事が頻度的には多い。
マスコットの様な御祖母ちゃんが看板娘を勤めていたのだが数年前に骨折してから売り子は引退し、今はオカミさんと若奥さんが店番をしている。
小生の事を良く覚えて下さっていて、太ったり痩せたり物凄く体重変動が有るのに毎年色々と雑談したり余ってる野菜をサービスで少し付けて下さったり御世話になっている。
KIMG1510~2
で、三浦ブランドのシールが貼られている西瓜は御土産としても皆から喜ばれるので1000円の中玉を3つ購入したら今年も「いつもありがとうね~」と言いながら小生の拳よりもデッカイ巨大トマトを3つサービスで頂いてしまった。
KIMG1511
西瓜も丁度、若旦那が持って来た所だったので・・・
「美味しそうなの選んでください~」
・・・と小生が御願いしたら快く、念入りに厳選して選別して下さった。感謝。
後日談だがこの記事を書いている本日4日、姪っ子達と同行予定だった者に1個づつ御裾分けして自宅で1つ自分でも食べて見たが、今年食べた西瓜でやはり一番美味しかった!
石井さん、ありがとう!
そこから目的の“海水浴場”を目指して再出発。
KIMG1520
三浦の農道の風景はいつ見ても綺麗だね~♪飽きないよ。
小生が作家さんとかで場所を問わず仕事出来るなら三浦で生活したい。
農道と畑と森林の先には東京湾と房総半島か、もしくは相模湾と伊豆半島と箱根山系と富士山の風景を楽しむ事が出来る。
この時行く海水浴場は民宿も数軒ある昔ながらの大正昭和の雰囲気を留める良い海水浴場。
位置的には東京湾側なので、この写真の農道の先にも東京湾の海と房総半島の鋸山が見えている。
向かっている海水浴場の名前を明かすと“大浦海水浴場”と言う小さな湾だ。
バスも無い上に農道が入り組んでいて小生みたいに地図丸暗記してる人間でもないとカーナビが無い時代に行くのが難しくて、平成の最初の頃には少し寂れてしまったが最近、又少しづつ旅客が戻りつつ有る場所だ。
ザ作兵衛から暫く車を走らせ15分くらいだろうか?到着。
KIMG1523
駐車場の花壇越しに見る東京湾と鋸山の風景。
うん、夏だね♪
KIMG1524
駐車場から見下(お)ろすと漸く砂浜が現れる。
岸壁に隠れる様に存在する大浦海水浴場の風景はとても美しい。
KIMG1530
大浦海水浴場
・・・と先ずは大浦海水浴場で遊ぶコスト的な事を解説する。
駐車場は1日2000円、横浜中華街とかの駐車場より少し安い位。
駐車場を利用すると海の家の割引券が貰える。
駐車場利用者なら海の家は1人1000円。更衣室やシャワー料金も含まれる。海の家は2軒有るので便利だし、食事も出来る。
KIMG1538
小生は今回は北風丸サン。GoogleMapに登録無いのでリンク貼れないけど、多分、ネット検索すれば出ると思う。
KIMG1539
海の家だから法律の規制で常設不可能、なのでシーズンが終われば解体して保管できる構造に成っている。けど十分くつろげる。
KIMG1537
茣蓙(ござ)に“かき氷”の暖簾(のれん)、砂浜に海に山。なんとも日本の大正昭和の夏っぽい風景が嬉しい。小生は最近、由比ヶ浜や逗子に増えている様な音楽鳴らして騒いでチャラチャラした感じのクラブまがいの海の家を好ましく思わないので、家族連れでも安心してくつろげるような、こんな和な感じの海の家の方が好ましく感じる。無論、それは個人的な感想。
北風丸さんにカバンを預けて、スマホを持って先ずは海岸を散歩した。KIMG1529
KIMG1531
う~ん夏だね~♪

