歴史オタクの郷土史とグルメ旅♪♪久良岐のよし

熊本地震の義捐金受け入れ窓口 ふるさと納税義捐金公式ホームページ→http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

タグ:DON

友人と横浜市所縁の武士、鎌倉幕府初代侍所別当の和田義盛公の偉業に思いを馳せ、所縁の御寺を尋ねた…
2016-01-16-12-56-07
三浦半島の佐島港近く長坂と言う土地の金剛山無量寺と言う御寺。
御住職は柔らかく、丸で福の神様の様な暖かい御優しい方でした(笑)。
そして偶然、横浜の間宮家の殿様の御一門と関係の有る御寺でもありました。
全てこれは偶然であり、偶然では計り知れない偶然を越えた御導きに感謝を感じる訪問でした。
その事は、又、後日書きます。
和田義盛公、間宮信高公、そして三浦で里見の海賊を撃退玉砕された室町期の間宮信次公…
本日はありがとうございました。
又、御1人、素晴らしい和尚様との御縁を結ばせて頂けた事も御礼申し上げます。

その後、佐島マリーナの隣り、笠島マリーナで「海辺」と言う海に張り出したウッドデッキに並べられたテーブル席で食事をする"と〜っても!"ロケーションが素敵で凄く美味しい海鮮和食のレストランを見つけましたよ!
2016-01-16-14-03-26
金目鯛の煮付けと、御造り、味とロケーション満足な定食3000円は安いわ〜。
その後、佐島に在るの天神島臨海自然教育園を散歩し海で真冬に水遊び…3○歳の小生血迷う。
2016-01-16-14-52-05
2016-01-16-14-55-27
クソ寒い。

寒くなったので佐島地区の丘の上の大亀三社と書かれた石碑の有る神社を御参り…
2016-01-16-15-23-47
石段とは程遠い「崖のソレ」に近い参道…
でも!
2016-01-16-15-18-34
2016-01-16-15-18-52
この神様は、きっとココから、この笠島や佐島の漁村の営みを何百年、場合によっては千数百年間も見守って下さっていたんだろうな…。

今日は最後に友人を連れ秋谷海岸に移動し景勝地立石で散歩。
2016-01-16-16-32-39
その後、今日の〆にレストランDONにて御紅茶と「魅惑の昼下がり」と言う名のデザートを頂いて帰路につきました…
2016-01-16-16-05-05
このレストランもロケーションは最高だし料理も最高に美味しいのだが、デザートの名前がどれも客を笑わせようと狙い過ぎ(笑)。
2016-01-16-16-04-50
帰りしな家電量販店に予約していた映画「駆け込み女と駆け出し男」のDVDを受け取った。
image
※「映画:駆け込み女と駆け出し男」と「東慶寺」については、以前記事にして紹介したので御興味有る方は以下のリンクから御覧下さい。
          ↑
ここクリック!
今は自宅にて、その映画を観ながら、この雑記を書く…

ブログネタ
旅に出よう! に参加中!
IMG_1578
三浦半島の東京湾側の先端には観音崎と言う観光地が有ります。
そこには江戸時代幕末に諸外国の要求で灯台の建設を求められて以来、東京湾の入口を照らす灯台が明かりを灯(とも)しています。
image
…あまり良い写真じゃないですが実際は凄く綺麗です(笑)。
この灯台の在る場所からの眺望はとても綺麗で、昔はこの海岸一帯がリゾート地でした。
海外旅行が一般市民にも珍しくなくなると少々、観光地としてはマイナーに成りましたが、その美しい風景は今も変わりません。
IMG_1584
近くには走水神社と言う日本武尊と弟橘姫の神話の舞台に成った神社が在り、縁結びの神様、そして料理の神様として若い人からも愛されています。
かねよ食堂と言う最高のロケーションのレストランも在ります。
因(ちな)みに川崎市高津区には弟橘姫様の古墳(宅地化されてしまってる)の正面に在る橘樹神社も在り縁結びの神社として江戸時代には有名でした。
※走水神社の記事は「ココ」←クリック!
※橘樹神社の記事は「
ココ」←クリック!
※かねよ食堂の記事は「
ココ」←クリック!
観音崎周辺
GoogleEarthnの衛星写真で観音崎を見ましょう。
灯台や走水神社が、そう遠くはないのが解るかと思います。もちろん、バス移動に成る距離ですが。
周辺には2~3館の美術館や海に面したレストラン、京急観音崎ホテル等もあり神奈川県民と東京都民のマイナー(失礼)なリゾート地として有名です。
確か、京急観音崎ホテルのレストランは地魚を使っていて美味しい事で有名です。
小生の弟夫妻はこの風光明媚な京急観音崎ホテルさんで結婚式を挙げさせて頂きました。
京急観音埼ホテルの公式サイト ←クリックでリンクします!