KIMG1532
KIMG1530
KIMG1543
この砂浜の奥に見えている岬の岩礁の方まで散策して来た。
KIMG1545
KIMG1546
途中で木道が敷設(ふせつ)されていてもっと奥まで行けそうだったのだが・・・
KIMG1548
・・・北風丸にクロックスを置いて来て裸足でここまで来てたのでこれ以上先まで行くのは足元険しくなりそうなので引き返した。
KIMG1549
そして昼食をちゃんと食べていなかったので北風丸サンで“まぐろステーキ”を注文した。
KIMG1541
アレだな・・・
ステーキと書いて有るけど焼肉のタレ的な味。これはこれで御酒飲む人には良いツマミに成るだろう。
鮪の肉はとても美味しかったし、多分、三浦野菜のプチトマトがとても美味しかった。
この後、1時間くらい海水の中で泳いだり歩いたり半身浴したりユックリ時間を過ごしてから、この直ぐ近所なのに一回も行った事の無かった“近代要塞遺跡”に移動したのだが、そこに辿り着くのが少し大変だった。
訪問したのは遺跡だが、畑の中に突然現れる円形のコンクリートが砲台の遺構。
下の写真の“剱崎砲台跡”だ。
KIMG1551
剱崎砲台
ここね~、車で来る場所じゃないよ。
事前に地図見て舗装されてる道みたいだから凄くクネクネした農道みたいだけど「問題ないかな?」とか思ったら甘かった。三浦の地形良く知ってるのにナメてた。
KIMG1553
もうね~、そりゃ北条家が新井城に籠もる三浦勢を攻め落とすのに4年かかる地形なんだよね~。
城郭ファンにしか伝わらない表現だと思うけれど断崖と細い尾根と谷が連続する、天然の空堀と曲輪だらけ(笑)。
当然ながら農道も武者走り位細い。
・・・なので小生の車は横幅が狭いのだけど、砲台に辿り着くまで農道脇の枯れ枝でミラー擦るわドアー擦るわ悲惨な状態の上に、対抗からバイクや農業用のトラクターでも来たら完全に詰(つ)む状態だった。すれ違い何か出来ない。もうタイヤ2個分くらいで断崖にゴロゴロ車両もろとも転落して新聞記事に乗る(笑)。だからバイクの人しか来れないんだよな~。
そこに横着して車で入って来た小生は阿呆だな。
幸い、近くの第2砲台も見たら・・・
KIMG1554
・・・その近くに農作業車両の転回場所が有ったのでUターンして戻って来れた。
でも、この時既に日没も迫って薄暗くなり始めていたので戻り道は更に谷に落ちないか緊張感ハンパ無かった(笑)。
無事に?三浦氏の天然要塞(笑)を脱出して現代のアスファルト舗装の道路に復帰して、もう一つの目的地を目指した。1年振りの訪問かな?
KIMG1558
真直ぐ1.5km伸びる農道の先に夕陽が落ちる綺麗な場所。
以前にも紹介した黒崎だな。
以前の紹介記事
神奈川県内屈指の富士山遠望の景勝地・・・
黒崎の鼻は戦時中の要塞跡で米軍飛行場計画跡地

※タイトルクリックすると記事に飛びます。
KIMG1557
黒崎※三崎口駅前に真直ぐ延びる岬の農道
行って見たい人は京急で三崎口駅まで行って徒歩5分くらいで上の写真の道に辿り着くので電車が良いと思う。
黒崎
位置的にはコンナ感じ。
先に紹介した記事でを見て貰えると解るのだけど、ここは本来は冬に来た方が綺麗。
でも夏でも十分綺麗。
KIMG1563
この農道を真っすぐ進むと岬の先端、“黒崎の鼻”に辿(たど)り着くのだが、夏はもう秘密基地の様に藪に行く手を阻まれて入口が普通の人は躊躇してしまう状態。
KIMG1564
こんな感じに成ってる(笑)。
KIMG1569
もうプチ探検隊。
KIMG1568
臆せず進むと冬と違い富士山は見れないけど、夕日の綺麗な丘と相模湾を見る事が出来る。
KIMG1566
こんな感じね。
すっごい綺麗なのさ。この時は一人で来たので少し寂しい感じの夕陽に見えた(笑)。
そこで漢詩が思いついたので一首詠んで見た。
KIMG1565
題名:黒崎から太平洋を眺める

独来三浦俯大海
君不在此風潇潇
有花草香波鼓声
夕陽落岬萌似火
此刻依然午热同
遠望太平養生長

久良岐のよし作る♡
KIMG1567
まぁ2つの意味に成る様に仕込んでみてある。
遠望太平養生長は・・・
遠望太平=平和で有ります様にの願いと、遠く太平洋を望むの2つの意味。
同じ様に養生長には本来は“元気を出す”と言う意味なのだけど、そのまま“健康に長生き出来ます様に”の意味が有る。
冒頭は「一人で来て寂しいなぁ~」って意味だね。
読み下すと・・・

独来三浦俯大海
一人三浦に来たりて大海を俯す。
(一人で三浦半島(の黒崎)に来て海を見下ろしてる)

君不在此風潇潇
此(ここ)に君は在らず風瀟瀟
(一緒に遊ぶはずだった人がいなくて風がサワサワ吹いてるのが寂しく感じる)

有花草香波鼓声
草花の香りと波鼓する声有り
(夏の草いきれと波頭の岩礁に砕ける音が聞こえる)

夕陽落岬萌似火
夕陽岬に落ち火に似たり萌える
(落ちる夕陽に黒崎の岬が染められ燃えている様に鮮やかだな~)

此刻依然午热同
此の刻(とき)依然として午の熱に同じく
(夕方に成ってるのに真昼間みたいに熱いよ~)

遠望太平養生長
太平(洋)を遠く望み成長を養う。
(太平洋を眺めて元気を充電中ぅ~)

・・・みたいな?まぁ、小生別に漢文詳しい訳じゃないから間違ってるかもね(笑)。
KIMG1575
それから黒崎海岸を少し散歩して・・・

気分も落ち着いて「よ~し!」と成り。
KIMG1574
又、入口に戻った。
帰りに又、横浜横須賀道路のPAに立ち寄って夕食食べる事にした。
KIMG1580
横須賀PA(上り)
ここのPAは地味に三浦半島と鎌倉の特産品が揃ってて立ち寄る価値が有る。
この日は食べなかったが、横須賀海軍カレーパンなんか特に美味しい。
KIMG1584
食べたいのはサッパリした物だったので“三浦わかめ蕎麦”&“湘南ゴールドソフト”の神奈川縛りで夕食にした。
ワカメの香りがして美味しかったし、まぁ、そもそも立ち食い蕎麦も、ちゃんとした蕎麦も好きなので好物なのだが。湘南ゴールドソフトの方も果肉がシッカリ入ってて美味しかった。
外に出ると丁度、PAから花火大会の打ち上げ花火が見れた。
CIMG9678
CIMG9700
CIMG9715
CIMG9714
結構大きく見えたのと方角的に横須賀港で花火大会が有ったのかな?
ついでに追加の御土産に鎌倉ハムのポークジャーキーを購入した。
KIMG1586
まぁ、何だかんだ、訪問先は少なかったし一人行動で寂しかったけど、良い息抜きに成ったかな?

では、今日の休日雑記はここまで。
ブランク有ったのに小生のブログ記事を読んで下さっていた皆さん、ありがとう。

では又、少しづつ書いてくのでよろしくお願いします~!





mixiチェック

皆さんは神奈川県の三浦半島に富士山のビュースポットとして素晴らし場所がいくつも有る事を御存知(ごぞんじ)でしょうか?
CIMG5954
黒崎の鼻
〒238‐0111 神奈川県三浦市初声町下宮田付近