美術館やレストランの他に多数の釣り船屋さんと、海水浴場もいくつか在ります。
2015-08-22-17-22-04
走水海岸の海水浴場とか…
2015-12-16-15-08-45
…灯台周辺の海水浴場とか。
まぁ、本格的な海の家が出るのは走水海岸ですね。

観音崎の太平洋側の浜辺は東京湾でも貝殻が打ち寄せる地形の為か、海外の様に白い砂浜が広がっています。
2015-12-16-15-14-42
綺麗ですよね?もし散歩に行ったら絶対にゴミは捨てないで下さいね!
2015-12-16-15-15-16
貝殻の量から人工では無いと思います。
因みに、大アサリ(ホンビノス貝)の貝殻が多い様でした。
ホンビノス貝は元来、南米に生息する外来種ですが、南米から来る貨物船がバラスト水と一緒に運んで来てしまった物を、排水した際に一緒に放出され東京湾で繁殖したと考えられています。
ホンビノス貝の貝殻は大きいのですが脆(もろ)い為に、すぐ砕けるので観音崎に白い砂浜が出来る原因に成っているのかも知れませんね…
ところでコイツ、凄く美味しくて、築地や横浜の市場ではハマグリの代替品として親しまれ流通に乗っています。
珍しく生態系を壊す前に日本人に捕食され役に立っている外来生物ですね(笑)。
しかも、こんな綺麗な砂浜を作り出して。

良い処でしょう?
海外なんか行かなくても、横浜や東京や鎌倉からすぐ近くには、この三浦半島と言う素敵なリゾート地があり、若い恋人も、子育て中の若夫婦も、長年連れ添った夫婦も、何気な~く電車やバス、ドライブでも来れて散歩して食事して…
ゆ~っくり!とした優しい時間を過ごせるんですよ~。
博物館や美術館も在りますしね~。文化的な時間も過ごせると思います。

三浦半島は東京湾側だけじゃなく、相模湾側の城ケ島や秋谷海岸も素敵なんですよ~!
以前、記事にしたので、是非そちらの風景写真も見てみて下さいな♪
2015-08-15-17-11-43 2015-08-15-17-29-46
※秋谷海岸の記事は「ココ」←クリック
※秋谷海岸に在る素敵な地魚料理イタリアンの店‟DON"の記事は「ココ」←クリック!

小生は城ケ島も好きでたまに散歩に行きます。
近所の鮪水揚げ基地の三崎漁港で、鮪料理も食べられますしね!
城ケ島は東と西で全く風景が異なり海水が沖縄の様に綺麗なんです…

2009-01-03-15-45-57
東側は貝殻と海底から隆起した奇岩の海岸で…
2009-01-03-15-05-21
西側は太平洋に突き出した日本とは思えない雄大な岸壁の景色です。
そして隣の三崎漁港の三崎銀座商店街には…
御寿司の名店「紀の代」さんとか鮪料理居酒屋の有名な「黒羽亭」さんが在ります。
※城ケ島の風景と「紀の代」の記事は「ココ」←クリック!
※黒羽亭の記事は「ココ」←クリック!

付け根の鎌倉も素敵な風景を持つ御寺が沢山有って綺麗ですよね!由比ガ浜海水浴場や逗子海水浴場も有りますし。

三浦半島は11月位は果樹園で「ミカン狩り」が出来ますし、年が明けて1月位からは「イチゴ狩り」も出来ます。
天然温泉のホテルも有るので、是非!神奈川県内で時間をユックリ過ごして見て下さい♪
箱根温泉と伊勢原市大山温泉も宜(よろ)しくね~!

【観音崎周辺の浜辺と灯台と要塞】の後編明治時代の要塞観音崎の砲台群の記事は「ココ」←クリック!

では、又、次の記事で御会いしましょう!

ブログネタ
旬なニュース#02 に参加中!
三浦半島の風光明媚な「秋谷海岸」の風景を前回の記事で紹介しました。
※前回の記事リンクは「ココ 」←クリック!

記事の中で触れましたが、その秋谷海岸にはFM-YOKOHAMAとかローカル雑誌とかでも紹介されるイタリア料理の「DON」と言う名前の名店が有りまして…
2015-08-15-17-28-04
料理が美味しいだけでなく、本当、海に面した風景も雰囲気も素敵なレストランでした!