黒崎の鼻と言う岬に通じる直線の農道は約1.5kmに渡り富士山に向かって伸びています。
この農道、何故こんなに真直ぐかと言いますと、アメリカが関係有ったりします。
先ずは航空写真を使って説明しましょう・・・
黒崎の鼻と三崎口駅位置関係 久良岐のよし
黒崎の鼻に繋がる農道は2本有り、どちらも京浜急行電鉄三崎口駅を起点にする様に伸びています。
実はこの2本の農道、第2次世界大戦終結時に日本帝国海軍の横須賀鎮守府が米国の第7艦隊に接収された際に米軍の空港建設予定地に成り整地されました。そして、計画が頓挫してからも、そのまま真直ぐな農道として残った訳です。
もしかしたら京浜急行の三崎口駅がここに作られたのも、当初は空港建設を当て込んでの物だったのかも知れません。
CIMG5871
とっても綺麗な風景なので、この農道では多くの映画やドラマがロケされています。
しかし綺麗なのはこの真直ぐな農道と相模湾の先に見える富士山の風景だけではありません。
真直ぐな農道の内、北側の方を真っすぐ進むと下の写真の場所に出ます。
CIMG5947
・・・こんな場所、普通は通りたくないけど先に有る景色を知っているから入って行ける。
CIMG5891
何にも知らない他府県の人が来たら尻込みしそうな獣道にしか見えませんが、ここが絶景の富士山が見られる“海”に繋がっている道でちゃんとした公園の遊歩道なんですよ。
CIMG5946
少し歩けば海が見えるので諦めないで下さいね(笑)。
DSC_0017
この黒崎の鼻は自然の柴や笹に囲まれている日本離れした風景なのですが、それ故(ゆえ)に観光に来るには海水浴シーズンでは“蚊”が多くて大変に成ってしまう上に、それこそ海上の水蒸気で大気がガスって富士山を綺麗に見る事が出来なく成ってしまいます。CIMG5894
この写真を撮影に行った日は11月下旬で日没時間が16時半で有る事を予(あらかじ)め確認してから農道での昼の風景の写真撮影も考慮して夕日も撮影出来る様に16時に現地に到着する様に横浜市の円海山の麓の自宅を出発し、計画通りの運びに成りました。
CIMG5896
薄木(すすき)もとても綺麗な場所ですが…
「富士山見えないじゃん」
・・・って?イヤイヤこの風景は黒崎の鼻、つまり黒崎と呼ばれる岬の鼻っ柱に当たる先端部分なんですよ、位置的にはもっと先っぽに行くか海に降りると綺麗に富士山が見えます。
DSC_0024
こんな風にね!
CIMG5904
とっても綺麗でしょう?
ここで撮影された映画とドラマは主だったものでも以下の様な有名な物が有ります。
義経(歴史大河ドラマ)
龍馬伝(歴史大河ドラマ)
女帝
ライアーゲーム1、2
花より男子2
恋の時間
氷点
ATARU
BORDER
デカワンコ
仮面ライダーシリーズ多数
戦隊シリーズ多数
最近ではドクターX3でもロケハンされていました。
CIMG5930
小生が訪れた日も何かの撮影隊が着てオメカシした女性が丘の上と海辺で撮影していました。
CIMG5910
この芝生と海岸の風景、丸で英国スコットランド地方の海辺みたいですよね。
・・・行った事無いんだけど(笑)。
CIMG5903
とにかく夕日が綺麗な場所でもあり富士山も綺麗なんです。
CIMG5916
CIMG5914
小生は他にも富士山の見える好きな場所が神奈川県内にいくつか有りますが、ここはトップクラスですね。
ここ黒崎に匹敵するのは例えば下の写真の鎌倉市材木座海岸とか…image
image
CIMG2397
下の写真の横浜市栄区の円海山山頂から見る日没直後の富士山とか…
IMG_0065
2015-12-26-17-15-00
image
平塚市と伊勢原市に跨(またが)る富士見台から見る日没直後の大山(大山祇神)と富士山(此花咲耶姫命)の親子の山の見える風景とか…
IMG_6184
IMG_6181
それとベタですが鎌倉市の稲村ヶ崎の七里ヶ浜~江ノ島と一緒に見える富士山は江戸時代に歌川広重も絵に描いている程でとても綺麗で好きですね…
CIMG2563
CIMG2538
CIMG2573
これらの場所は甲乙つけがたいのですが、中でも特に黒崎か稲村ヶ崎の富士山が綺麗だと思います。
他にも箱根の大涌谷から見る富士山とか、三浦半島の秋谷海岸立石公園から見る富士山も好きで、ブログを書き始める前の4年前までは時間が有ると良く散歩しにドライブに行っていました。
さて、今回は黒崎が舞台なので黒崎の写真に戻ります。
CIMG5921
三浦半島の西海岸は大陸プレートの衝突する場所で隆起する地盤なんです。だからこんな風に岩礁の磯が多く見られます。
CIMG5914
そんな岩礁の先に見える富士山と夕日も綺麗でしょう?
CIMG5923
もっと海が荒れる台風翌日なら迫力の有る波頭の飛沫(しぶき)も見えるかも知れませんね。
でも富士山が綺麗に見えるのは11月末~2月初頭までの寒い時期だけですから、荒れた海の景色を撮るなら近くの長井の荒崎海岸の方が良いかも知れません。
CIMG5903
夕日に合わせて訪問し成功して本当に良かった1日でした。
CIMG5931
同じく撮影に来ていた男性も、夕日を前にして撮影すると絵に成りますね~。
CIMG5936
小生は写真撮影は下手な部類だと思うので、誰でももっと上手に撮影出来るはずですよ!
CIMG5941
CIMG5944
綺麗な赤富士だ・・・
そうそう、最初の方で紹介した下の写真ですが…
CIMG5930
実はこの黒崎の鼻の丘、戦争中に海軍の要塞が作られていました。この先の油壷湾には人間魚雷の回天の出撃用の壕なんかが存在したので、ここにも配備されていたのかも知れませんね。
幸い、三浦半島に米軍が上陸する事は無く戦争は終結したので怖い場所では無く現代では子連れの若夫婦や恋人達にも愛される散歩道です♪
帰り際に又、農道で富士山の写真を撮影しました。
CIMG5950
本当に良い場所なので、御正月の連休中や冬の間に是非、皆さんも撮影に訪れてみては如何でしょうか?
高速道路に接続する三浦縦貫道路に戻る途中にはスカナゴッソと言う道の駅が有ります。
DSC_0032
すかなごっそ
ここでは三浦名物の三浦大根や蜜柑等の農産品に加えて、名物の鮪や魚の干物が直売されています。
そして小腹が空いたら御寿司やネギトロ巻なんかも売っていますよ~♪
DSC_0030
DSC_0031
この日の小生の車中での夕飯に成りました(笑)。
これから御正月に突入しますが、三浦の三崎漁港の❝紀の代❞と言う御寿司屋さんは例年1月3日からやっていて御節料理に飽きた時には御薦めです!
DSC_3664
DSC_3601
DSC_3602
鮪の皮や胃袋や白子、カマ焼き等、普通のお寿司屋さんでは食べれない鮪水揚げ漁港ならではの希少部位が食べられるお店です。
紀の代
以前お店を紹介した記事です→

御正月のレクリエーションの参考に成れば幸いです。
三崎漁港には海南神社と言う凄い神社も有ります。
2014-01-15-13-34-40
海南神社
元々は筌龍弁才天(せんろうべんざいてん)と言う名前だった神社で弁天様でした。筌龍(せんろう)と言うのは筌籠(せんろう)と言う漁具が転訛した当字で、元は源頼朝公の参謀で初代の侍所別当職(軍事長官)を務めた和田義盛公を助けて源頼朝公に仕官させた御利益に由来する社名です。
ここは平安時代までは三浦水軍の三浦家から三浦半島の総社として、そして戦勝祈願の神様として崇拝され、名将の三浦義明公やその御子息で和田義盛公の従弟に当たる三浦家当主の三浦義澄公が海南神社を大切にしていた時期の三浦家は源頼朝公の配下の中でも最強の軍団でした。
その証拠に実は源義経が立案したとされる神戸の福原攻めで行った“鵯越の逆落とし”の迂回急襲作戦は、三浦家一族で横須賀市の佐原城主“佐原義連(さはらよしつら)”公が立案した作戦と言うのが実際の所でした。そして作戦を実現したのが横浜市港北区の茅ヶ崎城主でもあった多田源氏の多田行綱公でした。
そんな名将が崇敬した御利益の強い神社が海南神社で、戦国時代にも北条家三崎水軍として活躍した武将達から崇敬を集めていました。
この海南神社で毎年1月15日に行われる❝チャッキラコ❞と言う神事は❝ユネスコ無形文化遺産❞に登録されているのですが、結構、日本人の方が知らないんですよね。
2014-01-15-13-48-26
こちらも以前書いた記事が有るので、是非参考に御覧下さい。

さて、海南神社を紹介したので、神奈川県内の凄い歴史と御利益の有る神社仏閣の纏め記事も紹介して、今回の〆にさせて頂きます。

この記事は赤字部分が未編集ですが、文字制限数の1万5千字を超えてしまったので記事を分割して再編集し索引も就ける作業をする最中ですが、一応、ほとんどが解説も掲載してありますので初詣の参考としてお役に立てたら幸いです。

皆さんにとっても良い年末年始に成ります様に~♪
では、又、次のブログ記事で♪


























mixiチェック

↑このページのトップヘ