「でした」…と表現したのは、実は小生、ここに10年前に偶然ドライブに来て、この風景の綺麗さを知り…
更に5年位前から1年に1回位、海岸を散歩にドライブに来るように成っていたのですが…

5年間、気に成りながらも満席だったり、タイミング合わなくて営業日じゃなかったり、小生、入りたくて入れなかった「片思いのレストラン」だったんです(笑)。
最初の1回目の入店だったので「素敵なレストランでした!」と体験を強調してみた次第です。

先週の土曜日、とうとう入る機会に恵まれた訳ですが…
先ず、本当に御店の雰囲気がとても良いんですよ!
2015-08-15-18-01-55
※周辺の風景も素敵なので、それは前回の記事を読んで下さい。
御店の1F席はテラスが有り、予約無く空席有ればテラス席で食事も出来ます。
この日は生憎、テラス席は空きが有りませんでした。
が!
17時前、アイドルタイムをずらして行ったら意外や意外、すんなり入れました。
2015-08-15-18-01-46
午後、1FはBarとして営業しているようで、2Fに通されました。
だから1Fの写真もゆっくりとらせて頂けましたが…
2015-08-15-18-01-50
2015-08-15-18-02-14
本当、なんか地中海の御店ってこんな感じなんだろうね~!
…と、そんな雰囲気を醸し出している温かみと落ち着きを感じるクラシカルな店内でした。

この日は眺めの良い窓側の2F席に通されました。
2015-08-15-18-08-33
目の前に神奈川の景勝50選に選ばれた秋谷海岸の立石の岩礁が…感動。
そしてドリンクが来る時には海上にかかっていたガスが晴れて、富士山も見えました!
2015-08-15-18-24-10

本当!綺麗な風景でしょう♫
この風景で食事する事が出来る事で既に幸せ…
ドリンクと海の風景のマッチングがオッサンの心もフワフワと楽しくさせてくれます(笑)。
2015-08-15-18-21-11
※ちなみにノンアルコールです…
電車の無い地域な上に唯一の公営駐車場も20時で閉鎖され入出庫出来なくなるので、付近に宿泊しない方は飲酒するならバスの時間は気を付けて事前に調べて下さい。

この日は前菜にタコのカルパッチョ
2015-08-15-18-23-12
逗子のシラスのなんか(笑)
2015-08-15-18-24-58

湘南で生産した豚のパテのなんちゃら(笑)…すいません、横文字の名前忘れました。
2015-08-15-18-25-02

あと同じくバケットの前菜ですが、マグロを使った料理。
2015-08-15-18-41-01
どの前菜も凄く美味しかったのですが、きっと皆さんが写真見て想像している味と違いますよ!
小生も全ての料理が、料理を見て想像した味を良い意味で裏切られ、しかも全てが魚介や肉の香りの良い部分だけを残しながら優しさとアクセントを両立させた、期待以上の美味しさを感じさせて貰える逸品でした。

小生は、スープにフレンチスタイルのオニオンスープを注文したのですが…
2015-08-15-18-35-39
すいません、写真撮るより食欲が上回り、既にスプーン突っ込んだ後で少々ビジュアルが悪く成ってますが、このオニオンスープも想像する所謂(いわゆる)オニオンスープと違い、自分の知ってるオニオンスープより美味しく、かつ優しぃ~い味で、食べながらほのぼのとした気分にさせて頂けました。

小生はメインに渡り蟹のクリームパスタを選びました。
同行者は地産のシメジのピザを注文してシェアしました。
2015-08-15-18-45-22
すいません、これも余りの美味しい料理達に食欲が勝り、写真撮る前にまたもや更に取り分けてしまったので少々見栄えが崩れてしまってますが…そんだけ香りから良かったんです!
こちらは思っているより最初にトマトの香りが来て、後から渡り蟹の優しい風味とコクが口の中に広がる、思ったのより爽やかさが有り食べ進めても絶対に飽きの来ない、1人で1皿完食待った無し(笑)!…の一品でした。

このDONさん、料理はリーズナブルなのに店員さんの接客も、ちゃんとしたホテルのレストランと同等以上のサービスをして頂けました。
そして…
デザートメニューにはユーモアたっぷりのサブタイトルが(笑)。
2015-08-15-19-03-27
他にも「究極のダンディズム」とか、何だかユーモラスな名前のデザートが沢山有りました。

小生は、友人に構わず「冷たい関係」と言う、カップルが喧嘩の原因に成りそうなタイトルのデザートを選びました(笑)。
しかし実際に来た「冷たい関係」は…
2015-08-15-19-12-06
可愛らしく、とてもじゃないが「冷たい関係」なんかに成り様が無い、メルヘンなデザートでした(笑)。
これ、喧嘩中の夫婦とか絶対に注文出来ないタイトルですね。
あと「アバンチュール」とか言うのとか「熱き想い」とか…
友人同士でも異性と行ったら、相手が自意識過剰な場合、モメ事やなんかに成りそうな実に「面白そう(笑)」なサブタイトルのついたデザートが有りました。

素敵なレストランでしょう?
小生、この間行ったばかりですが又、近々休日に行ってみたいと思います。
因(ちな)みに今日は、金沢区に在る日本の初代首相、伊藤博文公の別宅にボぉ~っと考え事をしに行って抹茶と和菓子を頂いてました。
また、そちらも良い息抜きの場に成るので、ブログで紹介します。
そこは大日本帝国憲法の草案をまとめた場所なので、子供の良い夏休みの自由研究のテーマにもなるでしょう…

では!又!次の記事で御会いしましょう!









ブログネタ
夏休みの思い出を教えてください に参加中!
2015-08-15-17-29-46
神奈川の景勝50選の一つ、秋谷の立石と言う場所を御存知でしょうか?

宮崎県の青島神社の様に、神奈川県の三浦半島に在る秋谷海岸には夫婦岩が有ります。その夫婦岩の名前を立石と呼ぶのですが…
とても綺麗な風景でしょう?
2015-08-15-17-08-19
この立石は、現地の地名にも成っています。
そもそも、夫婦岩の様な場所は日本中に沢山ありますが、神道の元に成った古代の日本の祭祀で聖地とされた場所には多くこの様な場所が有り、現代人も神秘的に感じる風景を見て古代人も同じ様に美しさや神々しさを感じたんでしょうね。
この神奈川県の立石は現代でこそ注連縄(しめなわ)は結ばれていませんが、昔は二つの岩礁が他地域の夫婦岩同様に注連縄で結ばれていたそうです。

実はここは文化醸成地でもあり、数人の作家さんが小説に登場させている場所でもあるそうです。
小生、恥ずかしながら読んだ事はありませんが…
その小説や句を紹介する碑文が現地に有ります。
2015-08-15-17-33-48
泉鏡花さんの文学顕彰碑が今も立っています。
2015-08-15-17-34-05
代表作に高野聖(こうやひじり)と言うのが有る事や、この古代の聖地立石を小説に登場させている事から山岳信仰の修験道や仏教の真言宗に造詣が深い作家さんなのでしょうか?
修験道と言うのは仏教と神道の間みたいな古来の日本の宗教の一派と言うか、神仏信仰の一つの形で、鎌倉幕府の征夷大将軍の源頼朝公も、神仏を信仰していたので修験道の修行法の様な事をしていらっしゃいました。
2015-08-15-17-43-04
※立石の陸伝いの方の岩の上から見た夕日。

そんな関係で同じ山岳信仰の真言宗の僧侶との関係も頼朝公は深かったそうで、横浜市教育委員会が保護せず破壊されてしまった横浜市金沢区に有った上行寺東遺跡と言う巨大寺院の遺構も真言宗の文覚上人と頼朝公が協力して開いた御寺だったりしました。
そこには奇岩が有り、低いけれど眺望の良い山だったそうです。
源氏は山岳信仰や自然崇拝の一族でもあったので、頼朝公は修験道の僧侶に横浜市磯子区の森浅間神社を開かせたり、源氏の本拠地鎌倉市の亀ヶ谷(かめがやつ)に福禅寺と言う御寺や権現堂を開かせた事が新編武蔵風土記稿や新編相模風土記稿にも記録が残っています。

極めつけは富士山を登ったり、神奈川県伊勢原市の大山を登ったりもしていますが、その二つの山は日本神話の神様の大山祇神(おおやまづみのかみ)と、その御息女の姫神様である富士山に祀られている此花昨夜姫(このはなさくやひめ)として古来信仰されていましたので、頼朝公は信仰心で登山マニアだった事が垣間見えます。
※大山や森浅間神社の紹介記事は、小生のブログでPC画面上に表示されている「カテゴリー」の中の「綺麗な風景」か「神社」をクリックして頂ければ、そのカテゴリーの中に掲載されていますので探して見て下さい!

2015-08-15-17-32-05
立石の説明看板にも有りますが、ここは多くの夕日ファンや富士山ファンの風景写真撮影マニアのシニアが集まる場所でもあります。…特にダイヤモンド富士が見れる日はオジサンだらけになります。
小生は、夕日が好きなので写真撮りに来たり、この海岸に散歩にたまに来ます。

この周辺には立石以外にも海辺の綺麗な風景を見れる場所が数カ所有り、そちらも紹介の看板が有ります。
2015-08-15-17-30-57
2015-08-15-17-31-09
2015-08-15-17-31-13
2015-08-15-17-31-24
車が無いと来るのになかなか不便な場所ですが、JRと京浜急行の逗子駅からバスでも来られます。
休日、ここら辺を御散歩に来ると良い気分転換に成り、小生の様に性根の曲がった人間でも爽やかな気持ちに成って一週間の終わりを迎える事が出来ます(笑)。 2015-08-15-17-40-31
いつも微笑ましい親子連れが遊んでいる海でして…
2015-08-15-17-48-46
岩礁にはガザミやトコブシやシッタカがいまして、小中学生に海の生物の生態観察をさせたり、夏休みの自由研究のテーマにしたりも出来るかも知れませんね!

でも、岩場は危ないので、親御さん、気を付けて御子さんを見守ってあげて下さいね!
2015-08-15-17-39-13
落っこちたら大怪我しますよ。

さて…
この立石、冒頭でも少し触れましたが、秋谷海岸の一部です。
2015-08-15-17-28-04
その秋谷海岸が又、いつも凪で穏やかな海でして、秋谷の砂浜を散歩するのが小生大好きなんです。
立石と砂浜の真ん中に素敵なDONと言うイタリア料理レストランと公衆トイレが在るのですが、そのレストランを挟んで岩礁と砂浜で風景が変わり、二つの顔を見せてくれます。
2015-08-15-17-12-04
この秋谷海岸は海の家の出店も禁止なので… 2015-08-15-17-11-46
酒飲んで騒ぐバカもいないので家族連れや恋人が散歩に来るにはうってつけですし、癒しを求めてボぉ~っとしに来るのも良い安らぐ場所です。

今日は海辺には綺麗な花も咲いていました。
2015-08-15-17-10-21
その花の近くには、秋谷の山から流れ込む清流が海に優しく流れ込んでいます…
2015-08-15-17-09-43
この砂浜から見た立石が下の写真。
2015-08-15-17-08-19
素敵な風景でしょう?
小生は湘南と呼ばれる茅ケ崎や鎌倉周辺より、この三浦半島の海の方が好きです。
穏やかな面と荒々しい面を両方持っていますし、何より本当に海が好きな人しか集まりませんから。

湘南は騒ぎたいだけ、盛(さか)ってるだけのモラル無い他地域からの客が多くて…
それを湘南の海が好きな心有るサーファーの皆さんが、ゴミ拾いしたりモラル低下を苦労して防いで下さってるんですよね。
湘南のサーファーの皆さんには頭が下がります。

…とりあえず、三浦半島のマイナーな海岸は三浦海岸以外、海の家の出店が規制されているのでバカが集まらず素敵な風景と環境が守られている場所が多いです。

ところで、実は5年前から入りたいと思ってなかなか満席で入れなかったりしたイタメシのDONさんに今日、初めて入る事が出来ました!
そして富士山が見れる2F席の窓側に案内して頂けました。
2015-08-15-18-24-10
綺麗ですよね~♫
DONさんに関しては、又、別の記事で詳しく紹介させて頂きます。

秋谷海岸に話を戻します。
秋谷海岸には小さな御稲荷さんの御社が在りました。
2015-08-15-17-16-05
地域の方々が守って来られたんでしょうね…
この辺りは平安時代末期~戦国時代初期まで、坂東平氏の祖、平良文(たいらのよしふみ)公の御子孫の大名である三浦家の領地でしたので、複雑な谷戸(やと=谷間の入り組んだ地形に開かれた居住地)にも稲作が普及していました。
そんな関係で農耕の神様の御稲荷様が祀られているのかも知れませんね!

夜、地元の方々が昔から守って来た御稲荷さんの在る秋谷海岸で、昔からの伝統を守って盆踊りが開かれていました。
2015-08-15-19-30-32
もう、本当に海の横に櫓(やぐら)を組んで、こじんまりとした御祭りでしたが…
2015-08-15-19-31-56
付近の住民の皆さんと避暑に訪れた皆さんが一緒になって
2015-08-15-19-31-31
本当に楽しそうで、ほっこりとした人のつながりを感じれる、昔の関東の郷土文化を垣間見れました。

近くの海辺では親子連れが花火を楽しんでいました。
2015-08-15-19-24-33
秋谷の地元の方々御蔭で、夏らしい夏を感じれる良い1日を過ごせました…

ありがとうございました!

さて!
次回は秋谷海岸のイタリア料理店「DON」さんを紹介する記事を書きます!
すっごい美味しかったですよ!

ではでは!又!次の記事で!

↑このページのトップヘ